レスポール&ストラトの部屋

RolandのGT-001とBR-80をメインにDAW制作を楽しんでいるよ(^O^)/

悪魔に魂を売った男・・

2018年10月18日 | 日記

読者の皆さん、お久しぶりなのだ

本業が忙しく、ブログの更新に至らなかったのだ

更新の有無に関わらず訪問いただいている方々には感謝!なのだ

音楽やギターの本質が理解できる読者の皆さんに気に入っていただけた事を嬉しく思う

ここまで需給関係が相乗効果を生み出しているギターブログは皆無だといえる

私は多くの訪問者でモチベーションがアップし、

読者の皆さんは私のギター演奏を楽しみにしているという・・

 

どんなに忙しくてもギターに触れない日はない

ここ最近は指を鍛えるという意味でもアコギをメインに弾いているのだ

特にボトルネック奏法に特化したミニアコギの使用頻度がダントツに高い

 

”ギターは弾く事で育つ・・”

という噂を身をもって実感しているのだ

”一万円にも満たない安アコギで弾いている・・”

という事をお忘れなきようにお願いしたい

 

完璧なるアジア産だが・・

ヤイリが何かしらの技術指導をしているのだろうか?

驚くほどに組み立て精度が高い

一昔前のベニア材ではない事にも好感が持てる

むしろ、安っぽい音がブルース向きだといえる

 

soundcloud経由でこのギターの音を聴いている欧米のリスナーは事実を知らないのだ

ギブソン辺りの小ぶりなボディのギターで弾いていると思っているのではないだろうか?

 

何故だか欧米の人にはブルースのウケが良いのだ

 

好き嫌いはあるだろうが・・

ブルースの格好良さが理解出来る耳も持つことは良い事だと思う

チョーキングの曖昧なピッチやタイム感もブルース独特の世界観なのだ

ジャストに弾くという概念を根底から否定するような音楽でもある

 

最近の私はかなりヘビーにRobertJohnsonを聴いている

ギターと歌だけの世界観にハマっているのだ

コードとベースとリズムを一本のギターでカバーする

そんな器用なギターに惹かれる

 

仲間から馬鹿にされるほどギターが下手だったロバートジョンソンは

ある日、悪魔に出遭った事で命と引き替えにギターテクを手に入れた(と言われている)

仲間が腰を抜かすほどに上達していたのだ

あまりのギャップに『悪魔伝説』が生まれたのだ

実際、短命だった事も伝説に追い打ちをかけた

ギターは値段でも材でもない

弾き手の『心』だと思う

読者の皆さんも『材オタク』にはならないでいただきたい

あくまでもプレイヤーを目指していただきたい

ギターを買っただけで満足してはダメなのだ

 

ご自分のギターに限界を感じている方は一度上手い人に弾いてもらうと良いと思う

メンテをかねて楽器店などに持ち込んでみては如何だろうか?

「俺のギターって結構イイ音するね~」

モチベーションも上がると思う


ギブソンレスポールと向き合う休日

2018年10月15日 | 日記

昨日は私にとっては有意義な一日になったのだ

平素、まったく自由時間がないわけではないが・・

やはり、少々物足りなさを感じる

もっとギターと向き合い触れあいたいと感じる事が多々あるのだ

休日はそんなストレスを発散すべく、ギターと濃密な時間を過ごすのだ

 

昨日は一日中、レスポールを弾いていた

 

このギターも弾き易さの追求の為に各部に手を入れてきた

デフォルトで完璧なギターがあれば良いが・・

そんなギターにはなかなか出会えない

ギターの不備を放置することは良くない

やがて、弾かなくなってしまう

 

このギターは1弦側の弦落ちという症状を抱えていた

ナットの作り直しで解消したのだ

同時に良い素材に交換したのだ

弾き易くなった

心置きなくビブラートをかけることが出来るようになった

 

いまだに当ブログの検索ワードの上位に位置するのが

”ギブソンの塗装剥がれ・・”

なのだ

特にヘッド部分の塗装が弱いということは周知の事実のような

 

楽器店のお兄さんが言うのだ

「僕なんか放置ですよ 気になるならタッチアップペンで塗ったらどうですか?」

性格上の問題なのだ

 

私にとってギブソンは道具であり宝物なのだ

恥ずかしながら

”人生初のギブソン・・”

なのだ

 

それ故にキズを放置するのは心痛むのだ

可能な限り完璧な状態で使いたいと願う

 

このギターは音で選んだギターなのだ

それ故に色を含む見た目はあまり気にしていなかった

タバコサンバーストやブラウンサンバーストも同時に弾き比べた

その結果として、この個体が圧倒的に鳴っていたのだ

あらためて眺めてみると

杢が美しい個体なのだ

 

『個体差』という言葉を良く耳にするが・・

まさにギブソンレスポールの為にあるような言葉だと思う

天然材を使用しているだけに唯一無二の杢目になる

 

材が枯渇しているのだろうか?

