あべまつ行脚

ひたすら美しいものに導かれ、心写りを仕舞う玉手箱

アラブ・エキスプレス展・アラブ美術の今を知る ・森美術館

2012-07-22 14:59:19 | 海外美術
7月20日、その日にアートブロガー関係者に内覧の企画を@taktwiさんがまたまた骨折りくださった。 それで、中々お目にかかれないアラブ、その現状のアートを拝見にわくわく突入してきた。 考える前に、画像をとりあえず。 . . . 本文を読む
コメント

マウリッツハイス美術館展 ・東京都美術館

2012-07-04 17:16:42 | 海外美術
都内のあちこちにフェルメールが描いた「真珠の耳飾りの少女」が貼られています。 その展覧が東京都美術館のリニューアルオープン第一弾として開催されました。 いよいよな感じで盛り上がり、会場も熱気溢れる初日を迎えたことは 新聞やテレビでも報道され、戦々恐々としていたら、 9日の月曜日が特別の開館日と知ってこの好機を感謝しイソイソ行ってきました。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

6月の鑑賞記録 その一

2012-07-02 22:26:26 | アート鑑賞記録
杉本博司展からエルミタージュ展まで、様々な鑑賞をしてきた、6月前半の簡単な感想を。 杉本博司氏の生き様と企画力に今後も注目し続けたい。 ベルリン展と、近美、などは又別に書き留めることにしたい。 . . . 本文を読む
コメント

祭 遊楽・祭礼・名所  ・出光美術館

2012-07-02 12:31:06 | 日本美術
 出光美術館の「祭 遊楽・祭礼・名所」展に行ってきた。     入ってすぐにその世界が広がり、ぞくっとする。  こういう展覧は本当に眼福極まるに違いない予感が  わらわらと胸に迫ってくる。  場内の全体の雰囲気のまとまり、  色調のバランス、  光の加減、  物の置かれている位置、  解説の丁寧さ、  これらが静かな落ち着きと共に  見る人を誘ってくれる。  一呼吸して気持ちを落ち着かせてか . . . 本文を読む
コメント