ちくわブログ

ちくわの夜明け

バカの終着駅・2019

2019-12-31 17:37:47 | Weblog

今年は本厄でした。


恐れていたような自分自身のカタストロフは起こりませんでしたが、それなりの厄災はふりかかりました。
去年も同じような事言ってましたが、前の厄年(24歳時)で交通事故を起こしたので厄が怖いのです。

降りかかったのか招いてしまったのか自業自得なのか、以下が「厄?」と思った出来事です。



実家の猫が死んでしまった

 それでも、20年以上生きてくれたので大往生です。


・数十年ぶりに母と再会した叔母が亡くなった
 私の事は忘れてましたけど、私自身も約30年ぶりに再会したばかりでした。


・映像関係でいくつか協力していたら痛い目に遭った
 もう無料で協力しようとかそういうことはやめにしました。お金が絡んでないぶん、あと腐れが凄くある。人の事をめちゃくちゃ恨んでしまう。
 友達は別ですが。


・父が脳出血で倒れた
 極めつけ。夜中に母から電話がかかってきて「お父さんが倒れた」と。兄と車で急遽名古屋の実家へ。死んだかと思いました。まだ生きてます。入院中です。良かった本当に。スーパーウルトラ不幸中の幸い。
 父!!!ガンバレ。今日もお見舞いに行ってきました。



こうして見ると、私がというより私の周りが、という感じです。
直接でも間接でも、嫌なことは嫌ですが。


それでも楽しいことは沢山あって、「色々な場所に行きたい」と漠然と考えている毎年の目標は達成できたと思います。
よく「忙しそう」と言われますが、これはどこそこ行ってるからであって、私自身はたいへん暇です。


岐阜に行き


数年ぶりの金沢。十年ぶりくらいかな。


兼六園、相変わらずいいなあ。

選挙関係のお仕事で大阪や兵庫へ。いつも雨に降られていた。



イベント撮影のお仕事で京都へ。



鬼怒川温泉は、現場が近くだったので無理やり泊まりました。



沖縄にも行けました。


首里城、とても荘厳で美しかったです。数日後に正殿が焼失してしまうとは…

「行っておいて良かった」とか言えない。

首里劇場の奇跡的な佇まいには心うたれました。




こういう感じで来年も働いていけたらなと思いますが、毎年不安でいっぱいです。
自分がフリーであることのデメリットは、ずーーーっと「いつか終わってしまうかもしれない」という不安と闘わなければいけないことだと思います。


プライベートでは

三保松原で海と富士山を拝み、おでんを食べ


そのついでにスナックバロンへ


大阪に行き約十年ぶりの太陽の塔と対面



熱海で海水と温泉に浸かり、花火を見て



ずっと行きたかった相模湖を訪れました。




今年も色々な場所の、色々な喫茶店にお邪魔しました。

喫茶店と言えば、斎藤潤一郎先生と調布の喫茶店でコーシーを飲んでいたら、少し離れた席につげ義春先生がおられました。
めちゃくちゃ緊張してサインを頂きました。


ああ、こうして見ると厄年とは思えないな。楽しかった。



そして、新作公開前にワクワクして『スター・ウォーズ アイデンティティーズ』に行きました。
これすごいです。全部本物で、撮影自由!!めちゃくちゃテンション上がりました。



で、ついこの前。
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』公開。



あ~
めちゃくちゃ良かったです。号泣した。


これは「シリーズ」を長年観続けているファンへのご褒美かもしれません。
この映画一本観て「傑作!!!」とは言えないのでしょう。
でも、最近の映画を観ていて思う事はドラマや漫画のように「観続ける事」も重要な要素なのではないかなと感じるのです。

一作でも複数作でも、大画面で観てドカーン!!と来る感動って映画・映画館ならではという点では変わらないので。
2時間前後という制約から解放された映画の醍醐味、圧倒的な時間と物量の流れるような興奮と感激。

とにかく「スター・ウォーズのファンで良かったな」としみじみ思わせる内容でした。


見て下さい。中途半端なコスプレ(『最後のジェダイ』のポー・ダメロンのジャケット)をして浮かれながら劇場にかけつけ、誰にも気付かれないながらも上機嫌の41歳です。




そして…
『赤軍の人々』は相変わらず完成していません。ずっと編集したりインタビューを書き起こしたりしてました。

熊倉献先生が描いてくれたイラストを使用して、バッヂを手作りしました。


これからも完成に向けて一歩一歩、微動だにしていきます。



来年は後厄ですが、何とか幸せに過ごしたいものです。

ただ、ひたすら楽しく幸せなのも問題なのですが。「ああ、良かった、色々あったけどいい年だったな」と思えるようにしたい。

皆さまも良いお年を…

 

 

 

 
旅地図 日本
昭文社 旅行ガイドブック 編集部
昭文社
 
海洋堂 1/350スケール 太陽の塔 PVC&ABS製 塗装済み 完成品 全高約220mm
海洋堂(KAIYODO)
海洋堂(KAIYODO)
   
レゴ(LEGO) スター・ウォーズ ポー・ダメロンのXウイング・ファイター(TM) 75273
レゴ
レゴ
 
コメント

さようならモモちゃん

2019-07-28 22:56:14 | Weblog

大阪で仕事をしていたら、実家から「モモが亡くなりました」とメールがあった。


忙しくて何も返せず、また感情に悲しむ隙が無かった。
ああやっぱり死んだか、もう年だもんな、大往生だよ、と妙に落ち着いて受け止めた。

数日前、仕事の現場が近くだったので実家の名古屋に帰った。
その時はまだ元気があったので安心していた。


ところがその半月後。
多分完全な老衰だと思う。よく頑張って生きてくれた。猫に生まれて22年だよ。
もう一匹の相方、プーが亡くなって2年間、よく生きてくれたなあ。

あの時と同じで、今まで両親を見てくれてありがとう、という思い。

若い頃はあんまりなついてくれなかった。べたべたと触らせてくれるようになったのは、年を取ってから。


寂しい気持ちをなんとなく抱えたまま、忙しく撮影していたら、待ち時間にメールが届いた。
普段から仲良くさせて頂いている漫画家の熊倉献先生が、モモをイラストにして送ってくれた。


ああ、こうやってもしかしたら本当に天国に行っているのかな、だとしたら今こういう感じで上に昇っているんだろうな、と思った。
やっと「お別れ」という実感が湧いてきてカメラを構えながら泣いてしまった。

さようなら、モモちゃん。ありがとう。
天国でプーと再会してね。安らかに。


こういう素直な気持ちに歯止めをかけてしまう年の取り方はやめようと思いました。

コメント

あるバーの最後

2019-05-28 01:44:10 | Weblog

先日、行きつけだった阿佐ヶ谷のバーが閉店するというお知らせを受けて、入れていたボトルを飲み干すべく閉店日に訪れました。


行きつけとか言っても、ここ三か月はなんだかんだ忙しく行けていませんでしたが。
それでもわたしにとって立地的に都合のいい場所で「飲みたいな」と思ったらすぐ行けるのと、なんと言ってもボトルを入れたら千円ポッキシで飲ませていただける非常にありがたい場所でした。







いつもはガラガラの店内が、閉店すると聞きつけた常連でごった返しておりました。

わたし自身、常連同士の繋がりは皆無というかそもそもいつ来てもお客さんが居なかったので、一人ぽつねんと誰とも喋れず飲んでおりました。
ちなみにこのバーは劇団員や編集者のお客さんが多いです。俺はもうなんか、そういう方々とは気後れしちゃって喋れない中年男性なので、本当にポツーーンという感じでした。

するとママさんが「明日来れる?お店片付ける前に写真を撮ってほしい」と。
今までさんざん安く飲ませていただいたので断るなどもってのほか。「もちろん」と快諾させていただきました。

以下はそういう写真です。

店の裏を撮ってほしい、とのこと。ここからの角度がお気に入りだそう。


街灯もあまり届かない場所。めちゃくちゃ暗いのでファインダーを覗いてもほぼ真っ暗でした。
この建物自体が取り壊されるようで、しっかりとした管理がされていない様子でした。
それがまたいい雰囲気です。

裏から入るように、店内を撮っていく。












店内に人がいるのは片付けを手伝った方や、聞きつけて最後の最後まで、と店との別れを惜しむ常連のお客さんが来ていたためです。



もう何回も経験しているけど、無くなると判明した瞬間から惜しくなって愛おしくなるものはたくさんありますね。
そういうものやことに対して、いつも「精通前の子供」のような、どう対処していいか分からないドタバタとしたもんどりうつ感情を引き摺っておりましたが、こうして「ハイ、終わり」という瞬間まで立ち会える経験というものは貴重だし、何より自分の中で区切りがつくことがありがたかったです。

ありがとうございました。


--------------------------------------------------------------------

 

はじめてのひとり飲み バー と ウイスキー の素敵バイブル (サンエイムック)
藤井達郎,倉島英昭
三栄書房

 

カクテル完全バイブル
渡辺 一也
ナツメ社

 

まどろみバーメイド 4巻【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】 (芳文社コミックス)
早川パオ
芳文社
コメント

バカの終着駅・2018

2018-12-31 17:42:05 | Weblog
今年は前厄でした。
序盤は公私共に絶不調。胃腸も壊す。

あまりに仕事が無いので厄除けに行ったら仕事が来るようになりました。
その後体調は戻り、色々と人並程度には楽しいことも起きました。

でも本当に欲しいものは手に入らない。

ざっくり言えばそういう年でした。
それ以外、特に総括すべきことが無い…

なんでかなあと思ったら、これまで『赤軍の人々』の撮影にかけていた時間を編集に回したのですよね。
だから冒険ができなくなってた。
その代わり、予告編を一本作りました。



お仕事では色々なところに行けたので楽しかったです。
伊那市






大好きな福岡



初めて行く米子

二度目の尾道






プライベートではいつも何度か行っている大阪には一度しか行けず…



映画制作の用事で仙台に行きました。


こう、わたしにしては本当に色々なところに行ったという感じがするので、頭の中がこんがらがって思い出がとっちらかってしまっています。
思い出がパンクすると旅から得られるものが薄くなってゆくので、これくらいが限界かもしれません。
でも、もっと色々なところに行きたいとは思います。


あとは…毎年恒例で疲れてきたスター・ウォーズの新作は『ハン・ソロ』。



なんか本当に厄除けに行った年の後半から一気に色々なことが起こった感じです。
速度が速すぎて脳の処理が追い付かない。


そういうことで今年も映画は完成しませんでした。
タイトルが決まって予告編ができたくらいです。

もう「来年こそは」とか言わないことにします。本当に完成すんのこれ??





皆さま、良いお年を…



--------------------------------------------------------------------

【 選べる 8種】 しめ縄 正月飾り リース 干支 迎春飾り (A1602(28×16cm))
クリエーター情報なし
y-y shop

宝酒造 澪GOLD スパークリング清酒 [ 日本酒 兵庫県 750ml ]
クリエーター情報なし
宝酒造

ナチュラルハイ年末スペシャル 敏感 (マル)恥 巨乳痴漢 2018 撮り下ろし2枚組 10人全員SEXver. [DVD]
クリエーター情報なし
ソフト・オン・デマンド
コメント

オタクの死

2018-06-22 01:59:32 | Weblog
数年前、ものすごいコレクターでオタクだった友人が急死した。


彼は結婚したばかりで、奥さんと生まれたばかりのお子と3人で都内のマンションに住んでいた。
遺品整理兼、形見分けとして我々友人が4人ほど呼ばれた。

フィギュアだか漫画だかいくつか貸していたものもあり、しかし一部はすでに事情を知らない奥さんによって捨てられていた。
押入れの奥からは普通のAVも出てきたとのことで、奥さんは「あの人こういうのも好きだったんだな、って今さら分かった」とつぶやいていた。


