産むことに迷う人、産みたい人、堕胎・水子供養のこと

産みたいけど迷っている人、水子さんの供養のこと、堕胎のこと、
命のサポーターとして、役立つ情報を載せています。

パワーストーンの在り方

2016-12-28 10:16:09 | スピリチュアル
おはようございます♪




熊本の農家の人が食べるお蜜柑を取り寄せしました。

中には、1つほど傷んでいるのがありました。

でも、安かったし、とても美味しいので、来年またお取り寄せして、どんどん食べようと思います。うちの子たちは、蜜柑があったら、そこにあるだけ食べるので、スーパーではおっつかないのです(笑)ビタミンCも大切ね♪

次の日、ダンボールの中を見たら、また何個か傷んでました。

取り除くと、次の日はその倍の数、傷んでいました。

これは、農家の方が悪いとか、蜜柑が悪いのではないと思います。

それに気付いたわたしが、蜜柑を新しい環境にまとめて移動すれば良いだけ。

そこでなんとかしようとあがいても、金八先生の加藤名言「俺は腐った蜜柑じゃねえ!」の蜜柑のように、そのままでは黴の環境は充満していく。

ガラッと心境や環境が変わると、蜜柑の傷みも遅くなると思いました。


嫌なら、そこからササッと離れると齋藤ひとりさんは言いますが、その言葉はよくわかります。相手にする時間ももったいないし、ご機嫌な自分でいると、環境は益々開かれて良くなって行きます。


最近、パワーストーンについての気付きがありました。

ちょっと前に、あるタレントさんがネットで販売している、パワーストーンのお店を偶然見る機会があり、そこの石たちをずっと眺めていました。


すると、そのパワーストーンを扱う人々が、石に対しての愛がないのか、

「パワーストーンの扱いが雑です。組み方が雑です。」という波動が、ブレスレットから出ていました。

結び目が石からはみ出ているものも、ありました。

結果、パワーストーンの輝きが、その雑な波動により、押さえられている感じがありました。可哀想だった。

批判しているわけではなく、そういうのが、とても勉強になりました。

わたしも、広げていきたい世界です。相手は生きた石。

ですから、扱いもそうですが、そもそもパワーストーンとはなんぞや・・というところ、もっと奥が深いと思うのです。


昨日、取り寄せたラリマーのタンブルを、手に乗せて、その波動を感じました。

ラリマーは平和の石ですが、ラリマーの中にある、平和の大きさと、わたしたちが感じる平和の大きさの隔たりに、愕然としてしまいました。。

ラリマーの持つ、平和は、世界平和のような大きさなのです。だから、慰めのような優しい波動とともに、その先をグワーッと広げていくような、大きな心を感じます。


「あなた、すごいねえ・・・。」

頭が下がりました。


石の効用とありますが、効用として利用するのではなく、

「石の持つ個性を、その人の在り方に沿うように寄り添わせる。」

これなんですよね。

左手につけて、「これは恋愛の石だから効いてくるよね。」

というところからもっと深く、わたしは石を見て行きたい。


恋愛に効く石を。というお客様に対して、少しディスカッションしようかなと思っています。なぜ欲しいのか。

その理由によって、ローズクオーツではなく、ガーネットになるかもしれない。

ラブラドライトになるかもしれない。


恋愛満載の石が欲しければ、ネットでも購入できます。

でも、わたしは鑑定士なので、その人の奥にあるものにフォーカスして、

そこを癒したり導く石を入れたい。


導く・・と書きましたが、昨日、捉え方が閃きました。


今のあなたに効くブレスレット

ではなく、




「今のあなたにふさわしい石」


という感覚です。

石ではなく、あなたが主人公。あなたに引き寄せられる石を探すといったらいいかな。

金運のブレスレットが欲しい。なぜ欲しいのか。事業を軌道に乗せたいから?認められたいから?もしかしたら、寂しさを埋めるためかもしれない。


仕事がうまくいくように・・という方の波動の中に、ものすごく疲れたもの、または怒りがあれば、仕事云々の前に、その人を癒し、励ますものを。

疲れているのに、ほらっ!!頑張るのよ!!と、お尻を叩くような強い石がお嫁いりしても、お互いに気が合わなくなってしまうように。


そんな気付きをくれるのは、今年、出会った沢山の人々の何気ない一言や、日記の中にありました。


本当に、感謝です。

一年間、有難うございました^-^



************************************************




わたしの父が、児童文学作品をずっと書き続けてきたのですが、

アメブロにて、作品を発表することになりました。

父は透析を受けており、癌も患い、身体も不自由なところがありますが、

70歳を超え、さらに生きる希望を持ってもらいたいと、わたしが勝手に

はじめたところでもあります。

このブログが、父の生き甲斐になるように、わたしも作品をアップしていきたいと思いますので、みなさん、もし宜しければ、読んでやってくださいませ。


イイネが一つでも、本人の励みになります。

わたしも、必ずご訪問させていただきますね。

これからも、親子ともども、どうぞよろしくお願いいたします。



小林あきおの世界


アメブロ


http://ameblo.jp/kaminariogi5555/entry-12231965067.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----kaminariogi5555_12231965067



Gooブログ

http://blog.goo.ne.jp/taiyoko1234




有難うございます。
コメント

キリストからの伝言

2016-12-26 12:41:39 | スピリチュアル
昨日、父の作品のことで、お願いをしたところ、イイネをくれたり、コメントをくれたり、父のブログまで読みに行って下さり、父のブログにイイネをくれた方々がいらっしゃいました。




