こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

2009年を振り返って

2009年12月30日 00時16分22秒 | 雑談

これが今年最後のブログ更新ということで、2009年を振り返ってみた。

1月。
引っ越しました。関東地方から近畿地方へ移住することに。
最初は不安だったけど人間の環境適応能力というものは大したもので、1ヶ月もすれば慣れてしまうものだね。ただまぁ・・・こっちはTVアニメが少ないんだけど(;´д⊂)

2月。
なんといっても、Key10周年記念イベント「Key 10th MEMORIAL FES,」!!
2度にも渡る壮絶なチケット争奪戦を乗り越え、ライブを観ることができて感動しまくりだったよ・・・。アンコールで聴いた生Liaさんの「鳥の詩」は感極まって涙出ました・・・この感動は一生忘れません!!!
そして、同行してくれたTさん。ライブチケットありがとぅ!!このご恩は一生忘れません!!
これからもずっとKeyファンでいつづけますよぉ!!

3月。
特になかったけど、ハマったゲームは「夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle」。よあけな最後の作品・・・と言いながらも夏から新シリーズのドラマCD出したけど(笑)
シナリオはKeyには及ばないが(そもそもベクトルが違うし)、キャラがめっちゃくちゃ良いんだよぉ!!
べっかんこう氏のキャラは大好きだ・・・。

4月。
この年1番ヒットしたアニメとなる「けいおん!」の放送開始!マジいいよ、「けいおん!」。男女問わず楽しめる内容なので、今からでも遅くは無い、まだ観てない人は観るべし!!最終回のライブは感動するよ!!
まぁアニメの内容そのものよりも、唯たちが通う学校のモデルが現在私が住んでるところのすぐ近く・・・歩いて10分くらいのところにあるのには驚いたよ。もちろん行ったさ!
30日のライブチケットを入手できなかったのは残念だけど・・・第2期を希望する!!

5月。
特にこれといってなかったけど・・・ハマったゲームは「アガレスト戦記」。丁度やるものが無くなったので試しにやってみたら結構面白い。
こう一気に面白くなるわけじゃなく、じっくりプレイできる楽しさっていうか・・・エリスたん萌え(*´Д`*)(ぁ
ぁ、大人版エリスのことなので勘違いしないで!!(何が?
ただまぁ・・・その分続編にはガッカリだったけど。

6月。
5月に引き続き「アガレスト戦記」にハマってたねぇ・・・。ってか、異常に長いです(笑)
ぁ、競馬界ではウオッカが史上初の牝馬でG1・6勝目を上げました。安田記念の最後の1ハロンは痺れたよ・・・。秋にジャパンカップを勝ってついにディープインパクトらに並ぶJRAのG1・7勝目をマーク。
本当に凄い馬だ・・・。牝馬とは思えないほどの強さだよねぇ・・・。だからこそファンが多い。
来年はドバイに行ってそのまま引退らしいので、もう日本で走る姿は見られないのか・・・残念だ。

7月。
「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が発売。最終的にはDQ史上もっとも売れた作品となったけど、セーブデータが1つしかないから家族で1人ずつ買ったっていう話もちらほら聞いている。
・・・そりゃー売れるよな。クリア後に重点を置きすぎてて肝心のストーリーが薄っぺらだったのは残念だった。
っていうか、DS版6のほうが楽しみだった私だが、DQ9は低レベル攻略までやってしまった。1周目のデータを消すのは断腸の思いだったが、無事達成できてよかったわ。
とりあえずさ、3を再度移植してくれ。GBCで出て以来、ゲーム機には移植されてないんだけど・・・。モバイルで配信しなくていいからさ。

8月。
お台場のガンダムを見てきた。その大きさにすげー感動した。いつかこれに乗って動かせる日が来るんだろうか?操縦してみてぇ~な~って思った。
やっぱり巨大人型ロボットは男のロマンだな!!個人的にはウイングゼロカスタムが良いんですけど(笑)

