ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

会員様へ配達も続いています

2022-10-30 | 米づくり(にこまる)
近隣地区で玄米30㎏の単位で
ご注文の会員様へ配達も一通り終了しました。

専ら在宅の時間帯の夕方から夜にかけて、
配達訪問させていただいていますが、
こちらも気分転換に秋の夕景を楽しめる時間帯です。





逆光でよく分かりませんが
外套の下はメロンドームのバス停です。





きのうは長崎市内の会員様への配達をしながら
いま開催中の「長崎ベイサイドフェスティバル」で
花火の打ち上げを見れると目論んでいました。





ところが、8時を過ぎても何の動きも?

どうも時間を間違えていたようで、
もう暫く待っていればよかったみたいです・・・残念。


きのうから精米作業に合わせて、
5㎏と10㎏の小口の袋詰め作業をしながら
発送準備に取りかかっています。

もうしばらくお待ちください。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大きくなれよ・・・

2022-10-28 | ジャンボにんにく
晴天続きで順調に進んだ稲刈り。

その合間を縫ってこちらも。





ジャンボにんにくの植え付けです。

まずは鱗片を房から外して
外した鱗片は大まかに大中小に分別して
大きいものから優先して植え付けていきます。





こちらはジャガイモと違って
土の中に埋め込めばいいというものではありません。

ニンニクは芽と根の上下が決まっているので
逆さに植え付けないように注意が必要です。

もちろん機械でというわけにはいかず
すべて手植え作業となるのです。





たまに収穫の時になって分かるんですが、
発芽しなかったところは
芽と根が逆さになっているのが・・・・・(笑)





今年は分球していないのが多かったので、
来年の分球を期待してまるごと植え付けです。





まるでタマネギです。





今回もジャガイモたちから畑を間借りしての栽培で、
一般のニンニク栽培に比べると贅沢過ぎるぐらいです。

収獲の掘り起こしの重労働を考えると
やっぱり今年も高畝式でいきます。

畝づくりまで終えた時はすでに日没後。

もちろん地温保持と雑草防止を兼ねて
これからマルチングです。

それもひと雨待ってのことですが、
どうも雨が期待できそうにありません。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お米の収獲終了しました

2022-10-26 | 米づくり(にこまる)
お米の収穫無事終了です。

今年は晴天続きで
途中一日だけ雨で休んだぐらいです。





毎日の日課は、午後に刈り取ったモミを乾燥機に投入。

遠赤外線装置が付いた乾燥機で、
出来るだけお米に負担をかけないように
一晩かけてゆっくりと。





次の日の午前中は、
乾燥機から搬出しながらモミすり作業です。





二つのロールが回ってモミを挟み込んだ形で
モミ殻を剥き取り玄米に仕上げます。





モミが混じっているところは
再度ローラー過程へ送り込まれます。





いよいよ最後の段階は選別計量器によって
さらに整粒玄米とくず米を分けながら
整粒玄米は30㎏の袋に収められていきます。



整粒玄米(過去年度画像より)


くず米(過去年度画像より)


今年の出穂期に二度にわたる台風の接近で、
見た目の玄米の品質の低下と収量の少なさは否めませんが、
何とか美味しさだけは保持してくれたようです。





新規会員様募集中!
入会金、年会費等一切ありません。

農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培米
「ながさきにこまる」を新規にご希望される方は⤵⤵⤵
===========================================
☆ 左サイドバーの「メッセージを送る」
 または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。
 折り返し案内状と申込書をお送りします。
   atcchin@mail.goo.ne.jp  
   注:@を半角@に置き換えてください。



「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

畑一面花盛り

2022-10-20 | そば栽培
気になっていた蕎麦畑のその後。

台風が通過した後、
ジャガイモより一足先に種蒔きして土寄せも終えていた。

ジャガイモも一段落したことだし、
さっそく蕎麦畑へ直行。





お、おー!

畑一面に蕎麦の白い花。





今、ちょうど蕎麦の花盛りです。







恐る恐る畑を一周してみても、
今のところ猪が入っている形跡もなく一安心。







よーく見ると既に蕎麦の実が着いているじゃないか。

これが黒化したら収穫です。







お隣りでラナンキュラスを栽培するTさん、
このところ蕎麦の白い花を楽しませてもらっています・・・だとか。





君達には甘ーい蜜をあげるから、
頑張ってくれよ・・・





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遅れ気味だった・・

2022-10-17 | じゃがいも(デジマ)
害虫による食害で種イモ不足に陥った秋ジャガイモ。

種イモの調達で遅れてしまった植え付けでしたが、
何とか土寄せ作業まで済ませました。





雨空が広がる今朝のじゃがいも畑です。

干ばつだった昨年のことを考えると
定期的に適度な雨が降ってくれるので助かっています。





今年は稲刈りと輻輳してしまい、
なかなか作業も捗らなかったのですが、
昨日のうちに終えてしまって良かったです。





午前中は籾摺り作業で、午後稲刈り作業と乾燥機投入、
一連の刈り取り作業が終わった夕方からの土寄せ作業でした。

きのうは鍬を手に仕上げ作業も終える頃になって
待っていてくれたかのようにパラパラと落ちてきて助かった。

これで何とか他所に追いつけたようです。




「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

にこまる刈り取り開始

2022-10-13 | 米づくり(にこまる)
今年もいよいよ稲刈り本番、
晩生の「にこまる」の刈り取り開始しました。





例年の如く
まず一番手はここの田んぼから。





オペレーターは何時もの従兄の長男S君。

毎年、刈り取りは地元の集落営農組織に部分委託しているため、
収獲の醍醐味を味わえないのは悲しい~~。

ただ、高額なコンバインを保有する必要もないし、
毎年決まった額を経費として、その時間他の作業が出来る。





刈り取った稲ワラは細かく裁断して鋤き込んでいたのですが、
今年は畜産農家のUさんが欲しいということで・・・

この晩生「にこまる」が、
おそらく日本中で一番最後の稲刈りではないでしょうか。

今年はよりによって出穂、穂揃い期に
二つの台風の接近で収量が気になるところです。

玄米の充実度が悪ければ整粒値が下がり、
屑米が多くなって等級も下がるだけでなく
自ずと全体の収量も少なくなります。

見る限りそんなに心配するまでもないようです。





新規会員様募集中!
入会金、年会費等一切何もありません。

農薬・化学肥料を半分以下に抑えた特別栽培米「にこまる」、
赤土栽培「デジマ」を新規にご希望される方は⤵⤵⤵
===========================================
☆ 左サイドバーの「メッセージを送る」
 または、下記アドレスに「資料欲しい」のメールください。
 折り返し案内状と申込書をお送りします。
   atcchin@mail.goo.ne.jp  
   注:@を半角@に置き換えてください。



「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャガイモ畑の畝づくり

2022-10-08 | じゃがいも(デジマ)
今年の秋作ジャガイモは、
種イモの調達に目途が立つのを待っての植え付けだったので、
例年より十日ほど植え付けが遅れてしまった。







品種は同じデジマなのだが
調達先によって発芽のタイミングが異なっている。

左手の10列ほどは殆んど今発芽したばかりで、
小さすぎて土が被ってしまうため途中から開始したことだった。







同じ調達先の種イモでも発芽にムラがある。

というのは、
同じ種イモでも発芽が始まっている芽と
まだ動きが見られなかった芽があった。

おそらく種イモを切る時に
そのどちらの芽が付いていた種イモかによって
発芽に差が出ていると思われる。

取りあえず割と大きめの列だけでもと思い、
畝づくりを決行したのだが、
それでも小さすぎて土が被ってしまった芽も結構あった。

御免!

きょうのところはこの辺で止めておこう。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年も黄色の彼岸花が・・

2022-10-06 | よもやま話
今年も遅まきながら
黄色の彼岸花が咲きました。





マキの木の根元に三本だけですが、
地味なわが家の庭先が明るくなりました。

日陰のせいで遅いのでしょうかね。





良く見ると花の咲き方が違うような・・





1本の花茎に4輪の花。

普通は1本に5、6輪の花が付いて賑やかなんですが?

これも日陰の影響でしょうか。

この時期、花茎の先に反り返った数輪の花を咲かせ、
秋の終わりに葉が伸びて翌年の初夏に枯れるので、
「あれ!枯れて無くなってる?」と勘違いすることも。

花が咲く時期に葉っぱはなく、
花が枯れた後に出てきます。

彼岸花の球根には毒があって、
モグラやネズミなどから稲を守るため、
昔からよく彼岸花を畦に植えられたとか。

この彼岸花、
よく耳にするのは「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」

小さい頃思っていたのが「潰れた饅頭??」

と言うのが、
「しゃげる」はこちらの方言で「潰す」のこと。

小学校に通う頃、
おふくろがよく言っていたのを思い出しました。

「車にしゃがれんごと、注意して!」

孫たちには通じません。
今思えば笑ってしまいますね。






「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

なつほのか稲刈り

2022-10-04 | 米づくり(にこまる)
田んぼでは早くも「なつほのか」の稲刈りが始まりました。





毎年稲刈りだけ部分委託している従兄も
今年からすべて早生品種「なつほのか」に変更したらしく、
乾燥調製作業はわが家で面倒見ることにした。

つまり、収穫作業の稲刈りは従兄、
乾燥調製はわが家でという分業体制でいくことに。

このところ晴天続き(むしろ暑いぐらい)で作業は順調、
きょうも午後からは籾摺り作業を予定しています。

わが家の晩生品種「にこまる」は、
例年通りあと一週間後ぐらいからの予定です。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

田んぼの落水

2022-10-01 | 米づくり(にこまる)
お米づくりも終盤を迎え、
きのう田んぼの水を落とす落水でした。

最近、この地域では、
早生の品種で「なつほのか」の作付けが
大半を占めるようになったためです。

朝から川の堰を倒し、各用水路の堰板も外し、
最下流の暗渠の蓋もすべて外して回収です。

昨年より耕作組合の副組合長を
仰せつかっており出役は仕方ありません。

わが家は晩生「にこまる」のため
少しでも水を溜め込んでおく必要があり、
前日のうちから準備は万端です。

明日は稲刈りを前にして
耕作者全員参加による草刈りです。





他の地区は晩生「にこまる」栽培が多いため、
あと一週間ほどは用水が流れています。

午後からは他の地区も
最後の水管理となる見回りへ。

あ!!
もう一度先の画像でも分かるように、





何やらのっぽの植物が・・・

今まで見逃していたんでしょうね。

しかも、田んぼの奥の方。

さあ、どうする?





やっぱり目に入った以上は、
放っておけませんね。

すでに片足は田んぼの中でした・・・

こういう時に思うこと、
やっぱり百姓の血が流れているんですね。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする