空を見上げて

事務所猫チャコと家猫ごん太 2ニャンと楽しい日々

ハリーポッターと死の秘宝

2010-12-29 14:43:48 | 映画
あらすじ:
 スネイプに敗れたハリー・ポッターは、ダンブルドアがハリーに遺した仕事
 「ヴォルデモートを滅ぼす唯一の方法である分霊箱の破壊」を遂行するため、
 親友のロン、ハーマイオニーと共に旅に出た。
 しかし、困難な旅の中で仲間割れが起きてしまう。
 そして、ハリー達が旅をしている間にもヴォルデモートと彼の率いる死喰い人の一大集団が
 着々と手を伸ばしていた。
 ヴォルデモート達によって魔法省は乗っ取られ、魔法大臣のスクリムジョールが殺害される。
 それによって、ホグワーツもまたスネイプが校長になるなど数々の異変が起きていた。
 ハリーは、次々に起こる仲間の死に耐えながらも、
 避けることのできないヴォルデモートとの最終決戦に備え、準備を進めていく。



これぞまさしくパート1だ。(笑)

ウ゛ォルデモートの力が強力になっていてビックリした。
それを取り巻く連中が、皆ハリーの敵になっている。
誰を信じていいのか誰が見方なのか疑心暗鬼の中で、
一番協力しなければならない信頼できていたはずのロンとケンカをしてしまう。
それでも立ち止まることはできないハリー。
全映画を見ているわけではない私だけれど、
おおまかに登場人物がわかっていると、それなりに楽しめる映画だった。
ラストも、「ここで終わりかよ!」って突っ込みたくなる場面で終わっていて、
だからこの映画の印象が最初の言葉になる。

どの場面をとってみてもハラハラドキドキの展開が待っているのだけれど、
結構心理的な要素が大きい気がする。
アクションはパート2に持ち越しなのだろう。
作り手、うますぎる。
これじゃぁ、絶対に見たくなるよ。(笑)


私は何故だか上映終了間近にやっと見れる状況が整うため、
その映画の盛況の頃の混雑をほとんど知らない。
ハリーポッターもやっぱりそう。
今日も見ていた人は12人くらいだっただろうか。
でも、集中できる時間は貴重だしすごく楽しい。

帰りに車をぶつけられた、っていうか、私の車の後ろをこすった車がいて、
そのまま行ってしまったのでどうにもならない。
かすりキズ程度だったけれど、
こんな場合、女一人でも、追いかけて立ち向かうべきなのかな?
ちょっと怖いよね。
コメント (2)

いい年に

2010-12-28 15:06:11 | 今日の猫


夜は冷え込むのだろうねぇ。
朝出勤してきたら、2匹してちぐらの中にいた。



ストーブがついてしまえば事務所内は暖か。
そのせいか、最近は別々で寝ていることが多く、
2匹揃っていることのほうが珍しい。



寒くなると布団の中に潜り込んでくるマルを撫でながら、
チャコとクロは寒いだろうなぁ、なんて考えたりする。
考えたってどーしようもないことなんだし、
外で暮らしている猫達に比べれば、何倍も恵まれているんだけれどね。

来年もいい年でありますように。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
コメント (1)

金のなる木

2010-12-28 14:46:37 | つぶやき
会社に置いてある金のなる木に花がついた。



これはもともと花の咲いている鉢を買ってきたものだけれど、
次の年からまったく花をつけず、もうかれこれ何年になるだろうか。



今年の春頃、病気がついてしまったのか、葉っぱが茶色く変色していた。
それで、事務所の内側に置くことを止めて外へ出しっぱなしにしておいた。
もちろん水は毎朝かかさずにやっていたけれど、
今年のハンパない暑さで、金のなる木の生命力に火がついたのだろうか。(笑)



これは別の木。
ひとつだけ花をつけた。
でも、私がここに来てからこの木に花がついていたのを見たことがなく、
初めてかもしれない。
この木も病気がついて、外へ出しておいたもの。
う~~~ん、今年のバカ暑さが功を奏したのだろうか。

