ちくわブログ

おっぱい

尾道に行ってきた の話

2018-05-03 04:34:46 | 
別に話ではないんですが。
しかも行ってきたというか実際は仕事で、用事があったのは因島でした。

尾道は宿泊していた福山との間の通り道で、行ってみてから「あの有名な尾道を通るのか」と分かったのでした。
一度は訪れてみたかったので、このさい観光目的にとっておいた1日を尾道観光に使うことにしました。

ちなみにこれ、去年の話です。
写真をアップしてそのままほっておいて、書くのを忘れていましたので今さら書きます。
ほとんど忘れているため日記からほぼそのまま記憶を復刻します。



東京駅から5500円のバスで福山駅へ。
せまい。寝れない。

朝、福山駅に到着。
11時間の乗車。身体がコチコチになる。
駅近くのサウナに入りサッパリいい男。



駅前の喫茶店でモーニング。



おいしい。シアワセ。

またバスに乗る。
ここから本来の目的である撮影のお仕事。因島へ。
スゲー田舎。目の前に島と海。

その後無事仕事が終わり、お客さんのご招待にあずかり、焼肉をごちそうになる。
帰り、ものすごい雷雨にみまわれる。

福山駅に戻り、ホテルにチェックイン。

雨はすっかり止み、窓から綺麗に福山城が見えた。



翌日。
ホテルを出て喫茶店でモーニング。

スイカがついていた。

昼頃、尾道駅着。



空が晴れ渡り、青い海が空を反射してすごく綺麗。



オッサンが佇む気持ちも分かる。

アーケードが伸びていたので歩く。





おもむき。



裏通り、小路のたぐいもいちいち「こういうのが好き」な人を喜ばせる雰囲気を持ってる。

軌跡のような喫茶店を見つけて入る。







名物のレモンを使ったレモンスカッシュがめちゃくちゃうまかった。
そのまま、
「コレ、めちゃくちゃウマイっすね」
とママさんに伝えたら
「疲れが取れるでしょう」と。この日はちょっと暑かったのと前日の仕事の疲れとで、本当に身体に沁みるおいしさだった。

ロープウェイで千光寺へ。











今さらですが、ワシ、観光地大好きなんよ。

いまいち「坂の街」の実感が湧かなかったが、ここに登るとよく分かる。







綺麗な街だなあ。
多くの映画やアニメなんかの舞台になる理由が分かる。

参拝。















帰りはロープウェイを使わず、歩いて風景を楽しみました。



途中、広場で猫とふれあう。



降りていくと街並みも変わって見えて、楽しいです。





なんかよくアニメなんかでありがちな「急な坂」も。

アーケードに戻り、再度うろうろする。
しかし完全に昼飯を食うタイミングを逸した。



裏通りのすごく純粋でストレートな古めかしさがすごく良い。



なんかそういう雰囲気だなあと思って調べてみたら、尾道には昔、遊郭があったそうです。

時間が微妙になってきたので夕飯まで食わずに過ごす。









海の近くで見つけたカウンターだけの小さなお好み焼き屋で、ビールとお好み焼き。
店のおばちゃんとの会話も楽しい。

港に出て帰りのバスまでの時間、暮れていく街と海、行き交う船を見て過ごしました。ロマンチック。






尾道ってなんか、小奇麗な熱海みたいですね。



--------------------------------------------------------------------

尾道、食べさんぽ。: 坂と寺と映画の町を食べ歩く
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

尾道制服(海・船・自転車編)
クリエーター情報なし
密林社

大林宣彦DVDコレクションBOX 第壱集 《新・尾道三部作》
クリエーター情報なし
ジェネオン エンタテインメント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2011から

2018-03-20 21:56:03 | 東日本大震災
今年の3.11、家で当事の写真をなんとなく見ていたらいろいろ思い出したので。


あの日は仕事で渋谷に行っており、山手線のホームで帰りの電車を待っていたら震災に遭遇しました。
「ゆれるな~」と思ったけどビルの上階にいたわけでもないのでのんきなものでした。
そうしたら実はあんなことになっていて帰れなくなってしまった。

夜中、京王線が動き出してやっとのことで当事住んでいた八王子に到着。
改札で駅員さんが「今日は料金いりませんのでこのまま改札を通って下さい」
とアナウンスしていたのが印象に残っている。

歩いて1時間ちょっと、やっと帰宅。
部屋がすごいことに。



テンパってたんでぜんぜんちゃんと撮れてませんが、足の踏み場がなくて棚の上に飾ってあったFRP製のクソ重たいダース・ベイダーのヘルメットが床に転げていました。

テレビでは原発の現状を伝えるニュースが。
本当にやばいな、日本どうなるんだろう?と思いながら寝る場所もないので朝までかかってなんとか寝れるくらいに部屋を整理しました。


それから数日後、輪番停電が実施。







真っ暗闇の中、無理やり原付で出かけて中央分離帯にぶつかって、その後原付はぶっ壊れたのでした。

スーパーやコンビニには商品が無くて、ああ生きているとこういうこともあるんだなあと思いました。





あれから7年ってすごいなー。

3.11の諸問題で表面化した当事の問題意識ってちゃんと保ててるんだろうか?いや保ててないな… と思ったのでした。


以上。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の旅

2018-03-05 22:20:27 | 
旅に出て特に何も期待していないところで見られる思いがけない風景は、色のついていない日常の中で唯一夢ごこちにさせてくれる大切なお時間なのです。





だから人生において旅は重要なのだ!!



何も持たずに旅に出よう。

ガイドブックなんか買ってはいけない。
グルメに惑わされるな。
無条件の旅に身をさらすのだ。



--------------------------------------------------------------------

るるぶ茨城 大洗 水戸 笠間’18 (るるぶ情報版(国内))
クリエーター情報なし
JTBパブリッシング

まっぷる 茨城 大洗・水戸・つくば'18 (マップルマガジン 関東 1)
クリエーター情報なし
昭文社

ラーメンWalker茨城2018 ラーメンウォーカームック
クリエーター情報なし
KADOKAWA
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪ードヤー西成ー大道寺将司ー工業地帯ー進藤隆三郎

2018-02-05 04:53:39 | 
久しぶりに大阪へ行ってきましたよ。

いつものように夜行バスで。

早朝の西成。
なぜか、警備員がいました。



センターの周りはここ数年で本当に劇的に変わった。
今は入れないように柵ができてしまっているけど、高架下のここらへんは路上生活者の居所や謎市場があったり。

行政が作った、なるべくしてなったかつての風景を、今また都合が悪いからと路上生活者を排除しようとしている。ヤクザよりたちが悪いかもしれない。

変わったといえば常宿にしているドヤも、もはやドヤと言うよりバックパッカー向けの宿泊所に変貌している。
部屋は一見変わってないけど、朝方勝手に切れるエアコンが真新しいものになっていたり、アメニティ(!!)がついてきたり。



