こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

オーガストグッズ C79編

2011年01月31日 18時26分44秒 | オーガスト

毎度お馴染みオーガストのコミケグッズです。今回は3月に発売予定の新作「穢翼のユースティア」がメインになっています。
・・・昨年10月にTVアニメが放送された「FORTUNE ARTERIAL」が少なかったのが残念。アニメ化したから期待してたのに。

と、いうわけで、最初のブツはコレ。

20110131_01

瑛里華のネコ耳ウェイトレスのテレカです。こういう彼女も可愛いですが・・・どうせなら陽菜が見たかったです(爆)

続いてはコレ。

20110131_02

またまた瑛里華のコスプレテレカ。今度は巫女さんです!・・・どうせなら陽菜(ry

3点目はコレ。

20110131_03

べっかんこうさんのサイン色紙。今回は我らが妹、白ちゃんです!まぁこれが今回の1番のお目当てですねぇ。

4点目はコレ。

20110131_04

新作「穢翼のユースティア」のクリスタルカレンダーカードセット。卓上カレンダーになっていて、キャラを入れ替えることが出来ます。

5点目はコレ。

20110131_05

「穢翼のユースティア」は2011年カレンダー。うーん、既に複数カレンダーあるので使いどころが(´Д`;)ヾ

6点目はコレ。

20110131_06

「穢翼のユースティア」の紙袋であります。若干エロイ(爆)

7点目はコレ。

20110131_07

「穢翼のユースティア」のクリアファイル。この2人は気になってるのでプレイ始めたら真っ先にクリアしそうです(笑)

8点目はコレ。

20110131_08

「穢翼のユースティア」のキャラテーマのサントラCDです。オリジナル版とアレンジ版が収録されています。

9点目はコレ。

20110131_09

「穢翼のユースティア」のハンドブック。「穢翼のユースティア」の世界観が分かる一冊です。

最後はコレです。

20110131_10

ちびキャラを描いていらっしゃる、のうみそホエホエさんのイラスト集。この方のちびキャラは好きです!

今回は以上!
「穢翼のユースティア」の出来次第ではありますが、それでもやっぱ陽菜が出てる「FORTUNE ARTERIAL」のグッズが欲しいなぁ。

コメント

今週のTVアニメ(1/24~1/30)

2011年01月30日 19時15分43秒 | アニメ・漫画・ラノベ

毎週恒例!今週放送されたTVアニメの感想コーナー!!
現在観ている放送局は、地上放送(関西地方・滋賀)、BS放送のBS-TBS、CS放送のAT-X、キッズステーションです。

今週から放送スタートしたのは、「インフィニット・ストラトス」の1本。

とある魔術の禁書目録II 第16話
アドリア海の女王編その3。今回は尺の関係からかオープニングがなかったですね。次回から変わるか?
上條vsビアージオ。・・・若本規夫さんの声は相変わらずシブイ声していらっしゃる。セルですね、セルですよね?(笑) ただ、セルとは違ってビアージオは御託並べたてるだけでめっちゃ弱いですよねヽ(´ー`)ノ
・・・堕天使エロメイドの神裂さんキター!!今回は想像だけですが・・・やばい、めっちゃ良い(笑)
いよいよ神の右席が出てきますね。先ずは前方のヴェントです。今度のお話はアクセラレータが出てくるので楽しみ!!

魔法少女まどか☆マギカ 第4話
うーむ。やはり壮絶だった前回のラストを引き摺ってか、ものすげー鬱な始まりですな。魔法少女じゃ有り得ないよ(´Д`;)ヾ
まどか&さやかの友達のひとみが魔女に取り付かれて、それを追いかけたまどかが大ピンチってか、ものすげぇホラーチックな展開なんですけど((((゜Д゜;))))
まどかのピンチに駆けつけたのはほむらっではなく、さやか!ついに魔法少女になりましたねぇ。やはり願い事は上條絡みですね。変身シーンはなかったけど。武器は刀ですか。また魔法少女っぽくないな!!で、今回もまどかの変身はなしかい!!
最後に出てきた魔法少女の杏子って子は最初は敵で最終的に仲間になるってパターンかそれともマミのように壮絶な最期を遂げるのか・・・。なんかもう皆死ぬんじゃねぇの?っていうくらい疑心暗鬼になりそう(笑)

これはゾンビですか? 第2話
新キャラ・吸血忍者セラ登場。どこかで見たことあるような見た目と性格ですが(声優からしてけいおんの澪+生徒会役員共の会長っぽい感じ)・・・巨乳ちゃんですねヽ(´ー`)ノ
魔装少女・ハルナが歩に作った卵焼きオンリーの弁当、そんなに美味いのか・・・食べてみてぇ!!
1話でもあったけど、ユーのメモ書きに対する歩の妄想内のユーがめっちゃ可愛いですよね(*´Д`*) ってか、歩は妹属性が好きなのかな~私と同じ!?(爆)
歩がゾンビになった頃のお話のときの歩のブレイクダンスにウケた!アホだ・・・間違いなく歩はアホだ(笑)
うーん、やっぱユーが良いなぁ~。無口ですが可愛いです。喋らない分、メモ書きでの言葉が良いですね~。妄想以外で喋る日は来るのだろうか?

インフィニット・ストラトス 第1話
「インフィニット・ストラトス」という、いわゆるパワードスーツっぽいもので勝負するスポーツみたいなもの?
女性にしか扱えないらしいが、世界で唯一、主人公のオリムラ君だけは使えるらしい。まぁそんなわけで学校では全員が女でしかも全寮制という羨ましい環境です(笑)
あと、最初見たときは「武装神姫」か?って思ったんですけど、オマージュ?ヽ(´ー`)ノ
しかしまぁ・・・幼馴染の子の声が日笠陽子さんなんだけど、この人、「けいおん!」澪のイメージが強いせいか似たキャラをやることが多いよね。エンディング歌ってるし(笑)
冒頭の戦闘シーンは結構良かったのでロボットアニメ好きとしては期待します。

バクマン。 第17話
新妻エイジのところでアシスタントをすることになった最高。そこで同じくプロの漫画家を目指す福田と出会う。それにしても相変わらず個性的すぎるよね、新妻エイジは。
いつの間にか福田を巻き込んで新妻エイジの漫画をアンケート1位にするために色々案を出し合う3人。ついに新妻エイジが周りの意見を聞いてネームと打ち合わせをすることに。
福田と中井さんの会話がちょっと面白かったです。イジられてる中井さんがちょっと可哀相(笑)

Rio -Rainbow Gate!- 第4話
リナは姉妹ではなく幼馴染なんですな。
アーニャちゃんは木にぶつかったりコケたり・・・ってついに木を倒すくらいのドジっ子ってどんだけ!?(笑) まぁ可愛いからいいけど(*´Д`*)b
アーニャを人質(?)にしたカウボーイもどき、アーニャになんてことしやがる!ぜってぇー許せねぇ!!ヽ(`Д´)ノ でも、しょぼいゲームだな(笑)
ディスクシュートの射撃テストのときの怯えて涙目になってるアーニャも可愛かった・・・エル&イルの服が脱げるならテストショットしたアーニャの服が脱げ・・・ぃぇ、なんでもありません(爆)
って今回もアーニャばかり目がいってたな(´Д`;)ヾ 可愛いから仕方ないんです(*´Д`*)(ぁ

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第3話
彩葉とのデートを尾行する奈緒。そしてその奈緒を尾行するクラスメイト2人。更に、修輔を尾行するAGE探検隊の3人(笑) 奈緒結構パワフルだな、写メはウケた(笑) 彩葉と奈緒は怖いなぁ~。
ってか、このアニメの場合はパンツがNGなんだ。ブラジャーはOKなのに?ヽ(´ー`)ノ
修輔はエロ本買うのにだいぶ苦労してるんだなぁ・・・まぁ気持ちは分かるよ、店頭では買いづらいよな。特に女性店員だと(笑) で、結局元に戻ったようですね(笑)
あと、AGE探検隊が「1500円」で修輔を許すのがウケた(笑)

侵略!イカ娘 第12話(最終回)
Aパートはイカ娘&栄子のコンビでビーチバレー大会に参加するお話。オールスターですね~。早苗は変態だが水着姿は可愛いですね(爆) ってか、千鶴が最後に出てきたが、あれは最早ビーチバレーじゃねぇ!(笑) 偽イカ娘が被り物をしているのが残念だった・・・と思いきや、最後に素顔を見せましたね!やっぱ可愛い(*´Д`*)b 名前がないのが残念orz
Bパートはイカ娘の触手が動かなくなったお話。退化した身体を元に戻すためイカ娘が海に帰ってしまう。・・・そして一気に時間が過ぎましたねぇ。ショートになって戻って口調まで変わって、でも最後は栄子のピンチを救うために元に戻りましたね。ところで、イカ娘に助言をした女の子は誰?偽イカ娘ではないし・・・。ふーむ?
これでイカ娘は終わりです。あまり期待してなかったけど観てみたら結構面白かったし、最後にちょっと謎が残ったので、第2期やってくれないかな?

STAR DRIVER 輝きのタクト 第17話
皆で海。女性陣の水着姿が拝めます。そして何故かスガタを賭けてビーチバレー対決(笑) ワコがおもろかった。
第3フェイズに以降したキラ星十字団でヘッド達のクーデターが発生。ひが日死の巫女と皆水の巫女の封印を同時に解くためにタクトがまた狙われることに。
・・・ゼロ時間になったときのスガタのパジャマ姿に吹いた(笑) まぁ唐突になるから仕方ないよねヽ(´ー`)ノ
で、今度からの敵は性別問わず全て”銀河美少年”ですか。今回から登場したマドカの衣装がなんかエロかったです(笑)

みつどもえ 増量中! 第4話
ふたばが学校のプールで即席滑り台を作り、滑ったみつばや杉崎たち4人のお尻に穴が。穴を隠そうとしてビート板で浮いた瞬間に吹いた(笑)
夏祭り。佐藤君が熱出していることに気付いたふたばが佐藤を家まで送るが・・・まさかのパンツ登場(笑) 相変わらずの不幸ぶりですなヽ(´ー`)ノ
千葉により下心ある逆上がり訓練。相変わらず千葉のエロ魂って小学生っぽい発想だよなヽ(´ー`)ノ
なんかエンディングはフラン○ースの犬ぽかったんですけど(笑)

夢喰いメリー 第4話
メリーを連れて部活のメンバーとカラオケへ。今回は夢路の所属する文芸部の部長・鳴さんの夢魔クリスですた。
で、夢路と契約したメリーが夢路&勇魚と同居し住み込みのウェイトレスになりましたね。似合ってるような似合ってないような(笑) それより勇魚のウェイトレスはマダー?(爆)
勇魚が照れたところとかコーヒーを飲んで「美味しい」っていうところとかが可愛かったです(*´Д`*) いつも独りでいる河浪さんを誘って自分の店に誘ったり優しいコや(iдi)
勇魚は基本的に夢魔とはあまり関係のないコなので、いつもBパートではあまり出番がないのが残念orz でも河浪エピになれば出番が増えてくれることでしょう。それを期待してます(*´Д`*)

スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 第14話
オープニングでラミアのところがアンジュルグからヴァイサーガに変わりましたね。
アルフィミィ+ペルゼイン・リヒカカイトがついに出てきましたね。彼女は「ですの」口調で割と好きなんですが、今回は2までだと思うので仲間になるとしたら最終決戦のときだけですかね。外伝でのアクセルとのコンビは結構良いです!
そういえば、ペルゼインの必殺技マブイエグリって結構グロイよね、何度も刺すし(笑)

ドラゴンクライシス! 第3話
ブラックドラゴンのオニキスに連れ去られたローズ。やっぱオニキスって○リコン?ヽ(´ー`)ノ
ロストプレシャス・スラッシュブレスを手にローズ救出に向かう竜司。ぶっちゃけ、タワーの中での銃撃戦で弾が当たってると思うんだ、オレ。実戦経験のない竜司に当たらない方が不思議なんだけど、そこは突っ込まないほうが良い?(笑)
竜司がローズに告白したのは唐突すぎるが、2人がエンゲージしましたね。まぁ定番というかお約束な展開なわけですが・・・それにしてもオニキス呆気ないな(笑)

フリージング 第4話
普段のサテライザーは結構可愛いよねってかさ、勝手に部屋に入るなよ。日記を覗くとかそういう次元のレベルじゃないよな。有り得ない行動ばかりで若干ムカつく主人公のカヅヤです。コイツさえいなきゃそれなりに楽しめるんだがな。
サテライザーvs学年7位イングリッド。うん、なんていうか手順通りに対決が進んでる感じね。少しずつ使えるスキルが判明していくっていう算段ですか。
それより前回からサテライザーやられまくりですな。今回にいたってはほとんど反撃できてないし。第1話ではあれほど無敵を誇ってたのにヽ(´ー`)ノ

レベルE 第2話
王子と一緒の星の人たちが到着。・・・うん、雪隆以外にも彼に苦労してるみたいだね(笑)
王子がチンピラに絡まれて困ってた女の子を助けるために殺しちゃったチンピラが実は武闘派の宇宙人だった!そのときに謝ってるクラフトがおもろかったです(笑)

テガミバチ REVERSE 第11話
命ぜられるまま猛毒入りクッキー(サニーによって痺れ薬に替えられたが)をコナーに食べさせてしまったサニー。そして、リバースの目的のため”人柱”になってしまう。オープニングでコナーが抱えてた人はサニーだったわけですね。
一方、ついにゴーシュ(ノワール)に心弾銃を撃ったラグ。ようやくゴーシュの記憶が戻るのか?

コメント

「フェイト・テスタロッサ」(1/7スケール塗装済完成品)

2011年01月29日 19時57分51秒 | アニメ・漫画・ラノベ

「魔法少女リリカルなのは The Movie 1st」版のフェイトちゃんです。

20110129_01

とにかく箱がデカイです。で、例の如く箱から出せないので顔部分だけアップ。

20110129_02

・・・うん、やっぱ箱から出さないと光の反射でよく見えないなorz

一昨年に大人版フェイトを買ったはずなんだけど、なのはのフィギュアが劇場版を買ってしまったので、それに合わせようと劇場版のフェイトを買いました。やっぱ2人は一緒にしないとね!!
個人的には大人版の方が好きだけど、魔法少女ならやはり子供であるべきではないかというのも少しある(笑)

なのはシリーズは2期までしか観てないんだが(1期は劇場版だけ)、そろそろ第3期も観たいなぁ。AT-Xで放送されないかなぁ・・・。

コメント

「祝祭のカンパネラ!」 感想その1 カリーナ編&チェルシー編&ニナ編

2011年01月28日 18時42分44秒 | ういんどみる

「祝福のカンパネラ」をコンプリートしたわけですが、まだこの作品は終わりません!
と、いうわけで、「祝福のカンパネラ」のファンディスク「祝祭のカンパネラ!」です(笑)

20110128

この「祝祭のカンパネラ!」は、「祝福のカンパネラ」のアフターストーリーになっていて、見られるエピソードは、メインヒロイン4人(カリーナ、チェルシー、アニエス、ミネット)の他に、ニナ、サルサ、リトス、アブリルのエピソードもあります。

で、最初に見たのはやっぱり私が1番好きな”エルタリアの宝石”カリーナ嬢!!
彼女のアフターストーリーなら本編では見られなかったウェディングドレスを見られるに違いない!と期待していたので(*´Д`*)
カリーナ嬢のアフターストーリーは、婚約し挙式を間近に控えた頃のお話になっています。結婚を前に少しばかりの不安があったカリーナは、地下倉庫である1冊の魔道書を見つけます。そして、その直後、白い光に包まれて・・・。
普段はレスターが大好きで仕方ないけどちゃんと周りのことを考えて行動するカリーナの心の奥深くに眠る我侭なカリーナが出てくるわけですが、その黒い感情を持つカリーナ(カリーナ命名”黒カリーナ”)がクラン「Oasis」で皆に意地悪をしてしまいます。
その時のカリーナと黒カリーナの会話が面白かったです。特に甘いものをアニエスやミネットに食べさせて太らせようとして結局自分に跳ね返ってきたときのモンテのセリフに対して「やめてー!」って2人で叫んだときに爆笑しちゃいました。まぁ多少ふっくらしてもカリーナなら大丈夫でしょう(笑)
序盤のレスターの甘い言葉の前に暴走しまくってたカリーナも良かったですが、普段は絶対に言わない自分勝手な我侭を言うカリーナも可愛かったですね~。
そして最後。ついに私の期待通りのものが拝めました!!

カリーナ嬢のウェディングドレス最高すぎる!!(*´Д`*)b

もうこれが見られただけでこのファンディスクを買った甲斐があったというものです。もう満足したのでここで終わっていいですか?(ぁ
っていうくらいに満足しました(笑)
少々残念だったのは少しCGの数が少ないのとシナリオが短かったことかなぁ・・・。まぁカリーナが目一杯出てくるのでそれでも良かったんですが。

はぁ・・・カリーナ最高ッス!!フィギュアがマジで欲しい!!

続いて見たのは2番目に好きな天然剣士チェルシーさん。
チェルシーは本編で既にウェディングドレスを披露しているので、結婚後のお話になります。可愛らしい反応をするチェルシーがいっぱい見られて満足です(*´Д`*)
シェリーの言った「ドキドキが足りない」について、カリーナ、アニエス、ミネット、ニナの4人に相談したところが面白かったなぁ。皆の実験台にされた猫型オートマタのタンゴが可哀相だった(笑) タンゴ、強く生きろ・・・(笑)
本編で最後に戦った”逆さ人形”が出てきて、ついでにトルティア姉妹も出てきて(ゴーレムは出てこなかったが)、それぞれ挨拶するところで、サルサが「ぱんつなし」として”逆さ人形”に覚えられたところも面白かったですわ。相変わらずリトスにいじられてるなぁ(笑)
そしてなんと、チェルシー編ではレスターの母親シェリーの裸が初披露されます!!・・・ってかこの人本当に母親かよって思うくらい若くてナイスバディですね。更にカリーナ編ではバストサイズも判明。
カリーナ(F)>シェリー(E)>リトス(D)>チェルシー=ニナ=サルサ(C)>略(ぁ ・・・になるようです。私のカリーナ嬢が1番大きかった(*´Д`*)b ちなみに私はC以上にしか興味ありません(爆)
個人的にはチェルシー編では2人の子供が見たかったなぁと思います(神剣から人になったとはいえ彼女が子供を産める身体なのかは知りませんが)。
本編のほうでウェディングドレスを披露してるなら、ファンディスクでは子供だろう!・・・と思ったのは私だけ?

3人目はやはり3番目に好きな小悪魔メイドのニナさん。
ニナさんのシナリオは本編ではエクストラストーリーとしてありましたが、その時は決してハッピーエンドとは言えない結末になっててちょっと(かなり?)納得いかないものでした。
だから、今回のこのファンディスクでそのアフターストーリーでちゃんとフォローしてくれたのはありがたかったですねぇ~。
彼女の場合、クラン「Oasis」の管理人である前にカリーナ嬢の専属メイドでもあります。なので、ニナは自分が大事にに思っている主人と同じ人を好きになってしまったことに苦しみ、”飲んだときの記憶を消してしまうお酒”の力を使い1度過ちを犯してしまいます。それがエクストラストーリーの内容でした。
まぁ他のヒロインのときもそうですが、レスターと結ばれる前には必ず、レスター大好き!といつも言ってるカリーナ嬢のお話が出てきます。そして、そのたびに見せ付けられるカリーナ嬢の包容力。本当に彼女は強いですね。ぃぇ、もちろん影で泣いてはいますが(アニエス編や今回のニナ編アフターではその辺が分かります)、その後はちゃんと2人を祝福してくれます。
なんだか、カリーナ嬢は本人のシナリオよりも他のヒロインのシナリオの方が好感度が上がってる気がしますね。私の場合はどのシナリオでもカリーナ嬢への好感度は上がる一方ですが(爆)
で、今回のニナ編アフターでは、なんとビックリ、カリーナのビンタが見られます。正直、カリーナがここまでするなんてビックリしました。でも単にニナがレスターと寝てしまったことに対してのものではないんですよね。そこがカリーナの凄いところなんです。
決して某葉っぱの「WIHT○ AL○UM」のような、「私、冬弥君と寝たの」→バシーン!っていう展開にはならず(笑)、っていうかWA自体はあまり面白くなかったけど、緒方理奈編のあのビンタシーンだけはいまだ忘れられないくらいにインパクトがありましたね!・・・って話が逸れた(笑)
まぁってなわけでちゃんとハッピーエンドになって良かったです。HシーンのCGも前回のに比べれば遥かに良い!!カリーナには及ばないけどねヽ(´ー`)ノ
ちなみに、ニナのCGで1番良いのは序盤で見られるニナの私服姿!!あれは不意打ちですなぁ・・・見事にやられました。めっちゃ可愛いじゃないですか!!もっと違う服装のが見たいですなぁ。
・・・ん?なんか読み返してみるとニナよりカリーナの話の方が長いような(´Д`;)ヾ まぁいいか(爆)

というわけで、最初は私が好きな3人から見ちゃいました。基本2~3時間で終わるショートストーリーなのでサクサク読み終わっちゃいますのでのんびり進めようかなと思ってます。・・・他にも色々やってるゲームがありますので。
予定としては、アニエス→ミネット→サルサ→リトス→アヴリルの順に見て、最後にミニゲームっぽいガーネットクエストをやろうかなと思ってます。

コメント

TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 BD第2巻

2011年01月27日 19時06分39秒 | アニメ・漫画・ラノベ

桐乃のオタク趣味が両親に知られてしまう第2巻!今回ジャケットはこんな感じです。

20110127_01_2

仲の良いオタク友達3人組ですね。3人の特徴が良く出てます!

で、特典はこんな感じです。

20110127_02

エンディングCD、ブックレット、第3話と第4話のエンディングコラボイラストが付いています!
コラボイラストの1枚はKeyのイラストレーター、Na-Ga氏(AB!のキャラデザ原案)の桐乃ですよ(*´Д`*)b

第2巻は第3話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と第4話「俺の妹が夏コミとか行くわけがない」の2話が収録されています。

第3話はついに桐乃の趣味が両親に知られてしまうお話です。そのせいでBパートは超シリアスになりますが・・・父親と京介の口論の最後は笑えます。京介の解決方法はいつも面白い(笑) あと、最後の「ありがとね、兄貴」って言ってるときの桐乃は可愛いです!
冒頭、原作では2巻以降の登場となるあやせたんも冒頭で結構喋ってます。
黒猫との電話はいいね~自分本位の桐乃とその桐乃の相手をしている黒猫・・・一見仲が悪そうで本当はものすごく仲が良いんですよね~。・・・黒猫が妹と一緒にいるシーンをもっと見たい(*´Д`*)(ぁ
京介と麻奈実の日曜日の公園デート(?)での膝枕失敗は面白かったです。麻奈実って何気に可愛いけど・・・ショートの眼鏡っ子ってのが残念ですなぁ。
趣味については黒猫や沙織の言うことに共感しますね~。ほとんどのオタクって別に誰かに迷惑かけてるわけじゃないし、なんで後ろ指さされないといけないの?って思う。桐乃の父親がTVの言うことを真に受けているように、マスゴミの影響が大きいように思えますがね。・・・宮崎勤の事件以降、犯罪予備軍みたいに扱われるのが我慢ならん。
エンディングはNa-Ga氏の描き下ろし桐乃!Keyファンの私にとっては嬉しいサプライズですなぁ。

第4話は前半が京介の家にあやせたん&加奈子が遊びに来るお話、後半が京介、桐乃、黒猫、沙織の4人で夏コミに行くお話です。
ヤンデレあやせたんが本編で出てくる記念すべきエピソードです(爆) この時のあやせたんはマジ可愛い!それがあんな風になるなんて((((゜Д゜;))))
シスカリの攻略情報を見てたとき、京介と沙織がチャットで会話してますが・・・この2人、何気にかなり親しいよね。頻繁にメールのやり取りしてるみたいだし、お互いにフォローし合ってるし。2人で桐乃と黒猫を優しく見守るシーンも多い気がします。
沙織からの贈り物の中身を知ったときの京介の反応「またかけ直す!!」がめっちゃ面白い(笑) たしかにあやせたん達にバレたらヤバイ(笑)
Bパートは夏コミです。私は参加したことないので分からないのだけど、すっごい大変そうだけど楽しそうですね~。1人で行っても面白く無さそうなので誰かと一緒に行きたいですorz
黒猫は上着脱いだところが良いですね~。白い黒猫もめっさ可愛いッス!まぁ1番可愛いなぁと思ったのは、原作第7巻の白猫ですけど(*´Д`*)
その黒猫のゲーマーとしての腕前が見られます。本当はその後のエピソードでもっとすごいテクニックを披露するんですけど、TVアニメ版ではカットされてて残念でしたorz
で、黒猫が勝って貰ったディスクを桐乃にあげるシーンは良かったですね~。本当に仲が良い(笑)
そして最後は・・・次回、恐怖のあやせタイムの始まりです(´Д`;)ヾ

映像特典は原作者・伏見つかさ脚本のキャラクターコメンタリー風特典映像!
第3話のAパートは京介とあやせたん・・・じゃなく父親大介です(笑) 前巻の予告で期待してたのに、まさかの親父登場です!っていうか、すっかり親バカになってますねヽ(´ー`)ノ そして、京介から桐乃にバトンタッチ。・・・親父ロリコン疑惑浮上?(笑)
第3話のBパートは麻奈実と沙織。なんとまぁ・・・本編では面識がないはずの2人が会話しているのはすげー新鮮だ!!麻奈実は結構勘がいいんだな。沙織が本編では決して見せない京介への気持ちをぶっちゃけてます。本編でも言うことがあるんだろうか。・・・で、最後のシーンはノーコメントかよ!コメンタリーじゃねぇな!!(笑)
第4話のAパートはついにコメンタリーにあやせたん登場!しかも・・・京介が桐乃の上に乗っかってるシーンを見て興奮してますよ(笑) しかも、コミケ前のあやせとコミケ後のあやせの2人ですよ!ヤンデレ発症後のあやせはやっぱ怖いよ、超怖いよ((((゜Д゜;)))) ぁ、桐乃のプロフィールには「大好きなお兄ちゃんと一緒に買い物してます」って書いてるんだ・・・もしやこれが桐乃の本心か?(笑)
第4話のBパートは京介と黒猫!後に付き合う2人ですが・・・このコメンタリーではどの時間軸?照れてる黒猫が可愛ぇぇぇぇ!!黒猫のゲーセンでの二つ名は”松戸のブラックキャット”ですか(笑) って、Bパート短すぎ!!

エンディングのCDは第3話ED「ほらいずむ」と第4話ED「白いココロ」の2曲が入っています。2曲とも高坂桐乃(CV:竹達彩奈さん)が歌っています!
1曲目「ほらいずむ」は桐乃の歌です。サビの歌詞が良い感じです。1~4話までのEDだと1番好きな曲かも。
2曲目「白いココロ」はあやせの歌ですね。作詞作曲のTaishiさんが自分なりにあやせを解釈して歌詞にしたそうです。”理解したいけど受け入れられない”っていう内容は、私もあやせに感じてるので共感できました!あやせたん可愛い(*´Д`*)怖いけど(ぁ

うーむ、原作者書き下ろし小説は1巻だけなのかなぁ・・・あれ凄い良かったのに・・・。

コメント

「祝福のカンパネラ」 あらすじ・感想その7 トルティア姉妹編

2011年01月26日 19時15分32秒 | ういんどみる

20110126_01

最後に残ってたシナリオ、トルティア姉妹編をクリアしました!
あと、まだ見てなかったアヴリル&アバディーンの第1章の章末キャラクタートークも見ました。

そして、CG達成率100%達成!!

20110126_02

カリーナ嬢の最後のCGを探してカリーナ編を2周してしまいましたが・・・トルティア姉妹のシナリオで揃うのかよ!しかも間違った選択肢の方でとは・・・やられたorz

トルティア姉妹編はレスターとの恋愛の話が中心です。何気に2人の家族や過去について若干触れてますが、結局詳細までは語られませんでしたねぇ。期待してただけにちょっと残念。
ただ、普段何を考えているか読み取れないリトスの視点のシーンが多く、その点は良かったと思います。いつもこんなこと考えていたのかと。
姉のサルサの視点もあり、いつもはリトスに振り回されているアホな子というイメージがありますが、結構色々考えてるんだなぁと感心します。ただのアホな子じゃなかった!!・・・ぃぇ、基本はアホですが(爆)
やっぱこの姉妹は仲が良いですね~。ゴーレムを交えての漫才は全ヒロインのシナリオで披露されるのでもはや定番です!この2人(と1体)がいるから盛り上がる、みたいな(笑)

Hシーンに関しては・・・2人一緒という内容なので個人的には微妙。
ただ・・・うん、リトスの声優の安玖深音さんはエロゲに出演する女性声優の中では1番好きな声優さんなので、彼女のセクシーボイスは良かったです(*´Д`*)(ぁ
実は1周目ではリトスの声が安玖深音さんってことに気付かなかったんですけどね。エンディングのキャストで知って、2周目で改めて聞いてみたら、「ぁ~なるほど」って思った。今までこういうクールな女性キャラでの声を聞いたことがなかったので全然思い浮かばなかったです。
ちなみに、安玖深音さんが一般作品に出るときの名前は「後藤麻衣」です。TVアニメ「鋼の錬金術師」にも出てましたよ~。しかもメインキャラの1人で。
何故この方が好きなのかっていうと・・・私の大好きなキャラである「真・恋姫無双」の桃香と「夜明け前より瑠璃色な」の朝霧麻衣の声をやってるからです。桃香の「ご主人様」と麻衣の「お兄ちゃん」の破壊力は凄まじい(爆)
声優さんは一般作と18禁作では名前が変わることがほとんどですので、意外にエロゲに出てる女性声優は多いですよ。私が1番好きな男性声優である緑川光さんも「氷川流」って名前で出てますしねぇ。
まぁ無駄な知識ですけどねヽ(´ー`)ノ

さて、これで「祝福のカンパネラ」は終了ですが・・・実はまだ続きます(笑)

コメント

「祝福のカンパネラ」 あらすじ・感想その6 ミネット編

2011年01月25日 20時07分54秒 | ういんどみる

「わたしたちやみんなを祝福する”祝福の鈴(カンパネラ)”です!!」

ってなわけで、4周目終了!!

20110125

最後のヒロイン、ミネットをクリアしました。アフターストーリーも見ました。
・・・って、薄々気付いていたけど、アフターって全部あっち系かよ!(笑)

ミネットは素直で純真無垢(だからこそグサリとくる突っ込みを入れることが多い)、そして、いつも明るく元気で皆を幸せにする可愛らしい女の子です。
彼女は人形師のミゼ・アルトワーズに作られた”自動人形(オートマタ)”ですが、人間よりも人間らしい表情を見せてくれます。クラン「Oasis」のマスコットキャラって感じですなぁ。
見た目は・・・まぁぶっちゃけ○リなわけですが、娘に欲しいキャラです(爆)

ミネットのシナリオは彼女自身と彼女の初めての友達であるミリアムに関わることがメインですね。ミリアムやアバディーン、アヴリルについては他のキャラのシナリオでも出てきますが、ミネット編は更にそれを強調している感じです。
後半はちょっと切ないお話になりましたが、最後はハッピーエンドです。ただまぁ・・・相変わらずオートマタ関連については完全に解決する前に終わってますが、数年後には安定して動くことが出来ているってことでFA?
ミネット編で面白かったのは、第2章後半のカリーナの部屋でのガールズトークですね。まさかカリーナ嬢がエロ本を持っていたなんて!ニナさんがそれを知っていたのもウケた。その後の花火で再びそのエロ本が登場したときのカリーナの反応も良かったです(笑)
・・・とまぁ、ミネット編でもやはりカリーナ嬢に関係することが印象に残ってしまう私なのであったorz

彼女のHシーンについては・・・ノーコメントで(ぁ
ぃぇ、最近色々規制が厳しい中、こういうキャラのHシーンは入れていいの?って思うんですけどね。
私は○リコンではないし、貧乳キャラにも興味ないので、ぶっちゃけどうでもいいことなんですけど、気になります。
カリーナ嬢とチェルシーとニナだけしか興味ないっすよ!!本当に。

まぁそんなわけで、残すはエクストラストーリーのトルティア姉妹とアバディーン&アヴリル関係のイベントか。
そういえば、カリーナ嬢のCGが何故か1枚足りないのでそれも探さなくては・・・。

まだまだ終わらない!

コメント

「祝福のカンパネラ」 あらすじ・感想その5 アニエス・ブーランジュ編

2011年01月24日 18時52分04秒 | ういんどみる

3周目終了!!

20110124

ってなわけで、アニエス・ブーランジュ編をクリアしました。アフターストーリーもみたよ~。

”伝説の人形師”ミゼ・アルトワーズの弟子で自称”世界一の人形師”のアニエス。”世界一”に込められた思いとか結構良かったです。単純な意味ではなく深い意味があるのです。
彼女は普段は自分で作った人形を売ったり広場でオートマタを操った大道芸を披露して生計を立てており、そういう客商売をしていたせいか人を観察する能力に長けていて、場の空気を読むのが上手い女の子です。
そして、エルタリアに来る前は色々な場所で冒険していたせいかニックやチェルシー並に経験豊富で、クラン「Oasis」に入ってからも皆にアドバイスしたり心強い仲間ですが、本当は強がっているだけのどこにでもいる普通の女の子でもあります。
彼女が作った自動人形(オートマタ)のタンゴやアニエスにとっては妹のような存在ミネットとの会話もいいですが、やっぱ竜の化身のガーネットに突っ込み入れてるところが1番好きかな(笑)

彼女のシナリオは、世界に満ちている不思議な力”エール”と彼女の師匠であるミゼ・アルトワーズに関するものがメインになります。
でも、そういう世界の根幹に関わるメインシナリオよりも、私的に良かったなと思えたのは、第2章の終盤ですね。レスターと結ばれる前の、レスター、アニエス、カリーナの3人の関係がどうなるかっていう部分です。ドロドロな三角関係にはならずクリーンな解決でした。
やっぱカリーナは良い女ですな~。器が違うというか・・・10年以上も想い続けた相手に他に好きな人が出来てもそれを受け入れることが出来るなんて(完全に受け入れるには時間がかかるでしょうが)・・・普通の人には出来ませんわ。
そして、カリーナの気持ちをよく知っているからこそ迷っていたアニエス&レスターの出した答えもよかったですね。サルサ&リトスも漫才をしながらそれぞれのレスターの想いをアニエスにぶつけるところも良かったです。
私的には、カリーナがレスターをアニエスの元に送るときの涙声にちょっと切なくなり泣けてしまいました。やっぱ簡単には割り切れないし忘れられないよね・・・。
カリーナ以外のヒロインを攻略するときは、必ずカリーナのことが出てくるので(あれだけレスター大好きオーラが出てれば当然ですが)、彼女が好きな私としては毎回彼女が悩み苦しむ姿を見るのはちょっと辛いです(;´д⊂)
どのヒロインも自分の気持ちを優先したりせず、レスターも母親のシェリーからそういう風に育てられたせいもあってか、ちゃんと周りのことも考えてくれるっていうのが良いです。鬱な展開にはならず、雰囲気が壊れることなく結ばれるのは最近では少し珍しくなってますよね。

メインシナリオは、エルタリアのみでの異変だったカリーナ編&チェルシー編より規模は上でしたね。まだミネット編を見てないので何とも言えませんが異変の規模では1番大きいのでは?
全てを分かった上で息子たちを信頼する母親のシェリーや、カリーナ達を心配するニナ、エルタリアを守るべく不利な戦いを引き受けたトルティア姉妹(+ゴーレム)など皆の絆がよく伝わってくる良いシナリオだったと思います。
トルティア姉妹は相変わらず漫才ばかりでしたが(笑)、彼女達のああいう性格が好きですね~。この2人、何気に全シナリオで比較的重要な役回りしてますしね・・・妹のリトスはレスターの母親のシェリー並に謎が多いですヽ(´ー`)ノ
っていうか、エピローグで再びレスターと再会したようですが・・・アレって1人じゃ管理できないからアニエスが残ってたんじゃね?レスターが作ってたアレも試作品だけで本格的には完成してないけど・・・離れてしまっていいのか?まぁ別にいいか(爆)

アニエスのHシーンに関しては正直微妙です。
ぃぇ、CGがって意味です。アニエスは胸は決して小さくありません。カリーナに比べれば小さいですが(当たり前)、意外とそこそこあるようです。だからこそ、不満だったのです!!
まぁ・・・カリーナのHシーンが良かったので他のキャラが微妙でも別に良いんですけどね(爆)
ただ、Hシーンのときのみ見られる、髪をほどいたアニエスが・・・めっちゃ可愛い!!この子は髪を下ろしたときの方が可愛いと思うんですがどうでしょう!?
っていうか、女の子ってマジで髪型変えるだけでイメージ変わるよな・・・髪を下ろしただけで少し幼さの残っていたアニエスがグッと大人っぽくなってたし・・・。
うーむ、やはり私は髪が長い女の子が好きらしいヽ(´ー`)ノ

さて、メインヒロインで残ってるのはミネットのみです。キャラの並び的にはミネットがメインっぽいので、どんなお話か楽しみです。
私的には真のメインヒロインはカリーナ・ベルリッティですがね!(*´Д`*)b

コメント

今週のTVアニメ(1/17~1/23)

2011年01月23日 19時41分32秒 | アニメ・漫画・ラノベ

先週末の大雪のせいで録画失敗した「夢喰いメリー」は、来週からBS-TBSで放送開始するようなので来週からはバックアップ用として録画しときます。同様に失敗してた「みつどもえ増量中!」もAT-Xでバックアップ録画しときますわ。
今週も雪のせいかBBC(びわ湖放送)の受信状態が悪かったし(伝勇伝は無事だったがクロスゲームはダメだった)、地上デジタル放送は天候に左右されまくってるから問題があるなぁ・・・。BSとCSがないと保存用録画は危ないな。とりあえず心配なのはまだ地上放送以外では観られない「魔法少女まどか☆マギカ」と「STAR DRIVER」だけだ・・・。
まぁ今まで問題なかったのが不思議なんだけど。

と、いうことで、毎週恒例!今週放送されたTVアニメの感想コーナー!!
現在観ている放送局は、地上放送(関西地方・滋賀)、BS放送のBS-TBS、CS放送のAT-X、キッズステーションです。

今週から放送スタートしたのは、「レベルE」と「これはゾンビですか?」の2本。

とある魔術の禁書目録II 第15話
アドリア海の女王編その2。以前、上条や天草式たちと戦った事のあるローマ正教アニェーゼ隊のアニェーゼ、ルチア、アンジェレネが再登場!!
インデックスのとき同様、アニェーゼも上条の右手によって裸になりました(笑) まぁ乳が小さい子には興味ないですが。これがもしもオルソラか五和だったら最高です(*´Д`*)(ぁ あと、アンジェレネは結構好きかもしれない。可愛らしいので妹に欲しいです(笑)
天草式も出てきました。五和再び!!おしぼり作戦続行中です(笑) 彼女が上条と本格的に親しくなるのはC文書編(神の右席・左方のテッラ戦)のときまで待たねばなりません。下手すりゃ第3期ですな。ってか、アニメ版だと胸の大きさが強調されてて良いですね(*´Д`*)b 建宮の「五和隠れ巨乳説」が証明された(爆)

魔法少女まどか☆マギカ 第3話
冒頭のさやかと入院している少年・上條君の2人は良い雰囲気ですね。まだ恋人にはなってないようだけど・・・さやかの願い事は彼に関係することになるのかな?
マミは死亡フラグ立ってたけど、マジでそうだったのかよ!魔法少女モノでその展開はありなのか!?っていうくらい衝撃的なラストですね・・・。ぃゃマジでビックリしました。死ぬこと自体もそうですが、死に方が若干グロイですよ。直接的な表現方法は用いてない分、想像が膨らみやすくて・・・。
マミが魔女に顔から喰われる→マミが魔女の口からぶら下がっている(その時のまどか&さやかの2人の表情が印象的)→ほむらが魔女を倒した直後、魔女の体から黒い物体が落ちてくる(マミの身体かどうかは不明だがそうとしか考えられない)→グリフシードが落ちた場所に血が飛散している・・・。
・・・特に魔女の口からぶら下がってる時のマミの顔だけ映らないところとかが逆にやたら生々しかったです・・・。生き返るっていう展開もあるのか?まどかの願い事とかで。
反魔法的な意味を持つ銃で戦う魔法少女って非常に珍しいと思うので、マミのバトルスタイルは結構好きだったんですけどねぇ。・・・残念ですわ(´Д`;)ヾ

それでも町は廻っている 第11話~第12話(最終回)
2話連続放送でした。第11話はところどころ挿入されている「ビンボウくん」が面白かったです(笑)
第11話Aパートは嵐山家の父と歩鳥の補習とタヌキのお話。若干長めでした。あのタヌキにジョセフィーヌという立派な名前が付いてたとは・・・って、犬なのか!?タヌキじゃないの!?今までで1番驚いたぞ!!でもどう見てもタヌキだよな?(笑) しかしまぁ・・・担任の先生はマジメなんだけど結構面白い人だよね(笑)
第11話Bパートは紺先輩と歩鳥が海に行くお話。あの怒りゲージは仮装大賞風なのか、サムライスピリッツなのか・・・どっちだろう(笑) 冒頭の嵐は辰野と真田の呪いだったんですねヽ(´ー`)ノ 
第12話Aパートは歩鳥が小説を書いて応募するお話。まぁ事の発端は紺先輩と辰野の対立からなんだけど、その時に見せた改造万年筆の価値を知って、それを買い直すべく書いたわけで・・・。で、一次選考で落選してショックを受けた歩鳥が車に轢かれてしまう。って、その展開はあるのか!
第12話BパートはAパートの続き。歩鳥があの世に。なんかあの世が役所っぽい?(笑) 「死人にくちなし」に吹いた(笑) 歩鳥が下界を覗いたときのシーンはホロリときました。「そっか、これからなんてもう無いんだ。もっと皆と一緒にいたかったよ、生きていたかったよ」って言って歩鳥が泣くところが1番泣けた(iдi) まさかこの作品で泣かされることになるとは思わなかったです。こういうエピソードには弱いなぁ(´Д`;)ヾ
・・・これで「それ町」は終わりです。なかなか楽しめたので是非第2期をやってほしいですね!

これはゾンビですか? 第1話
至って普通な主人公のモノローグで始まったかと思いきや、「あ、オレ、ゾンビッス」以降は一転してぶっ飛びましたね(笑) ぃぇ、文字通りの意味で(笑) っていうわけで、主人公がゾンビというお話です!
しかしまぁ・・・チェーンソーを持った魔法少女(正確には魔装少女らしいが)が出てきたり、色々なものが混じっててどこから突っ込んでいいのか分からないくらい突っ込みどころ満載なアニメですなヽ(´ー`)ノ
主人公の相川が魔装少女に変身してトドメをさしたときのザリガニの「それキックじゃねぇ!!」に吹いた(笑)
ぁ、キャラはネクロマンサーのユーが良いですね。無口ですけど(笑)

Rio -Rainbow Gate!- 第3話
オーナーの買い取った城に住む幽霊ミザリィが今回の相手です。今回は新キャラ・リナのおかげで勝てましたね。
ドジっ子アーニャちゃんvsミザリィは面白かった(笑) ある意味ではリオでもアーニャには勝てないですよ!ドジっ子属性は最強です(爆)
幽霊に怖がるアーニャちゃんも良い・・・やっぱアーニャちゃんは最高に可愛いですわ(*´Д`*)b

侵略!イカ娘 第11話
Aパートは栄子の持っているプレミア人形のお話。ジョニー&デップって・・・ごめん、ぶっちゃけ怖いです(笑) 人形ってやっぱちょっと怖いよねぇ~。怪談話で1番怖いのは人形の話ですよね! ぁと、イカ娘がいても普通に栄子と会話してる早苗が不気味でした(爆)
Bパートはシンディが宇宙人と疑っている千鶴をリサーチするお話。研究所のメンバーがサンプルになる千鶴の髪と血を入手するべく色々画策するけど・・・やっぱ千鶴怖いッス(笑)
Cパートは相沢家+イカ娘が登山するお話。クマが出たら死んだふりしたり背中を見せたらいけないはずだが・・・古いネタだな(笑) んで、オチがケーブルカーですか(笑) 確かにちょっと悔しいよねヽ(´ー`)ノ
ぁ、エンディングでジョニー&デップが歩いてましたね((((゜Д゜;))))

バクマン。 第16話
次のチャンスは近未来杯。今度は主人公が天使。秋人のアイディアは凄いね。服部さんがかなり燃えてたようだけど、残念ながらエントリーならず秋人がスランプに陥る。
亜豆の声優デビュー作が放送開始。しかもCMにまで出て・・・。こちらは比較的順調のようですね。
見吉が見つけた夢は小説家ですか(笑) ケータイ小説って聞くと俺妹の桐乃が思い浮かぶねヽ(´ー`)ノ
そして、最高にアシスタントの話が来て、ライバル宣言した新妻エイジのアシスタントになることに。最後のシーンは最高にとっては衝撃的ですよね。すれ違う最高と秋人の2人はどうなるんでしょう。

レベルE 第1話
「幽遊白書」や「HUNTER×HUNTER」の富樫氏の2作目の作品です。・・・たしか4巻くらいまでしか出てなかったような。
宇宙人のお話ですが、ぶっちゃけあまり覚えてなかったりしますね。コミックスを買ってなかった時点で当時の私には合わなかったんでしょうねヽ(´ー`)ノ
でも、今観てみるとなかなか面白いですね。それよりも「HUNTER×HUNTER」の続きを連載してほしいですけど(爆)

お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! 第2話
サービスタイム終了っていうのは妹の決めセリフ(?)なんですな。ってか、相変わらずの変態ぶりな妹だねぇ・・・リコーダーとかどんだけ!?(笑)
妹・奈緒のクラスに転校生・・・修輔の幼馴染の土浦彩葉がきましたね。奈緒が見つけた写真に載ってたツインテールの女の子です。
奈緒のライバル登場ですが・・・ごめん、オレは変態な妹より変態な彩葉の方が好きです!同じ変態ならツインテールの方が良いですね(爆) ただ、だいぶ腹黒いようですがヽ(´ー`)ノ
AGE探検隊(オールジャンルエロの略称)とリコーダーでの「運命」と「悲愴」はウケた(笑)

STAR DRIVER 輝きのタクト 第16話
いなくなったマリノ。そして日死の巫女であるミズノは島の外に出るためニチ・ケイトのもとへ。そこで分かる姉妹の真実。
2人目の巫女の封印が解かれてキラ星十字団も第3フェイズに移行してしまいましたね。そしてついに始まるタクトvsヘッド。
ヘッドに負けるかと思いきや、タクトも覚醒してついでに過去まで判明して強かったですね。
マリノが復活したけど、個人的に気に入ってたミズノが島を去ることになって残念ですorz また戻ってくるのかな?

スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 第13話
前回自爆したラミアが早々に復活。そしてラミアの新しい機体ヴァイサーガも登場。アンジュルグも好きだけどヴァイサーガの方が格好よくて好きですね~。
・・・そしてついに出てました、OGシリーズ真打のゼンガー・ゾンボルト!!!まだ搭乗機はグルンガストですが初登場にして名セリフ「斬艦刀に絶てぬものなし!!」を言ってくれました!!ぃゃ~シブイお人ですなぁ~。かっこいいなぁ~。
シャドウミラー等”あちら側”の世界のことが分かって、ここで折り返し地点になったわけだけど、このペースでインスペクターとの戦いは終わるんだろうか?

みつどもえ 増量中! 第3話
ふたばが千葉氏のためにエロい絵を描くことに。ふたばって意外と絵の才能があるんだな~。裸の絵しか描けないけど(笑) しんちゃんは相変わらず不幸だな(笑)
運動会。掃除用具入れのキャビネットに入ってた父親に吹いた(笑) パンチ一丁どころか最後は下まで脱げちゃいましたね。矢部っち以上に不幸な父親だなヽ(´ー`)ノ
三つ子の父親の少年時代って・・・全然違う((((゜Д゜;)))) なんですか、あのイケメン!?みつばの見栄のせいで大変なことに・・・こういうときの吉岡は最強だな(笑)

夢喰いメリー 第3話
勇魚ってさそり座なんだ・・・ウチの妹と同じだな!ううむ・・・今回もまた勇魚は最初しか出番なしですかorz
夢魔イチマに取り付かれたドジっ子ミナトと缶ケリするメリー。ミナトは妹チックで可愛らしいですね。ってか、呆気なくメリーを見つけたんだなヽ(´ー`)ノ
最後に出てきた天使っぽい夢魔はメリーの知り合い?

テガミバチ REVERSE 第10話
害虫誕生の秘密が分かりました。少しずつノワール達のやっていることが見えてきましたね。
食べ物にしか興味なかったコナーが恋ですか((((゜Д゜;)))) しかも相手がロダとは(笑) サニーとの三角関係勃発っぽい?ヽ(´ー`)ノ
そしてリバースの拠点と思われる修道院に潜入するためにラグが女装(笑) まぁロダには一発でバレたみたいですけどね(笑)

ドラゴンクライシス! 第2話
協会の研究所でレッドドラゴンのローズの身体調査。竜司とローズが以前合っている事が分かったくらいですね。あと、竜司の言動にちょっとイラッときたくらい(´ー`)
とりあえず、オニキスっていうブラックドラゴンが出てきたわけだが、こういうときって近代兵器をもった警備兵とか兵士とかって敵の力を誇示するために呆気なくやられるのは定番ですね(笑)
江藤さんって「ほぇ?」とかビックリするときの声が良いですね(爆)

フリージング 第3話
サテライザーがデレ状態に入りましたね。照れてるところがちょっと可愛かったです(笑)
Bパートは凄かったですね・・・ヨスガノソラ以上の映像がありました。TVアニメでそこまでやっていいの!?4:3にしたのはやはりちゃんとみたけりゃBD買えってことか!!
ミヤビは自業自得でしたねヽ(´ー`)ノ ってか、学園7位とか色々と某インデックス風なのは・・・もはや気のせいじゃないよな(笑)

コメント

ドラマCD「神さまのいない日曜日」

2011年01月22日 20時51分31秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20110122

神さまに見捨てられ、子供が産まれなくなり、死者が当たり前のように生活している世界を描くライトノベル「神さまのいない日曜日」のドラマCDが出ました!ぃぇ、実際に発売されたのは年末ですが、ようやく聴きました(爆)

昨年デビューしたばかりの作家さんですが、この作品は第21回ファンタジア大賞の大賞受賞作で、試しに読んでみたら私の好きな世界観だったせいもあってか、見事にハマってしまいました。
昨年5月には目出度くシリーズとして第2巻が出て、10月には第3巻発売とコミカライズのスタート、そして12月にこのドラマCDが発売されました。来月には最新の第4巻の発売が予定されています。
漫画版は原作との絵のギャップがあるので読む気はありませんけど、原作の茨乃さんの絵は大好きです!このドラマCDを買った目的の1つは茨乃さんの描き下ろしイラストですし。

「神さまのいない日曜日」は、基本的に死人が多く出て、テーマも少し重いため、作品全体も重苦しい雰囲気になりがちに思われますが、主人公のアイちゃんの持ち前の明るさと天然ぶりのおかげであまり暗くなることもなく楽しく読めます。
でも、アイちゃんはただ天然なだけでなく、強かな一面があるので、周囲の人をアッと驚かせることも多く、読んでいる人も予想が付かない行動をしてくれるので、毎回何をしてくれるのか楽しみになります。
・・・まぁ言うなれば、アイちゃんはオレの娘(爆)

で、このドラマCDは原作第1巻の内容そのままであり、原作を読みながら聴くとより一層楽しめますね。
ラストのハンプニーハンバートとのお別れは原作でも泣けましたが、声が付くともっと泣けます(;´д⊂)

声に付いては比較的イメージ通りだったのではないかと思います。そんなに外れたキャラはいません。もっとも、1巻の内容はそれほどキャラも出てきませんけど。
アイちゃん役の豊崎愛生さんは、こういう子供役はうってつけですが、どうしても「けいおん!」の平沢唯のイメージが付きまといますね(笑)
個人的に1番良かったのは、スカー役の能登麻美子さんですね。私の中では「乃木坂春香の秘密」の乃木坂春香のイメージが強いのですが、スカーのような大人な女性もまた良いです。

ライトノベルのコミカライズ&ドラマCD化という流れは結構な確率でアニメ化されるんじゃないかなぁと少し期待しています。
アイちゃんが動くところを早く見たいものです!

コメント