ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

都大路の風になれ!

2022-11-30 | よもやま話
今年も藤紫の襷が都大路を駆け抜けます。

4年連続28回目の全国高校駅伝大会出場です。

母校の駅伝後援会長でもあり同窓会長の I さんから
振込用紙が同封されたメッセージが届く。





母校の女子陸上部は、
これまで27回の全国大会に出場。

優勝2回、準優勝1回、入賞11回という
輝かしい成績を残しています。

昨年の全国大会では8位となり、
2年ぶり14回目の入賞を果たしました。





今年は来月25日(日)
たけびしスタジアム京都(西京極総合運動公園)で開催。

サイドスタンドの一番左が母校の定位置。

十年ほど前までは同級生壮年グループ5人で
長崎から京都までを徹夜走行で繋ぎながら応援に行っていた。

毎年、往路は最終の5区を任され、
夜明けの神戸から京都陸上競技場まで、
復路は1区京都から姫路間の運転を担当していたな。

久しぶりに元気をもらいに
同級初老グループに声かけてみようかな?


あ、その前にやるべきことがあった~

I さん、大学の校友会県支部の顧問でもあるし、
首を横に振るわけには・・・




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋刀魚

2022-11-28 | よもやま話
今年も気仙沼の友人から秋刀魚が届いた。

一年でたった1ヶ月だけ味わえるという
「生サンマ」がクール便で。





毎年、初っ端は刺身でいただいていたが、
周りは焼サンマの希望が多く七輪を出してやった。





さてさて・・・

焦がさないように焼けるかな?





あー、もうやっちまったようだ。

火に近すぎる~~

でも、ホロホロの身も旨そうだな。







サンマを炭火で焼く時のコツをアドバイス。

「強火の遠火」





サンマを直火で焼くと焦げてしまうので、
レンガなどで網を高くして焼くことが肝心なんです。





七輪の網を前もって温めておくことも
サンマの皮が網にこびり付くのを防げます。

さらに、七輪の網に酢や油をしっかり塗っておけば尚更、
皮が剥がれずきれいに焼けるというわけです。

経験上、脂が炭火に落ちてボッと炎が立つので注意です。





仕上げは強火の近火でサッと。

自分と孫たちには
皮が剥けないように入念に・・・

今が旬の新米に焼サンマ、
お腹いっぱい食べてもいいよ。

Oさん、いつも有難う。
秋の味覚を満喫させていただきました。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ようやく半ば

2022-11-26 | そば栽培
蕎麦の収獲の時期になって
ちょくちょく雨が降ってくれるので作業が捗らない。

また、会議や交流会等の行事も多くて・・・





きのうは雲一つない晴天かと思うと
夜はパラパラ短時間ではあったが雨が降っていた。

雨が降らなくても朝露があるので
早朝からの作業は出来ないのに。





この時期、晴れても日差しが弱く、
朝露が乾く昼近くにならないと始められない。

お昼までのわずかな時間で刈り取り、
午後は脱穀という段取りだが、
日没も早いため午後の作業時間も短いのだ。





今ようやく収穫も半ばといったところ。

来月になると
メインのジャガイモたちが待っているので
そんなにのんびりしてはいれないのだ。





裏山の紅葉も
いつの間にか終わろうとしている。

もう一息、頑張るぞ!






「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三瀬峠超え

2022-11-24 | よもやま話
三瀬峠(みつせとうげ)は、
福岡県と佐賀県の県境にある峠で、
また福岡市と佐賀市が接する峠でもある。





県庁所在地の街同志が隣接するというのは、
全国でも唯一ここだけというのを聞いたことがある。

玄界灘へ流れ込む室見川水系と
有明海へ流れ込む嘉瀬川の分水界にもなっているのだ。





古くから筑前と肥前の交通の要衝地で、
今では福岡市と佐賀市を結ぶ最短ルートにもなるため、
道は狭いが利用する人は多く車も多い。

冬になると積雪で通行止めになることも多々あり、
有料道路の三瀬トンネルが設けられた。

また、福岡側は急傾斜で道路もカーブが多かったため、
九州で最大規模という直径約200mのループ橋も開通した。

今週末のダートガレージセールに新米の卸しと
福岡西区のお客様へのお米の配達もあり、
久しぶりに三瀬峠越えを選択したというわけ。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今、こんなことやっています

2022-11-21 | そば栽培
相も変わらず今年も原始農法です。





蕎麦の刈り取りから蕎麦の脱穀まで
原始時代に戻って手作業です。





刈り取った蕎麦の束を
コンテナケースの底に擦りつけての脱穀。





それこそ以前は棒で叩いての脱穀でしたが、
これが労力も使わず全然楽チンです。





原始農法も少しづつ進化しています。





玄蕎麦の実は家に持ち帰り天日干しです。





まだまだ、先が見えてきませーん。(笑)





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

頑張れ小学生

2022-11-20 | よもやま話
きのうは朝から時折小雨。

蕎麦の収穫は中止して小学生の孫の応援でした。





小学校の持久走大会とのことで、
I ちゃん(5女)、Youくん(3男)の
スタート時間に合わせて会場へ。









学年別、男女別にスタート。

運動公園の周回コースで行われ、
応援も身近に傍で声かけられるんです。

5年の I ちゃんは2周の2キロとか。


「頑張れー!ファイト!」
「前に着いて行け!」
「いいぞ、いいぞその調子。」
「いけるいける!」


写真撮ってる時間はなくて、
画像は事務局長より。






「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

恵みの雨

2022-11-19 | じゃがいも(デジマ)
先日の三週間ぶりのまとまった雨で、
ようやく元気づいたじゃがいも「デジマ」





今秋も雨が少なく畑はカラカラ状態で
水を欲しがっていたのです。

お湿り程度の雨では役に立たず、
潅がい用水をかける人も出るぐらいでしたが、
今回は畝の底まで染みるほどの本降りの雨だったようです。





本当はまだ気温が高いうちに
一雨降ってくれたら最高だったのだが・・・

あと収穫までの一ヶ月は、
十分に養分を蓄えて丸々と生育してくれるのを願っている。


農薬も極力使用せず、
有機堆肥の投入で化学肥料を抑えた特別栽培です。
美味しさに拘ったジャガイモ「デジマ」
新規にご希望の方は↓↓↓
================================================
☆ 左サイドバーの「メッセージを送る」より返信アドレス教えてください。
 または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。
 折り返し案内状をお送りします。
   atcchin@mail.goo.ne.jp  
   注:@を半角@に置き換えてください。


マルシェルからもご予約が可能です。⤵⤵




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

蕎麦刈りスタート

2022-11-18 | そば栽培
しばらく蕎麦畑に行っていないと
今年も蕎麦が出来上がりつつあります。





今年は台風の通過を待って種蒔きして
二つ目の台風接近の時は発芽直後だったのが
功を奏したのかもしれません。





蕎麦は干ばつも無縁で、
むしろ水気を嫌うので生育も順調なぐらいでした。

完全無農薬で無肥料、
更に雑草より蕎麦の成長が早いので
蕎麦の栽培はまったく手がかかりません。





裏山の木々も色づき始めて
今年もまさに蕎麦の収獲の季節を迎えました。





昆虫たちもかなり頑張ってくれたようで
すでに8割ほどは黒化しています。





来週は天気もぐずつき気味とのことで、
刈り取りはコンバインでお願いしたいのですが、
遠方のため引き受けてくれるところがないんです。

ならば・・・

今年も手刈りで。





普通は手前第1コースから刈り取っていくんでしょうが、
今年は気分転換で第8のコースから。(笑)

真面にいくと先が遠くて嫌になりそうで・・・

いつも気分に任せてです。





調子に乗って刈っていたら
日が暮れるのも忘れてこんなに進んでいました。

おかげで今朝は足腰筋肉痛。

続きは午後から・・・・





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ようやくマルチング

2022-11-17 | ジャンボにんにく
先月、植え付けていたジャンボにんにく

ひと雨降ってくれるのを待っていたら
半月以上も経ってしまった。





先日の3週間ぶりの雨で
ようやくマルチ掛けが出来たところ。

今年はかなり遅れ気味だが、
これで発芽が促されることだろう。





水を欲しがっていたお隣りのジャガイモも
心なしか元気づいたように見える。

そう言えば去年は干ばつで茎が枯れたりで
ジャガイモの収量は半分だったよな。

今年は昨年より葉が茂っているので
少しは安心しているのだが・・・





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

収穫体験

2022-11-13 | 日々の農作業
小学5年生の孫の I ちゃん、
先週、稲刈りの体験学習とのことで
事務局長に誘われてちょっと覗きに。





いやいや、
何処にいるのかサッパリ。





ん!

あれかな?





間違いなかったようです。

後日、餅つきもあるとか。






きのうは地域の子供会の芋掘り体験。





愚息が子供会育成会の役員もしていることだし・・

まして、今年は自治会長の肝入りということもあって、
副会長も手伝いに行かないわけには。





「う~ん、重い~」と言いながら
捧げて見せる年少組のKENくん。

後ろの3年生!
YOUくん腰が入っていないぞ。





「これ見て!これ見て!」とは、
またまた年少組さん。

後ろの年長組のMOMOちゃんは、何やら一生懸命。

その後ろはもう直ぐ2才になるJUNくんまで。


きのうは5世帯だけの参加だったので、
掘り上げたイモ(紅はるか)はお土産にドッサリ。

孫たちは芋掘りを十分楽しんだようです。


我われが小さかった頃は、
体験どころかいきなり実戦へ連れて行かれて
親爺からずいぶん鍛えられたものだ。


わが家もこれから蕎麦の収獲に続き、
ジャガイモの収穫へと続きます。

収穫体験歓迎します。
ぜひどうぞ!





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする