飾釦

飾釦(かざりぼたん)とは意匠を施されたお洒落な釦。生活に飾釦をと、もがきつつも綴るブログです。

映画「マイ・マザー」(監督グザヴィエ・ドラン 2009年)

2014-12-03 | Weblog
■製作年:2009年■監督グザヴィエ・ドラン■出演:グザヴィエ・ドラン、アン・ドーヴァル、他 この映画「マイ・マザー」はグザヴィエ・ドラン監督のデビュー作、なんと19歳の時の作品です。その天才ぶりはその後の作品を見るまでもないのですが、19歳の青年の作品として見るとその語り口の豊かさに驚きを隠せません。ドラン監督について書くときは、まず、この年齢からくる驚きをどうしても書いてしまいます。映画はタ . . . 本文を読む
コメント

映画「トム・アット・ザ・ファーム」(監督:グザヴィエ・ドラン/2013年)

2014-11-30 | Weblog
■製作年:2013年■監督:グザビエ・ドラン■出演:グザビエ・ドラン、ピエール=イブ・カルディナル、リズ・ロワ、他 映画界の超新星ともいえる存在が、カナダのグザヴィエ・ドラン。この映画を作った年齢が若干25歳、ベネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞しています。彼はこの映画では監督のみならず主演までを勤めています、グザヴィエ・ドランは、今世界から最も注目される若き映画人の一人なのです。おまけに . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

映画「私はロランス」 ( 監督:グザヴィエ・ドラン/2012年 )

2014-11-26 | Weblog
■製作年:2012年■監督:グザヴィエ・ドラン■出演:メルヴィル・プポー、スザンヌ・クレマン、ナタリー・バイ、他 「私はロランス」を作ったグザヴィエ・ドランはカナダの映画監督で、この映画を製作した時の年齢はなんと23歳!驚きです。映画界に超新星が現れたといっていいでしょう。「私はロランス」を見ていると映像、音楽、演出においてセンスが抜群で、とても23歳の青年が作ったとは思えません。まさに天才 . . . 本文を読む
コメント

映画「悪の法則」(監督:リドリー・スコット/2013年)

2014-11-11 | 江戸川乱歩
■製作年:2013年■監督:リドリー・スコット■出演:マイケル・ファスビンター、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、ブラッド・ピット、キャメロン・ディアス、他 私が最近映画をよく見るようになってから、あたりまえですが、いろいろな俳優の名前を知るようになりました。この「悪の法則」という映画は、とても贅沢なビックスターが何人もキャスティングされています。マイケル・ファスビンター、ハビエル・バル . . . 本文を読む
コメント

映画「レッド・ファミリー」 ( 監督:イ・ジュヒョン/2013年 )

2014-11-08 | Weblog
⬛製作年:2013年⬛監督:イ・ジュヒョン⬛出演:キム・ユミ、チョン・ウ、ソン・ビョンホ、パク・ソヨン、他 昨年の東京国際映画祭において観客賞を受賞している作品です。観客賞ですから評論家や関係者が選んだものではないく、観客が選んだものということになります。であれば、まずは面白くないと選ばれないわけだから間違いないのかな、という判断が下されます。それとこの . . . 本文を読む
コメント

映画「ミリオンダラー・ベイビー」(監督:クリント・イーストウッド/2004年)

2014-11-03 | Weblog
■製作年:2004年■監督:クリント・イーストウッド■出演:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン、他 今日はイベントで疲れた体でぼーっとしながら過ごしましたが、クリント・イーストウッドの映画に涙腺もやられてしまいました。映画を見終えたときにエンドロールで余韻に浸ることがあるとした場合、この「ミリオン・ダラー・ベイビー」は、余韻に浸る映画ベストスリーに入るんじゃないか . . . 本文を読む
コメント

映画「チェンジリング」(監督:クリント・イーストウッド/2008年)

2014-10-26 | Weblog
■製作年:2008年 ■監督:クリント・イーストウッド ■出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、他 実話を元にしたという映画「チェンジリング」は、子供が失踪した1人の女性を通して腐敗したロサンゼルス市警のずさんさを描いています。監督はクリント・イーストウッド、正義をテーマにしつつもこの映画は暗くどんよりとした空気が流れ、映画を見て . . . 本文を読む
コメント

映画「ミスティック・リバー」(監督:クリント・イーストウッド/2003年)

