ちくわブログ

ちくわの夜明け

千葉刑務所に行ってきた

2014-03-20 17:11:07 | 映画制作
先日、取材で千葉刑務所に行ってきました。


連合赤軍の元幹部で、革命左派のメンバーであった吉野雅邦さんは逮捕後、その千葉刑務所に服役しています。

いわゆる「最初の二人」を殺害した『印旛沼事件』から始まる一連の『連合赤軍事件』に関わっており、その過程において我が子を身篭った恋人である、金子みちよさんを『山岳ベース事件』の総括リンチにより亡くした吉野さん。

文筆家の大泉康雄さんは事件前、吉野さん・金子さんと友人関係にありました。そのことからここ数年、毎週千葉刑務所に通い、吉野さんと面会を重ね、事件の聞き取りを続けています。
大泉さんによる『あさま山荘銃撃戦の深層』には、近しい友人が起こし、経験した事件についての複雑な心境をこう綴っています。

“吉野雅邦は、愛知揆一外相の訪ソ訪米阻止羽田突入事件、栃木真岡市の塚田銃砲店での猟銃強奪事件、印旛沼事件(同志二名を殺害)、山岳ベース事件(同志十二名を殺害)、あさま山荘事件(警察官二名、民間人一名が死亡)……六九年から七二年にかけて起きた一連の連合赤軍事件でこれらの凶暴な犯罪を犯した者として裁かれ、いまも償いの日々を送っている。
 けれども私にはいまもって、彼が行った行為、犯した犯罪に対しての現実感が持てないことがある。後味の悪い夢のように、いつまでも生理的に厭な感じは残っているのだけれど、それは夢で起きたことであって現実のことではない、と自分を封じ込めるオブラートのようなもの、それが私を支配し続けている。
 むしろ「事件の人間」となる前の吉野雅邦の方が、像としてはずっと鮮明で近しいものに感じられる”


大泉さんの資料から。あさま山荘から連行される吉野雅邦




というわけで、聞き取りに行く時連れてって下さい、とお願いしていたのでカメラ持って同行しました。

千葉刑務所はたいへんアクセスのよい場所にあり、車で行くと京葉道路・貝塚I.C.降りてスグ、です。
ちなみに刑務所のまん前にはバス停もあるのですが、なぜか「千葉刑務所前」ではなく「県職員能力開発センター入口」となっております。








滞在時間は少なく、大泉さんが吉野さんに面会する30分ほどでした。
したがって周りの様子などあまり見れませんでしたが、東京拘置所にあったような独特の雰囲気、威容があまり感じられず、赤レンガの瀟洒な建物だなあ、と思うにとどまりました。

しかし、大泉さんの言葉を借りれば「『左』『右』の大物を収監していたこともある『名門』刑務所としても名が通っている」のです。

待合室には差し入れの売店他、全国の刑務所内で作られたものを売る小さな売店もあり、良心的なお値段で購入が可能です。
わたしが買ったのは、皮製判子ケース(780円)、ぐい飲み(330円)です。




千葉刑務所を後にし、大泉さん宅へ。

様々な資料を拝見しているとその中に、まだ事件が起こる前…純粋に恋人関係にあった吉野さんから金子さんに宛てた手紙のコピーがありました。





--------------------------------------------------------------------

あさま山荘銃撃戦の深層(上) (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社

あさま山荘銃撃戦の深層(下) (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社
コメント

被災地のその後 5

2014-03-11 13:46:18 | 東日本大震災
最後に向かったのは、石巻市大川小学校。


ここでは児童108名中・74名、教職員13名中・10名が死亡。
今も避難経緯などをめぐり、遺族が学校・市側を相手取り真相解明に向かって動いています。

大川小遺族が提訴へ 23億円の損害賠償請求 石巻市など相手取り - MSN産経ニュース

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140310/trl14031008090000-n1.htm

遺族の立ち上げたホームページ
小さな命の意味を考える会

http://311chiisanainochi.org/

到着してすぐ分かる、いわゆる『遺構』的なインパクトのある光景でした。






不謹慎かも知れませんが、カメラを持つ方としては「撮らねば」と思わされます。
撮影し、シクリと胸が痛むこともありますが、ここを訪れたことを自分の中で無駄にしなくない、とも思います。

大川小学校を襲った津波の悲劇・石巻
http://memory.ever.jp/tsunami/higeki_okawa.html








こうして去年被災地を訪れたことは、そういった思いと、もっとしっかりと考えなければ、という思いを行ったり来たり、何度も反芻させる作業でもありました。










こんな大災害に対し、誰もがどう思っていいかなど分からないだろうけど、しかし一方でこうして自分の中でテーマを作り上げていく、という、あくまでも自己と向き合う作業こそが被災地を忘れないということなのかな、と感じました。

























宮城・石巻市の大川小学校周辺 震災37不明者の捜索
http://5.tvasahi.jp/000022899?a=news&b=nss







「被災地のその後」の更新も今回で最後になりますが、こうした記事を書くにあたっても、やはり迷ってばかりでなんか情けないものでした。
見えてきたのは「震災遺構をどうするか」という点に対して、自然に重きを置くようになっていたことでした。




遺構というドラマ性のあるもの、そしてそこからどれだけのものを受け取れるか。で、それはいいことなのか、悪いことなのか??

死にはドラマが無いものもあり、忘れられる死だってあると思います。
この未曾有の大災害には、そんな死もあり、あんな死やこんな死もはらまれている。

そういうことを忘れずにいたい、色々な死に対して冥福を祈りたい、意識を向けたい。

コメント