二次元が好きだ!!

SSなどの二次創作作品の連載、気に入ったSSの紹介をします。
現在ストパン憑依物「ヴァルハラの乙女」を連載中。

おススメSS 【漢文超訳】襄陽守城録―最前線に着任したら敵軍にガチ包囲されたんだが―

2018-11-11 23:39:44 | おススメSS

【漢文超訳】襄陽守城録―最前線に着任したら敵軍にガチ包囲されたんだが―

カクヨムのSSです。
ラノベのようなタイトルをしてますが、
「『襄陽守城錄』というガチの古典超訳したラノベの皮を被った古典」です。

しかも王族、貴族、皇帝といった上流階級の人間ではなく、
文字通り最前線で戦ったガチの戦記ものを今風に翻訳したSSという特徴的な内容です。

ぜひ見てください。



「襄陽がまたにぎやかになるな」

「まあ、そうっすね」

「これだけ働き手が増えりゃ、箭やや砲弾が不足する心配が減る」

「え?」

「何をすっとぼけた顔してるんだ? 箭も砲弾も、使えばなくなるだろう?」

「そりゃそうですけど」

「こういうデカい船を使って戦うようなことがあると、
 箭や砲弾なんか、ほんの数日で尽きちまう。
 でも、まともな品を買いそろえるための金も時間もない。そんなとき、どうする?」

「どうって……ええと、襄陽の敢勇軍って、かなり戦い慣れてます?」

「昔から小競り合いの絶えねぇ土地柄だからな。
 タコ金とやり合うこともあれば、茶賊として朝廷の狗いぬを相手に暴れることもある。
 上等の武器や道具や兵器ばかり使ってもいられねえ」

「たくましい」

「まともな箭や砲弾がなけりゃ、代用品で戦う。
 布の端切れを矢羽根代わりにしたり、黄土を固めて砲弾にしたり。
 そういう手作業は案外、女や子どもや農夫がうまい。
 城内の者をどんどん働かせりゃいいって話は、すでに趙都統には通してあるぜ」

「なるほど。じゃあ、ここで保護する人たちも、ある意味、襄陽の貴重な戦力になり得るんですね」

敢勇軍は緒戦を勝利で飾った。そして、破竹の勢いでタコ金軍の寨への奇襲を成功させていく。

十一月二十五日の夜、趙家軍の統領である扈こ立りつと協力して、
敢勇軍の茶商、廖りょう彦げん忠ちゅうと路世忠と張ちょう聚しゅうが千人を率いて南門から出て、
虎頭山とその近辺の寨を襲撃した(*4)。

二十六日の夜、旅世雄と将官の裴はい顕けんが敢勇軍兵士六千人あまりを率いて、
襄陽の西北の水上でタコ金と交戦し、米を満載した輸送船二艘を強奪するのに成功した(*5)。

二十七日、タコ金が襄陽の西側に「招安あきらめろ」と書いた旗を立て、数人でこちらの様子をうかがっていた(*6)。
兄貴が度胸の据わった男を募ると、
名乗りを上げた李超は城を出て船を漕いでタコ金の連中に食って掛かり、追い払って、見事に旗を奪って帰ってきた。
その夜、旅世雄と裴顕は敢勇軍を率いて船を出し、漢江を渡って北岸に置かれた寨を奇襲すると、タコ金の食糧輸送船や渡し船を焼いた。

兄貴にとって敢勇軍の戦果は嬉しい驚きだったみたいだ。

「まさかここまで戦えるとはな。
 城壁の見張りや城内の警備の手助けになれば、という程度しか期待していなかったんだが」

「はい。永英……ああ、旅撥発官のことですけど、永英は人柄もすげぇ頼もしいし。船、カッコいいし」

「阿萬がそう認めるなら心強い」

「でも、そういえば永英、
 最初は兄貴の考えがわからなくてビビッてたって言ってましたよ。
 リーダーシップがあるのか恐怖政治の独裁者なのか、どっちなんだろうって」

「そうか、萎縮させちまってたか。
 心に留めておこう。これからどのくらいの期間ここに籠城しなけりゃならないか、
 まったくわからねえ。できるだけ多くの者と確かな信頼関係を結んでおくことは大事だな」

冬の半ばの一日。
川面から吹く風は冷たい。
でも、襄陽の戦意は静かに燃え始めたところだ。

強い熱を感じる。





コメント

おススメSS 【艦これ】18初秋イベを終えた各国首脳が所感を述べるようです

2018-11-04 22:52:52 | おススメSS

【艦これ】18初秋イベを終えた各国首脳が所感を述べるようです

秋の艦これイベントについて各国首脳が祝福と性癖を交えたコメントを発表する話です。
元ネタは嘘吹替シリーズで各国の首脳が覇権アニメを討論するMADです。
完成度が高いです、ぜひ見てください。

ブラウザゲーム「艦隊これくしょん」で9月8日から開催されていた期間限定海域(イベント)
「抜錨!連合艦隊、西へ」が10月10日をもって全作戦を終了したことを受け、各国首脳が祝福と性癖を交えたコメントを発表した。
 
英国ウェストミンスターのダウニング街10番地の首相官邸前で記者会見を開いた英首相は、
同イベントでネルソンが実装されたことに触れ、「人類史上まれに見る快挙」と称賛した。

