産むことに迷う人、産みたい人、堕胎・水子供養のこと

産みたいけど迷っている人、水子さんの供養のこと、堕胎のこと、
命のサポーターとして、役立つ情報を載せています。

自分の特性を知る方法

2018-07-26 07:36:14 | 大切なこと
「自分のことはよくわからない」-



皆さんよく言われますし、わたしもそう思っていました。

けれど、昨日長女を迎えに行った帰りの車の中で、突如分かりました。



自分の特性。

わたしは、「調整役」だったと。



長女だから、トップで走り続けるというのは、自分に課したものでした。

今自分を見てみると、周りの人たちの調整をしています。

このお仕事も、そうです。

鑑定の相談も、「調整」

石のことも、「人と石のエネルギーの調整」

繋ぎ役というものも、調整ですね。



プライベートでも、相談を受けて、エネルギーの調整、感情の調整を気付いたらしています。



周りを感じて、見て、繋いだり、相談に乗ったり、落ち着いてもらう。

そんな役割なんだなあと思いました。



自分の特性を知る方法は、今の自分の在り方、今までの在り方を、

客観的に眺めてみることです。

すると、一貫してよく同じことをしてあげていることがあります。

それが、無意識に自分の役割として、神様から預かった役割だと思うのです。



例えば、わたしは人にしてあげてばっかり・・と思う人でも、

あなたがしてくれたから、相手がスムーズに生きられたというのであれば、

その人は、「世話役・面倒見役」の人だと思います。



なんで自分損ばっかり・・と思わず、ついついその役割にまわるということを

ポジティブに考えてみてはいかがでしょう。



リーダーだけが秀でているわけではありません。



ついていってあげる人がいるから、リーダーが成り立つのであり、

観てくれる人がいるから、舞台に立てる人がいるのであり、

どんなことでも「役割」の「型」が自分の中にあるはずです。



それを今後は、プラスに活かしていくといいと思います。職業でも。



人にしてあげられる、合わせてあげられる人は、立派な人です。

魂の上での承認のもと、してあげていることが沢山あります。

それこそが優しさであり、度量なのではないでしょうか。



わたしは調整役でした。

リサイクルも調整ですね。



お手もとにある、もう古いな・・と思うブレスレットを

調整によって蘇らせることも、していきたいと思います。



読んでくれて、有難うございました^-^




コメント

自分を信じるということ

2018-07-14 08:26:17 | 大切なこと
最近、町会の組長をしているのですが、回覧板に変な書き込みをしてくる人がいて、

多分お年寄りだと思いますが、非常に不快でした。



自分の気持ちも、なんとなくこの暑さやらで、落ちているのを感じていました。

でも、いつもなら、色んなポジティブに変換しようとするのを、今回は流されてみようと思いました。



今日の朝、頭の中に、「信」という墨で書かれた大きな文字が浮かびました。

両目から涙が出て、もう逃げられないと思いました。



大げさですが、「自分を信じる」という大切なことから、逃げてきたように思います。



「私だから、大丈夫。」

「私だから、周りの人たちも良い人。」

「私だから、楽しい人生を送れる。」

「私だから、愛されている。」



たったこれだけの言葉を信じられないのか。



信じるために、努力を重ねてきて、やっぱり今、幸せなんです。

でもそれは、親の努力だったり、ご先祖様の徳だったり、自分が頑張ったからだと思っていました。



そして、それを続けていかなければと思っていました。



でも、何もなくても、証明しなくても、今自分が幸せということは、

そもそも愛されている、憂いのない自分が、厳然とあったということ。



「自分に護られて、自分は生きてきた。」



初めて、こんな言葉が出てきました。

自分の中にある素晴らしい自分。



みなさんの中にある、神性なる自分。



それが、それぞれを、護り、導いてきた。

もちろん守護霊様の力もある。

でも、自分だったからここまで来れた。



それは、わたしが素晴らしかったから。

それは、あなたが素晴らしかったから。



それをずっと信じられなかったし、

受け入れられなかった。



でも、天国にいる父が、教えてくれたのだと思います。



人が死んで悲しい。でも、大いなる味方が天にまわって、

わたしを助けてくれる。



そう思えるようになりました。




コメント

断水時のトイレ対策

2018-07-10 13:14:30 | 被災地
断水時のトイレ対策

https://ameblo.jp/higuminfamilly/entry-12389679423.html




良い情報を有難うございます。




わたしも今日、トイレットペーパーや、お水、缶詰などを買いました。

いつもより少し多めに買う日々です。

水は実家に届けたりします。



災害が起こってから慌てて揃えるのも、仕方のないことです。

そんな暇なく、毎日を働きづめの方々も多いのです。


でも、余裕のある人は、今のうちに、商品補充の出来るうちに、しっかりと買って、

災害が起こってからは、時間の余裕がなくて揃えられなかった人たちに商品を譲りたいと自分は思います。


沢山買うことは、何もない時に買っておくことは買占めではないですし、

沢山買っておくと、もしもの時に、近所で困っている人、お年寄りの方に配ることも出来ます。



うちは5人家族なので、譲りあいが必要な時にスーパーに駆け込むと、

沢山買ってしまうことになります。そうならないように、なるべく今のうちに、揃えられるものは

揃えたいと思っています・・・。



最近、ちょっと変わった雲を子どもたちも見るようになりました。



何事もありませんように。



そして、今被害に遭われている方々が、色んなことを解決してゆけますように。
コメント

マンパワーのある人が賢いとは限らない

2018-07-04 11:11:35 | 大切なこと
これは、今まで、わたしが経験してきたことをベースに、思ったことです。



組織の中で、お役を自ら引受け、

組織をまとめる人。

とても多忙で、かつ人望もあるように見える人。

マンパワーがいつもあり、人一倍動き、人に指示を出し

仕事が出来ると思われる人。



わたしは、こういう人も好きです。

また、こういう人がいるからこそ、組織も動くのだと思います。



ただ、そういう人がすべて、人の心を理解する、人として賢い人か・・というと、

そうではありません。



リーダーたる人が、すべて、人間的に出来ているとは限らない。



忙しいからこそ、人の小さな気持ちに気付いてあげられないこともある。

多くの人を束ねるからこそ、その、束ねるということにパワーを集中する必要がある。



本当はゆっくりあの子の話を聞いてあげたいけど、時間がない・・という方も多いと思います。



その上で、マンパワーでグイグイ押すと、気がついたら大切な人が離れていたということも、あります。



逆に、



縁ある人を大切に、その数は決して数は多くないけれど、

今自分の周りにいてくれる人を大切に思う人。

あの人、不器用だよね、もっと器用にやればいいのに・・と思われても、

真っ直ぐに物事を考え、その自分の理念に従える人。

もっとうまく言って、誰かを動かして、その人に言ってもらったりすればいいのに・・と

言われても、

それは出来ないと、自分の気持ちをまっすぐ伝える人。

損をしていると思われている人。

そして、誰よりも真心のある人。



そういう人の周りには、優しくて賢い参謀が付くのです。



また別に、町会の集まりで、リーダーの方に、四十九日のために会議を途中で抜けますと言ったら、





「あらやだ!!!」



とびっくりされ、「申請すると町会からお金が出ますから。同居?」



と聞かれましたが、話はそれで終わりました。



「それは大変でしたね・・」という一言は、どんな時でも大切なことに気付きました。



あらやだのリーダーや、今まで接してきた、リーダーと言われる方々、

この方々に共通するものがいくつもありますが、



真のリーダーになるということは、時間がかかることだと思います。

人は、人の上に立つと、気持が良いものです。

自尊心も上がり、大変な中で、貢献度も期待度もひっさげて、

生きているという実感もあり、実際大変です。



だからこそ、気持のとりこぼしの無いように

気をつけることが必要に思います。

人の気持ちに敏感なリーダー。



色々見てきましたが、

マンパワーのある人が、リーダーとは限らないのです。



わたしはリーダーと名のつくものではありませんが、

一人の人間として、

真っ直ぐ生きる母のように、

真っ直ぐに優しく、

損して徳とって、

愚直に、その上で人として賢く生きて行きたいと思いました。




コメント