最近は左右でまったく異なる杢を合わせている個体を見かける

興味ある方は『ブックマッチ』『ギブソンレスポールブックマッチ』で検索してみていただきたい

 

熱意がある楽器店から優先的に良い個体が入荷される(たぶん?)

現在は代理店などの関係で自由度はかなり低くなっているようだが・・

 

ノイズが気になると言ったが・・

電池アンプではノイズが感じられなかった

GT-001側の問題だろうか?

それともオーディオインターフェイスの不具合だろうか?

今後、時間をかけて試してみたいと思う

以前にも意図せぬ音量の変化に悩まされていた事があった

設定や接続ケーブルの変更などで現在はその部分においてはは解決したのだ

 

GT-1000のデスクトップ版を期待しているのだ

個人的にはフロアタイプはお腹一杯なのだ

意外にペダルを踏まない(必要としない?)自分のスタイルを知ったのだ

まぁ、ワウはたま~に食べる異国の料理という感じ・・

そんな感じなのだ

 

今週は『楽器フェア』が開催される

楽しみなのだ

学生さんは豊洲市場などを見学しつつ参加してみては如何だろうか?

”スマホでyoutube・・”

に慣れた方には刺激的だと思う

 

『リアル』を体と耳で感じることが大事なのだ

プロによるデモ演奏も企画されているようだ

 

 


ギブソンレスポールとマーシャルアンプ

2018年10月14日 | 日記

マーシャルと言ってもミニアンプなのだ

実は意外に良い音で鳴ってくれる

値段もオモチャを超えているのだ

天下のマーシャルは強気なのだ

アンプをMTRの内蔵コンデンサーマイクで録ってみた

 

レスポール→OD→OD→DS→Ampという流れになる

 

 

 

 

 

ギターは昨日に引き続きレスポールなのだ

ノイズの状況もチェックしたかったのだ

意外にもこの組み合わせではノイズが出ないのだ

アンプが電池駆動だからだろうか?

 

 

まぁ、良い意味での誤算なのだ

GT-001は真空管アンプのノイズまでもリアルに再現しているという事だろうか?

意図的にそのような味付けをしているならば、むしろ好印象だといえる

実機の真空管アンプもノイズとの格闘なのだ

無音時やブレイク時のノイズ処理に悩まされる事も多い

 

勢いだけのライブならば気にもならないだろうが・・

それなりにちゃんと録音などをするならば、それなりの工夫と準備が不可欠になる

 

今回の音源は色々と切り替えているのだ

積極的にトーンなども動かしてみたのだ

 

レスポールなれど、すべての音が良い音ではない

読者の方にも好みのトーンがあると思う

好みの音をつくるという楽しみもある

同時に『自分の音』をいつでも再現できるように

準備しておくこともギター弾きにとっては必須事項だといえる

 

やはり、何だかんだいってもレスポールは良い音だと思う


ギターの消耗品の買い置き

2018年10月14日 | 日記

 

読者の皆さんは『消耗品』を買い置きするタイプだろうか?

性格が表れる部分だと思う

血液型なども関係しているようだ

 

現状の私のストックをご紹介したい

弦関係・・

エレキ弦は使いかけの袋に2セット入っているのだ

「少し多いかな?」

と感じられるが・・

使用頻度を考慮すれば悪くないストック量だといえる

ウクレレ弦は生産完了になるという事で1セットだけゲットしたのだ

良く考えてみれば、その後は無いのだ

代替えの弦を決めるしかない

まぁ、ウクレレの場合、切れるまで無交換も可能なのだ

数年も同じ弦というプレイヤーもいるほどのロングライフなのだ

次の弦をゆっくりと考えても良いと思う

 

アコギの弦はこの弦で落ち着いた感がある

ブルースを弾くようになって何がが見えてきた

音色というよりは弾き心地が私のプレイスタイルに合っているようだ

キラキラし過ぎない感じがGOODなのだ

いい加減、フルサイズのアコギも弦交換するつもりで2セット用意したのだ

1セットの場合、ミニアコギに張ってしまう恐れ?があるのだ

数えていないが・・

ヤイリのミニアコギの弦を何回くらい交換したのだろうか?

