すぴか逍遥

音楽・美術・読書・写真 など
さまよい歩いて書き留めたい。

清川妙先生のこと

2016-08-19 23:58:03 | 読書(清川 妙)
      頂いた記事のこと書こうと思っていたのですが、どういう経路で
     手に入れられるのかよくわからないので、これを機に先生のことを
     少し書いておきたいと思います。
 
      わたしの本棚から好きなご本の紹介です。昔の本と今の本です。

      
     『年を重ねて知る 人生の深い喜び』
      2014年10月14日 第1刷発行
     著 者=清川 妙
     発行者=下村のぶ子
     発行所=株式会社 海竜社(電話)東京(03)3542-9671(代表)

     本書は既刊3冊(『八十歳をすぎてわかってきた人生の大切なこと』
            『生き方の知恵』
            『八十八歳と八十五歳。ひとりを楽しむ手紙友達、食べ友達』
            いずれも共著・海竜社刊)から抜粋・再構成し、加筆・修正
            されたものだそうです。

     この本については先日も書きましたので紹介だけです。
      
      
      『今日が一番すてきな日』
       平成4年10月16日 第一刷発行
      著 者 清川 妙
      発行者 下村のぶ子
      発行所 海竜社

     これはもう古い本ですが、清川先生が『共に歳月の船にのって』
     という言葉とともにサインして下さった、私にとっての大事な
     一冊です。
     先生はいろんな方をとりあげて書いてくださいます。
     わたしは先生が奈良の女高師を出られはじめての受け持ちの生徒
     の一人です。あまりに懐かしくて書いてしまいました。
      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月16日

2016-08-16 23:52:17 | 日常
     昨日大きな封書が届いた。ほかのお便りも。久しぶりでいろいろ電話をした。
    封筒の中身はある記事のコピーでした。

     「こう生きるのよ—。清川妙先生から教わった最後の言葉
    という見出しで始まった文章。

     少しコピーしようとしたけれどうまく入らない。

     先生を最後まで介護してくださった方の記事です。(続きは後ほど)


     今日(8月17日)になってパソコンを開いたら何だか元に戻っていた。
     
     こうゆう見出しで始まる記事でした。
     その横の本、『年を重ねて知る 人生の深い喜び』
     その本はわたしも持っていると、本箱を探したが出てきません。
     部屋の片付けで何処かへ。
     今まで先生の本のことはまとめてあるので。そこにありましたら
     紹介します。

     『年を重ねて知る 人生の深い喜び』


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい気分で

2016-08-06 14:58:42 | 日常
   今朝の目覚めは不思議な気分でした。
  先日眼科に行った時、眼圧が下がっていない、もしかして緑内障が進んでいるかもと
  薬の追加があった、それでもうブログをしばらくやめようと思ったのですが、今朝の
  目覚め。実は熱中症にかかったようで7月16日と8月4日(この時は救急車)医療セン
  ターで治療を受けています。水分はいつも気をつけて沢山飲んでいたのに、なったの
  で熱中症って何だろうっていう思いでした。

   そして今朝の目覚め、一度もトイレに起きなくて6時の目覚ましで目覚め今までと
  違う昔の自分に戻っていました。何もかもすっきりとしていたのです。毎日通所介護
  やヘルパーさん、いろんなスケジュールに追われていたのが何にも浮かんできませ
  んでした。

   不思議な感覚で、病院でいろんな治療・検査を受けて本来の自分に戻ったような、
  まあこの感覚がずっと続くかどうかはわかりませんが、精いっぱいやりたいことは
  やって措こうと思っています。

   さて今日は「廣島平和記念式典」また「リオ五輪2016」の日です。

   まあ明日あたりから少しずつでも書けたらと思っています。

    
    この2枚の写真は、動けなくなる直前のものです。いつもなら橋の向こうに
    なんてすぐ行けるのに、水だって飲みながら歩いていたのにダウン。
    助けてくださった方ほんとうにありがとうございました。
    
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

7月10日

2016-07-10 21:21:09 | 日常
      7月10日、参議院選挙の日です。
     杖をついて行ってきました。歩くのは楽に行けましたがスロープに
     手すりが無く仕えません。石段は高くて登れない、困っていたら、
     手を貸して下さる方がいらして助かりました。

     まあ休み休み帰ったので、木陰で休憩しながら写真も撮った。

     
     キキョウがたった一輪ですが、咲いてました。
     
     まだ白いヒマワリを見つけました。左にはもう咲き終えたヒマワリ
     何だか世代交代をしているよう、きれいに咲いているヒマワリは、
     なかった。
     
     カタバミいつももう閉じている時間だったので、やっと逢えました。
     これはオキザリスの方でムラサキカタバミです。
     
     ユリはいっぱい、暑いので遠くから撮った。
     
     雨が降らないので、今日のクチナシはかわいそう。
     
     垣根の隙間から。
     
     赤い花にほっとします。

     選挙の結果は、明日にならないと、よくわかりません。
     世界はどこへ向かっていくのでしょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月6日、選挙に備えて歩いてみました

2016-07-07 17:06:05 | 日常
      選挙に備え歩けるか試してみました。デジカメ持っで学校の隣の
     公園まで。
     
     公園の入り口に光を放つ百合の群れ。
     
     さらにアップしてみました。いっぺんに心奪われます。
     
     
     

     
     大空にそびえ立つ。
     
     コスモス もうそんな季節、濃い色一本。
     
     コスモスも光を受けて綺麗な色。
     
     クチナシの花がいっぱい。
     
     クチナシの花も綺麗に写った。
     
     
     
     高尾山も日が落ちて。久しぶりに7階の通路から赤く染まった空を。
     
     この山を見るの大好きです。雲の切れ目にはまだ日が覗いでいました。

          
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

7月5日

2016-07-05 22:06:20 | 日常
       7月5日火曜日、皮膚科の予約日だ。昨日の暑さはどこへやら
      急に寒くなった、家の中は昨日の暑さから少し下がっただけだけど。

      午後半月前の服装で皮膚科へ.珍しく人が少ない、すぐに呼ばれた。
      状態は快方に向かっていると次は一月さきの予約です。よかった。

       夜はほっとして一寸写真を整理しました。
      最近クラシカジャパンで放映された
      井上道義&オーケストラ・アンサンブル金沢withアルド・チッコリーニ

      2011年8月2日フロラン城公園野外ステージで収録されたもの

      井上道義がなつかしく、よく聴きに行ったのですが、演奏は8時からで
      帰りに苦労したものです。夕食後に演奏会はやるものだなんて。

      東京オリンピックの頃は金沢市に転勤で行っていました。
      金沢というと懐かしいのですが、金沢アンサンブルが出来た頃のことは
      噂に聞くだけで聴く機会などありませんでした。
      井上道義さんがヨーロッパで活躍されることも。
 
      チッコリーニさんは1925年生まれ、私と三つしか変わらない。
      ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番
      シューマンピアノ協奏曲イ短調 他を演奏された。なんと素晴らしい。

      井上さんはベートーヴェン交響曲第7番イ長調も、大柄な体をフル活用
      迫力ある、目を瞠る指揮をされていた。

      
      井上道義&オーケストラ・アンサンブル金沢withアルド・チッコリーニ    
      
      沢山のお客様に囲まれて      
      
      井上道義とアルド・チッコリーニ      
      
      井上道義とアルド・チッコリーニ

      フランスの名ピアニスト、アルド・チッコリーニさんをはじめて
      よく聴いて素晴らしいと思ったのに、2015年2月2日に
      亡くなられていたなんて、残念です。
       心よりご冥福をお祈り申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月2日

2016-07-03 14:04:29 | 日常
7月2日、今日は超音波検査のある日でした。予約は10時すぎ、でも都合で早く
送ってもらった。でも都合よく早い時間に空きができたとかで、よかった。
一人で診察室に入る。実ははじめて。ゆっくり説明を聞く。そんなに悪い状態では
なかった。でも血液検査ではいろんなマーカーが上がっているのだそう。

次の超音波検査は3ヵ月先、もう10月1日です。今、リハビリで歩く練習を基本
       からみっちりやってます、と、それはいいことですと にっこり。
       素敵な笑顔を頂いた。

帰りのタクシーで、近道を教えてもらった。この辺はいろんな住宅地がある、楽しい
パットいつも通る道へ出た。今年は歩けなかったけど、キンラン・ギンラン、
      それにオオバの花の咲くところ。

朝食抜きだったので、病院の食堂でゆっくり昼食を取った、デザートも付け何か月
ぶりかのコーヒーも、ゆっくり休んで疲れを取る。

ここまで昨日書くつもりだったけど、ブログが途中で動かなくてあきらめた。


       今日3日は大変暑くなると言っていた。クーラーをつけてのんびりして
       いたら朝日新聞で面白い記事をみつけた。お子様向けですが。

       ドラえもんとティーレマンの写真が載っていました。まあ贔屓のティーレマン。

       
       
 
         
                

       
       

       説明が大変納得のいくものでしたので、でも切り刻んでしまって。明るく
       した字が読みにくくなりすみません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.7月1日のこと

2016-07-02 18:23:58 | 日常
      今日から7月です。1年の折り返しは閏年のため、少しずれるとか
     天気予報の人が言ってましたが、それはともかくもう1年の半分は
     過ぎてしまった。いったい何をしていたのか、病気のことが主になって
     しまったのですが、まあできるだけのことはしようと思っています。

      もう2日になってますが、まずは昨日の事。何しろパソコンがうまく
     動かない。夕方涼しそうだったのでデジカメ持って散歩したのに残念。
     
     昨日の写真です。まずはネムノキ、あそこのは低いところにあったと、
     張り切って行ったのですが私の足ではまだきつい。珍しく1300歩も
     歩き、くたくた、おまけに風が出てきて、大半風に流され、思ったより
     背ものびて、何とか撮れた3枚です。
     
     夕日が落ちるのは7時ごろでもこの辺は早い。
     
     葉はもう閉じています。
     
     たった1枚ですが何とか撮れました。

     次は夕日です。   
     
     落ちていく速さはすごい。
     
     
     


     崖に金色のコケがと思っていたのに帰りはもう光りが当たっていません。
     足元にネジバナが、蛇みたいに撮れてました。
      


     テレビで雑司ヶ谷をやってました。子供の頃住んでいたので懐かしく、
     ぼうっと見てましたが、慌てて2枚だけ撮りました。
      

       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山田和樹の歌劇《クロード》からの抜粋

2016-06-30 23:04:42 | 音楽
      6月26日深夜のプレミアムシアター、ベルリン・フィル ヨーロッパコンサート
     2016と、山田和樹指揮 トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団演奏会があり
     どれも素晴らしかったのですが、歌劇《クロード》から抜粋、はじめて聴くもの
     でしたので、少しだけ写してみました。
     

     

     

     ものすごく大がかりな楽器演奏、びっくりで変った演奏家もいらして、まあ、
     愉しく拝聴したのです。あれだけの大編成を指揮するなんて、若くて素敵です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オペラ『オテロ』について

2016-06-26 10:33:10 | 音楽
      今年のザルツブルク・イースター3月27日クラシカ・ジャパンで
     いち早く4月23日に放映されたのですが、

     原作シェークスピア(オセロ)ヴェルディ作曲の『オテロ』4幕
     指揮・ティーレマン

     でもとてもついていけない世界で、昨日やっと何回目かに通して
     じっくり聴き、観ました。

     入念に演出され、恐ろしい陰謀にさらされるオテロ、ハラハラの
     連続、でも美しい映像に圧倒されました。

     録画した分を少しテレビ画面から写しました。クラシカ・ジャパン
     です。
     
     何だか不思議な場面です。羽根のついたこの人がだれかわかり
     ません。左の人が主役と言えるレシュマン。
     

     

      
     

     

      

     
      
      
     
        
コメント
この記事をはてなブックマークに追加