バイク・クルマ・読書・その他の趣味や日常

個人的な趣味や関心事について、ダラダラと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

万能鑑定士Qの推理劇Ⅳ

2013-11-16 | 読書
松岡圭祐氏の「Q」シリーズ、「万能鑑定士Qの推理劇Ⅳ」です。

今回、「α」シリーズの“絢奈”やライバルで友人の“華蓮”も共演の特別編です。

論理的思考と水平思考で、最大の敵“コピア”と対決!

とても楽しめました。

気になるのは、最終話とか、完結編などの表記はありませんが、

終盤でのコピアとの会話の中に、

「次こそリベンジすると誓わせてもらう。『万能鑑定士Qの推理劇Ⅴ』でまた会おう!」

に対して、

「それはない」とくりかえしたところ・・・

ストーリーの結末は、完結っぽいし、これで完全に終わりなのか?

というところです。

コメント   トラックバック (1)

XR250Bajaのタンクへこみ

2013-10-20 | バイク
久しぶりに、タンクのへこみ直しの依頼がありました。



問い合わせ時の画像では、500円玉くらいの大きさのようでしたが、

送られてきたタンクを見ると、縦に6㎝、横に4㎝くらいの結構大きなへこみでした。

しかも、へこんだ部分には、デカールの文字がかぶり、その周囲のクリアが

斑に剥離している状態で厳しいです。

完璧な仕上がりは無理である旨をお知らせするも、

出来る限りお願いしたいとのことでした。


以前、自分でも同型のBajaに乗っていたこともあり、

何とかしたいという思いも強かったので、

全力を尽くすことに・・・


例によって、タンクを固定する治具作りから始まり、

このタンクの、このへこみにピッタリ合うツールを作り、施工しました。



肝心なポイントが、デカールやクリアの剥がれ目に掛かってしまい、

仕上げ工程で、詰めきることはできませんでしたが、

なんとか気にならないレベルにはなったようで、満足していただけました。

コメント

特等添乗員αの難事件

2013-10-05 | 読書
松岡圭祐氏の“α”シリーズ4作目です。
同氏の作品“Q”シリーズとそれぞれ対極にある主人公の特技が
これらの作品の特徴であるけれど、良作を並行して読んでいるため、
それがもどかしく思えるわけですが、今回の作品では、
更にもどかしく感じる作品でした。
いずれ、そのような作品が登場するような気はしますが、
二人の主人公が手を組んで、または対立しながら難事件に挑む作品を
読みたいものです。

コメント

沈黙の檻

2013-09-21 | 読書
堂場瞬一氏の「沈黙の檻」です。
重い十字架を背負い、また、その十字架を引き継いでしまうという重いストーリー。
コメント

スロットルコントローラー

2013-09-14 | クルマ
スロットルコントローラーというものを、初体験しました。

クルマはソリオ バンディット、副変速機付CVTであり、低燃費志向の設定ということもあってか、

加速云々という前に、ゼロ発進でアクセルの操作にワンテンポ遅れて動き出すことが多いのです。

特にわずかでも上りこう配からの急発進時に顕著に現れます。

狭い路地から歩道を横切って大通りの流れへ入り込むような場合が、それに相当するかと思いますが、

慣れるまでは、アクセルを踏んでもすぐにクルマが反応しないので、焦って合流できないことがありました。

それだけでも解消できればと思い、ダメ元でスロコンを付けてみたのです・・・



スポーツモード7段階、エコモード5段階の12段階調整が可能です。

CVTのためか、レビューほど劇的な変化は体感できないものの、違いは確認できました。

基本的には、変則ポイントが変化しているようなもので、加速時にアクセルを全開まで踏み込まなくても、

低いギヤで引っ張れるという感じでしょうか。

もともとの目的に関しては、若干改善されたかなというくらいですが、なかなか面白いパーツです。

今回、お試しのつもりだったので、クルーズコントロールなしを付けましたが、どうせなら、クルコン付

の方がより面白いと思います。
コメント

スクープ

2013-09-08 | 読書
今野敏氏の“スクープ”です。

以前読んだ「ヘッドライン」のシリーズ1作目になります。

短編7作の構成で、主人公の報道記者"布施京一"のキャラが2作目というか、1作目後半とはちょっと違った

感じで、「ワル」な部分が強かったみたいです。

1作目から先に読んでいれば、そんなにイメージの変化には気づかなかったかもしれません。

でも、おもしろいことには変わりありません。
コメント

プリウスの純正ナビ小細工再び…

2013-09-01 | クルマ
約3年ほど前に、ディーラーオプションの純正ナビを、

走行中でも操作やTV映像を視聴できるようにしましたが、

再びそんな小細工をしました。

マイナーチェンジ後のカプラーは、マイナー前と変わっていて、5Pのカプラーが、5P×2段の

10Pカプラーになってました。



画像の向かって左の赤い線が、パーキングブレーキの線なので、これをカットしてアースへ直結。

中央の紫の線が車速センサーの線なので、カットした両側の線を延長して、ON-OFFスイッチに

接続。

    

これで、ルート案内を使用しない状態の時は、車速パルスを入力させなくなります。

あくまでも、自己責任の小細工です。
コメント

タマの猫又相談所 花の道は嵐の道

2013-08-31 | 読書
“陰陽屋”シリーズの作者、天野頌子氏の別シリーズで“タマの猫又相談所”シリーズ1作目となる

「花の道は嵐の道」です。

化けぎつねに続いて、化け猫ということになります・・・

どちらの作品も妖怪系ですが、癒し系でもあります。
コメント

ヘッドライン

2013-08-24 | 読書
今野敏氏の「ヘッドライン」です。
この作品は、“スクープ”シリーズの2作目になります。
読み始めてから知りました。
報道記者と刑事が共に事件を追い、解決するのですが、今野氏らしい展開で楽しめました。
コメント

陰陽屋あらしの予感

2013-08-17 | 読書
天野頌子氏の“よろず占い処”シリーズの5作目、「陰陽屋あらしの予感」です。
身近な書店で、2作目と4作目が入手できなかったので、飛ばしてしまいました。
ストーリーの流れとして、若干不明な部分もありますが、特に支障なく楽しめます。
コメント