こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

2017年記事別アクセス数ランキング(1月度)

2017年02月28日 20時20分00秒 | ランキング記事

いつも当ブログを見て頂きありがとうございます。

毎月恒例となりました月間アクセス数ランキング!2017年1月度のアクセス数はこんな感じでした。

【2017年1月度訪問者数&閲覧数】
訪問者数:56,592人(約1,825人/日)
閲覧数:305,108ページ(約9,842ページ/日)

訪問者数は先月と比べてほぼ横ばい。しかし、閲覧数はかなり増えました。2月もほぼ同じペースで推移しているようなのですが、何故ここまで増えたのか分かりませんw
いつもありがとうございます。

それでは、記事別アクセス数ランキングとグッズ紹介記事アクセス数ランキングの発表です!

【2017年1月度記事別アクセス数ランキングTOP20】

順位 先月 記事タイトル
(記事タイトルをクリックすると記事内容が見られます)
 ジャンル 投稿日 閲覧数
 1位 1位→ 「炎の孕ませおっぱい★エロアプリ学園」 あらすじ・感想 感想 2016年11月27日 6,696
2位 72位↑↑ 「は~とふるママン」 Hシーン体験版 感想 感想 2016年11月25日 3,749
 3位 5位↑ 「妻みぐい3」 あらすじ・感想 感想 2016年2月22日 2,345
4位 224位↑↑ 「は~とふるママン」 Hシーン体験版公開 情報 2016年11月24日 1,860
5位 2位↓ 「竜騎士Bloody†Saga」 体験版 あらすじ・感想 感想 2016年11月13日 1,716
6位 55位↑↑ あざらしそふと最新作「アイカギ」 情報 2016年11月15日 1,692
7位 4位↓ 「アマカノ」 あらすじ・感想その2 上林聖編 感想 2014年12月23日 1,680
8位 7位↓ 「カノジョ*ステップ」 あらすじ・感想その5 岡田とみ子編、感想まとめ 感想 2016年10月13日 1,506
9位 40位↑↑ 「PRETTY×CATION2」 あらすじ・感想その1 姫川穂波編 感想 2015年4月25日 1,423
10位 「アイカギ」 あらすじ・感想 感想 2017年1月27日 1,410
 11位 16位↑ エロゲー雑談 第3回 エロゲー初心者にオススメしたいイチャラブゲー 雑談 2016年4月26日 1,324
12位 9位↓ 「アマカノ ~Second Season~」 あらすじ・感想その1 高社雪静編 感想 2015年12月25日 1,190
13位 25位↑ 「千恋*万花」 あらすじ・感想その6 馬庭芦花編、感想まとめ 感想 2016年8月4日 1,182
 14位 22位↑ 「初恋サンカイメ」 あらすじ・感想その1 氷上ゆりの編 感想 2016年12月29日 1,127
 15位 「PURELY×CATION」 あらすじ・感想その13 アペンドライフ編(1月度) 感想 2017年1月1日 1,014
16位 「アイカギ」 体験版 あらすじ・感想 感想 2017年1月14日 985
17位 「初恋サンカイメ」 あらすじ・感想その5 楠乃葉海咲編、藤崎未来編、感想まとめ 感想 2017年1月2日 978
 18位 12位↓ 「ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど」 あらすじ・感想 感想 2016年12月24日 952
19位 190位↑↑ 「星恋*ティンクル」 体験版 あらすじ・感想 感想 2016年11月7日 948
20位 「リアルエロゲシチュエーション!」 体験版 あらすじ・感想 感想 2017年1月10日 946

なんというか・・・1年前のランキングと比べると随分上位陣のジャンルの方向性が変わってしまいましたねぇ・・・エロアプリ学園が2ヶ月連続1位でした。しかも、更にアクセス数がアップしてます。「サノバウィッチ」綾地寧々編が2016年3月に記録した月間アクセス数7,632の記録に近づきましたし。発売から1ヶ月以上経ってからの記録という点では、サノバウィッチ以上ですねw 2月は若干アクセス数は落ちてるものの、3位以内はキープしてると思われます。ママン(製品版&体験版の両方)との一騎打ち状態ですねw そして、僅か3ヶ月で2016年の年間ランキング1位の「妻みぐい3」が記録した年間アクセス数15,802に並びそうな勢いですw いやー、凄いですね。これはさすがに予想外ですよw
そして、それを追走し始めたのがアリスソフトさんの「は~とふるママン」。1月はまだプレイしてませんでしたが、体験版のアクセス数の伸びが凄かったですね。製品版の感想記事を上げてからは製品版の方が多くなり、おそらくその内製品版感想記事の方が上になるでしょう。このままだと、今年の年間ランキングはエロアプリ学園かママンになりそうな印象ですよw 「妻みぐい3」も何気に自己記録を更新してるし・・・三つ巴になるか?w
新作では「アイカギ」が奮闘してますね。攻略情報が必要だったママンを除いて感想記事としては1番人気でした。やはりイチャラブは強い。

【2017年1月度グッズ紹介記事ランキングTOP20】

順位 先月 記事タイトル
(記事タイトルをクリックすると記事内容が見られます)
投稿日 閲覧数
 1位 「僕と恋するポンコツアクマ。」 綾崎優抱き枕カバー 2017年1月8日 528
2位 「千恋*万花」 C91グッズセット 2017年1月15日 515
 3位 「ぜったい遵守☆にゅ~こづくりわーるど」 朝槻ほまれ抱き枕カバー&C91グッズセット 2017年1月13日 467
4位 「はるるみなもに!」 RTキャンペーン第1弾当選グッズ 特製B2ハーフポスター 2017年1月21日 466
5位 「フローラル・フローラブ」 椿姫こはね抱き枕カバー 2017年1月22日 441
6位 「トリノライン」 宮風夕梨WスエードB1タペストリー 2017年1月23日 403
7位 1位↓ 「LOVELY×CATION」 月岡三朝&七沢由仁 抱き枕カバー&お風呂ポスター 2016年12月11日 396
8位 12位↑ 「トリノライン」 七波シロネ・ちょっとえっちな厚めB2タペストリー 2016年10月21日 381
9位 「千の刃濤、桃花染の皇姫」 エルザ・ヴァレンタイン テレカ 2017年1月5日 377
10位 「春音アリス*グラム」 藤乃雪B2タペストリー 2017年1月19日 348
 11位 「ワガママハイスペック」 宮瀬未尋特大マイクロファイバータオル 2017年1月20日 345
12位 「ナツイロココロログ」 臣苗鈴もふもふブランケット&手帳型スマホケース&モバイルバッテリー 2017年1月9日 336
13位 Syrohカレンダー2017 2017年1月6日 321
 14位 「星恋*ティンクル」 織紙珠希クリアファイル 2017年1月9日 293
 15位 「シロガネ×スピリッツ!」 東雲雪菜&仲野愛ブランケット 2017年1月26日 286
16位 電撃通販グッズ その41 2017年1月26日 279
17位 「千の刃濤、桃花染の皇姫」 鴇田奏海テレカ 2017年1月25日 274
 18位 3位↓ 「フローラル・フローラブ」 美鳩夏乃抱き枕カバー 2016年12月12日 271
19位 メロンブックスグッズ その32 うり坊ざっか店 3Dおっピク(あゆま紗由) 2017年1月23日 258
20位 宮坂みゆカレンダー2017 2017年1月7日 256

グッズは抱き枕カバー系が相変わらず強いですね。必ず上位を占めます。今回は、恋クマの優の抱き枕カバーがゆずソフトのグッズよりも上になりました。
やはり、優とほまれさんのおっぱいは最高だぜ!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!
あとは「トリノライン」のタペストリーも健闘中。シロネちゃんが可愛すぎたので、自分、店舗特典グッズ目当てで1本増やしちゃいましたし・・・トリノライン関係のグッズは発売日まで伸びそうです。

今回は以上!

今後とも当ブログを宜しくお願い致します!

コメント

「フローラル・フローラブ」 SAGAPLANETSショップグッズ

2017年02月28日 00時07分10秒 | SAGA PLANETS

と、いうわけで、サガプラショップに行ってまいりました!

