こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「リトルバスターズ! ~Refrain~」 BD第4巻 感想

2014年04月30日 20時06分25秒 | Key

Refrain編のBD第4巻~。

20140430_01

今回は理樹&真人でした。
ジャケット全体絵はこんな感じ~。

20140430_02

後ろに見えるのは理樹と出会う前、更に謙吾を仲間に入れる前の3人ですかね。

そして、EX第4話!

20140430_03

沙耶編もいよいよクライマックスです~。

中身はこんな感じ~。

20140430_04

第4巻はRefrain編の第7話「5月13日」と第8話「最強の証明」の2話と、EXの第4話「いつか、どこかで・・・」を収録。

Refrain第7話「5月13日」&第8話「最強の証明」
第6話で鈴編が終わり、第7話からはいよいよ本格的にRefrain編に突入します。
第1期と同じような始まり方ですが、鈴編で大きな過ちを犯した恭介の様子がいつもと違い部屋に引きこもり、真人も謙吾もどこかおかしく、鈴は前回のトラウマで理樹以外には心を開かなくなっており、リトルバスターズは完全にバラバラになっていました。
理樹はいつしか恭介の代わりを務めようとします。謙吾は最初こそ理樹に付いていきましたが、理樹が恭介と同じことをしようとしていることに苛立ち離れていきます。それでもめげずに最初は真人を仲間に入れようと行動を開始。これまで恭介に依存していた理樹の成長が見られますね。
その後は、真人との対決で鈴と協力して最強を求める真人に勝利。ようやく真人を仲間に入れます。お次は謙吾ですね~。

EX第4話「いつか、どこかで・・・」
冒頭で沙耶の幼い頃のエピソードが見られます。沙耶の育った場所や理樹と出会ってたこと、そして彼女が最後にどうなったのか・・・などが分かりますね。まぁ正確には微妙に“彼女”ではないんですけど。
沙耶に扮装した理樹を囮にしてようやく時風瞬に勝った沙耶はいよいよ地下最下層へ。そこで真実を知り(というか既にそういうことになっていることを知っていましたが)、彼に別れを告げます。エンディングに使われている「Saya’sSong」って名曲ですよね~。最高です。
個人的には沙耶を交えたリトルバスターズ!ってのも見てみたいですね。小毬ちゃん以上に来ヶ谷にイジられそうな気がしますがw

今回は以上!

「Angel Beats!」のゲーム版発表に伴い、再び色々と動き出していますね~。グッズもまた増えてきたけど、ガルデモの関根&入江の出番は・・・ないのかなw 個人的にこの2人が好きなんですけどw

コメント

「PRETTY×CATION」 あらすじ・感想その4 エレクトリーチカ・サプサン編

2014年04月29日 19時21分20秒 | hibiki works

最後はエレクトリーチカ・サプサンでした~。愛称はレーチェですね。

・・・どうも「銃騎士Cutie☆Bullet」をプレイしてからというもの(怜奈&優奈の姉妹)、金髪少女だけじゃなく銀髪少女も良いなと思うようになってしまったw

レーチェはロシアからやってきた留学生で主人公とは違うクラスですが同学年です。家族揃って日本が大好きな親日家で、更にレーチェは戦国時代が好きな歴女でもあります。
日本に来て1年経っており、日本語を流暢に話せます。まぁ話し方が片言っぽく聞こえますが、いかにも外国人って感じですねw あと、やや古臭い日本語を使うところも如何にもって気がしますw
周りから見ればあまり表情に変化がないクールビューティーですが、親しくなれば表情豊かな年相応の女の子であることが分かります。ただ、普段は割と冷静ですが歴史トーク等で興奮すると暴走する傾向にあり、その暴走っぷりは咲良の映画トークをも超えますねw
料理は得意ですが、ロシア料理限定です。日本料理は修行中とのこと。あと、佃煮が大好物で梅干しが苦手です。納豆も好きとか外国人にしては珍しいですね。梅干しに関しては口に入れたときのしょっぱいのがダメらしく、彼女のシナリオの後半に小町先生の実家秘伝の梅干しを食べたことで少し食べられるようになったみたいですが。

レーチェの攻略ですが、趣味は時代劇と読書にしておいた方がいいですね。得意科目は社会&国語にしました。
アイテム類などの注意点といえば・・・ブックストアの「奥州三傑」を最初に買っておく(またはレーチェが初めてブックストアに来たときに買う)、秋葉原の「武将大戦」が入荷され次第プレイしておく、それと関係ないかもしれないけど4月中に秋葉原の「織田信子の陰謀」を買っておく、くらいですかね。朝霧姉妹みたいにプライズキャッチャーがないぶん4月の行動は自由が効いて比較的楽だと思います(まぁプライズキャッチャーはCG回収時にやればいいだけの話ですがw)。あと、小町先生のときの「絆創膏」みたくコレを買うとダメってのも無いですしね。
ステータス&技能は日本文化と書籍を中心に、知力を上げつつ、器用とゲームを20以上にする感じですかね。まぁステータスの方はあまり気にしなくても大丈夫かな。レーチェとのゲームの対戦で負けることって・・・あるの?w
あと直接攻略には関係ないですが、レーチェ編のみ自由行動時にレーチェが一緒に付いてくることが時々あります。好感度の増減はないと思いますが、一緒に行動しているときにドラッグストアの「激薄コンドーム」とかそういう類のは何故か選びにくくなる不思議w

レーチェとは、廊下ですれ違ったとき彼女が落とした単語帳を拾ったことで知り合い(主人公はその前に何度も目撃していますが)、その後、時代劇の撮影を一緒に見学して仲良くなっていきます。
各地の観光めぐりを一緒にしていきますが、レーチェが主人公を好きになったのは、半蔵門を見学したときにレーチェが自分の趣味をここまで語らえる人と出会えたことが嬉しくて暴走してしまい立入禁止エリアにはいって警備員に取り押さえられたときですね。そのとき彼女を必死に庇って助けてくれたことで惚れてしまったようです。まぁ正確には主人公がレーチェの身代わりになって怒られたことでレーチェだけじゃなくロシアの人が悪く見られてしまうのを阻止した姿にサムライ魂を見たってことなんですがw
告白は他のヒロインとは違ってレーチェからしてきます。学校の屋上です。ベタですが王道ですねw 告白シーンが4月中旬過ぎくらいなので、他のヒロインが4月末~5月初めであることを考えると、かなり早い段階で恋人になりますね。恋人になってからは主人公にベッタリですね。自由行動時も2~3日に1回は付いてくる感じですしw あと、外国人ですがヒロインの中で唯一和服を披露します。・・・普通逆じゃないのかw
早く恋人になるぶんイチャラブもかなり長めになっていますが、後半は彼女の両親が来ることでイチャラブがなくなっちゃいますね。主人公を認めてもらうのに必死で自分がどうしたいのか気持ちを告げなかったことで両親・・・特に父親が不機嫌になってしまいます。そのことに気付いた主人公からのアドバイスで両親が帰る前にキチンと告白。ようやく受け入れてもらえてエンディングです。