コメント

涙、涙

2010-12-27 16:12:11 | ニュース
真央「強くなった」復活2位/フィギュア(日刊スポーツ) - goo ニュース

いや~、無事にフリーを滑り終わった真央ちゃんを見て、
涙が出てきてしまった。

よくぞここまで・・・。

ジャンプが上手くいかなくて人前で転ぶことって、
ものすごく恥ずかしいことだと思うんだよね。
それでも試合に出て、歯をくいしばって練習して練習して練習して頑張ってきたんだと思う。

トリプルアクセルの跳び方が今までよりも楽な感じに見えるのは、
それだけ練習してきたってことなんだろう。
優雅でやわらかな真央ちゃんのスケートは、
これから伸びる要素はたくさんあるし、
また頂上にもいけると思う。

スランプや失敗なんて誰にでもある。
それをどう乗り越えるか、どう行動するかで、
その後の自分が大きく変わるはず。

世界選手権が楽しみ。
本当に良かった。

コメント

ぎっくり腰~休肝日

2010-12-25 09:42:56 | つぶやき
人はよく病気やケガをした人に対して、
「神様が休めって言っているんだよ」とか、
「この際だからゆっくりすればいいさ」とか言う。
私もよく使う言葉。
本当にそう思うことがあるしね。
でも、
「あんなことするからバチが当たったんだ」
そう陰で言われることもある、ということも事実。(笑)

私の場合、どっちにあてはまるのかは知らないけれど、
一日たりともお酒を抜かない私に、
「休肝日を作ろう」的な動きがあるのかもしれないな。
一年に3日くらいは。(笑)



ありがたい、ことだ。

コメント (2)

ぎっくり腰~救急車編

2010-12-24 17:08:34 | つぶやき
昼間鍼灸院で治療されているとき先生は、
「今日仕事には行かないで家でゴロゴロしていたほうがいいでしょう。
 行けるようなら明日からでしょうね。」
みたいなことを言っていて、多分自分の治療でだいぶ良くなるだろうと思っていたのだと思う。

ところが夜になるにつれ痛みはだんだん強くなり、身体を起すことさえできない状態。
ちょっと動くと激痛が走り、1mmだって動くことができない。
ちょうど手術の後、傷口の痛みで身体の置き場所がない、
どんな格好をしても痛いっていうあの状態に似ている。
ただ、手術後の場合はこれを我慢すればそのうちに痛みもとれる、という確信があるけれど、
ぎっくり腰の場合、そのうちに、っていう確信なんてほとんどないに等しい。
もしかしたら骨に異常があるのかもしれないし、
このまま我慢していて大丈夫なのだろうか、という不安が胸に広がった。

夜中の2時過ぎ。
あまりの痛さにあえいでいたら、夫が、
「救急車を呼ぶか?」
と聞いてきた。
救急車に乗って病院へ行けば、きっと楽になる。
そんな思いが頭をよぎった。
でも、たかが腰痛ごときで救急車を呼ぶなんて、
タクシー代わりだと言われないだろうかとか、
もがいているなかで色々な事が頭を巡った。
でも、朝までこの痛みを我慢する余裕も気持ちもなく、
結局消防署まで送ってもらって、そこから救急車で病院へ向かった。

病院へ着いて、問診、血圧、体温、レントゲンをとってもらい、
骨には異常がないことがわかった。
そして痛み止めの座薬を入れてもらったけれど全然効かない。
看護婦さんにお願いして、注射を打ってもらうことにした。
すると、ほんとにスーーーッと痛みが引いた。

「痛みのMAXが10だとすると、今の状態はどのくらいですか?」
こんな質問を何度となく聞かれた。
注射をした後は、それこそ半分にはなったと思う。
少しずつ動いて寝返りができるようになった。

その後外来のセンセイから診察してもらい、
「ヘルニアの可能性も少なく、
 時間が経てば大丈夫でしょう。」
という診察結果を頂いた。
看護婦さん曰く、
「肉が断裂したのかもしれないですね。」