もらうもの、売れるもの、ゴミにしかならないもの。
膨大な量のコレクションも持ち主が死ねば、その運用にある程度の知識というか、技術が必要になってくる。


色々と整理が終わり、皆で一息ついていると奥さんがお礼を述べた後に言った。

「人が死ぬってこういうことなんだよ」



この人は幼い子供とこれから生きていくんだな、たいへんだな、と強く思った。

彼が死んだのが夏なので、暑くなりはじめるとフト思い出す。
コメント

2017年のお総括。

2017-12-31 00:15:50 | Weblog
金のない一年でした。



夢もチボーも…
いや少しはあったか。

お仕事でいろいろ行けました。

熊本


尾道




飯坂温泉(というか仕事自体は福島某所)




茨城





自分の人生で行く予定の無い場所に行くというのは楽しいですよね。



で。
映画の方。タイトルは『赤軍の人々』にしました。変わるかも。

なぜか今年、2回もあさま山荘に行きました。



夏、冬、それぞれの表情があって素敵さね。

榛名山をゆく植垣康博さん。


そして、やっと、5年ぶりの訪朝。





よど号グループの皆さんと再会。
あれから5年、何があったか。心境の変化は?

夜めしで船上クルーズ行ったら、中で女の子たちが演奏してました。
そこに『けいおん』のりっちゃんみたいな娘がいてかわいかった。


一方、元・反日武装戦線であり日本赤軍メンバーであった浴田由紀子さんが出所。



その後間もなくして元・反日武装戦線の大道寺将司さんが亡くなる。

11月には元・赤軍派議長 塩見孝也さんも亡くなりました



こういう方々だけではなく、ここのところ伯父や祖母が亡くなったり、実家のペットが亡くなったり。精神的に近しい場所にある生がどんどん消えていってしまう年でした。
近いところで死が続くと精神的にまいります。人生こんなこともあるだろうとはいえ。
心の中で何かが乾いていくような。


楽しい事だってあったあった。
もはや毎年恒例。『スター・ウォーズ』。最新作『最後のジェダイ』ファンミーティングに当選しました。

最速上映もなんとかチケットをとり、わざわざ横浜まで観に行って来ました(都内はチケットとれなかった)。



感想はまた書きます。まだ2回しか観に行ってない。

賛否両論のようですが、確かにその気持ちは分かりつつも…
私の中ではスゲーーーー良かったです!!
ジョージ・ルーカスの魂を引き継いでいるような。



あとはバンガイストが発売されてピーヨチャンと飲みました。

まんがさんが頑張る姿を見て、ワレもがんばったらんかい!!と気合を入れられた思いです。


来年は映画完成させるぞ。誰か2018年2月完成とか言ってたけど無視します。
誰だ!!

いや本当に完成させる。



皆様よいお年を…
コメント

若さってなんだ。

2017-12-19 22:59:41 | Weblog
韓国の人気アイドルグループの男性が自殺したらしい。


ツイッターにも書いたんだけど、若い人が死んでしまったニュースや、死ぬ話に接すると泣いてしまうようになった。
街で見かける楽しそうな若者を見ると無条件でイラつくのに。


あふれ出るエネルギーと、死への欲求は表裏一体で、若いからこそ命を危険にさらすということは往々にしてあると思う。
高い場所に立ってドキドキすることで何かを感じるように。



今日、八王子に向かう中央線の中で、どこからか赤ちゃんの大きな泣き声が聞こえてきた。
向かいに座っていた三人組の女学生が「赤ちゃん泣いてる」「生まれたての泣き声だね」「かわいい」
と話していた。

命って尊いなあ。
コメント (2)

さびしい誕生日

2017-10-31 22:42:29 | Weblog
ちくわブログはさびしい誕生日を迎えるあなたの味方です。


「モシモシ。今日ボクの誕生日やねんけど」

「ハッピーバースデー。生まれてきてくれたことに感謝」



いつでもお電話下さい。
ワシは人にハッピーを与える生き方をしていきたい。
そう思っている。

コメント

プーちゃん なに見てんの。

2017-09-22 06:33:04 | Weblog
先日、実家で飼っていた猫のプーちゃんが亡くなった。


何歳かは不明。たぶん20歳弱。大往生。
今年の正月に帰省した時にはずいぶん弱っていた。ただ、これからおばあちゃんになっていくんだろうな、くらいにしか思っていなかった。







その約半年後、仕事で夏前に帰った頃には、もうほぼ歩けていなかった。


猫の寿命についてちゃんと考えてなかった。

夜中、ほとんど一日中そこから動かないクッションの上で寝ているプーを撫でると、まったく起きずに何の反応もせず寝息をたてている。
「もうお別れかな」
次に会えるのは、恐らく今年の年末。その頃にはもう生きていないんだろうな、と覚悟した。

元気だった頃は寝てる時に撫でると、すぐに起きて「触るなよ」と言わんばかりにプリプリと逃げてってた。


プーちゃんは子猫の頃、元の飼い主から虐待されて、どういうわけかうちの実家へやってきた。

人間を信用せず、高いところが好きで、最初の頃は母と父にも触らせてくれなかった。
動物好きの母はそれでも何とかしようと、愛情を注いで、手には引っかき傷が絶えなかった。

やがて2匹目の猫、弟分となるモモちゃんがやってきた。

モモは甘えん坊で臆病な性格で、いろんな面でプーと対照的だった。

分かりやすいのは鳴き声だった。
モモは母に甘えに甘え、「ミャーーオ、ミャーーーオ」とうるさいほど鳴くが、プーはごくごくたまに、宝石のような綺麗な声で「ミャッ」と鳴いた。

そういう正反対の性格が幸いしたのか、2匹は本当の姉弟のように仲が良かった。







しかし見事なまんまるだなあ…

高いところと狭いところが好きで、冷蔵庫から棚の上、ぴょんぴょんと飛び回って家族を見下ろしていた。







たまに、じーーーっとこちらを見てきた。



「なに見てんの?」と声をかけて手を振っても、目を静かにパチクリさせるだけだった。

猫の瞬きは信頼の証、というが、どうもうちの場合は、人間の言葉にすれば「別に」って感じだった気がする。
無視、とかじゃなくて、声に出して「別に」という。

ここ数年はもう馴れたもので、近寄っても逃げなかった。
あまり高い場所にも登らなくなった。





夜中、一人で居間にいてテレビなんか見てると、そっと覗きに来てうろうろ机の周りを2~3周した後、膝に乗っかってきてくれた。
なんだかそれは帰省するたびの恒例になっていた。

兄と一緒に昼寝してるところ。

わざわざ人のコップで水飲んだりする。

油っぽいものに目がなかった。


元気がなくなってから、弟分のモモはプーにぴったりと寄り添っていた。



母の話だと、体中ベタベタになるまで寝続けるプーを舐めていたらしい。

そして亡くなってからは、その亡骸の上に重なるようにして乗っかり、離れなかったそう。



人間を信用しなかった猫が、何年もかけて人間を信用して、最後は母の腕の中で亡くなってくれた。

わたしが上京してからずっと母と父と一緒にいてくれた。
信用も愛情も、与える対象次第なわけで… プーはそういったものを、子供がいなくなった我が家に与え続けてくれた。

ありがとう、忘れないからね。
安い言葉だけど本当にそれしかない。感謝しかない。


そうしてプーのことを思い出すと、目をパチクリさせて「別に」って言ってそう。
コメント (2)

ビッグ野郎

2017-05-23 01:26:46 | Weblog
「ワシ、チンポだけはデカイんですわ。そらあもうビッグだんねん」


酒が入っての事とはいえ、やにわに語りだしたちくわ氏(38歳・童貞)に一同はドン引きしながらも相づちをうつしかなかった。
彼の孤独は、まだまだこれからなのだ。

そのことを知る大人の友人たちを持ち得たことは、彼にとってただひとつの幸運であった。


風俗嬢からの一言のお世辞が、今の彼を生かすものの全てであった。

孤独はまだまだ、これから。



--------------------------------------------------------------------

SCHOOL FUZOKU FESTIVAL 私立結城女学園風俗文化祭
クリエーター情報なし
BlueOcean

大増量!!風俗行く前にこれを見よ〜抜ける素人写真大全〜
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

