推手サークル!

太極拳を中心に対練ばっかりやりまくっています。
静岡県湖西市がホームです。

寒波の日々

2017-01-15 12:03:20 | 日記
スタジオジブリのアニメ映画「紅の豚」をご存知でしょうか?
一次大戦でイタリア空軍のエースだった男がやさぐれて豚になり、ダンディズムを醸しながら生きる様を描いた作品です。
その元エース・ポルコに設計士の少女フィオが「いいパイロットの第一条件ってなに?」と尋ねるシーンがあるんですが、その問にポルコは「インスピレーションだ」と答えます。

「インスピレーション」とは「霊感」とか「突然の思いつき」などの意味になるのですが、一番しっくるのは「ひらめき」という訳ではないかと思います。

「直感」が経験の蓄積から導かれるのに対し、「ひらめき」は無意識から飛び出てくる本能的な答えです。
その「ひらめき」を持っているのがいいパイロットだ、とポルコは言っている訳ですが、これは武術をやる人達にも同じことが言えるのではないでしょうか。
ちなみに旧日本海軍で零戦を駆り、敵機をもっとも多く撃墜した本物のエースパイロット・岩本徹三氏も、
「敵機は目でみるもんじゃない。感じるものだ」
という言葉を残しています。

理屈も大事ですけど、ひらめく「何か」に従って研鑽を積んだら、別の境地に立てそうな気がします。


さて、湖西での金曜練習会は3人でやりました。
4人いたら練習がはかどるんですが、寒い中来てくださっただけでもありがたいので贅沢は言えません。

という訳で3人でヘビーローテーションです。
KKさんとHDさんは、いつものようにご自身の課題を設定し、それをクリアするように崩し合いをされていました。

次にKKさんと管理人。
こちらもお互い色々試しながら汗を流しました。
管理人は特に太極拳のセオリー通りに対応することを心がけてみました。

太極拳の基本原理に「八門」というのがありますよね。
ホウ・リー・セイ・アンの「四正」とサイ・レツ・チュウ・コウの「四隅」で「八門」です。
これらにはジャンケンのようにお互いの天敵が設定されています。
例えばセイでまっすぐ押してきたらアンで下に落とす、コウで体当たりしてきたらレツで躱す、といった具合にそれぞれの概念を打ち消すような概念が用意してある訳です。

これが太極拳の中だけでしか通じなかったら実戦には役に立たないでしょうが、長い歴史を生き残ってきた武術なので当然汎用性があるものと考えられます。
つまり人間がやってくる攻撃を分析すると全てこの8つのパターンに分けられるので、これらに完璧に対応出来るようにしておけば、何をされても大丈夫、という事ではないかと思います。
これが50パターンとか、200パターンもあったら対策しきれませんが、8つだけだったら何とかなりそうです。

そこでKKさんの攻撃を八門のどれかに分類しながらそれぞれキャンセル出来るように試してみた訳ですが、ほとんど捉えられなくてやられっぱなしでした(笑。

HDさんとは単推手を色々と練習してみました。
此度は攻める方はしつこく押していき、受ける方はギリギリのところまで誘ってから躱す、という限界を見極めるようなやり方でやってみました。
HDさんも一筋縄ではいかない方なので、いやらしく攻めなければ崩れてくれません(笑。


こんな感じで3人で取っ換え引っ換えしました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。


いやー、寒いですな。
というか、こんなもん耐えられるか!
あまりに寒かったので懇談会もそこそこに解散致しました。

ちなみに日曜日の朝に新居体育館を通りかかったらこんなになってましたけど(笑。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 推手はじめ | トップ | 試行錯誤の日々 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事