9月。
ブルーレイレコーダーを買った。容量1TBで15万円。深夜アニメを観るために買ったわけだが、翌月から大活躍。毎日深夜はフル稼働状態(笑)
これでDVDを買うことなく済むかなぁと思ってたけど、放送されないアニメが多すぎるので、そうでもないかも(爆)
むしろ、予定になかったアニメまで観て、しかもそっちの方がハマっちゃったりして、原作本やCD買ったり出費が余計に増えた感じがする(笑)

10月。
誕生日がありました。また1つ年を取りました。そして、1人で誕生日を祝いました。虚しかったです。以上(爆)

11月。
トウカイテイオーが東京競馬場にやってくるってことで見に行った。トウカイテイオーを生で見るのは初めてだった。G1じゃないのにかなり人が多かったなぁ。
昨年もオグリキャップを見に行ったけど、さすがにオグリキャップのほうが人数多かったかな。
来年はどの名馬が来てくれるんだろうか・・・。個人的にはビワハヤヒデを希望ヽ(´ー`)ノ

12月。
「ファイナルファンタジー13」が発売。映像は確かに綺麗だが印象が薄いなぁと感じた。
あとなんかあまりRPGやってる気がしなかった。ただまぁ・・・詰まらなくはないと思うけど、自由に行動できるまで20時間くらいは我慢しないとならないってのは辛いものがある。しかも、ストーリーを進めちゃうとラスボス直前までいかないと下界まで戻れないし。
やり込みは多分やらないと思う。面倒くさいから(爆)

とまぁこんな感じ?
で、今年ハマったものをピックアップしてみた。

<ゲーム>
うみねこのなく頃に EP4
テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー2
スターオーシャン4 THE LAST HOPE
夜明け前より瑠璃色な Moonlight Cradle
ウイニングポストワールド
PS2版 トリガーハート エグゼリカ
アガレスト戦記
ドラゴンクエスト9 星空の守り人
うみねこのなく頃に散 EP5
DS版 サガ2 秘宝伝説
イース7
PS3版 テイルズオブヴェスペリア
ファイナルファンタジー13

<アニメ・漫画・ライトノベル>
CLANNAD AFTER STORY
けいおん!
咲 -Saki-
ひだまりスケッチ
GA 芸術科アートデザインクラス
かなめも
とある科学の超電磁砲
そらのおとしもの
おおきく振りかぶって
魔法少女リリカルなのは
ARIA
生徒会の一存
半分の月がのぼる空

・・・こんなところかな。

さーて、来年もヲタク道を突っ走りますよ!!(爆)

ではでは、皆様よいお年を~('▽')ノ~~

コメント

「ファイナルファンタジーXIII」 クリア!!

2009年12月29日 16時22分38秒 | 一般ゲーム

20091229_01

クリアしました!
なんとか年内に間に合いました。ちょっとのんびりしすぎたかな・・・。
クリアセーブ時が40時間50分。FF12より時間かからなかったねぇ。
でも、プレイ時間の3分の1以上はムービーを観てただけだったような・・・(笑)

20091229_02

最終的なパーティではファングを外してホープ入れました。強化魔法が使えないと厳しいからねぇ・・・ザコ戦は。
ボス戦?・・・ああ、別に厳しくないね。時間がかかるだけだわ。ずーっと同じことを10分以上やってなきゃいけないのでちょっと拷問だった(´_ゝ`)
特にラストバトルの3連戦はだるかったです・・・。

ラスボスの1戦目。コイツが1番ダルイ。
一発でピンチになる全体攻撃があり、その直後にアルテマを使われるが、その間隔が若干長いため、十分に回復が間に合ってしまう。一応念のため2人で回復させるようにしていたが、ぶっちゃけ1人でも間に合う。
基本、「風雲の竜虎」(アタッカー+ブラスター+エンハンサー)で強化し、強化したら「ラッシュアサルト」(アタッカー+ブラスター×2)で集中攻撃。
HP4000以下のキャラがいたら、「勇戦の凱歌」(アタッカー+ヒーラー+ブラスター)にして回復。
全体攻撃を受けたら「青雲の志士」(アタッカー+ヒーラー×2)ですぐ回復。で、回復が終わったら再び「ラッシュアサルト」で集中攻撃。
これで簡単に撃破。とりあえず最大HP5000は欲しいかな。

ラスボス2戦目。
コイツも基本的に1戦目と同じなんだが、厄介なことに即死攻撃がある。
序盤はまだ使ってこないが中盤あたりで使ってきて、プレイヤーキャラが死んだら終わりというルールがあるせいで、プレイヤーキャラがその攻撃を喰らって死んだらゲームオーバーになる。1度それで負けた(´_ゝ`)
絶対にこのシステムは納得いかねぇ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
プレイヤーキャラが死んだら立て直し不可能って評判悪くなるだけのような・・・。
ああ、で、心無い裁きっていう攻撃でHPが2桁台まで減らされる攻撃があり、一気にピンチに陥るが、その直前に必ず「陽の極」とかいう敵ウインドウが表示されるので、それが表示されたら「青雲の志士」(アタッカー+ヒーラー×2)に変更しておけばOK。くらっても絶対に死なない攻撃なのでこの攻撃をくらっても慌てることはない。
ただまぁ後半はそのサインがなくなるんだけど、その時も慌てずオプティマを変更すれば良い。
アクセサリではプレイヤーキャラに即死耐性のある「天使の冠」を最大まで強化したものを3つ装備させておくと100%ではないものの、即死を防げるようになる・・・と思う。2回目は1度もプレイヤーキャラが受けなかったので効果のほどは不明だが(爆)
ブラスター&ヒーラー役の2人はホワイトケープを装備して「忘却(フォーグ)」を防ぐようにしておけばいい。出来れば即死耐性もあったほうがいいけど、プレイヤーキャラ以外が1人死んでも立て直しはすぐできるのであまり気にしなくてもいい。
それぐらい攻撃が緩いです。負ける要素はただ1つ。即死攻撃でプレイヤーキャラが死んだ場合のみという弱さヽ(´ー`)ノ

最終戦。
いきなり「死の宣告」をプレイヤーキャラが受けてしまうので、速攻で終わらせなければならない。しかもラスボスはブレイクさせないと一切ダメージを受け付けない。
ただ幸いラスボスのHPが物凄く低いため(これまでのボスの異常なHPの高さに比べたらだが)、強化魔法云々は気にせず、「ラッシュアサルト」で集中攻撃してブレイクさせたほうがいい。3回ブレイクさせれば勝てる(私の場合はフェイス&ブレイブがかかってたので2回目のブレイクでギリギリ削りきったが)。
こちらのHPは4500以上をキープ。これさえ守れば簡単に倒せる。スロウはブラスター2人がかかったら治したほうがいいかな。アタッカーはブレイクまでにスロウがなおってれば良い。アタッカーの本領発揮はブレイク後だからね。

まぁそんなわけで、まったく苦戦することなく倒せました。こちらの少しHPが高すぎた感があるけどな。まぁHP5000あれば勝てる・・・が、ここに辿り着くまでのザコ戦で苦労させられるかも(笑)

ぶっちゃけボスよりザコのほうが強くなるシステムだよ、FF13のシステムは。要するに「質より量」が脅威になるシステム。
ぁー、あとね、CPUが阿呆すぎ。スロウになってるんだからすぐヘイスト使ってくれればいいのに、シェルだのプロテスだのを優先しちゃうし・・・。だからラスボス戦は最終的にスロウを打ち消すのは諦めたよヽ(´ー`)ノ
ま、自分で操作すればいいんだけどさ、面倒なのさ(爆)

っていうか、後半の展開がなぁ・・・FF12並に印象に残らないねぇ。
結局アイツの思惑通りに進んで最後に大逆転したっていうだけの話じゃないか。
そして主人公はライトニング・・・かなぁっていう程度。まぁFF12のヴァンよりは存在感あったのでいいけど。FF12は結局誰が主人公だったの?って感じだったし(笑)
FF10は凄くストーリー良かったけど、それ以降もストーリーは確かに良く出来てると思うけど、主人公以外にも力を入れてるせいで逆に主人公がハッキリしなくなってる。
全体的にインパクトがない。FF7以上とまでは言わないけどもう少し印象深いイベントを作った方がいいんじゃないかなぁ。
例えば、FF6で印象に残ってる部分と聞かれたら、オペラ劇場と世界崩壊と最低2つはすぐ答えられる。10までだったらすぐ思い出せるねぇ。
が、FF10-2、12、13の3作品は聞かれても「何だっけ?」ってなっちゃうねぇ。

ま、でも詰まらなくはないので、まだプレイしてない人はやってみるべし。

とりあえず来年に持ち越さなくて良かった(´ー`)

コメント

Key NEW YEAR SPECIAL

2009年12月28日 18時12分05秒 | Key

20091228_01

電撃姫増刊号としてKeyだけを扱った雑誌が出ました。
Key作品が載ってる雑誌を全て買うわけじゃないので(買ってたらお金がいくらあっても足りないし)、こういう特集を組まれたときだけは買うようにしてます。

付録は3つ。

1つ目は「わふわふ抱き枕カバー」。
2つ目は「Key特製トランプ」。
3つ目は「神戸小鳥キーホルダー」。

20091228_02

・・・ごめん、抱き枕カバーはちょーーーっと危ないので写真載せられない(爆)
どうせならクドじゃなくて小毬たんのほうが(ry
ちなみに3つ目の神戸小鳥というキャラは最新作「Rewrite」のヒロインの1人。

雑誌の中身は2010年以降に展開されるKey作品について。
1つ目はKey最新作「Rewrite」。
2つ目は「リトルバスターズ!」のスピンオフ作品「クドわふたー」。
3つ目は2010年4月から放送予定のKey初の完全オリジナルアニメ「Angel Beats!」。

「Rewrite」については発売前にあまり情報を仕入れたくないので(先入観を無くす意味で)、さっと飛ばした(爆)

「クドわふたー」は・・・やっぱクドって人気あるのか?それともただ単に○リが多いのか?
とりあえず「智代アフター」とは違ってラブコメがメインらしい。もちろん買うつもりだけどクド自体がそれほど好きじゃないので私的には微妙(笑)

「Angel Beats!」はKeyファンとして・・・ぃゃ、麻枝准ファンとして、めっちゃ楽しみにしているアニメ。
問題はこっちでちゃんと放送されるかどうかなんだけど・・・。どっちにしろDVDで買うから問題なーし!!(笑)

来年も(っていうかこれからずっと)Keyファンとして突っ走りますよ!!

コメント

第54回 有馬記念

2009年12月27日 16時26分34秒 | 競馬

今年最後のG1・グランプリ有馬記念。
このレースの名前が出てくると、今年ももう終わりなんだなぁと思っちゃうね。

今年の有馬記念はウオッカやオウケンブルースリなど有力馬の出走回避が多く出て少し寂しくなるかなって思ってたんだけど、結構良いメンバーが揃ったね。

1番人気は2冠牝馬のブエナビスタ。ここ3戦は不運や穴馬の大駆けなどに泣いているが、潜在能力ではメンバー中トップクラスだし、やはりウオッカの引退が決まった今、ウオッカの後を継ぐのはこの馬だろうという思いの表れか。
3歳牝馬の有馬記念制覇は49年前のスターロッチ以来途絶えている。ナリタブライアンと同期の女傑ヒシアマゾン(2着)や97年年度代表馬エアグルーヴ(3着)、そしてウオッカの永遠のライバル・ダイワスカーレット(2着、翌年に制覇)など数々の名牝が挑み敗れてきた。それだけ牡馬の壁が厚いレースということだろう。
ウオッカやダイワスカーレットに続いて偉業を成し遂げるか、注目が集まった。

2番人気は夏のグランプリホース・ドリームジャーニー。
この馬は不思議な馬で、後方一気の脚質ながら直線の長いコースが苦手で、中山競馬場を得意としている。普通は逆なんだけどね。
父ステイゴールドが果たせなかった国内G1制覇を成し遂げた今、次はグランプリ連覇を達成するか注目された。

