ちくわブログ

ちくわの夜明け

深謝

2007-07-17 00:49:32 | 映画 『延示』
15日の『延示』第二回上映会には台風接近の中、参加していただいた方、協力していただいた方共々、ほんとうにありがとうございました。

やっぱりお客さんは少なかったけど、今回はエスペランチストの方々も観にいらしてくれ、最終的には「やってよかった!」と思えました。


上映会の様子を写真に収めてくれたフォトグラファーのコンソメさん、ありがとう。
いつもモギリ嬢をやってくれるazazさん、ありがとう。今回も不用意ですまんかったです。
会場を安価で提供してくれ、この上映会のきっかけを作ってくださったSさん、ありがとうございます。
忙しい中駆けつけてくれ、挨拶していただいた主演のお二人、田中さんと久保利さん、ありがとう。


そして雨の降る中、会場まで足を運んでいただいた皆さん、重ね重ねありがとうございました。
『延示』の単独上映会はまたしばらくやらないと思いますが、また何かのきっかけで上映する折にはよろしくお願いいたします。


とりあえず、やってみて、上映会はやっぱりいいもんだと思いました。上映中皆さんの後ろで立って観ていて、そういう幸せを感じました。

上映会の様子は、また改めて写真と共に記事にしたためようと思います。
コメント

『延示』 第二回上映会に向けて の巻

2007-07-13 23:36:47 | 映画 『延示』
こらーーーっっ!!!いいのか?いいのか?
いくなーーーい!!!

キャアーーーーーッッ!!

本当に「俺チャンピオンまつり」にするつもりですか!毎度恒例、席ガラ空き宣言の日がやってまいりましたよ!わははーーーっ!!

確か・・・・前回も雨だった。
今年も雨ぽい。台風もついてくるよ。というか、台風が雨を連れてくるんだ。バカか。たのんでもいないのに。
順当にいけば、明日、あさってがいちばん接近するようですねぇ。

あー。
雨宿りしませんか?まじで。
もうどうにでもなれ。再告知。


場所:東京都世田谷区池尻2-4-5 tel. 03-5481-9011(受付)
    世田谷ものづくり学校 1F試写室
日時:7月15日(日) 13時開場・13時半上映開始
料金:600円 予約500円(メール riffilm@hotmail.com にて受付中)

ものづくり学校HP


ちなみに、HPのアクセスマップだと、三軒茶屋駅から歩いて15分と書いてありますが、池尻大橋駅からだと、歩いて約5分です。
なぜに池尻大橋からの行き方を載せないのか。わたしも忘れたのでおおいにこまりものです。

つうわけで周辺地図。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&scl=25000&grp=all&nl=35/38/34.761&el=139/41/02.094&coco=35/38/34.761,139/41/02.094&icon=home,,,,,
コメント

『延示』第二回上映会

2007-06-10 21:52:05 | 映画 『延示』
先日、池尻のとある上映施設へ見学に行ってきました。
上映施設というのは語弊があるかもしれません。一部上映施設で、他にもなんかいろいろある建物です。

その建物は廃校になった小学校の校舎を、改装してそのままオシャレ施設へと変貌させ、使用しており、なんだか凄まじく不思議な空間です。オフィスはあるわ、撮影スタジオはあるわ、ワークショップ教室はあるわ、工房はあるわ、人気ありすぎて半年待ちのパン屋はあるわ・・・。カオスだけど、どこか整然と計算された雰囲気があり、好感が持てます。ちょっとわくわくする感じです。
その施設の名前は世田谷ものづくり学校

なななななんと、今回!こちらの一室にオフィスを構える社長クリエーターさんからの紹介で、こちらの試写室→http://www.r-school.net/facility/PresenRoom.htmlにて映画『延示』の上映会を行うことと相成りました!なななな!
東京では約一年ぶりの上映!

今回の施設は本格的です。デカイスクリーンに、映画館と同じ椅子。少人数で息もしやすい!たまらんですなぁ。会場までのアクセスマップはこちら
三茶からあるって15分!中途半端にとおい!イカス・・・!
ちなみに池尻大橋駅からだと約5分で来れるのに、このアクセスマップには書いてありません。イカス・・・!


・゜゜・:.。..。.:・゜(n‘∀‘)η゜・:.。. .。.:・゜゜・
『延示』第二回上映会

監督
馬込伸吾 柴田純一
主演
田中しげ美 久保利健介 長谷川恵美

〔あらすじ〕
思想の季節より未だ覚めぬ近未来―――。

特高警察特務調査官・祠木紘一は都市ゲリラ組織『秋津列島解放戦団』に潜入、内部より組織を操作し、情報収集等を内偵していた。
ある日、戦団の幹部である恵想剛久が秘密裏に帰国したとの情報が入る。

時を同じくして世界中の国営テレビ、外務省、NGO団体に、恵想が渡っていた
国である稜州に関する告発映像が送りつけられる。
エスペラント語の解説がついたそれは、ネットを通じて一般市民にも広まっていた。

その数日前、ある女子大生が自殺した。動機は不明。遺書も無し。
手がかりは残された死の2日前までの日記のみ。

同僚の加波から日記を手渡された祠木は、独自に動機の推測をこころみる。

やがて祠木と恵想の二人は運命に手繰られるかのように対決の時を迎える。


場所:東京都世田谷区池尻2-4-5 tel. 03-5481-9011(受付)
   世田谷ものづくり学校
日時:7月15日(日) 13時開場・13時半上映開始
料金:600円 予約500円(メール riffilm@hotmail.com にて受付中)


都合が合えば出演者さんの挨拶もしていただこうと画策中です。あと編集が間に合えば、次回作(ドキュメント)のティーザートレーラーを流すかもしれません。
これら上映会に関する続報は、随時こちらでお知らせしてゆきます。
そんなわけでよろしくお願いいたします。
コメント (5)

『延示』上映情報

2006-11-02 15:10:42 | 映画 『延示』
関西の『延示』ファンの皆さま、おまっとさんでございました。
そんな人はいないことは分かっていても、お話を進めさせていただきます。

なんと今回、究極の喫茶店映画『延示』が約半年ぶりに上映決定いたしました。イエーイ。バブ~。
サントラを担当してくださった水流ともゆきさんのお招きにて、以下の学園祭で上映されます。



第3回兵庫県立大学西部学祭(工大祭)

『電子アートユニットMODULATION』展示部
11月18日(土)&19日(日)書写キャンパス 5103教室
上映時間:午後予定



そんなわけで関西在住の方で、ヒマすぎていろんなとこかいかいして血まみれになってる人や、「言ってることがよく分からないアクション映画がす・き」というマイノリティの方、右や左や中道のイケイケボルシェヴィキの方々は、ぜひ足を運んでみて下さいね。
街宣車でのご来場、門前でのビラ配りは、これを固く禁止いたします。

俺がゆるしても祠木紘一がゆるしません。
コメント

『延示』上映会報告

2006-06-18 08:57:36 | 映画 『延示』
おまっとさんでございました。
え?まってない?つうかなにそれ、そんなんあったん?みたいな。
あった、YO!
一ヶ月前に。

あれから信じられないほど忙しくて、こうしてふり返る気になれなかったんです。気分的な問題です。すいませんどした。
来週あたりからまた仕事ぼちぼちのヘボチンに戻るのでほっと一息つけています。あーなんか「俺って売れっ子」と思っていたのは、ある雑誌とお師匠のお仕事の影響からくるものであった。
しょうもな。


そんなしょうもない奴のことは放っておいて、早速『延示』第一回上映会のご報告とまいりましょい。
場所は池ノ上シネマボカン、日時は5月20日の19時~。でした。

どん!
ご来場の皆様本当にありがとうございました。
お客さんの入りは・・・まぁまぁでした。でもな。チラシあれだけ配ったのにな。今回しみじみと感じたことは「チラシってあんまり有効な広告手段じゃないな」ってことでんす。おためしあれ。
前列ほとんどガラ空きってのが笑えますな。(´`c_,'`)プッ

上映前はなかなか忙しかった。
上映準備とすっかり考えてなかったお釣りのこと。「500円玉がいっぱいいりますよ。どうするんですかっ」と受付嬢の美少女Sさんにののしられ(うそ)、近くのコンビニで両替客と化していました。へこへこ。

そしてなんとか上映開始。
75分の本編。寝る子はいねか~と思ってたんですが、なんと寝たのは俺。ちょっとしたサプライズといったところ。

上映終了。
おしっこを我慢していたので、トイレから登場する監督・赤目。上映後の拍手をトイレの中で聞いたのはなんだか物悲しかった。

うやうやしくもアバウトに出揃った監督と出演者。(右から監督・赤目、コンちき、祠木役・田中しげ美、谷川役・吉田卓弥)
緊張してて何喋ったのか忘れました。
テーマについてだとか、撮影中のエピソードが主だった気がする。田中さんがよくフォローしてくれたので助かった。当日はチョンマゲ姿もりりしく、イカツイというか、正直怖かったです。

中学時代から成長の無い監督2名。
「中学生にしてはよく頑張った」と褒めてあげたいところ。

挨拶終了後は楽しいランパブショウ。ではなく、店内をバーにしての(というか、もともとバー)打ち上げタイム。

オシャレな店内で過ごすくつろぎの一時。
もっといろんな人に感想を聞きたかったのですが、終電もあるしで、あまりゆっくりとできませんでした。無念。


以上です。
今回使わせていただいた写真は全て特派員Sさんによるもの。どうも有り難うございました!一眼レフいいなぁ。
そして和服姿で受付をして下さった愛情爆弾のNさん、有難うございました!なんとお友達の結婚式から直で駆けつけて下さいました。お似合いです。極妻よのう。
また、チラシを置いてくださった渋谷を中心とする劇場他、各お店のご協力にも心から感謝いたします。

これからもより多くの方々に観ていただけるよう活動していく所存でありますので、みなさま、よろしくお願いいたします!
コメント

「延示」第一回上映会

2006-05-19 15:52:24 | 映画 『延示』
告知するのを忘れてたというか、機を逸したので前日の今さらにドドンと告知させていただきます。

明日20日、池の上(下北沢の隣、駅から徒歩0分!)にて『延示』の第一回上映会が開催されます!
しかも、あいにくの、雨!!

雷を伴った雨のようです。雰囲気ありますね~。
予約もそんなん入ってないし、雨宿りにどすか?イチャついたら凝視しますけど。



『延示』第一回上映会

監督
馬込伸吾 柴田純一
主演
長谷川恵美 田中しげ美 久保利健介

〔あらすじ〕
思想の季節より未だ覚めぬ近未来―――。

特高警察特務調査官・祠木紘一は都市ゲリラ組織『秋津列島解放戦団』に潜入、内部より組織を操作し、情報収集等を内偵していた。
ある日、戦団の幹部である恵想剛久が秘密裏に帰国したとの情報が入る。

時を同じくして世界中の国営テレビ、外務省、NGO団体に、恵想が渡っていた
国である稜州に関する告発映像が送りつけられる。
エスペラント語の解説がついたそれは、ネットを通じて一般市民にも広まっていた。

その数日前、ある女子大生が自殺した。動機は不明。遺書も無し。
手がかりは残された死の2日前までの日記のみ。

同僚の加波から日記を手渡された祠木は、独自に動機の推測をこころみる。

やがて祠木と恵想の二人は運命に手繰られるかのように対決の時を迎える。


場所:シネマボカン (京王井の頭線池ノ上駅下車、徒歩0分)
日時:5月20日(土) 19時開場 19時30分開始
料金:600円 予約500円(メールにて受付中)



当日は主人公・祠木紘一を演じた田中しげ美さんもいらっしゃいます!
みんなで映画のこと、ストーリー、テーマについて、撮影裏話、ワイ談に花を咲かせましょう!!じっとりと!!
コメント

邂逅

2006-04-26 16:22:47 | 映画 『延示』
主役の3人が目の前で揃うというのは、ある意味自分にとっての夢でした。
世界が繋がった、というか。

劇中では物理的には決してすれ違うこともない彼らと彼女の人生ですが、時間を越えて絡まっていく運命という意味において、非常な影響を与え合うことになります。
そんな彼らの邂逅が、こうして目の前で繰り広げられると、なんというかちょっとくらっときます。わたしの中では「ありえない3ショット」なんです。


さておき、とにかく会場にお越しいただいた皆様、重ね重ね本当に有難うございました。また、アンケートも何度も繰り返し読ませていただいています。応援、ご批判もひっくるめて自分自身に刻み込んでいこうと思います。大切にします。
良かったら是非次の上映会にもお越しくださいませ。詳しくは『延示』ホームページで。

そして当日司会を務めてくださった「愛情爆弾」の芝原さん、久浦さん、お疲れさまでした。おかげさまでたいへん舞台挨拶がやりやすかったです。
さらに会場設営を手伝って下さったメンバーの方々とS・Aさんにも深謝であります。突然の話に快く応じてくださり、本当に助かりました。みなさんがいなかったら設営はどうなっていたことやら・・・・と言うより、どうするつもりでいたんだ、俺は。


これからのこと
他人様の将来についてとやかく言える立場にはありませんが、主演の3人には心底お世話になったし、これからも頑張っていただきたく思います。エールっていうんじゃないですけど、彼らのこれからが個人的には楽しみなのです。

 田中しげ美さん(祠木紘一役)
これからも舞台でのご活躍、楽しみにしております。田中さんとは役についていろいろとやりあいましたね(笑)。今ではその思い出も自分自身の糧となっています。
役者としてとてもアグレッシブで、がつがつぶつかってきてくれる様は、こっちとしても応じがいがあって監督としての自分の立場を実感させてくれました。
せめぎ合うことは大切ですね。

 久保利健介さん(恵想剛久役)
久保利さんも、また舞台観に行きますからね。次回公演のお知らせ待ってます。
現場では即興で殺陣をつけてくださり、見事なアクションを披露してくれました。とても謙虚で人がよく、誠実なその姿勢にはこちらも学ぶべきものがありました。
でもね、久保利さん。あなたなぜそんなに素晴らしい肉体を持っていたこと、黙ってたんですか!すごいんです、ブルース・リーみたいな引き締まった身体してるんですよね。『延示』でも見せたかったなぁ。もったいなし。

 長谷川恵美さん(水葉唯役)
こういうこと書きたくないけど、でも実際会うのはこれで最後なんでしょうねぇ。何といっても住む世界が違いすぎる。それは『延示』の劇中と一緒で、本来ならばわれわれの世界とは交わることがないような方ですもんね。
長谷川さんは役に合っていたというか、脚本の行間を読んで演技してくれました。おかげで水葉唯というキャラクターがとても自然なものになったと思います。
これからも長谷川さんは長谷川さんのフィールドでご活躍されていくことでしょう。楽しみにしています!


さて、わたし自身も「これから」を考えて行動して行こうと思います。
上映活動、そして自分自身のお仕事に頑張っていきます!GW中、有り難くも撮影と撮影助手のお仕事をいただいたので、まずはそこからですね。

ではちくわブロガーの皆さん(なんだそれ)、これからもよろしくお願いいたします!



ハンバーグ。subotiku
コメント (2)

2006-04-23 13:11:32 | 映画 『延示』
わあああああああああああああああああああああああ。

覚えてない。
えーー。なんなんだ。まじでところどころ記憶が抜けてる。携帯の着信履歴とか発信履歴とか見ても「え、この人とこの時なにを話したのか」という具合。

なんか会場に来てた知人からあきらかに敵意のこもったメールが届いてる。
えええ?俺いったい何を言ったのか?

あと試写会会場に来ていただいた皆様にジャンピング土下座。
いま、舞台挨拶の記録映像見たんですが、なにこのふてぶてしい態度。目が据わっているし。お前は巨匠なんか。実に不愉快だああ不愉快だ!!
ごめんなさい、会場にお越しの皆様にはたいへんありがたく思っています。

みなさま、本当に来ていただいて、観ていただいて有難うございました。

ところで感想メ~ルもぼちぼちと届いています。
写真のプレゼント、一定数届いたら抽選してお送りさせていただきます。


あーーー。
ああああああ。
くそ。
なんなんだもう。
抗うつ剤と抗不安剤のケミストリーかつダブルブロックが身体に予想外の反応を呼び起こしたようです。
あらやだ、これがオーバードーズかしら。『延示』本編とひそかにリンクしてるあたり、にくいじゃありませんか。馬鹿か。

ごめんなさい、試写会の詳しい記事は次回また書きます。今日明日、もしかして明後日にでも。


とにかく今はもう寝ます。頭いてぇ。

これからもケミカルやろう赤目をよろしくね!死ねって感じだよなほんとに。
コメント (6)

甘えたい馬鹿

2006-04-21 11:46:33 | 映画 『延示』
朝の澄みきった空気を伝えるようなカーテンの間から射す光彩を、たどるように見つめる。

うまくいかないことや、寂しく、辛いことのなんて多いことだろう。
重たい朝をにじませる寝起きの涙は、そんないろいろなことへのはじまりを「悲観」で告げてくれる。

にじんだ光が目の中でいくつもの玉になり、視界を遮る。
「俺っていつからこんな風になったかなぁ」

うんざりするくらいうんざりすることが沢山あって、何から手をつけて気持ちを整理したらいいのか分からない。
とりあえず仕事場に「休みます」と電話を入れ、また布団の中にもぐりこむ。

罪悪感。

休んでんなよ、と、もう一人の自分が言う。
うっ積するだけの苦しみから逃れる手は、もう睡眠しかないみたいだ。
睡眠と澱んだ曖昧な意識との繰り返し。

ふと起きて、見上げる天井の模様に、得体の知れない意味が宿る前に自分が叫ぶ。
「馬鹿かお前は」


ただの自己憐憫。
クソみたいなもの。マヌケでどうしようもなく恥ずかしいゴミ以下の感情。全てはそれ一言で完結させられる。
深刻ぶって、いったい、何をお悩みに?
自分で自分を不幸にして喜んでいるだけじゃないか。
「うう、たいそう可哀想なこの僕よ」と。

お前が対峙するものはお前自身だ。それを外に向って叩きつけろ。
何回も何回も叩きつけて、死ぬほど辛い目に何度もあって、起き上がれ。そして血まみれの、汚くカッコ悪い自分を見せつけてやれ。






以上、フィクションでした。
つうかぼくちん、夜勤だし。朝寝るし。


さて、明日はいよいよ四月決戦、『延示』試写会当日です。
すでにわたくし、胃がぼろぼろの状態ですが、死なない程度に太田胃散飲んで頑張ろうと思います。
みなさんも死なない程度にスキップして会場にお越し下さると楽しいかもしれませんね。

でもスキップなんて恥ずかしいので会場ではしないで下さい。しても無視します。



ちぇ、失敗した。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/comets_and_meteors/?1145579848
コメント (2)

嘘だね。

2006-04-19 10:00:20 | 映画 『延示』
あんた達はそういうウソばっかりだ。
もうヤダ。
わかってるんだぞ・・・・


隕石落ちて地球なくなれ。
コメント (2)

サクリファイス

2006-04-19 04:31:54 | 映画 『延示』
まてまてまて。
前回の記事おかしい。サービスってどういうことだ。

サービス=有料

この基本をすっかり忘れていた。
今回の試写会は無料なんです。なのでサービスなんてものはハナから存在しません。ということは全てがホスピタリティ。真心の大洪水!!
や、そもそもサービスなきところにホスピタリティが存在するのか?

あ、

そうか。これ経営じゃない。だから考え方そのものが間違ってた。
これは・・・・・自己犠牲だ!サクリファイスだ!!
見よ!燦然と輝くRIFFILMの愛を!!


うそです。
全部自分のためにやってるんです。
でも心の片隅でちょっとでも「ニクイやつめ」と思っていただけると僕はとてもうれしく思う。

さて。
今現在ホットメールが不具合起こしています。なのでriffilm@hotmail.comに18日以降メールされた方で、受付完了のメールが帰ってきていないという方、お手数ですが再度こちらのアドレスsith@interlink.or.jpまで再送をお願いしたく思います。
ご面倒おかけしまして誠に申し訳ございません。何卒よろしくお願いいたします。



金ほしい。subotiku
コメント

リミッター解除

2006-04-17 03:43:40 | 映画 『延示』
え、え、え、どおいうことですろう。
一週間前ですよ、『延示』試写会まで。
いいの?みんな本当にいいんですかっ!?


席、ガラガラなんですけど!!


ようし、分かった分かった。
写真撮影禁止とかな。全館禁煙とかな。サービスがなってない、サービスが。
わたくしとて、かつては学校で経営学を学んだ身(半分嘘)。わかってます、みなさんの望むものは。要はサービスをカバーするホスピタリティですよ。この俺の真心ですよ。そうではないですか?

よし。
脱ぎます。はガッ   俺が。

チガウチガウ!!そういうことでないの!もうっ!赤目たんのばかばか!
アレだ!えーとプレゼントとか。しかし何を?やはり『延示』グッズ?でもそんなの誰が喜ぶの?
とは言いつつ、プレゼントはやります。アンケート書いてほしいから。抽選で3名くらいにすごい金のかかってない延示グッズ・・・・しおれたお花をプレゼントされるようなものですが、ちゃんと受け取って下さいね。RIFFILMからの両手いっぱいの愛です。
そして人知れず廃棄して下さい♡


もうこうなったらリミッター解除だ!!!
別に書くまでもなしに100人予約入らなかったらそのつもりだったのですが、まさしくその通りになったので改めてHP上でも告知するです。

予約ナシでも入場可。

とりあえず予約の方に入ってもらって、その後当日の方々に入っていただくこととします。
ただこれやると・・・施設側に怒られる可能性があるんですよ。だから最後まで告知しませんでした。


というわけで最後まで迷ってるアナタも安心です。
いいえ、いいんです。僕ひとりが施設の中の人にボコられればすむ話ですから。
そして舞台挨拶は血まみれになって登場します。
その時、あなたは知ることになる。おおいなる宇宙の意志を、そしてこのわたしの愛を・・・・・

あなたの心に、テレポート!
コメント (2)

ファランクス

2006-04-13 13:21:57 | 映画 『延示』
こんちは!
頭おかしいです!赤目ですが。

皆さん、聞いて下さい。劇中(エンドクレジット)でも流れる『延示』のテーマ曲がミュージックもんにエントリーされたらしいです!やったっ!ぃよっ!
ところでミュージックもんって何もん?俺も知らんです!詳しくはリンクをクリックプリーズ。

とりあえず作曲者の水流ともゆきさんにおめでとう&有難うございます!

図々しくもわたし自身が喜んでるのは、これは関係者向け試写会の時にもお話したんですが、音楽の良い映画が好きだからです。
観終わった後、どんなに「あ~くだらなかった」と思っても、音楽が良ければなぜか記憶に残るんですよね。場合によってはそれだけの理由でまた観たくなってしまうんです。水流さんによるサントラは、『延示』にそういった魅力を付け加えてくれました。

ちなみにウチのおふくろは、実家帰って『延示』見せた時、内容については何も言わなかったけど「音楽作った子、将来有望だわぁ。胸にグっとくるような曲作るね」って言ってました。「おい俺は」と言いかけましたが、やめて寝込みました。今はもう元気です。


件の曲ですが、水流さんのサイトから【music (muzie)】をクリック、リンク先の一覧からお聴きいただけます。
劇中より長いフルバージョンにてUPされています。
午後のティータイムに、胎教に、血が滾るような『延示』のテーマ曲を是非おためし下さい!



梅ミンツという駄菓子を思い出した。subotiku
コメント (2)

vsメイド

2006-04-04 04:21:20 | 映画 『延示』
秋葉原にチラシ配りに行きました。
平日だというのにすごい人。

駅を出たらすぐさまメイドさんがお出迎え。
なんなの。
チラシ配ってるみたいですが、家族連れとかに一緒に写真撮られてます。「ピース」とかいって。
ぜんぜんうらやましくねえし。一緒に撮って欲しくないし。

でも「撮ろうよ」とたのまれた場合は、まぁ、やぶさかでもないが。(ツンデレ)

メイドさんも大変だなぁ。配ったりサービスしたり。ある店では店頭に「秋葉原無料案内所」ってコーナーが設置されてて、そこではメイドさん二人が地図を片手に道案内している。
メイドさんってなんだ。
なんかもう何でもいい存在になってきてるぞ。
違うぞ違う違う。

メイドさんっていうのはこういうんだ。
寝てる俺。「ご主人様、朝食の用意ができました」「むぅ、持ってきて」「はい、ご主人様、朝食でございます」がばっ(ベットに引きずり込む)「ああっご主人様っ、おやめください」髪をつかんで匂いをかぎながら「(スーハスーハ)んん~いい香りだ。さあ、朝から元気なわがはいのエクスカリバーにご挨拶するのだ」「ああっ、おはようございますぺろぺろ」
これだね。

チラシ配ったり、「ご主人様」とか言いながらお茶飲まして現金かすめとってるようなのがメイドさんだと思ったら大間違いですよ。そんな勘違いは素人。
いいでしょうか皆さん。本物のメイドはですね。
エロゲーの中にしかいませんですよ(断言)。


しかしながらそんな大人気のメイドさんとやりあっても、勝つ見込みは全くない。同じところでチラシを配れば無視されること必至。
仕方なく駅前ではなく人通りのやや多い電気街の真ん中へんで配ってました。しかし今日は寒風が身に沁みた。アホかってくらい風吹きまくり。

ここも下北ほどでなくとも、案外受け取ってもらえないでしたね。
中には「チラシ、集めてるので折れてないの下さい」って言う人も出てきた。アキバらしいですね。でも何かうれしかったので2枚くらいあげました。
以外にもオタクっぽい人とかは受け取ってくれませんでした。どちらかというと「オーディオマニアです」みたいな感じの人とか、デート中のカップルとか。それに女性も。

とっぷりと日が暮れたので、帰ることにしたら、向かい側の道路でメイドさんが例のごとくチラシを配っていました。それ見てたら、もうみんな取ってく取ってく。
やっぱりメイド強し。


写真は試写会会場施設「たづくり」に貼ってもらうポスター。プリンターで印刷、切って貼って自作しました。
受付に持っていったらお嬢が「何枚貼るか、どこに貼るかも指定できませんよ」と無愛想に答えてきました。ここの受付っていつもこうなのな。なんか怖い。近くにあるもうひとつの施設のお嬢はすごく愛想がいいのに。

とかいってきっと3枚とも貼ってくれるんでしょ。目立つとこに。
ツンデレめ。(←言いたかっただけ)
コメント

ドぺぽ

2006-03-30 11:06:49 | 映画 『延示』
板垣師父ッッッ!!!

よりにもよってッッッッ!!!!
バキがッッッ!!!
表紙&巻頭カラーの号にッッッッ!!!

みんなのはせさまがッッッッ!!!
グラビアをお飾りになるとはッッッッ!!!


しかも見開きでバキ顔UP・はせさまみたいな!
すげえよぉ、バキの隣に長谷川さんがいるぅぅあああ頭が混乱汁。

うううう~~~うーー。うぅぅぅぅ・・・・・
なになに、「好きな男性のタイプ」。
えへへへ σ('∀`* いいこと聞く。

「やさしい人、少しお肉がついてるくらいの人、大ざっぱな人」
えへ・・・へ・・・・?σ('∀`


「癇癪もち、ガリクソン、意外とマメ」
σ(゜Д゜ ・・・・・・


・・・・・・ふあああああああああああああああああァァァ!!!!

ガン



(血まみれで)さておき。

風邪が治りかけるといずこからかお鼻水さんが大量に押し寄せて、プンプンプンプンいくら鼻をかんでも絶え間なく流れ出てきます。こんこんと湧き出る清流のごとく。
しかしなお鼻をかみますと、「プーーーーーーン」って普通に出るときもあれば、「プーーーーーーぽ」とかいって尋常じゃないくらいたくさんのお鼻が出てきて、手までハミ出ちゃうことだってあります。
「やん、こんなにいっぱい・・・」とかなんとか。

先日、そんな状態で秋葉原駅前を歩いていると、お姉さんがティッシュらしきものを差し出してきたので、こいつはおあつらえだ、と受け取ったらば何かポストカードでした。
「やぁ、しまった」と咄嗟に思う間もなく、そのお姉さんはバリバリのエウリアンであり、のべつまくなしに「あ、お兄さん優しい、あのね実はねそのカードの絵なんだけどそこで個展やってるの良かったら見に来ませんか?とってもいい絵なんです。お兄さん忙しそうなのにごめんね、すぐそこです、ほらあそこほらねほら」とか言ってきたので「えいえい」とばかりにお姉さんの持っていたカゴにポストカードを返したらば、お姉さんは腰を引いて返却を拒否しようとした挙句、「ああぁぁぁ~~、うぅぅ~~」とか喘ぎ声みたいなの出されたのでたいへんに萌えました。

不覚にも。


そういうわけでアキバへ『延示』のチラシを設置してくれそうなお店をまわってきました。

結果、6店まわって、3店OKでした。
NGの3店はいずれも示し合わせたかのように「ウチで売る商品じゃないチラシは置けない」という理由からでした。

では以下、来店順にお店をご紹介。


ISHiMARU ゲームワン

4F、アイドルDVD売場エスカレーター前のチラシスペースに。
ここの店員さんはとっても親切でありました。「いいでしょうか・・・」と自信無さげに聞いたら「あ、どうぞどうぞ。好きなところに好きなだけ置いていってください」と笑顔で答えて下さいました。
もう、俺がアイドルになったら絶対ここでイベントやるぞっと。覚えとこ。


たちばな書房

階段・チラシスペース。
ここもね、超有名店ですよ。かつて何度となくお世話になりました。ぺこしゃん。
ここのお店の方も親切でとても丁寧に対応してくださって感謝です。でもぶっちゃけ「どうなんですかね、お客さんの層からいくと、映画のチラシなんてあまり持っていかれないですよね」とお聞きしたら「うーん、そうでもないですよ。最近、普通のお客さんも増えてきましたから」と。
ううう、たちばな書房に「普通のお客」・・・・アキバブームもここまで浸透しつつあるのですね。


書泉ブックタワー

どこかのレジ前。
またまた有名店。
こちらもアイドルのイベントとかやってるようだったので置かせていただきました。ありがたや。お忙しいところ対応してくださって有難うございました。


以上です。

それにしても板垣師父ッッッ!!!
さすがにアメリカ大統領はッッッ!!
いささかやりすぎなのではないでしょうかッッッ!!!!
コメント (2)