ちくわブログ

ちくわの夜明け

俺のダース・ベイダー

2020-11-30 07:22:21 | しゅみ道

中3の頃。
なかなかのバカだったが、バカなりの夢があった。
いくつかある夢の一つが、ダース・ベイダーの「中の人」であるデヴィッド・プラウズに会いたい、というものだった。


ダビングしたVHSテープで観るスター・ウォーズに夢中だった。
中でもダース・ベイダーのかっこよさに。
今でもだけど。
どの作品でも、ダース・ベイダーは素晴らしくかっこいい。

圧倒的悪 → 運命を揺るがす悪 → 迷いのある悪

作品ごとに違う表情があった。
マスクや衣装は同じでも、身振り手振り、演技に表情があった。
英語は0点を取っても(マジで取ってた)、セリフだけじゃない演技が確かにあった。

 

21歳になった。
上京して間もなく、フィギュアブームとスター・ウォーズ/エピソード1公開の波に乗って、デヴィッド・プラウズ氏が来日した。
あっけなく夢がかなった。
めちゃくちゃ緊張して吐きそうになった。
お気に入りのライトセーバーにサインを貰おうとした。

しかし、それには既に以前の保有者がしてもらったものだろう、サインが書かれていた。
でも、自分の目の前で、私にサインをしてほしかった。

氏は「これにはもうサインがしてあるじゃないか」と。
私は緊張で震えながら「もう一度私のために書いてくれませんか」とかなんか、そんな事を言った。
氏はヤレヤレといった感じで、サインの上からサインをなぞった。
それでもう満足だった。

数時間後。
サイン会終わりの時間に、もう一度見に行った。
お店(会場)のすみでじとっと見ている私に、デヴィッド・プラウズ氏が手招きした。

無言で、さっきのサインとは反対側に、「May the Force be with you」とメッセージ付きでサインをくれた。

嬉しくて嬉しくて、感動して「ありがとうございます!ありがとうございます!」と舞い上がっている私に、氏は「まだインクが乾いてないから触らない方がいいぞ」と言った。

 

その後。
デヴィッド・プラウズ氏は何度か来日した。
その度にサインを貰いに行った。

色んなグッズにサインを貰った。

 

夢見るバカも30歳。
最後にお会いしたのは2008年の『スター・ウォーズ セレブレーション・ジャパン』という大きなイベントだった。

今まで沢山のグッズにサインを貰った。
今回は何か謝意を伝えたい、と『時計仕掛けのオレンジ』のDVDを持っていった。
氏はこの作品に、ジュリアンというマッチョ男の役で出演している。

ダース・ベイダーのあなたに会いに来たんじゃないんですよ、デヴィッド・プラウズという俳優に会いに来たんです、と伝えたかった。
氏はいつものサイン会では見せないような笑顔で、サインを書いてくれた。

その笑顔を見て「ああよかった、謝意や敬意が伝わったかな!」と思って嬉しくなった。

 

 

先日、デヴィッド・プラウズ氏が亡くなった。

誰がやっても同じなんて言わせないし、誰も言えない。
デヴィッド・プラウズこそダース・ベイダー。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あこがれの立石

2020-10-24 02:30:03 | 

いつの事か全く覚えていないけど、10年以上前、何かの用事で立石駅の近くを通ることがあった。
そこから見た風景が強烈に印象に残っていて、「いつか立石駅を散歩してみたいな」と思っていた。

そういう街がそこかしこにあり、でも都内だとなぜか行くのがおっくうで数年越しにやっと…という事が多くなる。


ある日。
仕事関係の友人と「立石で飲もう」という話になり、当日張りきって約束の3時間くらい前に到着した。

やっと来れた。

駅から歩けばすぐ、飲食店や飲み屋が軒を連ねる。

 

呑んべ横丁。

まだ夕方なのに、店内からカラオケの歌声が聞こえてきた。
この通りだけ特別な空間で、立ち寄っただけの人間を拒んでいるような雰囲気、←という自意識。
そう思わせる情緒が好きです。

商店街は生活する人々の活気と、老朽化とシャッター化が著しい区画もあり、この風景や時間がいつまで続くのだろう…と思い見る。


友人と合流し、近くのモツ焼き屋で一杯。
その後、中華料理屋で焼き餃子と水餃子を頬張る。

楽しかった。
また来ます。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時間軸とわたくし

2020-08-18 22:38:13 | 

先日お仕事で、博多から神戸へと西日本を北上する旅に、約一週間出ていました。


成田から福岡へ。
さすがにコロナの影響で空港内は閑散としていました。

成田



福岡

はやい!!!飛行機早いなあ。
いつもはこの距離でも高速バス(14時間くらいかかる)で行くのですが、さすがに運行していなかった。
失敗したのは、安い便で行ったため重量オーバーとなり追加料金がかかったこと。
これなら新幹線で行けばよかった…
でもまさか自分の荷物が20キロ近くあるなんて思っていませんでした。キャリーじゃなくてバックパックなので、ものすごく疲れるのです。修行か。


