トンサンの別荘

初代iMacが壊れ、本宅「マック鈴木家へようこそ」が更新できなくなったので、2010年9月27日よりこちらで情報発信。

「スライム被害」 反省しようとしないサイクルベースあさひ。トンサンも被害者の一人だが・・・

2019年03月01日 08時24分37秒 | 自転車雑記

3月1日(金) 雨

今日見たブログから。




あのこらさんが言っているのは、サイクルベースあさひが自転車販売時に、抱き合わせで売り込んでいるパンク防止剤「スライム」のことだ。
このスライムがバルブを腐食し、チューブの寿命を縮め、パンク修理時の様々な悪さを引き出している。


まずリンク先のツイッターを見てみよう。
https://twitter.com/ebijirushi/status/1041175671710445568←実験開始

https://twitter.com/ebijirushi/status/1075283789251731456←3か月経過後です。

ということで海老印さんという人も苦労している。
おととい(2月27日)も。
またこの地獄コンボか〜 あさひさんさぁ、これいい加減訴えられるんじゃ…



この写真の説明をすると、
パンク防止剤「スライム」が入っていたので、バルブ根元の金属が腐食し、ゴムチューブと剥離(はくり)し、穴をあけてしまった。


パンク修理をする人は、みんなこの「スライム」が悪魔のように見える。

スライムパンク防止剤は、こんな悪さをする


サイクルベースあさひが販売する自転車には、こんな「スライム」を入れて売るので、みんな苦労している。
トンサンもその洗礼を受けた一人だ。

晴れた!  出かけようとしたら、パンク!!

これでみんな苦労していたことは後で知るのだが・・・
「あのこら」さんのサイトを見ると、ずいぶん多くの人が「スライム」に苦しめられていることがわかる。
「あのこら」さんは直接サイクルベースあさひに申し入れしているし、他の人も言っていると思うが、サイクルベースあさひはこれに反省しようとせず、売り続けている。
サイクルベースあさひの社員はこのことを知っているが、社長に進言できるものはいないのだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« どの新聞が国民の方を向いて... | トップ | 【手話】HIV啓発動画のDVD配... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リンクありがとうございます (あのこら)
2019-03-01 09:43:12
スライムパンク防止剤で被害を被る人が一人でも少なくなればうれしいです。
Unknown (トンサン)
2019-03-02 01:34:57
サイクルベースあさひは分かっているはずなのに、続けているというのはひどいですね。
スライムの件を除けば、嫌いではないお店なのに。

コメントを投稿