水子供養と戒名のこと

時代とともに、お葬式の在り方、戒名の考え方にも色んな意見や変化があります。
水子供養のことなど、記事にしております。

詩 ワルツ

2015-02-28 08:28:08 | 
ワルツ

あーだこーだおしゃべりしながら
体中に水滴をつけながら
みっちゃんが素っ裸で
リビングに入ってきました

「バスタオルまぁだー!」
素っ裸のけいごくんが
つづいて出てきました

「ゆうくんの頭洗ってー」
ふりちんのゆきおくんが
トコトコ出てきました

ちょこっとパソコンに座りたかったんだけど
まだまだ甘い虹のかかるリビングです

秋の鈴虫が
負けじと鳴き
観葉植物には
カマキリが2匹
抱き合ったまま動きません

今が一番良いときよと
通りすがりのおばちゃんに言われました
髪振り乱す時期が過ぎ
言いたいことを
まあるい口をして言うあなたたちと

いつまで
バランスの悪いワルツを
踊れるのでしょう

時間は待ってくれず
あっさりと舞台は回る

だから今
書きたいのです
ワルツが終わっても
この詩を読むたび
心のワルツが始まるように・・・
(平成二十年十一月)
コメント

みっちゃんからのお手紙

2015-02-27 09:49:20 | 
みっちゃんからのお手紙

お風呂に入る前に
けい兄ちゃんのお尻を
ママがふざけて触っているのを
みっちゃんは ふくれて見ていました

ご飯になって
卵どんぶりをよそうママに
「それ今日幼稚園で食べたんだけど! 」

カチンときたママは
「じゃあもう食べなくてよろしい」と
みっちゃんの分だけ
よそいませんでした

「いただきます」をして
みっちゃんだけ 隣の部屋で
絵を描いています
けい兄ちゃんが
「おかあさんのバカって書いてるよ」
と言いました

黙って食べていたら
みっちゃんが つと立って
お手紙を渡しました

お花畑に満面で笑う女の子
大きな文字で
「おかあさん だいすき」
きの文字が反対です みっちゃん
ママはみっちゃんを足ごと抱っこして

「ママもみっちゃん大好きだよ! 」

やっと やっと
ごはんの味がしました

コメント

詩  おいもとみっちゃん

2015-02-25 18:35:29 | 
おいもとみっちゃん

こうしてね 葉っぱさんに向って
毎日 綺麗だね 元気だねと言ってあげると
葉っぱは元気にピンピンするんだよ

そうか!
目を輝かせて圭吾くんは
観葉植物を拭いているわたしのところへやってきて
葉っぱをいいこいいこしました

そうか!
お兄ちゃんにつづいてこっちに走ってきたみっちゃんは
しゃがみこんでいます・・・

どうしたみっちゃん?

みっちゃんは 泥がついた
さつまいもを
一生懸命撫でています

ハハハハハ!
圭吾君の弾けるような笑い声と
みっちゃんのニカッとした笑顔

散らかった部屋も
輝きました

         (平成十八年十二月)
コメント

信じて委ねたら妊娠したお話

2015-02-23 09:42:22 | スピリチュアル
昨日たまたま読んだ本に、妊娠のことが書いてあって、

妊娠をしたいしたいと思っていて、それでもずっとできなかった御夫婦が、

小林正観さんの、



人間の一生というものは、生まれながらにして自分でシナリオを書いてきているので、すべて決まっている。

予定通りのことが起きている。だから過去のことをクヨクヨする必要もないし、未来のことを心配する必要もない。

ただ、「念」を入れて生きていけばよい。

「念」という文字は「今」の「心」と書く。つまり、今、目の前にいる人、目の前に起きていることを大事にして

生きていけばよいのだ



という講話を聞き、気持ちがすっきりして、楽しくなって、心豊かな日々を送るようになったところ、

8年間出来なかった子供を、突然に授かり、妊娠したとのこと。



そして、もうひとり欲しいと思ったところ、また色々な治療をしたけど授からず、

またそのことを思い出し、



「そうだ、全部決まっているのだから、自分のシナリオに身を委ねれば良い。」と思い、

そこからまた一段力が抜けてホッとして楽になったところ、また妊娠したそうです。



力を抜いて生きること。頑張って、執着して、そうでなければイヤだと思っているときは、

そうならない。結局力を抜いてお任せした途端に、あれほど望んでいた子供を授かったということは、

神様がわたしにそういう法則を教えてくれているのだと思うという、体験した方の言葉です。



チカラを抜くと、自然なチカラが加わる感じがします。

それが、色んなことをうまく解決してくれるパワーだと感じます。



無理して、自分を大切にしなくてはと思うより、

委ねて好きなことしよう♫と思うほうが、楽だし、自然ですね(^-^)




それは、結婚も、子供のことも、家族のことも、友人のことも、

コントロールを解き、信じて委ねることだと思いました☆.。.:*・



コメント

クローバーの葉の気持ち

2015-02-22 13:39:48 | 
クローバーの葉の気持ち

うららかな日に
クローバーのもとへ
小さな男の子が近づいてきました
小さく柔らかな手で
クローバーを摘み
小走りに家に入りました

ママに渡すんだ
喜ぶかな
喜ぶだろうな
男の子の柔らかな手と
真綿のような気持ちが
クローバーの気持ちも包んで・・

遠くなる意識の中で
クローバーは笑って
さらに
青く光りました

ママ
ヨロコンデクレルカナ

今も家に咲く
一輪のクローバーの気持ち
ママはしっかり
受け止めたよ・・・

          (平成二十年五月)

あの頃は、本当に子供たちも、色々と摘んでは帰ってきてくれました。
今は真っ黒な靴下など、洗濯物がお土産です(笑)
でも、しっかり育ってくれることが何よりの親孝行ですね(^-^)
コメント

おもいやる。

2015-02-21 14:53:11 | 気付き
主人とスーパーに買い物に行き、チカという小さなお魚をフライにしようと思ったけど、
内蔵とかそのままあげちゃっていいんだろうけど、一応聞こうと思い、
魚をおろすところにいるおばちゃん(見た目50歳くらいかな)に聞いてみた。

すると、おばちゃん、半笑いの顔になり、近くのおばちゃんたちに「ねえ・・」という顔をして、
「内蔵は取りませんよ。内蔵とったら(半笑い)身がくちゃくちゃになっちゃうでしょう?」
と言ったあと、普通わかるでしょうって顔でまたしたり顔をした。


「あ、そうですね。わかりました。」

と笑って答えたけど、腹の中は久々に沸るぜ。


もんもんしながら家に帰ったけど・・

でもあの時の風景を思い浮かべて、はーーんと納得したことが。


あのおばちゃんの横に、孫のような息子のような男の子がいたんだわ。

あれがもし、息子だったら・・・

と、ちょっと思いやってみた。


きっと、息子の前だから、ちょっといい顔したかったのかも。
色々知っている、おばあちゃんだかお母さんだかわからないけど、
ベテランの顔をしたかったんだね。


そう思えば、あのおばちゃんの立場で、近くに圭吾がいたら、
きっとわたしもそうするかなぁ。。


。。。いや、しねえな(笑)

わたしなら、ニコニコして、
「そのままあげちゃって大丈夫ですよ(^-^」」

って一言で終わりにするわい。



でも、良い良い。


これで終わり。いいじゃん、いい顔出来たんだからさっ。


って週末。


今日の夜は魚のフライ祭りじゃーー☆.。.:*・
コメント

詩 カマキリ

2015-02-20 16:36:06 | 
カマキリ

虫好きの圭吾くんが
茶色くて大きいカマキリを
観葉植物の葉の上に住まわせました

思いきり嫌な顔をして
ブーブー言うママを見て
悲しそうに圭吾くんが
目を伏せました

何気なく見上げたカマキリ
コショコショ手を動かして
首をかしげる
いじらしい仕草に
思わずママは

「一生懸命で圭吾くんみたい。
かわいいね。」

向こうからキラキラした目をして
やってきた圭吾くん
カマキリを大事そうに手の中に入れて
「かわいいでしょう。」と
大きな前歯をのぞかせました

うまくものが伝えられなくて
でもママが大好きで
虫に愛情を注ぐ圭吾くんが
ママは大好きです
いつまでも
小さきものを大事にしていってください
そしてママも
あなたのように
自分より小さき者たちを
大事にしていきます

