あべまつ行脚

ひたすら美しいものに導かれ、心写りを仕舞う玉手箱

アート好きによるアート好きのための図録放出会 Vol.2

2012-12-04 14:54:25 | 
 昨年開催された図録放出会がとても好評だったので、  やはり第2回はいつでしょう、という声に押された  会の裏方さん達、またまた動いて下さいました。  11月23日祭日。お昼から夕方まで。  新宿の家具屋さんの3階が会場となっての  開催にフクヘンさんとタケさんのトーク企画もあったりで  パワーアップしてきました。  これがみんな、ボランティアで、集まったお金は  東北大震災被災地でのアート活動 . . . 本文を読む
コメント

美術手帖 11月号  

2009-10-27 15:15:41 | 
11月号の「美術手帖」は面白かった。時々の特集が気に入ったら買う、そんな月刊誌。へぇなことが見つかって、ちょっとそんなことを。 . . . 本文を読む
コメント

アートコレクター 10 にブロガー紹介!

2009-08-26 23:42:50 | 
日々、アート情報ブログとして、「弐代目・青い日記帳」のTakさんを注目し、尊敬しているけれど、ついにアートコレクターという専門情報誌にそのブログが紹介されることとなった。すばらしい~~! . . . 本文を読む
コメント (16)   トラックバック (3)

山水思想 ー負の想像力 ・松岡正剛 ちくま学芸文庫

2009-02-14 21:24:55 | 
狩野山雪を追いかけて、禅にも引っかかってしまった。レオナルド・ダ・ヴンチを追いかけるのに、キリスト教に首を突っ込むのと同じように。無謀だ。 . . . 本文を読む
コメント (6)

源氏物語の怖さ~~ 

2008-08-06 23:47:00 | 
源氏物語を読むことにして、とりかかっているけれど、いやはや大変な物語。 女流文学に疎い私は、なおのこと難しさがひたひたと押し寄せてくる。こわ~い本だ。 . . . 本文を読む
コメント (8)

やっと、源氏物語

2008-06-24 22:34:57 | 
先日、目黒雅叙園で、辻村寿三郎氏の人形源氏物語絵巻を見て、やっぱり、ちゃんと源氏物語読まなくてはイケナイ!と思って、今、特訓中です。 . . . 本文を読む
コメント (8)

ゆめいろのパレットⅢ 国際子ども図書館本のミュージアム

2007-10-31 21:51:12 | 
この夏、息子と行った国際子ども図書館がお気に入りとなった。 建物のすばらしさ、環境のすばらしさ、子ども達のためにこんな素敵な図書館があるなんて。 . . . 本文を読む
コメント (2)

ギャラリー フェイク

2007-10-22 22:55:01 | 
突然ですが、マンガです。 ふらりと入った本屋さんのマンガコーナーを見ていると、 ゴッホやモナリザの表紙が見えたので、手にしてみると、 「ギャラリー・フェイク」細野不二彦・・・ この本、96年には小学館漫画賞をもらっているようだ。 ちょっと読んでみようということに。 . . . 本文を読む
コメント (3)

竹取物語 (絵で見るたのしい古典②) 学研

2007-07-30 16:46:12 | 
その土曜日、上野に用があった息子と私は再び国際子ども図書館に行ってきた。 前に行った時、気になった竹取物語を読み直すことができ、この物語の奥深さを初めて垣間見た気がした。 . . . 本文を読む
コメント (4)

芸術新潮を読む

2007-07-12 18:22:36 | 
随分前から、「太陽」と「芸術新潮」のファンだ。 「太陽」は月間がなくなり、特集のみの発行となったけれど、 「芸術新潮」は未だに元気に発行されて、嬉しい。 . . . 本文を読む
コメント (2)