本当に、有難うございます。

心から、感謝申し上げます。




わたしも父の作品が好きで、こうして父の残りの人生に貢献できることを嬉しく思っていますが、身内の一言よりも、どなたか、お会いしたことのない人が、優しい気持ちで手を差し伸べてくれること、本当にありがたいです。







12月のはじめ、わたしのところに駆け込んできたお客様の流れで、眼に見えないものの存在というものについて、大きな気付きなどがあり、セパレートもあり、最近自分の軸もぶれているような感覚がありました。

何が真実なのか。在り方はどうなのか。ずっと考えてきました。




けれど、人生って、本当に一歩一歩なんですよね。

すべてがすぐに解決してほしいという、こういうものという雛型があります。

でも、物事が現実化していく時には、この3次元、本当に一歩一歩。

しかし面白いもので、加速がついてくる瞬間があり、そこからは早いと感じます。

わたしは何をしていきたいのだろう・・最近それを思っています。

でもこうして、ブログを更新出来る人生を、とても有難く思っています。




昨日、お風呂に入って瞑想をしていたら、キリストさまの意識に繋がりました。




「顔をあげなさい。娘よ。」




と言葉が上がり、顔をあげたら、このような言葉が浮かびました。




「わたしとあなたの間には、なんの制約もない。

わたしがおまえで、おまえがわたしなのだから。」







言葉のとおりなのですが、翻訳すると、




「わたしの中に、みなさんの中に、キリスト意識がある。」




ということだと思います。

キリストは愛です。制約や約束事、理由というものなく、

すべての人の中に、キリスト=神 の意識があるということ。




言葉を受け取った私が特別なんて、とんでもありません。自分の評価の低い、そこもまだまだな人間ということはわかっています。




でも、理由なく、キリストとわたしたちは一つ。昔から、それはあったということ。




それを、伝えたかったのだなと思いました。




どのような人にも神の愛と命が宿る。




昨日、ある方の鑑定をしていたら、未来リーディングのところで、

雲のうえからキリストが、息を地上に向かい吹いていて、地上を浄化し光を送るという映像が出ました。




この方も、キリストとご縁のある方なのだと思いました。

そして聖夜の昨日、キリストは、地上のみんなに向かって、浄化と光をおくっていたのだということも。




テレビを観て笑う長男にも、庭で寝ころぶ野良猫にも。




神さまたちって、そういうものなのだと思いました。

今、そう感じています。




どの人にも、絶え間なく愛は降り注ぐ。

信じた人から、立ち上がるのかもしれません。




このことを、みなさんに伝えたくて、書きました。




読んでくれて、有難うございます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




父の作品ブログです。

恐縮ですが、紹介させていただきます。




http://ameblo.jp/kaminariogi5555?frm_id=v.mypage-recent-blog--blog--blog--1--kaminariogi5555




宜しくお願いいたします。










コメント

大船観音とメリークリスマス☆

2016-12-25 17:43:45 | スピリチュアル
行ってきました大船観音☆



家族みんなで出かける機会がなかなか無いので、エイッという感じで行きました。

道中子供とわたしの言い合いなどありましたが、それも思い出。




観音様の内部に行き、観音様の心と対面しました。








観音様の気持ちと繋がったとき、

その慈愛とともに、微かな悲しさも感じました。




何万という人の悲しみを、ここで受け止め、安らぎを与え、

観音様自身が、その痛みを感じ、愛で昇華してきました。




その強さと優しさを思うと、なんともいえない気持ちになりました。

本当に強い人というのは、こういう人ではないでしょうか。

どんな人の悲しみを受けても、愛で包み、かつそこに溺れず、流されず、

凛として立つ。




わたしは到底行きつけないところです。

自分の小ささを感じました。

でも、優しい人の中には、観音様が必ずいる。そう思います。







その後、江ノ島に行き、お寿司をいただきました。



美味しかったです^-^







昨日はクリスマスイヴで、5時から2時間かけて独りでポツンとキッチンに立ち、

鶏のフライドチキン、鶏のマーマレード煮、マカロニサラダ、コーンスープ、苺のショートケーキなど、作りました。




キッチンに一人立つって、孤独っすよねー。。






緑はないのかー(笑)




食べるのもあっという間(笑)







ショートケーキの飾り付けは、みっちゃん。











生クリームはケチらず、35%のものが美味しいですやっぱり。

で、すぐに柔らかくなるんで、ホイップ分は絞り袋に入れて冷蔵庫で少し冷やすと良いかも。




鶏肉のマーマレード煮は、醤油とマーマレードジャムを半分半分に鍋に入れて煮るだけ。美味しいよー。




今日は和食。鰺を甘辛く煮て、自然薯をすりおろして・・

渋くいきます^-^







ホットクリスマスを。みなさんもご一緒に^-^




キリストさま、お誕生日おめでとう!!



