こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&デレステがメインです。

「ヒビキのマホウ」

2010年03月31日 18時07分16秒 | Key

今週からKeyの麻枝准さん脚本のTVアニメ「Angel Beats!」が放送されるけど、その麻枝准さんがゲーム以外で手がけたもう1つの作品があるのでご紹介。

「ヒビキのマホウ」です。

20100331

舞台は魔法と科学が混ざったファンタジー世界。ここでの「マホウ」(この作品ではカタカナで表記される)は一般的なファンタジー作品で使われる”魔力”を使うものではなく、その魔力とは違う”代償”として使用者の”何か”を消費していくもの。

それは記憶だったり命だったり人によって様々だが、「マホウ」を使うには何らかの代償を支払わなくてはならない。

ハガレンのエド風にいうと”等価交換”ってことになるか。使う「マホウ」が強大であればあるほどその”代償”も大きくなっていくって感じだね。

主人公はある有名なマホウツカイの助手をしていたヒビキという女の子。そのマホウツカイの研究所を巡ったトラブルで住んでいた家を出ることになったヒビキ。

そして行き着いた街にあるマホウの学校で偉大なマホウツカイの助手をしていたという理由で先生をすることに。

「マホウ」を使えないヒビキと「マホウ」に関わる人々の、ちょっと笑えてちょっと切なくなるお話です。

Key作品を好きな人なら問題なく面白いと感じると思うっていうか、この話は一般の人にも薦められるかも。

この後の展開が気になるんだけど、麻枝准さんの話によると作画を担当している依澄れいさんの心身の状態があまり芳しくないらしく、続きが描ける状態ではないとの事。詳しい事情は分からないんだけど、楽しみにしているファンは多いと思うので早く復帰ほしいですね。

コメント

「モンスターハンターポータブル2ndG」 ヘタレハンター日記6

2010年03月31日 18時05分13秒 | 一般ゲーム

今日は下位クエストLv5の緊急クエストです!これをクリアすれば下位クエストLv6のクエストを受けられるようになります!!

さーて、どんなヤツを討伐するのかなぁ・・・・・・・?

ぇ、リオレイアとリオレウスの2体討伐するんですか∑( ̄□ ̄;)!?

以前(プレイ再開する1年半前)、集会所のほうで戦ったときに、1体倒すのにすげー苦労した気がする。それを2体ですか。

倒せるかな(´・ω・`)

リオレイアは雷、リオレウスは氷が効くっぽいんだけど、両方使えるボウガンを持っていないので、リオレウスは水冷弾に変更。武器はサンドフォールに決定。

まずは空を飛ばないリオレイアの方から。私の記憶だとコイツの方が弱かった気がしたから。

しかし、戦った場所が悪かった。森丘の9番エリアってほとんど直線じゃん!コイツほとんど突進ばっかりだし避けきれねぇよ!!

まぁやってるときはそう思っても2体同時に相手にする状況を作ってしまうよりかはマシだろうと思って頑張って戦った。余計に回復薬を使った気がするけど気にしない(ぉ

しばらく戦っていると、今度は5番エリアに移動した。ここは戦いやすかった・・・。

基本的にリオレイアは突進してくるか炎の吐くかサマーソルトを使ってくるかぐらいなので、突進さえかわせればあとは楽だったりする。その突進もほぼ直進だしね。他のモンスターのに比べれば余裕余裕。

まずは難なくリオレイアを撃破!

続けてリオレウス戦。コイツは空を飛びながら炎を吐く厄介なヤツ。

まぁでも空を飛ぶ以外はリオレイアと大して変わらない。

そして、戦っていて、ふと思った。もしかして、空から炎吐いてくるときってコイツの真下にいればくらわねぇんじゃね?

実践してみた。

・・・ぉぉ、なんという穴場!灯台下暗し!こうすれば楽だったんじゃないか(爆)

まぁ降りてくるときに離れておかないと風圧で体勢を崩されちゃうけどなー。

うーん、しかし、あんま強くないな?コイツはかなり苦戦した記憶があるんだけど・・・私の腕が上がったのか(*´Д`*)!?(ぁ

そんなわけで、1回で討伐成功!!

20100331_mh01

20100331_mh02

20100331_mh03

リオレイアの最大記録も更新!

20100331_mh04

さて・・・次回は宿敵ティガレックスです。下位クエストLv5なんだけど、ずっと敬遠してきたんだよね。トラウマがあって(爆)。つか、1度倒したのに場所変えて出てくるとは卑怯なり!(ぁ

コメント

「ひだまりスケッチ」 第5巻

2010年03月30日 18時55分09秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20100330_01

学校の正面にあるアパート「ひだまり荘」に住む人たちの日常生活を描いた4コマ漫画の最新巻!

今回の表紙は、ゆの&乃莉!と、いうことは次巻はなずなで決定ですな。

最初の方はTVアニメでやった内容と同じだったね。原作の方がやや短い感じだった。まぁ面白いけど!

途中からはアニメ第3期でやらない内容になってた(当たり前だが)。第4期も楽しみに待っていようじゃないか!

全部面白かったけど、ゆのの実家と修学旅行の話が良かったなー。ニャン太、昔飼ってたウチの猫のシュー君にソックリだわ・・・あの顔は(笑)

あと、全体的にだけど、乃莉が目立ってた気がする。
この娘は思ったことをすぐ口にする子で、ひだまり荘メンバーは基本的にボケとツッコミが入れ替わることが多いけど、乃莉は完全なツッコミ役だよねぇ~。

こういうアパートに住んでみたいよねぇ~・・・絶対に有り得ないけど(笑)

コメント

「モンスターハンターポータブル2ndG」 ヘタレハンター日記5

2010年03月30日 18時52分48秒 | 一般ゲーム

今日のお題はディアブロス亜種の討伐です。

原種は倒せたんだから(1年以上前の話だが)、亜種だって何とかあるんじゃない?って甘くみてたのがいけなかったのか、かなり死にまくりました(;´д⊂)

とりあえず、コイツは探すのも大変なんだわ。地中に潜るわ、見つけてもすぐエリア移動するわでもうそれだけで疲れてしまいますわ。

見つけたらペイントボールでペイント。あとは地中に潜ろうとしたら音爆弾で地中から強制的に出させる。

コイツで1番厄介なのは咆哮→突進かね。咆哮でなにもできないまま突進くらうとヤバイので、可能な限りコイツの正面には立たないように注意した。正面にさえいなきゃディアブロスがこっち向く間になんとか体勢を立て直せるしね。

突進は若干追尾機能があるので、あまり離れすぎていると回避が難しくなる。だから近づきすぎず離れすぎずの位置をキープ。突進してきたら真横に走る!そして近づいてきたらそのまま回避行動!これで突進もOKだ!

とはいっても、ヘタレな私は何度もミスります。もう学習能力ゼロか!?と自分に突っ込みたくなるぐらいに同じミスを繰り返す・・・orz

それでも何とか粘れるようになった。

使った弾は氷結弾。ぃぇ、ナナ・テスカトリを倒すために作ったボウガンは氷結弾の速射機能がついているので。一応、水冷弾も持っていってる。丁度防具には属性攻撃が上がるスキルがあるしね。通常弾を使うよりはマシだろうということで。

流れとしては、見つけたらペイントボールをぶつけてペイントする。これでどこに行ってもすぐ見つけられる。念のためエリア移動するたびにペイントボールを使っていった。

続けて潜ったら音爆弾で強制排出。これでかなり隙ができるので攻撃のチャンス!ただ、10回しか使えないんだけどね。

あとはオトモアイルーを囮にしつつ、なるべく正面に立たないように気をつけながら撃つ。速射機能付きなので、撃ってるときの隙が大きいので、ディアブロスが尻尾を振ってるとき等にしか攻撃できないが威力は高いのでかなり減らすことができたと思う。

そして、エリア移動のたびにアイテムや弾の補充をしつつ粘ってみたら討伐できた!!

20100330_02

20100330_03

最大記録も更新!

20100330_04

突進さえ回避できるようになればそれほど強いモンスターじゃなかったなー・・・なんで苦戦してたんだろ(´・ω・`)

よーし、この調子で下位クエストLv5を全部クリアするぞー!!

コメント

「あまんちゅ!」 第2巻

2010年03月29日 14時24分31秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20100329_01

いつの間にか出てたのね・・・本屋で何気にウロついてたら発見した(笑)

「ARIA」でお馴染み天野こずえさんの最新作「あまんちゅ!」第2巻です。

ダイビング部の日常を描いた作品で、基本的な流れは「ARIA」等これまでの天野こずえワールドと変わらない点は良いです。安心して読めます。

第2巻も序盤こそダイビング部っぽい話だったけど、後半は日常の学校生活になってます。

普通の日常をこんなに上手く描ける人はそういないんじゃないかって言ってしまうと過大評価だろうか?

4コマ漫画ではこういうの多いけどね。

いつかアニメ化する日が来るのだろうか?

コメント

「モンスターハンターポータブル2ndG」 ヘタレハンター日記4

2010年03月29日 14時17分28秒 | 一般ゲーム

3日ぶりくらいにモンハンをプレイ。コミックやラノベや雑誌を色々買ってそれ読んでたからやってる時間がなかったヨ。

そんなわけで、ナナ・テスカトリ討伐2日目。今日こそはやっつけるぞ!ってことで頑張ってみた。

何度もやられたが基本的な攻撃パターンは大よそ把握した。あとは自分の頑張り次第だぞっと。

太刀だとどうも最後のツメが甘いので、またライトボウガンに戻してみる。

・・・うーん、どっちにするかハッキリせいって感じだね(笑)

コイツは炎をまとうし、弱点は水か氷だろうってことで、水冷弾を持っていくことにした。ぃぇ、メインで使っているサンドフォールには氷結弾が装填できないから(;´д⊂)

あとはカラの実と魚のキレアジ!水冷弾を調合するのに必要なのさ!!あとはLv1~3の通常弾と貫通弾、そして威力の高い拡散弾。

回復アイテムの補充のために、薬草、アオキノコ、ハチミツも準備。ヘタレな私にはこれくらい準備しなきゃダメなのよ(爆)

最初は火山の頂上で戦うわけだが、コイツは比較的狭い場所のほうがやりやすかったりする。広い場所だと突進とかかわしたあとに遠くのほうまで行ってしまうので追いかけるのが大変なんだよね。

その点、狭い場所ならこっちが移動せずとも相手が近くにいるし、ボウガンの場合、突進したあとの僅かな隙に攻撃が出来るんだよ。ほんの少しの時間だけど。

まぁそんなわけで、活力剤を飲んで一時ダメージの自然回復量を多くしておく。回復は回復薬グレード。くらうダメージが大きいからねぇ・・・回復薬じゃ間に合わないわ。

まず使う弾は拡散弾。これでなかなかいけるはず・・・たぶん。たった3発しか持てないので、その後は水冷弾。

移動を始めたら消耗したアイテム&弾を調合で補充。クーラードリンクの効果が切れる頃に移動するっぽいね。

何故か毎回4番のエリアに移動するみたいなので探すのが楽でいいわ。

4番エリアは広いマップなのでなるべく離れすぎないように戦う。オトモアイルーがいるうちはかなり楽に立ち回れるんだけど、1人になると回避するだけで精一杯だわ。攻撃がなかなかできん。

でも、10回以上やられた頃には、だいぶ回避できる回数が増えてきた。そして、やっと2回目のエリア移動まで進めることができたぜぇ~。

今度は7番のマップ。真ん中に溶岩があるのでこちらが行動できる範囲は狭い。まぁとはいっても相手は同じ行動をするので回避できるようになれれば問題ない。ぃゃそれでも何度かここでやられたがヽ(´ー`)ノ

しかし、粘りに粘って3回目のエリア移動をさせて再び4番エリアへ。

そして、4番目のエリアでついにそのときが訪れた!!

ナナ・テスカトリ撤退!

わーい、撤退だー!!古代龍だから1回じゃ倒せなくてもOKなのさ!うん。

20100329_02

よし、この調子でコイツを討伐してやる!!

・・・ってことで今度は塔。頂上で再びヤツとの戦いが。

今度はエリア移動しないっぽいので追いかける必要もなくなるが、エリア移動しないってことはアイテムの補充が出来ない・・・。

でも、火山のときの戦いでだいぶ慣れてきたので、快調にダメージを与えていく。オラオラオラァ!!って感じで(爆)

そして、ここでも撤退に成功!

20100329_03

・・・あれ、まだ倒せないの(´・ω・`)?

3回目の討伐or撤退クエストがあるのかと思いきやそれきりだったので、どうやら2回目のクエストで討伐できるっぽいねぇ。

つーことで、討伐できるまで頑張ってみたが、どうも拡散弾と水冷弾だけでは時間が足りないっぽいねぇ・・・。と、いうことは氷結弾も必要か?

うーん、水冷弾と氷結弾を装填できてサンドフォールよりも強く、今現在生産できるもの・・・。

・・・ぉ、テイルストリング改が作れるぞ。水冷弾も氷結弾も装填できる上、氷結弾は速射機能付だ!!拡散弾は装填できないけど、速射機能でカバーできるだろう。

ってことで装備変更。これでケリをつける!!

ただ、速射機能は撃った後に大きな隙が出来るので、これまでのように突進回避直後の攻撃は難しい。あとリロード時間もサンドフォールより時間がかかる。

氷結弾で攻撃する瞬間は、ブレスを吐いたとき、バックステップのとき(バックステップ直後は必ず咆哮をやってくるので)、オトモアイルーに攻撃してるときの3パターンに限る。

あとは、稀に空を飛びつつ炎を吐くときがあるので、その時も攻撃がしやすいね。

そんなわけで、この作戦でいったものの、途中で弾が切れた∑( ̄□ ̄;)

仕方ないので水冷弾に変更。水冷弾は単射なので攻撃がしやすい。これでまたダメージを与えていく。

しかし、こっちも弾が切れたΣ(゜Д゜;≡;゜д゜)!?

・・・ところで、コイツの弱点部位はどこなんだ?(爆)。とりあえず頭と後脚と尻尾の3箇所を狙ってるんだが。

こうなったら、ヤツがオトモアイルーに向いてるときやブレスを吐いてるときに調合するしかねぇぇ!!!

ってことで、隙を窺いつつ慎重に調合。氷結弾が26発くらい出来た!

よし、これでケリをつけてやるぅぅぅぅぅぅ!!うぉぉぉりゃーーーーーーーーー!!!ヽ(`Д´)ノ

・・・ってことで、何とか撃破!!

20100329_04

20100329_05

20100329_06

ふぅ、倒したときは嬉しかったぜ。ティガレックスほど苦労しなかったが、それでも嬉しいわ。コイツ倒すのに余裕で10時間はかかったな(笑)

よーし、次はファミ通のクエストのババコンガ2体の討伐をしよう!

1体なら余裕なんだがなぁ・・・2体いると結構厄介なんだよなぁ・・・。

コメント

今週のTVアニメ(3/22~3/28)

2010年03月28日 16時24分00秒 | アニメ・漫画・ラノベ

今週の(私の主観的な)アニメ関係ニュース。

その1
来週から放送予定の「Angel Beats!特別番組」が放映されました!30分丸々「Angel Beats!」一色です。
すごいねぇ~Keyの処女作「Kanon」が出た頃にこんなに凄いことになるなんてファンである私も予想できなかったよ。「AIR」が出る前は皆に知ってもらおうと某チャットとかで宣伝しまくてたんだよなぁ・・・今やそんな地道な宣伝活動せんでも大丈夫になったよねぇ・・・一般のゲーム・アニメファンには無名だった頃が懐かしい。
この特別番組、麻枝准さんが前半10分以上に渡って「Angel Beats!」について語ってます。この前の「FACE」のときの約10倍です(笑)。ぃゃ~カッコイイ人ですね。
てか、歴代Key作品の紹介でさ、「AIR」のところで「青空」を流すなぁぁぁぁぁ!!この歌はヤバイでしょ!!この歌聴くだけで観鈴のゴールシーンを思い浮かべてしまって泣いちゃうじゃないかぁぁぁぁ!!(爆)
・・・で、TVアニメーションではありえない動画枚数らしいね。すごいね、1話1万枚って。本気さが窺えます。さらにKeyっぽさ全開のシナリオになるのは間違いないのでハズレになることはないだろう。
早く観たいわぁ~~。10年以上Keyファンをやってて良かったと思える幸せな時間です!!

その2
CLAMP作品の「こばと。」が地上波で放送されることになりました。昨年10月から今月までBS放送で放送されてました。
観られるなら観てみようと思ってます。そういえば、CLAMP作品を見るのは「ちょびっツ」(原作1巻までしか読んでないが)以来かも。ちゃんと最終回まで読んだ作品となると「エンジェリックレイヤー」以来になるね。
CLAMP作品では「カードキャプターさくら」が1番好きっていうか、BD-BOXで買ってしまったほどだし(笑)。まぁ基本的に「エンジェリックレイヤー」までの作品なら好きかな。それ以降はあまり興味がなくなっただけなんだけど。
・・・ちなみに最初このタイトルを見て自分のことか!?と思ったのは秘密です(笑)

今週のTVアニメは「テガミバチ」がお休みでした。

デュラララ!! 第12話
あの「セルティ」の謎が判明しました。そういうことですか。これで「セルティの首」に関しては一区切りってことでいいのかな。
やはり折原臨也が全ての黒幕なのか?