ホテルにチェックインし、夜の博多を歩く。

プライベートと仕事で、なんのかんの数年に一度は来ています。
めしは美味いし、情緒もある。好きな街です。


天神の屋台で何か食べようと思いましたが、いつもはずらりと並んでいる屋台も少ししか見当たらず。

どうしようかなとブラブラします。

以前お世話になった…

結局、お店に入ってモツ鍋をいただきました。


うまい。グルメにはうといけど、やっぱり名物は名物ですね。

ホテルに戻る。
AV見放題だったので見ました。

 

翌日。
バスで小倉駅へ。


小倉駅は雑多で人間味があるというか、昔ながらの地方都市という感じが大好きです。
それでも随分と駅前は整理されてしまいました。


昔、駅前で写真を撮っていたら、酔っぱらったオッサンに「おい兄ちゃん!ここらで写真撮ってると怖い兄ちゃんに怒られるぞ!」と言われたことがあります。そういう雰囲気が心の底から好きでした。
今も名残がありますが、ずっとこうあってほしいです。

 

ちょっと歩いて旦過市場へ。


こちらもコロナの影響か、殆どの店が閉まっていました。


悲しいお知らせも。

駅前に戻り、一銭洋食を頂きました。

歩き回って腹が減って疲れていたので、ビールがうまい。
ビールの小瓶に一銭洋食、最高の組み合わせでした。

夜。

再び駅前をうろついていたら、何かどこかで見たことがある猫が…

…あああーーーー!!
もしかして9年前のあの子猫?
とiPhoneのアルバムを見てみたら、いました。

右側の子じゃないかなあと思います。模様もほぼ同じだし…
こういう事ってあるんですね。
旅という非日常を通して、自分自身に積み重なる時の流れを鑑みる…
何も、成長していない… 嫌…

さて。
小倉は焼き肉がおいしいのです。
以前も訪れた夜遅くまでやっている居酒屋でカルビ丼をいただきました。

めちゃくちゃうまい。焼肉屋のあの味です。


翌日。
仕事を終えて、新幹線で広島へ。
車内で駅弁をいただく。

広島着。ホテルから駅前が一望できました。

夜。
広島駅前も、私が初めて来た10数年前とでは雰囲気がガラッと変わってしまっています。
昔、駅のこちら側って団地があって古い建物がいっぱいあったと思ったのですが。再開発されてしまいました。


でも、路面電車が入り組んでいるこの風情はいいですね。

昔来たカンを頼りに、広島風お好み焼きのお店で一杯。


幸せ。麺のパリパリがたまりません。


翌日。
仕事を終えてまた新幹線。

姫路駅へ。

こちらも数年ぶりです。
やはり再開発でずいぶん奇麗になってしまっています。
でも駅からすぐに見える姫路城は「俺、姫路に来たな」と旅の情緒を醸し出してくれます。

夜。

記憶を頼りに、10数年前に来た定食屋を探してみたのですが、どうやら閉店されているようでした。
私が訪れた時点で、おばあちゃんが一人できりもりしていたお店だったので、半ばあきらめてはいましたが。
しかし寂しい。
どうでもよくなり、普通の居酒屋へ。

どうでもよくても、居酒屋のめしはうまい。


翌日。


仕事を終え、電車で三ノ宮駅へ。


ここの雰囲気は変わってないなあ…再開発真っ最中だけど。


高架下の商店街を散策。

こうしてじっくり、三ノ宮駅→元町と歩くのは初めてでした。
電車の高架沿いに街が栄えていて、作りも面白くて魅力的な街でした。
来たことないけど懐かしい感じ。

喫茶店でおいしいカレーを食べました。


駅から少し歩いたところにある小さなアーケード。
昔ここで、お団子を買ったことを思い出しました。
 

 

翌日。

モーニングを食べてついでとばかりに大阪へ。

難波でインデアンカレーを食べ、法善寺横丁を通り道頓堀へ。

いつもの通り、新世界にも行きました。


ここでも悲しい貼り紙。こちらは確か、お菓子屋さんだったと思います。


新世界東映でヤクザ映画2本立てを鑑賞。


映画館を出て、いつもの串カツ屋に行きました。

ソースがコロナ対策で「つける」ではなく「かける」になっていました。寂しい。


 

