水子供養と戒名のこと

時代とともに、お葬式の在り方、戒名の考え方にも色んな意見や変化があります。
水子供養のことなど、記事にしております。

前世で関わっていた先生と息子の巻

2017-02-28 09:35:06 | スピリチュアル
我が家の長男は、高校生です。

この子の有難いところは、悩みをわたしに話して(ぶつけて)くれるところです。




話を聞いたあとは、思いっきりエネルギーを取られ、ヘトヘトになりますが、それも母の役割と思い、受け止めています。

話すことで、放すこともあり、本人としては少し気持ちが落ち着くようですね。

そして、彼にまつわることは、わたしの勉強にもなります。




今回のお題は、




「頑張っても先生が認めてくれない」




というものでした。テニス部に入っていますが、番手が上がらず、全然見てくれなく、

試合に勝っても、その試合を見てくれなかったので、なんの評価もなかった。何も言ってくれなかった。




今度という今度は、我慢できぬ・・というものでした。







そういうこと、みんなあると思うんです。







でも、わたしは彼を見て、先生を思い浮かべて、

二人はとっても似ていると思いました。




二人とも、他人の立場を思いやる気持ちがない。

マイウェイ。フランクシナトラ。




先生も、息子も、軍人が浮かびます。

前の何かで同じところにいましたね。

御縁がなければ、こんな近くに配置されません。




そして、似たもの同志で、お互いに無いものを求めあっている。

先生は、息子に礼儀を。

息子は、先生に評価を。




似たところというのは、他人の気持ちを汲もうとしないこと。




一言で言うと、




「俺は俺。」

他者は切り捨てる。

能力のないものは切り捨てる。




そして、二人とも、中身はとても優しいんです。不思議でしょう。




ここまで見えていても、まだ言うときではありません。

言うには、彼は今の段階では怒りが強く、到底飲めない状態だからです。




彼が、のたうちまわりながらでも、少しずつ、どうしたらいいかを肌身で感じながら

ジグザグに前に進み始めたら、一言ずつヒントを伝えたいと思います。




それまでわたしに出来ることは、

先生と息子の神性を、ずっと心の中で思い浮かべること。




明るい母でいること。




それには、わたしはわたしで、楽しまなきゃーいけませんよね^-^

彼らのためだけに、わたしが存在するのではないし、神もそれを望んでいません。




今日も楽しむ。そして明るい母でいよう。

心にいくつも心配というトゲが刺さってるけど、気にしない。




本当の愛とは、信じて放つことだから。




今日の目標になりました。




みなさんも、良い一日でありますように☆

読んでくれてありがとうございます。




**********************************************************




お店がリニューアルしました☆

https://myheartangel.thebase.in/




宜しくお願いいたします。










コメント

80歳を過ぎた隣人との付き合い方

2017-02-23 11:16:05 | スピリチュアル
この間の休日、あと少しで出かけるというとき、しかもご飯を3口目食べた時にピンポン。

お隣のおばあちゃんでした。

85歳になり、足腰はしっかりしていて、一人暮らし。本当に偉い方です。

でも、しっかりしているだけあって、口は達者、昔でいうと「女史」という言葉がピッタリの方。

敵に回したくないタイプ。だけど、何かウマは合って、よくお庭の茶花をうちに下さる方でした。お蔭で、我が家の庭は茶花が多く、有難いことです。


さて、何かと思って出ると、外から帰ってきたら回覧板がポストにあったから、悪いけどうちの分も日にちを書いて回しておいてくださる?とのことなので、快諾しました。

こちらも急いでいたのですが、何か話のきっかけを作ったがために、それから20分くらい、立ち話。

大抵我が家の庭について、あれこれ言ってくれて、最後には「ま、他の人の家には口出しするもんじゃないね。」と言いつつ去るというパターンなのですが、


前年の夏に、この方と喧嘩というか、頭にきたことがあって・・

前から、「家のお庭のことはお宅のご主人がすべてやってくれているから、あなたは楽でいいわねえ。」

ということを言われたので、一度目は「わたしも雑草を抜いてますよ。」とにこやかに応対していたのですが、

2度目におんなじことを夏に言われたので、わたしも子育てでイライラしていた時で、言い返したんですね。

で、わたしも反省したので、その日の午後梨を持ってひと話しして、にこやかに終わったのですが・・


今回、また同じことを言われたんです(笑)


で、ここからが本題。


わたしたちが当り前と思っていることが、80歳超えたシニアの方には通用しないということ。

それは悲しいことではなく、そういうものなんですよね。そういうもので出来ているというか。


一度、お年寄りが、「こういうものだ。」というものを作り、その脳回路が頭に出来てしまうと、

何度正しても、何度言っても、そこに戻ってしまうことが往々にしてあるということ。


「お庭は週末にご主人がすべてやっているから・・」

というので、そこでああああああ・・と悟りました。

なので、「初めてわたしは聞いたんだ!!」と自分に言い聞かせ、

「あ、庭の草抜きは、すべて私がやっているんですよ。」


というと、「あ、ごめん。そうだったの。わたしはてっきりご主人さまがすべてやっていると思っていたわ。^^」


と前の会話のパターンになりました。


でも、忘れてくれていいです。おばあちゃん。

また同じこと言ってくれていいです。わたしはそのたんびに、また同じことを言います。

それが、わたしとあなたのコミュニケーション。笑いながら話しましょう。


この方は、ひとり娘さんがいてお孫さんもいますが、おばあちゃんのほうが気を遣い、あまり行き来もないようです。「育て方を間違ったかね・・」と、わたしにはすべて話してくれました。


家に一人だと、どんどん寂しくなるみたいで、大体3か月周期で、お話をしに来ます。何かきっかけを作ってきます。それを、面倒くさいと思うのは簡単。

でも、そこが愛行なのですね。

話をひとしきり聞いて、優しい言葉、笑顔をあげるだけでも、とても喜んで、胸がスッとするようです。

なんだかなーと思うときもあるけど、そういうときには、寿命を思います。


わたしの父も母も。70歳を超えました。おばあちゃんとは、あと5年したら90歳になる。

いつまでお隣さんでいられるかな・・


脳の回路の思いこみ、何ともいえない寂しさ、認めてほしい、優しくしてほしい、

それはお金では買えません。でもわたしたちは、愛を意識すれば、いくらでも、それは与えることが出来る。

それが人間のなせる技。この世に生まれて出来ることの、最高の水準の行動です。


それをさせてくれる人だと思い、これからも付き合っていきます。


お年寄りは不器用で寂しくて、でも、奥に優しさがあります。

その消えて煤のようになったロウにも、灯をともすことが出来ます。


そんなことで、これからもご近所づきあい、頑張っていきます(笑)


コメント

嫌な仕事、嫌な仲間なら、辞めていいと思う。

2017-02-21 12:04:37 | スピリチュアル
カルマが何かあるのかもしれない。何か修行したいことがあるのかもしれない。けれど、それを魂の修行だと思いつめて、毎日辛い思いをするのならば、いっそ辞めてしまって、どんどん新しい自分に合う場所を開拓していくのも、良いと思うのです。




最近、鑑定申込をしてくださる方の中に、職場が合わないという方が多いのでわたしも考えましたが、その前に、ハイヤーセルフの言葉を降ろす際に、ハイヤーセルフから出る言葉は、頑張って続けなさいという言葉は、ありませんでした。

ただ、もう少しでその闇を抜けるよ・・というときには、背中を押すことはされるようですが、結局、神が、ハイヤーセルフが、守護霊がこう言うから・・という人生ではなく、あくまで主人公は「その人」なんですね。




ですから、自分の直感がまず大切で、自分のプライドも同じくらい大切なんです。理不尽な要求に応え続けることで、自分のカルマが溶けていく、自分の修行になると感じる人は、したら良いと思います。確かに、逃げないことで、その人に合うコンセントになることもあります。

ですが、それによって精神が病んでしまうと感じるのであれば、即刻そこから立ち退いて、そこに使う精神力を勇気に換えて、新しい扉をたたくことも、素晴らしいことだと思うのです。




それは、その人が、自分自身に対して、動いてあげること。それは、優しさですから、本当の自分は、そうして自分の心を大切にしてくれる自分の行動を嬉しく思うはずです。

そういう客観的な勝負師の目も、これから生きていく上で培っていきたいものです。

自分の気持ちがわからない・・どうして良いかわからない・・そういうときには、ちょっとその心から離れて、客観的に自分の今を見てみてください。

冷静に、自分というものを真ん中に置いて、職場の人を周りに置いて、その人たちが自分にどういうアプローチをしてくるのかを、客観的に想像的に見てみる。




そうすると、今度は、自分に仕打ちをする人がいたとしたら、その人の隣にもう一人、その人に対して何かしている人が見えたりします。何か言われていたり、苦労している姿を察することもあります。その時、その人の立場が辛いものとこちらが理解することもあるかもしれない。理由があってそうしたんだと思えるのかもしれない。要は、こちらの心がクラリと変わることで、瞬時に相手の魂にこちらのアプローチがあるということです。現実に現れるまでには時間がかかりますが、意地悪している人の立場を理解することで、こちらと相手の関係性が変化することは多いにあるのです。




でも、題名に書いたように、この世は修行ではなく、体験の場所ではないかとわたしは思います。そのいじめられるという体験をしたら、それを理解して、味わって、別の場所にピョンと飛んでいいのです。

それを、ご自分に許してあげてください。大昔、1000年前に、自分が誰かに対して意地悪したことを、満を持して今味わったということもあるそうですよ。

ですから、恨まず、離れていいのです。なんか、すごく伝えたくて一気に書きました。




読んでくれて有難う。




ようやく、娘の受験も終わりました。やっほーい。脱力してます(笑)



***************************************************










お店がリニューアルしました☆

https://myheartangel.thebase.in/




宜しくお願いいたします。







**********************************************
コメント

天職とは

2017-02-13 16:20:32 | スピリチュアル
主人とともに、「おくりびと」を観ました。

とても、とても良かったです。




主人は、涙を何度もぬぐい、わたしもうなずきながら観ました。




納棺師という仕事を通して、主人公が天職を手に入れること、そしてお父さんとの和解が描かれています。



映画の内容もさながら、納棺師という仕事は、昔は士農工商のさらに下の身分の人が従事した仕事として、「えたひみん」ということで、映画の中でも、良い扱いをされていませんでした。



けれど、主人公のもっくんが、死体に触れる時、なんともいえない透明感が画面を包み、その所作が、大切な儀式をしているのだと思わせてくれました。

実際の仕事は、事故現場もあるし、自殺もあるし、死後2週間経過の現場もあるし、大変なお仕事だと思います。

でも、一般家庭の、遺族の人々の、大切な人を綺麗にして、お化粧をしてお送りしたいという気持ちと思いやり、納棺師が感謝される場面や、家族愛も描かれていて、

悲喜こもごもの現場を伝い歩くうちに、主人公はとても強くなっていきます。

彼はやがて、その仕事が自分の天職と思うのに、そんなに時間はかかりませんでした。



天職ということで考えてみましたが、この世で一生懸命天職を探したけど、見つからなかったということは、不幸ではないと思います。

一生懸命天職を探し、色んな仕事をしたり、これではない・・と思いながらもその仕事を続けておられる人もいると思います。

一見、これではない・・と思える仕事でも、そのスキルは大事なものとして魂に刻みつけられ、小さなことと思うことでも、出来たことは次の生に生かされます。

そして、その中で大事な事実は、「人生は長い」ということです。

人生というのを、長生きしたとして95年くらいのことではなく、輪廻転生を繰り返す永遠の命が人生という風に捉えたら、この世で、平凡と言われるような生き方をしたと、自分で感じることも、立派な一つのセンテンスだし、それが一区切りついて、また次の人生があった時に、何かにトライしても良いわけです。

それくらい、自分の生き方を大らかな目で見れたほうが、この毎日の中で、やってみようか・・と思うことにチャレンジしやすいのかもしれません。



そう考えたら、人生って、本当に長く、チャンスもある。

今自分が出来ていないからといって、不幸と思えるからといって、

それが自分に刻まれる刻印ではない。

どんなに立派なことをしても、次に生まれる時には何も持たない赤ちゃんとして、誰かにお世話になる。そして、あえて、お世話される側の体験をして、その気持ちを学ぶことも、ある。

その繰り返しの中で、何を大切に、普遍的に思うのか。



瞑想を毎日続けるたび、自分のいたらなさを感じます。清らかな気持ちになったと思ったら、怒ってみたり、泣いてみたり、笑ってみたり。

ちょっと歩いては、修正テープで白く消したくなることを繰り返すのが、わたしの人生かもしれない。



でも、わたしは、不器用な、未熟な自分を、大きな心で優しくしていきたいと思います。

それが、努力かもしれません。自分を見放すのは簡単、むくれるのも、ヤケになるのも、諦めるのも。

でも、どんな自分も、周りへの感謝の気持ちの中に入れてあげて、一緒に感謝していけば、道は間違わないと信じています。



間違えても、愛と光はわたしたちの中にあるから大丈夫。



そのことに気付いてもらうのが、わたしの鑑定という仕事かもしれません。

天職と言い切るには遠いのかもしれませんが、

神様が、辞めなさいと言われるまで、続けていきたいと思います。







***************************************************







お店がリニューアルしました☆

https://myheartangel.thebase.in/



宜しくお願いいたします。





**********************************************















コメント

過去を癒す方法

2017-02-10 09:57:12 | スピリチュアル
スマホからガラケーに換えて、不便かなと思いましたが、写真の精度は別にして、そんなに不便でもないようです。グーグルマップは使えないし、サイトも使いづらい。けれど、メールは打てるし、過去に戻っただけかなあと思いました。ちょっと昔はガラケーだったわけで^-^

自分との時間が増えたような感覚で、パソコンからも少し遠ざかった感覚。これもいいものです^-^







今日の朝、瞑想をしていて、色んな人間関係、団体の中の自分、それがフワッと浮かんできて、その時に、ある団体の中にいた時の自分が出てきました。

そして、その時に自分を可愛がってくれた人のことも。

今は、近くに住んでいながら、乗る列車が全く別なので、会うこともない人ですが、その人は、わたしのことをあまり好きではないということも知っています。

わたしも正直、今は会いたいとも思いません。

会っても話すことがないからです。




皆さんも、そういう経験とかありませんか?

でも、その経験と出会いがあるから、今の自分がいるのだと思います。




それでね、その短い瞑想時間の中で、その人が、次男が小学校に上がる時に、お祝してくれたんです。とても忙しい人だったんだけど、袋の中にチョコチョコと、小学校で使うもの、図工で使うものとか、「これは結構使うのよ。」と入れてくれたものをいただき、お食事もいただいて、最後はみんなでクラッカーを鳴らし、楽しいお祝いになりました。




そのことが、ブワッと浮かんできたのです。




その時にわたしは・・




その人に対し、感謝でいっぱいになりました・・・。




そう。

あの時のあの人とわたしも、真実だったのです。

迷うことなく、お互いを信頼し、感謝し合う仲だった。




それは、過去のあの時点において、神の前でも真実だった。




わたしは、瞑想の中で、いっぱい、あの時のあの人にお礼を言いました。

本当に有難う。有難う。。




そしたら、胸の中が温かくなって、過去が祝福された感じがしました。

あの時のあの人も、わたしも。




今の関係がどうであれ、過去の温かい思い出はまた別。

そして、出会いも別れも必然なんです。




だから、今はこれでいいし、過去もあれで良かった。




過去を祝福すると、今が生きてくる。




過去の自分が、あの人が、今の自分のことも、あの人のことも、

ニコニコ見てくれているとなるからです。




それぞれが、笑って生きればいい。




今は、その人に感謝しかありません。

とても嬉しい体験でした。







雪が降って寒いですが、受験の皆さん頑張って。

同じくか、それ以上にサポートするママ、わたし、ファイトです^-^




良い日を^-^/







***************************************************




お店がリニューアルしました☆

スカイプワークが人気です♪


https://myheartangel.thebase.in/


宜しくお願いいたします。
コメント

映画「沈黙」から考えた

2017-02-06 12:04:27 | スピリチュアル
映画の「沈黙」の予告編を観て、胸が締め付けられた。

当時の隠れキリシタンの人々、政府からの弾圧、裏切り、苦悩を描いた作品。
純粋な信仰心がゆえに、人々は苦しんだ。

信仰心は、人それぞれで、
生まれつきに紐のように繋がっているものだと感じる。
頭ではなく、魂のものだから、そう簡単に切り落とせないものではないかな。

信仰と宗教は別だけれど、とある宗教でも、組織が変わり果てていく中で、家族を養うため、生活のために自分の信念を殺してでも生きなければならない人は、精神を病んだり、病気になったりしている。脳出血で死ぬ人もいる。

団体は力。同じ思念や想念が、力を持って社会を動かすこともある。
それは必要なことかもしれないけれど、わたしは今、そういうことに加わる気持ちになれない。

命の営みの中で、何度となく繰り返された、集団の力の偉大さと恐ろしさ、愚かさ。
それをみんな、何度となく見て生きてきた。

正直、もうたくさん。

辛い気持ちになった。。

映画の中で、牧師が言う。

「主よ、あなたはなぜ、黙っておられるのですか・・」


映画の「沈黙」という題名が、テーマでもあると思う。


でも、それでは終わりが無い。
終わらない。

悲しいだけ。

キリストも仏陀も、この地において信仰をもたらした人々は、
こんなことを望んではいなかったはず。

「人間は神の子である。」

それを体現しただけなのではないかと、勝手に思っている。

だから、弾圧する人も、される人も、傍観する人も、野次る人も、

神からすれば、同じく神の子なんだと感じる。

信じる、信じないより先に、

見つけたい、この地に降り立った彼らが言いたかったことの本質。

人の中にある光と真善美。

それを信じてお互いに拝みだすのが、信仰ではないかと、思っている。

圧倒的に温かい、すべてを包むような強烈な光が、全ての人々の、それぞれの中にあることを、わたしは死ぬまで信じ続けたい。

コメント

自分だけの空を飛びなさい

2017-02-05 10:19:02 | スピリチュアル
今日の朝、瞑想をしていて、頭の中に言葉が降ってきました。




「自分だけの空を飛びなさい」




今まで、集団の中で群れて飛んだりもしてきましたが、その中で気付いたのは、自分はその中でも「個」が強いということを感じました。

集団の中にいる時ほど、「個」を強く感じ、馴染めない。というか、馴染みたくない。

これではいけないんじゃないかな・・などと思っていました。




でも、そこから離れてスッキリして、自分ひとりで独立して鑑定をしながら、

心地よさを感じます。でも、さびしがり屋だから、一人好きのさびしがり屋なんだなぁとも思います。




そんな面倒くさい自分に降りてきた、自分だけの空を飛ぶって言葉、

今日はすごく腑に落ちて、涙がボロンと出ましたね。近くに主人のハンカチがあったから、それで涙を拭いて、両手で合掌しました。

誰かに言って欲しかったのかもしれない。それでいいんだよって。

独りで飛んでいるなんて思っていても、違う。沢山の人の支えがあって、地球に生かされている。この沢山の人々が創ってくれている、居心地の良い便利な世界に身を置かせてもらいながら、自分も出来ることをする。だから、決して孤独とか一人ではないし、生かされている気持ちと感謝を忘れてはいけない。




華美な黄金の空でなくていい。

誰かに背中を押されて飛ぶなんてまっぴら。




ただ、まっすぐに。なんて言いながらひょろひょろもしていいの。

まっすぐに飛びたくても、横風が吹いたら倒れたりもするさ。

当り前だよ。それを、自分の意志が強すぎて、今まで意地悪だったね。。

時に、ヨヨヨ・・と倒れそうになる自分を愛おしそうに支えながら、

飛んで行くんだ。出来れば笑いながら^-^




楽しい空になりますように。







みんなも。楽しい空になりますように。
コメント

相手の個性を受け入れるやり方

2017-02-04 17:56:06 | スピリチュアル
親友から、ふきのとうが送られてきました☆





本日は天ぷらにして、主人のお父さんお母さんにも食べてもらいます^-^

幸せをくれた友人に感謝です。




春の足音が聞こえてきてますね。今日は温かい日でした。




それとは裏腹に、昨日は頑張って恵方巻きを一生懸命作ったのに、主人は仕事の後飲みで、帰ってきたのは2時くらいだったかな。

今日は恵方巻き作りますーと言ってて、食べてもらいたかったのに・・からはじまって、不満が吹き出てしまった。

今日主人と布施弁天に行き、観音様を見上げたら、面白いの。

観音様、片方の口を上にすこーし上げて、笑った!!ように見えた。




今日の朝の瞑想の時にも、観音様が浮かんできて、フフッて笑った。




これってなんだろう・・って思ったんだけど、そんなちょっとのことでプリプリ腹を立てているわたしのことを、面白いねぇって思ったんだろうなって思いました。

確かに滑稽だなと自分でも思う。

こういうときには視野が狭くなっている証拠だから、もっと広く心と視野を持とうと思いました。




今日天婦羅を揚げている時、ふと親戚のある人のことを思い出しました。

その人は、気が強い強いと言われている女性なんだけど、

面と向かって気が強いねと言われても、その人はサラリと受けながら、丹前と構えている。そういう人っていますよね。

でも、そういう人って、人に言われたのに直さない・・ということではなく、

そういう自分を承認して愛しているのではないかな・・とふと思って。

その強さで、この世だけではなく、前世の辛い時、強気でなければ戦えない時、頑張って生きてきた名残だとしたら、その人の個性を、もうその人がこれでいいんだって思って生きているのだとしたら・・

なんて考えてみました。




そうしたら、

この人のこういうところを直したいと思わず、

受け入れようとこちらも思えたとしたら、

お互いに楽になれそうな気がして^-^







ふと思ったんで書いちゃいました。




良い週末をお過ごしください~^-^
コメント

天然なわたしたち

2017-02-01 10:02:35 | スピリチュアル
わたしのお友達に、yちゃんという子がいます。

妹と同い年なのですが、精神年齢は高く、素敵なお友達です。

でも、わたしと同じく、天然素材なので、二人で行動すると、面白いです^^




彼女はトヨタに勤めていて、そこでスマホ部門を任されています。

昨日スマホからガラケーに換える日で、彼女のお店に行き、車を止めることになったのですが、彼女が出てきて、




「あ、あの白い車の横に停めてもらえるかな^^」




というので、「あの白い車ね。」と言い、ずーーっとバックして止めたら、両サイドの車がこっちに頭を向けていて、出られないんじゃね?と思ったら、彼女が笑いながら歩いてきて、




「そ、そういえば、白い車いっぱいあるね~(笑)」というので周りを見たら、白い車が4台ほどあり、「んじゃこっちに停めてくれるかな~」というので、はいよ~と停めた次第です。




そのあと、二人でコメダ珈琲に行ったのですが、




ランチセット500円飲み物付き

とあったので、




「ねぇこれ安くない?!!飲み物付きで500円だよ。」とか二人で言いながら、

飲み物はどれから選んでいいですか?と店員さんに聞くと、どれでも良いというので、ウインナーコーヒーとか頼んだら、二人で1800円。

ということは・・飲み物は別料金じゃんおかしいと思ったわ~^-^と大笑い。




今書きながら、やべえな・・とも思うのですが、

緊張する相手だったら、こんなことにもならず、友達だから起こることだと思いましょう。




yちゃんは龍のお世話をしに生まれてきたようで、神社に行くと龍が見えるようです。2012年あたりでは、龍がとても疲れていると言っていました。

今はどうなんだろう。今度聞いてみたいです。

そんな彼女も、仕事になるとキリッとして、悩みごとにはしっかりしたアドバイスをくれるので、とても感謝しています。




はじめは学校から2名ずつ選出される市でのPTA活動で、嫌々ながら行った先で、さらにまとめ役として御縁を持てたのがはじまり。

縁て、どこで繋がるかわかりませんね^-^




40歳超えたから友達が出来ないことは無いと思います。

40歳超えたからこそ、気持ちもまたリニューアルされたりして、若い頃の友達とはまた違った魅力のある友達が出来る可能性も沢山あります。

人生、死ぬまで現役で、楽しみましょう^-^




今日も良い日になりますように^*^




いつも有難うございます。




***************************************************




お店がリニューアルしました☆

https://myheartangel.thebase.in/


宜しくお願いいたします。



**********************************************

父の書いている、長年の児童文学をブログにしております。


http://ameblo.jp/kaminariogi5555/
http://blog.goo.ne.jp/taiyoko1234/e/621d51e7b772df4ab3c558a4efb9260c
訪問してくださる優しい方々がいます。父ともに、心より感謝いたします。

イイネをくれた方には、わたしから必ずページに訪問させていただきますので、

父ともども、宜しくお願いいたします。



(今、入院しておりますが、元気です。ブログ更新が嬉しいみたいです。頑張ります。)







**************************************************************

コメント