こばとの独り言

ただひたすらに趣味を語るブログ。現在はエロゲー&花騎士&艦これ&ガールズシンフォニー&デレステがメインです。

「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」 その4

2011年04月30日 19時25分18秒 | 一般ゲーム

第40話「降臨!!真なる者!」までクリアしました。チマチマ進めてます。

20110430_01

真ゲッターついに登場!ゲッターのエピソードは熱いですねw ・・・それにしても初代ゲッターとは全然違うよねぇ、ゲッターチームの性格ってw
ゲッターは改造はしてないけど、毎回出撃させてます。ソルグラヴィオンと共に主に対ボス戦用のトドメ役として。両方とも幸運(敵を倒した時の獲得資金が1度だけ2倍になる精神コマンド)が使えるのが利点です。まぁ今時のスパロボは「祝福」(幸運を他のキャラに付与する効果)もあるんだけど、こっちは幸運が使えないキャラが金を持ってる敵を倒すときに使ってます。

で、現在の改造度はこんな感じ。

20110430_02

20110430_03

ついにアムロとクワトロが仲間になりました!!やっぱ宇宙世紀のガンダムといったらこの2人がいないと始まらないよねぇ。
アムロはνガンダムだけど、やっぱクワトロはシャアにならない限りは百式ですか。本来ならZやνに比べると能力がガクンと落ちてるはずなんだけど、サザビーが出てこない以上は性能を上げないと最後まで使えないからねw
νガンダムと百式は早速改造しましたw 百式はハイメガランチャーの消費ENが激しいのでENをMAXにしておきました。お陰で改造度のパーセンテージが高くなったw
本当は何気に毎回出撃してるダンクーガノヴァも改造したいんだけど、そっちまで手が回らない・・・まぁ未改造でもそこそこ攻撃力はあるし、どっちにしろトドメ役なのでそれほど改造する必要ないんだけどね。まぁ武器だけでも改造はしておきたい。

とりあえず40話までいってもまだまだ終わりそうにないですねぇ。敵も全然減ってない・・・どころか増えてるし。まぁスパロボは後半一気に展開が早くなるので・・・60話くらいだろうか?

コメント

TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 BD第5巻

2011年04月29日 18時47分41秒 | アニメ・漫画・ラノベ

ブリジットちゃん初登場の第5巻!

今回ジャケットはこんな感じです。

20110429_01

加奈子&ブリジットのメルルコスプレコンビ!加奈子は性格はアレだが、アレはアレで結構可愛いところがあるんですよね。あと、ブリジットは数年後が楽しみなコです(*´Д`*)

で、特典はこんな感じです。

20110429_02

エンディングCD、ブックレット、第9話と第10話のエンディングコラボイラストが付いています!
いとうのいぢさんのイラストがイイ!!

第5巻は第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」と第10話「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」の2話が収録されています。

第9話はアニメオリジナルエピソードで、桐乃と黒猫の休日を描いたお話。あとちょっとだけ沙織嬢もあります。
桐乃はエロゲー三昧で爆笑行動のオンパレードですwwww 誤解なきように言っておきますが、エロゲーやってるときの桐乃の反応はごく一部の人だけですよ!私も含め普通の人は淡々とやっています。・・・本当ですよ?(´Д`;)ヾ
・・・ところで、りんこルートってどんなシナリオなんだろうね~。桐乃の気持ちを代弁してるっていうのは分かってるんだけど・・・。このルートのみ京介と一緒にやるのを拒否してるからねぇ。
一方の黒猫は家で下の妹と一緒にいます。黒猫のお姉さんぶりがイイです!!妹のためにメルルのアニメを観たり膝枕してあげたり・・・本当に面倒見のいい優しいお姉さんです。あと妹も可愛いですよね。あのくらいの時が1番可愛い。ウチの妹なんて(ry
そして、沙織嬢は眼鏡なしのお嬢様モードなんですが、残念ながら素顔が見られません(iдi) アニメ版で観られるのはやはり第二期か!

第10話は桐乃にレアなフィギュアをプレゼントするため、加奈子がコスプレ大会に出場する(あやせの策略だが)お話。
このエピソードは、あやせのもう1つの怖い一面が見られますw 笑顔があんなに可愛いのになぁ・・・ヤンデレっぷりが残念だわぁ・・・w
加奈子のコスプレメルルは本当にソックリですけど(声も同じですし)、やはり個人的にはあやせたんのタナトス姿が見たいですねw
そしてコスプレ大会では第9話に続いて桐乃の爆笑行動が見られますwww 本当に面白いわぁ、この妹はw
そういや、何気にメルルの主題歌ワンコーラス初披露でしたよね。加奈子の特技はマジ凄い!
しかしまぁ・・・ブリジットちゃんは可愛らしいけど、声が微妙ですね。

映像特典は原作者・伏見つかさ脚本のキャラクターコメンタリー風特典映像!

第9話のキャラコメは桐乃&黒猫&沙織のオタク女子3人組です!・・・結構普通な組み合わせですね。
黒猫の妹を見たときの桐乃の反応が面白っ!やはり黒猫の懸念は正しいかw 桐乃が黒猫の妹を見せたら誘拐しそうな気がするwww
エロゲーやってるときの絵コンテの桐乃がめっちゃすごい表情www そして黒猫の物真似ウメー!!w 黒猫の編集技術もすげぇwww
3人の休日を語るはずがいつの間にか桐乃と黒猫のいつもの喧嘩に発展してますね、最後は沙織嬢によってうまくまとめられたみたいですけど。

第10話のキャラコメは桐乃&加奈子。・・・友達同士なのに実は原作ではあまりない組み合わせですよね。
キャラコメで桐乃の趣味が初バレですね、まぁゲーム版ではバレましたが。でも、趣味はキモイと思っててもそんなことは気にせず変わらず友達でいる優しいコです。うーむ、加奈子はときどき凄い可愛いときがあるんだよねぇ・・・普段はギャルだけど。
あやせが蹴り入れたシーンで桐乃があやせに苦言した桐乃は可愛いですよね~。「兄貴を蹴っていいのはあたしだけ」。加奈子がちょっと狙ってる発言してるときもダメ!って言ってるし・・・なんだかんだでやっぱブラコンですよヽ(´ー`)ノ

エンディングのCDは第9話ED「好きなんだもん」と第10話ED「いいえ、トムは妹に対して性的な興奮を覚えています」の2曲が入っています。
1曲目「好きなんだもん」は桐乃の歌です。桐乃の妹属性萌えな部分を全開にした歌詞ですねw
2曲目「いいえ、トムは妹に対して性的な興奮を覚えています」は加奈子の歌です。歌詞も凄いけどタイトルの方がもっとすげーですねwww

コメント

TVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 第14話

2011年04月28日 19時01分36秒 | アニメ・漫画・ラノベ

TV版のその後を描く第14話がWEB配信されました!!オープニングで京介死んでますねw

ゲームコンテスト”カオスクリエイト”に出展するゲームを黒猫と瀬菜と京介の3人で作ることに。
「先輩ホモ肯定派ですか!?」とか・・・さすが瀬菜たん、女性キャラ髄一の変態ですw
「先輩がやれっていうならやってもいい」・・・照れてる黒猫かわぇぇぇぇ!!(*´Д`*)

ってか、部活動でエロゲーって良いんだろうか?バレたらヤバイんじゃね?って原作のときも思ったんだけどw

プレゼンは、瀬菜は上手く、黒猫はプレゼンは下手だったけど(言いたいことは言ってましたが)、決まったのは黒猫の作品。この辺は原作と同じ。ま、瀬菜たんのはBLネタだから仕方ないですね、非常に気持ち悪いですヽ(´ー`)ノ 「お兄ちゃんに言いつけてやるんだからぁ!!」は子供っぽくてちょっと可愛かったけどw
個人的には黒猫の言い分は共感できます。オ○ニー云々は置いといて(爆) ってか、花澤香菜さんの声で「オナ○ー」って・・・貴重ですなwww

プレゼンで負けてキレた瀬菜が抜け、京介と黒猫の2人の共同作業に。オレも黒猫に「兄さん」って言ってほしい(*´Д`*)
そして、途中で致命的なバグが見つかってコンテストに間に合わないと知った後の黒猫と瀬菜のやり取りは好きですね~。
仲間の大切さを知っている黒猫が瀬菜に頭を下げて、瀬菜が協力してゲームを完成させて・・・お互いを認め合って・・・原作5巻の名シーンの1つです!
しかしまぁこの2人の能力はすげぇよな。超人的です。羨ましい('∇')

エンディングは黒猫と京介のデュエットかよ!いいねぇ~。まぁ京介はバックコーラスっぽい感じだけどw

さて、次回で本当の最終回です。もちろん桐乃が帰ってくるところまでやるんだろうね?そして、第二期をやってくれるんだろうね?

コメント

「CLANNAD ~AFTER STORY~」 BD-BOX

2011年04月27日 19時13分08秒 | Key

20110427

様々な「家族」の姿を描く感動のアニメ「CLANNAD」の完結編「CLANNAD ~AFTER STORY~」のBD-BOXを買いました!

・・・ぃぇ、DVD初回限定版で全巻揃ってますけどね。それでもブルーレイでBOX化されたと聞いては買わなきゃいかんでしょう!!(爆)
鍵っ子としてはもはや義務なのです!

「CLANNAD」は今ではすっかりKeyの代表作となりましたね。私が1番好きな(というか1番泣けた)Key作品は「AIR」ですが、完成度では「CLANNAD」が1番だと思ってます。
ごく普通の学園恋愛ドラマと思いきや、実はファンタジー要素が強いんですよねぇ。「CLANNAD」でいうと幻想世界との繋がりがそれに該当します。まぁそういうのはKey作品全体に言えることですけど。

で、この「AFTER STORY」は「CLANNAD」の渚ルートの後日談が描かれていて、原作ゲームでも全ヒロイン攻略後に見ることが出来ます。
原作ゲームでは主要キャラの幸せのカケラ「光の玉」を全て集めない限りハッピーエンドに辿り着く事が出来ず、必ず1度はBADエンドを見ることになります。そのBADエンドは見ててかなり辛いですねぇ。渚の出産直後と汐の最期が・・・(´Д`;)ヾ
アニメ版でもこのBADエンドが描かれており、その後ちゃんとハッピーエンドになります。原作ゲームでは「AFTER STORY」はあまり泣いた記憶がなかったのに、アニメ版で観たら毎回のように泣いてしまった・・・。うーむ、年取って涙腺がゆるくなったか!?

そして、「CLANNAD」はもう1つのアフターストーリー「智代アフター」があります。
こちらは朋也の後輩の坂上智代ルートの後日談になっていますが、ラストは賛否両論です。私は・・・中立?最初~中盤までは好きですが、後半はやや納得いかない部分がありましたので。
ただ、この「智代アフター」は何故か熱狂的なファンがいるみたいで、Keyキャラの人気投票では必ず智代が1位になります。うーむ、何故だろう(笑)

ちなみに、私がこの作品で1番好きなキャラは一ノ瀬ことみ。不思議ちゃんだけどグラマーなところが良いのです(爆)
好きなシナリオはもちろん風子です。公子さんの結婚式は原作ゲームでもアニメでもどっちでも泣けましたよ(iдi)ノ
もちろん、渚のアフターストーリーが1番好きですけど、これは別格なので。

さて・・・京都アニメーションさん、そろそろ「リトルバスターズ!」のアニメ化もいっておこうか・・・。動く小毬たんが見てぇぇぇぇぇ!!

コメント

「Angel Beats!」 ゆり 1/8スケールフィギュア

2011年04月26日 19時04分28秒 | Key

20110426_01

「Angel Beats!」のゆりっぺさんがフィギュア化されました!!ちなみに本名は「中村ゆり」です。本人の言った通りありきたりな名字ですね(´ー`)

で、箱から出せないので顔だけ拡大~。

20110426_02

ゆりっぺはSSS(死んだ世界戦線)のリーダーで、唯我独尊的な性格です(特にキャラコメでは顕著)。・・・まぁそれはあくまで表面的なもので、実際にはものすごく女の子らしいコなんですよね。最終回のゆりっぺが本来のゆりのようです。
そういや、ゆりっぺさんには百合疑惑があるんだけど、やはり名前もそれに因んでるんだろうか?(笑)

AB!のフィギュア化では他に”天使ちゃんマジ天使”でお馴染み立華かなでも予定されています。もちろん予約済ヽ(´ー`)ノ
個人的にはAB!の女性キャラは全部出してほしいですね~。椎名に遊佐に・・・特にガルデモの関根と入江とユイの3人は欲しいよ!!
あとは・・・TKかな(笑)

コメント

「さくら色カルテット」 あらすじ・感想その5 桜編

2011年04月25日 18時42分03秒 | 美少女ゲーム(感想)

最後に残った桜ルートをクリアしました!CGも100%達成しました。

メインヒロインの桜のシナリオは憂編でも少し触れた次世代アイリス”セカンド”について詳しく語られます。
コンセプトは同じながらも千葉博士が目指した”セカンド”とはまったく違う”セカンド”の秘密など、この物語の核となる部分ですね。

マスターの亮太と結ばれて妊娠し、”セカンド”として完全に覚醒した桜は、サラの本当のマスターである溝口博士の策略により攫われます。
桜を救うために恵や小神の協力で色々作戦を練るわけですが、結局は強行突破(笑) それまでの話が意味ねぇじゃんヽ(´ー`)ノ
最後は溝口博士の研究によって作られた後天的にアイリスを作り出す薬により亮太がアイリスになってしまいます。同じく薬を投与した溝口博士が完全に獣化したのに対し、同じ薬を投与した亮太は何故アイリスの状態のままだったのかとか詳しいところは結局不明のまま。まぁ・・・心か何かの関係でしょうかね。