レーチェのHシーンも9回。巨乳3人の中では1番おっぱい見せてましたね。ただ、個人的には制服Hの本番時のは胸元そのままってのはどうなのってマジ思った。ホントに服着たHシーンは脱がないっすね。巨乳っ子は胸は見せなきゃ意味ないのに。残念です。
一般CGは9枚。着物も良かったですが、浴衣でしょうw 普段ロングのストレートだった子がポニーテールになると印象が変わるよね~。良いです、最高ですw

さて、これにて「PRETTY×CATION」は終了です。オンライン配信がどうなるのか分からないけど、配信されたらやってみます。Hシーン改善されてるといいなぁ。
主人公を育成する要素がありますが難易度は攻略するだけなら思ったほど高くはないかな。最初の1回は失敗するつもりでやれば概ね攻略は出来ます。しかし、やはり慣れてくると自由行動時に飽きがきますね。救いなのは1周当たりのプレイ時間が短いことかな。初回だけはどうしても時間がかかってしまいますが、2周目以降は割と早く終わります。
CGを全回収するには1人のヒロインで何度か周回プレイをする必要がありますね。もし条件を満たさなくてもイベント発生日にヒントが出るので次やり直したときに注意すればOKですし。面倒ですがw その中でも朝霧姉妹のプライズキャッチャーが1番面倒だったかなー。特に姉の方は条件がやや厳しい感じでしたね。
他にはヒロインの個性はやや弱い印象を受けます。まぁこれは最近のエロゲのヒロインがちょっと変わったのが多いせいもあるんだけどw でも、ヒロインとのイチャラブが多く用意されているのはGOOD。重い話にはならないので(レーチェ編の終盤はちょっとアレですが)、安心してプレイできると思います。朝霧姉妹の両方のシナリオで告白する前の主人公がヘタレるのが気になる程度かな。
Hシーンはシーンのセリフやバックグランドボイス機能などは良いんですが、肝心のHCGがガッカリでした。巨乳はおっぱい見せろ!

ヒロインに関してはどの娘も好みでした。んが、先ほども言ったようにやや個性が弱い印象を受けますので、最近のエロゲになれてるとその辺どうかなって思います。ヒロインより立ち絵すらないサブキャラの方が個性が強いですねw でも、そのぶん自分の好きな属性に関係なくどのヒロインも好きになれるとは思います。
好きな順としては、小町先生>希美=咲良=レーチェ・・・ですね。プレイ前が小町先生と咲良の二択だったのに対して、プレイ後はそんな感じです。小町先生だけ上なのは、単純におっぱいの差(爆)

とまぁこんな感じで。次のエロゲは~発売直前まで買うかどうか迷ってたヤツにしようかと思ってますw

コメント

「PRETTY×CATION」 あらすじ・感想その3 朝霧希美編

2014年04月28日 19時34分23秒 | hibiki works

3周目は朝霧希美でした~。

希美は主人公のクラスメイトで隣の席です。学園では優等生で社交性が高く誰とでも親しくなれるタイプで男子の憧れの的。
学園内ではあまりそんな素振を見せませんが、結構負けず嫌いなところがあるようです。趣味はアニメやゲーム、漫画など。割と重度なオタクで、この趣味を家族以外には知られたくないと思っている隠れオタです。それは彼氏になる主人公に対しても付き合ってとある場所でバレるまで内緒にしていたほどです。まぁ漫画の話をしていた時点でバレてたような気がしますけどねw
非常に妹想いなところがあり、咲良編でも妹のことを心配している様子が描かれているし、希美のシナリオでも同じような描写がいくつもあります。ファッションに関しては着る服なんかは妹任せのようです。どっちもお互いのことを大切に思ってますが、希美の方が過保護になってる感じですかねw
何でも人並以上にこなせる天才肌のタイプですが、プライベートでは他の人(この場合は妹や主人公のこと)が出来ることはやらないタイプでそこが妹とは正反対です。ただ、なんでもこなせる彼女でも料理だけは大の苦手で咲良も匙を投げてしまったほど。あと、妹と同じ様にホラーが苦手です。

希美の方略方法ですが、趣味はゲームとサブカルチャーが良いかな。少なくともゲームは入れないとダメですね。メインで上げるパラメータは器用とゲームです。この2つは絶対に上げるべきなので、得意科目もその辺考えて選ぶといいかも。サブカルもある程度は上げるべきですが。
アイテム類や選択肢等で注意すべき点は、序盤から器用&ゲームをメインで上げていくことと、秋葉原の「プライズキャッチャー」をやることです。プライズキャッチャーは序盤のイベントにも関係ありますが、他にもプライズキャッチャーのアイテムを全部入手した後でないと手に入らないアイテムがあるんですけど、それがないとHシーンが回収できません。器用とゲームの数値の目安は・・・30くらいですかね。この数値を4月下旬までに上げないといけないのであまりのんびりできません。よって、他のステータスを上げるのはアイテム入手後になりますね~。ノーマルでやるとあまり余裕がないですし。
まぁHシーンの回収を2周目にして先ず攻略だけしたいなら、器用&ゲーム&サブカルを中心にバランスよくステータスを上げていけば特に難しくはないと思います。難しいのは1つHシーン回収だけです。それ以外は特に問題ないかと。プライズキャッチャーを回数こなすだけでほぼ入手できる咲良とはここが違いますね。

希美とは席が隣で普段から割と親しく会話しています。妹とも知り合いだということが分かると更に仲良くなっていきますが、やはり主人公が漫画好きということが分かってからが本番になりますね~。結局、隠れオタだってバラすのは付き合い始めてからになるんですが。ちなみに、咲良編だと咲良から隠れオタであることと料理が壊滅的だってことがバラされますw
告白はなんだか唐突だった気がしますねw その後は趣味のことはあまり出て来なくて(プレゼントしなければゲームをするシーンがありますが)、彼女が料理に挑戦する姿が描かれています。
途中、お馴染みの姉妹喧嘩がありますが、希美編ではそれほど深刻な状態にならず、主人公の手助けもあってすぐ仲直りします。しかし、翌日、咲良が熱を出して休み、看病を手伝いにきた主人公に風邪が移り、更に主人公の看病をしていた希美にまで移るという展開になりますがw
しばらく料理を作る姿が見られますが、希美の看病をしていたときに主人公が作った雑炊が美味かったので、希美は「自分がやらなくても大丈夫」と思ってしまい、また料理を作らなくなってしまいますが、咲良のアドバイスを受けて主人公が彼女のやる気を出させるために行動に移ります。
その後は料理も咲良以上に美味しくなったみたいで、料理家を目指そうとしているみたいですね。

希美のHシーンは9回。・・・3人目で分かったんだけど、ここのブランドさんは基本的におっぱいは見せない方向なんですね。希美がおっぱい見せるのは、最初と最後の2回だけです。あとは後ろからの描写か服を着たままHです。そこがすっごい不満でした。ただ、最後のHは2連続の上、おっぱい見られたので、まぁヨシとします。
一般CGは9枚。やっぱゲームしてる姿が1番活き活きしてるかなって思いますねw あとは主人公がプレゼントしたブラウスを着てるCGも可愛かったです。