コメント

クリスマスだから出来る、手放しワーク☆

2016-12-24 11:20:47 | スピリチュアル
今日の朝から、気持がモヤモヤしていました。

とても重たい。なんだこれは・・今日はクリスマスイブじゃん・・とか、色々ぐるぐる。




この気持ちを手放すために、寝室に入って瞑想しました。




すると、ある感情が怒涛のように押し寄せてきました。




クリスマスとは、イエスキリストが誕生された記念日です。

今日は、その前日ということですね。




今まで、自分とキリストとは、遠い関係のない人という感覚でしたが、

今年になり、それを覆すような出来事もあり、自分は過去において、キリストを深く信じていたのに、なぜこの世ではこうなのかと。

預言カフェが高田馬場にありますが、そこに行っても、

この間には預言内容はただ一つ。




「あなたはなぜ、わたしを受け入れないのか。」




といった、それだけの内容だったので、不可解なまま、時間は過ぎていったのでした。




前置きが長くなりましたが、さっき、そのタガが外れました。




それは、瞑想中に、感謝の気持ちとともに、あの時、あの過去世において、なぜわたしがキリストを遠ざけてしまったのかが、よくわかったからです。




詳しいことはわかりませんが、とにかく自分は、外国において、修道士だった時代もあり、キリストを信じて祈っていました。

しかし、魔女狩りや宗教的なことにおいて、手を奪われ、不幸になったことについて、自分は、

「キリストを信じていても、決して報われない」

という強い意識とともに、その敬虔なる気持ちを手放してしまったのでしょう。

それは、一回ではありません。何回かの生まれ変わりに、そのつど、祈っていたのに不幸になって死んだと。だから、もう信じても仕方がない。というか、信じることによって、巻き込まれるものがあるのではないかと。




そんなことまで思って、今回はそのキリストとの間に、薄い膜が出来ていた。

その膜のことも、預言カフェで言われました。




でも、この今。この世において、わたしはとっても幸せです。

親、子供、兄弟、家、周りの人々、どれにおいても、感謝しかない。




もう、いいんだよって自分で思いました。

もう、いいじゃないかって。

手を奪われた過去も、迫害された過去も、そのことによって悲しい思いをした過去も、すべて。

キリストが悪いわけではないんです。

その解釈や、それにまつわる後世の人々の在り方、無知、それによってお金儲けをする人々、教会の在り方、すべて、間違っていた。それは愚かだったけど、知らなかっただけ。それにより、人間は、加害者と被害者、ふたつの立場を学びとして味わったり、体験した。それは、そうあっただけで、もう終わったこと。




それをいまだに手に握り、信じられないだの、なんだの言うことより、

この生きている今に心から感謝し、今だけを見て生きる。そして、どんな時にも、キリストに対して心を閉ざしていた今も、キリストは万人にこうして、愛の光を投げかけ続ける。信じる人にも、信じない人にも、無宗教の人にも。




そういうことが塊となって、心に上がってきた時、涙が止まりませんでした。

もう、楽になっていいんだと。手放していいんだと。

それが、キリストの誕生日の前日に起こり、明日は敬虔なる気持ちで、誕生をお祝い出来る。




この記事を読んで、深い感慨の湧く人も、わたしと同じ人です。




どうぞ、手放してください。もう、いいんです。人類も、やっとここまで気持ちが上がってきました。だから、過去のこと、辛いこと、手放しましょう。わたしと一緒に。




頑固な自分も、こうして手放せました。だから、あなたも出来ます。




キリストにまつわる、悲しい過去、体験を、この前夜祭の今日に手放して、新しい誕生日をともに迎えましょう。




シェアしたくて、書きました。読んでくれてありがとう。




メリークリスマス☆あなたにも神のご加護がもうすでに、あります^-^




昨日は大船観音さまにお参りしたあと、江ノ島に行きました☆




太陽の光がすごいですね。シャッターを切ったあと、もう一枚撮ろうとしたら、ものすごく光りました。

コメント

地球人が3次元を選んだ理由

2016-12-22 07:06:16 | スピリチュアル
最近、憑依だ宇宙人だ・・と、記事はこのことばかりでごめんなさい。

でも、最近、自分がした体験をもとに、どうしても書かなくてはいけないと思い、書いています。

御縁ある方には、スカイプワークで伝えています。




色んな方が、自らの情報をくれたりして思うことは、




要は、そもそも、なんで地球人がこんなに手足不自由な、重たい3次元を選んだのかということです。




飛べない。どこでもドアもない。足で一歩一歩歩く。

テレパシーもまだ使えない等々。。




でも、その不自由な中で、人を助けたり、思いやりが芽生えたり、相手の気持ちを慮ったり、不自由だから努力したり、色々出てきて、それが達成感になったり、評価になったりしているのですね。




地球は次元上昇を続け、今まで宇宙人っているの?ということでしたが、

これからは、宇宙人はいないと公言する人のほうが、少数になっていくと思います。







その宇宙人も、アミのような、楽しい善良な宇宙人もいれば、

人に取りつき、力を貸すかわりに契約を結び、思考をコントロールし、エネルギーを吸い、全体的にこの地球の成長を妨げているものもいるそうです。




エンリケバリオスさんは、実際にアミの宇宙船に乗り、体験したことを、

さもファンタジーのように書いていますが、実際アミの宇宙船に乗った人もいるようで、ドキュメンタリーなのですね。さくらももこさんが挿絵を描いていて、とても読みやすい、物語でした。

アミは、言います。「宇宙は愛で出来ている。」







高次の存在が、魂の波動が高い人を導き、知恵を与え、力を与えることもあります。とても素晴らしいことですね。




これからのワードは、5次元、宇宙人、出てきます。

けれど、それがトレンドでもなんでもありません。




わたしたちは、自分の好きなペースで歩くだけ。好きなように。

マッハが好きな人、ゆっくりが好きな人、様々です。




どこまでも自分らしく、甘い話が出てきても、乗らないように。

繰り返しますが、人間にはそもそも、無限力があり、わざわざそれを封印して生まれてきました。

この世で、どんどん出していくために。

色んな人や世間の関わりの中で、自分で出していく。その姿が感動されたり、評価されたり、自分でも嬉しいと感じる。

不器用でいい。

恥をかいていい。

わたしの父は、足が不自由になってきていますが、わたしたち子供にとっては、

父が生きてくれているだけで、どれだけ気持ちが救われているかわからないのです。

その、あなたの存在が、どんな姿であっても地球には必要。




生きにくい世の中で、テレビはトレンドを日ごとに変えて叫ぶ。

だけど、人間はもっと賢く、流されずに生きていると感じます。




確かなものは、あなたのなかにすでにあります。

素晴らしいものがあるから。信じて参りましょう☆




今日も良い日でありますように^-^
コメント

観音様は厳しい

2016-12-21 11:24:58 | スピリチュアル
コナンの、「真実は、ただ一つ☆」という言葉のように、

人の数と同じく真実はありますが、その人にとっての真実は、一つなのだと思います。




鑑定士は、その真実を見極め、そこに気付かせてさしあげるのがお仕事。

真実は、時に残酷なこともあります。

例えば、恋愛もそうです。

恋愛について、どうしてもヨリを戻したい・・というものについて、昔は気を遣ってました。どうにかしてあげたい・・と思ったものです。




しかし、今は違います。もっと、深いところからフォーカスしていくことが、わたしの仕事のように思うのです。

その結果、ハンドルを大きく切るように促すことがあります。




うまくいくようにとお願いしたのに・・と思うでしょうが、長い目で見て、それでは一時的な避難場所を確保したのと同じです。

時間が経って、あの時ああ言われたのは、このことだったんだ・・とわかってくれたら嬉しいです。




最近のお客様は、謙虚な方が多いので、こちらもやりがいがあります。

有難うございます。







観音様は厳しいと書きましたが、観音様は、真実を優しい目でずっと見ています。他のことは追従しません。ただ、ありとしあらゆるものの「真実」だけを、優しい目で促すのみです。

そのような感覚なのです。ですから、わたしも最近は、鑑定の中で、観音様のお力をお借りします。そして自分の愛と。

人間は、あえて、この地球で、3次元で、力を封じて生まれてきた面があると思います。その中で、自分で真摯に掘り出す人には、そのようなお役目が与えられていく。けれどその道は、平かであってはいけないとも、最近思うのです。




自分を律しないと、足元をすくわれる。それも、知らないうちに。

わたしは、キツネやタヌキの力を借りて、鑑定したいとは思いません。

表向きは善良な顔をした宇宙人にもです。

それには、必ず代償が生じると感じる。




いつも、毎日、確かめること。

これでいいのか。間違っていないか。

何かに操られてないか。




今自分に信じられるのは、誰もが等しく持つ、自分の神性と、観音様のみです。

自分のエゴなパワーは、信じられない。

エゴなパワーと神性は、違うもの。




そこの見極めに、かなり気をつけています。







ただ、真摯な人は、まっすぐに自分の力を使います。それは、見ていてわかります。わたしも遅ればせながら、ついて行こうと思っています。




ここからが本番・・頑張ります。







そして、新年より、新しいお店を発進させます。

金額改定、鑑定内容も、少し変わります。







いつも、読んでくれてありがとう。




今日も良い日でありますように^-^






コメント

憑依について つづき

2016-12-20 12:46:10 | スピリチュアル
昨日書いた続きです。




憑依という点においては、同波長と書きましたが、精神性の高い人、エネルギーが綺麗な人も、霊は寄り付きます。それは、街中で、綺麗な人に人々の目が集中するように、エネルギーが綺麗な人はそれだけで目立つのでしょう。




主人も、エネルギーが透明で綺麗なので、飲み会で泥酔した夜は、お持ち帰りすることもありました。

飲み会の日は、必ずお風呂に入ることを言いました。寝付けなかったりして、可哀想です。

お風呂に入ると、毛穴から色んなマイナスが出て行くので、じっくりお湯に入り、邪気を落とすと良いですね。




かといって、憑依というと、いかにも汚いものと思いますが、わたしはそうも思いたくないです。生き霊という言葉も出てきていますが、人の念も、憑依も、なんか似ている気がします。気持ちの波長を高く、気高くすること、明るくすること、とても大切ですね。

自分の工夫ひとつで、全くつかない人、つく人、体質の人、色々多岐にわたると思うので、こんな記事で書き尽くせないくらいの体験と方法があると思うのです。わたしのほんの小さな気付きです。







昨日、車を運転していて、ふと、イライラしました。だけれど、朝からとても気分が良く、サンキでランニングが欲しいと言い張る長男のため、寄って買った時、年末でせわしないお母さんたちの気に、わたしも同調したのでしょう。とてもイライラしました。




でも、こんなん違う・・と思って、車の中で言いました。




「この感情は、わたしのもの?」




すると、直観で、んなわけないでしょと浮かびました。




そうだよねと思い、少し大きい声で、「では、去れ。」と言いました。




すると、気持がスッキリしました。




自分が主人公ですから、気持のコントロールも、命令も、どんどんして良いのです。イライラしておかしいな・・と思うときなど、してみてくださいね。




もうすぐクリスマス。全くピンとこないですが、あっという間に来ちゃいます。

今年は、王道のケンタッキーにしてみようかな・・と考えてます。




今日も良い日を^-^

有難う!!
コメント

憑依されないために

2016-12-19 09:58:55 | スピリチュアル
憑依と一口で言っても、多岐に渡ってその理由があります。

ですので、今回は、自分が思うことの中で、一番大切なことを書きたいと思います。

わたしは徐霊は出来ません。ですから、除霊が必要な時には、信頼できる方にお願いしています。




憑依ということについて、一つ言えることは、

体質ということは、ここでは別として、一般的な人々のこととして、

「同波長の法則」というものが大きく働いているように思えます。




霊は、悪さ・・ということより、波長が同じという人を見つけると、同じ人間だと思い、乗っかるのでしょう。

恨み、つらみ、泣きごと、汚い言葉、性欲、色情、食欲、悲しみ、怒り・・のような

波動が低い考え方や口癖を繰り返す人は、出る波動がそのようなものになり、見つけられやすいのですね。

純粋な人が、一直線に放つ思いも、あちらから見たら、突出して見えることでしょう。




大切なこととして、この時代、

あちらとこちらの世界、見えないものとの契約もそうですが、

本当に近くなってきていると感じます。




オーラがオカルトとみなされた時代は、そんなに昔ではありませんでした。

今は、波動とか、エネルギー、そういう言葉が頻繁に出てきます。




人々の意識が上がるにつれて、そういうものに対する見解や、そういうものとの繋がりも見えてきたのだと思います。感じない人も多く、それは自由です。




一番大切なことは、この時代、

とにかく、自分の波動を上げて行くことです。

波動を上げるというのは、言葉の力を使うこと。

有難う。愛しています。嬉しい。大切。ごめんなさい。許します。

自分が綺麗だな・・と思う言葉を、書いてみてください。

汚い言葉を封じるだけで、波長が合わないので、そのようなものは近づきにくいです。

どうすれば、自分の波動を上げることができるのか・・指南書は沢山あります。

けれど、自分に合った方法を自分で探す、自分で考える。この、自分で考えることが、一番必要だと思います。

ただ、言われたからやってみよう・・ではなく、

何事も合う合わないがあります。ですから、自分で探し、考え、自分のオリジナルを作ることが、一番近道で効くと思います。




わたしは、瞑想するときに、大きな愛と光の中に自分がいることを想像し、自分の中の神性に感謝するようにしています。




わたしの同級生で、中学生の時に仲が良かった男の子がいました。

もう結婚して子供が出来てしばらくたったころ、風のうわさで、その方が

電車の中で痴漢行為をした・・と入ってきました。ショックでした。




きっと、憑依だと直感で思いました。そんな人ではないからです。

おおらかで優しく、楽しい人だったから。




これからは、気持を引きしめていくことだと思うのです。

自分という芯を、ぶれない芯を持つこと。

何かの集まりに行けば平気?

何かの団体の中にいれば平気?




誰かの言うことを聞いていれば平気?

誰かについていれば護ってもらえる?







違う。




ヒーラーだって一人の人間。

何かの団体だって、ただの箱。

その箱のトップが、エイリアンに見えることもありますよ。

パワーは自分の中にある。それを、言葉と祈りで出していく。







個人で立って、波動を上げて行く。

これからは、個の時代です。



コメント

自分の名前の魔法

2016-12-16 09:49:29 | スピリチュアル
ここのところ、気づきがとても多いのです。



昨日、お風呂に入ったとき、瞑想をしていました。

そして、自分の名前を何気なく、確認しました。



わたしの名前は、「愛子」です。

わたしは、ずっと、自分の名前を、「愛する子」と思ってきました。

だから、鑑定も、愛を出そう、人と接するときも、相手が嫌がらないことをしよう・・と思ってきて、それは間違いないと思います。



けれどね、そうして生きてきた結果、

それがたまに、疲れるなぁと思うことが出てきたり、その結果、良かれと思ってしていたことが、裏目に出たり、

一生懸命してきたのに、なんかまた違う・・ということが起こったり、

色々でした。それも人生の側面だから、それでいいのですね。

そして、そのように落ち込んでいると、優しいお客様が、スカイプワークで、

「今までのことは間違っていないんですよ。これでいいんです。」と、これまた優しい言葉をかけてくれるんですよ。

お客様に救われることのどれだけ多いことか。

結局、鑑定士が導き、お客様が対価を払って救われる・・だけではないのですよね。

一生懸命していると、自分がポッと小さな落とし穴に片足つっこんで、じっとしている時に、サラリと引き上げてくれたりするんです。お客様が。

本当に、感謝しています。有難うございます。



それでね、名前の話に戻りますが、愛する子ということを自分に課して生きてきた。でも、なんか乗らない。道に乗らない感覚なんです。

それで昨日、大発見をしたんです。

「愛子」という名前は、愛される子っていう意味なんだと。

大きな愛の光の中に、子というものがある。そういう映像が見えました。

わたしが、子なんだ。そして、愛がわたしを包んでいて、沢山の、沢山の愛の中に、ずっと前から生かされていた。そしてこれからも。



なんて、有難いんだろうと、涙が止まりませんでした。



わたしの主人は、明生と書きます。

明るく生きる。というのは、能動的なものですね。

やっていく。こうして生きて行く。それは、親の願いもあります。

だけれど、そうして考えると、彼は、生まれつき、明るい光の中で、ただ生きる。

のびのびと生きる魂なのですよね。そのような人でもあります。



皆さんも、ちょっと考えて、ひねってみてください。以外な仕掛けに気づくかもしれません。



名前というのは、わたしは、親を通して、親につけさせて、結局は生まれる前に自分で決めてくるものだと思っています。



うちの長男が、産院で赤子の時、ガラス越しに彼を見て、名前が決まらないねと言っており、順に、名前を彼に向って言っていきました。



「よしお、たかし、・・けいご。」



けいごの時、彼はピクッと反応したのですね。

だから、けいごと付けたのです。その名の通り、圭は「宝石」吾は「我れ」

ということで、プライドの塊のような、気高い精神の子です。自分で付けたんだなあと思いました。



そして同時に、親の愛、神の愛も入っています。

自信が薄れた時など、自分で、自分の名前を優しく呼んであげると、癒されますね。呼んであげてください。



今日も良い日になりますように。いつも有難うございます^-^





コメント

スピリチュアルの怖さ

2016-12-14 10:15:25 | スピリチュアル
自分の中にある能力があります。

目の前に、自分を必要として来てくれた、お客様がいます。




これから、自分の能力をどのように出していくのか、

そして、その出し方が、エゴからなのか、純粋な能力からなのか・・




ここを間違えると、魔に取りつかれます。




わたしは今、そのことについて、とても考えています。




すごく深いことなのですが、




あるクライアントさんが、自分に対して、助けてと言ってきます。




ヒーラーさんというのは、正義感もあり、かつ、助けてあげたいという気持ち一心でやっている方が多いので、なんとかして助けてあげたいと思うのです。




文章であっても、助けて!!というものが波動で伝わったり、もうどうしようもない。。という気持ちが伝わったり、メッセージはお任せしますということであったり、軽さや内容は様々です。




でも、これからは、




自分の力以上のものを、使わなくてはいけない、それによって能力を掘りだすのとはまた違う、自分のジャンル以外のもの(除霊など)、無理して、後から手足が冷たくなったり、疲弊するなと感じるご依頼、

また、自分にもお金が必要だから、なんとか受けてあげたいなどと思う、自分のエゴも交えたことは、しないほうがいいということです。




そして、必要以上の犠牲心も、共倒れします。




昔に比べて、光の量も増えたが、魔も広がってきているとは、鑑定、徐霊をされているミキさんが教えてくれていますが、確かに、あの世とこの世、

そして、善良な姿をしながら執拗に取り付く宇宙人の姿と影響も、膨らんできました。わたしもそれを体感しています。

そして、一般の人々にも、それは及んでいるという事実。




決して、脅しで言うわけではありません。

しかし、事実は事実です。




わたしにとって、一番大切なのは、まず自分です。そして家族。

鑑定も、使命と思う限りは続けていきますが、それと同時に、こういう場所で気付きを発信することも大切に思います。







だからといって、能力を持っているのに半分しか出さないというのも、エゴです。

そうではない。やる時には100%ですよ。

やる時は真剣。ボランティアではなく、対価ももらっているのだから。

その、「出し方」というか、本物の力なのか、他力なのか・・

それは、自分の感覚でわかることなのでしょうね。




自分の中にいる、神様。

それを引きだすという作業になります。

浮遊しているものに力を借りることは、しないでください。

あっちも、こちらも、ちょうどいいから・・などと、マッチングしないでください。

あくまでも、どこまでも、

自分なのです。それは、厳しい道でもある。

いつも、自分を律し、見つめる作業。

そこを怠ることがなければ、大丈夫だと思います。




それは、わたしの永遠の課題でもあります。




そして、波動を上げること。それは、謙虚と感謝の心が一番です。

スピリチュアルの儀式とか、そういうのではなく、太陽を見て一日が始まることに感謝する、ご飯に感謝、家族を愛する心、有難うと言うこと。それで十分。




忙しすぎて、当り前のことを忘れていたこと。地に足をつけて生活すること。

今の自分は、反省だらけです。




アウトプットは鑑定のこと。でも、ある程度それをしたら、インプットも必要。自分を癒すことも、調整することも。喜ばせることも。

ヒーラーといっても、同じ人間です。特別なものではない。




無理だと感じるクライアントさんには、お断りする。

能力不足ですと、言う。それは、人の心に入る、真剣勝負なのだから。




そういうことを自分にたびたび言い聞かせながら、これからも進んで行こうと思っています。




祈りとともに。




今日も良い日でありますように^-^



コメント

断捨離で浮き出た、自分の偽善★

2016-12-13 14:17:55 | スピリチュアル
今日は、朝から何にもする気が起きなかったのですが、なぜか眼にした占いは、「今日はパワーの湧く日で、今まで手がつけられなかったことに着手できる日」

なんて書いてあったので、ほんとかな~・・と思っていたのですが、ふと、ゴミの日・・とよぎり、そういえば、今年最後の燃えないごみの日は・・と見たら、なんと明後日ということが判明☆

2階の納戸や、子供の部屋にある色んなもの、気になっていたので、一気にやっちまおうと思い、急にエンジンがかかり、文字どおりパワーが湧いてきました。




偽善という言葉、わたしが自分に対して、一番許せない言葉であるにも関わらず、これはいらない、いらないって、エイッエイッて捨てていってるうちに、その「捨てずに取っておいたもの」の裏にある、自分の偽善に気付きました。




例えば、お洋服。わたしは、母と同じく、人がくれるというものは、拒んだことがありません。気持よくいただき、今使わないものであっても、いずれ使うだろう・・と取っておいたものが、一度も袖を通さなかったり、子供のものも、結局着なかったりで、色々と捨てました。

そして、結局、くれるのは嬉しいけれど、くれる側にとっては、「捨てるのも忍びないし・・」という気持ちでくれる方が多いのです。

使うものなら、とても有難いのですが、こちらもいらないもの・・となったら、やはり速やかに他の人にまわしたり、捨てたりすることって必要ですね。

その逆で、わたしが、いずれ兄弟に子供が生まれるだろう・・と思ってとっておいた、子供のお洋服が、結構子供部屋にあったのですが、それも、なんだろうな・・・と思えてきたんです。




この、「いずれ子供が産まれたら。。」というのは、自分の子にはいいけれど、子供が欲しいと思っている妹にとっては、逆に良くないことなのかもしれないと思い始めたのです。

