すぴか逍遥

音楽・美術・読書・写真 など
さまよい歩いて書き留めたい。

いまこまっていること 2017.6.20.

2017-06-20 17:10:48 | 日常
住んでいる団地の規約が変わって、今までできていた録画が違う方式になり、
今までのはすべて消えてしまいます。6月30日までによく見ておいてと、
言われてますが、仕方ありません。
小澤征爾さんの、素晴らしい80歳の誕生祝の録画など……
見て目に焼き付けておくといっても、1日のうちそんなに時間は取れないし
残念です。

さて新しい方式になって、簡単に取れるのかしらと心配です。


今日21日は雨だったので小澤征爾の誕生日お祝いのテレビを映してみました。
総合司会はNhkの有働アナウンサーです。

もう遅いので写真だけ先に入れておきます。





































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17.6.15. 朝の贈り物

2017-06-15 09:47:38 | 日常
朝、壁に何か止まっていました。3センチ位の物、変な虫だと思って嫌だなどうしようと
よく見たら蛾のようでした。何だか名前もわかりませんが、うれしい


可愛いなんて思うのは私だけ?

夜中にホトトギスが鳴いていました。

とにかく忙しい日が続いていましたので、今日から平常に戻ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入り

2017-06-10 12:14:00 | 病気
いよいよ梅雨入りとなったけど、良いお天気です。

なんでもいきなり梅雨の中休みだそうです。
梅雨の中休み、五月晴れ なんですね。


山法師

大きくしてみると可愛い花です。

夜、雲間から、月も出てきました。 テレビでこの月を
ストロベリームーンとか言ってましたので、なんだかそんな形を
想像してしまいました。
でも調べたら北米の6月の満月の呼び方でした。
6月はイチゴの収穫が行われるので。

ちなみにヨーロッパでは ローズムーン(バラ月)と呼ぶそうです。

まあ知らないことが多すぎて困ります。

日本にもちゃんとあるんですって。


夕方は雲に覆われていましたが、いつの間にか晴れて正面に月が,


とてもいい位置です。

満月なのになかなか丸く撮れません。

イチゴを意識して撮った写真です、笑ってしまいますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい指針

2017-06-07 22:29:18 | 日常
6月6日予約の病院に行った。採血とCTです。
直接いろいろ話せるので、いっぱい質問した。
私の病名は、1. 「胆のうの悪性腫瘍 」 2.「腺筋症」予後は良い

腺筋症、聞いたことない病名なので早速質問した。
なんでも胆のうの周りに良性の腫瘍ができるそうです。
絵を描いて説明してくださる。
腺筋症のこと学生に説明するのもむつかしい、パソコンで
調べてご覧、、ほんとになんだか分からない、
9対1くらいで、2.の方だと思うけど、まずは経過を
みることにします。次は12月頃来て下さい、とのこと。
なんだか安心して愉しくなりました。あとはリハビリ次第ゆっくり
確実に力をつけることに、牛の歩みですけど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の散歩、17.6.4.~5.

2017-06-05 22:35:06 | 日常
もう6月、この月はスケルージュがいっぱい。

取りあえず花の写真を撮りました。
リハビリは歩き方や距離に専念してるので、花を撮るのはほんの少しなので
気晴らしに撮ってみた。

4日 団地の広場の1画で。










5日、リハビリの日









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山寺 後藤美術館

2017-05-31 21:38:50 | 美術
2017年5月30日の朝日新聞夕刊に、山寺 後藤美術館のことが載っていました。
あまりに懐かしかったので、思わず書きたくなって。

戦時中旧制の高等女学校に行っていた私たちは修学旅行もできなかったのです。

卒業して35年目,同期会として出雲大社から始まりました。足立美術館で大観に感激。

2年に一度の割合で旅行は継続され8回目に松島から中尊寺.山形の山寺・立石寺へと。
立石寺を見上げてかなりの人は登らず芭蕉記念館等に回りました。私もその一人。
そこには広い芭蕉記念館があったので、皆はそちらへ,私は美術館もありますと言われ、
一人で行ってみました。後藤美術館です。受付の人しかいない中進んでいくと、正面に
素晴らしい波の絵,あ、クールベ、すごい迫力です。いろんな絵もあったのですが、
覚えていません。その頃風景画には興味がなかったので.ただ館長さんが、ヨーロッパの
風景画が故郷に似ていたので集め始めたとお聞きして感心しましたが。