ひだまりスケッチ×☆☆☆ 第11話
冒頭の相合傘が笑った!!やはり吉野屋先生と校長先生の関係は面白いわー。
Aパートは乃莉の部屋でパソコン実習~。パソコンを持ってる人ならクスクスと笑ってしまうこと間違いなしです。過去封印のフォルダのネタはウケた(笑)
Bパートは再び過去に戻って2月~3月。ゆのが携帯を美術室に忘れたときに出会った有沢さんが卒業するまでの話。入学の話は楽しいけど、卒業の話は少し切ないよね。

おおきく振りかぶって(再放送) 第24話
桐青高校との試合に決着!原作で内容を知ってるのに、アニメ版でも泣けてしまった・・・。おお振りって基本的に際立ったキャラがいないため全てのキャラに一定の感情移入が出来るんだよねぇ~。だからか負けたチームを見て貰い泣きできるわ~。
来週が最終回で続けて第2期の第1話がスタートです!!

咲 -Saki- 第25話
ついに最終回。決勝戦を戦った4校による合同合宿!!試合が観られるのかと思ったら休憩部分がメインでしたか(笑)
まぁ最後の最後に福路美穂子と原村和の入浴シーンが観られたので満足です(*´Д`*)(ぁ
・・・しかし京太郎と好みがまったく同じだったのはショックだったなぁ・・・。

マクロスF(再放送) 第24話
最終決戦が始まったねー。・・・アルトやられちゃうんですか?
・・・まぁ~でもこの作品って死亡フラグたてるキャラほど死なないっぽいから良いのかってか主人公が死んだらそれこそ終わりじゃないか(爆)

戦国BASARA(再放送) 第11話
本能寺の変をここまで変えるとは・・・(笑)。もう色んな意味で凄いよね、この作品。批判されてもお構いなしなところが良いよ!形にとらわれない歴史モノだね~。
次回が最終回。どんな結末になるか楽しみです!ところで、第2期は7月から?

聖痕のクェイサー 第12話
水銀の女が冒頭で呆気なくやられてアレ?って思ったら、そういう話ですたか。まぁおかしいなと思ったけど、その通りになったのね。
しかし、まさか第2クールまでやるとは思ってなかった。てっきり1クール終了だと思ってた(爆)

今週分からドラゴンボール改、ワンピース、鋼の錬金術師の3本は面倒なので省きました(爆)。何かコメントあったら書こうかなと思いますです。

コメント

第40回 高松宮記念

2010年03月28日 16時18分44秒 | 競馬

春のG1戦線開幕!第1弾は電撃のスプリント戦「高松宮記念」!!

・・・その前に今日ドバイで開催された「ドバイワールドカップデー」から。

全8レース中4レースに日本馬が出走しました。その中でも「ドバイワールドカップ」(オールウェザー2000m)の前哨戦を制したレッドディザイアが日本馬初のドバイワールドカップ制覇に期待がかかっていました。

でも、やはり世界の壁は厚かった・・・。

最先着したのはドバイシーマクラシック(芝2410m)に出走したブエナビスタ。レッドディザイアとはライバル関係にあり、海外重賞したライバルに負けじと激走したものの、3/4馬身及ばず2着。でもあれだけ前を塞がれた状態からよく2着まできたよなぁ。最後は凄い脚だった。

ドバイゴドルフィンマイル(オールウェザー1600m)に出走したグロリアスノアとドバイゴールデンシャヒーン(オールウェザー1200m)に出走したローレルゲレイロは下馬評を覆す大健闘で4着だった。

ドバイワールドカップに出走したレッドディザイアは前走で見せた豪脚は鳴りを潜めて逆に残り1ハロンあたりで失速してしまった。結果は11着。期待が大きかっただけにショックも大きかった・・・。惨敗の原因はなんだったんだろうか。

アドマイヤムーンがドバイデューティフリーに優勝して以来、ドバイワールドカップデーでの日本馬優勝がないんだよね・・・。来年は誰が遠征するか分からないけど是非日本のトップホースたちに出走してほしいなぁ。

で、日本で行われたG1は「高松宮記念」。春のスプリント王決定戦のレース。

王者のいない混戦模様の短距離戦線で1番人気に支持されたのはキンシャサノキセキ。短距離重賞3連勝中で南半球産(でも父親は日本産のフジキセキ)の日本調教馬として初めてのG1制覇がかかっている。

最後の直線は凄い攻防だったねぇ。最後はキンシャサノキセキとビービーガルダンの首の上げ下げの勝負だった。キンシャサノキセキが優勢にみえたがスローでみるとかなり微妙だった。

長い写真判定の末、キンシャサノキセキが1着に表示された。これで短距離重賞4連勝。これからはこの馬の時代になるんだろうか。

さて、再来週はクラシック第1弾の桜花賞、そして続けて皐月賞・・・なんだけど、武豊騎手が昨日の毎日杯で落馬負傷してしまい、皐月賞で上位人気必至のヴィクトワールピサに騎乗することが出来なくなってしまった・・・。そしてザタイキは予後不良。素質馬だっただけに関係者も無念だったろうなぁ。

やはり今の競馬界があるのは武豊の存在が大きいと思うので早く復帰してほしいね。

コメント

「生徒会の火種」 碧陽学園生徒会黙示録3

2010年03月27日 20時26分06秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20100327_01

生徒会室でただ駄弁っているだけのラノベ「生徒会の一存」シリーズ番外編の第3巻です。今回の表紙は真冬です。スク水ですね。私はスク水よりビキ(ry

そして、初回特典でついてきた怪しい鍵と中目黒のBLしおり(笑)

20100327_02

この番外編、私にとっては本編より好きだったりする。鍵、深夏、宇宙姉弟、中目黒の5人を中心とした「二年B組」シリーズが最高に面白い!

単に深夏がいっぱい出るからっていう理由だけじゃなく(ぃゃそれも理由の1つだが)、鍵と巡、鍵と守、鍵と中目黒のそれぞれの会話がかなり良い。特に守との会話は爆笑!!

今回の「二年B組」のエピソードは修学旅行。3部構成になってて、今回は5人だけじゃなく二年B組全体の話になっていたのが良かったわー。いいねぇ~こういうクラスは(笑)

鍵の感動する夢オチ(笑)と守の予知夢と鍵の観光案内が面白かった!鍵の夢オチの話は普通に感動しちゃったよ(爆)。最後は他クラスメイトと同じ気分になったがなー!!ヽ(`Д´)ノ(笑)

「二年B組」シリーズ以外では、碧陽学園生徒会の現システムの成り立ちが分かる「始まる生徒会」だねぇ。最後のオチは鍵や知弦と同じく私も「ぇぇ!?」って思った(笑)
ぁ~なるほどねぇ~そういうことかぁ~ってなること間違いなしだわ。こういう話の流れは上手いわ~(笑)

あとは最後の「忍ぶ生徒会」だね。「メタルギア・ソリッド」シリーズをやったことのある人ならウケるよ!!リアルメタルギアソリッド、私も1度やってみたいわぁ~。

次は本編の第8巻みたいだね。本編は全10巻の構成らしいし、早ければ来年の今頃には終わってるのかな。番外編は続きそうだけど。もっと「二年B組」シリーズを読みたいねぇ(*´Д`*)

コメント

アニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」 5.999999

2010年03月26日 18時20分08秒 | アニメ・漫画・ラノベ

20100326

アニメ版ハルヒ第2期もいよいよ最終巻。最後を締めたのはキョンでした。

・・・ところでキョンの本名は最後まで明かされないんだろうか?(笑)

最終巻は「涼宮ハルヒの溜息V」の1話のみ。シャミセンが喋るところは面白かったねー。猫の言ってることが1番難しかったです(爆)

これでとりあえず第1期の補足は完了ってところかな。あとは消失編を観ればOKか!

消失編はDVDで観るつもりなのでしばらく待つことになるのかなー。早く観てみたいねぇ~。

そいえば、以前、朝比奈みくるは原作の方が好きって言ったけど、アニメ版も良くなってきたなー。何でだろう。どうしてだろう。

ぁー、もしかすると後藤邑子の声を聞くと「ひだまりスケッチ」のヒロを思い浮かべることが多くなったからかもしれないねぇヽ(´ー`)ノ

それとー、原作の続編はまだ出ないのか!?

コメント