かわいいコケ ブログ  I'm loving moss!

コケの魅力を広く知ってもらいたくて、
ブログをはじめました。

苔好き、旅好き、山好き女子の
コケの記録帖です。

ミジンコゴケ(その2)-コケたちよ、もっとミクロであれ!-

2014-05-13 08:27:51 | コケをめぐる旅
ミジンコゴケを持ち帰り、まずは実体顕微鏡で観察。

  ※実体顕微鏡:対象物を切ったり、プレパラートに載せたりせず、そのままの状態で拡大する顕微鏡。
    倍率は数倍~40倍くらいまでの比較的低倍率。
 


おぉ、ルーペよりもはるかに1個1個の個体が明確に見える!
先ほどは糸こんにゃくのように見えていたものが、
今度はウミブドウのように見えてきた。


ミジンコゴケはムチゴケ科に属するコケである。

ムチゴケ科にはこの他に、ムチゴケ、コムチゴケ、フォーリームチゴケなど「~ムチゴケ」と名のつくコケ、
スギバゴケ、フォーリースギバゴケ、コスギバゴケなど「~スギバゴケ」と名のつくコケ、
さらには西表島にしか生育が確認されていない「テララゴケ」などがある。

~ムチゴケと名のつくコケたちは大型(数センチ~十数センチ)のものが多く、
日本全国の森や林でわりと見られるメジャー種。


▲フォーリームチゴケ。茎の長さは3~8センチ。鞭枝(べんし)と呼ばれるムチのような茎がブラブラと垂れ下がっているのが特徴。
(3月、屋久島)


また~スギバゴケと名のつくコケたちはムチゴケの仲間に比べて一見、
線が細いというか繊細な体のつくりをしているが、群落はわりと大きいのでそれなりに目立つ。
自分の経験上、ムチゴケが自然と目にとまるレベルの
コケ目になっていれば、ほどなくして見つけられるコケであろう。


▲こちらはフォーリースギバゴケ。茎の長さは10センチほどとけっこう長めだが、直径は0.5センチと細くて繊細(3月、屋久島)



▲さらにアップ。一見、葉がないように見えるが、茎と枝についているボコボコとしたものが葉である


極小のミジンコゴケがこれらのコケと同じ科に属しているなんて、なんだか不思議であるが、
顕微鏡でからだのつくりを見てみると、茎は這い、二又に枝分かれしているところなどはムチゴケのようだし
葉は非常に小さくて、一見ないかのように見えるあたりはスギバゴケのようで、
ミジンコレベルに小さいとはいえ、やはりこれもムチゴケ科のはしくれなのだと見て取れないことはない。


▲そしてこちらがミジンコゴケを生物顕微鏡(数百倍まで拡大できる高倍率顕微鏡)で見たところ。
 茎の長さわずか約5ミリ、幅は葉を含めて0.2~0.4ミリ。茎からちょぼちょぼと何か出かかっているように見えるのが、なんと葉っぱ!


▲さらに、そのミクロサイズの葉の先には透明細胞があるのが特徴


しかし、いくら大目に見たってミジンコゴケは他のムチゴケ科の仲間と比べたら、
小さいことはもとより、からだのつくりがシンプルすぎる。

茎はわかったが、数百倍に拡大して見ても葉がどうにも葉っぱっぽくない。
見れば見るほど緑の棒っきれからちょっと枝が伸びかけたという感じで
教えてもらわないと葉の存在にはとても気づけない。

ミジンコゴケの葉はもしかして、退化してこんなお粗末なことになってしまったのだろうか。

もしかしたらミジンコという名前のゆえんも、
いまにも消え入りそうなその存在感の薄さからきているのかしら。

そんな素朴な疑問を古木さんに伝えたところ、
いやはや、とんでもない答えが返ってきた。


「むしろ逆です!ミジンコゴケはムチゴケ科の中でもっとも進化した最新型モデルのコケなんですよ」

「エエェッ!?」(マスオさんよろしくのけぞる私)


ここからは、その時の古木さんの詳しいお話をリアルタイムで
聞き書きしたメモが手元に残っているので、それを簡単に要約する。

 注)とはいえ、あくまで自分のために整理した文章ですので意味がわかりにくい部分があるかも。
   また明らかに認識が間違っている個所などあれば、コケに詳しい有識者の方、ご指摘いただけると助かります。