旅の最終日は、南京町の中華街で餃子を食べて海を見に行きました。


よどんだ雲とそれを反射する海が、旅で積もった疲れに折り重なってきて「あれ、昔は旅行するだけでこんなに疲れていたっけ」と思いました。


時間・場所・自分の軸が認識とどんどんずれていくような、さみしさとも諦めともつかない気持ちになり、なんか妙に悲しくなりました。
旅の終わりはいつだってセンチメンタル…

 


終わり。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コロナの下で

2020-06-06 03:53:47 | Weblog

親父が倒れ、ろくにお見舞いにも行けないまま日々が過ぎて、この状況はいつ終わるんだろう?
…と、よく分からないことへの不安や恐れを感じながらも、先日やっと緊急事態宣言が解除されました。

良くないと思いつつも、油断しています。ちょっとホッとしている。

いつかこの日々が一過性のものとして「このような状況で我々は生きていたなあ」と思える日が来るのでしょうか。


「撮って稼ぐぞ!!」と思い切って買った、ずっと欲しかった5D MarkⅣも購入直後に緊急事態宣言で出番がありませんでした。

もっぱら、買ったフィギュアや本、改造したフィギュアなんかを撮ってた。

家にいる時間が長いと、今までやろうと思っていた家の事や、フィギュアの改造や整理に気が向いて、これはこれで一年に一回くらい「社会の強制停止期間」みたいなのがあってもいいな、と思いました。

社会全体の動きが停滞しているとはいえ、生きていれば払わなければいけない金は出てくるわけで、ぼーっとしてばかりもいられない。
知り合いが撮影のお仕事を紹介してくれたので、それで糊口をしのいだり、給付金申請の手続きをしたり。


仕事以外で出かける事はほぼ無くなりましたが、数か月前に友達がカレー屋を大久保にオープンさせたので行ってきました。

カリー・ザ・ハードコアという名の。おいしかった。


明日からお仕事で一週間ほど旅立ちます。
北九州から関西まで北上するルートです。

ずっと「旅に出たい…」と思っていたので、仕事とはいえうれしいです。
様々な事に注意を払いながら気を抜かないように、しっかり稼いできます。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋と親父とコロナとか

2020-04-17 17:07:54 | Weblog

久しぶりの更新です。

ここ数カ月で色々とありすぎて書く気が起きませんでした。
そもそもこのブログは誰かに必要とされているのか、俺すらも必要としていないんじゃないか、そういう気がしてきました。

何もない。書くことが何もないんです!
でも書かないと自分の中で、何か出さなければいけないものが溜まっていくような気がして、やっぱり必要なのかもしれない、と思い再びこうして書いております。

 

去年(2019年)11月に親父が脳出血でぶっ倒れました。
あれからもうすぐで半年になろうとしています。これ以上は回復しないので、左半身不随と痴呆の症状が残りました。

1月、2月と帰省してお見舞いをする度に自分の家族への関り方、役に立たなさに嫌気がさしてきました。こんな中でもおふくろと喧嘩するし。
俺はこの年で何をしているのか、思春期か、と悲しくなります。

今、コロナウイルスの影響で全く面会が出来ず、帰省もできません。
さみしがっているのではないか、何か不自由していないか、次はいったいいつ会えるのか?
そして、お袋は心配しすぎてヘンになっていないか??
どうしようもない事とはいえ、様々考えずにはいられません。

正月の頃は連日お見舞いに行っていました。
病院から出ると空が奇麗で「奇麗だけど悲しいなあ」と歌謡曲みたいな事を考えていました。


それでもこの頃はまだ良かった。

 

病院帰りに自分の時間を作って、毎年年末に必ず訪れる喫茶店へ。


名古屋駅前を歩くと、変わった場所や変わりつつある場所の多さに毎年驚かされます。


2月に帰ると、大須観音では豆まきをしていました。


その様子を眺めながら、どて煮と串カツを食う。


ここも毎年来ている喫茶店です。


大須は多くの部分で変わらない風景があるからほっとします。


それこそ、私が子供の頃から変わっていない風景やお店もある。

一方、今池の地下にあったピンク映画館は閉館してしまいました。

一度しか入れませんでした。
痴漢されたが。

変わらないと言えば、ナナちゃん人形。


綾波レイになってました。

 

今年は2カ月に一回くらいは帰ろうと思っていた矢先にこの状況です。
動けないということは個人の制限はもちろんの事、こんなにも人や場所との距離も変えてしまうんだな、と思いました。

早く日常が戻ってほしいですね。
手羽先が食いたい。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加