産むことに迷う人、産みたい人、堕胎・水子供養のこと

産みたいけど迷っている人、水子さんの供養のこと、堕胎のこと、
命のサポーターとして、役立つ情報を載せています。

結局自分のことは自分で味わうしか・・ない。

2018-08-19 12:54:40 | 夫婦
一週間ほどあるお盆休みも終わり、会社員である主人の長い一週間が始まります。

子供たちはそれぞれ部活や宿題の追い込みに入ります。

そしてわたし(母)の待ちに待った9月・・夏休みが終わり、自分の空間がもうすぐ、戻ってきます。



わたしは主人が大好きなので、どうしても主人の辛い気持ちが伝わったり、

とても疲れた身体の調子が伝わってきて、自分までブルーな気持ちになったりします。

一緒にいるだけでいいから、一緒にいたい。何をするでもなく、のんびりと一日一緒に過ごしたい。



その時間の流れは、老後に来るのでしょう。その時にはまた違う課題がやってくる気もしますが、

今はとにかく、休ませて好きなことをしてほしいと主人を見てて思うのです。



それが自分の痛みになり、じっと耐えている自分を、もう一人の自分が静かに見ていました。



そして今日の朝、なんか、

こういうの辞めたいなあと思いました。



わたしがいくら、共感したとしても。

主人の大変さは変わらない。

忙しさも、変わらない。



ならば、一緒になってうーんと思うより、

わたしは元気に、わたしは幸せな笑顔で、

過ごしたほうが、いいのではないかと。



当り前のことが、相手が好きだから出来ない。

大切だから、申し訳ない。



でもわたしは、あなたにはなれない。

あなたの課題をわたしが味わうことは、ナンセンス。



わたしの課題をあなたに押し付けることも、ナンセンス。



夫婦といえど、並行して違う道を、

手を繋ぎながら歩いているのかもしれないね。



わたしの手がいつも温かいように。

温かい手が、あなたにいつもあるように。

わたしは、少し「思い」を離すよ?



結局自分のことは自分で味わい、

責任をとり、そして成長していく。



あなたたちのその成長に負けないように、

わたしも頑張りますよ。自分のために^-^


コメント

夫婦関係のコツ?

2017-10-10 10:09:35 | 夫婦
生きていて、たまに、自分のここが好きだ・・という場面に遭遇することがあります。

本当に小さなことです。でもわたしにとっては大切で嬉しいこと。



それは、この間、主人と一緒に朝の散歩に行ったときのことでした。

最近、毎週土日、時間がある限り、主人は朝の散歩に行きたがるのです。

気持ち良い季節だし、その時には必ず産土神社に行きます。

最近主人は、小さなビニール袋を持ち、産土神社の参道の枯れ葉を拾うようになりました。

わたしも先週までは、反対方向から拾っていたのですが、一昨日の土曜日は、

参道ではなく、その近くの戦没者の慰霊塔や、神社の境内に乗っている枯れ葉を取ることにしました。

なぜそうしたかというと、参道の最後まで、主人が自分でやり終えたら、達成感があるではないかと。

わたしがすると早く終わりますが、一生懸命拾っている主人を見たときに、

これを一人でやりきることで、何か成就した気持になったら嬉しいと思ったからです。仕事で悩んでもいるし。

小さいことでしょ(笑)けれど、わたしは、主人に対する自分のこういう思いやりを感じるたび、

自分が少し好きになります。主人を大切に思っている気持ちの確認と、よく気付きましたという褒めですね。

同時に、絶対この人の母親の時があったな・・と再確認したのでした。

夫婦になったとき、女はどこか母親であり、男はどこか、子供になりたがる。

表面では男はかっこつけたがるし、女は大切にしてもらいたいと願う。

でも何かの時に、女が母親になれて、男が子供になって、精神的に甘えることが出来たら、

すごく幅のある夫婦になれると思うのです。

女性からエネルギーをもらって、男性はまた頑張れる。

女性はその頑張りにしっかり甘える。そして男性の気持ちを受け止める。



そのサイクルになると、円滑に関係も進むと思います。

夫婦の形も沢山あるので、ご参考までに^-^




今日も良い日になります。

読んでくれて、有難うございました。


コメント