わんわんらっぱー

DIYやオーディオから社会問題までいろいろ書きます。

なぜ、オスプレイは落ちるのか?

2018-07-09 17:14:29 | 戦争
 オスプレイ墜落の原因は、左右にだいぶ離れた位置に羽根があるからだと考えていたが、どうやら、「機体に対して羽根が小さすぎる」ので不安定なのだそうだ。
 羽根を3つに増やせばよいのだが、1つの羽根よりも危険度は3倍。だったら、大きな羽根を1つにすると、普通のヘリコプターになる・・・ということで、「構造そのものが欠陥」のオスプレイは今後も墜落しつづけるだろう。






以下転載---
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=322935&g=132207
簡単に言えば、バランスを簡単に、崩すからです。

設計が悪いんでしょうね。

良いですか普通は飛行機は両翼の微妙の揚力を操縦桿で合わせるのだけど同じようになってるのであわせやすいのです。安定速度で飛ばすからです。
前方の両翼と尾翼で受け持つので安定なんです。

しかし2枚のプロペラの揚力を合わすんだけど、非常に微妙になるのです。しかも揚力で持ち上がってるのではない。だから2点です。そのましたに重心をおきますが。

しかし羽根が非常に小さいあの機体の大きさからは小さすぎるんです。

しかも一直線上にあります。すると棒で機体を持ち上げると同じような力しか
働かないのです。棒でビール瓶を横に持ち上げるのは難しいでしょう。

分りますね。ケツに倒れ込めばもうそのままひっくりかえる。前に倒れこめばそのままひっくり返る。可成りプロペラが上に有るので紐でビール瓶を釣る場合でもどうですかバランス崩します。

ヘリコブターはあんなに大きなプロペラでも前後に倒れこんだ場合にダイブするんです。あれだけ大きいので大きな面積で機体を吊り下げれるのですが、オスプレーの場合はあの羽根の大きさでは、小さな面積で吊り下げるのですから落ちて当然です。

直すのは簡単です。羽根をもっと大きくしなさい。(これは無理だろうね、可動できなくなる)

あるいは3個にしなさい尾翼分に一個増やすのです。勿論垂直尾翼部の高い位置です。

3個に増やしてその中間に重心を持ってくれば大丈夫でしょう。設計は全面的に直すことになります。

3個だと打ち消し合いが起こらないから回転するといいます。ヘリと同じに同軸のローターつければ良いのです。

しかしエンジンストールの危険が3倍になるのだからまあダメですね。エンジン一個で回せば良いではないか。だったらヘリになるだけです。

《引用以上》

ぬじゅん 創刊号(2017年1月) 墜落オスプレイに海中から迫る!
琉球プロジェクト
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 親指を立てるのは刑務官が死... | トップ | 自由飲酒党に入党しよう、そ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 (アッキードF19で小沢一郎を撃退希望)
2018-09-18 06:42:08
日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事における たくさんのJAL123便の元気な生存者及び、ご搭乗の昭和天皇が、日本の埼玉県警察の警察官らの襲撃(日本語で おまわりさん?らの手により)により
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/ainugakuin/e0011938_16494167[1].jpg
といった惨憺たる虐殺死体と化した

一方、救助に奔走したのは米国のみであった

コメントを投稿

戦争」カテゴリの最新記事