・・・とまぁ、こんな感じで。小町先生以上にHシーンに不満が残ったなぁ~。会話とかは良いんだけどHシーンが・・・orz

さてさて、お次は最後になります。留学生のレーチェ・・・エレクトリーチカ・サプサンです~。覚えづらいなw

コメント

「PRETTY×CATION」 あらすじ・感想その2 朝霧咲良編

2014年04月27日 20時23分38秒 | hibiki works

2周目は朝霧咲良でした~。

このゲームやって気が付いたんですけど、私って黒髪ツインテール系の妹属性に弱いのかもしれない・・・「ちいさな彼女の小夜曲」のわわわ様・・・じゃなかった花梨ちゃん、「恋する姉妹の六重奏」の詩帆ちゃん、「CloverDay’s」の杏璃ちゃん、そして今回の咲良ちゃん・・・皆そうですしねw

咲良は主人公のクラスメイト・朝霧希美の妹。彼女とは同じクラスになった姉よりも前に海浜公園で既に会っており、そのこともあってすぐ親しくなりましたね。
見た目はオシャレで今時の若者風の軽い印象を受けますが、礼儀正しくしっかり者です。ただ、行動力がありすぎるからか、やや強引なところがあり、普段は周囲への気配りが出来るのに自分の好きなこととなると一直線になってしまい、主人公もよく振り回されることになります。妹は違うといってるけど、この辺りは姉妹ソックリなようですw
趣味は映画とショッピング。特に映画はマニアと言っていいくらいで、映画の話になるとマシンガントークがさく裂しますw これまで映画好きが周りにいなかったせいか、同じ映画好きの主人公とはすっかり意気投合して、仲良くなっていきます。
姉の希美とは大変仲が良く、喧嘩したことがないというほど。ただ、姉の私生活での自堕落ぶりはちょっと呆れているようですw まぁその姉のこともあってか家事スキルは高いですが、自分から積極的にやるタイプというわけじゃなく、姉がやらないからやっているって感じですね。
姉妹揃ってなんでもできる印象がありますが、天才肌な姉とは違って妹の方は努力家で、料理以外は何でも出来る姉に対してコンプレックスを抱いています。ちなみに、ホラーが大の苦手であり、猫好きの猫アレルギーですw ぁぁ、本人もどことなく猫っぽいですねw

咲良の攻略方法ですが、小町先生とは違って主人公の趣味が大きく影響していますね。なので、趣味を映画とショッピングにした方が良いです。少なくとも映画を趣味にしとかないとBADエンド確定ですw ステータスは特にこれといってないかなぁ。技能は映画とファッションを上げます。この2点さえ上げれば他は問題なしです。
アイテム類で注意すべきは・・・攻略上の影響はないけど、咲良が本屋で買い物するまでにブックストアの「シネマ新報」を買っておく(その時に一緒に買うのでも可)、HシーンだとGW突入までにアキバのプライズキャッチャーで「アキバ系アイドル衣装」を入手する(コスプレHの発生条件)・・・かな。他は特に気にならなかったような・・・。ともあれ、プライズキャッチャーは少なくとも複数回やらんとダメなんで早い段階から行っておいたほうが良いですね。

咲良とは映画を通じて仲良くなっていき、告白は夜の噴水公園、その後は買い物やら温水プールやらのデートですね。恋人になってからはあまり映画の話が出なかった気がします。
後半は姉妹喧嘩が起こります。ちなみに小町先生が恋人になったときも2人がおかしい様子が描かれており(この姉妹を気にするあまり小町先生が嫉妬しちゃうわけですがw)、他のヒロインのときでも同じことが発生するようになっているんですね。
しばらくすれ違いの日々が続き姉の行動が理解できない咲良でしたが、主人公の推察した「2人の邪魔をしないようにする」が姉の行動理念ということが分かったので、咲良は少し姉と距離を置くべく主人公との半同棲生活を始めます。まぁ主人公と一緒にいるための口実なんですけどw
ぁ、咲良には直接関係ないけど、珍しく隠岐と一緒に学食で食べたときのナポリハンにウケたw 京都の人がイタリア人を呼ぶときみたいな、とか、ただのオムライスの中身だけなんじゃ、とかw

ちなみに、咲良が恋人になったときだけラブリーコールシステムに追加メニューが出現します。主人公の呼び方を名前で呼ぶか「先輩」と呼ぶか「お兄ちゃん」と呼ぶか3択です。
名前で呼ばれたい人はそのまま、後輩属性が好きな人は「先輩」、咲良の恋人じゃなくてお兄ちゃんになりたい人は「お兄ちゃん」を選びましょうw 私は当然「お兄ちゃん」を選びました(爆)

Hシーンは9回。貧乳なんで特に期待はしてなかったけど、こういう娘の場合は逆に服着たままのほうがいいかなーw 制服Hと体操服が良かったかな。あとは最後のも良いかも。
一般CGは9枚。最初の出会いのときのCGがベストかな、年下の上目遣いは最高ですw 微妙に谷間が見えるのもGOODですしw あとは猫と戯れるシーンかな。最後に猫アレルギーが発覚しますけどw

さて、お次は姉の朝霧希美ですよ~。

コメント

「PRETTY×CATION」 あらすじ・感想その1 薬王寺小町編

2014年04月26日 20時05分46秒 | hibiki works

4月度発売タイトル第1弾はSLG要素もある「PRETTY×CATION」です~。

20140426_01

ここのブランドさんの作品は今回で初プレイになります。これってシリーズ物なんですね。初めて知りました。まぁシステム的な繋がりだけなんで過去作知らなくても全く問題ないんですけど。
私がコレを買うことにしたキッカケは、絵が良かったのはもちろんですが(っていうかエロゲではそれが前提条件です)・・・やっぱり小町先生かな。おっぱ(ry

特典はこんな感じ~。

20140426_02

小町先生のオパーイ、ヤホーイ!!(爆)

あと色紙も付いてました~。

20140426_03

ヒロイン4人分ですね~。濡れ透け最高ですw

「PRETTY×CATION」は4人のヒロインと友達から始まって少しずつ仲良くなっていくごくごく普通の学園恋愛モノですね。最近多いハーレムな状態から1人選ぶというタイプではないので懐かしい感じがしたかな。
シナリオはストーリー的なものはほぼ皆無といっていいくらい、日常とイチャラブになっています。重要なのはシステムかな。主人公を育成していくことでヒロインと仲良くなれるタイプなので。ときメモみたいかな・・・ぁ、私はときメモはやったことないけどw
ぁぁ、舞台が現実の東京と同じなので、近くに住んでる人なら分かるネタが結構あるっぽい。名称とか変わってますが背景とか見覚えのあるところが多いと思います。私は実家が北関東なんで・・・そんなに馴染みがないけど、ある程度なら分かるかなって感じですかねw

先ずは主人公の設定をします。誕生日やら名前、趣味、得意科目などを入力してからゲームスタート。名前、誕生日、血液型の3つはステータスやイベントには一切関係ないっぽいので、自分のものを入れてOKです。メガネあるなしは・・・眼鏡男子が好きな方はどうぞw 眼鏡のあるなしは寝起き時や事後に変化が出るようですね。

・・・の前にヒロインの設定からした方がいいですね。ラブリーコールっていう自分で決めた主人公の名前を呼んでくれるというシステムですが、これは完全ではありません。240種類の中から選ぶだけです。もし自分の名前がなかったら近いものを選ぶしかないですねw 私がそうでしたorz ちなみに恋人になるまでは苗字で呼ばれるため名前のところはセリフが飛びます。ここはかなり違和感ありまくりですねw
ただまぁ・・・セリフの合間とかにこのラブリーコールがあると、若干セリフが途切れた感じになるので違和感はありますが、気にするほどではないかな。慣れの問題ですねw ちなみに性器の呼び方も変えることが出来るけど、こっちは2種類しかないのが残念かな。

主人公の趣味や得意科目によってステータスの変化やヒロインの好感度の増減もあるので、基本的に攻略したヒロインに合わせていくのがいいかな。小町先生は趣味は特に関係なくアウトドアさえ上げていればOKですが、咲良とかは映画を趣味にしとかないと割と早い段階でBADエンドになりやすしですし。
あとは1日2回ある行動選択肢でステータスや技能を上げていくだけです。ヒロインとの会話やサブキャラの話を聞いてどうすればどのヒロインと親しくなれるか考えながら行動します。基本的にヒロインが絞られるまでは攻略したいヒロインに合わせた技能がメイン、ヒロインが絞られてからは技能とステータスを並行して上げる(日にちが経つたびに徐々にステータス重視にしていく)、恋人になってからはステータスを上げるって感じで良いと思います。特に自宅のメニューは複数回やっておくと大幅にステータスが上がるメニューが追加されるので、他の場所に行くより後半のメリットが大きいです。あとは1つのステータスや技能が3~4プラスされるものを選んでいく感じですね。

序盤は4人のヒロインとも会えるポイントがありますが、2週間くらい経つとヒロインが1人に絞られてくるので、そこまでが勝負かな。その後4月末くらいに恋人になって、それから1ヶ月くらいイチャラブが続いて終了って感じですね。そんなに長くありません。なのでパラメータは効率よく上げましょうw

普通に各ヒロインのエンディングを見るだけなら趣味さえ合わせればそんなに難しくはないですね。CGやHシーンを回収するにはアイテム入手状況やステータスが大きく関係してくるけど。“手に入れないと見られないシーン”だけじゃなく“入手していると見られなくなるシーン”もあるので注意です・・・。まぁ見られなくなるシーンについてはもしも既にアイテムを入手してしまっていた場合そのイベント発生時にヒントが出るので2周目で回収すればいいんですけど、面倒ですねw

基本的にステータスはHシーン、イベントの結果、新アイテム入荷&入手などに影響があります。技能は細かいことは分からないけど恋人になるまでのイベント発生条件に関係があるのかな。恋人になるまでに相手の趣味の技能を40以上くらいにするのか目安?告白に失敗したことないから分からんけどw 恋人になってからはアイテム入手状況と選択肢次第になってるっぽいのでステータスだけ上げていけば良いっぽいです。何度もプレイしないと結論は出ませんが、感覚的にはそんな感じですね。

あと、行先選択肢については、4月下旬~5月上旬あたりに新宿の占い師のところに5回行くべきかな。ステータスが上がるアイテムが貰えるので。まぁとにかく、1人のヒロインで3~4回は繰り返しやらんとCGは揃わないかもしれませんね。途中分岐があるので最低2回やる必要はありますがセーブデータさえ残しておけばそこからやり直せばいいだけの話ですね。私の場合、小町先生で3回だったかな。ただ、1周あたりそんなに長くないので、周回プレイも気にならないと思います。2周目以降はスキップ使えば30分くらいで終わりますし。

それと、仲良くなり始めてからの話ですが、イベントCGの写真撮影が可能になっていて、QRコードで携帯やスマホからそのCGがダウンロードできるようになっています。待受画面に使えるし、この機能は良いですね!是非他のエロゲでもやってほしいです。
マメ情報としては、タイトル画面で終了メニューの下にマウスカーソルを持っていくと、通常ヒロイン全員のイラストになっているタイトル画面の絵をヒロイン個別に変更できます。ただし、攻略済のヒロインしか選択できませんので注意。

とまぁ、そんな感じで、最初は薬王寺小町先生です。

小町先生は教師になって間もない若い先生。現代文を担当しています。常に生徒目線で接するので授業も分かりやすいため生徒たちからの人気も高く、又、その大きな胸から男子生徒の憧れの的になっています。
主人公と同じく田舎からやってきたせいか、主人公より先に都会で生活しているのに未だに迷ったりして翻弄されています。まぁそのお蔭で2人は仲良くなっていったわけですが。
アウトドアが趣味ですが、都会に来てからは仕事の忙しさもあってか、なかなか行けていないようです。ただ、何でもそろっている都会に来てからは買い物が好きになり、よく100均で衝動買いをしているようですw
実家が旅館をしていて、学生時代は教師を目指していたのもそうですが、家の手伝いもあってなかなか異性とのふれあいがなく、これまで誰とも付き合ったことがなく、やや奥手です。でも・・・恋人になってからはやたらとHに積極的だった気がしますねw

小町先生の攻略方法ですが、とりあえず、技能はアウトドアがメインであとは書籍を上げていました。
アイテム類や選択肢で注意すべきは、ファミレスで小町先生と同席するまでブッダネスカは食べない(食べる前にガッカリさせちゃうので)、保健室CGを見るまではコンビニの「絆創膏」を買ってはいけない、GW突入前にコンビニの「関東じゃじゃん!」を買っておく(GW最後に夜景を見に行くシーンに関係あり)、GW後の最初の金曜日までに自宅の「洗濯」を複数回やっておく(図書館Hに関係あり)、秋葉原でのプレゼント時のセーブは残しておく(5月中旬のデートの内容が変わる)、ですかね。それ以外は普通にCGが回収できると思います。

小町先生とは迷子になっているところを助けたり、同じ田舎者同士ということで意気投合して次第に仲良くなっていきます。告白はスカイタワー、告白してすぐ主人公の部屋でHという超展開。彼氏の部屋にいってベッドで匂い嗅ぐとか先生、大胆すぎですw その後は生徒と教師という関係から周りの目を気にしつつ、デートを重ねていきます。
GWでは山へキャンプ、その後は温水プール、動物園(プレゼントなしで水族館になる)などなど・・・。時折Hシーンもありますが・・・おっぱい見せてるシーンが少なかった気がするー、それが残念でした。服着たままって巨乳っ子のHシーンでそれ誰が得するの?って気がするんですけど・・・。
中盤では小町先生のお見合い話もありましたがすぐ断り、後半は彼女が出来たことで少し自信が出てきたせいか、女子からよく声をかけられるようになった主人公を見て、小町先生が不安になり、やや距離が出来てしまいます。まぁ主人公が先に動いて事なきを得ましたが。
最終的には小町先生を不安にさせないよう同棲生活を始めたようです。そこで終わりですが、アペンドライフで後日談が見られる・・・んですよね?w

Hシーンは9回。ただ、1番の巨乳っ子なのに、おっぱい見せる率は低めです。初Hとカーセックス、最後のHだけです。テントと図書館のHが同じバックなんだからどっちか正面から映すようにすれば良かったのに・・・図書館は窓に張り付けてHが良かったわ~。あと、図書館パ○ズリも服着たままだし、水着もせめて半分脱げよって気がしました。最初のパ○ズ○はフェ○がなかったのが残念ですが、バックグランドボイスを利用すれば口内射精でメッセージを送らずにそのままにしておけば、似たような効果は得られますw
一般CGは9枚。どれも良いですが、告白シーンが良かったかな。あと、動物園と保健室ですかね。

とりあえず、Hシーンはやや不満はありましたが、3つほど満足したのでとりあえず、ヨシとします。だから、巨乳はおっぱい見せろとあれほど(ry

次は朝霧咲良です~。

コメント

「銃騎士Cutie☆Bullet」 あらすじ・感想その5 グランドルート&種子島若桜編、感想まとめ

2014年04月25日 19時43分43秒 | あかべぇそふと系(hibikiworks除く)

最後は男爵との戦いに決着が付くグランドルートと追加パッチの種子島若桜とです~。

先ずはグランドルートです。個別ルートに行く直前に「ダルタニアンを探しに行く」か「季節を楽しむ」かの選択肢が出るのでダルタニアンを探しにいくと選べばグランドルートに突入します。季節の方を選ぶとヒロイン個別ルートに行きます。ちなみにグランドルートでは誰とも結ばれません。ぃぇ、追加パッチを見ると若桜になるっぽいですけどwww
グランドルートとは言っても、男爵が大暴れするだけで終わりますけどね。協力者も下らなかったなー、動機も同様に。やってることもくだらんし。なんだかなーって思います。
つか、なんであれだけのことしておいて、毎回男爵は保護観察処分だけなんだ?不思議で仕方ないんですけど。さすがに王女を誘拐した上に脱走して国民の半数を病院送りにしたんだから、極刑でも文句は言えないだろ。
伝説の銃士ダルタニアンの正体はほぼ予想通りですね。捻りもなかったので、共通ルートの伏線だけで気付けると思います。

んで、お次で最後になります。追加パッチの種子島若桜編です~。

若桜はみやびの幼馴染で大親友。みやびと切磋琢磨するためあえてみやびと違う赤薔薇学園に入隊しましたが、白薔薇学園と敵対関係にある赤薔薇学園において、唯一白薔薇学園と友好を保っている女の子です。密造銃疑惑のときも男爵じゃなくみやびを信じてますしね。
火縄銃と縁が深い種子島家の14代目で、火縄銃を売るため定期的に世界中で行商していますが、まったく売れません。それでもめげない前向きさがありますね。いつも陽子と月子という取り巻きの女性と一緒におり、この2人も白薔薇学園の銃士とは友好的ですな。つか、ふと思ったんだけどこの2人は銃士なの?w
人望も厚く実力もあり男爵が隊長から降格した際は隊長候補にも挙がっていました。火縄銃を売りにいけないので断ってましたがw

若桜編は男爵の事件が解決してから1年後のお話です。怜奈も真由もサラも藤倉家から出ており、藤倉家は再び元通りの生活になっています。みやびの寝起きも相変わらずですがw
お付の月子さんが体調不良のため、星子ちゃんという幼い女の子を火縄銃販売に連れ出すも販売には失敗した若桜。それでもめげずに彩都たち銃士隊に火縄銃の押し売りをするも、ことごとくアピールを失敗。基本すっごい良い子なんだけどなぁ・・・火縄銃のことになると途端に残念な子になるなw
これまで種子島家総出で火縄銃を販売していましたが、さすがに時代遅れなのか、火縄銃がなかなか売れず、在庫を売り切らないと来月から露頭に迷うという話を若桜から聞いた彩都は火縄銃の販売を手伝うことにします。つか、それで今までよく生活できてたなw
彩都が思いついたヒーローショーで火縄銃の魅力を広めようとしますが、そのショーをする直前に事件が発生します。まさかのチャールズ2世登場ですねw みやび編では解決までにかなり時間がかかりましたが、若桜編では偶然が重なって1度の対決でケリが付きました。でも、そのチャールズとの戦いが観客にとって最高のショーになり大盛況。火縄銃も無事完売しました。
火縄銃を一緒に売ろうとしていた間に惹かれあっていた2人ですが、チャールズ2世との戦いの帰りにお互いに想いを伝えて2人は晴れて恋人同士に。すぐHしちゃいましたねぇ・・・すごいですねぇw そして、その後は2人で仲良く火縄銃の販売をしているようです。・・・まぁ彩都の販売能力で何とかなるかなw

これで「銃騎士Cutie☆Bullet」は終了です。
やってみての最終的な感想ですが、最初のうちは面白いと思います。でも、序盤に男爵の動機を聞いて「はぁ?」と思ってからはシリアスパートが下らなく思えましたね。実際に色々と発生する事件の内容がふざけてるものばかりですし。やはり最初は面白いけど途中から飽きてきます。みやびがダルタニアンかどうかっていうネタも引っ張り過ぎでクドいですし。
コメディパートは最初は面白いけどやはり飽きてくるかな。ただ、日常パートや個別ルートのイチャラブパートは良かったと思います。これをメインにしといても良かったんじゃないかなーって思いましたね。なので、シナリオは好みがハッキリすると思います。動機とか事件の内容がまともだったらと思うと惜しい作品ではありますね。まぁそれが良いって人もいるだろうけど・・・大抵の人は白けるんじゃない?
シナリオよりも残念だったのは、CGが少なすぎること。SD画が結構あるのに肝心のCGが少ない。特にみやび。1枚だけで残りはHCG、しかもHシーンすら1番少ないって冷遇されすぎだろ。オープニングアニメーションに金かけるくらいならCGを増やしてほしかった。

ただ、ヒロインは良いと思います。絵が良いからだとは思うけど、みやび&怜奈&優奈の3人が大好きです!
好きなヒロイン順としては、怜奈≧みやび>優奈>(越えられない壁)>真由>サラ>若桜>シャルル>舞子かなw とにかく、メデシス姉妹とみやびが好みでした。怜奈のおっぱい最高ですw
個人的にはヒロインとの会話だけ楽しみたいなら良いと思いました。んが、肝心のシナリオがああなので・・・まぁそこは我慢かなw
とりあえず・・・優奈とのイチャラブが見たかったなー。ツインテール妹属性だし、おっぱいだって姉の怜奈ほどじゃないけど、みやび&真由くらいはありそうですし!・・・ダメですかねw なんで若桜ルートやねーんって思いましたorz

さてさて・・・3月発売タイトルはあと2本買いましたが、どっちもエロメインなので省略。これは毎度のことですけどね。もちろんちゃんとプレイしますけど、もう4月分のエロゲが発売になるので、あとは間を見てやろうと思います。
そんなわけで、次からは4月発売タイトルのエロゲーになります!
ちなみに、「第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇」も合間みてチマチマとプレイしています。20話までクリアしたかなw 色々余計なシステムが増えててちょっと残念な感じですけど。

コメント

「銃騎士Cutie☆Bullet」 あらすじ・感想その4 三波真由編

2014年04月24日 19時11分43秒 | あかべぇそふと系(hibikiworks除く)

4周目は三波真由でした~。

真由は現役最強銃士で巷では“ロドリゲス”と呼ばれています。その腕を買われ、赤薔薇学園侵入に必要だと判断した彩都に依頼され白薔薇学園に入隊することになります。
幼い頃に自分と親友を助けてくれた伝説の銃士ダルタニアンの大ファンで、ずっとその人を探し続けて旅をしています。そのときの影響もありますが困った人を放っておけない優しい性格です。
ただ、思い込みが激しく、共通ルートではみやびのことをダルタニアンだと思い続けていましたね。みやびがダルタニアンじゃないと疑うと事故フラグが立ってましたし。まぁ最初はこの展開が面白かったけど、何度も何度もやるので途中から飽きてきたがw
流行に疎く女の子らしくないことを気にしているため、女性ファッション誌を購入するなど努力はしていますが、その努力が別方向に暴走してしまうことが多かったりします。

真由編に入ってすぐ、真由が訓練中に足首を捻挫します。そして、療養中に連続爆破事件が発生。犯人はすぐ予想できますけど、劇中ではなかなか進展しませんでしたね。つか、毎回思うんだけど、事件のキッカケが下らない伏線ですよね。コメディを無理矢理シリアスにしてもあまり面白くないよなぁ。最初はそれでも面白かったけど、さすがに4周目となると飽きてくる(´ー`)
爆弾魔を追いかけている間怪我をしていた真由は彩都と一緒にパトロールをすることが多くなり、彩都の言葉にどんどん意識していくようになります。そして、親友のシャルルに煽られたり、雑誌に書いてあることを真に受けたりして、彩都に告白をします。・・・実際には“本人は告白したつもりでも相手にはまったく伝わらない方法”だったので、真由は彩都と恋人になったと勘違いします。
恋人になっていると思いこんだ真由はキスなど積極的にアピールしますが、当然彩都は恋人だと思っていないので、すれ違いが起こり、最終的には真由は自分の勘違いだとようやく悟ります。この思い込みの激しさはちょっと治した方が良いと思うんだが・・・w まぁその勘違いのおかげで彩都は両想いだって知れたんですけどね。
その後は犯人を捕まえて2人のイチャラブが始まります。彩都のために料理を覚えたり可愛かったですね。他のヒロインのときはそんな素振見せなかったみやびが一瞬だけ寂しい表情をしたのが気になったけど、特に何もなかったですね~。個人的にはスカート姿をCGで見たかったとです。
まぁ結局ほぼイチャラブで終わってた気がしますね。伏線の回収はグランドルートへの持越しですね。

真由のHシーンは4回。たぶん、全ヒロインの中で1番良かったと思います。全部おっぱい見せてたからですが・・・パ○ズ○フェ○が見られたのが1番大きいかなw これを怜奈でやってほしかったorz
一般CGは5枚もあります。普通なら少ないと思うところですが、みやびが1枚だったことを考えるとめちゃくちゃ多いですね。ここまで格差があるのは納得いかねー。そんな中では朝起きたら隣に真由というあのCGがいいですね、おっぱい見えてるしw

さて、次で最後になります。種子島若桜とグランドルートですね。

コメント

「銃騎士Cutie☆Bullet」 あらすじ・感想その3 サラ・ティファール編

2014年04月23日 19時32分43秒 | あかべぇそふと系(hibikiworks除く)

3周目はサラ・ティファールです~。

サラは見た目が幼くとてもそう見えませんが、実はキサルピナ王国では“ゴールド・エンゼル”と呼ばれていた有名な狙撃手。ある事件で狙撃に失敗して以来、銃が撃てなくなり引退しましたが、語学留学のためにブルドン王国に来ていたところ彩都と出会い白薔薇学園に入隊します。ってか、初めて会ったとき普通に銃を撃ってた気がするんですけど・・・w
彼女はいつも片言でブルドン語を話しますが、彼女にとっての標準語はキサルピナ語です。キサルピナ王国の言葉はかなり特殊で(というか、ツッコミどころ満載の日本語w)、たまーに違う意味の言葉として受け取られてしまいますが、彩都たちは基本的にスルーする方向でいるようですw
とても好奇心旺盛で何に対しても興味を持ち、特に恋愛ネタや下ネタには食いつきが良いようですw ペットとしてダディという柴犬を飼っていますが、ずっと一緒にいたにもかかわらず、ダディが喋れる犬だと知らなかったようで、ダディが喋ったときは他の皆と一緒に驚いてましたねw

サラ編では、彼女のトラウマについてです。2度目の赤薔薇学園侵入の際は狙撃に成功しましたが、まだ完全に克服したとはいえず、いつも失敗したときの夢を見てしまい、眠れない日々を送っていました。誰かが抱きしめてあげれば寝られることが分かったので、彩都がその役目をすることに。女性3人いるけど、全員巨乳なのでサラが嫌がったからなんですけどw サラって普段はそういうそぶり見せないけど、胸を気にするあたりはちゃんと女の子なのねw
気分転換のために遊園地に行くことになった彩都とサラ(他の人は都合がつかなかった)は、そこで落ち込んでいる1人の男性と出会います。その男性を励ました2人ですが、帰ってきたらその男がショッピングモールで立てこもっていることが判明します。彩都たちには“プロポーズみたいなものをする”と言ってたけど、たてこもりとかまた変な展開ですね。
急いで現地へ急行ましたが、男爵が人質にされ、サラが説得を試みるも失敗。狙撃できれば万事解決だけどサラが撃てないため断念。最終的には持っていた凶器が100均で買った偽物だと判明し、突入作戦を決行。無事犯人を捕まえることに成功しました。・・・またしょーもないオチつけたな(´ー`)
更にこの件が男爵の自作自演であることが判明し、男爵は逮捕されます。実際には男爵(正確には黒幕のクイーンですが)が依頼した男ではなかったわけですが、この件に関しては事前に男爵の企みを阻止できたので彩都とサラのお手柄・・・と言えなくもないw その分被害は大きかったけどw
その後も一緒にいる時間が多く、2人は付き合うことになり、しばらくイチャラブが続きます。日常イチャラブがかなり多目でしたね。怜奈のときもこれくらい多いと良かったのになぁ~。
イチャラブの後は彩都が密かに連絡を取り合っていた、サラのトラウマの原因ともなった事件の被害者の女性と再会することになります。彼女に恨まれているとずっと思っていたサラでしたが、彼女はその事件でサラに撃たれたおかげで今の旦那と会えたし肩も治ったからもう恨んでいないと言われ、サラはようやく救われます。なかなか現金な女性ですねw
こうして再び狙撃銃を撃てるようになったサラですが、まだ威力が弱く、狙った的に当てられない日々が続きます。原因は自分に自信がないからだと分かってはいるものの、上手いこといきませんでした。そんなとき、またも男爵が脱走し、今度は彩都が連れ去られます。
彩都を助けるため単独で行動するサラは狙撃銃で男爵のみを狙おうとしますが、人質に取られた彩都を見たらかつて自分が誤射したときと状況が似ていることを思い出し躊躇してしまいます。でも、彩都の励ましのおかげで立ち直りかつての自分を取り戻して見事男爵を狙撃。事件は解決します。
エピローグではすっかり復活したサラの様子が描かれてますね。まぁいきなりHシーンからですけどw

サラのHシーンは3回。貧乳っ子なので別にいいんですが・・・フェ○すらないってどういうことだ。貧乳っ子なんだからそれぐらいあっても良いだろうに・・・体位的には最後のHの絵を怜奈で見たかったですね(´ー`)
一般CGは多目で3枚です。ぃぇ、3枚しかないんですけどw やっぱラストシーンで狙撃する姿かな。カッコイイですしね。

さてさて、お次は三波真由です~。

コメント

「銃騎士Cutie☆Bullet」 あらすじ・感想その2 怜奈・ド・メデシス編

2014年04月22日 19時55分02秒 | あかべぇそふと系(hibikiworks除く)

2周目は怜奈・ド・メデシスでした~。

怜奈はブルボン王国の第一王女。自ら街へ行き国民の声を直接聞いたり、常に国民の視点で考えられることから、理想の王女様として国民から慕われている存在です。
あまり強い感情を表に出すことはなく落ち着いた性格ですが、世間知らずなところがあり、特に性に関する知識はまったくありません。あと、男性との接触があまりなかったため、身体に触れたことのある男性は父親しかいなかったようで、男に触れられただけで真っ赤になってしまうという一面を持っています。
普段は凛々しく弱音を吐かない彼女ですが、心の中では自分に自信がなく、その影響で王族のみ標準で扱うことが出来る戦闘人形マサオくん(他の人間は登録制)を操ることが出来ません。その理由は、優奈という妹がいますが、何をやらせても優秀な天才肌の妹に対して劣等感を抱いていて、「妹に劣る自分」を受け入れてしまっているからです。
白薔薇学園へは、赤薔薇学園のメイクイーン男爵の陰謀を暴くために一時的に編入され、以降は藤倉家に住むことになります。その同居生活の中で、いつも早起きの彼女が実は非常に朝に弱いことが判明します。あんだけ目覚ましセットしてても起きないとか、そに子ちゃんみたいだなw それと、お風呂に1人で入れないため、お風呂だけは毎日王宮のを使っています。

怜奈編は、彼女の妹への劣等感を無くし、王族として自信を取り戻すまでのお話になっています。
序盤は、先ず5年に1度あるという王族の試験から始まります。メイクイーン男爵の本性を暴けという試験で、彩都の協力により何とか合格。しかし、またも成果としては妹に負けてしまい(盗みを働いた男爵を見つけたのが彩都で捕まえたのが優奈)、落ち込みます。つか、5年に1度更新する免許制って運転免許みたいだなw
その後、捕まったメイクイーン男爵が脱走し、彼によってばら撒かれた同性愛者になってしまう病原菌により、誰も働かなくなり国が危機的状況に陥ってしまいます。幸い、菌に冒されなかった彩都と怜奈は同じく正常な若桜や怜奈とも協力し、原因を特定するとともに、黒幕が男爵であることを突き止め事件は解決。
しかし、そんな異常だった世界が天国だった元々からの同性愛者たちはその事件を解決した王族に対して暴動を起こします。暴動鎮圧のために出動した銃士隊や王族の親衛隊ですが、彼らの勢いに負け絶体絶命のピンチとなりますが、怜奈の演説により改心。暴動事件はようやく収束。優奈すら止められなかった暴動を止めたことで怜奈も自信を取り戻します。しかしまぁ、下らない事件だった気がするよ、相変わらずw
その後、事件の最中ずっと行動をともにしていたお互い好意を抱くようになった2人は、告白し付き合うことになります。恋人になってからの怜奈は可愛いですね。2人きりのときの甘えん坊ぶりが最高にヤバイw Hするまでに結構時間かかったけど、性の知識がなかったので仕方ないかな~。コウノトリ発言はウケたけどw
恋人になってしばらく経ったある日、怜奈が襲われ攫われてしまいます。彩都のお蔭で怜奈を助け出すことに成功しますが、そこに現れた優奈が彩都に手錠をかけ、怜奈に襲い掛かります。それは王宮にいる2人の交際に反対する人たちを納得させるための試験でしたが、優奈を抑え込んだことで試験には合格。そしてエピローグで怜奈が女王になります。目出度し目出度し。

怜奈のHシーンは4回。ヒロインの中で1番大きいおっぱいなのでHシーンが楽しみでしたw ・・・しかし、みやびのときにも思ったけど、パ○ズ○はあるが、パ○ズ○フェ○はないのね。それが残念でした。1回目、2回目、4回目が良かったです。3回目はあの体位じゃなくてバックが良かったな。あの体位だとおっぱい見えないし!
一般CGは2枚だけ。2枚目の怜奈に触れたときのCGが良いかな。個人的には寝間着姿が最高だと思います!・・・とにかくおっぱいですw

そんなわけで、みやびもいいけど、怜奈も同じくらい好きになったなぁ~。甘えんぼなお姫様で巨乳とか素晴らしいですねw 残念なのはイチャラブ時間が少ない点かな~。イチャラブパートはもう30分くらい尺が欲しかったです。
・・・ところで、優奈様の攻略はできませんか?彼女もかなり好みなんですけど・・・ダメですか?そうですか・・・姉ほどではないけど、結構おっぱい大きいし、良いと思うんだけどなぁ・・・。

さて、お次はサラになります。真由はメインっぽいので最後です。

コメント

「銃騎士Cutie☆Bullet」 あらすじ・感想その1 藤倉みやび編

2014年04月21日 19時41分26秒 | あかべぇそふと系(hibikiworks除く)

3月発売タイトル第5弾はエフォルダムソフトさんの「銃騎士Cutie☆Bullet」です~。

20140421_01

エフォルダムソフトの作品は今回で初プレイになります。つか、小耳にはさんだんですけど、このブランドさんは解散するんですか?
買った理由は絵が気に入ったのもあるんですけど(絵師さんの同人誌は何冊か持ってましたし)、妹属性の藤倉みやびの存在が大きかったかな~。あと、怜奈王女のおっぱ(ry

特典はタペストリーでした。サントラCDや裸パッチROMもあったけどw

20140421_02

私が好きな2人、みやび&怜奈です。このタペストリーだけでも2個欲しかったなぁ~。おっぱいおっぱい!
もう1つのタペストリーはコチラ。

20140421_03

真由&サラですね。この作品は真由がメインヒロイン的な位置付けになるのか?

「銃騎士Cutie☆Bullet」は中世ヨーロッパ風っぽい街並みだけど現代世界って感じの世界観になっていますね。携帯とかインターネットとかありますし。見た目は日本人じゃないけど和風のキャラ名が多いので和洋折衷ですw
気を込めて撃つ銃を扱える銃士がいて、彼らが治安維持の任務にあたっており、銃士によって構成された組織がいくつかあり、その中の“白薔薇学園”が主人公・藤倉彩都やヒロインたちが所属する組織になります。
隊長は彩都の妹のみやび(原則として女性が隊長を務める)で、副長が彩都。他一般銃士に混じって、途中から王国の第一王女・の怜奈・ド・メデシスや、現役最強銃士・三波真由、異国の狙撃手・サラ・ティファールが加わり、彼女たちは藤倉家に一緒に住むことになります。

共通ルートは長いですね。6時間以上かかってた印象です。
共通ルート前半は、みやびに密造銃製造の容疑がかけられ、冤罪であることを証明するため、真由たちを仲間に入れて、白薔薇を潰そうとする赤薔薇学園の隊長の陰謀を暴くことになります。
共通ルート後半は、密造銃を所持していたことが明るみになり赤薔薇学園隊長・メイクイーン男爵は大人しくなりますが、今度はみやびの命が直接狙われるようになります。結果的に男爵が裏で操っていたことが判明し、彩都たちの活躍で男爵の野望を食い止めることができ、街は一旦平和になります。まぁこの時点では協力者は不明のままですけど。
しかしまぁ、共通ルートは時間かかった割に中身があまりないというか・・・長い割に最初の男爵の動機がしょうもないというか・・・コメディ風ですね。みやび=ダルタニアン説を延々と続けるところとかクドイところがあるのでシナリオは賛否が分かれるかも。ふざけてるのか真面目なのか・・・色々と中途半端です。コメディ部分は面白いですけどね。

選択肢は難しくないです。そんなに多くないし、好感度上がる選択肢は間違えようがないし、あとはヒロイン全員を選択できるときは狙ったヒロインを選べば個別ルートに突入できます。
そういえば、オープニングムービーがフルアニメーションでしたね。・・・個人的にはムービーに金かけるならCGに力を入れてほしかったんですけど。一般CGが少なすぎです。一般CGが少ない割にHシーンまで少ないし。どうなってんだw

そんなわけで、1周目は当然ながら藤倉みやびです。妹万歳ヽ(´ー`)ノ

みやびは主人公である彩都の妹で、白薔薇学園の隊長になります。銃をまともに扱えないので実力は他の銃士には劣りますが、カリスマ性がズバ抜けて高いため隊長の資質はあるみたいですね。白薔薇銃士の士気はいつも高いですし。まぁあんな可愛い娘が健気に頑張ってるなら男としても協力してやりたくなりますよねw あと、作中ではあまり披露することはないけど、分析能力や事務処理能力もかなり高いみたいですね。
仕事中は公私を分けているので、兄のことは「藤倉さん」と呼んで一定の距離を置き、兄も妹のことは「隊長」と呼び更に敬語で話していますが、プライベートタイムのときはそれが崩れ、兄のことを「お兄ちゃん」と言ったり、いつも一緒に寝てたりして、兄にベッタリな甘えんぼな妹になります。甘えるときが非常に可愛い(*´Д`*)
料理など家のことはほぼ全て彼女が担当しているので、家事スキルもかなり高いです。妹にして嫁です。最高ですね。ただ、寝起きが悪く、突然立ち上がって暴れだしたり、家で寝てるとき限定で突然服を脱ぎだしたりして、手がつけられなくなりますw それを止めることが出来るのは兄の彩都だけで、彼が抱きしめると治まるようです。ちなみに、この寝てる間に暴れるという行為が後に彼女が賞金首になるキッカケにもなってしまいますw

みやび編では、みやびの親友である若桜に200年前の国王で“残虐王”と呼ばれたチャールズ2世が乗り移り、街の人を襲い乳首を黒く塗るという何とも変わった事件が発生します。・・・なんで、こんなしょうもない設定にしたんだ、わざとコメディ風にしてるよなw 名前もいい加減だしw
除霊が出来る弾を使って若桜の身体からチャールズを追い出そうとしますが、真由でも対応できないほどの身体能力を発揮し、なかなか捕まえることが出来ず苦戦を強いられてしまいます。しかし、あるキッカケでチャールズの弱点が“愛し合う2人を見ること”だと判明し、彩都とみやびの2人で恋人役を演じることにします。このときには、既に彩都もみやびもお互いを意識するようになっていましたが、兄妹であることが邪魔をしてしまい、なかなか進展しませんでした。
それから色々ありまして(チャールズが弱点をある程度克服したり、男爵が邪魔したり)、赤薔薇学園の本拠地で最終決戦を迎えます。そこで、みやびは自分の想いを打ち明け正真正銘の恋人のキスをチャールズの前で披露。除霊弾を当て、無事除霊することに成功します。
その後はイチャラブが続きます・・・が、何故か良い雰囲気になると邪魔が入ってなかなかHまで至りませんでしたが、ようやく2人は結ばれます。・・・同居人たちにはバレバレでしたがw サラの「ゆうべはおたのしみでしたね」という定番のセリフにちょっと笑ったw
最後は男爵に乗り移ったチャールズとの最終決戦がありましたが、成長したみやびの前に敗北。続けてチャールズは彩都に乗り移ろうとしましたが、彼との間にいたサラが飼っている喋る犬ダディに乗り移ってしまい、チャールズの野望(?)は潰えることになり、一件落着。ダディとチャールズの意思だとダディのほうが強いらしいしw
そして、そのままエンディングへって・・・ええええ、ここで終わりなの!?っていう感じだったなw みやび編は共通ルートでは一切出てこなかったチャールズとの戦いが描かれていただけで共通ルートの伏線はガン無視でした。幼馴染の若桜との友情も中途半端にしか描かれてなかったしね。
エピローグでは2人の結婚式の様子が描かれていましたが・・・ここでもCGがなかったとです。ウェディングドレスでのHシーンはあったけど。つか、みやびの一般CGが1枚しかなかったとです。少なすぎだろ、これ。エピローグの一般CGくらい入れろよ!ここまで手抜きされたエロゲは初めてだわw エロメインのエロゲだってエピローグのCGくらい入れてくれるんだけど・・・。

みやびのHシーンは3回。CGが少ない上、Hシーンの回数も1番少ないです。最初のHが1番良かったかな~。2番目も悪くなかったけど。
一般CGは1枚しかないので比較のしようがないです。

・・・なんだか、結構不満が残った気がする(´д`) みやび自身はめっちゃ好みなんですけどね、このCGの少なさは異常ですよ・・・。

さてさて・・・お次は怜奈王女ですね~。おっぱいです。もうおっぱいしかありませんw

コメント (2)