とても素晴らしい記事です.今ならこの自然の良さはばっちり伝わってきます。

その場所に今行けたらどんなにすばらしいでしょう。でもそれはできないし。
ただここのコレクションは東京でも何回か紹介され、殆ど見に行ってます。


奥の細道スケッチ・山寺 立石寺 《 閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声 》
この芭蕉の句はここだったのですね。

元気な友人たちの感激がよく伝わってきました。


この同期の旅行会は70歳過ぎまで続きました。北は北海道、網走から南は
鹿児島まで。思いだすときりがないくらい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月最後の月曜日、

2017-05-29 18:57:01 | 日常
5月最後の月曜日です。
朝からトッキョキョカキョク〈特許許可局)思わずカメラを向けました。

目の前のどこかにいるのでしょうけれど、姿は見えません。あっという間にどこかへ。

訪問リハビリの日、4時から5時まで、今日は一人で歩く練習、
怖がらずにきっちり歩く練習です,杖だけで良い姿勢を保ち段も下りたり上がったり
やっと出来ました。
気になっていた場所で素早く写真を撮ったけれど、何の花かもわからない,花は
1週間で終わってしまう。 先週は眼科の診察日だったので抜けていたのです。

夕方池の様子を見たら綺麗な色。

そこだけぽつんと陽が当たっていたのです。
又ホトトギスが鳴きだしたけど、あっという間。
万葉集の講義を受けていた時、初めてウグイスの巣にウグイスの卵をほおりだして
ホトトギスはウグイスに育てさせる〈托卵)と知りました。
昔の人はよく観察していたのですね。ホトトギスの歌は152首もあるそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギスの鳴き声を聴いた

2017-05-27 18:07:28 | 日常
今年もホトトギスの鳴き声を聴きました。もう何日も前ですがまだ夜でしたので
確認できませんでした。
でも5月24日朝9時頃すぐそばの樹々の中ではっきりと、嬉しくて。

今日27日の朝日新聞夕刊「素粒子」の欄に『鎌倉でホトトギスが鳴く。
ウグイスの巣に卵を産みつける習性で知られる。ホーホケキョの声が哀れに聞こえて。』

ほんとにそうですね。

うまくいかなかった画像のアップが出来ましたので付け加えます。

山田和樹の近況.朝日夕刊
もうコンサートも美術館も行けなくなって久しいので記事がでると嬉しい。
ヨーロッパで大活躍はクラシカ・ジャパンで聴いていますが。

クラシカ・ジャパン6月号が届きました。

アルゲリッチの特集です。ずいぶん昔の話ですが、新日本フィルの定期公演
に 小澤征爾がアルゲリッチを連れてきて、まだほんとに若い演奏を聴きました。
今も現役で大活躍してる素晴らしいことです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皮膚科と冷蔵庫の修理

2017-05-18 22:46:10 | 日常
14日日曜日,母の日のお祝いに娘夫婦がきてくれた。ありがたいことです。
冷蔵庫の具合が悪いので火曜日に来てもらった。皮膚科の診察日でもあったので、
ぎりぎり、修理の仕方,計算方法いろいろ最新の方法に感心する。
皮膚科では爪の薬の塗り方,足の指を指定されびっくり。その指にきちんと塗ること。
18日は排水管の清掃,戸別に入るので準備に疲れる,無事済んで午後はヘルパーさん
床など掃除してくださる間にお風呂に入る。ゆっくり湯船に入れるのは週一度、
ほんとに助かります。ありがたいことです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17年5月15日 リハビリで歩く

2017-05-17 14:18:51 | 日常
リハビリですぐに歩き始める。いつもの方向へどこまで行けるか。
杖を頼りに一人で、手すりのある所は楽だけど、鉄平石と躑躅の植え込み,思わずよろけそうになると
危ないと捕まえてくださる,転んだら最後と言われているので怖い。いつもより倍ぐらい歩いて足が止まった。
引き返し乍らちょっと立ち止まってカメラを向ける。帰ってみるとピンボケばかり、まあ少しだけ載せておきます。



小さな蛾が葉に留まった。

可愛い花、かなり遠いので望遠で撮る。花の名を書いた札を読んでくれた。
《ムギナデシコ 》はじめて聞く名前です。たしかに撫子に似ています。咲く時期が違うので
最近出来た花なのかしら。

この花について調べてみました。私が知らなかっただけ。

《 アグロステンマ 》と言う花で、原産地は地中海沿岸,渡来時期は1880年頃。
ずいぶん前から日本に定着していた訳で、いい勉強になりました。

5月から7月に咲くナデシコ科の花で、沢山の種類があります。
図鑑を見てびっくりしました。




一面のクローバー。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加