藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

2月は、まぼろし

2007年02月27日 23時03分56秒 | 研究室
明日、研究室では来期のメンバーで簡単なディスカッションが行われる。

内容は研究にやっと携わるB3に、各テーマを紹介しながら

誰がどのテーマについて、どう引継ぎ実験などを始めるか、などを決めるのだが

此処に来て、なんとM0が5人(フル)になったらしい。

当研究室から3人。S研とM研から1人ずつというある種の非常事態だ。

そんなわけで、他研から来る人にもやはり研究紹介などが必要なわけで

ちょっとミラクルだなーと感じている。

まあおかげで院生は一挙に増えて、もう本当に来期からはフリーになれるのかしらん?と淡い夢を抱いているけど。

なんか最近、やっと卒研から開放されたーとか思ったら

今度は経理みたいな使いを頼まれた。

ミッション:●●●k円の伝票を、2つ作れっ!!

研究費が思ったよりも余ったらしく、そこでこれまでずっと買い足していなかったガラス器具を買うことになった。

cf, ナスフラスコ×30個

こんな素敵な買い物が、出来るとはね★

今から何処にこのカラス器具たちを隠そうかと、悩んでいるところなり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀河の祖母

2007年02月25日 02時13分22秒 | X-ray
T研時代の遺産でX線をひたすら測定していたりする。

これってキャピラリーじゃないよなーって思って、T瀬さんにコンタクト。

そっか、これって自作なんだと、やっと気づいた。

合成屋さんは、有機でも無機でも、何か「化合物」を作っている。

それがこれまで誰かが作って、「これとこれを、こんな風に混ぜると、こんなのができるんですよ」って報告されていれば、同様の操作をして、それと同じスペクトルが得られるかどうかで、上手く実験できて同じものが得られているかが分かる。

でも、誰もまだ作ったことが無いものだったり、報告がないものだったりすると、そういう指標となるものがない。

だから、その指標を自分が築くことになる。

その際に、最も強力な(決定打となる)測定の1つが、X線構造解析だったりする。

これは簡単に言うと、作った化合物の非常に鮮明な写真撮影に成功したようなものである。

私が作ってるの、こんな形。

とか言いながら、ぴらっとその写真を示すことができる。

そんな写真が、此処一ヶ月で3枚撮れた。

なるほど、確かに幸運をこれで使い果たしているのかもしれないなと、少し思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 ドラクエ1の気分な毎日

2007年02月24日 01時46分22秒 | 研究室
研究室に行くと、誰もいない。

ワックス掛け後なので、午前中は研究室に入室できない。

みんな午後出勤と決め込んでいるのだろう。

手荷物を掛ける椅子すら廊下に出されてしまっているので、それから研究室内に戻す。

ドラフトの下に真新しいダンボールを敷き、ガロン瓶についた埃をふき取りながら並べ

仕事が半分以上済んでも誰一人来ない事に呆然とする。

今年も、こういう光景が続くのだなあーと思うと少し苦しい。

こういう雑用をする分には、一人の方が気が楽だったりするのだが

自分がB4やMだった頃に、こんな事を先輩一人にやらせられないなーと思うし、思った。

それからすると、他者の気持ちは遠く離れていて、本当に伺い知ることが出来ない。

自分には理解できないことが、目の前に広がっている。

それが理解できない(or 理解しようと歩み寄っていない)現状は、私が殻に閉じこもっていると言えるのだろうか?

つまり、外出していても、これは隔絶された世界なのではないかと感じてしまい、少し参る。

外がまだ明るくて良かった。これが夜だったらきっと眩暈が本当にしたことだろう。

そんな風に「此処は何処だ!?」みたいなことを考えながら作業していたら、やっとB4が一人来た。

結局、今日と言う一日は、私とそのB4しか存在しなかった。

どうしても、振り返ってしまう。T研のことを。

もう隣には本当に誰もいない。

Sさんも、N君も、A君も・・・。

すべてが散り散りになり、そして消えていった。

きっと何も残っていないんだろう、此処には。

気が遠くなりそうだったので、とりあえず結晶を拾っておく。

これが今の私を支えている唯一の存在だと感じながら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラクエ1の気分な毎日

2007年02月24日 01時11分19秒 | インポート
研究室が清掃されることもあって、午前中がフリーになったので年会の参加登録したり

本屋に寄って丁度発売日の「少女ファイト2巻」を探したら

「ヴィンランド・サガ4巻」とかもあったので「涼宮ハルヒの憂鬱2巻」とジェットストリームアタックしてみた。

そしたら、レジの人におつり(小銭)を手のひらを返してではなく

雪崩のように、滑らせて返された。

DON’T TOUCH ME!!

そんな声が聴こえてきそうな、そんな印象を受ける。

WORKING!!のさとーさんの気持ちが、少し分かった。

まあそれは気の所為として(本当か?)、レジでこんなおつりの返し方はレアだなーとか思いながら薬局へ足を伸ばし、アイ●ンとかを補充しといた。

起き掛けの、目の洗浄が欠かせないので・・・。

ハルヒは最近、ナデシコverやEDを観る機会があったのでリベンジしてみた。

話、やっぱ難しい・・・なかなかリロードできない感じ。

ちなみにだが、目の細い人を見ると斉藤一を思い出す。

3冊とも、良い買い物であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緋色の空

2007年02月23日 01時36分33秒 | インポート
昨年買ったファ●リーズ・ハウスダストクリア(詰め替え用)は詰め替えられる前にそのシーズンが終わった。

早いもので、もう一周してきたみたい。

なんだか知らないけど、最近目がかゆいし、ちょいと目やにが気になったりもする。

そこで詰め替えたファ●リーズをしゅしゅっとな。

この使用法だが、室内では一日の生活が始まる前後に用いると良いとある。

つまり寝る前にしゅしゅっとしとけば、睡眠中に飛散する量が減るとか

(起きたら花粉があまり気にならなくて、まあ素敵★)


外出前にしゅしゅっとしとけば、帰宅時に飛散量が少ないとか

(帰宅したら花粉があまり気にならなくて、まあ素敵★)

掃除前にしゅしゅっとしとけば、掃除中にほこりとかと一緒に舞い上がる量が減って

(しかも掃除によって固めたハウスダストを回収できるからまあ素敵★)

そういう感じ。

その効果は最大で78%飛散量を抑えまっせーと、謳われている。

そしたら仮にだが、日本中にファ●リーズ・ハウスダストクリアの雨を降らせたら、空気中に飛散している花粉は最大で2割程度に抑えられるのだろうか?

まあそれはただの空想だが、飛散量を仮に半減できたらアレルゲンとして蓄積される速度が半減するわけだがら、花粉症にはかかり難くなるのだろうか?

また一旦発症してしまえば、花粉を異物として捕らえるのだろうから症状は治らないが飛散量がそれだけ減ると症状としては和らぐのかな?

半減以下になったら、感覚的にはだいぶ変わる気がするが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加