水子供養と戒名のこと

時代とともに、お葬式の在り方、戒名の考え方にも色んな意見や変化があります。
水子供養のことなど、記事にしております。

子供と泣いた。

2014-08-26 14:17:23 | 日記
長男自身のこともあるので、詳しくは書かないけれど、
この間、あまりにも流されて子供らしくらしくらしすぎる生き方をしている彼に、
注意したら、喧嘩になり、そして彼の言葉が針のようにわたしに刺さり、
いったん離れてパソコンに向かったけど、困った。涙が止まらなくなってしまった。


涙を調節できるような流し方ばかりだったので、
止めようとしても悲しくて止まらない感情は始めてで、かなりびっくりしたけど、
今までの自分だったら、場所変えて泣いて平静を装うってことしてたんだけど、
つい最近、心屋さんの本を読んだばかりで・・

http://www.kokoro-ya.jp/article/15076190.html

なんか、このままぶつかったほうがいいと思った。
涙でバリバリの母の顔は、ちょっとセンセーショナルだと思ったけど、
彼もわたしも大人になるにはこれが必要と思った。


その顔のまま彼のところに行き、
彼に思いをぶつけた。

「うぉい。(声震えてる&涙止まらない)
お前さ、さっきのことだけど。。云々」


そうしたら、彼が半泣きで言った。




「その言葉、そのままお母さんに返すよ。」


ぬ。
この後に及んで、まだ射すか。

でも、半泣きの彼の顔は、真実を言いたがった。


彼もわたしも似ている。
彼の物言いが、わたしが彼をしかる時の言葉に、似ていると気付いた。


人は、
自分の姿を映す。


彼も、映したんだ。

まぁ、あいつのあまりにもだらしがない所は別だよ。

でも、わたしもきつい物言いがあったんだ。


そんで終戦。


梨をむいて、彼の横に置いて、
「さっきはごめんな。」


その後、外食に出かける際、車に彼が乗り込む時、
わたしの横で、
「お母さん、さっきはごめん。」


んー。
やっぱりそのまま泣いてぶつかってよかった。

あれ、わたしがわたしとぶつかった瞬間だったね。

エネルギーを使い過ぎてフラフラ。
でも、逃げなくて良かった。

今までの自分の、
おりこうちゃんパターンを壊したぜ。

結構結構。

でも、しばらくはごめんだな(苦笑)。

コメント

子供の片づけ・・

2014-08-22 11:50:33 | 日記

心屋さんのブログが、今自分の中で面白い。

http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11912674440.html?frm_src=thumb_module
わたしの人生で、一番身近である家族、子供たちに、
わたしは、自分の考えやこうしなければ・・を、押しつけてないかな・・と
たまに不安になる。


こうしなければ、
こうあらねば、
こうあるべき、

その価値観を口で伝えるより、

子供たち自身が、自分の哲学というか、
正しいと思うことを掴んでいくには、どうしたらいいかな。。


わたしはわたしで、
自分の出来ることを、
もくもくしていこうと思う。

たーだーー。

男の子たちの部屋の散らかりよう。

読んだ漫画そのまま。
布団しきっぱなし。


こういう生活基盤を成すものは、
いつもわたしが掃除機かけてきたが、
自分たちで綺麗にするには、
わたしはどうしていったらいいかなーと。


悩む母でありんす。

兄やんはもう中学2年生。
ここは、パパに、理論的に言ってもらおう。

もっと小さいうちから、
片付けなさいという習慣をつけさせればよかったのかな。。

うー悩む。

答えの無い日記でした^^//






コメント

旅行先で受け取った言葉たち

2014-08-18 10:22:48 | スピリチュアル
ハイヤーセルフからのメッセージとして、今回の旅行で受け取ったものがある。

今回は、鴨川と館山に行ってきました。

途中、次男が歩き過ぎて、両足熱持って熱出して・・ということがあったけど、
砂浜を歩くことが出来て、そこで受け取ったもの・・






「目指すはピラミッドではなく、自分自身。」

「孤独になる。人はもとから独り。でも、何もかも手放し、削ぎ落とし、捨て去った先に、普遍で最強の何かがある。」

「わたしのこの命の一点を拡大し、追求していくことが、生きるということ。」

「予定を入れない勇気も必要。」


こんな言葉を色々受け取り、ゆっくり浜辺を歩きながら、両手で氣を受け取り、それを縁ある方に送ったりしながら過ごしました。

注目すべきはピラミッドという言葉。


5.6年昔のわたしは、どちらかというと目指したり上に立ったり、注目を浴びてなんぼ・・という気持ちで生きていたと思う。

でも今、コーチングを受けたりして相当のものを削ぎ落した後は、
自分が一番信じられる。

そして、自分の内部を掘っていきたいと思っている。

自分の中に無いと思うから、みんな外に求める。
誰かからもらおうと思ったりする。

でも、実はみんな、
自分の中に信じられないほど素敵なものを持ってる。

それは、どうやって出すかというと、
自己愛だけでは足りず、
自己愛を中心基盤とした上で、
やはり他人を自分の投影として愛していくことが、
尽きぬ泉のように自分の中から出てくるあったかいものに遭遇することに繋がる。

だから、もう、

わたしにピラミッドはいらない。

何かの頂点とか、誰かを頼ったり
誰かから評価してなんぼなんて、いらない。


自分の中を掘っていくことが挑戦するということに繋がることはあれど、
誰かに評価してもらおうとしての挑戦は、しない。


それよか、
挑戦している誰かを、
何かに必死な誰かを、
哀しくて泣いている誰かを、

同じ立場として、おなじ温かさで
喜んだり励ましたり、包んでいくことをしたい。


そのためには、自分の基盤を追及していく覚悟が必要で。。
厳しいところに入っていくという気持ちもある。
でも、今はそれがとっても満足。


そのためのメッセージだったのかと今思う。


だから、とても有意義な旅でした。


最後まで読んでくれて有難うございました♡


コメント

イライラにオススメ☆

2014-08-09 00:26:09 | スピリチュアル
こう暑いと、こう夏休みが続くと、
だんだん自分の色んな機能がマヒしていくのを感じる。

早く冬来い!!なんて思っても、
冬が来ると、夏が恋しい。

エネルギーを調節したり、流したり、色々してみるけど、
一番自分に合う方法を見つけた。

大好きな音楽を聴くこと。
出来れば動画付きで。


音楽は、一瞬で波動を変える。

そう。理由なんて無いのだ☆


最近好きなのが、ミスチル桜井さん率いるバンクバンド。


このライブ映像が、どれも素敵で、

特に下記のライブの集まりの映像が、観ててジンとくる。


人が、好きなものを好きと集まる。
それぞれが、独立して、一つのものを愛する。


天使がいっぱい飛んでいる。


こんな世界が来ないかな・・

なんて思ってしまう。


Bank Band with Great Artist - to U


https://www.youtube.com/watch?v=yMeprD3Di3E



永遠に ゴスペラーズ with 桜井和寿 Bank Band LIVE

https://www.youtube.com/watch?v=TRzCPYOi4Rs


最近の音楽についていけなくて、
ちょっと昔の曲にどうしてもいってしまう。


好きなことを、どんどん味わっていこう。

遠慮はいらない。だって夏だもん!!

コメント

ゆーふぉーのこと

2014-08-06 17:53:38 | スピリチュアル
何気なく見てた朝イチで、宇宙のことをしてた。
専門家のおじさんが出て来て、視聴者からの質問で、
UFOっているんですかって問いに、
なんでも知ってるという専門家らしいおじさんは、こう答えたよ。


「え~それについてはですね、
米国の研究で、
まず、そのような不思議なものを視たときには、
連絡をもらい、現地に駆け付けて、証拠を確かめるっていう団体があるんですよ。
そして、その団体の報告ですと、
今まで報告のあった94%くらいが、嘘であるということが判明しています。」

スタジオの皆さんも、笑顔でうなずく。


・・・・・・・



みなさんどう思います?




現地に駆け付けて証拠を確かめる?

そんなことしている間に、とっととどっかに行っちゃうでしょ。

今あんた、
夏休みに家でママとテレビを見ている、
沢山の視聴者の子供たちに、
UFOはいないよって断言したよ?


せめてさ、

いるかもねぐらい言ってほしい。


これからきっと、
もっと出てくると思う。なんとなくだけど。
星だと思って見ていたら、左右に動き出すとか。

わたしが小学生の頃、
スーパーのカスミの裏通りを自転車で走っていたら、
プカプカ灰色のおにぎり型したユーフォーが浮かんでて、
じっと見てたら、プシューッてオレンジの光出して消えたもん。


あれ見てあんたの子供が質問しても、
幻だって言うのかな。オッサン。


なんかね、
がっかりした。


いるってことぐらい、ちゃんと教えてあげないと、
パニック起こすと思うし、
地球人以外、生命体がいなくて、この広大な宇宙の中に
未熟な文明のわたしたちが住む地球だけっていうのも、なかなか寂しいもんじゃない?


もっと考えて言おうよ。。


あまりに寂しかったから
日記に書いちゃったよ。


わたしは子供に言うよ。

宇宙人いっぱいいるよ。
文明発達した星は山ほどあるよ。
自分たちの力だけで、地球が保たれてるなんておこがましいよ。


証拠が無いからって、
隠されているからって、
そういうのも、ちゃんと大人が勉強して教えていく必要があると思う。

いつか、万が一子供たちが本物を間近で見て、泡吹かないように。。


お付き合い、
有難うございました♡

コメント

厄介な人が教えてくれたこと

2014-08-03 07:33:15 | スピリチュアル
相談員のお役をする中で、色目を使う人がいると前の日記に書いたけど、
ずっと、その人を心で裁いていた。

すると、左手の人差し指が痛くなった。
左は男を指す。
人に怒りを飛ばすと自分に返る。
わたしも母も、結果がものすごく速く出てしまう。きっと、そのことだなと思った。

父が、高校生の時の古いビデオテープをダビングしてくれた。
そこの中で、わたしはドラムを叩いていた。
その中に、かつて好きだった人が映っていた。
3年間、ずっと好きで、振られてもずっと好きだった。
このライブの映像の時にはもう吹っ切れていたみたい。


久しぶりに観る顔に、あれだけ好きだったのに、
ただただ懐かしくて、ほんわーと嬉しい気持ちいっぱいで観た。
大好きな弟たちを観ている感覚。

そして、観ているうちに、その人への感謝の思いが、
ずーっと湧いて出た。


そこに居てくれたから、わたしも楽しかったなぁ。
そこに居てくれたことに、感謝だったなあ。

・・・


ここで、一つの線が繋がる。



「想われる、慕われることの、辛さ」



わたしも今、すごく厄介である。
輪を乱してはいけないから、余計なことが出来ない。

この時も、バンドを組んだ時も、そのずっと前からも、
とても優しい人だったから、もてていたし、想われるということの辛さや重さを
この人はずっと抱えていたのかもしれない。。


この人の、あの時の気持ちを、
わたしは今、体験しているんだ・・。


とはいえ、ただ思いをかけていただけだったから
生活に迷惑をかけていたわけではないけれど、
それでも、敏感な人は重たいはず。



「もてる」ということが、嬉しいという風潮もあるけれど、
もてるということは、辛い時もあるのではないかな。。


それを、
今の、あの厄介な人が教えてくれている。


そう思った時、「厄介」を外そうと思った。

厄介ではない。
わたしの厄介だった面を、教えてくれた。


そんな人だったのかもしれない。


この世は鏡だらけ。

そう思うと、謙虚にならざるを得ない。


勉強になりました。。

コメント