激ヤバ潜入! 日本の超タブー地帯
クリエーター情報なし
宝島社
コメント

日常に潜む姫宮なな

2017-04-26 04:26:48 | Weblog
ある日。
東京拘置所へ向かうため小菅駅へ降り立ったわたくしは上記のようなポスターを見た。

あ、かわいい。

困っている顔がすごくかわいい。

以来、東武線に乗るたびにこの「姫宮なな」という女を盗撮した。
ご覧頂きたい。





















笑顔より困っている顔がいいと思う。
わたくしは駅員さんに尋ね、この女に会わせてもらうことにしたのだ。

教えられた通り「東武鉄道 お客様センター」に向かったわたしを、彼女は待ちうけていた。

「サインをくれ」

困った顔をすると思ったが、渡してきたのはこのような名刺だった。




キミは自分のよさが、ぜんぜん分かっていない!!!



--------------------------------------------------------------------

鉄道むすめDS ~ターミナルメモリー~(通常版)
クリエーター情報なし
タカラトミー

鉄道むすめDS ~ターミナルメモリー~(限定版:「限定フィギュア」&「スペシャルブックレット」&「スペシャルトークCD」同梱)
クリエーター情報なし
タカラトミー

鉄道むすめ公式ガイドブック―鉄道制服コレクション (Gakken Mook)
クリエーター情報なし
学習研究社
コメント (2)

金がない時ほど忙しい

2017-02-06 23:36:41 | Weblog
なんで。
コメント

2016年とわたくし

2016-12-31 23:24:48 | Weblog
今年はさえない一年でした。

なんかどうもぱっとしない。年々そうなっていくような気がする。
それでも何とか食えていけてるので、ありがたいというか情けないというか。

コーシーの摂取量だけ異様に増えていった気がする。










それでも『シン・ゴジラ』がめちゃくちゃ面白くて5回ほど観に行き

『ローグ・ワン』公開と公開前で東京コミコン行ったりして盛り上がり







楽しいといえば楽しい一年であった。

仕事はやっと波を掴んだか、と思ったらそうでもなく、そうでもないようでそんなこともないような、自分でもいまいちどういう状態なのか分からないヘンなおじさんです。

パッとしないといえばこれほどパッとしないものもない。
赤軍ドキュメント映画は今年中に終わらせる予定でしたが訪朝その他、何もかもうまくいかず、まるで俺の人生のよう。
でも、

白田組の白田さん(あさま山荘にモンケンで鉄球ぶつけた人)に会えたり


こちらのこれが




こうなったりと

不思議なめぐり合わせもある一年でした。

来年は、もっと頑張ります。
年をとって腹がたつことが増えたが、謙虚に生きたい。日々に感謝したい。人に感謝したい。
多分無理。

でも身近な人に優しくはなりたい。



俺を怒らせるな!!!
コメント

ビッグになりたい

2016-11-12 15:27:55 | Weblog
1日に5回は、すれ違うアベックやネットの記事に「死ね」とか思ってしまう。


もっとクールになりたい。
でっかい男になりてぇ。
コメント

RX-100M2と、或る一日

2016-10-18 20:07:28 | Weblog
新しくコンデジ買いました。


ずっと欲しかったけど型落ちするのを待ち続け、中古で…
このカメラを選んだ理由は、暗い場所でもちゃんと撮れる、フィギュアをよく撮るのでマクロにそこそこ強い、スマホに転送できる、そして動画モードで24Pが撮れる、という点です。

活動時間帯が夜ということもありますが、よく屋内でぱぱっと撮影することが多いのです。




















あとは、こういった趣味で撮ってるフィギュアの写真。












ああ楽しい。
他、いろいろ試し撮りした写真です。


































こちらが24Pのフルオートで試し撮りした映像です。





以上。
--------------------------------------------------------------------

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4
クリエーター情報なし
ソニー

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 II 光学3.6倍 DSC-RX100M2
クリエーター情報なし
ソニー

SONY アタッチメントグリップ AG-R2
クリエーター情報なし
ソニー
コメント