藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

同調

2014年01月25日 21時12分32秒 | インポート


(帰省、じゃないよ?)

同調

土日に時間があるときは、少し本を読んだりしている藍色です。

最近では、ホンダイノベーションの神髄(小林三郎)と、大前研一と考える営業学(大前研一)などを読んでいます。

まあそれぞれ琴線に触れるところは、確かにあります。

それを活かせるかどうかは、自分の力量や価値観次第でしょうか(笑)。

さて、さきほど薬物混入事件で揺れていた、マルハニチロ関連の犯人と思われる人物が逮捕されたようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140125-00000065-mai-soci

早くもTV報道では、「給料などに不満を口にしていた」などと同僚?からのコメントが入り、その人物像なり背景にスポットライトが移りつつあります。

そこで40代とあったので、正社員がこんな事件を起こしたのかな?とも思いましたが、契約社員の49歳(男性)だったようです。

うーん・・・まあ50歳近くで契約社員では、確かに給与面での不満もあっただろうけど、それをこういった形でぶつけてもなんの改善にもならないし、会社にも自分にもマイナスしか与えなかったのではないかなーと。

薬品混入、といった意味では先日判決が下った中国の冷凍餃子も思い出されますが、正社員以外が犯した事件という意味では、マツダ(広島)で起きた連続殺傷事件を思い出します。

http://www.asahi.com/articles/ASG1N3DVWG1NUHBI00Q.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/マツダ本社工場連続殺傷事件

自分は個々の企業をどうこういうつもりはなくて、少子化が進み、製造業が国内で少なくなる中で、それでもコスト競争に勝とうとして、生産効率を高めようとする現場で、働いている人が伸び悩む所得や、今後の人生に閉塞感を覚えるのは、まあ分からなくはありません。

そんな中、日本は女性の活躍を期待したり、高齢化に備えてサービス業などを厚くしていますが、個々の生活水準がどうなるのかと、自分は懸念を抱いています。

また職業が偏ってくることも少し心配していて、要は多様性というか、産業を支える基盤が揺らぎそうで、ドキドキしますね。

契約社員や、派遣社員なども、例えば家事や趣味、プライベートと仕事の両立を図るために、敢えて正社員ではない道を選んでいたりとかなら良いと思うのですが、そうではなく「ガシガシ働いて行きたいです!」といった希望があってもそれに応えられないなら、選択肢は2つでしょうか(言わないですけど)。

理想や夢があり、それに対して今(現実)とのギャップがあった時に、さてどうしましょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過剰(改)

2014年01月20日 20時00分17秒 | 食事&飲み☆








(銀座での、ランチ)

過剰

ケネディー在日アメリカ大使が、和歌山県太地町のイルカの追い込み漁について懸念(非難?)したようで、それに対して菅官房長官が、「イルカ漁業はわが国の伝統的な漁業の一つであり、法令に基づき適切に実施されている」と述べ、米側に理解を求めていく考えを示したようです。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201401/2014011900148&g=soc

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000079-jij-pol

まあね、そりゃどんな動物だって猟(漁)をする現場は、残酷な面があるでしょうよ。

それがちょっと可愛らしいイルカで、それを囲んで血に染まる海を見れば、非難の声が挙がるのも分からなくはありません。

一方で、それって他国がとやかく言うことなのかな?とも思います。

イルカにフォーカスするのではなくて、漁をしている人たちをちゃんと見ているのかと。

またこのイルカ漁は、あくまで漁であり、生業のために行っていますが、例えばオーストラリアではカンガルーをどんな風に殺しているか(駆除しているか)知っているのかなと。

いや、生態系を守るため(人間のためにバランスを取るためでしょうけど)、駆除しなければならないことも、現実にはあるでしょう。

自分たちがどんな成り立ちの上に生活しているかを考えれば、なかなかそんな発言はできないと思うけどなー。

と、いう訳で。藍色は感謝の気持ちを抱きつつ、ランチを頂くのでした。

ルシャスリヨン(銀座)

http://www.lecringinza.co.jp/lechatsouriant/



ランチが良さそうだったので、楽しんできました(笑)。

久々のレストランでしたけど、フレンチレストランはゆっくりと食事が楽しめる時間が、やはり良いなーと思います。

1Fがカジュアルなカフェ&バーで、そちらでも十分に楽しめる気がしたのですが、まあ折角なんで2Fのレストランに突撃しときました(笑)。

もう数店舗、気になるお店があるので新規開拓を今年も進めたいと思います☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

負荷

2014年01月16日 21時35分40秒 | 食事&飲み☆


(豊洲での、結婚式にて)

負荷

相撲という、珍しい話題に触れたいと思います。

横綱が期待されている稀勢の里ですが、初日に土が着き、持ち直しかけた5日目の今日、早くも2敗を喫したようです。

中日を前に2敗とあっては、全勝である白鵬の優勝は底堅いでしょうか。

日本人力士の横綱が不在が長く続く中、まあ稀勢の里に期待を寄せる気持ちも分かりますが、横綱相手に良い相撲が取れても、トップに立つキャラではないんでしょうね。

「常勝」という言葉がありますが、横綱という地位は買って当たり前、優勝して当たり前といった存在であり、そのため他の力士が横綱に土を着けると、座布団が舞うわけです。

一方、横綱以外の力士は、横綱に胸を借りようとか、一矢報いろうとか、そんなモチベーションでしょうか。そこで勝てるということは稀勢の里に自力があるのだと思いますが、横綱以外の力士に取りこぼすということは、気持ちや技量にムラがあるということだと思います。

ムラがあったって良いとも、万能でなくとも良いとは個人的には思っていますが、白鵬という横綱がいる現状では、それでは横綱にはなれらいだろうなー。

心技体のいづれに問題があるのか、素人の自分には分かりませんが、課題が当人や周囲にも見えていないのであれば、競技人生が短いであろうスポーツでは大成しないでしょうね。

まあ横綱になっても数年だろうし、人生はそのあと何十年と続くのでしょうから、何に力を尽くすか、ウェイトをかけるかはまた別問題ですが。

さて、写真の料理はフォアグラなわけですが、こちらにも負荷がかかっております(笑)。

それを食す私にも、きっとかかっていることでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本質

2014年01月11日 20時40分36秒 | 食事&飲み☆


(丸の内で、視察)

本質

3連休の初日、自由な時間があるうちに野暮用を済ませるため、都内に出てみた。

今日の旅のお供は「ディズニーの現場力」by 大住 力。

先の東日本大震災の際、ディズニーランドの対応は素晴らしく良かったという話は、ここ10年くらいディズニーランドに足を運んでいない自分の耳にも、入ってくる。

それに関連する本も多いみたいだけど、その中から読みやすそうな、昨年末に出版されたばかりの本署を買ってみた。

結論から言えば、稲森和夫の「生き方」とか、「働き方」と同じような類の本。なので、「働く」という気持ち(モチベーション)への、カンフル剤みたいな役割になるかな?

本を読んで、アトラクションを楽しむのがメインではなく、ウォルト・ディズニーの作った組織を観に行く、という目的なら行っても良いなと思った(笑)。

「働く」という時に何を根幹に置くか、といったスタンスで書かれていて、モノを売るのが目的ではなく、それによってお客さんが満足すること、感激することを提供するのが、ディズニーの仕事であるという本。

なので、ディズニーはアトラクションで満足してもらうのではなく、そこで働くスタッフ(主にバイト)の姿勢を見てもらい、楽しい記憶を持ち帰ってもらうのが、本質であるといった流れかな?

例えば、レストランなども食事やその時間をを楽しんでもらう場所であり、料理の美味しさや、店内の綺麗さ・清潔さ、スタッフの働く姿などは、それを構成する(演出する)ための仕掛けの1つに過ぎない。

楽しんでいる時間当たりのコストで言えば、実はレストランよりはディズニーの方が割安かもしれない。お土産などをどかどか買えば違うだろうけど、5~8時間程度平均では滞在しているようなので、時間だけならレストランの2~3倍だけど、コストはそこまでいかないだろうし。

(こんな分析をしていると、また「夢がない」と怒られそうだが・・・)

まあなんにせよ、書籍は面白かったです(笑)。

タイ式

1~2ヶ月に1度くらいのペースで、最近タイ式マッサージをしてもらっている。

運動不足&デスクワークがたたっているのだろうけど、首・肩・腰が結構つらくなってくる時があって、それをリセットしに行っている。

ハーブティーを飲んでリラックスしてから、足先から頭まで、かなりダイナミックに揉まれるし、最後は反動をつけて捻られたりして、恐怖心も出たり(笑)。

マッサージしてもらった後はなかなかぐったりしますが、店を出る頃には肩の軽さや、可動域の広がりを実感できる。

今月は忙しそうなので、これで乗り切りたいところだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

跳躍

2014年01月11日 08時39分39秒 | 食事&飲み☆






(船橋、かくれ庵)

かくれ庵(船橋)

http://www.hotpepper.jp/strJ000746690/

飲み会をしてきました。今年も年始から幹事です(笑)。

職場の飲み会は、場所の選択肢がある程度固定になるため自然とお店選びも偏りつつありますが、少し違った趣きを楽しんでもらおうと、新規開拓してきました。

写真にあるように、窯焼きした鯛をあら塩?から割り出し、それを最後に鯛ご飯にしてもらうイベントから、飲み会がスタート。

新年会でもあったので、少し華やかな雰囲気が良いかと思ってチョイスしましたが、食事もお酒も良かったです。

品数は5品のコースなので、少し食べ物が少ないかとも思いましたが、その分お酒と会話を楽しんでもらえたかな?

最後の方で日本酒を飲んでしまったので、帰宅後に洗濯している最中に、明かりを点けたまま久々に寝てしまいましたが(笑)、年始から楽しい会になったかな。

ちょっとした反省点も自分なりにはありましたけど、それは今後に活かしたいと思います。

跳躍

新聞を読んで、思い出した話。

マイクロニードル、というものが開発されていますが、ご存知でしょうか?

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK14022_U2A111C1000000/

分かり易く言えば、湿布のような貼り薬で、体内に薬効を届けるもの。

注射の代わりとして、注射し難い高齢者などに適用しようとしている模様で、例えば認知症などで注射し難い患者に、痛みを感じさせずに治療を行うことを想定しているみたい。

含有量や、濃度など気になるところもありますけど、商品開発の切り口としては感心した。

さてさて、私は何が提案できるでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加