高尾山自然公園の生き物たち

森林づくりボランティア支援センターのある大分市高尾山自然公園の
見つけもの

テイカカズラ   キョウチクトウ科

2024-06-03 13:33:01 | 樹木

今はさかりの テイカカズラ   キョウチクトウ科なので毒があります    毒のある植物って魅力的

甘くて いい香りがします

枝を切ると白い汁が出ますが これが皮膚につくと かぶれます  要注意

風車のような花が 種になると 2本の下がり豆のようになります  不思議だ

ある人に花の名前を聞かれたので テイカカズラと申し上げたところ  割引とかはしないで定価なんだ とか言われて ぎょ!

藤原定家さんが 名前の由来です

木の幹に巻き付いて ぎっしり これでは何の木かわからない

このしつこい 巻き付き方! 式子内親王のお墓にこんな調子で巻き付いてカズラになったんでしょう

しつこいのは嫌われると思いますよ  失恋 ですかねえ

 

 


ネジキ  ツツジ科

2024-05-30 11:41:13 | 樹木

ネジキの花の咲く時期です

葉に隠れるように 真っ白の花が 下を向いて咲いてます

可愛いのですが グラヤノトキシンという毒があるそうです  でもあんまりこの木で中毒という話は聞かないけど

どうなんでしょう アセビ(馬酔木)のように鹿も食わないということなのかな?

名前の由来は 幹や枝がねじれるからだそうで まあなんとなく ねじれてるかなあというのやら ねじれてません!みたいなのもあります

ソメイヨシノの幹は 派手にねじれるけど 名前に反映されていないなあ

下を向いた花なら のぞきたくなるもんです  中にちゃんと雄しべと雌しべがありました

本州から南の木ですが 落葉樹です


ハリイ カヤツリグサ科

2024-05-28 11:05:59 | 植物(草本)

細い葉の先っちょに 花

なんか 可愛いと思って写真を撮ったのだけど  あとから 大変!

花が咲いているので イグサの仲間かな?

イグサの名前は なんかおかしい  まるい ふとい しかくい くさい  くさいとかあんまりなので漢字で 草藺

カヤツリグサ科は イネ科の次くらいにすかん  よくわからないので

こんな花なので たぶん ハリイ 針藺 ハリイもオオヌマハリイとかコツブヌマハリイとかおるんやけど

ハリイでいいことにしておこう  もし違っていたら教えてください。


カメノコテントウ  テントウムシ科

2024-05-22 14:09:59 | 昆虫

足元の枯れ枝に なんか赤いもん

おお テントウムシではありませんか それもでっかい

カメノコテントウ  日本で最大級のテントウムシ

模様が亀の甲羅に似ている(のか??)ので  亀甲天道虫 というらし

最大級とか言っても 1cm前後だぜ  わたしの指のほうがでかい

この虫は 成虫も幼虫も ハムシの幼虫を(クルミハムシ・ドロノキハムシ・ヤナギハムシ)を食べるそうです

乗っている葉っぱは柳の葉なので ヤナギハムシを食べて でかくなったのでしょう

テントウムシといえば アブラムシですが こいつは親子ともども ハムシの幼虫を食べる

ハムシの幼虫は アブラムシの何倍もでかい  大ぐらいなんですねえ


ノミノツヅリ  ナデシコ科

2024-05-15 14:33:49 | 植物(草本)

足元に小さな花をつけて 

ノミノツヅリ   蚤の綴   綴とは短い服(短衣)のことで チョッキみたいなの?

ナデシコ科だけど 同じナデシコ科のハコベとは 属が違う  ゾクが違うとたいてい仲が悪い?  似てるのにねえ 似てるほど仲悪いのよ

花は可愛い顔して 世界中におるらし   私は日本でしか見たことないけどね

ハコベの属に ノミノフスマ 蚤の衾 というのがあって 衾はお布団のこと

小さな葉っぱが蚤のお布団らし

帷子というのもあって(上着) これはスズメが持っていて 蚤は持っていない

綴りは起毛しているようで 暖かいのかも

昔の人は 蚤が身近にいて 植物の名前にも使ったんだなあ  

今の人は猫や犬に蚤がいることは知っていても 人にもいたなんて知らないだろうなあ

昔 飼い猫をお風呂に入れたら 蚤が猫の顔にあがってきたので 大騒ぎしたことがあります 

あれ以来 蚤を見たことがない  ほんとですよ 蚤の心臓の持ち主ですから 嘘はつきません