そして、桜編ではもう1人のヒロインとも言えるサラについても触れられています。
他のヒロインでは桜が覚醒しないためずっと綾乃のアイリスとして生活していっているようですが、桜編では桜が覚醒した後は亮太たちの敵として立ちはだかります。しかし、既に感情が芽生えていた彼女(桜とは違う意味での”セカンド”なので元々自由意志は持っていた)はマスターの命令と感情の狭間で揺れ動き、最後は亮太をマスターとして選びます。
・・・個人的にはサラ専用のシナリオも欲しかったところですが、まぁサラの生い立ちを考えると難しいかな。なんだか愛人っぽいポジションを獲得してるけど(笑)

桜やその子供たち(アイリスのまま産まれてくるらしい)戸籍上どうなるんだとか色々突っ込みたいところはあるんだけど、1番突っ込みたい部分は、桜の”初体験”からわずか半月足らずで妊娠って分かるものなのか?っていうことですな。・・・人とは少し違う構造のアイリスだからすぐ分かるってことで良いのか?まぁその辺はエロゲーだから深く考えないでいいのか(爆)
あと、エピローグは、お腹が大きくなった桜ではなく、どうせなら子供が産まれた後のCGがほしかったですねぇ。綾乃のときも思ったけど、そこが惜しい。

ちなみに、好きなキャラ順はというと、桃花>憂>綾乃>桜>サラ・・・ですね。やっぱドジっ娘の桃花が最高です(*´Д`*)b 何気に胸の大きさの順番になっているのは気のせいです(爆)

とまぁ、これで「さくら色カルテット」は終了です。「プリマステラ」ほどではないけど、良いお話だったと思います。絵がChocoChipさんから変わったのは残念ですが、まぁこの絵も結構好きになれそうなので、今後も引き続き買っていこうかなと思います。

・・・なんとか「穢翼のユースティア」発売日までにクリアできて良かったわぁ。共通シナリオが長かっただけで(2周目以降はスキップできる部分)、1人1人のシナリオは2~3時間程度という短いシナリオだったし。
さすがに4本同時進行(現在同時進行しているのはスパロボとアガレスト戦記)は出来ませんしね(笑)

コメント

今週のTVアニメ(4/18~4/24)

2011年04月24日 19時36分59秒 | アニメ・漫画・ラノベ

今週最終回を迎えたのは「魔法少女まどか☆マギカ」、「インフィニット・ストラトス」、「スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター」の3本です。ずーっとお預けくらってたまどかの最終回をやっと観られました!そして、冬アニメで1番のお気に入りキャラ、シャルロットともお別れです(iдi)ノ
一方、スタートしたのは「神のみぞ知るセカイII」、「聖痕のクェイサーII」、「C」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の4本です。

と、いうわけで、毎週恒例の”今週放送されたTVアニメの感想コーナー”です!
現在観ている放送局は、地上放送(滋賀、京都)、BS放送(BS-TBS、BS11)、CS放送(AT-X)です。

魔法少女まどか☆マギカ 第11話~第12話(最終回)
初っ端さやかのお葬式でしたねぇ。まどかの膨大な魔力の秘密、きゅうべえの仮説に過ぎないけど何となく納得。それと、きゅうべえがまどかに話した家畜や歴史に名を残した女性たちの話、相変わらずきゅうべえの話はアレだな・・・殴りたくなるな(笑)
まどかに自分のことを告白したほむらはついにワルプルギスの魔女との決戦を迎える。・・・魔法というより実弾兵器ですがねヽ(´ー`)ノ
最終回でついにまどかが魔法少女に!彼女の願いは「過去、未来の全ての魔女を消し去ること(つまり因果律を変え世界そのもののルールを変えること)」。きゅうべえが初めて驚いたところを見てちょっとスッキリ(爆)
魔法少女になったまどか強いですね、ワルプルギスの魔女を一瞬で消し去ってしまいました。そして、魔法少女が全員出てきましたね。まどかが神になった後の話ですけど。
しかしまぁ・・・まさかまどかが魔法少女じゃなくて神になるとは想定の範囲をゆうに越えてましたよ(´Д`;)ヾ

インフィニット・ストラトス 第12話(最終回)
ヒロイン(箒、セシリア、鈴音、シャルロット、ラウラ)5人の独断による”銀の福音”撃墜作戦。最終回だけあって戦闘シーンは気合入ってました。第一話冒頭の戦闘はコレなんですね。
一夏のIS白式の第二形態・雪羅ですか。なんでそうなったのか~っていう説明はないんですね。まぁ一夏が夢というか精神世界で会った少女たちとの会話でそうなったんだろうけど。
そして箒の紅椿もワンオフアビリティ「絢爛舞踏」発動。エネルギーが一瞬で満タンになるとかちょっと理屈が分からないんだけど、まぁそういう能力なんでしょう(爆)
結局、今回の事件にしろ、一夏の受験のときのIS起動事件にしろ、箒の姉の束が黒幕だったっていうことかな?千冬の推理が当たってるとするならば。
うーむ、やはりメインヒロインは箒なんだねぇ~(←当たり前)。全然出番がないメインヒロインだったけど(笑) そういや最近はシャルロットしか見てなかったなぁヽ(´ー`)ノ
これで「インフィニット・ストラトス」も終了。結構人気出たみたいだし(シャルロットのお陰とも言えるかもしれないが)、第二期もやりそうですね~。というか、是非やってほしい。もっとシャルロットが見たい(*´Д`*)