あなたに約束したい
ママより・・・


(平成二十年八月)







今、息子は中二です。中二病であり、ドラゴンボールのように、口を開くと強くなりたいと言っています。




でも、この圭吾も、今の圭吾も、本質は同じ。全く変わっていないことに、今更ながら気づく母でした(*´∀`*)
コメント

詩  いたたた・・・

2015-02-19 06:39:43 | 
いたたた ・・・

友人宅の玄関で
ガシンと頭をぶつけた
誰もいなかった
誰もいないから
痛みと自分だけ
シンとした白い時間の中で

神様
何か
私に至らない点があったのでしょうね

昨日もおとといもペシンと叩いた
圭吾の頭
幸生の頭
このぐらい痛かったのかな・・

上を見ると
サンサンと降り注ぐ光
おてんとぉ様は
いつでもわたしを見てるけど

気づかせてくれることはあっても
叱ったりすることはないんだね
気づいたから
ちょっと優しくなるわたしがいる

たんこぶを
そっと撫でました

(平成二十年十一月)
コメント

ゆるーく

2015-02-18 09:30:59 | スピリチュアル
今までは、家族のことを自分の分身のように思い、夫の体を自分の責任のように思ってきたけど、
なんか最近、それも違うなぁと思うようになりました。
自分のことは、すべて自己責任だから、人の分まで心配したり、気を張ったりするより、よりよいアドバイスはするけれど、なるべく彼らも自分も、自立するように、手を抜くところは抜こうと思うようになりました。
昨日、娘が、すぐ近くの整骨院に通うのに、一緒に来て欲しいと言ったから、
一回目は行って、もう症状も掴んだから、あなたひとりで行きなさいと、つっぱねてみたら、
はい~てな感じで、素直に行きました。

テレビを見てても、なんか、すごくグローバルに世界を捉えている立派な人が多いように思うけれど、
それも、彼ら個人のメガネを借りてみたら、やはり自分の把握する部分っていうのは限られていて、専門的なところをグローバルに考えてはいるけど、私生活は狭かったりで、そのどこをコアに見るかということで、世界の見方や幸せの感じ方も変わると思うのです~。

わたしなんか頭が硬いし、なるべく頭がやっこくなる(柔らかくなる)世界を取り入れて、ほっこり過ごすことが、今世の目的のような気がしてならない。

最近ね、わかるんですよ。天使たちが、「休め~オラ休め~」と言ってるのが。

それに顔を背けてきたわけですが、この環境上、自分で休めと命令して休まないと、
子供親仕事含めて、誰かが手を貸してくれて休める環境は無いぞと。
だから、ひとりでいるときは、ゆるゆるに過ごそうと思いました。

年がら年中、家の中でせわしなく動き回る、お友達のお母さんが、
定年後のお父さんから、
「お前はもうっっ、森にでも行けっっ!!」と言われたそうですが(笑)、

自分に課すことが世界になるわけだから、
やっぱり、愛子さん抜くときは抜かなきゃねと思いました。

自分の好きなことや、目標にしてることだったら、
どんなに動いても疲れない。
でも、やらされ感満載なことや、本当はしたくないことだと、
本当に疲れる。

40過ぎて、それを顕著に感じます。
前騙せた感情が、今は騙されない。

そしてそれが顔に出やすい(笑)

これも訓練だと思って、過ごしていきます(*´∀`*)


コメント

詩  200まで

2015-02-18 09:04:17 | 
二百まで

「京子お姉ちゃんとパパがいないと
なんだか暗いね」

夕食のときに圭吾が言った言葉に
わたしはうろたえました

お客様が帰って
いつもの我が家
早くしなさいと急かした夕食

傷つきながら
その通りかもねと
謙虚に受け止めようと思ったとき
いきなり圭吾が言いました

「お母さん
二百歳まで生きてね」

こんなママでもいいのかな
怒った顔でご飯食べてるママでも
いいのかな

口々に
二百歳まで生きてねという子供たちに
背中を撫でてもらってるような
そんな気持ちになりました

「ああ。いいよ!!
二百まで生きるよ」と
男らしく応えるわたしがいて

時間が限られていることも
知りました・・・

未来に行くことも出来ない
過去に生きることも出来ない
今しかない
今も過ぎ去ります

叱ってばかりのママです
でも
自分が死ぬまで
一緒にいて欲しいと
無条件で言ってくれた

日々
無条件の愛を
目の前で見せてもらっています

花が咲いたよ
摘んできたよ
学校からお野菜とってきたよ
美味しい?ママ
綺麗でしょ?ママ
ママ大好き

あなたがたの愛に
半分も応えられてないかもしれないね

せめて

二百まで生きるよ
大きな手と
枯れた手になるかもしれない
でも
最後まで
しっかり握ろう

二百まで・・・    



‘(平成二十年十一月)
コメント

詩 ・・・の中に

2015-02-17 07:08:21 | 
・・の中に

君はさっきから
膨れっ面がなおらない
頬に水滴を残しながら
泣きつかれて
目の前の渋滞
車だけを見つめている

ボクは
ダンプに囲まれた車の中
君の濡れた頬にさわる
君は驚いた目でボクを見上げて
ボクは鼻と鼻をくっつけて
それから優しく
君のプックリした唇に
キスした後 頬を重ねた
君の頬がばら色になり
嘘のように笑いながら
ママ大好きを繰り返す

愛の中に恋が住む
いつかはわたしの手から出て行く君

気持ちの綱引きの恋など
人と人としての心からの
尊敬ある抱擁の前には
すっぽり包まれて
溶けてしまう

ママ嫌いのコトバの裏に
ママ大好きが潜む
嫌いという言葉は
ボクが君を強く抱きしめただけで
君が片手で握りつぶす

嫌いの中に愛が住む

綱引きのように引っ張り合うけど
嫌いは
愛の胸に飛び込むことを
心から願いながら
思い切り
綱をひっぱるのかもしれない


(平成二十年十一月)
コメント

詩  みっちゃんの涙

2015-02-16 15:12:46 | 
娘が小さい時に書いた詩です。

みっちゃんの涙

ドラエモンスペシャルで
ドラエモンが
帰ってしまったのでした

そのつかの間
ノビタはドラエモンとの思い出に浸ります・・
素敵な音楽にあわせて
ママはお好み焼きをほおばっていました

向こうを向いているみっちゃんが
ティッシュをかじりながら
涙を拭いています
心臓がトクンと鳴ったママは
後ろからそっと近づき
みっちゃんをのぞきました

目を濡らしたみっちゃんが
テレビを見つめながら
ママに寄りかかってきてくれました

アニメを見て
こんなに泣けるようになったんだね・・・
ママは遠慮なくみっちゃんを抱きしめます
「素晴らしいねみっちゃん。
泣くみっちゃんが素晴らしいぞ!」
つられて益々泣くみっちゃんです

この感覚を
死ぬまで持っていってね
ちょっとのことでも
人の為に泣いてあげられた
あなたの
最初の涙を
ママは忘れません・・・
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2015-02-11 15:43:08 | スピリチュアル
昨日はホスティングエンジェル最終日で、青少年の会議もありました。
天使さんたちに一緒についてきてもらったのですが、そこでまた面白い現象☆.。.:*・

今回の会議は、それぞれグループにわかれて討論するってやつだったのですが、
いきなり副会長が、班分けの時に、
「はいではみなさん、立って一列に並んでください!」

と、ここまではよかったんだけど、
次よ。

「はーいでは、目の前の人の肩に手を置いて〜!!」

?

電車ごっこでもすんのか。


「は〜いそれでは、その肩を揉んで〜♥」


そしてわたしは、しゃべったことのない、顔もよく見てない目の前の男の人の肩を
揉みしだく運びとなりました。

でもそれでは終わらない。


「はい、では次、叩いてもいいですよ〜お疲れですからね〜(*´∀`*)
よ〜くほぐして♥」


おかしい。

副会長は、あんましそんなキャラじゃねえ。


そしてさらに。

「はいっ。それでは、みなさん後ろ向いて〜。」

?!


「こんどは交代で、後ろの人の肩を揉む〜(*´∀`*)」




「何かの宗教じゃねえか」とつぶやく人も出る。そのくらい、この時間は長いぞ。



でも、なんだか楽しい。はじめてだこんな和やかな感じ。
後ろの男の手がぎこちないがヨシとしよう。



そして帰る車の中、アアッと思った。


天使だよ天使。
きっとそうだよ〜。


だってあんな副会長、おかしいもん。
明らかにノッてた・・いや乗せられてた。


そして、帰ってから、お別れの時間が来ました。


りんごを食べました。


心から御礼言いました。


10時30分、
それからあと、
ろうそくを消したあと、
シーンとした感じ、寂しい感じ、残りました。


そして、明らかな心境の変化、ハンドルを切ることができました。
それは、お友達のおかげもあるし、本当に感謝しています☆.。.:*・


名残惜しいけど、でも、この天使の祭壇は、このまま残して、
何かあったらまたいつでも、声かけてお願いしようと思います。

楽しかったです(*´∀`*)天使さんありがとう☆.。.:*・
読んでくれたみなさんも、ありがとう。
コメント

ホスティングエンジェルの感想

2015-02-10 11:37:27 | スピリチュアル
にゃーにゃさんからのご紹介で、ホスティングエンジェルで天使さん5人をお迎えすることになりました。

時間になり、ドアを開け、お出迎え。
すると、ろうそくの炎が、一瞬長細ーくなりました。
そして、家の中に透明感が出た感じ。
良い感じです☆.。.:*・

しかし、煩悩のわたしは、その5分後に、次男を叱りつけるという事態に。
その時、後ろにあるろうそくの炎が、バビンバビン!と激しく揺れたそうで。。
きっと激しい波動にびっくりしたのだわ。。ごめんなさい。


それからの今日までの5日間、色んなことがありました。

とても嬉しかったのは、大好きなお友達と仲直りできたことハート
そして、本当に、一番言えることは、わたしの調整に来てくれたという実感です。
何か魔法をかけるというものではなく、奇跡を起こすというものでもなく、
わたしがわたしらしく生きていけるように、様々な工夫をして、気づく方向に持って行ってくれました。

そして、家族にもそれはあり、
バレーボールの試合で、娘が、試合中のミスと同じ数、サーブを入れさせてくださいと
へんなお願いをしたら、それを叶えてくれました(笑)

次男がここの5日間、ものすごく反抗します。
彼の膿みだしなのかもしれない。普段一番下で我慢してきたものが出てきているのかな・・と思いました。

わたしですが、長所の試合の日に、ラーメンを食べたらまともにドストライク。
胃がキリキリと痛くなり、痛いのはちょっと前からですが、
やばいぞ~という感じで。それで左肩から下も押される感じで痛くて・・
あまりに痛いので、いつもお世話になっているお友達にレイキをお願いしたら、
脳のリーディングから始まり色々と診断してくれて、一言。

「ラーメンはきっかけに過ぎないみたいだね。」

・・きた。

そして、
「愛子さん、泣きそうだよ?」


とても緊張していて、何かを必死に守っている。
変わる時期なのかもしれないと。



・・確かに、わたし、最近すっごく頑張ってた。
収入の面でも、目標を立てて、しっかりしなけりゃと。
そして、子供の思春期の時にも、わたしがいてあげなくちゃと。

夫不在の家のときは、私が家の司令塔になり、
家がまわるように動くべきと。。


アドバイスをくれている間、
頭が熱くなり、頭から色々出て、そして少し手放せたようです。


そして、流れに身を任す覚悟をと伝えてくれました。



その次の日、書店に行きました。
すると、写真の本のところに、ツツツと真っ直ぐに向かうことに。

カバーには



こだわらない練習
「それ、どうでもいい」という過ごし方


心の断捨離の本です。。


迷わず1400円買いましたよ。



その流れで見つけたこの本。
少しずつ、読んでいこうと思います。


でも、まだひとつある。
わたしの中で、一番怖いものを見てない。
見えるのに。
それは、意識して流れていれば、きっと見つかると思っています。


もうひとりのお友達も、カードリーディングをしてくれて、
その中で、梱包の仕事について言及してくれました。
少しずつ、手放す時期ではないかと・・
その期間中、梱包の仕事があったのですが、
グーグルマップで家に訪問するのに、スマホの電源が突然入らなくなり、
泣きそうになりながらパソコンで地図を検索。あと3分でバスが来ます。
途中で印刷中の紙をとり、もう来ているバスに乗り込み、
地図を見ると、周辺地図だから、駅からどうしたら良いかわからない(笑)
色々スマホをいじり、スタートボタンと丸いボタンを同時に押したら電源入りましたが、
その前に変な操作などしておりません(´;ω;`)
着いたら着いたで、当日梱包なのにもう一人のスタッフが急遽休み。
一人で梱包していたらいきなりトラックが到着し、今から同時引越しになると。
寒い中、大急ぎで配送員のお兄さんとともに作業をし、昼過ぎに終わりましたが。
なんという変更の変更なんすか?ええ??

天使さん、気持ちよく軽いビンタしてくれましたよね。。




でも、イザという時に、こうして手を差し伸べてくれるお友達がいて、
本当に幸せです☆.。.:*・


昨日は、主人と話をしていて、
大好きな素晴らしいお客様が、明日帰ってしまうという感慨だねと
話していました。
本当に、淋しいのです。
寒い日々なのに、心が安定してあったかい。
家の中も、久々にクラシックを流そうと思い立ったり、
コーヒーをあと一口でひっくりかえしたり、麦茶を何気なく買い、
ステンレスポットの中に入れてお湯を入れたら、コーヒーと似た味がするので、
コーヒーやめなさいと言われているのかなーとか(笑)

実は正直、天使という存在に関して、今まで半信半疑だったのです。
自分も娘から、「お母さんとわたしは天使だよ」などと言われていたのに・・
観音様とかは「いる」と思えるのに、彼らに関して、名前の個別の天使、
本当に存在するのか・・などと正直思っていました。
でも、ホスティングエンジェルをしてみて、本当にいるという感覚がわかりました。

そして最終日。今日の朝、わかったこと。

情報に縛られないこと。それより、明るい光を出して生きることが大切。


友人の日記からの導線で、いつも読んでいるこのブログにも書いてあったこと。

今回施術してくれた親友のブログ
http://ameblo.jp/hiroengel/entry-11987602588.html
いつも参考にしているブログ
http://ameblo.jp/kuni-isle/entry-11987291878.html
今起こっている情報を、事細かに、
陰謀論と本当のリアルを見抜いて、子供にちゃんとした情報を伝えなければ・・と
思ってた。

でも、わたしの胃が痛いのは、これもあったんだ。

こういうマイナスのものをテレビでインプットするたび、
身体もマイナスに反応して辛がってた。

もっと楽に生きていい。

辛い記事より、読んで心が楽しくなる記事を。



沢山の、沢山の、
小さな花束を、彼らは手渡してくれた。

わたしの生まれ故郷の鎌倉の、大船観音をパソコンのトップ画面に持ってこれた。
本当にこれ見ると、落ち着きます。


寂しい・・と思いきや、16日から、またうちの主人や子供のもとに来てくれます。


もし、呼んでみようか・・という方がいたら、
22日からなので、メッセージくださいね(^-^)詳細送ります☆.。.:*・

ほんと、良かったです。


長文、ごめんなさい。読んでくれて、有難うございました。








コメント