普通の人?ならば飽きてしまってお蔵入り・・

そんなレベルのギターなのだ

ナットの溝切りなどプチメンテを施したがほぼほぼデフォルト状態なのだ

いまだにネック調整をしたことがない

 

続いてギターピックのストックをご覧いただきたい

上段ヘルコ薄型

下段ヘルコ厚型

これでも頑張って減らしたのだ

親指に付けるサムピックのように割れるということがない

どの程度で交換か?

は非常に難しい

かなり磨り減っても使う人もいれば、僅かでも交換する人もいる

ケチ?という問題ではないようだ

上級者ほど変化を嫌う

磨り減ったピックを嫌うという事

初心者の場合、他人に言われるまで気づかない事も多い

ネックの反りや弦高、オクターブの狂いなど・・

ある意味では幸せだと思う

しかしながら、そんな自由奔放な状態では絶対に上手くならない

そもそも良い耳が育たない

 

ヘルコのピックに死角無しだが・・

『これで決まり!』と言えるほどでもないような気がしてきた

最近は他のピックを使う事が多い

昨日の音源は2㎜厚のダンロップを使用した

薄いピックは万能だが・・

単音弾きに弱さを感じる

もっと硬いピックを指が欲するのだ

三角型は私には向かない事が判明した

厚さとサイズはまだ検討の余地があるような気がしているのだ

『大量ストック』は控えようと心に誓ったのだ

 

私の知り合いにピックを百枚単位でストックしているおじさんがいるのだ

そのおじさんは『希少』『生産完了』『不人気』というワードが大好物らしい

希少と生産完了に説明は不要だと思う

不人気はおじさんには好都合らしい

おじさんは変人なのだ

私は変態なのだ

「他人と同じの使うの嫌だわ」

「差別化じゃねぇ!?だろだろ?」

理由はそれだけなのだ

 

衣類も家電もこの精神を貫いているようだ

「家電とか不人気はお得なのよ だって安いだろ!?」

「安いって超絶なメリットじゃねぇ!?だろだろ?」

先日、おじさんは二世代前の液晶テレビを爆安で購入したと自慢していた

型落ちのテレビをゲットしたことがお得だったのか?は本人しだいなのだ

 

おじさんが言うのだ

「俺よ このピックを一生使うつもりなの」

「他のピックじゃ弾けね~のよ マジで弾けね~の」

「こんだけあれば、俺が死ぬまで大丈夫だろ!?たぶん」

おじさんの微妙な問いかけに周囲は困惑気味・・

「夜中にコンビニでギター弦売ってね~だろ!?」

「弦交換したくなったらどうすんの?困るだろ!?」

「ネットで買ってもすぐには配達できね~だろ!?」

おじさんは常に何かに切迫しているのだ

おじさんのギターライフに何があったのだろうか?

 

世の中には色々な人がいるようだ

とりあえず、私は現状のピックを一生懸命に使い倒す事に専念するつもりなのだ

 

”消耗品あってこそのギター・・”

しかしながら、言うほど縛られる必要もない気がする

 

 

 


レスポールとノイズゲート

2018年10月14日 | 日記

昨日は家族を引き連れて豊洲市場へ行ってきたのだ

ちなみに東京ビッグサイトとは目と鼻の先という近さなのだ

流れで月島でお好み焼きを食べてきたのだ

 

・・という事でギターの話なのだ

エレキを再開すべく、大量の弦を買い込んだのだ

躊躇することなくバンバンと弦交換する予定!

やはり、新品の弦の弾き心地と鳴りは心地良い

それだけにお金を払う価値があると思える

 

ところで読者の皆さんは『ノイズゲート』をお使いだろうか?

機能については特に説明は不要だと思う

むしろ、使い方について言及したい

 

”ノイズは大敵か?”

