水子供養と戒名のこと

時代とともに、お葬式の在り方、戒名の考え方にも色んな意見や変化があります。
水子供養のことなど、記事にしております。

女性を性のおもちゃにすることの罪・それに関わる罪

2017-09-28 11:11:57 | 水子
子供の運動会に行きました。


次男の中学校の運動会、あと2回観に行くと、「子供の運動会」というものの参加は終わりです。

幼稚園から続いた、運動会への参加は、長男からはじまり、17年ほど続いたことになります。

幼稚園の時、はじめての運動会は、お遊戯で泣きました(笑)

あああ・・・お遊戯、こんなに踊れるようになったと・・

今は、次男の走りのフォームに、主人ともに感動したことでした。



そして、運動会の時、必ず感動することがもう一つあります。




それは、運動場に沢山いる子供たち、一人一人の後ろに、

必ず一人、そして二人の両親の愛が、そこにあるからです。




わたしは、3人の子供を育てました。

その中で思ったのは、子育てはあっという間というのは、ほぼ手が離れる頃や、全部終わってから感じることで、


子供が3歳、小学生低学年くらいまでは、

「いったいいつ終わるんだろう・・・」という毎日でした。




1日が、とても長く感じたり、1年が長く感じたりしました。





産まれてはじめてのおっぱい、出ないことに悩んだり、断乳に痛い思いをしたり、
子供の発熱に右往左往したり、うんちの色にハッと心配したり、


トイレトレーニングでおまるを出したこと、はじめて出来たトイレのうんちに、とても喜んだこと、

ひっぱたいてしまい、深夜に深く後悔したこと・・・




その、親の歴史が、この子たち、ひとりひとりに、刻まれているんだなあと思うと、勝手に涙が出るんです。




子供たちは、親の愛の中、手のかかる時期を過ぎ、大人になります。


その、沢山の愛情をかけて、気持ちをかけて育てた子が、ある日突然、


街中で声をかけられた、紹介された、スカウトされた・・色んな理由で、


簡単にアダルトビデオ、アダルトサイト、素人投稿、色んな薄汚い世界に、フッと引っ張られて、
あっという間に身も心も汚されて行くことが、今横行しています。

それも、本当に、普通の大学生、社会人の女の子たちです。

彼女たちは、人生の歯車を狂わされ、性病になったり、鬱になったりして、最後には手放されているという現状です。





お金がもらえるから、自分も納得しているからという人も中にはいることでしょう。

しかし、親の立場から言わせてもらえば、そういうことをするために、

あんな小さな時から、大切に育てた覚えはないということです。




立派になってほしいという親の欲とかではありません。




思い出してください。

運動会の時、親が見に来てくれたこと、お弁当を作ってくれたこと、

子供たちにとっては当たり前だけど、親になればわかります。

当り前のお弁当、子供より早く起きて、献立が重ならないように毎日作っている親の気持ち。








ただ、大切に、ただ、愛しているのです。




なぜこういうことを書くのかというと、

わたしのテーマが「堕胎と水子」だからです。




それにより、妊娠する子もいるでしょう。




わたしからしたら、性を利用してお金儲けをする輩は、獣です。

それを、喜んで鑑賞する人間も同じくくりです。





あなたの中にいる神の前で、どういう言葉で、それを正当化するのでしょうか。





それは、死んでから、色々と明らかになることでしょう。

この世で罰されないと思うのは、筋違いです。




本当に怖いのは、全て終わってから。

それが嫌ならば、今すぐ辞めることです。




そして、どんな理由であれ、女性にしても、

堕胎は殺人です。




自分は被害者だと思うことと同様か、それ以上に、

子供に罪はありません。




そして、忘れているでしょうが、その前に、

良心の深い愛と、育てる手が、あなたを護っていたこと、

今も護っていることに気付いてください。



人間は、神性を宿します。だから、いつでも、

人生巻き返すことが出来ます。




あまりにも闇の中、深くはびこる性の反乱について、思うことがあり、思わず書かせていただきました。





読んでくれて、有難うございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

罪の意識なく堕胎を促す人も同罪

2017-09-16 08:56:59 | 水子
今回はちょっと、ショッキングなお話しです。

最近、母から聞いたお話なのですが、

わたしの叔父の水子のお話です。





母の弟にあたる叔父は、30歳半ばで突然、くも膜下出血でこの世を去りました。わたしと同い年の娘を残して。

わたしにとっての叔父ですが、叔父には4人の水子さんがいたそうです。

流産ではなく、意志の上での堕胎だったそうです。



母が、4人目の子をお腹に宿し、叔父に報告したところ、叔父はこう言ったそうです。

「なに、姉ちゃん。4人目なんて、経済的にこれから大変だろう。

おろしちまえよ。」



このとき、母は耳を疑ったと言っています。

代々、わたしの母の実家は神道であり、とても信仰深い家なので、祖父も祖母も、沢山人を助けた家でした。

先祖供養を欠かさず、朝は神棚に向かい、家族や親せき一同の平和を心から祈る祖父の息子が、どうしてこういうことを言うのかと思いますが、

大事なこととして、そういう魂の話、先祖供養のこと、輪廻転生、水子の痛みなど、全く持ってわからない人がいます。
それは、良い悪いではなく、ただ知らないだけなのです。罪の意識もありません。

でも、無知の罪というものは、そこから現象的に叔父を苦しめます。



母の両親と母は、叔父の死後、水子それぞれに名前をつけ、ずっと供養し続けてきました。



とても信仰の深い家に生まれた魂は、きっと「望みの大きい魂」だったに違いないと思います。

この家に生まれれば、こういうことが出来る。応援してもらえる。と、確信して、
わたしたちと同じように、大きな青写真を携えて、「お腹に生まれる」のです。



それを、いち人間の、ちっぽけな頭の世界の、ちっぽけな器の経済論で、一瞬にして抹消された時の、



わたしのいとこになるはずだった「あの人たち」は、



たとえ父母ではない人たちに供養されようが、名前をつけてもらおうが、

何より、その父である叔父の、「心」が許せなかったのだと思います。



一人娘の従妹がいますが、幸せな家庭を築き、3人のお子さんもいます。
けれど、本人の体調は思わしくないのです。頭の病気は先祖が関わるとも言われていますが、

本人もまだ、供養ということの意識がないので、時がくるのを待って、母から言ってもらおうと思っています。



そして、叔父が、歳若く亡くなったのは、もしかしたら、これから続く後の代に、この罪をかぶせないように、
叔父が魂で判断したのか、そうさせられたのか、さだかではありませんが、
いずれにしても、自分の身辺にそういう体験があったので、書かせていただきました。参考にしてください。



大切なのは、当事者である父と母の、心からの思いが、供養であるということ、
そして、堕胎の責任は、それを判断した人間たち一人一人にあるということです。父親はその最たるものです。

男性は、女性と違い、堕胎の痛みも身体の変化も感じません。

けれど、その原因を作ったのは、男性のほうにあります。
周りに言われて泣く泣く堕胎する女性も多いのです。でも、水子は、母親が恋しいので、母親をすがって来ます。



水子は、先祖になるはずの人たちです。いわば、わたしたちの先祖です。

供養の仕方は異なりますが、先祖供養と同じ意義を持ちます。

先祖と我々の関係は、一人の人にちゃんと家系図が存在し、この世の人間関係となんら変わりはないのです。

だから、長男の家にお仏壇があるからうちはいらないというものではなく、

たとえ独り暮らしであっても、お仏壇を持ち、朝にお水を換えたりして、
ご先祖様との交流の場を持つことで、護られたり、アンテナを立てることになりますから、
開運になることは、事実です。水子供養にもお仏壇は必要です。



叔父が亡くなって、40年ほど経ちます。生まれ変わりが、幸せであることを望みます。



読んでくれて、有難うございます。

感謝いたします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水子供養とお仏壇のこと

2017-09-11 15:31:13 | 水子
明日は、家にお仏壇がある方で、水子さんの位牌が無いという方に、

位牌の書き方、お供え物などについて、書きます。



と、二つ前の記事に書いておきました。ひとつ前の記事で、すぐに伝えたかった曲があったので、ひとつ飛ばしですみません



***************************************

最近は、家にお仏壇があるけれど、どうしたらよいかわからないという方も多いのですが、お仏壇はとても人生の羅針盤になってくれるものです。

お仏壇を整えることで、ご先祖様と自分の間にパイプが繋がり、

そのことはとてもおじいちゃんおばあちゃん含め、ご先祖様方が喜びます。



御先祖様は、お空の上の天国にいる・・と思いがちですが、

なんのなんの、いわば、ふすまを隔てたお隣の部屋にいるようなものです。

子孫が不倫をすると、ご先祖様たちがハラハラしながら、見守るということも聞いたことがあります。

妹も、前にソファで昼寝をしていたら、優しいおばあちゃんの声がして、
「かわいいねえ・・」「○○にやっぱり似ているねぇ^-^」という言葉が聞こえたそうです。誰かと見に来てくれたそうです。



お墓参りでも、お仏壇でも、わたしたちは、こうしてほしい、ああなってほしいとお願いすることがありますが、ご先祖様たちは神様ではないので、
わたしたちと同じ立場か、それより力を持つこともありますが、何より大切なのは、いつも有難う。幸せに暮らしていますよ。ということを

日々伝えることです。幸せになってねとこちらが言うと、向こうからも、幸せになりなさいねとエールが返ってきます。

そしてお仏壇とは、お互いが出会う場所であり、言葉を交わす場所でもあり、こちらから見たお仏壇は小さくても、向こうからしたら、立派なお社に見えるそうです。

だからといって大きさにこだわることはなく、気持がとても大切であり、蜜柑箱をひっくり返して白い布をかぶせて、
その上にお位牌やお水、おりんやお花を置く手作りのものでも、その気持ちが嬉しいということになります。

開運の大きな窓ということにもなります。



お仏壇については、また詳しく書きますね。





水子供養の仕方として、簡単にまとめてみました。



水子供養

自然流産児や人工流産をした赤ちゃんは、親の愛を切に望んでいますから、ぜひ位牌を手作りでお作りになって、

仏壇にかざってあげてください。

その上で、好きそうなお花、水や食物やお線香をあげます。

お名前がありましたら、呼びかけて、話しかけてあげてください。



位牌の作り方は、

良質の厚紙でもよいので、丁度位牌くらいの大きさにきりとり、これに次のように書きます。
御先祖様の位牌があれば、水子さんの場合、それより少し小さめがよいです。

昭和○年○月○日帰幽

○○○○童子之霊



○○童子とあるのは、流産した赤ちゃんにつけた名前です。男女の区別がわからないときは、
どちらにも通じるような名前をつけます。

帰幽というのは昇天したことを示します。



また、そのご家庭に伝わるお経などありましたら、読んであげられても良いと思います。

御先祖様もお喜びになります。



****************************************

参考になれば、とても嬉しいです。



読んでくださり、有難うございました。

感謝いたします






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水子による支障

2017-09-05 10:42:05 | 水子
最近、33という数を多く見るようになりました。

33は、アセンデッドマスター、そして観音様の数字でもあります。



わたしがはじめたささやかなブログは、きっと必要な人のところに届くと信じています。

今日は朝から、沢山のアイデアとエッセンスが降りてきて、コピー用紙にどんどんメモしているところです。

観音様のお導きのままに、書いていきたいと思います。



昨日のブログでも書きましたように、流産児の訴え7つの共通現象ということを、本のままに載せます。



流産児の訴え七つの共通現象

1.大切な時期にやる気がなくなる

例えば来年は学校へ入学するという、最も勉強せねばならない時に、
全然やる気がなくなる、登校拒否をする、生きる希望がなくなり、死にたくなる現象です。
本人はやらなくてはいけないと思うのですけれども、どうしてもやらせない強力な力が働いてできなくなるのです。
これはこの世に使命をうけて生まれでようとした胎児が突然殺されて、何もできない悲しみの姿のあらわれなのです。



2.暗いところが好きになる

例えば昼間はカーテンを閉めきり真っ暗にして寝ている。夜になると活動的になり外出したくなる。

夜の暗い寂しい街をフラフラと何の目的もなしに歩いている。

或いはそのような少年少女が集まり行動する。これは胎児が暗いところでさまよっている状態の映しです。



3.赤ちゃんや幼児の好きなお菓子をやたらに食べたがる。牛乳等をむやみに飲みたくなる。

これは胎児があの世でお腹が空いて牛乳やお菓子を食べたがっている姿なのです。



4.手足が氷のように冷たい

極端になると夏でも「あんか」がないと寒くてねつかれないというようなケースもあります。
これは胎児があの世で寒さにふるえている訴えです。流産児は裸のままで捨てられたのです。



5.親に反抗する

例えば親の顔を見るとイライラしてくる、親を殺したくなる。親に死ねと言ったりする、親に暴力をふるうようになる、
これは親に殺された胎児があの世で親を憎んでいる姿なのです。
親殺しの衝動は他の条件がなくとも水子の訴えとして見てまず間違いありません。



6.孤独で寂しそうにしている

例えば友達が来ても独り部屋にとじこもって外へ出なくなる。逆に家出をして独りさまよい歩いているうちに死にたくなる。
これは胎児があの世で親、兄弟から忘れられ独り寂しくさまよっている状態のあらわれです。




7.無駄な金を使うようになる

例えば競輪、競馬をして、サラ金に手を出し巨額り負債をつくる。こ
れは経済的理由で中絶した親の自己処罰からその子を育てる費用を無駄に使ってしまうのです。



以上の7つの特徴が、流産児の影響による問題児にはみられます。勿論、例外もありますが、
これらのいくつかに該当する場合は、まず流産児が原因と考えてもよいでしょう。



***************************************************************************



朝のニュース番組で、性教育についての話題がありましたが、

学校側が性教育をしようと何度か授業を試みたのですが、

そのたびに、父母からの抗議があり、とん挫しているのが現状ともありました。



我が家の子たちも、女の子は、体育館に集められて、思春期に差しかかる時に必要な知識を得ているようですが、
世間やモラルとか色々複雑な現状から考えて、いわんやこのブログのような、
水子や流産、堕胎に関する知識は、授業としても難しいと思いました。



しかし、一番大切なのは、ここなのです。



例えば、昔はインターネットの発達もなく、わたしたちの子供の頃は、書店に並ぶいわゆる雑誌が、教材となったものでした。

性行為に関して、何も知らぬ人も、特に女性は多かったと思います。

しかし、今の子供の年代を見ると、我が家にも中高生がおりますが、本当にどこから仕入れたのかと思うほど、男の子は特に色々と知っています。

女の子にしても、スマホでいくらでも検索出来、性に関する指南書のような記事も、探せばいくらでも出ていることでしょう。



学校が教えるまでもなく、子供たちは、大人たちが思うよりも一歩も二歩も「性行為」に関しては、先を歩いてしまっています。

学校が今教えることはただ一つ、



「産み育てる覚悟がないうちは、避妊せよ。」



極端な話、これだけのように思います。



避妊しないと、どういうことになるのか、女性はどのように辛い経験をすることになるのか、
堕胎手術の現状、その時の胎児がどのように苦しみ死んでいくのか。。。



無理でしょうけど、例えばそこまで教えられるのであれば、

性行為に対して、少し壁が出来ると思うのです。

スポーツのように楽しむものではなくなると思います。



少なくとも、お腹の中で胎児がどのように育つのか、

「人間でも魂でもない」という都合の良い言い方を変えて、



「胎児もわたしたちと同じ人間そのものであり、

宿った瞬間から、女の子はお母さんになる準備がはじまり、

胎児も子供になる準備を始める」



くらいは、教えてあげてほしいです。



子供たちは、賢いものです。

教えてあげれば、素直に受け取ります。

とてもシンプルなことなのに・・と思うのは、わたしだけでしょうか。



命の尊さを思うとき、目に見えないものに対しても深い愛情を注ぐこと、
それこそが道徳だと思ってやみません。



読んでくれて、有難うございました^-^感謝します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堕胎を経験しての子育てに苦しむ方々へ