行ったのが平日の昼なんで客が誰もいませんでしたがw

最初は花咲のヒカリちゃんのタペストリーがほしいなぁと思ってたんですけど、ヒカリちゃんのグッズ自体がほとんどなかったので、今回はフロフロのグッズだけ買いました。

そんなわけで、まずはこちら。

こはねさんのタペストリーです~。まず真っ先に手に取ったのがコレですねw
メインヒロイン分しかなかったので、愁さんのがなかったのが残念でした。

続いてはこちら。

キングキーホルダーですね。
最初は愁さんとこはねさんだけにしようと思ったけど、価格も安いし夏乃ちゃんも一緒に買いましたw
こういうSD絵は可愛くて良いですね。

3点目はこちら。

アクリルスタンドです~。愁さんが無かったので代わりに夏乃ちゃんにしました。
どうせ出すならサブヒロインも一緒に発売してほしいなぁ・・・。

最後はガラポンで頂いたブロマイドです~。

愁さんとこはねさんです!!!!w
サガプラショップに来る人の中でも、この2人のグッズばかり買う人ってそうはいないんじゃないかなって思うんですよね・・・たぶんw
年上巨乳好きで何が悪い!!!

「フローラル・フローラブ」のあらすじ・感想はこちら↓
碧衣愁編】【椿姫こはね編】【アーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセ編】【朱鷺坂七緒編】【美鳩夏乃編】【斉須莉玖編
美鳩夏乃バレンタインバースディ編】 

「フローラル・フローラブ」のグッズ購入品はこちら↓
夏乃BIGフラワーバスタオル&グッズセット】【夏はバナナボートだね!夏乃のビッグバスタオル&カードスリーブセット
コンプリートサウンドトラック】【千恋&フロフロコラボB2タペストリー】【碧衣愁B2タペストリー】【美鳩夏乃抱き枕カバー
美鳩夏乃&斉須莉玖テレカ】【椿姫こはね抱き枕カバー】【SweetChristmas もふもふブランケット

「フローラル・フローラブ」の公式サイトはこちらから↓

フローラル・フローラブ応援中!フローラル・フローラブ応援中!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

コメント (3)

「ナツイロココロログ~Happy Summer~」 マスターアップ

2017年02月27日 20時18分57秒 | アミューズクラフト系

2017年3月24日発売Hearts最新作「ナツイロココロログ~Happy Summer~」が先週マスターアップしましたね(*'∇')

マスターアップおめでとうございます~!

激戦区の3月発売タイトルの中でも特に期待度が大きいタイトルなので、無事マスターアップされて一安心です!

マスターアップイラストは久遠ちゃんでしたね。久遠ちゃんはセンターヒロインだけに露出が多いですね~。たまには鈴ちゃんに譲ってくれてもいいのよ?w

早く我が妹の鈴ちゃんに叱られつつ甘えられたいですわ~発売日が楽しみです!!

鈴ちゃんは可愛いぞ!(*´Д`*)b

「ナツイロココロログ」のあらすじ・感想はこちら↓
臣苗鈴編】【七国小都音編】【名城綺新編】【常磐久遠編】【梅宮香奈恵編】 

「ナツイロココロログ」のグッズ購入品及び頂き物はこちら↓
電気外祭り2015冬グッズ】【Character1 2016グッズ】【ロロログカフェタペストリー
発売記念タペストリー&臣苗鈴マグカップ】【臣苗鈴×リン抱き枕カバー(添い寝CD付)
応援バナーキャンペーン当選:白もち桜先生直筆サイン入りポスター
2016夏イベントグッズ】【コンプリートサウンドトラック】【七国小都音&ライ抱き枕カバー
臣苗鈴マグネットステッカー【臣苗鈴もふもふブランケット&手帳型スマホケース&モバイルバッテリー

「ナツイロココロログ~Happy Summer~」の公式サイトはこちらから↓ 

Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!

「ナツイロココロログ」の公式サイトはこちらから↓ 

Hearts『ナツイロココロログ』応援中です!

しっかり者の鈴ちゃんと甘えんぼのリンちゃん、どっちも大好きです!(*´Д`*)b

コメント (2)

「コロナ・ブロッサム vol.3 Journey to the Stars」 あらすじ・感想

2017年02月27日 00時08分20秒 | フロントウイング

2017年2月発売タイトル第3弾は、フロントウイングの「コロナ・ブロッサム vol.3 Journey to the Stars」でした(*'∇')

シリーズ完結編です。

有償店舗特典はこちら。

・・・やっぱりおしっこ系のタペストリーはあるんですねw
それんしても、奏さんのおっぱいはイイですなぁ・・・志乃さん以上のおっぱいは伊達ではなかったw

コロナ・ブロッサム vol.3 Journey to the Stars 概要
続編モノなので詳しくはVol.1Vol.2を参照(爆)

コロナ・ブロッサム vol.3 Journey to the Stars あらすじ
自分の目的達成のためにアルネを利用しようとする奏は、抵抗を続ける景次達にララが使っていた記憶を消す薬で半年間の記憶を消そうとします。しかし、その時、突然ヴォークスが空から降ってきて、景次達は記憶消去を免れます。
突然飛んできた無人のヴォークス。それは、かつてアルネの遠隔操作によるものでした。アルネも一緒に連れ出そうとしたものの、奏が特殊能力を使ったため、状況的に無理と判断したアルネの命令により、ヴォークスは景次達を抱えて宇宙船を脱出。こうして、景次達は奏から逃げることは出来ましたが、アルネを助けることは出来ませんでした。
河原までヴォークスで運ばれた景次達。ヴォークスは景次達を運び終えると同時に動かなくなりました。景次はアルネを助けられなかったこと、奏の正体を見破れなかったこと・・・そして、今回の一連の出来事も両親が死んだことも全て自分が奇蹟を願ったからだと言いますが、それは完全に失言でした。志乃を助けたことで両親が犠牲になった・・・そう言ったからです。志乃は景次が傷付くことを知っているため、自分のせいで両親が死んだことを謝ることはせず、じっと耐えますが、1番傷付いているはずの志乃が景次の発言を聞いても尚相手を気遣う姿勢を見せたことで、景次はますます自己嫌悪に陥ってしまいます。そんな2人に対し、茱萸子は2人とも間違っていると言います。誰かのために願った善意や誰かとの出会いが悪かったなんてことあり得ないと。後悔して過去の自分のせいにするなんて、ただの弱いものいじめだと一蹴する茱萸子。彼女自身も事故でロボット競技者としての生命が危うくなり、何度も後悔しそうになったことがあったため、その言葉は重く、彼女の頑張りを見てきた景次と志乃は彼女の言う通りに後悔することを止め、前を向いて進むことにしたのでした。
工場に戻り状況を整理していると、近くで作業をしていた景次の祖父の鉄次が声をかけてきて、アルネを救うために協力すると言い出し、斑馬町の大人たちを集めます。夜中なのに集まった大人たち。一気ににぎやかになりましたが、そこへ洗脳されたままのリリの子分ロボがやってきて、リリを見つけるなりプラズマガンを発射。景次は咄嗟にリリを助けたものの、自分は怪我をしてしまいます。その後、子分ロボは茱萸子によって押さえられ、商店街の人たちによって捕縛され、ユニィが解析しますが、洗脳はプログラム的なものではなく、アルネがヴォークスを動かすのと似ていて外部からの遠隔操作であることが発覚します。しかし、検査キットを持たないユニィではその原因となっている部分を見つけることが出来なかったため、景次は商店街の電気屋の電六に頼んでみると、その匠の技で原因となっている部分を特定。しかし、それを取り除くことは難しい上、自己防衛システムが働いて再び子分ロボが動き出してしまい、ますます解決が困難になってしまいます。景次が必死に押え込み、様子を見に来た志乃もそれを手伝おうと子分ロボに触れると、子分ロボは煙を出し急停止し、再び動き出すと洗脳が解けて元に戻っていました。
志乃はCATSにより治療を受けたため「機械に触れると壊してしまう」という特殊能力を得ていたようですが、それは正確には「地球技術で作られた機械のみを壊す」というものでした。操られた子分ロボは宇宙技術で作られていましたが、洗脳していた特殊チップは地球製だったため、その特殊チップだけが壊れ洗脳が解けたということでした。そして、正気に戻った子分ロボから、リリを狙った理由が宇宙船フェリダエを動かすにはリリが必要だったからだと分かったため、彼女の居場所はまだフェダリエであることが判明。しかし、アルネを助けるためにはまだ問題は山積みでした。そこで、商店街の人たちと一緒にアイディアを出し合って、作戦は決定。夜を待たずにアルネ救出作戦は決行されることとなったのでした。
アルネ救出作戦が決行され、先行する景次と茱萸子は、商店街の人たちが乗るヴォークスの協力で船の内部に侵入することに成功しい、奏とアルネがいるブリッジに辿り着きます。しかし、奏の持つ不可視のチカラによってヴォークスが壊されたため、2人はヴォークスを出て対峙します。彼女の使う力は宇宙人のものではなく、天使の力でした。研究所とは天使が培ってきた人類を正しく導くための組織であり、奏の本当の目的は、他の天使ではなく自分の手により人類を進化させ自分が神になることでした。そして、日置奏自身もまた天使によって操られていたのです。天使ベルティエル・・・それが今の奏の中にいる存在でした。しかし、他の天使を出し抜くということはベルティエルの援軍は来ない。しかも、アルネを安全に且つ秘密裏に運ぶには宇宙船が必要・・・そのためにリリを狙っていました。そこに突け入る隙がありましたが、あろうことかリリ本人が船に乗り込んでしまい、ベルティエルに捕まってしまいます。そこへリリと一緒に船に乗り込んできたユニィは咄嗟に以前皆の服を溶かしたことがある自動洗浄用の粘菌を投げつけると、その粘菌がベルティエルの弱点で天使の力を封じるという思わぬ効果を発揮し、奏本人も意識を取り戻しベルティエルの無力化に成功(茱萸子も巻き込まれましたがw)、アルネを救出することが出来たのでした。
ベルティエルを捕まえ、研究所のことなどについて尋問しますが、彼女は口を割ろうとしなかったため、ひとまず置いておいてアルネを宇宙に帰す方法を考えることにします。そして、商店街の人たちを再び集め、案を出し合った結果、今は煙突になっている主砲でアルネを打ち上げようという話になります。すると、ユニィはマスドライバーを作れば何とかなるかもしれないと結論付けたため、ようやくアルネを宇宙に帰す手段が見つかったのでした。
それからマスドライバーを作り、実験を続けますが、問題が山積みでした。商店街の人たちと相談しながら少しずつ修正していくと同時に、少しずつアルネとの別れが近づいていることを実感していた景次。そんなある時、船が通行するときに上がる桟橋を使えば全ての問題を解決できることに気付き、早速橋にマスドライバーを移設させることに。それから数日後。ついに桟橋にマスドライバーが取り付けられ、打ち上げの日が近づいていました。送別会もして、残すは打ち上げのみとなった日の夜、アルネは景次を連れて散歩に行きます。まだ作業している人がいるマスドライバーを見に行った後、工場に行くとアルネはヴォークスの上に登って星を見ます。そして、景次の方を向くと飛び降りて景次に抱きつき、言います。寂しいと。最近皆が優しくしてくれて、でもそれが自分を追い出そうとしているように感じられてしまって・・・そんなことはないと分かってても、アルネは寂しかったのです。それでも、心の奥底には「仲間の元に帰りたい」という気持ちもあって、どうしたらいいのか分からなくなっていました。けど、景次から「俺も母さんに会いたい。宇宙に出て会えるならアルネの代わりに打ち出してほしいくらいに」と伝えます。大切な人に会いたいと思えるのは、大事なことだから、その気持ちを責めないでほしいと。そして、絶対お前を帰してやると言うと、アルネは頷き景次の胸に顔を埋めるのでした。
アルネの送別会。アルネは色んな人にオモチャにされてきましたが、商店街の人の赤ちゃんを抱きかかえることになったため、景次と志乃を呼び出します。2人が赤ちゃんが好きということを確認したアルネは、最後の主賓の挨拶のとき、2人へのプレゼントとして、景次と志乃に赤ちゃんを作ってねと言います。自分が見られなかった四季を赤ちゃんに見せてほしい・・・それが約束だと。自分の恋愛事にはめっきり弱い志乃はそれを聞いて激しく動揺し、景次が「分かった」と返事をしたところで、キャパオーバーとなり倒れてしまいます。その後、アルネから奏との出会いも含めて全ての出会いを大切にしたいと言われた景次は、リリの許可を貰い、ブリッジに行って奏に会いに行きます。奏の中身は未だベルティエルでしたが、彼女のことも受け入れ、全ての出会いを良かったことにしたい、そうしてアルネに誇れる人間になりたいと告げてその場を去ります。
アルネとの別れのために色々頑張ってきた景次。そんな景次の強がりを見抜いた人が1人だけいました。それが志乃でした。お別れ会の片付けが終わった後、最後まで残っていた2人は、浜辺で話をします。そこで志乃は1つだけ質問するから嘘は吐かないで欲しいと景次に約束させ、質問します。「弱音を教えてください」と。そして、景次に顔を近づけます。すると、景次は本当はアルネに帰ってほしくないと本心を答えます。アルネが帰ってほしくないと言ったとき、ここに残れば良いと言いたかった・・・けど言えなかった。アルネには帰る場所があるからと。それでも正論で自分の心に蓋をしようとしていましたが、それすらも志乃は見抜き、自分に蓋をしないでと伝えます。すると、景次の中で今まで我慢していた感情が爆発します。志乃はそれを受け止め、それでもアルネと出会たことには感謝してる、だからきちんと別れしようと伝えると、景次は落ち着き、2人は気持ちを伝えあいキスをするのでした。
2人がキスをした直後、子分ロボが緊急事態だと言って2人を呼びに来ます。奏が脱走したと。急いでリリ達の元へ向かった2人。リリが言うには、1体だけ洗脳されたロボが残されていて、それが奏の脱走を手引きしたと言います。景次が奏に会いに行ったときに案内した子分ロボがその洗脳されたままのロボだったのです。そして、マスドライバー付近に洗脳された子分ロボが出現したと茱萸子から報告を受けたリリ達は、奏の狙いがアルネを宇宙に行かせないためにマスドライバーを破壊することであることを知り、フェダリエを緊急発進させようとしますが、起動だけで電力を使い果たしてしまったため、向かうのは景次と志乃だけとなりました。子分ロボに乗って現場に来た2人。そこには黒いヴォークスに乗った奏がコイルガンを持って茱萸子たちと対峙してました。景次はマスドライバーが破壊される前にアルネを宇宙に送り出そうとしますが、それを奏のヴォークスが放つコイルガンが止めます。奏の持つコイルガンは本来チャージに時間がかかるはずでしたが、奏はそれを洗脳した子分ロボたちのエネルギーを使うことで時間短縮に成功していました。茱萸子はマスドライバーを守るためにヴォークスで盾になろうとしますが、それをアルネが止めたため、コイルガンの弾がマスドライバーの加速装置に直撃し、破壊されてしまうのでした。
奏はリリによって捕まえられたものの、研究所の援軍が間もなくやってくることが判明した上、マスドライバーの加速装置はどうすることも出来ず、全員が茫然とするだけでした。そんな時、志乃が景次を奮い立たせ、景次は立ち止まるわけにはいかないと次善策を考えることにします。そして、ある事を思い付いた景次はユニィに協力をお願いし、アルネを再びポッドの中に入れます。そして、ヴォークスに乗り込んだ景次は、茱萸子の乗るヴォークスと共に急増のフラクタシル製パイルバンカーでフラクタシルに打ち込みます。景次が考えた策は、フラクタシル同士がぶつかると莫大なエネルギーが発生するのを利用して加速装置にするというものでした。援軍が近くまで来ている中、2人が懸命に打ち込むものの、橋を支えているワイヤーが切れかかってしまったため、鉄次たちがそれを必死で押え込みますが、間もなく充填率が100%になろうというとき、無常にもワイヤーが切れてしまいます。しかし、倒れそうになった砲身はリリのフェダリエによって支えられます。そして、充填率が100%になり、フェダリエのおかげで傾斜角度も充分取れたことから、アルネは「行ってきます」と言って宇宙へ旅立つのでした。
それから6年後。ベルティエルから主人格を奪った奏は研究所を辞めて班馬町で居酒屋を経営し、リリやユニィもまだ町にいました。この日はアルネが宇宙に旅立った日だったため、景次は志乃と娘のころな、そしいて茱萸子を連れて天体観測に行きます。皆で見上げる星空。その時、娘のころなが図鑑に載ってない星を見つけ、母親の志乃に聞きます。すると志乃は、笑いながら「あれは最近出来た新しい星で、名前をアルネって言うの」と娘に教えるのでした。

コロナ・ブロッサム vol.3 Journey to the Stars 感想
アルネの出発が慌ただしくなっていたのが残念ですけど、この手の前向きな別れ話って結構好きです。寂しい気持ちが少し残るというのが良いんですよね。もちろんアルネが戻ってくることにも期待はしていましたが、それもエピローグによってかき消されてしまったw 何故なら、志乃さんがメインヒロインになって子どもと一緒に天体観測するという終わり方が素晴らしすぎるからw 私はてっきり、主人公は誰ともくっつかない、又はアルネが戻ってくるならアルネとって思ってたので、志乃さんと結ばれる終わり方は志乃さん大好きな自分としては満足のいくものでした。・・・だから、なんで志乃さんのHシーンなかったんですか!おかしいでしょ!!メインヒロイン確定したなら、リリじゃなくて志乃さんにすべきでしょーが!このシリーズは本当、Hシーンに関しては納得いかなかったなー。
そんなわけで、Hシーンは奏さん、リリ、アルネの3人でした。何故リリが続けてあったのが疑問ではありましたが、今回は3人ともおっぱい見せたのでHCG的には1番良かったです。ただ、奏さんだけアニメーションがなかったのが残念だったなぁ・・・。リリは前回アニメーションあったんだし、今回は奏さんに譲っても・・・折角の騎乗位だったのに。いや、そもそもリリじゃなくて志乃さんにしてほしかったよ・・・。志乃さんがメインヒロインになっているシナリオからすれば、そうでなくちゃおかしいと思うんですよねー。まぁ別の機会に志乃編やってくれるなら良いですけど(爆)
メインシナリオに関わる部分では、何の前触れもなく天使の存在が出て来たり、1番大事だったアルネの出発がものすごく慌ただしくなって別れを惜しむ間もなかったり、若干微妙だなって思うところはありましたが、日常パートの面白さは相変わらずで(おしっこ香水とかw)、景次やアルネ、茱萸子が抱える悩みもよく描けていたし(第2巻では志乃さんのことについて詳しく触れてるし)、志乃さんの母性も如何なく発揮されてた上、メインヒロインになってたので、全体的には満足でした。特に志乃さんは序盤から奥様オーラを出してたので、景次と結ばれて良かった良かった!娘のころなちゃんも将来は志乃さんみたいな巨乳にな(ry
まぁー、これであとはHシーンさえ良ければなーって思いますね~。第3話のHCGは満足しましたが、1と2は不満しかなかったですしね・・・。これでコロブロ本編は終わりですけど、Hシーンにあるような個別ルートも作るのかな?それは今後のユーザーの声次第なのかな?個人的には志乃さんの個別ルートが見られるだけで満足なんですけど。まぁようするにアルネが旅立った後の話ですがw とにかく、志乃さんのおっぱいが揺れるHCGが見たいんじゃああああああああああああああああ!!第1話のHCGは何故バックで尻しか見せなかったんだああああああああああああああああ!!!

・・・さてさて、これで2017年2月発売タイトル終了ですw 今月はホントに少なかった・・・その分、3月~5月の3ヶ月は死にますね(爆)

「コロナ・ブロッサム」シリーズのあらすじ・感想はこちら↓
vol.1 Gift From the Galaxy】【vol.2 The Truth From Beyond】【vol.3 Journey to the Stars

「コロナ・ブロッサム」の公式サイトはこちらから↓ 

『コロナ・ブロッサム』応援中!

志乃さんのおっぱいに顔を埋めていっぱい甘えたい(*´Д`*)

コメント

「フルキス」 体験版公開

2017年02月26日 20時49分37秒 | 戯画

2017年3月24日発売予定、戯画最新作「フルキス」の体験版が公開されています(*'∇')

マスターアップはまだのようですが、今回は延期の心配はなさそう?

自分は少しプレイするのが遅れるかもしれません。まぁ1週間以内にはプレイするとは思いますが。

今作は千桜と陽子さんのどちらが良いか迷ってるので、まだ予約してないんですよね。体験版をプレイしてから決めようと思っています。

まぁどっちも好みな巨乳っ子なんで、どっちでもいいんですけどねw

「フルキス」の公式サイトはこちらから↓
http://products.web-giga.com/furukiss/】 

コメント

「いつまでも僕だけのママのままでいて!」 あらすじ・感想

2017年02月26日 00時07分39秒 | 美少女ゲーム(感想)

2017年2月発売タイトル第2弾は、ANIM Mother&Wifeの「いつまでも僕だけのママのままでいて!」でした(´ー`)w

実を言うと、このタイトルは予約してたのを忘れてたんですよね・・・発売延期にも気づかずっていうか、何故か予約した店舗から延期の通知が着てなかったというw
っていうか、サブタイトルが長い上に直球すぎて笑ったw

店舗特典はこちら。

朱美ママですね~。見た目的には金髪巨乳な奈々ママだったので、どっちか悩んだ記憶がありますね~。
まぁ全員母性がハンパないので、皆好きですけどねw

いつまでも僕だけのママのままでいて! 概要・システム
物心付く前に両親が離婚してしまい、父に引き取られてからというもの、父方の祖母に厳しく躾けられてきた主人公(名前変更可)が、家族と上手くいってないこともあって進学を機に一人暮らしを始めますが、そこでデリバリーママという母親代行サービスの存在を知り、デリママに甘えるというお話。
E-moteが搭載されており、立ち絵が動く他、一部のHシーンでアニメーション付となっています。

いつまでも僕だけのママのままでいて! ヒロイン紹介
【折原朱美】

主人公がデリバリーママを利用し始めて最初に来てくれたデリママ。少しほんわかした女性で距離感が近く主人公に対してまるで母親のように接してくる。
実はバツイチ。主人公と同じくらいの年の子どもがいて、子どもは夫側に引き取られたため別居中。主人公は朱美のことを初めて見たとき、どこか懐かしい気持ちになったが・・・。
【櫻井真由香】

主人公の実家の近くに住むデリママ。サバサバした性格で明るく元気。そして、流行モノに弱い。
主人公とは家族ぐるみで付き合いがあったため、主人公を完全に子ども扱いしており、仕事中でも主人公のことをからかってきたりする。
既に結婚していて夫もいるが、夫との間に子どもはまだなく、そのせいもあってか主人公に対してデリママのサービス以外にも何かと世話を焼こうとするが・・・。
【御影奈々】

主人公の義母。大人しい性格で見た目はとても若い。
義理の息子である主人公と親しくなりたいと思っているものの、主人公がやや拒絶した態度を取っているため、距離感を掴めずにいる。
主人公が甘えてくれるのをとても喜び、息子のためなら何でもしてあげたいと思っているため、エッチなことでも平気でしてしまう。

いつまでも僕だけのママのままでいて! 攻略情報
1人目クリア後、エンドリストで見たいエンディングを選択すれば、自動でオープニングからエンディングまでを選択肢無しで見られる仕様になっています。なので、攻略情報を見るよりも適当に誰かのエンディングを見てしまった方が早いです(爆)
朱美END1:折原さん→折原さん→(セーブ1)朱美さんにリビングを探してもらう→(セーブ2)イタズラをやめる
朱美END2:(セーブ2より)イタズラをやめない
朱美END3:(セーブ1より)朱美さんに机回りを見てもらう
真由香END1:真由香おばちゃん→真由香おばちゃん→(セーブ3)甘えてお願いする→オナニーする→いっそ甘え倒す
真由香END2:(セーブ3より)我慢できないと押し倒す→我慢する→たまには強引に
奈々END1:おまかせ→おまかせ→呼んでみる→(セーブ4)お願いしてみる→性器を抜く
奈々END2:(セーブ4より)体を洗い続ける→イカせる

いつまでも僕だけのママのままでいて! あらすじ
【共通ルート】
進学を機に一人暮らしを始めた主人公。しかし、家事を全て自分でやらなくてはいけないことから、僅か数日で面倒くさいと思うようになっていました。そこへ見たのがポストに入っていた1枚のチラシでした。
デリバリーママという母親代行サービス。主人公は幼い頃に両親が離婚しており、その後、父親が再婚して義母が出来たものの、義母とは上手く距離感が掴めずにいたため、「母親」という存在に憧れていました。そんなこともあり、気がつけばデリバリーママに電話をかけていたのでした。
1週間の試用期間があるお試しコースを選び、いよいよその日がやってきます。最初に来たのは折原朱美という人でした。彼女はほんわかした雰囲気を持っていて、主人公はその雰囲気からどこかで見たことがあるような不思議と懐かしい気持ちになります。その翌日、デリバリーママとしてやってきた人物を見て主人公は驚きます。実家の近くに住んでおり家族ぐるみの付き合いがある櫻井真由香が来たからです。自分の幼い頃を知る真由香には、色々とからかわれはしたものの、知り合いという安心感があり、家事も完璧だったことから、2日目も満足します。その後も日替わりで色々な人にデリママに来てもらい充実した日々を過ごしてきた主人公。そんなある日、義母の御影奈々から電話がかかってきましたが、いつものように上手く話すことが出来ず、突き放すような態度を取ってすぐに電話を切ってしまい、自己嫌悪に陥ってしまうのでした。
奈々の件は気になっていたものの、それからもデリバリーママを利用し続けますが・・・。
【折原朱美編】
試用期間が終わり、今後のサービスについて朱美にお願いすることにした主人公。朱美の仕事には満足していましたが、唯一、仕事中だからとご飯を一緒に食べてくれないことだけは寂しさを覚えていました。やはり1人よりも2人でご飯が食べたいと思った主人公は、思い切って朱美に一緒に食べてほしいとお願いします。すると、主人公の熱意に押された朱美は了承し、ようやく一緒に夕飯を食べることが出来たのでした。
親密で距離も近くてまるで母親のように接してくれる朱美に惹かれつつあった主人公。そこで思い切って結婚しているか聞いてみると、朱美は昔はねと答えます。つまり今はフリーということでした。主人公はそれを聞いて自分がアプローチしても問題ないと安堵します。そして、ある日、主人公はついに告白します。しかし、朱美はそれを本気と受け取らず、答えを保留するのでした。
それからもしつこく告白を続け自分が本気だと伝える主人公。すると、朱美もついに折れて、「主人公が飽きるまで」という条件で付き合うことにします。
最初はプラトニックな関係で付き合うことになっていましたが、初めてのデートでキスをしてからは、普通の恋人関係のようになっていき、ある日、朱美は仕事が終わってからも主人公の部屋に残り続け、一泊することにします。主人公と一緒に居続けているうちに、彼女もまた主人公に惹かれていたのです。こうして、2人は一夜を共にし、本当の恋人同士となったのでした。
【折原朱美編END1:秘密の恋人】
客である主人公と恋人関係になったことが会社にバレてしまい、デリママをクビになってしまった朱美。そんな朱美に対し、自分もバイトするから一緒に住もうと主人公は提案します。しかし、朱美は学生の本分は勉強だからと主人公を言い聞かせます。しかし、内心は嬉しく、徐々に男らしくなっていく主人公の姿にますます惚れていきました。そして、主人公も彼女が母親であることが知られてしまうことから、今の両親には紹介できないと考え、それでも一緒にいたいから誰にも言えない朱美との秘密の恋人関係を続けることにしたのでした。
【折原朱美編END2:肉欲の母子】
ある日、宿題のレポートが見つからなかったため、朱美と2人で手分けして探すことになり、主人公は自分の机回りを見ていたところ、父親の物と思わしき写真が出てきます。その写真は父の他に女性と赤ん坊が映っており、女性の顔をよく見ていると朱美にソックリだったことから主人公は驚き、朱美が自分の本当の母親なんじゃないかと考えます。そして、朱美に別居中の子どもの事を聞きますが、彼女は赤ん坊の頃に別れたきり会せてもらっていないから分からないと答えます。朱美が帰った後、再び写真を見た主人公は、その写真の日付が自分の誕生日であることに気付き、朱美が本当の母親ではないかという疑念が強くなるのでした。
朱美は母親かもしれない・・・そのことを確認するかどうかで悩む主人公。何より母親と恋人として付き合えるのかどうか・・・もし事実を知ったら2人の関係が壊れるかもしれない。そう思った主人公は、居ても立ってもいられず、朱美が部屋を訪れた瞬間に押し倒し、彼女を求めます。そして、主人公にとって朱美は母親ではなく恋人なのだと強く思い、自分たちが母子である事実は隠そう決意するのでした。
しかし、それも長くは続かず、父親からの手紙を朱美に見られてしまい、実の親子であることを知られてしまいます。朱美は主人公との関係を終わらせようとしましたが、主人公はそれでも朱美のことを求め、彼女と無理矢理セックスします。そして、最後は彼女の判断に任せますが、彼女もまた主人公がいないとダメと自分の本心を語り、2人は実の親子ながらも恋人関係を続けることにしたのでした。
【折原朱美編END3:誰も知らない世界へ】
ある日、宿題のレポートが見つからなかったため、朱美と2人で手分けして探すことになり、彼女に机回りを探してもらい、自分はリビングを探すことにしました。レポートはリビングにあったため、主人公はそのことを朱美に報告しに行きますが、主人公を見た朱美は様子がおかしく、突然別れ話を切り出します。主人公が理由を聞き出すと、朱美は自分たちが親子であることを告白。そして、主人公の部屋にあったという1枚の写真を見せます。その写真には一組の男女と赤ん坊が映っており、男性が主人公の父親で女性の方が朱美本人でした。朱美はその写真を主人公に見せた後、ごめんなさいと言って部屋から出て行ってしまい、主人公もそんな彼女をすぐ追いかけることはしませんでした。
それから朱美はデリママを辞めてしまい、連絡もつかなくなってしまいました。それでも主人公は諦めきれなかったため、朱美を捜すことにします。そして、懸命の捜索の結果、ついに朱美の住んでいる家を見つけ出し、彼女を呼び出そうとしますが、拒否されてしまいます。しかし、主人公が必死にお願いすると、家にあがらせてくれて、話を聞いてくれることに。主人公は自分のことが嫌いになったのかと聞くと、朱美が話がないならもう来ないでと言って答えなかったため、また捨てるのかと叫んで彼女に縋りつきます。すると、朱美は捨てたわけじゃない・・・捨てられるわけないじゃないと言って、再び主人公を受け入れるのでした。
寄りを戻した朱美は主人公の部屋に住むことになり、恋人としても母親としても一緒にいることにしました。しかし、心の中にある罪悪感は消えることなく、主人公の隣にいていいのかずっと悩んでいました。そんなある日、主人公が日頃の感謝の気持ちを込めて、一生懸命に作った朝ごはんとカーネーションをプレゼントすると、朱美の中にあった罪悪感は消え失せ、自分は主人公の隣にいていいのだと感じ、嬉し泣きをするのでした。
それから数年後。主人公は朱美に相応しい男になるために頑張った結果、海外に行くことになりました。朱美はそれを知って寂しそうな顔をしますが、主人公が頑張っているのを見てきたため、それを祝福します。主人公はサプライズとしてウェディングドレスをプレゼントしてそれを朱美に着せてセックスしますが、セックスした後、彼女に一緒に海外に行って2人だけで暮らそうと伝えます。すると、国内に1人残るものと思っていた朱美は驚き、あなたとならどこへでも行くわと言って笑顔を見せ、2人は誓いのキスをするのでした。
【櫻井真由香編】
デリママの試用期間が終わり、真由香を指名した主人公。真由香はそれを聞いて喜び、これからもしっかり面倒見てあげるとはりきります。そして、デリママのサービス時間の夕方だけではなく、サービスで朝の世話まですることになったのでした。
しかし、その初日、真由香が来るのを忘れていた主人公は、朝勃ちの処理をしようとしていたところを真由香に見らててしまい、お手伝いとしてフェラをされます。それから数日、真由香にしてもらったことが忘れられなくて授業にも支障が出ていた主人公ですが、定期テストの結果が思ったほど悪くなってなくて一安心。そして、80点台や90点台しかないテスト結果を見た真由香に褒められ、今まで祖母に厳しく躾けられて褒められたことのなかった主人公は、嬉しくなります。真由香のご褒美として豪華な夕飯を食べた後、彼女から何かしてほしいことがあったら何でも言ってほしいと言われます。彼女は主人公がずっと言いたいことをずっと我慢しているような気がしていたため、それがずっと気がかりだったのです。それを聞いた主人公は、真由香おばちゃんのおっぱいが見たいとお願いしますが、真由香は仕方ない子と言いながらおっぱいを見せてくれ、主人公が母親に甘えたことがなかった経緯もあって、これからは自分のことを母親だと思ってほしいと言うのでした。
主人公の母親になろうとしている真由香。主人公もそんな彼女に甘えますが・・・。
【櫻井真由香編END1:通い母】
主人公に対して、どんどん甘やかす真由香。そんな真由香のことを好きだと思いつつも、母親のように甘えたいと思った主人公は、ひたすら真由香の体を求め、甘え続けるのでした。
【櫻井真由香編END2:新しい命】
真由香に甘え過ぎた結果、自分の性欲を抑えられなかった主人公は、彼女を押し倒し、強引にセックスをしてしまいます。事後、真由香に怒られた主人公は、自分のしでかしたことを反省しつつ、真由香に嫌われてしまうと泣いてしまいますが、そんな主人公に対し、次からはコンドームを付けるようにといって許します。主人公はコンドームがあれば真由香とセックスできるのだと考え、その通りコンドームを買ってきて、真由香におねだりし、彼女も主人公のお願いを聞き入れ、その日の夜、再びゴム無しでセックスしてしまうのでした。
それからというもの、ゴム無しの中出しセックスを続けた2人。しばらく経ったある日、真由香が突然妊娠3ヶ月と言って主人公を驚かせます。そして、無事赤ちゃんも産まれ、真由香は旦那と夫婦生活を続けながら、主人公と2人目の子作りセックスをするのでした。
【御影奈々編】
デリバリーママを利用し続けたものの、朱美と真由香以外のデリママばかりが来て、それが仕事をこなすだけの人ばかりだったため、主人公は少し寂しくなっていました。そして、この前すぐ電話を切ってしまった件もあって、義母の奈々に電話をかけて謝りますが、奈々は謝ることじゃないと言って笑って受け止めてくれます。気にしてないという義母からの言葉に主人公は嬉しくなったものの、「ありがとうございます」という少し他人行儀な言葉しか出すことが出来ませんでした。しかし、そのお蔭で奈々に新しい生活のことについて色々と話すことが出来、気が付けば長電話になっていました。主人公は義母の家事の邪魔をしてしまったことに気付き謝りますが、奈々はそんなことはないと返します。こうして、少しだけではあるものの、主人公は義母と打ち解けることが出来たのでした。
試用期間が過ぎ、デリバリーママを続けるかどうか迷った主人公は、考えた末に自分で何とかしようと思い、デリバリーママを打ち切ります。しかし、自炊を始めようと思ったものの、面倒だと思ってしまい、カップラーメンで済ませようと考えたところで、奈々が部屋を訪ねてきます。彼女は夕飯のおかずを持ってきてくれたようで、主人公はそれをありがたく受け取ります。奈々はデリママのチラシを見て、これを利用するのですかと聞きますが、主人公が止めることにしたというと安堵し、自分が代わりに家事をしてあげましょうかと提案。主人公はほぼ反射的に頷いてしまい、奈々はそんな主人公を見て微笑んだ後、急に元気になって家事をはりきます。それからも彼女の厚意を受け続けましたが、ある日、学校からの帰りが遅くなってしまい、義母も帰ってしまっただろうと思っていたら、玄関前に奈々が立って待っているのを見て、主人公は申し訳ない気持ちになったため、家族だからと言って合鍵を渡します。すると、奈々は嬉しそうに微笑むのでした。
ある日、朝の情報番組で親の呼び方についての特集をやっていたため、主人公は何となく奈々のことを「母さん」と初めて呼んでみることにします。すると、奈々は驚いたものの嬉しそうにしていました。しかし、今の主人公にはハードルが高いため、たまに呼ぶという約束だけしてまた名前呼びに戻ります。
ある日の夕方、夕立で濡れて帰ってきた主人公は急いで風呂に入ろうとしますが、脱衣所には下着姿の奈々がいて驚きます。どうやら彼女も濡れてしまったようで、主人公は奈々に優先して風呂に入ってもらいますが、奈々の下着姿が脳裏に焼き付いてしまったため、自室に戻ると奈々をオカズにオナニーをしてしまいます。その翌日、主人公は風邪で寝込んでしまい、夕方になって訪れた奈々は主人公が風邪を引いていることを知り、その日は一晩中看病してくれました。そんな奈々を見て、主人公は自分は奈々のことを母親として慕っているのだと実感し、「お母さん」と呼ぶようになります。そして、看病で身体を拭いてもらうことになりましたが、その途中で昨日の奈々の下着姿を思い出してしまった主人公は勃起してしまい、それを見た奈々は辛いだろうからと手コキでヌくのを手伝うのでした。
義母と打ち解けはじめた頃、父親が長期出張する間、家をリフォームすることになったため、その期間、住む場所をどうするか悩んでいた奈々に対し、主人公はこの部屋に泊まったらと提案します。こうして、主人公は義母の奈々と同居するなりました。しかし、同居を始めてすぐ、奈々をオカズにオナニーをしていたところを本人に見られてしまいます。主人公は思い切って看病してもらったときと同じようにヌくのを手伝ってもらおうとお願いしてみると、奈々も嫌な顔1つせず受け入れてくれたため、主人公はそれ以降、彼女に甘えるようになっていったのでした。
【御影奈々編END1:仲良し母子】
ゴム有セックスを続けた後、主人公が奈々の誕生日にエッチな下着をプレゼント。嬉しくなった奈々はゴム無で中出しを許可します。その後も仲の良い母子の関係を続け、リフォームが終わる頃、父親が帰ってきて今の家族になって初めて親子3人で一緒に寝ることに。そして、主人公は1人暮らしよりも家族と一緒に暮らすことを選び、家に帰ることにします。しかし、父親が帰って来ても2人の秘密の関係は続くのでした。
【御影奈々編END2:家族のかたち】
初セックスでゴム無の中出ししてしまい気まずくなってしまった2人。しかし、奈々が遠慮しなくていいと言ったため、主人公は甘え続けることにします。そして、実家のリフォームが終わり、奈々は家に戻ってしまったため、急に寂しくなった主人公は、奈々のことが好きなんだと自覚し、奈々が再び部屋に来たときに告白。それから数ヶ月後。奈々の体調が悪そうだったため、主人公は急いで近くの総合病院に連れて行きます。そこで奈々が医者に言われたのは、妊娠でした。その後、奈々は無事出産し、主人公に妹が出来ましたが、妊娠のタイミング的には自分の子かもしれない妹のことを自分の娘のように可愛がります。そして、奈々との不倫も続けていたのでした。

いつまでも僕だけのママのままでいて! 感想
ただひたすらにママンに甘えるだけのお話ですw もうそれ以外に言いようがないw 最高のバブみが体験できることでしょうw 朱美ママだけは実母なので若干シリアスな内容もありますが、基本的にはママンなヒロインに甘えつつイチャラブするお話です。だから、バブみがハンパない。3人ともおっぱいが大きくて母性もあって、ただひたすらに甘えられるので、すごく良かったです!久しぶりに何も考えずにバブバブできて満足しました(爆)
3人とも性格の違いはあれど、家事・料理は得意だし主人公のお願いをちゃんと聞いてくれて甘えさせてくれるので、実際に見た感じでは見た目以外の大差はなかったりします。まぁタイプ的に言えば、朱美ママは押しに弱くなんだかんだ言いながらも主人公の強引さに負けてワガママを受け入れてしまうタイプ、真由香ママは自分からノリノリで甘えさせてくれるタイプ、奈々ママは主人公のお願いを無条件で何でも聞いてしまうタイプって感じです。いずれにせよ、最初から最後まで甘えまくりなので、ひたすらに甘えたいという疲れたアナタに最適な作品と言えるでしょう(爆)
Hシーンは全員それぞれ19回ずつあります。シナリオ分岐でエンディング数こそ朱美ママが1つ多いですが、シーン数は変わりませんでした。アニメーションは朱美ママが4回、真由香ママが3回(内ボテ腹1回)、奈々ママが3回。本番Hでおっぱい見せる回数は、朱美ママが10回(内ボテ腹1回)、真由香ママが7回(内ボテ腹1回)、奈々ママが8回(内かろうじて見せてるバックが1回)。まぁ本番Hのある数からすると半分くらいかな。朱美ママはやや多め、奈々ママが約半分、真由香ママが少な目という印象です。全体的には朱美ママが1番良かったですね。裸エプロンで唯一おっぱい見せた上、窓に張り付きバックだったし、ウェディングドレスHの騎乗位アニメーションも良かった。真由香ママは少し不満が多かったものの、全裸正常位のアニメーションが唯一あって、それが凄く良かったです。奈々ママは唯一パ○ズ○フェ○があり、寝取り風の背徳感も味わえるのがGOODでした。まぁ何にせよ、甘えつつおっぱいも堪能できるので概ね満足だったかな。ただ、バブみ要素は高いものの、意外にも授乳手○キがありません。珍しいですね・・・最近は母性キャラには必ずと言って良い程にあった授乳手○キをあえて入れないという心意気は流石です(爆) まぁ私は別に好きってわけでもないので構いませんが、母性キャラには授乳手○コキが欲しい!っていう人には物足りないかもしれませんね。
アニメーションに関しては通常スピードから途中でハイスピードに変わりますがが、ハイスピードの方はあり得ない速さなので違和感あったかな・・・通常スピードは丁度良い感じでしたが(特に真由香ママの正常位Hは最高)、ハイスピード版はもう少し遅くしても良かったのではないかと思います。あと、アニメ付があるせいかもしれませんが、差分が少な目だったのは残念かな。それから、ボテ腹Hにアニメーションは入れないでほしいですね・・・真由香ママはそれでアニメーション枠が1つ潰れちゃってるし・・・ボテ腹Hは好き嫌いがハッキリしてるので、そういったHシーンには入れない方が良いんじゃないかなぁーって思います。
気になった点といえば、真由香ママのシナリオで旦那さんに関して一切触れてなかったことですね。子どもがいない理由とかそういった部分がなく、普通に主人公との子どもを受け入れているので「あれれ?」って思いましたw 朱美ママや奈々ママはそれぞれの問題にちゃんと触れているのに(朱美ママは実の親子だと発覚、奈々ママは序盤の主人公との距離)、真由香ママだけそういったものがなかったのは少し気になったかな。まぁ別にただひたすらに甘えたい自分としてはシリアスな要素は極力省いてくれた方がいいですけどね(爆) ぁ、ちなみにハーレムルートはありません。ヒロイン同士の接点がないからねw
まぁそんな感じで。最近母性キャラが好きになっているので、ただひたすらに甘えられるというこの作品の内容には非常に満足しましたw おっぱいも堪能できるし、おっぱい星人にもオススメです!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

さてさて、お次も2017年2月発売タイトルになります~。・・・実はプレイ順の紹介ではなくなってるんですけどねw

※gooブログではANIMのURLは貼れません。御理解下さい。

コメント

「PRIMAL×HEARTS2」 アリスティアちゃんのふわふわましゅまろDAYS

2017年02月25日 19時56分56秒 | ま~まれぇど

2017年5月26日発売予定ま~まれぇど最新作「お家に帰るまでがましまろです」の初回出荷分に前作「PRIMAL×HEARTS2」に登場したヒロイン・アリスちゃんのアフターストーリーのDLカードが付属することが決定しました!!!!!!

やほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!嬉しいぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

ばんざーい!ばんざーい!ヽ(*´Д`*)ノ

VFBに収録されていた幻のHシーンなどアリスちゃんのアフターストーリーが楽しめる内容になっているらしいので、アリスちゃん大好きな私にとっては、ましまろです本編より楽しみになりました!(爆)

ぁ、もちろん、ましまろですも楽しみですよ?でも、アリスちゃんだけは別格なのでーす!!

アリスちゃんらぶらぶアフターの配信は、ましまろです発売から3ヶ月後らしいのでまだまだ先は長いですが、すっごく期待しちゃいます!!

アリスちゃんは可愛い!(*´Д`*)b

「PRIMAL×HEARTS2」のあらすじ・感想はこちら↓
アリスティア・ヴァレンベリ・華蔵寺編】【栗生真白編】【館林たては編】【月夜野兎姫編】【綿貫杏那編

「PRIMAL×HEARTS2」のグッズ購入品はこちら↓
キャラクターソング&サウンドアルバム】【新春初夢萌BOX2016】【アリスティアご奉仕ブランケット
アクリルフィギュア&手帳型スマホケース】【アリスティアあまあまブランケット&綿貫杏那B2タペストリー
ビジュアルファンブック】【ソフマップコレクション

アリスティア・ヴァレンベリ・華蔵寺生誕祭(2017年)

「PRIMAL×HEARTS2」の公式サイトはこちらから↓ 

ま~まれぇど新作第10弾『プライマルハーツ2』

「お家に帰るまでがましまろです」の公式サイトはこちらから↓

ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』

ましまろですにもアリスちゃん出てきてほしいなぁ・・・(*´Д`*)

コメント (2)

「猫忍えくすはーと」 あらすじ・感想

2017年02月25日 00時09分31秒 | Whirlpool

2017年2月発売タイトル第1弾は、Whirlpoolの「猫忍えくすはーと」でした~(*'∇')

渦巻からもロープライスタイトルの発売・・・この流れは今後の主流になりそうですね。
ちなみに抱き枕カバー付で買いました。

ロープライスの意味がなくなったけどw

猫忍えくすはーと 概要
かつて、亜人と呼ばれる人と獣の特徴を持つ者たちと時の権力者が約定を結び、亜人が忍びとして権力者に仕えていた時代があり、その古の約定に従い、2人の亜人の女の子が主人公・北条春希の元へ押しかけてくるというお話。
それぞれの里によって獣の種類が変わるという点を除いては普通に忍者モノの設定のような感じです。 

猫忍えくすはーと ヒロイン紹介
【風魔ゆら】

妹のたまと一緒に春希に仕えるためにやってきた元気で明るく(表向きは)生真面目な猫の亜人。語尾にござるが付き、「ニン!」が口癖。春希のことを「ハルキ殿」と呼ぶ。
春希に忠誠を誓い、天然で隙が多いため、失敗も多く、それでもめげないせいか、若干はた迷惑な性格。弱点は尻尾とナデナデ。身体能力が高く体術は得意だが忍術が苦手。
【風魔たま】

姉のゆらと一緒に春希に仕えるためにやってきたのんびり屋さんな猫の亜人。ハキハキしている姉のゆらとは違い、ふわふわとした雰囲気を持っているものの、実際はドジっ子な姉よりしっかりしており、強かな一面がある。
春希のことは一応は主として見ているものの、完全にお兄ちゃん扱いしており(呼び方も「ごしゅじんさま」から「おにいちゃん」に変わる)、全力で甘えてくる。勉強は苦手だが忍術は得意。

猫忍えくすはーと あらすじ
ある日突然やってきた2人の亜人、風魔ゆらと風魔たま。春希は彼女たちから自分のところへやってきた経緯を聞いたものの、サッパリ理解できませんでした。更に三日三晩飲まず食わずで春希のところへはせ参じたという2人は、空腹で今にも倒れそうだったため、何かの間違いだと思って警戒していた春希も良心の呵責に耐えきれなくなり、結局家に招いて食事を与えることにしましたが、春希は彼女たちをどうするか考えた末、心当たりもなく家では養えないという結論から、最終的には2人を追い出してしまうのでした。
夜、縁側で寒そうに寝ている2人を見て結局良心が勝ってしまい、一晩だけという条件で2人を自分の部屋に泊めた春希。しかし、2人がずっと居座ろうとしていたため、朝食こそ与えたものの、学校に行くからと言って2人を外に置いて行きますが、ゆら達はそれを都合よく解釈して春希を見守ることに。春希が遅刻ギリギリで学校に着くと、1ヶ月前に転校してきた鈴木彩に見られていたため、朝の挨拶をします。普段1人でいる彼女から興味を示されることは珍しく、春希は不思議に思いますが・・・。
それからもゆらとたまは春希にまとわりつき、春希もだんだん情に絆されてしまい、2人を受け入れることを決意します。しかし、親に認めてもらえそうになかったことから、春希は自分で2人を養うためにゆらとたまには内緒でアルバイトを始めます。それから一週間後、2人は春希が構ってくれなくなったため、寂しくなって春希のバイト帰りを狙って接触を試みます。春希は2人を驚かせようと内緒にしていましたが、2人が寂しいと言ったことから、公園に連れていき、2人のためにバイトをしていたことを説明。すると、ゆらは感動して、その日の晩、春希の部屋に忍び込んで自分の想いを伝え、春希もその想いを受け止めるのでした。
翌日、春希とゆらがイチャイチャしていたところ、たまが不機嫌になってしまい、春希が学校に行った後、浮かれていたゆらに対して怒り、どこかへ行ってしまいます。妹が行方不明になってしまったことから、まだ授業中の春希のところにやってきて、事情を説明。春希も今朝はたまに素っ気ない態度だったことから、自分も責任だと思い、学校を早退してたまを捜しに行きます。たまは忍術の達人であることから見つけることは容易ではありませんでしたが、その途中で何度も黒猫に会ったため、その猫がたまじゃないかと思って名前を呼ぶと、たまは元の姿に戻ります。たまは自分が嫌われたのではないかと思っていましたが、春希にそうではないことを教えてもらい、迷惑をかけたことを2人に謝ります。そして、昨晩ゆらとしたことを自分にもしてほしいとおねだり、春希は昨晩のゆらに続いて、たまの想いも受け止めることにしたのでした。
それからというもの、春希はいつも夜遅くまで公園で2人と一緒に過ごしていたものの、さすがにずっとこの生活を続けるわけにもいかないと思っていました。しかし、学生である以上、家を借りるにしても未成年では親の承諾が必要であり、どうすれば一緒にいられるだろうとかと考えていた矢先、母親に続いて父親も出張で長期不在になることが分かり、春希はその期間だけでも家に一緒に住もうと2人に提案。2人も大喜びしたため、その日の夜は家でパーティをしようと約束し、放課後3人で買い出しに出かけたところ、突然忍びの集団に襲われ、たまとゆらが攫われてしまいます。
春希はたまが攫われる直前に渡された髪の毛にこめられた忍術でたまの場所だけは分かったため、彼女たちを助けに敵の元へ乗り込むことを決意。そして、上手く敵のアジトに忍び込んだ春希は、2人を発見し救助します。ゆらが見張りを倒し、外に出ますが敵は複数いたため、たまが囮になって逃げることにしますが、ゆらと春希が向かった先には敵の首謀者が待ち構えていました。敵の首謀者・・・彩羽は、近ごろ忍びの犯罪が増えていることから、それを防止するために、たまとゆらを春希から引き離そうとしていました。風魔の里の組織ぐるみで色香で春希を騙している・・・そんな風に言う彩羽に対し、ゆらはそれがもしも本当なら里を滅ぼすと宣言。そして、立ちはだかる彩羽に殴りかかろうとしますが、先ほど倒した見張りの忍びが背後から襲いかかり、ゆらは吹き飛ばされてしまいます。そして、再度ゆらに攻撃しようとしていたため、春希は咄嗟にゆらを庇いますが・・・何故か2度目の攻撃はなく、気が付くとたまが背中に抱きついてきて、2人の姉であるなちも姿を見せます。
事情がまったく呑み込めない春希とゆらに対し、彩羽は今回の一件について説明します。彩羽は近年増えている忍び関連のトラブルを請け負っている忍であり、ゆらとたまの2人に仕事の斡旋をするため今回一芝居を打ち、2人の実力と主従の絆を試しました。2人を推薦したのは姉のなちであり、春希の母親の照代にも了承を得ていました。詳しい話を聞くのは後にして、春希たちは家に帰りますが、家に着くと春希は今までの緊張が解けて今更震えがきいて止まらなくなったため、ゆらとたまを抱きしめます。翌朝、春希の家を訪れた彩は春希に謝り、今回の件を試すためにわざわざ転校してきたと言い、春希がお人好しだったから2人が来ることでどう転ぶか分からなくて不安だったと話します。彩は昨日2人を助けたことは善意で済むけど、次からは違うと覚悟を問いますが、春希は自分の願いは二人と一緒にいることだと迷いなく答えます。そして、これからも2人が幸せに生きられるようにどう手助けしてあげられるか教えてほしいと言うと、彩は握手をかわしますが、忍びはあまり好きではないからそのお願いには気軽に同意は返せない、それとなちにはあまり関わらないで欲しいと言い残して去っていくのでした。
彩が去った後、2人と一緒に登校することにした春希。相変わらず春希を取り合う姉妹に両サイドから挟まれつつ、彩からの仕事がどんなものか不安に感じていましたが、長閑な2人の会話を聞いて平和な日々が続きますようにと空に祈るのでした。

猫忍えくすはーと 感想
まったく・・・女の子に猫耳と尻尾さえつければいいだろっていう安易な考え方しやがって・・・・・・可愛いじゃねぇか(*´Д`*)(ぁ
猫耳がピクピク動くのが良いですねw 可愛いし、姉妹の会話は見ていて和みます。とにかく猫耳少女を愛でるお話で、何故主人公に仕えることになっていたのかとか色々説明もないまま終わってしまいましたが、そんなの猫耳少女2人の愛らしさの前には些細なこと!とにかく撫で撫でしてあげたい。父性に目覚めること間違いなしですw
姉のゆらちゃんはしっかりしているように見えて実はポンコツ少女。その危なっかしさから庇護欲をかきたてられます。妹のたまちゃんは大人な身体付と思いっきり子どもっぽい性格のギャップが良いですね。全力で甘えてくるところが最高に可愛かったです。そしも「お兄ちゃん」だし。猫耳で甘えてきてトドメに「お兄ちゃん」。妹のたまちゃんは反則でしたw 毎回たまちゃんが先に甘えて、ゆらちゃんがヤキモチ妬いて拙者も~って甘えてくる展開が好きですね。ゆらちゃんも可愛い(*´Д`*)b
サブキャラの2人も出番こそ少なかったものの、何か今後の展開を仄めかすような話もしてましたし、もしかして続編とか出たりするんですかね?今度は、彩羽やなちのHシーン付だと良いなぁ~・・・彩羽はちっぱいだけど、巨乳のなちお姉さんはCVが橘まおさんですし、エロエロなHシーンになりそうだから期待したいですねw
イチャラブというより猫みたいな女の子をただひたすらに可愛がるっていう内容なのでHシーンは5回と少な目。エロゲーとしてのコストパフォーマンスは悪いですね。他者のブランドのロープライスタイトルと比べるとHシーンが圧倒的に少ないので(それぞれ個別で2回、姉妹丼で1回の計5回しかない)、ボリューム的に物足りない印象となりました。そのHシーンですが、ゆらちゃんは初体験がバックでおっぱい見せなかったものの、2回目で連戦があってその両方でおっぱい見せたし、お漏らしもあったので差引プラスかなってところ。たまちゃんは1回目見せて2回目はパ○ズ○フェ○があったものの、フェ○してる時間が短めだし、2回目は対面座位でおっぱい見せなかったので、ちょっと不満かな。トータルではゆらちゃんの方が満足だったかも。ゆらちゃんの初体験は前戯でのCGで本番になってくれたほうが良かったなぁ・・・何故初体験でバックやねん。最後の姉妹丼はおっぱい見せないので論外です。やはり女性2人以上はおっぱい見せる率がガクンと下がるのであんまり好きじゃないなぁ・・・。女性1人、男性複数だと逆だけどw
シナリオの分岐は途中で選択肢が2回ありますが、大筋が変わることはありません。ゆらちゃんとたまちゃんのCGやHシーンがそれぞれ用意されているので、両方とも選んでおく必要があるため、セーブしておきましょう。それぐらいですね。
まぁそんな感じで。Hシーンの少なさは残念ですが、ヒロイン2人が可愛くて「はにゃーん」となること間違いないので、ヒロインを可愛がりたい人にはオススメかなw

さてさて、お次も2017年2月発売タイトルになります~。

「猫忍えくすはーと」の公式サイトはこちらから↓

ゆらちゃんもたまちゃんもナデナデしてあげたい(*´Д`*)ノ

コメント

「はるるみなもに!」 マスターアップ

2017年02月24日 18時29分27秒 | クロシェット

2017年3月24日発売クロシェット最新作「はるるみなもに!」がマスターアップしたそうですね!

マスターアップおめでとうございます~!!

2017年の大本命タイトルの1本がマスターアップしたということで、ほっと一安心です!

延期の心配はあまりしてなかったけど、やはりこの報告を聞くまでは安心はできませんしねw
ちゃんと前月のエロゲの日の前にマスターアップ報告するという点は好感持てます。今月発売のエロゲ購入と一緒に予約出来ますしねw
あとは叶ちゃんがマスターアップディスクを割らなければ発売日にちゃんと出ます!

ちなみにマスターアップイラストはちょっとしたギミックがありましたね~・・・英麻ちゃんの裸が見たかったとですw

「はるるみなもに!」の公式サイトはこちらから↓※
※gooブログではクロシェットのURLは貼れないため、クロシェットのツイッター公式アカウントのURLを貼っておきます。そこから公式サイトへ飛んで下さい。


早く英麻ちゃんのおっぱい見たいなぁ・・・(*´Д`*)
コメント (6)

「Deep Love Diary -恋人日記-」 初心なお嬢様千佳さんにぶっかけちゃえタペストリー

2017年02月24日 04時27分30秒 | Campus

Campus「Deep Love Diary -恋人日記-」より北園千佳ちゃんのタペストリーを買いました(*'∇')

いわゆる射ペストリーってやつですね。耐水性があり濡れても大丈夫というタイプです。まぁ何をぶっかけるのかはご想像にお任せします(爆)
何はともあれ、千佳ちゃんのおっぱいは最高級である!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

・・・ってか、それなら他の作品のグッズも出してほしいなぁ・・・特に恋タロの茜ちゃん。あのおっぱいをもう一度!w

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

麻保志学園シリーズのあらすじ・感想についてはこちら↓
ハルウソ】【天文時計のアリア】【ナツウソ】【罪恋×2/3】【Triangle Love】【Deep Love Diary】【アキウソ
不運と幸運と恋占いのタロット

「Deep Love Diary -恋人日記-」の公式サイトはこちらから↓ 

『Deep Love Diary -恋人日記-』応援中!

( ゚∀゚)o彡゚おっぱい!おっぱい!

コメント