ゴエモンのつぶやき

日頃思ったこと、世の中の矛盾を語ろう(*^_^*)

仮店舗で営業再開 白壁土蔵群の「白壁倶楽部」

2016年11月05日 13時36分21秒 | 障害者の自立

 鳥取中部地震で店内の壁などが崩れ、営業ができなくなっていた「レストラン&カフェ白壁倶楽部」(倉吉市魚町)が3日、近くの「はこた人形工房・夢倉(むそう)」の一部を間借りして営業を再開した。

 白壁倶楽部は、国指定登録有形文化財の鳥取県第1号に認定されている旧国立第三銀行倉吉支店を活用し、2011年にオープン。モダンな雰囲気の中、障害者と健常者がともに働く場として、白壁土蔵群のシンボル的存在となっていた。

 営業再開に際し、岡本修平支配人(29)は「できるサービスはどんどんして、お客さまの笑顔を見たい。本来の店舗での営業再開を心待ちにしています」と話した。当面は、午前11時半から午後5時までのランチとカフェのみの営業となる。

「夢倉」に設けられた仮店舗で客をもてなす岡本支配人(右)

2016年11月4日   日本海新聞

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅野さん、角田さんに瓜生岩... | トップ | 「国籍にこだわらず」元難民... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL