ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

春作種イモの準備

2023-01-30 | じゃがいも(デジマ)
今回の最強寒波の襲来で、
遅れ気味の春作ジャガイモの植付け。

現在、圃場は土壌のくん穣中で、
少しは暖かくなってきたことだし、
そろそろ種芋の準備だけでもしておかないと。





寒波が襲来する前に済ませていた種イモの消毒。

種芋の表面の悪い細菌の消毒と、
植え付け後の土中の悪い細菌から守る効果があります。

ここで言う細菌はジャガイモの細菌性病害であって、
私たち人間にはまったく無害のものです。





  使用薬剤 : アタッキン水和剤(殺菌剤)
  希釈倍率 : 40倍希釈 5~10秒浸漬


ジャガイモを水洗いして土を落とし、
薬剤を40倍に希釈した溶液に5~10秒間ほど浸漬。

コンテナ50ケースを終えて倉庫の中で乾燥。

水風呂浴びた種イモたち、
寒波の襲来で倉庫の中も寒かっただろうが、
こちらとしては先に終えておいて正解でした。

今回の春作に使う種イモは、
先月収獲した秋作の自家取りイモを使います。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

規格外じゃがいも出荷

2023-01-18 | じゃがいも(デジマ)
JAによる秋作規格外ジャガイモの受入日でした。

美味しさに拘って栽培を続けているデジマだが、
規格外イモが多いのが難点。

まずは奇形イモ。





この辺りはまだ可愛いほうで
ひょうたんにも似た形をしていて
「オマケ付きイモ」と自分なりに名付けていますが、
生産者仲間では「人形」と言われています。

専門的には二次成長と言うらしく、
一度肥大が止まったイモが再び肥大するため、
こぶがついたような状態になるとか。

おそらく突発的に水分、養分が吸収され、
全体に均等に行き渡らず蔓に近い部分が膨れたのではないか。





次に多いのが自然割れ。





これは持論ですが・・・

長く雨が降らず突発的な大雨などで、
水分や養分が突然に吸収されたことで
それに表皮の成長が間に合わず亀裂が生じるのでは。

完全に分離してしまうわけではなく
ほんの表面部分だけで深部には影響ないのだ。





これらは店頭に並ぶことはなく、
コロッケ等の加工品へ回されることになる。

こういう収穫ロスが「デジマ」には多いので
当然生産者は離れがち。

「デジマ」の品種の特性ならば
その美味しさに拘る以上は
上手く付き合っていかなければと思っている。

「包丁入れたら中身は同じだもんね」

Farmers'market などでは、
馴染みのオバちゃんたちには好評なのだ。


ところで、来月開催の博多Farmers'market

事務局の要望もあり3年ぶりの出店を予定していましたが、
コロナ第八波が高止まりするなかで県外からの出店ということもあり、
対面販売は自粛させていただきます。

博多の皆さん、
楽しみにされていたと思いますが申し訳ありません。

3月も如何なるか分かりませんが
エントリーだけはさせてもらっています。

規格外イモ
少しは残していますのでご安心を・・



「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【マルシェル】じゃがいも特売企画

2023-01-14 | じゃがいも(デジマ)
昨年末、ジャガイモの収穫が終わるや否や
マルシェル事務局の担当者からメール。

マルシェルのモニター企画へ参加のお誘いでした。

お断りする理由もなく
即二つ返事のメールを返しました。





年末から年始にかけてモニター募集がなされ、
先日モニター当選者も決まったとの連絡。

モニター様への商品発送と同時に
今回数量限定ですが
ご希望の方へ特価販売の準備も整いました。

赤土栽培ジャガイモ「デジマ」5㎏
マルシェル様のご協力もあり、
通常価格(送料込み)2,800円⇒1,800円と格安価格でのご提供です。

折角のこの機会に
ジャガイモ伝来の地長崎の「デジマ」
ぜひご賞味ください。

自信を持ってお勧めします。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

次期作に向けて土づくり

2023-01-07 | じゃがいも(デジマ)
きのうもジャガイモ畑に朝6時出勤。

ジャガイモ畑の土壌をくん蒸消毒しました。

この作業は10時頃までには済ませるという
取り決めがあるためいつも早朝出勤です。

夏場は良いのですが、
長崎のこの時期の朝6時はまだ暗い。

いっその事、
もっと早くもいいのだが寒くて。





ヘッドライトを付けて作業開始です。





朝は放射冷却でかなり冷え込んでいて
地下足袋を通して地面の冷たさが足の裏に伝わってくる。





夜が明けると一面真っ白。

冷たく感じたわけだ。





そればかりか、厄介なことに。

作業機には土が絡み着いて・・・





霜が解けると余計に。





四苦八苦しながらも
薬剤の注入が終わると次の作業工程へ。





最後は管理機にローラーを取り付けて、
土壌を鎮圧したら終了です。





昨夜半からの雨に合わせて進めてきただけに、
より効果的だったことと思われます。

昨日、一昨日とも二万歩近く歩いていました。



この作業、私の三大嫌いな作業のひとつなんですが、
次の春作に向けて連作障害を防ぐためには必要不可欠で、
土壌の害虫駆除と殺菌を目的に揮発性の薬剤を土壌に注入くん蒸です。

薬剤は揮発性が高いことと、
念のために耕起による完全なガス抜きをしてからの植え付けで、
残留農薬の心配はまったくありません。

ただ・・・

揮発性の高い気化ガスを利用することで、
目に激しい刺激と刺激臭のため自身の安全確保が必要で、
使用時は、防毒マスク、保護メガネ、ゴム手袋は必須とあります。

また、近隣の住宅、家畜舎の安全の確保と、
および周辺農作物(特に葉物野菜)への配慮が必要で気も遣うんですね。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

