「人脈づくり」・・・人脈の達人のノウハウ

日本のビジネス社会は、人脈優先の社会、効果的な人脈のつくり方とは

感性と感覚

2012-04-30 07:37:12 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  この数年の世の中の変化には驚きです。政治・経済・販売不振・災害など大きな変化
  このような時代になり世の中の流れとは異なった生き方をしていると周りから浮くもの
  そんな生き方をしていると浮いた感じと、つねに孤独がついてまわるような人生になる


  世の中には知識豊富で人脈豊富な人は多くいます。そんな人達は日頃を楽しんでいる
  そんな時代にはコネクター(人脈豊富で人を束ねる能力のある人)探しをしてみましょう
  何も無理して社会にあわせようとしないで自分の想いや理想に忠実に生きてみましょう


  気楽な仲間をつくって、ちょっと浮世離れをした感性とか感覚に触れるのも楽しいものです
コメント (2)

得意分野で

2012-04-29 07:46:29 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  私は企業を退職してから好きなことや得意分野を活かして楽しく仕事をしています
  好きなことをするには「社長」になることだと思い自分で会社設立し活動しています
  自分で事務所や会社を設立すると、いつも痛感する事は人脈の大切さなのです


  努力しだいと人脈のサポートによって人生のあらゆる面においても得るものは多い
  無理をしないで分相応にしながら計画性を持てば成果は一歩一歩と近づきます
  幅の広い知識を活かしたり仲間からのサポートなどから着々と成果はあらわれます


  老後を迎えると誰でも不安な面はありますが仲間や人脈が勇気をくれるものです
コメント (2)

相手の心の中に

2012-04-28 07:40:38 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  人脈づくりはご縁、出会いを大切にすることから始まるものです
  そこで出会いも大切ですが、別れぎわも大切なことになります
  相手の心に残るような印象を相手の心にくさびを打ちたいものです


  別れぎわに自分の気持ちを少し具体的にアピールをしてみましょう
  自分としてはとっておきの表情を見せて「楽しかったです」これです
  やっぱり別れぎわは自分のベストな表情を惜しまず見せてみましょう


  その顔が、相手の心の中に浮かぶあなたの姿となり人脈としてつながる
コメント (2)

形式的な挨拶

2012-04-27 08:36:27 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  ビジネスマンが営業の仕事をしていると、お得意先の担当者との付合いは長いと思わない
  いつか担当が変わったり、自分も職場などが変る可能性もあるから長い付合いと考えない
  だからそんな相手だから形式的な挨拶などを交わしてしまうことも少なくないと思ってしまう


  「この人とは、どうせもう二度と会わないだろう」と思った瞬間にあなたの貴重な縁をムダに
  大切なことは、どんなご縁や出会いも最初から先入観を持って対応をしていたのではダメです
  茶道に「一期一会」という言葉があります。出会いを一生に一度限りのものだと感じましょう


  そのような心で相手と接していけば、たった一度の出会いでも素晴らしいものに仕上げできる
コメント (2)

最初の行為

2012-04-26 08:28:23 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  今の時代のビジネスは、人脈優先・紹介優先・コネ優先のビジネス社会になりました
  そのためには豊富な人脈がほしいと思っていろんな努力や工夫をしているものです
  その最初の行為が、ご縁とか出会いの中からの名刺交換から始まるものなのです


  その名刺交換の場としての「スタート」でありその後の希望や発展へとつながります
  たとえ不遇とか不運な環境がつづいても人脈をつくることでサポートをしてくれます
  だからといって、野心などにまかせて自己中心的な行動や独走はさけることが大切


  すべては行動力・実行力にありますからいろんな障害を乗り越えて努力しましょう
コメント (2)

共感すること

2012-04-25 08:13:25 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  人脈は誰もが欲しいと思っています。どのようにどうすればと皆さんが思っています
  人脈づくりのゴールデン・ルールは「相手の立場に立つ」これが大切なことなのです
  そして、共通体験をすることで、相手の立場に立つことは少しは易しく感じるものです


  しかし、それが出来ないときなどには、どうすればいいのかと悩んでしまうものです
  そのときは「もし自分だったら」と思うことです。自分ならどのように考えて何をするか
  そんな思いや行動が相手と同じだったら、そこで共感をすることは容易になるものです


  相手の立場に立つことは、トラブルばかりではない、身近な事でも同じことなのです
コメント (2)

借りと誠意

2012-04-24 07:38:08 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  ご縁とか出会いの中から気になることが、何となく「借り」というものがうまれてくるものです
  あの時の、あのことをどのようにして「借り」を返そうと思ってどう返すのかを考えてみましょう
  人間関係の最大の問題点は、アフターケアをどのようにするかが大切なことだと思うのです


  営業マンでも、他者とおなじようなえ営業セールスをしていたならば決め手にはなりません
  そこから大切なことは、やっぱり決め手となることは「アフターサービス」これかもしれません
  アフターサービスなんて当然と思える地道に努力をして実行しているからこそ誠意は伝わる


  「借り」が出来たと思いながら判断したときから誠意をもって徹底してアフターフォローしよう
コメント (2)

神様を味方に

2012-04-23 08:33:41 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  人脈が増えてくると楽しいことも多くありますが悩み苦しいときにアドバイスが貰える
  そんなことから私は自分なりにはすごく運がいいと思っていますし感謝をしています
  特に仕事運では「もうダメかな・・・」と思った時でも必ず誰かが応援をしてくれました


  会社の定年制度を2年残して退職して好きなことや得意分野で仕事をしています
  そこには在職中からの豊富な人脈と退職後にも人脈づくりには努力と工夫をしました
  奉仕の量が運を決めるのかもしれないと思いながらも人脈づくりに積極的なのです


  人に喜びを与える仕事をしていると神様までも味方につけて運がついてくるのです
コメント (2)

心が不幸に

2012-04-22 22:21:09 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  誰もが人脈は欲しい、そのためにはいろんな苦労や努力をしながら人脈づくりをする
  「私の生涯で幸福な日は六日となかった」これは戦争に敗れたナポレオンの言葉です
  地位とか名誉、財産を手に入れても決して本人には幸せでなく不幸な人生と思うもの


  その反面、目も耳も不自由なヘレンケラーは世界中を旅しながら不幸な人を励ました
  生きることの大切さと意味を説きながら最後まで明るく幸せな人生をまっとうしました
  人脈を増やして育てて人を幸せにするから人々から喜ばれ感謝されて自分に返る


  心が不幸では何にもなりません。あなたも人脈を増やして人から感謝されましょう
コメント (2)

覚えるコツ

2012-04-21 08:52:16 | 人脈づくりのノウハウ
人脈・人力の幅を広げてみませんか・・・


  人との出会いは誰もが大切にしています。そこでやはりアフターケアが大切なことです
  ご縁とか出会いの瞬間だけにいくら誠意を尽くしてもそれだけでは縁は深まらないのです
  やはり何らかのかたちで繰り返し、繰り返し関係を結ぶことが大切なことになるのです


  それが人間関係を成熟していくのです。その成熟への第一歩が名刺交換後のフォロー
  それもできるだけ早いほうが効果的です。名刺交換した相手に手紙とかメールをしよう
  一度いただいた相手の名刺には最低3回程度は目を通すことが覚えるコツなのです


  何度も名刺を見ることで、少しでも相手との関係を密接にすることができるものです
コメント (2)