他にもこのレースがラストランとなる中山マイスター・マツリダゴッホ、終ぞ有馬記念を勝つことができなかった母エアグルーヴの悲願を託されたフォゲッタブル、夏の上がり馬で菊花賞を制したスリーロールス、今年の牡馬クラシック戦線をずっと盛り上げてきたリーチザクラウンなどタレント揃い。

そして、今年はレース前から歴史的な(ある意味不名誉な)記録が出た。
なんと史上初となる4歳(旧5歳)不在の有馬記念となった!!4歳といえば、日本競馬史上ではほとんどの時代で現役最強馬クラスが揃っていたため、有馬記念には必ずトップクラスの馬が出てきたものだが、今年は1頭も出てこないという事態になった。
唯一出走の可能性があったオウケンブルースリはジャパンカップの激闘の疲労が抜けずに回避してしまい、少し寂しい有馬記念となった。

レースはドリームジャーニーの出遅れから始まった。

先頭に立ったのはリーチザクラウン。エリザベス女王杯で波乱の一役を担ったテイエムプリキュアは今日は控える形となった。
1000メートル通過が58秒。早い。かなり早いペース。
そして注目されたのはブエナビスタの位置取り。これまでのレースは最後方に近い位置にいたが、今回は先頭から5~6番手に付けていた。

道中アクシデントが発生した。向こう正面あたりで菊花賞馬スリーロールスが競走中止。このアクシデントで不利を受けた馬はいないようだったが・・・これからの馬の故障だけに怪我の程度が心配だ・・・。予後不良だけになってなければいいけど・・・(これを書いてる時点では経過不明)。

レースが動いたのは3コーナー過ぎ。3番人気マツリダゴッホが外から一気にマクって先頭に立つとそのまま直線へ。
リーチザクラウンら先行勢は一気に馬群に飲まれ、今度はブエナビスタが先頭に立った。このまま押し切るかと思ったその時、外から一気にやってきた馬がいた。

出遅れてずっと後方2番手にいたドリームジャーニー!

先に先頭になって粘っていたブエナビスタをかわし、そのまま栄光のゴールへ。史上9頭目の夏冬グランプリ制覇となった。
2着ブエナビスタは最後まで抵抗したものの半馬身及ばず2着だった。

ドリームジャーニーの父は国内G1を勝てなかったステイゴールド(香港のG1・香港ヴァーズを勝っている)。母父が有馬記念でダイユウサクの大駆けに敗れたメジロマックイーン。
ステイゴールドだけじゃなく、有馬記念を勝てなかったメジロマックイーンの悲願を成し遂げたことになる。
2歳G1を制したあとはなかなか勝ちきれないレースが続いたが、5歳になって本格化し、グランプリ連覇となったが、この調子なら来年も古馬戦線で活躍することは間違いないだろう。

負けたブエナビスタは少し仕掛けが早かった気がするが、ハイペースの中、先行しても最後にあれだけの脚を使えるのだから、本当に強い牝馬だと思う。3着以下が離されていたことからもそれが分かる。
やはりウオッカの後を継ぐ馬はブエナビスタしかいないかもしれない・・・。ちなみにレッドディザイアはダイワスカーレットの後継者だと思う。
負けたけど来年に繋がる競馬をしていたね。今回初騎乗だった横山典弘との相性は悪くないみたいだし。

・・・ともあれ、今年の中央競馬はこれにて終了。
来年はウオッカがドバイのレースを最後に引退することが決まっている。
3年に渡って日本競馬を牽引してきた希代の名馬の引退は寂しいが、血の繁栄という第2の人生がある。
今度は子供同士でダイワスカーレットとライバルになれるかどうか楽しみが増えると思えばいいかな。

今年のベストレースはジャパンカップかな。安田記念もいいけど。まぁどっちにしろウオッカが勝ったレースだね(笑)

コメント

「頭文字D」 第40巻

2009年12月26日 21時09分41秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20091226_02

そろそろ終わりも見えてきた頭文字Dの最新巻。

今巻で神奈川ステージ第3戦ヒルクライムの啓介vsゼロ理論に決着!

携帯電話を使うなんて・・・なんとまぁ卑怯というかなんというか(笑)
まぁこれも作戦の1つだね!!

そして、後半は霧が濃くなった状態でスタートしたダウンヒル。
霧が濃い=視界が悪い=拓海の1人舞台って感じだなー。拓海の得意技ブラインドアタックそのものだし。
このダウンヒルは呆気なく終わるか?

ところで気になったことが2点。
1つ目は女性と一緒にいた少年。コイツが神奈川最終戦の拓海の相手だったりする?
2つ目はやはり最終戦前に涼介とあの男のバトルがあるってところか。これが1番気になるんだよね。どうなるんだろ・・・。

うーん、早く続きが読みたいなー。

そういえば、今回はさすがにページの入れ間違いはなさそうね、一応話は繋がってるし。
・・・ぃゃ、でも・・・39巻は気付かなかったくらいだしなぁ~まだ分からんか?(笑)

コメント

「ファイナルファンタジーXIII」 その4

2009年12月26日 12時31分50秒 | 一般ゲーム

プレイ時間27時間半。自由にパーティ編成が可能となりました。そうできるようになるまでが長かった・・・。

20091226_01

第11章突入。ようやくグラン=パルスに到着しました。
そして、ようやく自由に動けるフィールドが出てきました。長かった・・・。20時間以上一本道を進んできたけど、ここで自由だ!!

・・・って思ったんだけど、ストーリー進めるとやっぱり一本道だったorz
まぁダンジョンだから仕方ないといえば仕方ないか。今はテージンタワー攻略中。ようやくダンジョンらしい仕掛けが出てきたなって感じです。今まではそれすらなかった・・・。

そして、私のパーティはザコですらゲームオーバーになる弱さです。ってか、HP2000がたった3発で削りきられるってどういうことよ。
今回防御力というものがないので(アクセサリでダメージ軽減はあるが改造でかなり強化しない限り微々たるもの)、HPを上げなきゃお話にならない。
プロテスはあるんだけど、いちいちかけるのも面倒くさい(爆)
ぃゃ、ボス戦ではかけたほうがいいけど、ザコ戦でいちいちかけるのもなぁと思ってしまう。
女性メンバーで戦ってるのがいけないのも分かってるが、こればかりは譲れねぇ!!
・・・と言いたいところだが、どうしても厳しくなるバトルはサッズやホープを入れてますわ。スノウは強化しても厳しい場合にプレイヤーキャラとして使う。理由はHPが高いから。

FF13はプレイヤーキャラが死んだらゲームオーバーというルールなので、とにかく何が何でもプレイヤーキャラを守れ!って感じになる。
しかし、CPUが阿呆なので、プレイヤーキャラがピンチなのに違うやつを回復するので、それでゲームオーバーっていうのも多々ある。
正直、ゲームオーバーになる最大の原因はプレイヤーキャラが死ぬからだね。負ける原因の9割がプレイヤーキャラの戦闘不能ですわ。
なんかそれでわざと難易度上げてる気がしてならねぇ。プレイヤーキャラが2体以上から集中攻撃うけたら回復間に合わずに死ぬ。これは間違いない。
ケアルの回復量は150くらい、ケアルアで300くらい。でもザコモンスターから受けるダメージが500以上・・・。なんかおかしくね?

・・・ぁぁ、そうですね。
キャラの育成や改造を一切やってない私が悪いんですね!!
いわゆるCP稼ぎは全然やってません。弱いからザコでも苦戦するんだけど、ザコを倒してCP稼がないと、キャラの強化ができないので悪循環ですね(爆)
道中にいる敵は1回ずつしか倒してないし、面倒な組み合わせになるバトル(ボム系が3体いるのとか6体以上いるバトルとか)は回避する方向でいってます。
だって本当に面倒なんだもーん。

苦戦したボスは・・・そうだなぁ。ザコのほうが圧倒的に強いからなぁ・・・。

まずはバルトアンデルスか。最初のうちはいいんだが、オプションの使う魔法が徐々に強化されていくんだよね。
ファイアがファイラになり最終的にファイガになる。ラ系とガ系は範囲攻撃なので固まってるとあっという間にやられる。
オプション4体を先に倒さないと魔法でやられてしまうわけだね。こっちも基本的にラ系魔法(ガ系がまだ使えない)でオプションを2体ずつ倒す。
最初の2体を相手がラ系魔法を使ってる間に倒せれば楽になる。1体しか倒せなかったときはガ系魔法3連発でかなり苦戦すると思う。ここらへんはスピード勝負だ。ラッシュアサルトと勇戦の凱歌を上手く切り替えられる練習をするべし。オプティマの変更はタイミングも重要。
で、無事オプション4体を倒すと本体の攻撃が本格化するわけだが、これははっきりいって余裕。
チャージして強力な全体魔法を使ってくるが、チャージ中はラッシュアサルト(アタッカー+ブラスター+ブラスター)とかで全員攻撃させて、怯ませればダメージが半減する。これで生存率は高くなるはず。そうしないと1500以上のHPがないと即死だからねぇ。

あとは~シド・レインズかな。
コイツはある程度行動がパターン化されてるんだけど(アタックシフト→ガードシフトorヒールシフト→アタックシフトの繰り返し)、前半は普通に戦えても後半は強化魔法や強力な全体魔法を使ってくるのでまともにやったら勝てない。
先ずプレイヤーキャラをスノウにして、ホープで強化魔法、ヴァニラかライトニングで回復。この組み合わせだな。
後半の強化が厄介だけど、シドがアタックシフト中はスノウのディフェンダーで防ぎ、相手がガードや回復中に攻撃してブレイクさせる。ブレイク中はラッシュアサルトとかで一斉攻撃。
地道だけどこれで何とかなる。スノウのHPが高いので、ホープの強化魔法さえちゃんとかけてあげれば割と安定して戦えるはず。他のキャラだと間違ったら即死だしねぇヽ(´ー`)ノ
ライトニング使ってたら後半は強化魔法をかけてあっても死んだし。どんだけHP低いねん!って感じですわ。
ただまぁ、このやり方は操作が簡単な分、時間はかかるけどな!弱体系魔法をシドにかければもっと早く終わるかなー。

そんなところかね。
召喚獣バトルも厄介だけど、これは糸口さえ見つけてしまえば(基本的に誰から出てきたかがヒントになってるんだが)延々とそれを繰り返すだけだからまだマシかな。

あとどれぐらいで終わるんだろうか。今年中にクリアは無理っぽいが。のんびりしすぎたかなぁ。

コメント

「HUNTER×HUNTER」 第27巻

2009年12月25日 16時00分05秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20091225_04

待ちに待ったH×Hの最新巻です!1年ぶりですよ!
週刊誌で1年待つってどういうことだ!?って言いたくなるけど、連載休止したままもう何年も音沙汰ない漫画が多い中で、年1回とはいえ定期的に出してくれるだけマシです。
ってか、雑誌に掲載させずにコミックスだけでいいんじゃないの?って思うんだけど。どうせ雑誌に載るのは下書き状態だろうし。
せめて、キメラ=アント編だけでも終わらせてくれー。続きが気になって仕方ないんだよ!!

で、27巻はポットクリンで破産寸前のユピーとナックルの戦いに一応の決着がつきます。実力差が圧倒的にありながらよくあそこまで追い詰めたなーと思う。やっぱ念能力の戦いは面白いねー。

あと、キルアの電光石火と疾風迅雷は良いね!こういうの好きよ!念能力の中では2番目に好きだ。1番好きなのはクラピカの鎖だけどー。ああ、私は具現化系が好きなんだよね。変わってるでしょ?ヽ(´ー`)ノ
ところで、キルアはこの戦いで死ぬんだろうか?これまでの伏線からそうなる可能性が高くなってきたんだけど。
どうなるんだろうねー。ますます複雑になっていく・・・。本当に終わるの?これ?(笑)

最後はネテロ会長と王の戦いが始まって・・・で、来月からその続きから連載再開だそうです。多分、また10週だけ連載して1年後にコミックスで出すんだろうな。
まぁいいさ、1年に1回出てくれればもうそういうものだと思うことにしてるから(´_ゝ`)

コメント

「あまんちゅ!」 第1巻

2009年12月25日 15時59分12秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20091225_03

天野こずえさんの最新作です。今更だけど買いました。天野こずえさんの漫画を買ったのは連載デビュー2作目の「クレセントノイズ」以降になります。
まさかガンガンを読まなくなってからアニメになる作品(ARIA)を出すとは思ってなかった・・・(ARIA以降はコミックブレイドだけど)。
元々この人の漫画は好きだったんだけどさ・・・絵が良いよね。

で、10月からこちらで放送が始まった「ARIA The ORIGINATION」を観てハマってしまい、そろそろ原作本を買おうかなって思って本屋に行ったら無くて、その時に目に入ったこの本を手に取ってしまいました。
あ、「ARIA」はすごく面白いよ!私が観たのは完結編の第3期だけなんだけど、それでも十分楽しめた!第1期と第2期がDVD-BOXで出てるから買おうと思ったら第1期は完売状態だったので保留中。再販されれば買うつもりだ!!
それぐらい良い作品です。癒されます!男女問わず楽しめる作品だと思いますよ!!

・・・で、この「あまんちゅ!」はダイビングの話です。・・・ええ、それだけです(爆)
ダイビングが趣味の小日向光(あだ名:ぴかり)と東京から引っ越してきた引っ込み思案な大木双葉(あだ名:てこ)がダイビングに入部するお話です。
ぃぇ、第1巻がそこで終了してるので、それぐらいしか分からんのですヽ(´ー`)ノ

まぁ天野こずえワールド、じゃないけど、基本的に日常風景が多目です。少なくとも1巻は第1話と第6話以外は日常の学校生活ですな。これ何の漫画だっけ?って思うこと間違いなしです(笑)
でも、「ARIA」同様にまったりとしてて良いですねー。忙しい世の中、こういう作品を読むと心が和む~(*´Д`*)って感じです。
心が荒んでる人は読んでみるべし(笑)

コメント

「斬月」 ROBOT魂 SIDE KMF

2009年12月25日 15時57分46秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20091225_01_2 

「コードギアス反逆のルルーシュR2」における藤堂専用機。

日本人にとってはこういう「武士」のようなモノには憧れがあるよねー。この機体かっこいいよねー。スペック的にもランスロットとほぼ互角だし。
藤堂自体も結構好きだねー。渋い!

ROBOT魂でも正座が出来るっぽいけど、なんか上手くできんよね。つか、間接部が少し弱い気が・・・。すぐダメになりそうだったから、普通に構えさせてみた。

20091225_02_2

うん、やっぱカッコイイよね。でもさ、やっぱウイングが幅広くて場所取るんだよね。
つか、KMFシリーズってASシリーズより1回り大きくないか?

スパロボで出てきたら・・・どうなるんだろ。ルルーシュが敵になるのか、それとも?
どっちをプレイヤー側にすれば良いのか判断つかねぇな(笑)

コメント

アニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」 5.571428

2009年12月24日 19時56分11秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20091224_02

エンドレスエイト編は全て長門だったねぇ。じゃあ溜息編は全部みくるってことか。

さて、ひたすら同じ話を繰り返してきたエンドレスエイトもフィナーレを迎えました。長かった。
基本的に話の流れは同じなので、もういいよって感じだけど、第8話だけは最後が違う。当然だけど。
その時のハルヒの表情が良かったなぁ。

・・・で、同じ話なので、楽しむところといったら毎度お馴染み女子3人の服装(正確には長門はほとんど制服なのでハルヒ&みくるだが)。
第7話のみくるの私服は良かったなぁ・・・特に初日のは気に入った。
ハルヒは第7話の最終日(30日)の服が良かった。第8話の30日の服装も良いけど。

この作品は基本的にはハルヒが1番好きなんだけど、原作の朝比奈みくるも好きです。何故かアニメ版の朝比奈みくるはそうでもないってのが不思議だ(笑)

さて、次回からは溜息編だー。
ちなみに劇場版の消失編はDVD待ちですヽ(´ー`)ノ

コメント