ノイズの成分とギターの美味しい成分は微妙に絡み合っている

つまり、完全にノイズ成分をカットしてしまうとギターの音色も変わってしまう

所謂、『ハイ落ち』という症状がでる

雑誌やネットなどで目にしたことがある読者も多いと思う

 

フルテンのトーン出力に対して、少しトーンを絞ったような状態・・

歪み系の最も美味しい成分と被る事になる

 

ノイズゲートの使い方は音作りに重要なのだ

歪み系や空間系には興味ある人もコンプやノイズゲートなどの

地味系エフェクターには関心が無いということも多いようだ

 

実はここ最近、レスポールのノイズが大きくなっているように感じている

私のレスポールは2013年製なのだ

新品時と比較すると音も馴染んできたような気がしている

 

音が良くなっている反面、ノイズも増えているという状態なのだ

ノイズの原因を突き止めるのは難しい

ハンダの劣化、ポットの劣化、ジャック類の接触不良、配線系の不具合、ピックアップの不具合・・

新品時からノイズが大きい場合はそれがデフォルトという事になる

購入時に気になる場合には同系統のギターと比較してみるのも良いと思う

 

シングルはノイズが多い・・

ハムはノイズが少ない・・・

 

これは間違い傾向だが・・

ノイズ処理やピックアップの進化などで一部逆転していることもある

実際、私が使用しているアメデラストラトはシングル状態でも疑似ハムでもノイズレス

ハムキャンセルのシングルピックアップを搭載していることも大きいが・・

やはり、デフォルトのノイズ処理が秀逸なのだ

 

2011年製のギターだが・・

いまだにノイズとは無縁なのだ

 

先にも述べたが・・

ノイズも含めの音なのだ

ノイズを悪だと決めつけるのも早計だといえる

 

ギブソンのギターは高価な部類だといえる

同時に『古典的ギター』でもある

自動チューナーや非対称ネックなどを積極的に採用するも・・

その他の部分は古典的なのだ

悪いという意味ではない

 

多くのファンはその辺りに惹かれているのだ

私もそのひとりなのだ

それ故に『トラディショナル』を選んだのだ

軽薄短小の時代に逆行するようなギターだと思う

ネックの太さやボディの重さなど、弾き手を選ぶギターなのだ

 

慣れとは恐ろしいもので・・

細く、薄いネックでは物足りない体になってしまった

ちなみにストラトはレスポールよりは薄いが幅はそこそこあるのだ

アメリカンなサイズであることは確かなのだ

アジア向けに開発されたアリアのような細身のネックと比較すると『欧米サイズ』なのだ

正直な話、ストラトのボディも小柄な人には大き過ぎる

やはり欧米サイズなのだ

 

話をレスポールに戻そう・・

所謂、『ノイズ処理』がまったく施されていない

 

もう一枚・・

 

さらにもう一枚・・

 

裏蓋も単なるプラスチックなのだ

セレクター部分も未処理なのだ

 

 

比較の為にノイズ処理が施されたアリアの画像をアップしてみたい

 

お約束の銀箔貼りなのだ

 

内部にも特殊な塗料が塗られている

 

もう一枚・・

 

これはデフォルトの状態なのだ

ちなみに『オレンジ』好きの私はコンデンサーを交換している

 

「コンデンサーなんか関係ないよ・・」

という声もチラホラ耳にするが・・

歪ませた時の奥深さに影響すると私は考えている

バイパスではない限り、必ずコンデンサーを通過するのだ

浄水器の濾過フィルターをイメージしていただきたい

 

”通過する・・”

とういう事にも意味がある

 

ちなみにストラトも別メーカーのコンデンサーに換装済みなのだ

自分のギターや演奏の好みに合ったコンデンサーがあるはずなのだ

試す前から否定するような友人の話は無視した方が良い

ギターに関しては少し『変態』の要素を持ったくらいが面白い

ネットのブログにもいえる

 

普通の人が立ち上げたギターブログくらいつまらないブログはない

あくまでも私の祖直な感想なのだ

「え~とですね 昨日は久しぶりに弦交換したのですよ」

「え~とですね 今回は不良の弦が無かったみたいです」

「ホッと一安心ですわ 引き続きこの弦使ってみますわ」

 

