高尾山自然公園の生き物たち

森林づくりボランティア支援センターのある大分市高尾山自然公園の
見つけもの

クロヒメチャワンタケ

2021-06-18 14:17:51 | キノコ
梅雨なので雨が降ったり やんだりで キノコの季節

クロヒメチャワンタケ   茶碗に雨を受けて ご飯を食べるのではなくて 胞子をとばします

森林づくりボランティア支援センターの横の芝生に沢山生えてます。
その横には

ヤマモモが

沢山実をつけてます  今年はジュースを作ろうかな
コメント

ゼンマイ  ゼンマイ科

2021-04-09 11:09:30 | シダ
春なので 新芽出そっています

春の山菜 ゼンマイです   というと もうたけて食べられんじゃんとか言われそう

この姿でないとゼンマイと認められなさそう   シダとしましては 新芽を食べられるのは不本意だと思います

で、この茶色い部分 胞子葉  シダ類は胞子で増えますが 胞子をつける葉と付けない葉があって
付ける方を 胞子葉といいます  こっちのゼンマイの新芽ばかり摘むと ゼンマイが無くなってしまうとか
ほんでも 出たばっかりの所は 胞子葉か栄養葉(胞子をつけない葉)か区別をつけきらん

どっちにしても ゼンマイのナムルは大好きだが 摘んで毛をとってあく抜きして干してもんで とかようせん
と言う事で 高尾山には ゼンマイも ワラビも ありますというご報告
コメント

カタバミ  カタバミ科

2021-04-07 15:03:23 | 植物(草本)
コンクリの隙間に しっかり根付いて 黄色い花

カタバミです
近年 よそから違うもんが来て オッタチカタバミとか言って おまけによく似ています

この茎の状態では たぶんに カタバミです
カタバミさんは種類が多くて ピンクの花はムラサキカタバミ 茎をかじるとすっぱくて美味しい などなど

子ども達は この葉をみて 四つ葉のクローバーを探そうとか言うのです 違うやろといっても聞いちゃいない
ハートの形は人気で 何でもクローバーになってしまう
森の先生は 大変です
コメント

両生類! 産卵

2021-02-12 16:16:14 | オオイタサンショウウオ
川久保の池の近くに 水たまりがあってそこには毎年産卵があります

カエルの卵です

沢山ありますが ヤマアカガエルかニホンアカガエルかわからないです。 まだ親に会ったことないので

こっちは オオイタサンショウウオ

沢山産んでます ここにはカスミサンショウウオもブチサンショウウオもいないので オオイタンシです。

この池は 保全する会があって毎年池を整備してくださるので 産卵があるという訳です。 シュレーゲルアオガエルも産卵に来ます

ご近所には ダイサギ君がいるし アオサギ君もうろうろしているし ホント要注意ですわ

オオイタサンショウウオの親が見たいときは こっちのブログでどうぞ 森歩き事務局日誌2https://blog.goo.ne.jp/wamu27
コメント

ヒドリガモ  カモ科

2021-02-09 14:43:38 | 
川久保の池にヒドリガモが来ています

スイスイ 10羽くらい 泳いでいます

メスもいるよ

カップルにそろそろねえ  3羽だし、、

道路を てけてけ歩いている所に出くわす  写真を撮ろうと思ったら車が来て 飛び立ちました
この道路 車の往来が多いのに 歩いて渡ろうとしていた 危ないよねえ
ヒドリガモは 陸上の草も好きらしい 昼寝かお食事で お山に行っていたのかな くれぐれも交通事故にご用心
コメント