DOG DAYS 第4話
ガウンの部下に攫われたミルヒオーレ姫。しかしまぁ・・・一国の姫が攫われたっていうのに本当に緊張感あまりないな(笑)
シンクとエクレールとリコの3人による姫様奪還作戦。リコなかなか強いですね。でも歩兵にあっけなく詰められてしまいましたがヽ(´ー`)ノ
ビスコッティ最強のダルキアン、格好良い登場ですね~狙ったかのような(笑) 最強だけあって強いですね。彼女の部下のユキカゼが可愛いと思います!

Aチャンネル 第3話
トウルの教室での風景。かなり優等生なんですね~。普段はあんな暴れてるのに(笑) でも変なクラスメイトのユタカに絡まれて大変ですねヽ(´ー`)ノ
新しく来た保健の佐藤先生、るんの絶対領域(オデコ)が好きなのか、変わったフェチだな!!しかも病弱だし(笑)
そういや、毎回挿入歌が入るのは定番なの?しかも下に歌詞出てるし。珍しいよね。でも毎回結構良い歌ですよ。ボーカルCD出たら買いたいですな!って思ってたら、BD初回特典のCDでかよorz

神のみぞ知るセカイII 第1話
ギャルゲー攻略の神「おとしがみ」と呼ばれる桂馬がギャルゲー攻略のノウハウを活かして現実の女の子を落とすお話の第二期です。
いきなりDQ2の復活の呪文から始まるのかよ!!(笑) 何気に3和音BGMは第1期のOPだしヽ(´ー`)ノ
最初の攻略相手はクールビューティな武道少女な先輩・春日楠。・・・なんだけど、可愛いもの好きなんですね、本人は隠してるつもりっぽいけど(笑)
猫を抱いてるときとデートのときの彼女は可愛かったです~(*´Д`*)

星空へ架かる橋 第2話
オープニングアニメのイントロ部分でヒロインの中に歩がいるんだが(´ー`)?・・・まぁ歩クンだからある意味納得だけど(爆)
一馬が転校してきてすぐの大吾のダンボール机を見て「バカとテストと召喚獣」を思い出した(笑) 初のあだ名って「あやうい」なんだ・・・ドジっコかぁ~いいなぁ(*´Д`*) ものすごい大食いですけど((((゜Д゜;)))) でも可愛い(*´Д`*) しかも若干妹属性まで付いている!!
初日の学校の帰りの街案内、ヒロインよりも歩クンのほうが可愛いのは気のせいか・・・気のせいだと思いたい(笑)
最後に星野兄弟の入浴シーン、歩クンは男だから裸が出てもOKなんだろうけど・・・なんか見てはいけない気が(ry おかげで直後の初の入浴シーンが霞んでしまった(爆)

そふてにっ 第3話
部内リーグ戦。って5人しかいないけど、結構皆さん野心的ですね(笑) 「諦めたらそこで試合終了」って・・・スラムダンクかよ!!
リーグ戦をやろうとしたら嵐がきて・・・ぁぁ、やはり津波シーンは丸々カットされてますね。少なくとも半年はこういうシーンはカットされるか。
悪天候のため学校で宿泊することに・・・って、夏なのに雪が降ったり学校に温泉があったり・・・色々突っ込みどころ満載なんですが!?(笑) そういや、来栖が水を放ったときの解説「極限まで圧縮された水はコンクリートすら貫く」ってどこかで聞いたセリフなんだけど思い出せないorz
リーグ戦の結果は1位が来栖、2位が明日菜、3位がエリザベス、4位が琴音、5位が千歳・・・1位と5位は予想通りですが(笑)、明日菜が2位って意外ですね、エリザベスが2位かと思ってた。琴音は・・・運動神経は良いけど性格的な問題があるんだろうなヽ(´ー`)ノ

花咲くいろは 第3話
波の間の客の小説家に連れ去られた緒花は何故か亀甲縛りに(笑) 今回エロいのが多いねヽ(´ー`)ノ 爺さんの亀甲縛りに吹いた(笑)
数々の事実が判明した自称・有名小説家が旅館の車を使って逃走。なんか緊張感のないカーチェイスでしたね(笑) ってか、夕方まで海辺にいたみたいだけど・・・いくら客がいないとはいえ、旅館の方は放って置いていいのか?(笑)
菜子の意外な能力が判明しましたねぇ。格好良かった。そして濡れた姿が色っぽかった(*´Д`*)b
女将さんが初めて”お婆ちゃん”な顔しました。なんだかんだで孫が可愛いんだろうね。
2話までは笑いどころがほとんどなくてどうかなぁと思ったけど、ようやく面白くなってきました。