長い一日が終わった。

                       もう少し続く
コメント

ぎっくり腰~鍼灸院編

2010-12-24 13:19:48 | つぶやき
以前にも一度ぎっくり腰になったことがあったけれど、
その時は注射一本で痛みはなくなった記憶がある。
多分軽かったのだと思う。
動けないということもなく、自分で医者へ行って注射を打ってもらっていた。



20日の朝、30kgの品物を階段を何段か上ったところへ運んだ。
いつものことだ。
でも、その日は少し腰に違和感を感じたのだけれど、
いつもの痛みと似たり寄ったりであんまり気にもしていなかった。
そのうちに直るだろうとタカをくくっていた。
腰に痛みはあったものの普通に一日仕事をして、晩酌もし、
少し長めにお風呂に浸かって10時頃横になった。

夜中、腰の痛みで目が覚めた。
ゲゲ!寝返りがウテナイ!!ウッ腰が痛い!!!
それから眠れないまま朝が来た。

21日。
朝になっても痛みはとれず、動くことが一苦労。
着替えることすら大変だった。
でも、起きてしまえばなんとかなるだろうと思い、
朝ご飯とお弁当の準備をし始め、洗濯機を廻したところで力尽きた。

立っていられない・・・・・。

血の気が引いた。
すると夫が、
「オレが以前行っていた鍼灸院へ連れて行ってやる。」
私は痛み止めを打ってもらえる普通の医者へ行きたかったのだけれど、
夫がそう言ってくれるので、とりあえず行ってみることにした。

「普通は担がれて来る人が多いんですよ。」
そう言って出迎えてくれたセンセイ。
「炎症をおこしている時にお風呂とお酒はダメなんですよ。」
と、私が治療を終えて帰るまで4回言われた。
そんなに何回も言わなくても・・・。
20日の時点では、まさかこんな事態になるなんて思ってもみなかったんだからしょーがない。

鍼と電気治療をしてもらい家で安静にしていたけれど、
夕食の時身体を起していることすら出来なくなり、
結局その日はお昼に「どんべえ」を口にしただけになってしまった。
そして夜になった・・・・・。

                                        続く
コメント

やっぱり・・・

2010-12-24 08:33:23 | つぶやき
引き際を考えていたが、
ぎっくり腰になってしまい3日間出勤できない状態になってしまった。(笑)

「何かやっておこうか?」
ともう一人に言われたので、年末のこともありいろいろ頼みたいことはあったけれど、
とりあえずコピーをお願いしておいた。

今日、痛みも少しやわらいだので出勤。
しかし頼んだコピーはやっていなかった。

期待通りの人物だ。
コメント (2)

お願い

2010-12-20 11:02:57 | つぶやき
何も考えず、ただ行動に移して仕事をしているから、
帳面を見ているにもかかわらず、現場がよくわかっていない。
いや、いろいろ他の事を考えながら仕事をしているから、
集中できないでいるのだろうか。

先月自分のやったことくらい、覚えていておくれよ。

なんとな~く私が悪いようなことにしているみたいだけど、
ちょっと違うんじゃぁないのかなぁ。
未然に防げることが、あんたのお陰で大きくなっちゃってるっていうのが、
どーもわかっていない。



最近マジで引き際を考えている私です・・・。
コメント

ナニがいた?

2010-12-20 09:56:07 | 今日の猫
このところ気温もあんまり下がっていないせいか、
コタツの中にすっぽり潜っていると暑いみたい。
顔だけ出して寝る姿が多くなってきた。









玄関に置いてあるトイレの掃除をしているとき、
掃除をしている私をじっと見ているマル。
「この人が私の世話をしてくれてる人なんだ~」
って認識し、感激しているんだと思う。(笑)
そんな時、たまーになんだけど、
真っ暗な廊下の中、何かを見ているな~って思った瞬間、
ドドドドドーーーーーっと走り出すことがある。
え゛!?何?何?
ナニが見えたんだーーー!!!
廊下でウォーンウォーンと変な声で鳴くこともあるし、
絶対にナニかがいるよね・・・。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
コメント