ギターのノイズを考える場合、基本的な原理や構造を知る必要がある
エレキの場合、それを抱える人間をアースとして活用している
プレイヤーがネックに触れる事でノイズがカットされる構造になっている
詳しくはネットで検索してみていただきたい
 
それでも完全にノイズが消えるわけではない

そこで必要になってくるのが冒頭にも登場したノイズゲートなのだ

BOSSと共に人気があるエフェクターなのだ
 
 
行きつけの楽器店でも人気を二分しているのだ
 
巷の声に振り回される必要はないが・・
何故売れているのか?を考えてみるのも良いと思う

”安くて高性能・・・”

そんな夢のようなマシンがあれば嬉しいが・・
概ね、性能と価格は比例しているように感じる

食べ物や衣服なども同じだと思う
ギターの世界の場合、
性能が良いならばいくらでもお金を出せるという人が少なからずいることも事実

「そんな人いるの?」
自分基準で物事を判断してはダメなのだ

こんな話を耳にしたことがある
ギターを買う際に予算を先に提示するお客さんがいるという
予算と希望条件でギターを選ぶのだ
流れでオーダーになることも多いという
先日、行きつけの楽器店の系列店にこんなお客さんが来店したようだ
「あの・・予算100万円のエレガットが欲しいんですけどありますか?」
「カッタウェイのボディがイイんですよ 少し小さめのボディがいいなぁ」
100万円のガットギターなどゴロゴロしているのだ
しかしながら、ピックアップ付きというと意外に少ないようだ
クラシックギターの愛好家は純粋な音を好む
むしろ、鳴りを阻害するピックアップを嫌う
そんなこんなである名工に依頼してオーダーのギターを作る事になったそうだ

脱線したが・・
あるところにお金はあるものなのだ
無い人のところには一生お金は舞い込まない
私の知り合いにギターブログを書いているおじさんがいる

ここ30年くらいギターに関する買い物を一切したことがないという強者なのだ
まぁ、消耗品である弦とピックは除くが・・
「あのね またまた欲しいギターが発売になったみたい」
「今度こそは買う予定!マジで買うよ 現在値段調査中」
「あのね・・今回は本気だったの 小遣い貯めてたのよ」
「そんでね サイトチェックしたらもう売れちゃったの」
こんな件を数十回繰り返している暇なおじさんがいるのだ
悪い人ではないが・・
微妙なおじさんなのだ
まぁ、世の中には色々な人がいるものなのだ

話をノイズゲートに戻そう・・
マルチエフェクターにもノイズゲートは必須なのだ
 
 
メーカーごとの考え方の違いが面白い
 

ノイズの感度を決めるスレッショルドの値で音の印象が変わる
 
値を上げれば、ほぼノイズは皆無になる
反面、出音に違和感も出てしまう
音が痩せたり途切れたりすることもある

今回はGT-001を使用したのだ
 
ノイズゲートのOnとOffを切り替えたり
ネックに手を触れたり離したり・・
音を鳴らしながらツマミの値を変更したりしてみた
 

音作りの核はオレンジアンプ、前段にトレブルブースターをかけているのだ
ちなにみ接続エフェクターを増やすほどにノイズも増える
特に歪み系を接続するとノイズが増える
マーシャルなどの真空管アンプの前段に歪み系を接続すると派手にノイズが出る
 

実際に音が出ている間はあまり気にならない
ドラムやベースなどが一緒に鳴っているなら、ほとんど判別できない
しかしながら、他の楽器のブレイク時や単独のクリーンではノイズが目立つ
ノイズも含めて音楽だというロック系のプレイヤーも少なくないが・・
レコーディングではエンジニア泣かせでもある
無音時のデータをブツ切りにすることもあるのだ
私もDAWの制作時にはこの手法を使う
音を伸ばす場合、どこまでがサスティンなのか?ノイズなのか?
判断に悩むこともあるのだ

今回の音源はダラダラと長いが・・
我慢してお聴きいただきたい
新品弦の良い部分が音に出ている
不思議な事に弾いていて毎回良い音だとは感じない
自分の体調などもあると思う
今回は弾いていてとても気持ちが良かった
「パッチの音がいいのかな?」
という感じでそのままの状態でアリアプロに差し替えて弾いてみたが・・
何かが違うのだ
レスポールで感じられるカリカリ感や音の深みがアリアプロでは感じられない
 

レスポールを持っていて良かったと感じる瞬間なのだ