藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

提携

2012年06月24日 19時30分18秒 | インポート
久々に「体調不良」になり、少し日記がご無沙汰でした(読んでる人は少ないと思うけど、めんご・めんご)。

亰の恩恵

最近、その計算処理速度で世界1位の座を、IBMの「セコイア」に明け渡した、理研&富士通が開発した「亰」。

事業仕分けを発端とし、歴代のノーベル受賞者がその政府の対応に、反対の姿勢を示したことでも記憶に残っていることでしょう(例の「2位じゃだめですか?」ってやつ)。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/25/news104.html

これだけ見ると、「1位にこだわったのに、首位を陥落したじゃん」みたいな意見もあるみたいですけど、自分は全然そう感じていない。

世界中でしのぎを削っているわけなので、やはり結果(例えば世界一のスパコンを作る!といった目標)は、目指さないと技術力は衰退の一途でしょう(特に、そういった高付加価値の製品を売ることで、資源の乏しい日本が外需を得るには方向性としては合っていると思う)。

一方で、そういった「開発」が製品となり、市場に受け入れられるかには、幾分疑問を持っていた。

世界一になっても、コストなどで「実用性」が伴わなければ、ニーズを掴めないと思っていたので。

そんな中、最近富士通がオーストラリア国立大学から、スパコンの受注を受けたみたい(その受注額は約39億6千万円)。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD150L7_V10C12A6TJ0000/

また富士通はこの他にも、台湾の中央気象局からも「亰」そのものの商用機の受注を取り付けたそうだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD220MQ_T20C12A6MM8000/?dg=1

富士通としては、スパコン事業の売上高を2015年に1千億円に拡大し、世界シェア10%を目指すようなので、亰に投資した結果がこのような形で還元されそうな気配は好ましいと思う。

(国の投資で大企業がその恩恵を受ければ、その部品などを作る各メーカーにも、その恩恵が大なり小なり行き届くだろうし。)

しかし一方で、亰そのものの開発費(構想費)は1120億円で、その運用費には年間80億円がかかるようだ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/京_(スーパーコンピュータ)

ひとえに「国としてかけた分のお金を、回収せよ」みたいなことを言いたくはないのだけど、こういった大きなプロジェクトを国がどうサポートし、それを企業がどう還元するか。そういった一連の循環型を、この亰を通して是非とも体現して欲しいなと思う。

シャープ

シャープが資本提携した、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業。ここはアップルが作ったイメージを商品にする、所謂生産工場だ。

アップルがiPodやiPhoneなどの良いコンテンツを構築しても、それを実現できる母体(工場)がなければ、市場を席巻できない。

アップルの要求に「応える」だけのバイタルが、この鴻海にはあるのだろう。

一方で、この鴻海の子会社などでは従業員の飛び降り自殺や暴動が起こり、その労働環境が注視されている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM14053_U2A610C1FF1000/

ふと手にした電子機器が、そういった作業員を摩耗して出来たのかと思うと、消費者としても気持ちは複雑だ。

日本人としては、シャープが選んだこの提携が上手くいって欲しいのだが・・・。

BB

イベント戦の裏で、象さん&プラカノで戦場を駆け抜けた藍色です。

ペイントと、機体カラーを一新したいかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶でも飲んで

2012年06月10日 22時12分22秒 | インポート
遠方の皆様からのプレゼントが、滞っていますぞよ。

規格

ガラパゴスと揶揄(というか、公言)される、日本の携帯や非接触のIC。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ガラパゴス化

仮に高性能であっても、規格が例えば世界で支持されなければ、国内需要以上の市場は見込めず、それによって世界進出した際に同じ製品を規格違いで製造するコストが上積みされ、コストメリットが反映できないというジレンマの要因となる。

最近、こういった規格でニュースになるのが、電気自動車(EV)における、国内とヨーロッパなどの規格の話。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1206/04/news013.html

日本が推進するCHAdeMO(チャデモ)と米独が推進するCombined Charging System(コンボ)。それぞれの特徴を挙げると、CHAdeMOの長所は、長期間に渡って数多くの実証実験を積み重ねていることや、採用実績、運用実績の豊富さである。短所としては、家庭用電源を使った普通充電は、急速充電と別に用意したコネクタを使用しなければならない点が挙げられる。

一方のコンボは、普通充電と急速充電の両方を1個の充電コネクタで行えることが最大の長所となっている。CHAdeMOとは違って、普通充電と急速充電のコネクタを1つにまとめられるので、部品コストやメンテナンスコストを低減できるという。ただし、コンボはやっと規格の方向性が固まった段階であるため、運用実績はほぼ存在しない。

要は日本が先の携帯などで得た苦い経験を踏まえ、今度は世界で「規格」においても優先権を得ようと旗を上げているチャデモに、「そうはいくかー」と米独がやっきになっているという話。

現在のところ、VWはチャデモ規格を採用して日本市場に入ります!(日本で売る以上、当然ですけど)と明言しましたが、これがどの程度世界シュアの獲得に影響するかが、今後注視したいと思います(ちなみにVWは、売る地域によって採用する規格を変えるという話なので、チャデモを完全採用しているわけではないです)。

http://www.nikkei.com/article/DGXDASDD300IQ_Q2A530C1TJ0000/

そんな中、国内では東電のスマートメーターは、先行している関西電力など他の電力会社と異なることが問題視されました。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO42415630Z00C12A6TJC000/

生活スタイルを始め、家に不在かどうか等を含めた情報でもあるため、その取り扱いには慎重な意見もありますが、そのため東電はインターネットで標準的な規格(TCP/IP)を採用しなかったりと、独自路線を邁進中です。

また電力需要を知る上で、30分毎のデータ収集で十分なのかといった根本的な課題も指摘されていて、采配がどう振られるか気になるところ。

先のEVや電力(スマートグリッド)関連に、トヨタや日産を始めとする電力会社以外の参入が見えてきたのが最近の傾向でしょうか。

適正な競争が行われ、市場がより活性化され、その恩恵が実感できると良いのですが。

BB

絶火にしてみた。

弾丸の軌道が、ヴェスパインほど目立たないのが良い。

一方で、あんまり爆風の恩恵を感じ取れていない(汗)。あと、ヴェスパよりも長いリロード(6s→8s)は、本当に長く感じる。

狙撃で遊んでいたけど、それだけではクエスト(総合3位内に入り、勝利せよ)を満たせなかったので、強襲でCプラから駆け抜ける。

総合1位になったが敗戦し、一気にやる気が削がれる週末(げまー)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平衡

2012年06月03日 21時42分32秒 | インポート
6月は誕生日です。各自、プレゼントのご用意を、お忘れなく。

地熱

地熱発電の開発に適しているという自治体に向けてのアンケートの結果、開発に反対という意見はなく、概ね賛成らしい(残りは、地元との合意が取れれば、という感じ)。

まあ、普通に考えて「別段反対する理由がないから」、そんな結果になるのは至極当然なのかもしれない。

確かに世界に目を向けると、火山国においては、電力供給に対する地熱発電の割合が高い国もある。

(アイスランド:25%、ケニア&フィリピン:17%、コスタリカ:13%など)

一方で火山国以外からも関心が高いようで、自国にある自然エネルギーを活用できる点は魅力なのだろう。

同じくクリーンエネルギーとされる太陽光や、風力などと異なり、天候に左右されにくい点も、その1つのようだ。

(設備利用率だと、太陽光:12%、風力:20%に対し、地熱は70%)

地熱発電は、地下にある熱水や蒸気を組み上げ、それを蒸気としてタービンに送り込み回転させて発電するもの。

蒸気で発電する点は、火力や原子力発電と仕組みに違いはない(その蒸気を、火力で作るか、原子力から作るかの違い)。

地熱発電に適したタービンは、先の火力や原子力で作られる蒸気が人工的なもので、簡単に言えば「キレイで、不純物が少ない蒸気」であるのに対し、地殻から取り出す蒸気は不純物が多いため、金属を始めとする設備が痛み易い。

この地熱発電で用いるタービンは、富士重工、三菱重工、東芝の3社で世界シュアの7割を占めるようだ。

日本には原発20基分の地熱資源があるともされるが、埋蔵量が正しくてもそれがイコール「使える資源」ではもちろんない。

だが、これだけを見れば「日本には地熱価値用に向けた、文字通り地の利がある」とも言えるだろうか。

一方で、やはり開発に伴うリスクは高いようだ。

実際に地下にどのくらいの上記があるかどうかは掘ってみないと分からないが、この試験用の採掘でさえ、1本につき2億円程度かかる。

電力会社サイドで見れば、こういった開発リスクに加え、出力に対して建設コストが嵩み、かつリスキーな地熱発電よりも、初期投資が大きいが、安定した電力を供給する原発に傾いたのも、分からなくはない(地熱発電では、使用していくにつれ蒸気量が減る減衰も起こり、安定供給には課題があるだし)。

しかし今回の経験で、そんなこれまでの概念(妄想)はある種消し飛んだ。多額の公的資金が導入された電力会社は、その開発リスクと、継続リスクに、それによるコストが幾らになるかを、きちんと把握し、公表して問うことが責務だろう。

そんな中、今週話題になったのが東電の「賞与」の話。

http://money.jp.msn.com/news/j-cast/りそなもjalも我慢したのに東電だけは%e3%80%80料金値上げしてボーナス支給の「厚顔無恥」

+++

東京電力の社員に2012年冬のボーナスとして1人あたり平均約40万円が支給される可能性が出てきた。東電は、政府が1兆円の公的資金を資本注入して実質国有化することを受けて、今夏の賞与を見送るが、今冬以降は未定としていた。

ところが、家庭用電気料金の値上げの原価を精査している経済産業省の電気料金審査専門委員会で、今冬以降の3年間のボーナスに相当する費用として約732億円を人件費に計上。つまり、業績が赤字であろうが、向こう3年間はボーナスを支給するというのだ。

■今冬は1人平均40万円、来年は倍増見通し

東電が計上したボーナス相当額の内訳は、今冬が147億円、13年度が294億円、14年度は291億円。12年度は3万7254人が人件費の算定対象となっており、単純に計算すると今冬は1人あたり平均約40万円のボーナスが支給されることになる。また内訳によると、13年冬には倍増される見通しになる。

5月29日の電気料金審査専門委員会で、東電の高津浩明常務は「福利厚生なども大幅に削減しており、事故のあった福島第一原子力発電所の廃炉や電力の安定供給の技術とそれを担う人材の確保の観点から現行水準で理解してほしい」と説明した。

東電のいう「現行水準」とは、原発の事故後に管理職が年収25%、一般社員が20%の削減を実施。社員全体の年収で平均556万円まで抑制した、これを指している。東電は、「新たな人材の育成のためにも、人材の流出を防ぎたい」と強調。年収ベースでこれ以上の削減はしない方向で理解を求めている。

しかし、これまでの会合でも、委員からは「人件費のカット率は、実質的に経営が破たんしている企業の合理化策としては低すぎる」との厳しい声があった。

+++

1社員には、なんの負の気持ちも持っていないので、賞与がずっとなければ可哀想だなとは感じます。

ですが、賞与とは文字通り「儲けた分を、年2回社員にキックバックする」制度であり、それを支えるのは業績のみでしょう。

もし東電が社員を思って賞与を出したいならば、きちんと稼ぎを出せばいいだけの話です。

http://www.tepco.co.jp/ir/tool/setumei/index-j.html

4000億円の赤字を出している企業が東電です。そこに公的資金が入り、電気を安定供給するという1企業の責務すら果たせていないのが実情です。

最近、電気代を上げる旨を言い放ちましたが、その一方で賞与に言及するのは、本当にどうかと思います。

人材の流出を防ぎたいということですが、流出しても仕方がない状況なのだから、仕方がないでしょう?つなぎとめたければ、もっと違う策を考えた方が良いと思います。

BB

A3に戻りました。竹槍&タックルでせめぎ合いに勝つと、嬉しいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加