ちくわブログ

おっぱい

あんこ

2019-02-17 22:43:14 | 
名古屋といえば関東と関西に挟まれたその存在の薄さを打ち消すかのように、愛知万博以降はわたしが知らないような「名物」が数多く生まれた。
中でも食い物に関して言えば、「名古屋めし」と呼ばれる変なものから実際うまいものまで「そうかこれは名物だったんだな」と納得させられるものも多い。

そこには名古屋の市民性と東海三県の文化を咀嚼反映した地域性もうかがえる。

以上、分かったようなことを書いているけど、実際生まれてから19年住んでいた身としては何が何でどういった背景でこれが名物なんだろう…というものも少なくない。

特に小倉あん。


小倉トーストやしるこサンドで有名だが、そういう食い方をしているだけで名古屋はあずきの名産地だという話は聞いたことがない。
近年では駄菓子で注目されるように、お菓子文化と名古屋は切っても切れない関係性があるようだが、それがそもそもなぜなのかも分からない。


先日、岐阜へ撮影の仕事があったため名古屋の実家へ帰った。
駅まで両親が迎えに来てくれたので、その帰りに喫茶店に寄った。
少々腹が減っていたため、コーヒーと一緒に小倉ホットケーキを頼んだ。
ママさんは手早く冷蔵庫から井村屋のゆであずきの缶詰を取り出し、ホットケーキを焼き始めた。

「えっ…」

と思って調べてみたら、井村屋は三重県の菓子メーカーだった。



岐阜に用事があって名古屋の喫茶店で三重のあんこを食う。
運ばれてきた小倉ホットケーキを口に運ぶと、古い喫茶店に東海三県のインスタントかつ厳かな重奏が胸を打った。



うそ。
めちゃくちゃ安っぽい味だった。



--------------------------------------------------------------------

名古屋本 (エイムック 3670)
クリエーター情報なし
エイ出版社

井村屋 ゆであずき2号缶 1000g
クリエーター情報なし
井村屋

日本の異界 名古屋 (ベスト新書)
クリエーター情報なし
ベストセラーズ
コメント

帰省2019

2019-01-31 18:10:09 | 
毎年帰ったってやることは変わらないので、果たしてブログに載せるようなことなのか…


一応恒例なので書きます。
いつも大須観音行って、いろいろ喫茶店行って、友達と会ったり、また大須行ったり、正月明けは家族で温泉かどっか行って…
みたいな感じです。

今年は30日に帰りました。

初めて始発くらいの新幹線に乗りました。さすがにこの日は早いうちから混雑している。


午前8時過ぎに名古屋着。

新幹線口の方は、リニアが通るとかで再開発が近づきます。こういった風景もいつまで見れるのでしょうか。

毎年参拝している駅近くのこちらの神社、リニアを通すために数メートル移動するそうです。ああ。

早く到着したのでそのまま実家に向かっても暇だろうと、3年ほど前に訪れたことのある老舗の喫茶店を再訪しました。
しかし、何度見まわしても見つからない。どうやら潰れてしまったようです。
喫茶店があった場所には新しくカレー屋が出来ていました。

寂しい思いを引き摺りつつ、どこかゆっくりとコーヒーが飲める場所はないものかと喫茶店の新規開拓を。
よさそうなお店があったので入ってコーヒー一杯でくつろぎました。

名古屋のいいところって、探せばそこらへんに喫茶店があるところだと思います。コメダ含めたら相当なもの。


実家に戻ると猫しかいませんでした。
もう老いてしまったが、20年以上生きてる妖怪のような猫。

母はおばさんと熊本の実家へ。父はシルバー人材センターのアルバイト、昨日帰省していた兄は忘年会かどこかに。



大晦日も喫茶店へ。
これも恒例になりつつある。大好きな『洋菓子ボンボン』というお店。





ここで今年(2018年)から来年(2019年)の手帳に切り替える作業を行います。


年が明け、大須観音へ。

一応初詣という名目ですが、当たり前のように物凄い行列ができているので断念。
本当のお目当ては屋台の串カツ。





これを食ったのち、また喫茶店へ。

いつもの風景が、いつもの通りあるかチェックします。






三が日明けに再び大須観音を訪れ、行列もほぼなくなったところで初詣。

自分や家族用にお守りを買って帰りました。


昔から知っている風景と見慣れぬ風景が混在する故郷。





と言っても自分が知っているかつての名古屋だって、誰かにとっての新しい名古屋だったんだなあ。


そうやって年を取っていく実感を年々強くしながら、帰省を繰り返し、老いて老害みたいになるんだろうな。


東京への帰りはバスで。
富士山が少し見えました。






--------------------------------------------------------------------

名古屋本 (エイムック 3670)
クリエーター情報なし
エイ出版社

激うまグルメ 名古屋・愛知 (流行発信MOOK)
クリエーター情報なし
流行発信

ご当地グルメコミックエッセイ まんぷく名古屋 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)
クリエーター情報なし
KADOKAWA/メディアファクトリー
コメント