年越し作業

2023-01-04 | じゃがいも(デジマ)
年末にやり残していたジャガイモ畑の後始末。

収獲後のジャガイモの茎葉の撤去です。

ここまでやって収穫作業も終了ということになります。





収獲後一度雨が降ったぐらいで、
カラカラに乾燥していて軽くて楽勝です。





軽トラ直に畑に入って山盛り4台分を撤去。

午後からはトラクターにバトンタッチ。





最近は日が暮れるのが早く、
取りあえず一枚の畑の耕起を終えて撤収。

明朝はメインの土壌消毒です。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これでようやく・・・

2022-12-27 | じゃがいも(デジマ)
正月を迎えられそうです。

今月8日から始まった
秋作ジャガイモの収穫も無事終わりました。





毎朝7時にはジャガイモ畑へ出勤。

長崎の朝7時はまだ日の出前で、
ようやく7時半近くになって
雲仙普賢岳から日の出となります。

同時にイモの掘り出し開始です。

8時になると❝イモ拾い隊❞がやってくるので、
それまでに準備が必要なんです。





今年は12月に入った途端冷え込んで
収穫作業も寒かったです。













収獲終了。





一番最後のジャガイモを搬出の段階になって
寄りによってタイヤが釘を踏んでパンクしているじゃないですか。

スペアタイヤに交換するもエアー抜けで役に立たず。

仕方なくスタンドまで走ってパンク修理。

いつものこと、
すんなりとは終わらせてくれない。(笑)





昨日のゆうパック午後便で
会員様への発送もすべて終了しました。

毎年、サンタさんより早くお届けを心掛けているのですが、
今年は二件ほど自治会で不幸があったりしたもので・・・

何とか年内にはお届けが出来たことで、
ようやく肩の荷が下りました。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

進物優先で・・・

2022-12-22 | じゃがいも(デジマ)
先日は平地でも雪がちらつき
雲仙普賢岳が今年二度目の冠雪でした。





しかも今回は中腹辺りまで。

寒いはずです。底冷えがします。

あすの朝は平地でも積雪有りだとか。





畑のほうはようやくジャガイモの収穫も終えて
進物を最優先で順次発送を終えました。

現在、九州外の遠方の
会員様を優先させていただいております。

地元長崎、福岡をはじめ
九州在住の会員様もう暫くお待ちください。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

種ばれいしょ入荷

2022-12-09 | じゃがいも(デジマ)
毎年この時期になると
来年に向けた更新用の種ばれいしょが届く。





こちらは今から収穫なんだけど・・





いつも更新用の種ばれいしょは、
「デジマ」「ニシユタカ」共に北海道産を仕入れている。

北海道は8月~9月には収穫しますから
すでに休眠期間を過ぎようとしており
届いた時にはすでに発芽しているんです。

ところで、肝心なデジマの種ばれいしょですが、
今年も北海道は天候不順で不足していているらしく、
JAから県内産に代替えをお願いしたい旨の連絡があった。

最近の天候不順はどこも同じ。

本来は種ばれいしょは県外産が良いのだが
無いということであれば仕方ない。


水稲にこまるの種モミも然りで、
今年は台風に揉まれて未熟粒が多かったので、
県内産は種モミとして使えるのかどうか心配している。

すでに注文済みになっているが、
県外産の種モミを考えた方がいいかも。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いよいよ本番

2022-12-06 | じゃがいも(デジマ)
九州長崎も今月に入って一気に冬到来。

冷え込みが続くと思ったら・・・





雲仙普賢岳は冠雪したまま。

寒いはずです。





今朝の畑は初霜が降りていて
ジャガイモも若干元気がなくなった。





機械で掘り出すことが出来ない
畑の四隅を鍬を手に試し掘りです。





この秋作の種イモのジャガイモ蛾の食害で
ほぼ壊滅状態だったことで
種イモの調達に奔走させられ植え付けが遅れた。





まだ、小ぶりのジャガイモも多く、
もう暫くはそのままにしておきたいところだが、
晴天が続いているうちに取り掛かることとしよう。



農薬も極力使用せず、有機堆肥の投入で化学肥料を抑えた特別栽培です。
美味しさに拘ったジャガイモ「デジマ」新規にご希望の方は↓↓↓
================================================
☆ 左サイドバーの「メッセージを送る」より返信アドレス教えてください。
 または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。
 折り返し案内状をお送りします。
   atcchin@mail.goo.ne.jp  
   注:@を半角@に置き換えてください。


マルシェルからもご予約が可能です。⤵⤵




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

恵みの雨

2022-11-19 | じゃがいも(デジマ)
先日の三週間ぶりのまとまった雨で、
ようやく元気づいたじゃがいも「デジマ」





今秋も雨が少なく畑はカラカラ状態で
水を欲しがっていたのです。

お湿り程度の雨では役に立たず、
潅がい用水をかける人も出るぐらいでしたが、
今回は畝の底まで染みるほどの本降りの雨だったようです。





本当はまだ気温が高いうちに
一雨降ってくれたら最高だったのだが・・・

あと収穫までの一ヶ月は、
十分に養分を蓄えて丸々と生育してくれるのを願っている。


農薬も極力使用せず、
有機堆肥の投入で化学肥料を抑えた特別栽培です。
美味しさに拘ったジャガイモ「デジマ」
新規にご希望の方は↓↓↓
================================================
☆ 左サイドバーの「メッセージを送る」より返信アドレス教えてください。
 または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。
 折り返し案内状をお送りします。
   atcchin@mail.goo.ne.jp  
   注:@を半角@に置き換えてください。


マルシェルからもご予約が可能です。⤵⤵




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする