ちくわブログ

おっぱい

グレート・リターン・マーチへの呼応

2018-06-15 19:10:33 | 映画制作
『パレスチナでは、3月30日の「土地の日」記念日に蜂起した「グレート・リターン・マーチ」(=「帰還の大行進」)の、祖国解放を求める壮大なデモが開始され、15日の「ナクバ」(=厄災の日)まで続ける決意で現在も続行されている。 』

とのことで、これに関わるデモによる死者のニュースは日本にも時折入ってきております。

パレスチナの病院で日本人奮闘 67人死亡した現場
https://www.asahi.com/articles/ASL5X1VNPL5XUHBI001.html


イスラエル米大使館がエルサレムへ移転、それへの抗議行動として日本でもこの運動に呼応する動きがありました。

毎年、某人々が行っているイスラエル大使館への行動に私もついてったのですが


ドン。





イスラエル大使館前には警官隊による停止線が張られていました。

抗議するもいっこうに通さず。
ある人が警官に理由を問いただすと
「以前、違うデモで近隣のホテルから110番に(うるさいと)苦情があった」
とのこと。さらに
「あなた達が『そういう団体』だってわかってるから」
という言葉が。これにはさすがに参加者も怒り
「『そういう団体』ってどういう団体ですか!?」
と応酬。

というのも、このデモの参加者は本当にバラバラでお互いがお互いを知っているという感じでもなかったのです。
『そういう団体』というのは「元日本赤軍の人間やシンパ」の一群が参加していたからということかもしれません。

それでも例年であれば警官隊もおらず、静かに大使館前に抗議の手紙と花束を置いてくる、というものだったのですが、それが許されないということでこちらから代表2名を選び、手紙のみが許されました。


で。
その『そういう団体』は数日後『リッダ闘争46周年』にあわせてこちらも例年通り集会を行いました。
通称「5.30集会」。
『そういう団体』を代表して足立正生監督から一言。



参加者は例年に比べ少なくなっていました。若い人もいない…

パレスチナの今を伝えるドキュメント映画上映の後、板垣雄三先生による講演『今、問い返すパレスチナ連帯』。

2次会ではおなじみのホムスもふるまわれ、やや盛況でした。


パレスチナの惨状というのはなかなか日本では分かりづらいかもしれません。
しかし日本国の在り方と極めて地続きな問題で、そういうことに一人でも多くの方が問題意識を持ってほしいなと思う次第であります。



--------------------------------------------------------------------

ミュンヘン [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント

天よ、我に仕事を与えよ―奥平剛士遺稿 (1978年)
クリエーター情報なし
田畑書店

まんが パレスチナ問題 (講談社現代新書)
クリエーター情報なし
講談社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『赤軍の人々』予告編「3つの闘い」

2018-06-14 18:22:33 | 映画制作
こちらでアッピールするのをすっかり忘れておりました。
以下からご覧になれます。


映画全体の構成を

「よど号事件」
「連合赤軍事件」
「リッダ闘争(テルアビブ銃乱射事件)」

の3つに絞って展開しています。
これは、全ての事件に関連性があるためです。


よろしかったら拡散をお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尾道に行ってきた の話

2018-05-03 04:34:46 | 
別に話ではないんですが。
しかも行ってきたというか実際は仕事で、用事があったのは因島でした。

尾道は宿泊していた福山との間の通り道で、行ってみてから「あの有名な尾道を通るのか」と分かったのでした。
一度は訪れてみたかったので、このさい観光目的にとっておいた1日を尾道観光に使うことにしました。

ちなみにこれ、去年の話です。
写真をアップしてそのままほっておいて、書くのを忘れていましたので今さら書きます。
ほとんど忘れているため日記からほぼそのまま記憶を復刻します。



東京駅から5500円のバスで福山駅へ。
せまい。寝れない。

朝、福山駅に到着。
11時間の乗車。身体がコチコチになる。
駅近くのサウナに入りサッパリいい男。



駅前の喫茶店でモーニング。



おいしい。シアワセ。

またバスに乗る。
ここから本来の目的である撮影のお仕事。因島へ。
スゲー田舎。目の前に島と海。

その後無事仕事が終わり、お客さんのご招待にあずかり、焼肉をごちそうになる。
帰り、ものすごい雷雨にみまわれる。

福山駅に戻り、ホテルにチェックイン。

雨はすっかり止み、窓から綺麗に福山城が見えた。



翌日。
ホテルを出て喫茶店でモーニング。

スイカがついていた。

昼頃、尾道駅着。



空が晴れ渡り、青い海が空を反射してすごく綺麗。



オッサンが佇む気持ちも分かる。

アーケードが伸びていたので歩く。





おもむき。



裏通り、小路のたぐいもいちいち「こういうのが好き」な人を喜ばせる雰囲気を持ってる。

軌跡のような喫茶店を見つけて入る。







名物のレモンを使ったレモンスカッシュがめちゃくちゃうまかった。
そのまま、
「コレ、めちゃくちゃウマイっすね」
とママさんに伝えたら
「疲れが取れるでしょう」と。この日はちょっと暑かったのと前日の仕事の疲れとで、本当に身体に沁みるおいしさだった。

ロープウェイで千光寺へ。











今さらですが、ワシ、観光地大好きなんよ。

いまいち「坂の街」の実感が湧かなかったが、ここに登るとよく分かる。







綺麗な街だなあ。
多くの映画やアニメなんかの舞台になる理由が分かる。

参拝。















帰りはロープウェイを使わず、歩いて風景を楽しみました。



途中、広場で猫とふれあう。



降りていくと街並みも変わって見えて、楽しいです。





なんかよくアニメなんかでありがちな「急な坂」も。

アーケードに戻り、再度うろうろする。
しかし完全に昼飯を食うタイミングを逸した。



裏通りのすごく純粋でストレートな古めかしさがすごく良い。



なんかそういう雰囲気だなあと思って調べてみたら、尾道には昔、遊郭があったそうです。

時間が微妙になってきたので夕飯まで食わずに過ごす。









海の近くで見つけたカウンターだけの小さなお好み焼き屋で、ビールとお好み焼き。
店のおばちゃんとの会話も楽しい。

港に出て帰りのバスまでの時間、暮れていく街と海、行き交う船を見て過ごしました。ロマンチック。






尾道ってなんか、小奇麗な熱海みたいですね。



--------------------------------------------------------------------

尾道、食べさんぽ。: 坂と寺と映画の町を食べ歩く
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

尾道制服(海・船・自転車編)
クリエーター情報なし
密林社

大林宣彦DVDコレクションBOX 第壱集 《新・尾道三部作》
クリエーター情報なし
ジェネオン エンタテインメント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011から

2018-03-20 21:56:03 | 東日本大震災
今年の3.11、家で当事の写真をなんとなく見ていたらいろいろ思い出したので。


あの日は仕事で渋谷に行っており、山手線のホームで帰りの電車を待っていたら震災に遭遇しました。
「ゆれるな~」と思ったけどビルの上階にいたわけでもないのでのんきなものでした。
そうしたら実はあんなことになっていて帰れなくなってしまった。

夜中、京王線が動き出してやっとのことで当事住んでいた八王子に到着。
改札で駅員さんが「今日は料金いりませんのでこのまま改札を通って下さい」
とアナウンスしていたのが印象に残っている。

歩いて1時間ちょっと、やっと帰宅。
部屋がすごいことに。



テンパってたんでぜんぜんちゃんと撮れてませんが、足の踏み場がなくて棚の上に飾ってあったFRP製のクソ重たいダース・ベイダーのヘルメットが床に転げていました。

テレビでは原発の現状を伝えるニュースが。
本当にやばいな、日本どうなるんだろう?と思いながら寝る場所もないので朝までかかってなんとか寝れるくらいに部屋を整理しました。


それから数日後、輪番停電が実施。







真っ暗闇の中、無理やり原付で出かけて中央分離帯にぶつかって、その後原付はぶっ壊れたのでした。

スーパーやコンビニには商品が無くて、ああ生きているとこういうこともあるんだなあと思いました。





あれから7年ってすごいなー。

3.11の諸問題で表面化した当事の問題意識ってちゃんと保ててるんだろうか?いや保ててないな… と思ったのでした。


以上。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の旅

2018-03-05 22:20:27 | 
旅に出て特に何も期待していないところで見られる思いがけない風景は、色のついていない日常の中で唯一夢ごこちにさせてくれる大切なお時間なのです。





だから人生において旅は重要なのだ!!



何も持たずに旅に出よう。

ガイドブックなんか買ってはいけない。
グルメに惑わされるな。
無条件の旅に身をさらすのだ。



--------------------------------------------------------------------

るるぶ茨城 大洗 水戸 笠間’18 (るるぶ情報版(国内))
クリエーター情報なし
JTBパブリッシング

まっぷる 茨城 大洗・水戸・つくば'18 (マップルマガジン 関東 1)
クリエーター情報なし
昭文社

ラーメンWalker茨城2018 ラーメンウォーカームック
クリエーター情報なし
KADOKAWA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加