2017-09-04 17:19:36 | 水子
アマゾンにて、水子さんや、今の中絶のテーマになっている本を探してみても、本当に数えるほどしかありません。

あっても、昭和のもので絶版になっていたり、残り3冊で1万円の値がついていて、入手しにくいものが多いのです。

それでは、いつまでも、頑張っていても謎の苦しみや現象(子供の反抗、ノイローゼ、親になるはずだった人の不幸)に襲われる人が後を絶たないことになり、そもそも堕胎というもののリスクを知らない、若い人たちが増えるばかりです。



ですので、わたしは、ランダムにいくつか本を購入し、このブログでそれぞれの筆者の方が伝えたかったエッセンスを、これからお伝えしていきたいと思います。



読み物として、知識として、読んでいただければ幸いです。





今回より抜粋させていただく本は、

「流産児よ安らかに」楠本加美野 著 という本からです。



******************************************************



親から虐待され、のけものにされる「マイナスの差別」も、甘やかされ期待をかけられすぎる「プラスの差別」も、良い結果を生むはずはありません。
プラスとマイナスの中間に、
「親が本当は産みたくなかったが仕方なしに産んだ」といった種類の「差別」についても指摘しておられます。
こうした「差別」が積み重なって、子供の心をむしばみ、些細なきっかけから、
無気力や自閉症や登校拒否、反抗や暴力や非行へと子供を追いやる結果を招くのです。

これを見ましても、いかに子に対する親の心の姿勢が大切かが、おわかりいただけると思います。

親たる者、問題児のあるなしに拘わらず、まず、この心の姿勢を、静かに反省してみるべきではないでしょうか。



ことに家庭の中で、「マイナスの差別」の最大なるものが、堕胎です。
これは父母から(または母から)殺され捨てられた子供ですから、産み育てられた「プラスの差別」の子供と比べると、
月とスッポンほども違います。その結果として、とくに「経済的理由」による安易な堕胎(人口中絶)の被害児たちは、
苦しみや悲しみの生活を送るということになるのです。

このような子どもたちの中で、マイナスの差別のものは霊界で苦しみますが、プラスの者も、現実界で苦しみます。
それは親の過大な期待が一身に及び、進学学校へ行くことを強制されたり、実力以上の成績を要求されたりするからです。
さらにまた大きくなると、父母が子供を、時には自分の都合で殺すのだとわかり、信頼感や尊敬心が消え失せて行くものです。
自分の兄弟がそのような犠牲者であったということは、自分もまた兄弟たちと同じ立場であったかもしれないのだということで、
それが自然にわかってくると、やがて彼らは大人たち全般を「信じられない」という気持ちで見るようになるからです。

そして、彼らは、やがて非行や暴力などの形で、「死んだ兄弟」になりかわって、その仇を討ち始めることになるわけです。

また、親たちも、心の奥底にわだかまる子殺しの罪を、そのような問題児によって苦しむことにより、自己処罰して、その罪を無意識のうちに注ごうとしているのです。

まことに悲しむべき人生ドラマ~業の流転~と言わなければなりません。



しかし、それは水子のたたりではありません。怨念でもありません。
これは、霊的には中絶児が問題児の姿を通して親に自らの存在を認めて欲しい、愛して欲しいと訴えている姿なのです。
子供は親を愛していますから、愛している親に愛してもらいたいのです。
その愛されたい思いが満足されないという形をとって、親を困らせまず自らの関心を引こうとするのです。
それと同様に、親に殺された水子はどんなに親の愛を求めているかわかりません。あの世から親の愛を求めて反抗しているのです。
それをこの世の兄弟たちを通して訴えているのです。
ですから、こうしてケースの場合には、この世に生きているその子を良くしようと思っても問題は中々解決しません。
それでは、こうしたケースを見分けるにはどうしたら良いでしょうか。
わたしは10年近く流産児供養の先導と説明をしております。個人指導もしております。
そして幾多の問題が劇的な解決をみました。わたしは、その指導体験を通して、中絶児の訴えには共通した現象があることがわかりました。



*********************************



本書によると、7つの現象があるそうです。次にご紹介したいと思います。



読んでくださり、有難うございました。

参考になることを願っています。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水子とは

2017-09-01 10:25:38 | 水子
現代人のわたしたちに共通する癖として、



「自分ごとと思わない」



というものがあります。



世界で巻き起こっていることも、日本で起こっていることも、

いざ自分の身に起こらないと、気付かないほど、毎日が忙しい。



いざ自分の身に起こったとき、自力でどうにかするということより、

周りを見渡し、他力に頼ろうとする癖もある。



眼に見えない何かを見ようとしないのに、

いざとなると眼に見えない何かに頼ろうとする。



水子さんのことにポイントを置くと、

「眼に見えない何か」という水子さんについて考えた時、

まず、水子さんとは何かということも不可解だと思います。



それもそのはず、学校の授業では皆無ですし、

書籍もほとんど出ていません。

では、タブーなことなのか・・というとそうでもありません。



そう、水子さんは、タブーでもなんでもなく、

「生まれるはずだった日本人」のことです。



アメリカであれば、

「生まれるはずだったアメリカ人」。



わたしたちのいる、祖国日本に、大切な人材。

わたしたちの家族、子供、兄弟、従妹になるはずだった人。



もし生まれていたら、

何十年も一緒に暮らし、生きて、言葉を交わすはずだった「今、どこかで暮らすあの人」のことです。



どこかで・・と書いたのには、意味があります。

水子さんのいる場所は、その供養によって、行く場所が違います。



親である方が、心から供養した水子さんは、天国に。

親である方が、供養を忘れている場合は、暗い、冷たい、寂しいところにいます。



もし、

何かの事情により、「こちらの都合で葬ってしまった魂」は、

その「葬られる時に味わった苦しみ、痛み」を抱えて、

そのことを一番身近な人に、いろんなシグナルを持って訴えてきます。



ここまで読んだ方は、

「水子は怖いもの」



と思われたかもしれません。



でも、ここからの文章を読んでもらえれば、

怖いという気持ちは無くなることと思います。安心してください。



まず知るべきは、

水子さんは、「人間」ということです。



わたしたちと全く同じ条件で、同じ心を持ち、同じく人生の青写真を持ち、

自分と同波長の人間を、親と思い、頼って宿った命そのものです。

天国で、お空の上で、産まれるために並んでいた人です。



わたしたちは、こう思ったら都合が良いという方便のもと、

水子さんのことを、「人間でも仏でもない」という風にカテゴライズしてきました。

日本同様、海外でもその風潮が強いといえます。



そう思えば、そう言えば、

とりたて供養の必要もありませんし、後々苛まれる必要もありません。



若い方は、誰もそういうことを教えてくれませんし、

そういう方が親になっても、同じことです。

でも・・生まれながらにそれを知っているという人もいます。

そういう人は、もし自分が流産、もしくは堕胎したときは、

自ら進んで供養していきます。自分でなくても兄弟でも、従妹でも同じことです。



何か水子さんのことを、もののけのように思う必要はなく、

先祖や、亡くなったおじいちゃん、おばあちゃんと全く同じところに

いるべき魂ということを知ってください。



そして、それが出来るのは、その心が唯一届くのは、

直系である人間、そして、その魂をこの世に送り出すはずだった、お母さんです。



「水子ができたから、すぐにあのお寺に頼んで供養してもらおう。」



供養という意識では、それは間違っていません。

しかし、これからこのブログで紹介していく供養の方法が、

これからの悩める方々、そして水子さんの大きな喜びと安心に導くことを

望みます。



読んでくれて、有難うございました。







大船観音のお導きにて、書かせていただきました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加