推手サークル!

太極拳を中心に対練ばっかりやりまくっています。
静岡県湖西市がホームです。

ご案内

「推手(すいしゅ)」とは、太極拳の2人でする練習の事です。
套路(型)と推手は車の両輪で、両方やらないと上達は見込めません。

套路は1人でも練習できますが、推手は相手が必要です。
ならば、太極拳好き同士でお互い練習相手になろう、というのがこのサークルの目的です。
対練専門の謎の集いです。
太極拳やったこと無い方でも大丈夫ですので、お気軽にご参加ください。
お問い合わせはこちらまで。
suishucircle@yahoo.co.jp
右の「メッセージを送る」からでもOKです。

What's New

2018.11.28 ブログをアップ
2018.11.30 12月の予定をアップ

4月の予定

2015-03-29 20:42:51 | 日記
ついこないだ新年の挨拶をしたと思ったらもう4月です。
旧暦でいうと卯月(うづき)。
うさぎの「うーちゃん」です。
会話の語尾に「ぴょん」とかつけたくなりますね。

それでは4月の予定をご案内いたしますぴょん。

●推手サークル金曜夜練習会 FNP38
日時:4月3日(金)19時から20時45分まで
場所:湖西市新居体育館 スタジオ

※体育館シューズをご用意ください。

●推手サークル日曜練習会in愛知
日時:4月5日(日)13時から15時まで
場所:愛知県豊川市いつもの所


●推手サークル金曜夜練習会 FNP39
日時:4月17日(金)19時から20時45分まで
場所:湖西市新居体育館 スタジオ

※体育館シューズをご用意ください。


例によって利用料金ワリカンです。
どなたでもご参加頂けます。


ご来場をお待ちしておりますぴょん。


コメント

世界を広く

2015-03-21 08:32:03 | 日記
少し前に東京マラソンが開催されましたが、その映像を見ていて、
「あれだけの人数で推手をやったらさぞかし壮観だろうな」
と思いました。
いつか実現してみたいです。


まずは「100人推手」からですかね(笑。
かの哲学者、ユルゲン・ハーバーマスも「何かを変えるにはちょっとずつやるしかない」という様な事をおっしゃっていますしね。


さて、3月最後の推手サークルはFNPです。
今回もレギュラーメンバー6人でやりました。

100人には遠く及びませんが、熱意は人数に勝るとも劣りません。

最初は4人で開始し、1人加わって5人。
5人だと1人余るので、2人組と3人組の2チームを作り、3人の方は日本の武道でよくやる「掛かり稽古」でやってみました。
1人に2人で次々に掛かっていくやり方です。
HKさんは2人まとめて相手しておられましたが(笑。
その後、もう1人加わって6人になったので通常営業です。


HKさんとMiさんはそのままフルコン系の研究に突入され、2時間の練習時間が終わって懇談会に入ってからも続いていました。
すごいエネルギーです(笑。


管理人は3人組から離れてKKさんからキンダのレクチャーを頂きました。
四正推手をしながら自然に関節技に嵌められるように練習します。

全体を丸ごと会得しようとすると頭が混乱するので、まず相手をロックして極めた「終わり」の形を覚えておいて、そこに至る経過を後から追加した方が分かりやすいと思います。

交代してKKさんHDさん組、Aさん管理人組のペアです。
KKさん組は基本に忠実な推手をされていました。
Aさんと管理人組は打撃の力の乗せ方とか、推手の細かいテクニック、久々に「ぬるぬるキンダ推手」とかをやってみました。

最後にもう一回交代します。
KKさんAさん組は激しいキンダ推手を繰り広げておられました(笑。
HDさん管理人組は対照的に静かに静かに単推手をやってみました。
見た目とは裏腹に、お互いに色々実験していたみたいですけど(笑。


太極拳を広く適用しようとする人、逆に太極拳を別のものに取り入れようとする人、など様々です。
視野を広くして自分の世界を大きくする試みが、いつか周りの世界そのものをも変える力になると思います。


といった所で2時間は瞬く間に過ぎ去りました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

練習後の懇談会がだんだん長くなってきました。
夏季がピークで3時間近く、冬は30分ぐらい、と季節に応じて変化しますから、それだけ暖かくなってきたと言う事でしょう。
前述のようにHKさんたちはフルコンの研究に没頭され、残りの人たちは巌流島の太極拳家の話や、夜のコンビニ勤務は危ないので店員は帯刀すべきだ、など話題は尽きませんでした。


次回のFNPは4月3日です。
それから、今年の推手サークルジャンボリーは5月3日の日曜日を予定しております。
こちらも宜しくお願い致します。
コメント

帰路のお楽しみ

2015-03-09 20:19:18 | 日記
3年目突入に当たってブログをリニューアルしました。
今までのは黄色が目に痛かったので、シンプルなのにしてみましたけど、いかがでしょう?
内容は相変わらずアレかも知れませんが。


さて、今週は愛知でも推手サークルです。
メンバー5人で活動しました。


が、この「5人」というのがどうもしっくりきません。
3人だったら横槍を入れながらやれるし、7人とか9人ならカオス状態になるので誰かしら交代できます。
しかし5人だと、どうしても1人余ってしまうのです。
今回は良い方法を思いつかなかったので、管理人がなるべくハブになって他の皆さんでやって頂きました。
今になってアイデアが浮かんだので、次回からはそれでお願いします。


ところで、太極拳は「カワハギ釣り」に似ていると思います。
釣りをする方はご存知でしょうけど、カワハギという魚は口が小さいです。
そのため、エサを引っ張っていても針は口に入れてないので少し待って合わせなければなりません。
と言って待ち過ぎるとエサだけ取られてしまいます。
クックッとアタリが来てからンッンッと待ってピッと合わせるのがコツです。


推手で相手を崩すにも、押してきた瞬間にパッと弾くと手が外れたり、変化されたりして余計な手間を掛けるはめになります。
そこでカワハギ釣りのようにエサに食い付く所まで辛抱する必要があります。
しかし、人間は攻撃されると反射的に反応するようになっていますので、そこを変えていかねばなりません。

目の前の勝ち負けにこだわると永遠に「アタリ」を取れないなあ、と思いながら推手をしていました。

5人総当りした所で時間が来たので終了。
ご参加下さった皆様、どうもありがとうございました。


遠方から来られているNNさんは、帰りがけにミカンなど、ここら辺の産物をお買い上げ下さっているそうです。
管理人もそれに倣ってJAの特産市に寄り、地元でしか売っていないパンとか、「みかんバナナ豆乳」という微妙な飲み物、それに豊橋なのに「飛騨牛コロッケ」、などを買い食いしながらのんびり帰りました。
「飛騨牛コロッケ」はジャガイモが甘くて絶妙な味でした。
これから良い季節になるので、練習だけじゃなくて帰りの寄り道も楽しくなりそうです(笑。


ブログをご覧頂いている皆様も、ちょっと推手で体を動かした後、ぶらぶらと観光しながら帰るという休日の過ごし方はいかがでしょう?

次回の愛知練習は4月5日(日)です。
こちらも宜しくお願い致します。
コメント

フリースタイル

2015-03-06 22:58:09 | 日記
先日、太極拳の講習会を受けた時、講師の先生がフルコンタクトの人達と100人組手をやってきた、とおっしゃっていたのでたまげました。
100人もの相手とドカスカやり合うとか信じられません。
管理人だったら2人目ぐらいでヘロヘロです(笑。

「100人組手」は無理ですが「100人推手」はやってみたいです。
賛同される方がいらしたらご連絡ください(笑。


さて、3月最初の推手サークルはFNPからスタートです。
今回も6人できっちりペアが組めたせいか、相手を変えずにひたすら趣味の世界に没頭しました(笑。

HKさんと管理人は最初は四正推手とかやっていましたけど、だんだん用法の話になり、そのうち空手の受けとかの話題になりました。
HKさんは空手もずいぶん修行された方なので、色々疑問をぶつけてみて、「こういう受けは実際にはできない」とか、「やるならこうだろう」というお話を実演を交えながらレクチャーして頂きました。
用法では、型の中に含まれる微妙な動作の意味に注目しました。
伝統武術の套路を見ると、途中で何のためにそうするのか分からない動きがチョロっと入っていたりします。
制定拳ではそうした動作は省略されていますが、実はそのチョロっとしたのが相手の不意を突く武術として有効な一手なのです。
古い型ほどそういう一見無駄に思える動きがたくさん入っているようなので、研究してみると面白いかもです。


HMさんAさん組はフルコンタクト系のレクチャーや武器への対処のあれこれをやっておられました。
こないだHKさんともお話ししたんですが、強めに打ってもへっちゃらな防具をみんなで購入して、太極拳的な攻撃を実際に当てる試みもしてみたいです。

KKさんとHDさんのペアはひたすら四正推手を練っておられました。
ここだけ正統派です(笑。


といった感じで、ややgdgdで推手にこだわらないフリースタイルの練習でした。
(いつもそうか(笑)
ご参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。


定例の練習後懇談会では「推手サークルに女性メンバーを入れたい」という話が出ました。
いやー、難しいでしょう(笑。
どうしても入れたいんだったら、まず嵐とかV6とかをサークルのメンバーにするしかないでしょうねー。
(「将を討たんとするなら馬を射よ」ってやつです)

コメント