韓国ドラマについて

韓国ドラマの記事やあらすじに
ついて

「する多」感動+楽しい匹のウサギ握ったクリーン家族劇

2020-11-27 23:42:25 | kbsドラマ
長々6ヶ月間、週末のお茶の間を担当「一度行ってきました」が大詰めの幕を下ろした。離婚の現実的な話題を投げ、視聴者の心に深い響きをプレゼントした「一度行ってきました」は、楽しさと感動という二匹のウサギをすべて捉えKBSの代表家族劇で位置づけた。

KBS2週末ドラマ「一度行ってきまし」(脚本ヤン・フイスン・演出イ・ジェサン、以下である多)が13日夜、100回を最後に放映終了した。

この日の放送では、「あるある」の中の人物たちの3年後の日常が公開された。双子を出産したユン・ギュジン(イ・サンヨプ)、ソン・ナヒ(イ・ミンジョン)夫婦は育児に精神のない一日を送り、ソン・ダヒ(イ・チョヒ)は専攻を生かしユン・ジェソク(イ・サンイ)のような病院でサンダムジクに職場生活を始めた。イ・サンイはイ・チョヒはチェ・ユンジョン(キム・ポヨン)の家で分家した後、甘い結婚生活を続けていった。

ソン・ヨンダル(チョン・ホジン)の後に続いて龍珠市場の商人会長を務めたソン・ヨンスク(イジョン)は、過去の自分のように開業パーティーを賑わす社長にアドバイスを飛ばして笑いをかもし出すこともした。また、ダンス大会に出場してダンスを踊るソン・ヨンダルとチャン・オクブン(チャ・ファヨン)は濃い余韻を残しときめきいっぱいの旅にピリオドを打った。
       


◆「中堅俳優 'チョン・ホジン→イ・ジョンウン、名品演技で描いた切ない家族愛

「する多」は、親と子の間に離婚の隙間と危機を乗り越えていく過程をより現実的に描いたのはもちろんのこと、一度は経験してみたような話を誰もが共感できる家族愛に解きほぐして視聴者たちの熱い関心を受けた。

その中心には、中堅俳優たちの活躍があった。チョン・ホジン、チャ・ファヨン、キム・ポヨン、イ・ジョンウンなどは密度の高い演技でキャラクターを完成した、手に汗を握る緊張感と胸が痛む涙を誘った。

これらの複雑に絡み合った関係の中の隠された事情を持った多彩なキャラクターと素晴らしいシンクロ率を見せ劇の没入度を高めた。特にチョン・ホジンとイ・ジョンウンは、多くのズレとは別に離れて過ごした長年の兄妹を安定した演技と自然呼吸で描き出すお茶の間に慰めと感性をプレゼントした。

ソン・ヨンダル(チョン・ホジン)とカン・チョヨン(イジョン)の劇的兄妹再会の瞬間が詰まった神瞬間最高視聴率(ニールセンコリア全国世帯基準)37%を記録し、オンラインクリップ映像の累積再生することもでき、65万回を突破して名場面を誕生させた。
         


◆4色カップル、長い間記憶される現実メロ

「する多」の中四カップルは、現実的な代謝と濃い感性で深い共感を呼んだ。イ・サンヨプとイ・ミンジョンは憎むことを嫌い離婚を選択したが、その心さえ未練あったことを悟って再会し二番目のロマンスを広げたユン・ギュジンとソン・ナヒの感情を繊細に表現し、ドラマ上昇に牽引車の役割を正確にやり遂げた。

イ・サンイはイ・チョヒは姻戚ロマンスを形成し、「する多」に登場する数多くのカップルの中で最も多くの愛を受けた。二人はなんだかんだありながら愛情あふれる姿を愉快ながらも丹念に描き出すドラマの楽しさを高めた。

オ・ユナとキ・ドフンは、実際の年の差を消去ロマンスで視聴者たちのときめきを刺激した。パク・ヒョシンのストレート愛、ソン・ガヒの複雑な心境は、多くの人々の共感を導いた。オ・デファンとイム・ジョンウンも再会を通じて、家族の大切さを再確認する時間を用意した。

このように「する多」は中堅俳優たちの優れた演技力と4色のカップルの多彩な魅力に刺激的な展開のない無公害清浄家族劇を作った。最終回の視聴率も34.8%を記録、視聴者の熱い関心と愛の中有終の美をおさめた。演技力とストーリーで勝負した「する多」は家族劇の新しい地平を開い美しく退場した。
韓国ドラマランキング<

コメント   この記事についてブログを書く
« ソ・ヒョンジン側"「君は私の... | トップ | 「青春の記録」パク・ボゴム... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

kbsドラマ」カテゴリの最新記事