こちらの、「産まれたら、あげたい=産まれることに期待」しているというものは、

相手にとってプレッシャーですよね。本でもそう。妊娠出産の本も、何冊もとってありましたが、なんかムラムラして、捨ててしまいました。

服は、産まれたら、新品をプレゼントしてあげたらいいし、本だって沢山ブックオフにもあります。




それより、それより・・・

人のこと、人のことと、ずっとやってきましたが、可愛い自分の子供たちのことについて、いえ、それよりも自分のことについて、もっとフォーカスしていこうと思ったのでした。




バンバン出てくる出てくる・・玄関が、ごみでいっぱいになりました。

明後日の朝、何回ゴミ捨て場を往復するだろうか・・。




でも、スッキリしましたよ。まだ1階が残っていますが、

ちょっとクッキーとコーヒーでこうしてブレイクさせていただき、

また夕方からでも一気にやっちゃいます。




読んでくれて、有難うございます^-^




あなたにとっても、良い日でありますように♪




コメント

観音様

2016-12-11 13:10:30 | スピリチュアル


あなたは、この画像を見て、

観音様が、ただ、「慈悲」だけだと思いますか?




慈悲・・・

「仏や菩薩(ぼさつ)が人々に楽を与え(=慈)、苦しみを取り除くこと(=悲)」を意味する言葉です。
ここから派生して一般的には「思いやり」や「情け」という意味で使われています。




人に、思いやりや情けをかけるようになるには、深く、その人の心情に入る、器の大きさと、愛がなければ出来ません。

器の大きさと愛というものは、ただ手に入るものではなく、沢山の苦しみと経験の末、手に入るものもあります。




ですから、今、泣いている人、苦しんでいる人、寂しい人、

今の、「そこ」を乗り越えていくことで、この観音様のような境地に近づいてゆけるのだと思ってください。




わたしが偉そうに言えるものではありません。

わたし「こそ」、鑑定をするもの、相談を受けるものとして、

日々努力が必要です。それは苦しまなければいけないというものではなく、

あえてこうしなければいけないなんてものではなく、




自分の中にすべてがあり、それを逃げずに見つめ、出していく作業は、

修行とはまた違い、大きな充実と喜びでもあります。




最近、思うのです。

信じるものって、人によって沢山選択があるけれど、

日が昇る時の、あの太陽の光こそ、

今のわたしが信じる大もとになってるなあと。




もっとシンプルに、自分と太陽と観音様と・・のように、

色々そぎ落としながら進んでいきたいと思っています。




鑑定の形も、だんだん変わってきました。

人に対して、掘り下げていくような感覚です。



自分の中にすべてがあるのなら、

そこだけに集中して、純度の高いものを作りたい。

鑑定でも、パワーストーンでも。




宇宙人の力など、いりません。

自分の中にすべてがあるから。

だからこそ、謙虚にならなければ。




自分の今の謎としてね、

例えば、自分のエネルギーを出してしまうと、枯渇してしまうから、

宇宙からエネルギーを取り込む・・とあるでしょう。

宇宙の大生命。




あれって、ちょっと違うと自分は思う。




自分の中に汲めば渇つことなき、大いなる大生命の泉があるのなら、

宇宙宇宙・・と言わずとも、そこから汲めばいいのではないかと。




そこが今、研究対象であります。

何か気付いたら、また書きますね。




今日も午後は、瞑想をしようと思います。

自分から逃げない。頑張ります^^




皆さんも、良い日をお過ごしくださいね♪




いつも有難う!!



コメント

イライラの本当の原因は?

2016-12-10 10:10:37 | スピリチュアル
訳もなく、イライラすることはありませんか。




何やら知らないけれど、家族や友達、周りの人々のことで、急に気に入らなくなる。

ちょっとしたことで子供を叱りつける。自己嫌悪になる。

そういう自分が嫌になる。そして、その原因を作った周りの人々にもイライラする。




そういうグルグルが続かないために、一旦戻る場所。




それは、周りではなく、

「わたしは、何から逃げているんだろう。」




ということです。




やらなくてはいけないということから逃げていると、

自然と目線は周りの人々の、出来ていないことに向けられ、自分のことは棚上げされます。




今日のわたしがそうでした。

訳もなく次男のゲーム時間に腹を立て、食事をせず2階に上がり、スマホをしている長女に腹を立て・・まぁお母さんたちは、わたしの気持ち、わかってくれますよね(笑)




ですが、この腹立ちは、ちょっと自分でも嫌だなあと思っていたんです。




そして、自分の内側にフォーカスすると、

「自分の足場を築くことから逃げてます。」

という情報が出てきました。




足場を築く・・グラウンディングもそうですが、深く自分の内部に入り、そして神性の自分と繋がること、

自分を信じて行くと決めたばかりなのに、もうグラグラしている。

どこか、怖いのかもしれない。躊躇しているものはなんだろうね。




前々から、瞑想は大切・・と思っていましたが、

ちょうど良い機会だ。してみようと思い、陽の差し込む寝室で、瞑想しました。




そしたら、深い、深~いところから、涙が出る時に感じる、苦いような苦しいような、切ないような、温かいような感覚を感じました。




そうだね。魂は、これを待っていたんだ。




みんなの中にある、キリスト、ブッダ、色んな形の神聖があると思います。

大きな光。それを、出していく時代だと感じるのですね。




ここから、逃げない。

まだまだだなあ。。わたしって。。




そんなことを思いながら階下に降りて行くと、不思議と腹立ちは収まっていました。




瞑想に限らず、とりあえずしなくてはいけないことをエイッと取り組んだりすると、怒りはスーッと消えて行きます。やってみてくださいな^-^




今日も良い日でありますように♪



コメント

何度ぶつかってもいい、周り道をしてもいい。

2016-12-09 09:34:06 | スピリチュアル
わたしは、合理的なものを求めるところがあるので、段取りや、これをしている間にあれを・・と、パッパと進むことが好きです。

ですが、新しもの好きで、面白そう☆と思うと、眼を輝かせて飛びつくという習性があります。動物占いがチーターなので、新しいものに向かって走ることが大好き。

その中で、鑑定は、よっぽどの理由がなければ、求めてくださるお客様がいる限り、続けていきたいと思っています。

40歳まで、「言葉で人を励ましてあげたい」とずっと思いつつ、

子育てに専念しつつ、アフィリエイトや、古本屋をしてみたり、お勤めしてみたり、色々してきました。失敗も多々ありました。

そのつど、なにやってんだわたしは・・と思いながらも、方向転換をしながら、ゴンと壁にぶつかったりしながら、生きてきました。

今、こうしてやっと、

自分の足で立てている。。といった感覚です。


そして、個でいることが、わたしの最大の幸せです。

人の気を読み過ぎてしまうので、集団の中にいると、自分の中がとっちらかり、自分が隅っこに追いやられます。その代りに他人がセンターに入り、その人が今どういう気持ちか、集団が今、どのような在り方か、自分はその中でどうしたらいいか・・などと、頭が回り出す。


その経験は、実はとても大切で、それがあるからこそ、人を思いやるとか、自分の在り方とか、色々体験できるわけですね。

最近、ちょっと大きな体験をして、世界観が少し変わりました。

そして、何が一番の収穫だったか・・というと、


「自分の中に、すべてがある。」


ということに気付かされ、そしてまだまだそれは、これから堀り起こされるものなんだということ。


堀り起こすことは、「謙虚」という名のシャベルと、「静寂」という名の土。

「ゆっくり」という名の現場監督と、

そして、

「神の子」という名の、主人公。自分ですね。


静寂の時間を作り、ゆっくりと、謙虚な気持ちで、神の子は、

自分の可能性や素晴らしさを掘り起こしていくということ。

その時間を、こま切れでもいい、作っていきたいです。


人は、いつからでも、本物のスタートを切っていいんです。

89歳でそれに気づき、90歳で亡くなるとしても。

その一年があれば、沢山の実りを手に出来る。


それ位、

「自分」というものをセンターに配置し、

その可能性を信じて、素晴らしさを信じて、

じっと向き合う。称賛していくということ。


結局人は、

自分に認められるため、

今日も頑張っているのです。


自分に認められたら、

他人がなんと言おうと、

もう一度、もっと深く掘っていくことが出来る。


その素晴らしさは、尽きぬことない泉のように出てくる。


なぜならば、

キリストも、ブッダも、みんな、

そのことを体現するために生まれてきてくれたのだから。


先人に感謝します。


今日も、良い日でありますように。。






コメント

宇宙人の力を借りたい?

2016-12-08 09:53:57 | スピリチュアル
あなたは、誰かの助けを借りないと、生きていけない人間になるために、

この世に生まれましたか?




この、不便な肉体というものを体感し、老いも不自由も、重さも体感して、自分に負荷をかけていくことを選択して、あなたは生まれてきました。

それは、筋トレのようなもので、そうやって力をつけたかったから。

その中で色んな経験をしてあなたは生きている。




空を飛べたら、どんなにいいだろうと何度思ったか。

どこでもドアがあったら、どんなにいいだろうと思ったことも。

人の気持ちがすぐにわかったら楽だろうなーとか。




ヒーラーさんに、それに近いこと、レイキでも、自分がすぐにでも

楽になる方法を選択し、対価を払い、心身ともに楽になる。




どの選択をしても自由ですが、

これだけは言えます。




最終的に人の行きつくところ・・それは、色々ある中で、

本当の意味で自分の力を信じ、強くなりたいと思ってはじめて、

人は無限力がどんどん出てくるものなんだと。




だから、ヒーラーというものは、「きっかけ」を作るものです。

そこから先は、あなたが自分の足で歩けるために、存在する。

つばめのように、何度もヒーラーという巣に帰り、パワーをもらうことは

必要なく、あなたの中に無限の力と可能性があることに気付いてください。

それは、わたしにも言えること。

人を癒すヒーラーという立場であっても、まだまだ伸びしろは続きます。

一生勉強と鍛練です。本物のヒーラーこそ、自分の弱さとの戦いかもしれない。

わたしがレイキを辞めたのも、ここには書けない深い理由があるからです。




今、光がとても強くなってきているけれど、闇も焦って勢力を伸ばしてきているとは、わたしの信頼する徐霊の方が仰っています。

同時に、キリストさまが、大きく動き始めたということを教えていただきました。




ですから、今、キリストさまに関係の深い、前世にクリスチャンであった人も、繋がり、広がっていく模様です。




毎日同じだと思っても、世界は確実に変わり、同時に、霊の世界とのへだたりも、宇宙人とのへだたりも、狭くなってきています。




何が必要か・・というと、




「あなたの個・個であることのあなた」




としての自分からの信頼を深め、自分の足で立つこと。




宇宙人の力がいりますか?

あなたは、あなたです。あなたは一人でいいのです。

でも今の時代、悲しいかな、そういうものにひっそりと支配されたり、エネルギーアタックにより、身体に色んなものが刺さっている人が多いことも事実です。







本当の自分を、これからは目指してみてください。そのお手伝いが出来れば嬉しいです。

除霊は受け付けておりませんが、本当に信頼できる方を紹介出来ますので、メールにてお声かけください。




wien1129@hotmail.co.jp







丹田に力を入れて、2017年から新しい一歩を踏み出せますように。




個の時代、到来です。



コメント