GOSICK 第10話
ヴィクトリカとの電話中、何者かに連れ去られた一弥。連れ去ったのは地下の箱の中に入ってたあの少女なんですね。
一弥は偶然知り合った記憶力の良い少年ルイジに証言を頼んで一弥の狂言疑惑が晴れる。そして、ヴィクトリカによって少女誘拐と美術品密売の犯人が判明。
うーむ、高熱で具合も悪いのに、新聞と一弥から聞いた状況だけで全部分かるとは・・・頭が良いというか、やっぱアレは何かの能力?

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話
1人の少女の死がキッカケでバラバラになってしまった幼馴染6人が、死んだはずの少女の出現とともに再び集まる青春物語です。
あの少女、主人公のじんたん以外には見えないけど実体はあるんだね。物には触れるけど、彼女をじんたん以外には見られないってことですね。
何となくリトルバスターズ!っぽい。

まりあ†ほりっく あらいぶ 第2話
相変わらずオープニング&エンディングが凄いですね(笑)
三国志カルタって・・・私はあまり詳しくないですね~主要キャラ十数人までなら何とか分かりますが。50人くらいなら「恋姫無双」経由で何とか名前くらいは分かるけど(笑)
・・・寮長先生って何者なんだ・・・(笑) 三国志の武将をリアルで知ってたような口ぶりや、大雨を一瞬で晴らしてしまったり・・・謎が多いキャラですねヽ(´ー`)ノ
かなこの妄想で出てきたメイドさん、インフィニット・ストラトスのヒロインたちですよねぇ!?まさかココでISのキャラを見ることになるとは・・・(笑)
とりあえず、弓弦さんが可愛いですね~。

戦国乙女 ~桃色パラドックス~ 第3話
今川義元と徳川家康が出てきましたが、やっぱトクニャン可愛いっすよね。ちょっと腹黒いし(色々策を張り巡らせるのと鎧を狙ってる辺り)名前からしてラスボスっぽいけど・・・しばらくこのコを追いかけようかと思います(笑)
鎧の脛足をかけて今川家とレクリエーション勝負。相撲はともかく、ビーチバレーとかボーリングとかって・・・(笑)
ってか、今川ってアホ?アホなの?イエヤスの足引っ張りまくってますね(笑) イエヤスは頭良くて腹黒いけど周りのアホに振り回されるタイプなのかな?ヽ(´ー`)ノ

変ゼミ 第3話
着ぐるみでチラシ配り。そんなときでも変態な水越(笑) ・・・小麦の言ってる雨に濡れた女の子には同感(爆)
新キャラで新入生、加藤あんな登場。元ヤンキーですか。松隆が結構普通だなぁと思ってたけど、このコも結構普通っぽい?暴力的ですけど、若干ツンデレっぽいのがイイ(笑)

スーパーロボット大戦OG ジ・インスペクター 第26話(最終回)
アインストとの最終決戦。最終回でやっとゼンガー&レーツェルの合体技「竜巻斬艦刀」でましたねぇ~。ボス戦では欠かせないこの必殺技、このためにこの2機は出撃させているようなものですヽ(´ー`)ノ
最後は全員に見せ場を作るために色々ゴチャゴチャしてたけど、トドメはやはりキョウスケでしたね。つーか、ラストはエクセレンとキスする直前で終わりかよ(笑)
そういや、外伝から登場するコンパチブルカイザーの皆さんもチラッと出てきましたね。ってことは第三期ありか。その前に原作ゲームの続編出せや!!ラ・ギアス事件やってほしいわぁ。

アスタロッテのおもちゃ! 第2話
直哉ととユーディットの交渉は娘の明日葉が決めたんだな・・・10歳なのにしっかりした娘さんだヽ(´ー`)ノ
メイド長のエフィが良いですね~。ちょっと天然っぽいのが良いです!エフィのミルクって・・・マジでそうなの!?胸が大きい理由ってソレ?(笑) 明日葉の牛の乳搾りの写メールに吹きました(笑)
直哉って若いけどちゃんと父親なんですね~。アスタロッテのことに関してはなかなか鋭かったです。まぁ他のことは鈍感だけどその辺は愛嬌って感じですかね。

日常 第3話
一発目。祐子が麻衣に無視され続けていたと思ってどんどん自ら暴露しちゃってイヤホンしていることを知って安心したのも束の間、実は聞かれてた!っていうオチは予想してたけどちょっと吹きました。
二発目。麻衣の漫画おもしれぇー!!遅刻だ大変だ→おとうさんはリストラだに吹いた(笑) なんだ、かなりの力作じゃないか。
三発目。博士が拾ってきた黒猫が喋ったときは吹いた。うーん、最初は可愛かったけど・・・人語は喋らない方が良かったですね(´ー`)
四発目。教頭のわら人形に吹いた。校長のわら人形かと思ったらただの納豆かよ!!(笑)

テガミバチ REVERSE 第23話
絶体絶命の窮地に陥ったラグを助けたゴーシュ。そして、近づいたカベルネにより地面が割れ地下の鍾乳洞に落ちたラグとゴーシュの2人。
そこでラグは再びゴーシュの心に触れる。ラグのお母さん出てきましたね。・・・何気に裸っぽかった(´ー`)?
いよいよカベルネとの決戦ですね~。セントラルが最終決戦の場のようですが・・・果たしてゴーシュの心は戻るのか?

聖痕のクェイサーII 第1話
乳吸いアニメの第二期です。さすがに吸ってるところは塗りつぶされてます(笑)
今度は女子高ですか、しかもサーシャ女装してますね(笑) 声色まで変わるのかよ! 舞台は変わったけど・・・オープニングアニメを観た限りでは、一応前期のキャラも全員出てくるっぽいですね。
バーチャル空間の授業って・・・第一期とはまた文明が大きく違うような気がするんですけど。まぁその辺は気にしてはいけないんでしょう(爆)
つか、相変わらず揺れるね、揺れまくるね、乳が大きいキャラが多い割に好きなキャラがいないのが不思議ですけど(笑)

よんでますよ、アザゼルさん。 第3話
ふんどし一丁で刀を持った悪魔サラマンダーが登場。能力は言霊、全ての言葉をひっくり返すことが出来る・・・便利やな(笑)
そして、サラマンダーに対抗すべく、芥辺が人魚で嫉妬の悪魔アンダインを召喚。嫉妬した相手を変化させてしまう能力。ある意味恐ろしい(笑)
サラマンダーによって人格を変えられてしまったりん子は元に戻るのか?ヽ(´ー`)ノ

30歳の保健体育 第3話
安藤さんに振られた今河は仕事先で再び安藤さんと出会う。でも呆気なくメアドをゲットしてましたね。何故か男子トイレで(笑)
しかしまぁ・・・あのエッチな講座って・・・ほとんど塗りつぶされてる上、セリフも上書きされてるから何言ってるか分から・・・ぃぇ、何となく想像できます(爆)

コメント

第71回 皐月賞

2011年04月24日 19時33分42秒 | 競馬

東日本大震災の影響で中山競馬場が使えないため一週間延長され、23年ぶりに東京競馬場で開催されることになった今年の皐月賞。

今年の皐月賞は一言で言えば「本命不在の混戦」ですね。まぁレーヴディソールがいなかった桜花賞もそうだったんだけど。
そんな中で1番人気になったのは弥生賞馬サダムパテック。唯一の重賞2勝馬で実績を買われたんでしょうね。まぁぶっちゃけるとそれしかいないし。
毎度注目を集めるディープインパクト産駒は3頭いていずれも中穴扱いでした。1番上の人気だったトーセンラーでも5番人気くらい。きさらぎ賞以来で間隔が空いているのも嫌われた原因かな。

勝ったのはオルフェーヴル。グランプリホース・ドリームジャーニーの弟です。兄弟G1制覇になりました。スローペースの中、中団のやや後ろを走っていましたが、最後は上手く馬群を捌いて突き抜けましたね。3馬身差は立派だと思います。
2着はサダムパテック。道中は割と良い位置にいた気がするんですが・・・抜け出すまでに少し時間がかかりすぎましたねぇ。3着のダノンバラードは前走の不可解な惨敗が結局なんだったのかと思ってしまいました(´・ω・`)

これで日本ダービーの本命馬が決まりましたね。同じコースで3馬身は決定的だと思います。距離も全兄のドリームジャーニーが有馬記念を制覇してるから不安はありませんし。何より兄が苦手だった左回りを勝ったことは大きいと思います。・・・逆に弟は左回りオンリーになったりするかもしれませんが(笑)

それにしても実況の青嶋アナウンサーは競馬実況に向いてないんじゃないの?毎回ゴール前に言葉が詰まって無言になるし(なにか上手いことを言おうとして失敗してるんかもしれないけど)、そのあと間違えるはずもないオルフェーヴルの血統を言い間違えてるし。ぉぃぉぃと突っ込んでしまったよ。

コメント

「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」 その3

2011年04月23日 19時17分24秒 | 一般ゲーム

第32話「あばよ、ダチ公・・・」までクリアしました。最後の部分は「天元突破グレンラガン」を知ってる人なら泣けるあの有名エピソードです。

20110423_01

最初、サブタイトルが出てこなかったので「マップが2つあるのかな?」とか思ってたんですけど、クリア後にサブタイトルが出ました。こういうのは珍しいですね。しかも、カミナの声でタイトルコールまである!なんだか扱いが別格です。
・・・しかし・・・スパロボならIFでカミナが生き残るパターンがあるのかなぁと思ってたけど、そうなるとロシウやヴィラルの出番がなくなるので、なかったっぽいですね。・・・それともカミナたちと一緒に行動するとそういうフラグもあるのか?
カミナはかなり早い段階で「熱血」を覚えるのでボス戦では重宝したんですがねぇ・・・。他のパイロットはLv30台に突入しても覚えないのに、1人だけ20台前半で覚えますからね。グレンラガンの武器改造をしておくとかなり楽。
逆にシモンは格闘能力が低いのであまり使えないというorz うーむ、これからどうなるんだろう・・・。グレンラガンは好きなので使い続けたいんだけどなぁ~。

現在の機体改造度はこんな感じ。

20110423_02

紅蓮弐式は囮にしたいので、HPと装甲だけは未改造にしてあります。おかげで撃墜数がヒイロに追いつきそう。
あとはガンダム3機(Z、フリーダム、ジャスティス)、グレンラガン(今はカミナがいなくなったのでラガンだけですが)、ソルグラヴィオンを少しずつ改造してます。
ちなみにランスロット・エアキャバルリーは改造してあるっぽいけど、初期改造値のままです。
ガンダム3機は主力として使いたいので均等に改造中、グレンラガンとソルグラヴィオンは対ボス戦用に武器優先で改造中。
基本リアルロボット優先(特にガンダム系)で使う私ですが、好きなスーパー系があればそれを使います。スーパー系の中でグレンラガンは好きなアニメの1つなので使ってますが、ソルグラヴィオンは原作アニメを知らないのに何故か最初のZのときから主力で使ってるんですよね(笑) ・・・ぃぇ、決してリィルたん萌え(*´Д`*)なわけでは(ry
出撃数に余裕があれば、スーパー系ではアクエリオンとゲッターロボを出してますね。アクエリオンは主題歌が好きなので(爆) ゲッターロボは初期のスパロボからレギュラー出演している中では1番使い勝手が良いので使ってます。幸運を早くから使えるのも利点ですし。まぁコンバトラーVがいればそっちを使いますけどねヽ(´ー`)ノ

しかし・・・今のところ、SRポイントは全部獲得してますけど、ちゃんと考えないと取得が難しくなってきてますね。場合によっては最初からやり直すこともしばしば。おかげで進行が遅くなってます(´Д`;)ヾ
・・・まぁ、別段無理して取ることもないんですけどねヽ(´ー`)ノ

コメント

「さくら色カルテット」 あらすじ・感想その4 鞍馬綾乃編

2011年04月22日 18時34分46秒 | 美少女ゲーム(感想)

3周目は攻略可能なヒロインの中で唯一の人間女性の綾乃です。・・・そういえば、攻略可能なヒロインってアイリスばっかだな(笑)

綾乃はお金持ちの家柄のお嬢様なんだけど、妙に庶民な感じがする親しみやすい女の子です。主人公・亮太のことを一途に想っていて、いつもアイリスの桜と亮太をかけて勝負しています。
彼女は一言でいうと天然系ツンデレ。いつも亮太の想像の斜め上をいく行動をして周囲を驚かせます。っていうか、笑わせてくれます。彼女の行動が1番面白いかも(笑)

彼女のシナリオは、前半第9話は桃花シナリオの対となっていて、桃花編では破談になったお見合い話がスムーズに進む展開です。ドレス姿の綾乃がめっちゃ可愛いかった!!(*´Д`*)

後半の第10話はアイリスにしかかからない病気が亮太に伝染してしまうというお話。
人間が誰もかかったことのない病気のため治療法がなかったものの、綾乃の無駄に高い行動力(失礼)が功を奏しなんとか治療法が見つかります。憂編に続きここでも千葉博士が大活躍。
・・・まぁ治療法は亮太の精子が必要という・・・さすがエロゲーという感じでしたけどヽ(´ー`)ノ

てっきり綾乃くらいはエピローグでウェディングドレス姿を見せるかと思ったら違いましたねorz
ちょっとソレを期待してたんだけど・・・まぁ第9話のドレス姿で我慢せいってことでしょうね。でも、せめて子供の顔くらい見せても良かったのでは~?(´Д`;)ヾ

さて、これで残すはメインヒロインの桜のみ!!サラもちょっとあるかもしれないけど。
・・・今回もアトリエかぐやお得意のハーレムルートがあるんだろうか?私はこのハーレムルートは要らないと思ってるんだけどねぇ・・・エロシーンしかないし。・・・ぁ、エロゲーだから良いのか(爆)

コメント