・ムチゴケ科の中で逆に最も原始的なのはスギバゴケで、その次にムチゴケなのだそうだ。

・原始的なコケというのは直立性が多く、進化が進んだコケほど匍匐性(這うタイプ)になる。
 匍匐して地面に張り付いていると、直立しているよりも風を受けにくいため乾燥にも強い。
 乾燥に強いということは、乾燥しがちな土地にも広く進出できるということであり、
 たとえば都会の公園や庭先でよく見られるハイゴケ(蘚類)はそういった意味で進化が進んだコケと見てよい。

・また、コケとは進化しているものほど小型化する傾向もある。

・つまりものは考えようで、体が大きくない・葉も発達していないというのは一見デメリットのように思えるが、
 つまりはそれだけ「体の形成にエネルギーを使っていない、省エネタイプ」ということでもある。

・なおかつ、そんなシンプルな体でありながら、枝葉が発達した大型のコケたちと同じ場所に生きられるということは、
 それだけ、徹底的に無駄を省き、かつ機能的なボディを備えている証拠というわけである。


この話を聞くまで私は、小さなコケたちの中でも、
少しでも他のコケより大きく育って表面積をかせいだほうが、
コケとして勝ち組な生き方なのだろうと勝手に思っていた。

しかしコケの哲学はこれとは真逆で、面積をかせぐ云々よりも、
より小さくシンプルであること、エネルギーを無駄遣いしないことをよしとし、
それこそがコケたちが求める「スマート」な生き方、「進化」と呼ぶにふさわしい生き方ということなのだ。

うーむ、なんだかまるで機能性・小型化をカッコ良しとする日本の電化製品のようではないか!?


私はミジンコゴケのことをすっかり誤解していたようだ。

ミジンコゴケはまさにミクロでなんぼのコケ界の看板をしょって立つ、
コケ界きっての牽引役なのではないか!

いやはや、ミジンコゴケさん、おみそれしました。

それにひきかえ、コケに魅せられたはしくれながら、
面積での陣取り合戦をとやかく言っているワタクシの脳は
しょせん、まだまだフツーの植物サイズでございます・・・。

他の植物に比べて、すでにじゅうぶん小さいにもかかわらず、
まだまだ小さく、より隙間、隙間へ向かおうとしているコケ。

コケの考えていることは底が知れない。

その奥深さに気が遠くなりながらも、
これからもますます心惹かれてしまうことになりそうだ。


▲シダの前葉体と一緒に生えていたミジンコゴケ(3月、屋久島)





コメント

【告知】6/7(土)コケトレvol.7開催、今回はハイゴケ part2です☆

2014-05-08 11:45:12 | コケ情報
先月に引き続き、あめつち主催のイベント「コケと親しむ緑のトレーニング」(略してコケトレ)を
6/7(土)17:00から世田谷ものづくり学校で開催します。

7回目となる今回のテーマは「ハイゴケ part2」。

ハイゴケは去年も取り上げたテーマですが、
今回は夏に向けて涼しげな「吊り苔玉」を作り
ハイゴケの魅力をバージョンアップ版でご紹介する予定です。

詳細・お申込みは「あめつち」のホームページにて。→こちら

  ※このブログからは申し込みは受け付けていません。

手前味噌で恐縮ですが、おかげさまで毎回なかなかの人気を博しているこのイベント。
予約がわりとすぐにいっぱいになってしまうので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。
募集は昨日から始まっています。


コメント

ミジンコゴケ(その1) -意外とあっけない出会い-

2014-05-07 14:08:17 | コケをめぐる旅

▲スギの木の根元。いったい何を写してるの?!とツッコミたくなるショットではありますが・・・しかしヤツはここにいる!

