藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

苟且

2012年07月22日 22時52分26秒 | インポート
どんよりした天気で、出かけるのを躊躇してましたが、いざ出てみると駅前で祭りをしていてびっくり。

立ち並ぶ出店を見ると、若干テンションが上がりますが、一方で歩き難いこと、この上ないのが・・・(笑)。

最低賃金

先日、生活保護を受けた方が最低賃金で働くよりも「お得」になることが問題視された。

そういった生活保護>最低賃金と差額が大きい順に並べると、北海道30円、東京20円、宮城19円、神奈川18円、大阪15円、埼玉、広島12円、兵庫10円、京都8円、千葉6円、青森5円の11県にのぼる。

http://mainichi.jp/select/news/20120711k0000m040046000c.html?inb=yt

こういった逆転現象が起きると、「生活保護を受けた方が、納税なども控除される分手取りが増えてお得じゃん」と、就労意欲が失われることと、そもそもこんな賃金では生活水準が向上せずに苦しいといった、そんな報道が多いように思う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120722-00000016-mai-bus_all

具体的には、こんなコメントもある↓

+++

今の最低賃金の水準は低すぎて、とても生活が成りたたない。

賃金が生活保護を下回っていると、働く意欲が失われかねず、一刻も早く是正されるべきだ。

ただし、重要なのは生活保護の引き下げではなく、最低賃金のアップだ。

経営側は、引き上げが企業を潰すと主張してきたが、従業員を養えない企業に存在意義があるのだろうか。

また、被災地の企業には、別の枠組みでの支援が必要だろう。

+++

これら報道を受けて感じることは2点ある。

1つは、そもそも最低賃金で生活を成り立たせようとする発想そのものが、破綻していると思うこと。

最低賃金って、高校生とかがバイトをする時の話とかであって、それで就労して生活するための基準ではないと思う。

2つは、だからといって私は短絡的に最低賃金を上げるべきだとか、そんなことは思わない。

問題は最低賃金でしか就労できない環境だろう。

それが企業の問題か、個人の問題かは敢えて触れないけれど、そこにお上がテコ入れする話ではないと思う。

これって、結構スパンの長い話だと思っていて、日本は少子高齢化に伴い、国内における働き手は減少することが試算されている。

一方でこういった就労弱者が仮に同じ水準で推移していても、先の少子高齢化に伴って若い世代で就労できなければ税金なども滞るし、増える高齢者層も支え手が減る。

要は就労弱者の○○の向上が求められるわけだけど、その○○に当てはまるものが賃金だけではないと思う。

これを個々の立場で言えば、「一刻も早く最低賃金を上げてよ」ということになるのかも知れないが、上がったって時給で数十円、月給では1万にも至らないレベルだろう(低所得者に対する控除等で、それくらいの還元はすでにあるのでは?)。

これを企業の立場で言えば、例えば国内に生産拠点などを作る際のメリットを、国が示せば良いのだと思う。

先日、スズキのインド工場で暴動が起こり、死傷者が出る事態にまで広がり、その操業が停止している。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDC1900J_Z10C12A7000000/

これまでは豊富とされてきた、中国をはじめとするアジアでの労働力に関しても、最近陰りが見えて来たようだ。

国が何か手を打つと言うのであれば、ここらを鑑みて打って欲しいと思う。

要は、賃金を幾ら上げるとかいう節操な話ではなく、国内雇用の創生につながるような、そんなビジョンでやって欲しい。

BB

大攻防戦は、なんかイマイチ気分が乗らない。

一方で、裏の大戦もマップが弄られ過ぎてて(プラントが4ではなく3つだと!?)、あんまし攻防戦と変わらないような・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いまを生きる、これからを生きる

2012年07月16日 22時59分12秒 | インポート
↑このあたりのロビン・ウィリアムズが好きです。

さて、食べログもそこそこ書いたので、連休の最後に「通常」の日記を書くとします。

シェールガスと太陽光から、透ける中国

双日(商社)は、シェールガスの関連事業として、メキシコでバライトの鉱山利益を取得するみたい。

http://response.jp/article/2012/07/15/177926.html

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD12008_S2A710C1MM8000/

シェールガスとは、岩盤に閉じ込められたガスのことで、最近これを岩盤から取り出す動きがアメリカなどで活発化している。

この採掘では、岩盤を削って開けた穴に、水を混ぜた比重の重いバライトを注入して、削った土や岩を浮かび上がらせ、取り除くみたい。

このバライト、実は生産量の7割を中国が占めるそうだ。

シュアを握っているためか、この一年間で価格が7割も上昇したそうで、双日はメキシコの鉱山に出資することで、この牙城を切り崩したいようだ(数年後に1割程度、という目安のようだが)。

こういった中国がシュアを握っている中で、最近目に付いたのが太陽光発電関連。

太陽光発電では、これまで新規導入量ではドイツが牽引していたようですが、これを中国が年内にも抜くとの見通しが出た。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1302N_V10C12A7FF2000/

中国メーカーは、これまで生産した大半を国外に輸出してきたようだが、ここにきて中国内での需要が伸びてきているようだ。

中国は電力の7割を火力発電で担っている様で、これに対し中国政府が原子力・風力に並び、太陽光発電も代替エネルギーの柱と打ち出し、積極的に支援に回ったことでの内需の活性化につながっている。

一方でこの背景には、これまで輸出してきたアメリカとの摩擦問題(反ダンピング)と、欧州市場の沈降があるようで、ならば内需で捌こうといった感じに受ける。

これって、結構暫定的な借措置でしかないように思うのですが、どうでしょうか?

現在と未来と

7月16日の日経の1面は、就職を考える10代の後半から、結婚や出産などで人生のターニングポイントを迎えている30代までが読むと、きっと思うことがあるだろう。

論旨としては、これまで企業は10年くらいかけて新人を採用後に育ててきたが、昨今では企業の体力が損なわれてきたため、それが十分にできなくなっている。

企業としても業績が伸びない中で、解雇に至らないようにと採用数が減少しており、それが若者から雇用の場を奪っている。

一方で正規雇用の若者が少なければ、ただでさえ高齢化・低出産率のこの社会なのに、本当に「明日を担う人材」がいなくなる。

高齢化に伴い、介護の現場では雇用が74万人増えたとの数字もあるが、パートなどの非正規が多く、需要と供給のマッチングが図れていないようだ。

一方で企業の人事が、人材育成の取り組みで注目する大学はどこか?とのアンケートでは、国際教養大学(秋田)が東大を跳ね除けて堂々の一位だそうだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD0509K_V10C12A7MM8000/

この大学、2004年にできたばかりだが、ほぼすべての授業を「英語」で行い、学生には1年間の海外留学などを義務付けている。

自分の先生も、定年後にこの大学から声が掛かり「すべてが英語の授業はしたことがないので、挑戦してくる」と話していたことを思い出す。

こういった「国際化」を「特色化」する流れは、地方でより鮮明に行われている印象を持っている。

生き残ろうとするところの所作には、やはり強い動機と意志があるのだろうか。

BB

気づいたら、雨が降ってました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分ではない、誰か

2012年07月15日 22時56分15秒 | 食事&飲み☆
続・食べログ的記録。

スリ・ランカ(つくば)

http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8000026/





つくば駅からほど近くにある、カレー屋さん。

デフォルトの中辛~辛口にして、チキンカレー(チキンライスの意味)を良く頂きました。

インドカレー屋さんは何処にでもあるけど、こういった変わり種は替えが効ききませんね。

三田製麺所

http://mita-seimen.com/







濃い目の出汁で頂く、つけ麺。麺の量は無料で多くできますが、出汁が温かく、かつ薄まらない内に食べるにはデフォルトの量がベストだと思います。

ただのつけ麺でも大きめのメンマ、お肉に海苔などがつくので、存分に楽しめますよー。

秦陽楼(仙台)

http://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002742/




幼稚園の頃から通っていた、中華屋さん。

ひたすらに広東麺を食べていましたが、チャーハンや酢豚などのセットメニューも豊富で重宝します(駅前という立地も良い)。

利休(仙台)

http://www.rikyu-gyutan.co.jp/



まあ、仙台に来たら食べておきたいであろう、牛たんのお店の1つ。

利休はどちらかというと後発なので、喜助を贔屓にしていましたが、お好きな方をどうぞ(笑)。

http://www.kisuke.co.jp/

スペイン(某所)

http://pub.ne.jp/re_aiiro/?monthly_id=200909

昔の日記に食べ物ではないですが、記録があるので見てない人は雰囲気を味わえるかな?

ヨーロッパの景気がここまで悪化する前の渡航でしたね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここではない、どこか

2012年07月15日 00時16分39秒 | 食事&飲み☆
最近「お初」な人が増えたっぽいので、ここらで「お蔵入り」していた食べログ的な情報を公開したいと思います。

食べ物の写真だと、ぱっと見て雰囲気を楽しめるし、何より分かり易い(笑)。

なかなか行けない場所が多く参考にはなり難いとは思いますが、自分としても「ログ」を残しておこうかと言うことで、ここらで総決算するとします。



・・

・・・。

という、思いは良かったのですが・・・。

使っているブラウザ(Opera)が最悪で、最新の12になってからjavaが動かず写真がアップできなかったり、ダウングレードするとそもそもメールチェックができなくなったりと、過去最悪の状態。

IEもイマイチで、今回は急遽Firefoxを入れて、それでアップしてます。

Operaを正常にダウングレードする方法、並びに移行がスムーズでメールもチェックできるブラウザでオススメがあれば、お知らせ下さい☆

んでは、食べログスタート。

ブラッカウズ(恵比寿)

http://www.kuroge-wagyu.com/bc/









お肉目当てで行ったわけですが、お肉以上にオマール海老のビスク(スープ)が美味しかったと思います(笑)。

あと終始際立ったのが、付け合せのポテトの旨さ。もちろんお肉も美味しかったけど、副菜が良い方向に期待を裏切ってくれたのが印象的でした。

千房(有楽町)

http://www.chibo.com/







それこそ、幼稚園の頃からお気に入りの千房。

特製ソーダと、とんぺい焼きに魅せられてますが、最近は焼きそばも好きです。

都内だと鉄板焼きみたいな形式のお店が多いですが、純粋にお好み焼きなどを楽しみたいところ。

萬年喜鮨(つくば)

http://www.manekizusi.co.jp/







お祝いごとや節目で、かつての同僚と何度か足を運んだお店。

ランチでゆったり食べると、なかなか楽しめます。

寿作(平塚)

http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140408/14003763/







これまで食べた蕎麦の中で、もっともコシがあって美味しいと思う、お蕎麦屋さん。

お肉とのセットでも千円を切るので、蕎麦だけだと物足りない時にご飯も食べれて、とても重宝しました。

普段は「ざる・せいろ」を食べる私も、ここではひたすらに上記のセットメニューを頼んでいました。

豚バザール(上野)

http://r.gnavi.co.jp/g011038/





飲み屋さんなのに、なぜかデザートの写真とかしか撮ってませんが(笑)、女子会なども行われるようで、比較的女性が多い店内。

仕切りも多いし、駅前なので使い勝手は良いかと思います。

鉄龍山(つくば・閉店)

http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8001638/











つくばにいた時に、よく通ったお店の1つ。

香港風焼きそばをはじめ、タピオカ入りココナッツミルクや、シューマイなど、好きなものが多すぎて注文に迷ったほど。

近所にこんなお店があると良いのですが・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

巡り

2012年07月07日 22時19分49秒 | インポート
業績不振に喘ぐ半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、全国で10ヶ所の半導体工場を閉鎖・売却する方向みたい。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD290MU_Z20C12A6TJ0000/?dg=1

ルネサスの設立母体であるNECと日立製作所、三菱電機の再々支援を受けて、ようやくその「再起動」に向けた動きが見えてきましたが、一方で大幅な再構築(所謂リストラ)が避けられず、その余波は従業員のみならず、各地域にも及びそうです。

こういった産業・人の移動に伴う地域の損益に関しては、最近だと東京理科大が都内へキャンパスを移転する話もあったなーとそんな印象です。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120620/CK2012062002000137.html

地域の産業・人が損なわれるのは大きな痛手ですが、特に企業はまず自社が利益を出さなければ存続足りえない組織な訳で、そのために再構築をかけることは、必須の措置かと思います。

しかしながら、その結果、雇用先を失う人は出るわけで、産業の空洞化を懸念する意味もあって、これらは大きな課題でしょう。

そんな中、先のルネサスエレクトロニクスが閉鎖・売却しようとしている山形(鶴岡)では、NECとレノボの合弁会社、NECレノボ・ジャパンが立ち上がり、国内向けにシンクパッドの試験生産を始めるようです(こちらは米沢)。

こういった国内で生産する方式はHPなどが既に採用していて、納期の短縮や、その品質イメージに一役買っています。

またこういった「モノづくり」が空洞化すると産業力・技術力(引いては競争力)が低下するとして、トヨタでは国内で300万台の車を生産することにこだわりがある様です。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/120616/bsa1206160501001-n1.htm

+++

トヨタ自動車の豊田章男社長は15日の定時株主総会で「日本のものづくりは当社の競争力の源泉だ。

守り抜くことで厳しい国際競争に勝ち抜く」と述べ、国内生産体制300万台を維持する方針を強調した。

円高や新興国での競争激化など厳しい経営環境を乗り切る。

+++

道(未来)を、誰かの真似ではなく切り開き、進む覚悟。そんな気持ちが必要なのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加