トイレもずいぶん綺麗になっていた。
エントランスではペッパー君がお出迎え。なんだそりゃ。


腹が減っていたので、玉出で100円の豚肉めしを買う。



数時間寝て銭湯でバスの疲れを癒し、大阪での旅ルーチン。難波へ。

雪が降っていました。

インデアンカレーを食い

法善寺の水かけ地蔵を参拝し



喫茶アメリカンでコーシーとホットケーキ。



旅のしあわせ。

夜になり、戻って新世界へ。





火事かなんかで休業したと聞いていた「ボッチャンも トウチャンも」のゲームセンター、復活しててよかった。

通天閣の下へ。

新世界東映で何がかかっているかチェック。





大好きな『現代やくざ 人斬り与太』がやっていた!!もう一本は未見の『伊勢崎町ブルース』。
それにしても、以前まであった路上の看板が無くなってしまってさびしい。

時間調整のため、いつもの串カツ屋へ。




映画を観て、宿へ戻る。



西成を元気に…


翌日。
京都方面へ。



目的地に遅刻しそうな気がしたが、嵐電線路沿いに魅力的な喫茶店を発見。

朝めし抜いて腹も減っていたので入ってしまう。



うまい。オーソドックスな味がたまらん。

太秦に到着。
今回の旅の目的は、ここで行われる『大道寺将司さん追悼会』に参加するというもの。



交流誌『キタコブシ』の表紙を描き続けたK・ミナミさんのお話を中心に。



2次会ではあるだけの酒を飲んで酔っ払っていた…

西成に戻る。
今日もセンターの前では野宿のオッサンたちが。


最終日。
通天閣下の喫茶店でモーニング。

新世界国際劇場の前が更地になっていた。
本当にどんどん変わっていくな。何が建つんだろう。







天下茶屋の方へぶらぶらと散歩。











深い闇を感じる風景。

歩く。



古くても活気のある商店街っていいですね。

目的地の喫茶店マルヤ。ここも数年に一度来ている。





とにかくめちゃくちゃ安い。

焼飯\350とバナナジュース\100。

うまいんだからすごい。
今回初めてマスターとお話した。

「めちゃくちゃ安いですよね」
「ボロいからねぇ」

年季の入った灰皿。

かたくなにブラウン管4:3のテレビ。

いい時間を過ごさせてもらった。

なんとなく木津川の方へ。
工業地帯から眺める川は、曇り空とあいまって寂しさに拍車がかかりなんとも言えず。









この後、久しぶりに進藤隆三郎さんのお連れ合いであったAさんと会う約束をしていた。

待ち合わせ場所に行く途中でも魅力的な風景と喫茶店。





大阪もどんどん変わっていってしまうけど、関東にはあまりない情緒。
残してほしいなあ、とまた勝手に思っています。



--------------------------------------------------------------------

釜ヶ崎のススメ
クリエーター情報なし
洛北出版

釜ヶ崎
クリエーター情報なし
忘羊社

釜ヶ崎人情/484のブルース
クリエーター情報なし
テイチクエンタテインメント
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰省2018

2018-01-21 00:38:45 | 
正月、名古屋に帰ってた。


だからなんだって話ですが、毎年書いているので今年も書いとく。





どこか遠くに行くのに新幹線を使うのは、正月帰省のみに許される贅沢であります。

去年もう一匹が亡くなって、残された老猫モモ。

こいつはオスなのになんでモモなんだと思っていたが、フルネームは桃太郎らしい。お前どう思ってんだ。
なぜ母は今まで教えてくれなかったのか。

やることもないので大須へ。







大須へ行ってやることは、かつての風景が今も残ってるのか、という確認作業のようなもので、ブラブラとほっつき歩いてコーシーを飲むだけです。


大晦日は喫茶ボンボンで一杯のコーシーを。







一人になりたかったの…

これも確認作業のようなもので、「子供の頃に知っていた名古屋の風景」が残っているのは、それだけで嬉しいのです。

正月を迎え

再び大須。(←実家帰ると本当にやることがない)
確認確認再確認。

大須演芸場も一昨年は復活ののろしをあげて大盛況でしたが、今年はそれほどでもなかった。

大須観音へ。
いつも昼めし代わりに食べる小さなお好み焼き屋さんは、営業していなかった。悲しい。

こういうやつ。別の店で買った。


それでも境内は活気であふれていました。



行列はアーケードまで伸びています。

屋台で恒例の味噌串カツを食う。
めんどくさがりのお客さんが、屋台の前で観音様の方に手を合わせていた。ご利益あるのかな。

また、あるお客さんは串カツの入ったフライヤーに手をかざして暖をとっていた。

ウメー




いつも入る喫茶店でコーシー。ここでの一杯が新年の自分への挨拶みたいな。



テレビには大須演芸場の中継が映っていた。
かつてここで芸を披露していたマイナーな芸人さんたちは、今どこで何をしているのだろう…

行くべき店もどんどん無くなっていく。だから「昔」を新規開拓していく。

アーケードの外れにいいお店があったので入った。
お好み焼きと熱燗。



少しは人がひけて行列も解消しているだろうと、やっと初詣に向かいました。





残ってほしい風景とは自分のエゴで、そこで暮らす人、また特に行政とは無関係なものなのでしょう。
ただいずれ無くなるものを愛おしく思う感受性だけはずっと持ち合わせていようと思います。思いますっていうかイヤでもそういう性格なので。



今年から父が退職し、シルバー人材センターの世話になってスーパーで働いています。
休みが不規則なため、元旦以外で家族全員の予定が合うのが一日しかありませんでした。
その日を使って、兄の運転で香嵐渓へ。

家族で香嵐渓とか、何十年ぶりだと思います。
途中、よさげな喫茶店に入りモーニング。



いいいいいい!!!!
テーブル筐体もある!!えらい



店のそばを川が流れ、清流でつくられたというアイスコーシーを飲み飲み、くつろぐ。


香嵐渓着。







ここも、昔とあまり変わらないです。
香嵐渓へびセンターは無くなってしまったが。

小さな滝に虹がかかっていました。



散歩して入った神社にやまもりめしと書かれていました。

飯盛山だそうです。









一年に一度、家族全員が集まれることは幸せなのかもしれません。







自然に触れて、めし食って、みんなで「きれいだね」「おいしいね」と言い合えることのシヤワセをきちんと感じなくてはいけないなあ、と思いました。



--------------------------------------------------------------------

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM
クリエーター情報なし
キヤノン

純喫茶、あの味
クリエーター情報なし
イースト・プレス

まっぷる 名古屋 '18 (まっぷるマガジン)
クリエーター情報なし
昭文社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加