遅まきながら屋久島コケフォレーレポートのつづき。

屋久島コケフォレー3日目は、
今回のコケ合宿で最も衝撃を受けた一日であった。

コケフォレーは毎日午前中は島内の異なる環境へ出向き、
それぞれの環境特有のコケを見て回る。

ご存じの方も多いと思うが、屋久島は九州本土の南に浮かぶ外周約130㎞ほどの島で、
レンタカーを借りれば3時間程度で1周できる。

しかし地形は決して平たんではなく、島の内陸には
九州一の高さを誇る宮之浦岳(1,936m)をはじめ、1800m級の険しい山々が連なる。

南にあるためつい温暖な気候をイメージしてしまうが、
冬は標高の高い場所では雪が降り積もるほど。
そのような地形的特徴から屋久島は「洋上のアルプス」の異名を持つ。

小さな島に標高の高い山々が連なるということは、
つまり海辺から内陸に向けて急激に環境が変わっていくということでもある。

屋久島では海岸付近の低地は亜熱帯性の森が広がり、
少し上がって標高1,000mあたりまでは冷温帯性で
東北から九州までの暖温帯に生えている照葉樹林が見られる。

さらに登り進めば「屋久杉」をはじめとする針葉樹の森が陣取り、
標高1,800mを越えた山頂付近になると亜高山帯の植生が広がる。

この標高差における植生の違いは小さなコケについてもまたしかり。

亜熱帯性の森と亜高山帯の森では、
見られるコケの種類がまったく異なってくる。

そういった意味でも、屋久島はひとたび訪れれば
九州から北海道までコケトリップができたような気分になれる、
とってもおトクな島なのである。


▲環境省「日本の自然遺産」より抜粋


さて、前置きが長くなってしまったが、コケフォレー3日目に
私たちが訪れたのは標高460mほどに位置する渓谷だった。

今回は苔類を専門に研究されている古木達郎さんが講師ということで、
あそこにもここにもキラキラと輝く蘚類の誘惑はあれど、それらをすべて振り切って
「今回は苔類のみに集中するぞ!」とひそかに決意する。

古木さんは(前の記事にも書いたが)素人の質問にも常に真摯に答えてくださる方で、さらには
「せっかく屋久島まで来たのですから、もし見たい苔類があったら言ってくれれば探しましょう」
とまでおっしゃってくださる。

もちろん社交辞令だったのかもしれないが、そのひとことにちゃっかり乗っかった私は、
「今日の観察地で、このコケは見られますか?もしいれば見たいのですが…」
と毎日のようにリクエストを出すシマツ。

その一つが、図鑑で見てひと目で心奪われた「ミジンコゴケ」なのだった。


そう、名前に「ミジンコ」などとついているのだ。

ただでさえ小さいコケ、そのなかでもとりわけ小型な種類が多い苔類、
さらに日本に600種類ほどいるその苔類の中において
「ミジンコ」の名を冠するコケとなれば、これはぜひとも見てみたい。

しかも平凡社のコケ図鑑によれば生育地域が「鹿児島県~琉球、小笠原」とある。
つまり屋久島はエリア内であるが、地元・関西に帰ってからではどんなに見たくても見られないということ。

このチャンス、生かさずしてどうする!?

厚かましい私のミジンコゴケリクエストにも快諾してくださった古木さんは、
「いるところにはいるんですよ。スギやヘゴの木の根元、根元と土中間の辺りのね、少し暗くて湿りかけたような所にね」
と言いながら、ずんずんと渓谷の奥へ入っていかれる。

それを追っかける私と同じくミジンコゴケに興味津々のコケ好き数名。

(図鑑によれば茎の長さは約5㎜、幅はたった0.2~0.4㎜。そのようなミクロなコケ、いくら古木さんでも見つけられるのだろうか・・・)

すこし不安になりながら古木さんの背中を追いかける。
いくらなんでもそんなすぐには見つからないだろうと高をくくっていた矢先・・・

「あ、ここにいますね~」

とあっさりおっしゃる古木さん。

「えっ(早っ!) ミジンコゴケ、そこにいるんですか?!」



▲「はい、ここです」とスギの根元を指をさす古木さん

あわてて駆け寄るが、どこにいるんだか私にはさっぱり見えない。

「す、すみません、どこでしょう…(汗)」

「ここです、ここ。いや~、けっこうな大群落だな~」

と言ってミジンコゴケがついた樹皮の一部を手渡してくださる。


▲ちっちゃ!緑のモヤモヤは見えるが、小さすぎて形がよくわからない


そこでルーペでよく見てみると・・・







絡み合うように生い茂る透明感のある美しき緑色。
そしてルーペで見てもやはり茎と葉の区別がよくわからない。
なんだか頼りなげで、緑色の糸こんにゃくのようにも見える。

こ、これもコケなのか・・・。

「適した環境を探せばいる所にはいるコケですが、ここまで大きな群落は珍しいですね」

と古木さん。

自分が想像していたよりも小さく、そしてあまりに簡素なつくりに驚きつつ、
この樹皮の破片を持ち帰り、顕微鏡で観察することにする。 (つづく)


コメント