徒然なるまままに

TB歓迎(事前承認にしましたので公開遅れるかもしれませんがご容赦を)。展覧会の感想や旅先のことを書いてます。

2017年4Qの記録

2017-12-31 | 美術(Index)
2017年4Qの記録

2017年10月14日 興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」@TNM
2017年10月14日 「フランス人間国宝展」@TNM
2017年10月14日 平常展@TNM

2017年10月28日  秋季展「重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」@永青文庫
2017年11月4日  元信展(後期) @サントリー美術館

2017年11月11日 ゴッホ展 巡りゆく日本の夢@東京都美術館

ファン・ゴッホ美術館との本格的国際共同プロジェクト
《雪景色》1888年 個人蔵
《タラスコンの乗合馬車》1888 ヘンリー&ローズ・パールマン財団蔵 (プリンストン大学美術館 長期貸与)

2017年11月11日  北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃@国立西洋美術館

171 ギュスターヴ・モロー ヘラクレスとレルネのヒュドラ 1876年頃 油彩/カンヴァス 155 × 132 ギュスターヴ・モロー美術館、パリ
188 ジョルジュ・スーラ 尖ったオック岬、グランカン 1885年 油彩/カンヴァス 64.8 × 81.6 テート、ロンドン

216 クロード・モネ ノルウェーのコルサース山 1895年 油彩/カンヴァス 65 × 100 マルモッタン・モネ美術館、パリ
217 クロード・モネ ノルウェーのコルサース山 1895年 油彩/カンヴァス 65.5 × 100.5 オルセー美術館、パリ

218 ポール・セザンヌ サント=ヴィクトワール 山 1886-87年 油彩/カンヴァス 59.7 × 72.4 フィリップス・コレクション、 ワシントン D.C.
219 ポール・セザンヌ サント=ヴィクトワール 山とシャトー・ノワール 1904-06年頃 油彩/カンヴァス 66.2 × 82.1 石橋財団ブリヂストン 美術館
220 ポール・セザンヌ サント=ヴィクトワール 山 1904-06年頃 油彩/カンヴァス 55.6 × 46 デトロイト美術館

2017年11月18日 [特別展]光彩の巧み ─ 瑠璃・玻璃・七宝 @五島美術館
2017年11月25日  秋季展「重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」@永青文庫
2017年12月9日 特別展 「典雅と奇想―明末清初の中国名画展」 @泉屋博古館分館
2017年12月13日 書の流儀Ⅱ  ─美の継承と創意 @出光美術館
2017年12月13日 表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち @汐留ミュージアム

商人たちの到着 ヴァシリー・カンディンスキー 宮城県立美術館

2017年12月24日 没後40年 熊谷守一 生きるよろこび @MOMAT
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 3Qの記録

2017-10-01 | 美術(Index)
2017年7月15日
  • 【特別展】没後50年記念 川端龍子 ―超ド級の日本画― @山種美術館
    《香炉峰》、 《爆弾散華》、 《百子図》などを拝見

    2017年7月15日
  • 日タイ修好130周年記念特別展「タイ ~仏の国の輝き~」@TNM

  • 特別展 地獄絵ワンダーランド @三井記念美術館

    2017年8月8日
  • ベルガモン博物館
    2017年8月10日
  • 新緑の円天井
  • アルテマイスター絵画館@ドレスデン
    2017年8月12日
  • Luther and the Germans @Wartburg Castle at Eisenach
    2017年8月13日
  • シュテーデル美術館

    2017年9月10日
  • 「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」@千葉市美術館

    2017年9月16日
  • 藤島武二展 @練馬美術館

    天皇皇后両陛下がその日の夕方ご訪問された。(取材があるので閉館すると書いてあったが...)

    2017年9月23日
  • ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション @東京都美術館

  • 六本木開館10周年記念展天下を治めた絵師 狩野元信 @サントリー美術館

  • コメント
    この記事をはてなブックマークに追加

    2017年2Qの記録

    2017-06-28 | 美術(Index)
    2017年2Qの記録

    4月1日 
  • 特別展 「雪村-奇想の誕生-」@東京藝術大学大学美術館

    4月15日
  • 創建1250年記念「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」 @三井記念美術館

    4月16日
  • 大エルミタージュ美術館展 オールドマスター西洋絵画の巨匠たち @森美術館

    ティツィアーノ・ヴェチェッリオ《羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像》
    ポンペオ・ジローラモ・バトーニ《聖家族》
    レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン《運命を悟るハマン》
    ピーテル・デ・ホーホ《女主人とバケツを持つ女中》
    フランシスコ・デ・スルバラン《聖母マリアの少女時代》
    バルトロメ・エステバン・ムリーリョ《幼子イエスと洗礼者聖ヨハネ》
    アントワーヌ・ヴァトー《困った申し出》
    ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール《盗まれた接吻》
    ルカス・クラーナハ《林檎の木の下の聖母子》
    など

    5月4日 
  • 特別展 「雪村-奇想の誕生-」@東京藝術大学大学美術館 (後期)

    5月4日
  • 茶の湯展 @TNM

    5月5日
  • 六本木開館10周年記念展 絵巻マニア列伝 @サントリー美術館

    5月14日
  • ブリューゲル バベルの塔展 @都美術館

    5月20日
  • ソール・ライター展 @Bunkamuraザ・ミュージアム

    5月27日
  • ミュシャ展 @NACT

    6月15日 
  • 常設展 @TNM

    6月17日
  • 日本、家の列島 ―フランス人建築家が驚くニッポンの住宅デザイン― @汐留ミュージアム
  • 馬琴と国芳・国貞 八犬伝と弓張月 @太田記念美術館

    6月24日
  • 水墨の風 ―長谷川等伯と雪舟 @出光美術館
  • ジャコメッティ展 @NACT
    (マーグ財団美術館所蔵)
  • コメント
    この記事をはてなブックマークに追加

    2017年3月の記録

    2017-03-31 | 美術(Index)
    2017年3月4日
  • 生誕90年 加山又造展~生命の煌めき@日本橋高島屋
  • オルセーのナビ派展 @三菱一号館美術館
  • 開館50周年記念 古唐津 @出光美術館

    2017年3月5日
  • マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密― @パナソニック汐留ミュージアム
  • 高麗仏画 香りたつ装飾美 @根津美術館

     高麗(九一八~一三九二)仏画の名品を一堂に並んだ。金銀で加飾された写経。すこし太めの金銀で描かれた口絵。威厳に満ちた阿弥陀如来像。彩色も美しい。堂々たる姿の地蔵菩薩像、このうえなく優美な水月観音像。
     併設の茶入れの包みとしての更紗特集も面白かった。茶道具は地味な色調のイメージだが、包みだけは非常に華やか。また中国絵画の外箱包布の更紗も展示されていた。これもインド更紗と中国絵画の組み合わせで何ともいえない。

    2017年3月19日 工芸二題 長次郎と山本茜(雁金ガラス)
  • 茶碗の中の宇宙 楽家一子相伝の芸術 @東京国立近代美術館
  • 工芸の現在 第2回菊池寛実賞 -菊池寛実記念 智美術館

    2017年3月25日
  • シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才 @国立西洋美術館
  • 日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村 @国立西洋美術館
  • 博物館でお花見を @東京国立博物館

    ・国宝 花下遊楽図屏風 狩野長信筆: 初見か?一部が関東大震災で焼失したという。
    ・源氏物語図屛風(若菜上)伝土佐光則筆 個人蔵:優品
    ・月次風俗図屏風 (A11090):第1扇は正月の羽根突,毬打,松囃,第2扇は花見,第3・4扇は田植の模様る。第5扇は賀茂競馬と衣更,第6扇は犬追物と蹴鞠,第7扇は富士の巻狩,第8扇は春日社頭の祭と雪遊び。縦の構図を画面いっぱいに描く様子は、いかにもヘタウマ。魅力的な作品。初見?

    ・鈴木春信 三十六歌仙・在原業平朝臣 A-10569-1342
    ・鈴木春信 見立七小町・清水小町 A-10569-95 林忠正印
    ・鈴木春信 風流六歌仙・小野小町 A-10569-3949
  • コメント
    この記事をはてなブックマークに追加

    シャセリオー展

    2017-03-25 | 絵画
    2017年3月25日
  • シャセリオー展―19世紀フランス・ロマン主義の異才 @国立西洋美術館
     カリブ海のイスパニョーラ島(現ドミニカ共和国)に生まれ。11歳の時、アングルのアトリエに入る。アングルの新古典主義とドラクロワのロマン主義を調和させる。
     《アポロンとダフネ》、近代を先取りした裸体画《泉のほとりで眠るニンフ》などの神話画、はロマン主義。
     《カバリュス嬢の肖像》, 《アレクシ・ド・トクヴィル》(1850年 ヴェルサイユ宮美術館) など当時の有名人をパトロンとしていた。アレクシ・ド・トクヴィルとシャセリオーは家族ぐるみのつきあいでだったという。
     会計検査院の建物のためのシャセリオーの装飾壁画:断片しか残らないというが、群像は躍動感があり、残っていないのが惜しまれる。
     東方三博士の礼拝(1856年 パリ、プティ・パレ美術館蔵):37歳で急逝したシャセリオーが最後に手がけた作品の1つ。東方の三博士はそれぞれ褐色、黒、白と肌の色が違い、異なる民族をあらわしている。マリアの顔は最後の恋人マリー・カンタキュゼーヌ公女の面影を宿すといわれ、彼女が所有していた作品の一つ。

     シャセリオーの作品はピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、ギュスターヴ・モローの作風に強い影響を与えたという。若者と死 (1881-82年 パリ、オルセー美術館)は、私淑したモローが、シャセリオーへのオマージュとして制作した作品。

  • 日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念 スケーエン:デンマークの芸術家村 @国立西洋美術館
     これが、19世紀末の絵画か感じさせる明るい色彩、エネルギーとデンマークのプライドを感じさせる漁師たち、素直に楽しめる絵画。
  • コメント
    この記事をはてなブックマークに追加