2014-10-24 | Weblog
■製作年:2003年■監督:クリント・イーストウッド ■出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケビン・ベーコン、他 クリント・イーストウッド監督の映画「ミスティック・リバー」を見ました。彼の最新作を映画館で見て気に入り、いろいろな作品を遡って見ていく感じになりました。この「ミスティック・リバー」はサスペンス映画でした。それもけっこう暗く重い感じで、生きる力を謳っている最近の映画とは、ちょっと違 . . . 本文を読む
コメント

映画「グラン・トリノ」(監督:クリント・イーストウッド/2008年)

2014-10-22 | Weblog
■製作年:2008年■監督:クリント・イーストウッド■出演:クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、他 これまで何故かほとんど見ることがなかったクリント・イーストウッド監督の映画、実際見てみるとどれも秀作ばかりで、心に響く素晴らしい作品が多いことに気がつきました。現代の映画作家と呼ばれる人物の中でクリント・イーストウッドは間違いなくトップに位置する大監督なのでした。ということでま . . . 本文を読む
コメント

映画「インビクタス/ 負けざる者たち」(監督:クリント・イーストウッド/2009年)

2014-10-19 | Weblog
■製作年:2009年■監督:クリント・イーストウッド■出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・コーロジ、他 この映画を見てクリント・イーストウッドの才能の豊かさに素直に賞賛を送りたいと思いました。映画による感動が押し寄せて魂が揺さぶられたからです。これぞ映画の醍醐味!素晴らしい作品でした。ホントにクリント・イーストウッドは才能に恵まれた方です。俳優としても成功し、監督としても良質な . . . 本文を読む
コメント

映画「ヒアアフター」(監督:クリント・イーストウッド/2010年)

2014-10-16 | Weblog
■製作年:2010年■監督:クリント・イーストウッド■出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ブライス・ダラス・ハワード クリント・イーストウッド監督の映画「ヒアアフター」は、冒頭シーンに津波の映像があることによって公開直後に、丁度、東日本大震災が発生し上映が中止されました。日本が大きなダメージを負ったこともあり、いろいろなことに配慮されたのでした。今回その「ヒアアフター」を見たのですが . . . 本文を読む
コメント

映画「ジャージー・ボーイズ」(監督:クリント・イーストウッド/2014年)を見た

2014-10-14 | Weblog
■製作年:2014年■監督:クリント・イーストウッド■出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ビンセント・ピアッツァ、他 クリント・イーストウッド監督の最新作「ジャージー・ボーイズ」を見ました。私はこの名優にして名監督であるクリント・イーストウッドの映画に、私はほとんど馴染みがありません。しかし、名声も高いこの監督の作風はどんな感じで、オールデイズがテーマのミュージ . . . 本文を読む
コメント

映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(監督:ジョナサン・グレイザー/2014年)を見た

2014-10-13 | Weblog
■製作年:2014年 ■監督:ジョナサン・グレイザー ■主演:スカーレット・ヨハンソン、ポール・ブラニガン、他   映画雑誌に塩田時敏という評論家が、以下のようなことを書いてある映画がありました。『近年の異様な(!?)作品数の増加にともないちゃんと宣伝予算を組んだマスコミ試写会も行わずに劇場公開される作品が多々ある。本作もそんな一作。・・・これだDVDではなくやはりスクリーンで観 . . . 本文を読む
コメント

鮮血の美学NO.20⇒映画「ビザンチウム」(監督:ニール・ジョーダン/2012年)

2014-10-10 | 吸血鬼
■製作年:2012年■監督:ニール・ジョーダン■出演:ジェマ・アータートン、シアーシャ・ローナン、サム・ライリー、他 この映画「ビザンチウム」は、吸血鬼映画なのですが、かなり異色の作品であります。まず、全く怖くありません。吸血鬼も世間的に?よく知られる習性、弱点を持っているわけではありません。彼らは昼間、普通に生活しています、つまり、日光に弱いというわけでもありません。住む場所も転々としますが寝 . . . 本文を読む
コメント

鮮血の美学NO.19⇒映画「吸血鬼ドラキュラ」(1958年/監督:テレンス・フィッシャー)

2014-10-08 | 吸血鬼
■製作年:1958年■監督:テレンス・フィッシャー ■出演者:ピーター・カッシング、クリストファー・リー、他 映画「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」を見終えたら、ハーマー・プロ制作のクリストファー・リーが主演した「吸血鬼ドラキュラ」を見たくなりました。私にとってのドラキュラはなんと言ってもクリストファー・リーなのです。子供の頃、テレビの吹替えで放送される映画で、夏休み企画の真打ちとしてドラキュ . . . 本文を読む
コメント