産むことに迷う人、産みたい人、堕胎・水子供養のこと

産みたいけど迷っている人、水子さんの供養のこと、堕胎のこと、
命のサポーターとして、役立つ情報を載せています。

写真の整理

2015-09-24 18:57:42 | スピリチュアル
北斗さんのブログを読んで、最後の男の子を抱きしめている写真にグッときた。

当たり前が、有り難いということ。
その事実を、感じた。


最近、
身体のメッセージが顕著になってきている。

ひろさんの日記から教えてもらったこととして、
何か、ふと思ったことについて身体に聞く時には、
頭ではなく、お腹に聞いてみることにした。

そしたら、しっかりとした答えが返ってくる。

自分の気持ちを優先にして生きるってことを
まだどこか履き違えていて、
自分の本音に添うことと、
他者の望みに添うことがごっちゃになっている。

だから、いつのまにか、自分のエネルギーを家族や他者に与えて、
気が付くととても疲れている。

良い人ということを、辞めたいって最近感じている。

だって、それはわたしのキャラなのかなーと思い始めている(笑)

旦那にレイキを送ってあげても、やりっぱなしのあちらは貰いっぱなし。
いつのまにか、あちらはもらって当然、そしてこっちはあげて当然という構図が出来ていた。

これじゃあ、疲れるはずだ。

いちいち感謝してくれとは思ってない。

そもそも、あげて当然というこちらの気持ちに問題がある気がする。

当然じゃないでしょー。

あげたかったらあげるってこと。

それを、まるでお役目のように毎晩、流しているわたしの使命感がいらないってのよね。


もっとわがままでいいんだよ。
あげなくていいよ。


今日は、写真の整理もした。

お腹に聞いて、ざわつく写真は、捨てた。
チリッて汗ばむような反応を身体がした場合も、捨てた。

そう。捨てていいの。
心に残る優しい思い出は大切にしていくけど、
形にまで残っている、消したい過去を思い出させるようなものは
捨てていい。

同時に、感謝でいっぱいになった。

あの時、一緒にいてくれて、有難うって気持ちになった。
至らないわたしで、ごめんなさいって気持ちになった。

あと、子供の写真も整理した。
いっぱい出てきた中で、子供は宝だなって改めて感じた。
子供の写真で、ピンボケ以外、捨てる写真なんて、一つも無い。
どんな表情も、愛おしい。


ずっと整理したかった写真を整理できたってことは、
少しずつでも進んでいるってことかなー。


色んな自分と向き合っていこうと感じた。











コメント

なんでも入れな

2015-09-19 13:35:08 | スピリチュアル
何が家族のためなのか・・
ここ2日ほど考えている。

何があっても倒れない、強く優しい母でありたい反面、
色んなことにエネルギー放射して、いつも自分がいなければ・・という状態は
お互いに良くないなぁって。
わたしも疲れるし、相手も依存していく。


今年高校受験の長男が、塾のない日は一日遊んでいるけれど、
今日もテニスしに行くという長男に、主人が、受験生って感じしないなあと言うので、


「さあっ。本人の問題だからね。わたしは関係ない。
自分で決めて自分でやることだからっ。」と言い放った。

昨日ね、ウォーキングしていたら、
言葉が降りてきたの。


「あなたはどうありたいのですか?」

ってやつ。


自分がいなくても回る家庭を作りたいのですか。
それとも、自分がいなければ回らない家庭を作りたいの?


ってやつです。


理論から言うと、自分がいなくても回る家庭って答えるんだけど、
それも正直、なんか寂しいんだよね。
でも、自分がいなければ回らない家庭って、
もっと嫌でね(笑)


一番良いのは、適度に手を携えながら、少しずつ子離れしていくってやつだよね。
極端ではなく、気持ちはだんだんと、「ほら、これできる?」という感じで,
やってごらんって、うまく手を離してく。


今はそういう時期なんだかなーって思う。

自分のことは自分で決める。
自分のことは自分でやる。

当たり前のことだけど、近くにいると、どうしてもアドバイスしすぎてしまう。

あと、個人の尊重ってことでも、高校行くのは本人なんだから、
やっぱり本人が決めて、責任も本人が取るべき。


うまくアドバイスはするけど、
んでもやっぱり男の子って、ほわわわんってしてるんだよねー。

子供が何歳になっても、学びは続くね。

うちの母ちゃんが言ってた。

「おふくろっていうのはさー、大きなズダ袋を持って、
子供が言ってくること、そうかそうかーって、なんでも、受け止めるもんだよ。」って。


うちの母ちゃん、今でも持っているもんね。
でも、いつのまにかわたしも同等になって、
母ちゃんの色んな思いを、ここに入れなーって入れてる。

その先は、お互いに、宇宙にある、巨大なゴミ生成所に続いてるからねって言ってる。

あたしは受け止めるだけ受け止めるから、なんでも言いなよってことね。


言えば、話す=離すで、結構楽になるし、俯瞰にもなるんだよね。
でも、それを受け止めすぎて、こちらがエネルギーを使うことは無い。


エネルギーの使い方は、これからも勉強だー。








コメント

次元と未来と・・

2015-09-17 17:16:37 | スピリチュアル
それぞれが、生きている中で自分の次元を持っていると思うけれど、
わたしの場合は、次元上昇というのは、自分に戻ることかなと感じる。
今いる、ここがベストで、そもそもわたしは愛されていたということに、ここんとこ少しずつ
気がついてきている。