バカの終着駅・2018

2018-12-31 17:42:05 | Weblog
今年は前厄でした。
序盤は公私共に絶不調。胃腸も壊す。

あまりに仕事が無いので厄除けに行ったら仕事が来るようになりました。
その後体調は戻り、色々と人並程度には楽しいことも起きました。

でも本当に欲しいものは手に入らない。

ざっくり言えばそういう年でした。
それ以外、特に総括すべきことが無い…

なんでかなあと思ったら、これまで『赤軍の人々』の撮影にかけていた時間を編集に回したのですよね。
だから冒険ができなくなってた。
その代わり、予告編を一本作りました。



お仕事では色々なところに行けたので楽しかったです。
伊那市






大好きな福岡



初めて行く米子

二度目の尾道






プライベートではいつも何度か行っている大阪には一度しか行けず…



映画制作の用事で仙台に行きました。


こう、わたしにしては本当に色々なところに行ったという感じがするので、頭の中がこんがらがって思い出がとっちらかってしまっています。
思い出がパンクすると旅から得られるものが薄くなってゆくので、これくらいが限界かもしれません。
でも、もっと色々なところに行きたいとは思います。


あとは…毎年恒例で疲れてきたスター・ウォーズの新作は『ハン・ソロ』。



なんか本当に厄除けに行った年の後半から一気に色々なことが起こった感じです。
速度が速すぎて脳の処理が追い付かない。


そういうことで今年も映画は完成しませんでした。
タイトルが決まって予告編ができたくらいです。

もう「来年こそは」とか言わないことにします。本当に完成すんのこれ??





皆さま、良いお年を…



--------------------------------------------------------------------

【 選べる 8種】 しめ縄 正月飾り リース 干支 迎春飾り (A1602(28×16cm))
クリエーター情報なし
y-y shop

宝酒造 澪GOLD スパークリング清酒 [ 日本酒 兵庫県 750ml ]
クリエーター情報なし
宝酒造

ナチュラルハイ年末スペシャル 敏感 (マル)恥 巨乳痴漢 2018 撮り下ろし2枚組 10人全員SEXver. [DVD]
クリエーター情報なし
ソフト・オン・デマンド
コメント

米子・猫・喫茶店【2】

2018-12-29 00:53:47 | 
お仕事で行ったので仕事の話も少々…

撮影現場がすごい僻地で、おまけに集合時間がめちゃくちゃ早いので始発を使っても間に合わない。
仕方なく自腹でタクシーを呼ぼうとしたけど、どこの会社もその時間からはやっていない。
俺がADだったらめちゃくちゃ怒られてただろうな…と思いつつ最終手段でホテルの自転車を借りることに。
撮影当日は、まだ夜の明けてない田舎のあぜ道を機材担いでグーグルマップ片手にしんどい思いをしてやっと現場に到着しました。


さて。
二日目から宿を米子駅前に。



窓を開ければ「THE・生活」というおもむき。

近くの喫茶店でめしとアイスコーシー。




お仕事の後は、ホテルの近くをブラブラと歩いては適当なお店で飲んでいました。









地方に行っても、あまり地元のおいしいお店とか行かないので自分でももったいないと思います。
粋じゃない感じ。






撮影最終日の夜。

明日夜行バスで帰京するため、最後の夜を少しは楽しもうと、朝日町という歓楽街エリアに。









足を踏み入れてスグ、なんかすごい光景が。





猫の楽園。

撮ってると中から偶然、スナックのママさんが出てきて「あらあら猫ちゃん好きなの」と話しかけてきました。
これは面倒なことになったぞ。と思う間もなく手をしっかり握られてババアホールドされました。
そのまま蜘蛛の巣へ…

中に入るとちょっと可愛いけどわたしと同じ年くらいのお姉さんがいました。母娘二人でやっているとのことです。
「うちは明朗会計だから。いくら出せる?」
と唐突に田舎のヤンキーみたいなこと言われました。
答えあぐねていると
「5千円あれば私たちも飲めるんだけど…」
と言われて「知るか」と思いましたが酒も入っておらず気が弱いため「じゃあそれで…」と言ってしまいました。

ビールやら酎ハイを飲み、仕入れたというカマスを焼いてくれました。

これがめちゃくちゃ美味かった。
土地の美味しいものを楽しむってこういうことやなあ…としみじみ。

東京の話やこちら(米子)の話をしたり聞いたりし、朝日町でよく見かける猫の話も聞きました。
やはり野良猫は保護されて地域で飼われており、自治体から助成金かなんかをもらっているとのことでした。

ほろ酔いで店を出る。
帰りも猫がお迎え。



ホラ、撮って撮って!とお姉さんが猫の首根っこを掴んできたので、撮らせてもらいました。
猫、めっちゃ信頼してるらしくてされるがまま。


翌日。
夜行バスまでの時間、どうしようか。喫茶店に入って考えました。

トーストにおみそ汁が付いてくる素晴らしいモーニング。

別に何がしたいとかないな…
と結論が出て、バスで行ける近くの皆生温泉というところに行ってみることにしました。
昨日のスナックでお姉さんに「近いしいいよ」と教えてもらったのです。





なんか殺風景だなあ…

観光地に求める活気というか、から元気感がありませんでした。
とりあえず海が近いから見に行ってみる。





海だなあ。っていう。

ここにも猫ちゃんいた。


温泉街につきものの飲み屋街とか一応あるにはありました。





大人のおもちゃ屋と射的場が併設されたハイブリッドな長屋がありました。





これはもう、これ見るためだけにここに来たかいがあったような気がする。
もう二度と見れないかもしれないものに遭遇すると、ああ旅をしているな、良かったなと思います。

お土産屋さん。


味な看板ですが、案の定お土産はゲゲゲの鬼太郎で占領されていました。

皆生温泉はソープ街としての一面も持っております。



わたし以外誰も歩いてない道に、呼び込みのお兄さんが暇そうにして店先に立っていました。
こちらがそういう気が無いと悟ったらしく、目が合っても軽く会釈をするのみでした。

この街らしい淡白な対応だなあ。


米子駅に戻って軽く飲んだ後、東京行の夜行バスに乗り込みしました。




--------------------------------------------------------------------

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ
クリエーター情報なし
キヤノン

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM
クリエーター情報なし
キヤノン

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろ 海鮮ミックス味 14g×20本入
クリエーター情報なし
いなばペットフード
コメント

米子・猫・喫茶店【1】

2018-10-31 23:41:46 | 
お仕事で、一週間ばかり鳥取に行ってきました。

現場は境港の何もない駅なので、米子駅近くに宿を取りました。
深夜バス(経費込々の案件なので…)で新宿から米子駅へ。



早朝に到着しても、ホテルのチェックインは夕方。しばらくウロウロしなければなりません。
ウロウロするのが楽しいんですが。

とりあえず喫茶店を探してモーニング。



長屋にあるとても雰囲気のいい店。
夢に出てきそうなくらい素晴らしい。

モーニングとコーヒー以外はもうやってないとのことで。
アイスコーヒーでモーニングを頼んだらホットが出てきました。
しかしおいしかった。

30年ほどこちらで営業しているそうで、お会計の時にこのお店の素晴らしさを讃えると「何がいいのかねえ」とのことでした。そういうのも含めていい。

お店を出てもまだまだ時間はある。というかまだ朝。
適当に商店街を散歩する。







緑色の川。

この川を隔てたあたりから歓楽街になっていきます。



猫が。

廃屋の隣にある駐車場は野良猫の天国になっていました。











よく見ると耳の端がカットされており、去勢されてきちんと管理されているのが分かります。

歓楽街の街並みと路地裏の廃屋が混然となっている地帯もあって、ほどよく混沌としています。

やや歩き、昼前。
少々疲れたのでお目当てだった喫茶店に入ります。



テーブル筐体でミルクセーキ。こういう小さな喫茶店、昔は本当にたくさんあったなあ。




さて、今日だけは宿泊地が境港の方なのでそろそろ移動します。



米子駅からババア号に乗って…
駅も電車内も水木しげるの妖怪一色です。まあ何というか…これしかない、てことなんでしょうか。



猫娘、なんで中指立ててるの。

ちなみにババア号では、車内放送で鬼太郎と猫娘と目玉の親父が各駅の案内をしていました。

本日の宿がある中浜駅。

別名・牛鬼駅。このように境線の各駅には妖怪の別名がつけられています。意味が分からない。

ヨイショヨイショと暑い中、荷物とカメラと三脚を担いで歩きに歩いて、やっと海の近くにポツンとあるホテルに到着。

部屋は広くてよかった。


朝に夜行バスを降りて、そこから今まで歩き通しで疲れてしまいました。

2時間ほど休憩し、日が落ちる前にホテルの目の前にある海を見に行きました。



なんだか寂しくなる。

ホテルで自転車を借り、住宅街にある中華定食屋をみつけて、そこでゆっくりビールと餃子などを飲み食いしました。

つづく


--------------------------------------------------------------------

ことりっぷ 鳥取 倉吉・米子 (旅行ガイド)
クリエーター情報なし
昭文社

妖怪のまち境港 公式ガイドブック (ブルーガイド)
クリエーター情報なし
実業之日本社

のんのんばあとオレ (講談社漫画文庫)
クリエーター情報なし
講談社
コメント