10年前の自分は、幸せは条件だと、本気で思っていた。
お金があれば家族が幸せに暮らせて、
土地と家があれば、もっと快適に暮らせて、
仲間が沢山いれば、いつでも楽しくて、
有名になったら、親孝行できるかなとかね。

それが、未熟ということではないと思う。
やっぱり、根幹が親孝行だったから、親に楽をさせてあげたかった、それ一本だったから。

だから今、そのことを思い返しても、いい奴じゃんって思う。


だけど、自分自身の人生としてみたら、
せっかく幸せがここにあるんだから、受け取ったらいいじゃないって、今では言える。


望みって、バンと叶うより、なんか一つ一つ導かれていくような感覚がある。
気がついたら、色んなことが整っていたから。

焦っても焦らなくても、なんかどっちでも良かったのかな。


NHKプロフェッショナルのエンディングの曲、
スガシカオの プログレスという曲のCDが、偶然(必然)に手元に入った。

何気なく聞いていて、そのうちに歌詞をガチ見した一節。





「ずっと探していた 理想の自分って
もうちょっとかっこよかったけど
ぼくが歩いてきた 日々と道のりを
ほんとは`ジブン"というらしい


ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ向かっていく勇気を
゛未来"っていうらしい」





どんな形であったって、
わたしたち一人一人が歩き続けてきた、過去すべて含めての
日々と道のりは、「わたし」で、
未来って、理想の未来なんかなくたって良くて、
本当の未来って、理想とか形を通り越した
未知の世界に進む勇気を、未来っていうってことだね。



前が見えなくて、
お先真っ暗だったとしても、
それでも一歩前に進む気持ちそのものが、未来なんだろうな。


自立ということの意味を、
昨日ひろさんとの会話で教えてもらったけど、

助け合うということと、依存はまた別ということを教わった。


自立したもの同士が、手を差し伸べ合うということと、
本当は自分の力で立てるのに、その機会を奪うことは、愛とか助けることと違う。

自立を助けることが愛なんだろうな。


わたしも、前から、鑑定はトス上げと書いていたけれど、
改めて、そう感じたよ。

ありがとう、ひろさん。



どんどん軽くなりたいし。
そうなることを望む自分を感じています。


日々に、感謝です☆.。.:*・

コメント

一番大切なのは自分☆.。.:*・

2015-09-14 11:41:59 | スピリチュアル
「9月は2015年の最重要月。 なかでも9月13日の新月。 この影響力についてはいうまでもないでしょう。 木星が入ったばかりの乙女座で新月が起こるということは これを期に、木星パワーが一気に拡大するということ。

<今後1ヶ月間のキーポイント>

● 理想のライフスタイルをイメージする
● ここで一旦、区切りをつける
● 結果が出ていないものを手放す
● 新しい勉強を始める、スキルを学ぶ
● 食生活を変える
● 1年以上使っていないものを処分する
● 家の大掃除をする(年末大掃除くらいの勢いで)

<ワンポイントアドバイス>

新しい流れがやってくる1か月。 すべての人にとってリセットのときです。 うまくいっていないものは、これを機に手放す。 うまくいっていることは、さらなるバージョンアップを。 」


という記事を読んで、うーん・・

なんでしょう。正直、ついていけない自分に気づいたんです。






そんなに頑張らなくてもええんちゃう?



確かに、昨日は新月というより満月って感じの日で。

昨日は子供と衝突しました。

甘えなのか、惰性なのか、からかいなのか、色々見せてくれる子供にイライラし、
スパークしたんです。この奥にあるものって、見えそうで見えないんだよなぁ。

手放すものを、というか、手放す考え方を示唆されたような日でした。


その結果、なんかどうでもよくなっちゃって(笑)

もっと楽でええんちゃう?


という感覚だったので、


● ここで一旦、区切りをつける
● 結果が出ていないものを手放す
● 1年以上使っていないものを処分する


が、今の自分に当てはまるかなあと。



あと、お血っていうのかしら。身体が冷えても放っておくような、
自分の身体に対する愛が足りてなかったことにも気づいたので、冷え取り靴下を楽天で注文して。
自分への労わりが足りないってことを、子供が見せてくれたのかしら・・


書いていて、ふと思ったことでした(^-^)


そか。

自分をもっと見つめて行けってことやね。


そうしようそうしよう(´∀`*)



コメント

祈りを生き方に

2015-09-11 12:59:50 | スピリチュアル
今、こうして台風が通り過ぎて、自分の身の回りはどうもないけれど、
家が流されたりする人のいる中で、じゃあ自分に何ができるかって、何も出来ない。

でも、自然と湧いてくる感情は、謙虚に、自分の気持ちに素直に生きるってことだと感じた。

大気に乗って、悲しみが伝わってくる。だから、何をしなくても、涙が浮かんでくる。

でも、この感情に流されたり飲まれるのではなく、それを愛のエネルギーに変えて
祈りに変えることと、

自分は今ある最善を尽くすことだと思った。

最善て、劇的にすごいことするんじゃなくて、生き方に嘘をつかないこと。

このもらった命、自分のために活かすこと。

だから、おのずと背筋が伸びる。


好きなものを堂々と好きといい、嫌いなものを堂々と嫌いという。
迎合しない。演じない。嘘つかない。
あきらめない。意地悪しない。でも嫌いな人には嫌いで全然良い。


庭の草取りだけして午後が終わっても、全然いい。寝てもいい。

ただ、最善にまっすぐ生きること。思うままに生きること。


なんか、強烈に思ったので、書きました。


コメント

これからのわたしを伸ばすもの

2015-09-08 13:49:15 | スピリチュアル
先ほど、大雨の中、フワフワの大型乾燥機までお洋服を運びながら
車の中で、咄嗟に降りてきた言葉。

「完璧な友達とお付き合いしようと思ってない?」

というもの。


おおおーー来たね。すごいのが。


確かに、そういうところ、あったね。


その前に、中学校に弁当忘れた長男のため、
中学校の事務局に行き、6年3組です!!って勢いよく言ったねー。

3年6組でしょ。

そういう私なのにさー(笑)

素敵な人と付き合いたいって、思ってたけどさー、

わたし含め、みんな、凸凹あって当たり前なんだよね。


そこのところを、なんか受け入れられなくて。

40過ぎてお付き合いするなら、価値観がいっぱい合った人とって

思ってたこと。


でもでもー・・・

やっぱりそれは、変えられない。

会って、疲れる人、エネルギーを取る人、依存心の強い人は
疲れるだけの人は、やっぱり無理なんだよ。


だけど、フイーリングが合って、お互い全然足りないところだらけだけど、
エネルギーが気持ちよく回る人だったら、全然大好きなんだよなー。


それが、わたしの求める、素敵な人なんだろなー・・・。


素敵な人いないかなって探していたけど、
わたしの求める素敵な人は、わたしと合う人。

それだけなんだろなー。
条件とかじゃなくて。頭で探すのではなくて。
すごい人じゃーなくて。むしろすごい人じゃなくて。


合う人。

こーれーがーなかなかいなくて(´;ω;`)


ミクシィでつながってくれる人は、みんな合う人だよー。感謝です。
リアルで、なかなかいないんだよねー。



再確認。


あと、それに繋がって、また出てきた言葉。

これからのわたしを伸ばすものは、

相手を理解して受容する力。


これは、我慢することではないのね。
理解することと我慢は違う。
我慢して受け入れることと、理解して受け入れることは違う。

我慢して受け入れることは、むしろしないことにする。
嫌なものは受け入れないの。

理解出来ることを、受け入れるの。

そこは、努力してみる。理解できるかなって、してみるの。


それはねー、夏休みに思ったさ。


夏休みの長かったことよ。もうね、この世にスマホってのを作ったやつ、

とりあえずガチでビンタすっから出て来いよおめーーって感じよ。


あ・さ・か・ら・ば・ん・ま・で。


次男よ。

朝6時からスマホでピコピコ。

朝はクラシック鳴らして、気持ちよく旦那を送り出したいのに、
なんだかんだと色々うるさくて。

それとパソコンの動画。

ユーチューバーっていうの?

北海道チーズケーキをバク食いして、息が詰まるかどうかを検証してみた・・とかいう
動画を、延々と乗っけるやつ。

ヒカキンとかなになに社長とか?

それを面白そうに見ている長男次男。

あまりガンガン言いたくないので、あえて放っておいてみたけど、
やっぱり電磁波の影響か、

次男は夜中、目が覚めるようになってしまった。


ブルーライトを頭から浴びていたからかな。

9月入って、パソコンの調子がおかしくなったから、
パソコンは一切禁止にしました。

そうしたら、夜、起きなくなったの。


これ、怖いね。


40日、今までの中で、一番長かった。


でもね、これを受け止めた結果、ただもくもくと過ごした結果、

わたし、結構気が長くなったかも。

自分と違う、理解出来ないことを、黙って受け止めることを続ける中で、
それは理解出来ないということは、彼らにとっては息抜きだったり楽しみだったりするわけで。


それを遮断することは必要ないと思ったけど、
でも、んーー、長かったなあ。


他者との違いを理解していくこと。その努力は必要だね。

でも、感覚がざわついたり、嫌だと思うものは、受け入れなくていいってことだね。


子供は、鍛えてくれます。
本当に。


他人は付き合わなくていいけれど、

子供は自分が責任を持って預かっている人々だから。


どこまで受け入れるか、どこを排除してあげるのがいいのか。

何が最善なのか。本当にいつも考える。


信じて放つこと。それが一番大切。
でも、明らかに危ないことは禁止しなくてはいけないし。


とりとめないことを書いてしまい、ごめんなさい。

読んでくれて、ありがとう(^-^)//







コメント