「艦隊これくしょん、艦これは、これまでいくつもの歴史を築いてきた。ヒラコーショック、
コミケカタログを埋めつくす島風、ウォースパイトの実装、アークロイヤルの実装、ラッキー・ジャーヴィスの実装。
そこに新たな歴史がまた1ページ加わった。かつて世界の海を制したわが大英帝国海軍で、
栄光ある本国艦隊の旗艦を務めた戦艦ネルソン、彼女が艦娘として、私の鎮守府に着任した。いや、帰ってきた。

彼女の威風堂々たる風格、短いスカートから覗くまばゆいおみ足もさることながら、ネルソンの真価はその中破絵にある。
そう、そのやや垂れぎみのおっぱいに」としながらも、

「誤解のないように言っておくが、私は日本の女性キャラクターにありがちな、
 重力を無視した非現実的なおっぱいを否定したいのではない。
 現実とフィクションは区別されるべきだ。私は乳袋にも理解がある。
 だが、ネルソンの垂れ乳には確かな重力を感じる。
 私のいるこの世界と、彼女のいる世界は、同じ重力が働いている、
 つまり同じ惑星にいると実感させてくれるのだ。
 ネルソンの垂れ乳が、私と艦娘たちとを次元を超えて結びつけてくれる。
 その尊さはなにものにも代え難い。
 重力は次元を超越することを彼女は図らずも証明したのだ。
 そして、最後にこれだけは言っておきたい。ネルソンは絶対に上向き乳首」
 
 



コメント

GATE~夢幻会、彼の地にて戦いけり47

2018-09-14 22:17:03 | 習作SS
帝都南東門界隈。
帝都の中でも一番低い場所にあるこの地区は水はけが悪い。
そのせいで貧民が集中し、はやい話貧民街となっていた。

外見は人間が主導権を握る帝国においてここでは学都ロンデルのごとく、
人種、民族、獣人の坩堝と化しており見るものに多様性と活気を感じさせる。

しかしここは貧民街。
ゆえに見た目こそ多様性と活気があるが、
麻薬に殺人、売春を筆頭に暴力と犯罪が日常世界と化した陰性を帯びたものであった。

そんな街の夜。
唯でさえ夜は一層暗くなる街でひと際大きな光が轟音と共に放たれる。

一部の功名心と火事場泥棒根性を発揮したのを除けば、
大半の住民は余計な義侠心でも発揮すれば自分の命が危ないことをよく知っているのでこの異常事態を無視する。

「ベッサーラ家の根拠地が破壊されたか、
 ジエイタイと二ホン軍はよほどの凄腕の魔道師を有しているのようだ」

そしてそのどちらでもない第三者。
ボウロは感心するように事の成り行きを観察していた。

そもそも・・・。

「ベッサーラ家がジエイタイと二ホン軍を襲撃する、とタレコミを入れたのは自分なのだからな」

つまりこの光景はボウロが仕組んだものであった。
イタリカまで一度進軍したがそこから先に進まず実態が掴めないジエイタイと二ホン軍の実力を測る。
そのためには何らかの形で騒動を巻き起こす事が必要であった、しかも今後の事を考えて帝国を巻き込まずに。

手始めにジエイタイと二ホン軍がこの悪所に拠点を構えてから始めだした、
お人好しな行動を「噂」という形で密かに宣伝し悪所の顔役達に記憶させる。
都合の良いことにジエイタイと二ホン軍は金をばら撒く割には顔役達に上納金を一切収める気はなかったので効果はすぐに現れた。

結果は顔役のベッサーラ家の大敗北。
アルヌスに籠っている異世界の軍隊が有する予想以上の実力を垣間見れるなど目的を完全に達成した。

「ボウロ」

と、ここで暗闇からぬっと人影が現れる。
頭巾をすっぽりかぶっているのでどんな人物か判別できないが、
口調と音声はボウロがよく知る人物のもの、ハリョの戦士ウクシであった。

「ベッサーラの人間が逃げている。
 念のために聞いておくが・・・好きにしていいよな?」

好きにしてよい。
という意味に具体的な内容を尋ねるほど無粋な真似はしない。
特にこの暴力と貧困が同居している帝都南東門界隈では。

「当然だ。
 身に着けている金品に女は全てハリョの戦士たちの物だ」

「・・・分かった。
 ところでいいのか?
 帝都にジエイタイと二ホン軍が拠点を作っている。
 この事実をテューレを通じてあの皇太子に通報できなくもないが」

ウクシが疑問をぶつける。
アルヌスから出てこないせいで、
帝国と奇妙な休戦状態ともいえる中でよりにもよって帝都の中に拠点を作られた。
この事実を無視するのは帝国に与するものとして一応どうかという意味を含ませて問う。

「必要ないな。
 何せその方が都合がよい」

ボウロが断言する。

「我らの目的は帝国の暗部に食い込み浸透、蚕食すること。
 それには帝国は強い状態よりもむしろ弱い方が大変都合がよい――――混乱にこそ我らが台頭しうるのだ」

かつて革命が起こった国はその前段階にひどい混乱、社会不安に見舞われていた。
フランス革命は凶作と重税による閉塞感と社会不安、ロシア革命では終わらぬ戦争による厭戦感からの社会の混乱。

そしてその崩れた秩序から誕生した皇帝ナポレオンにレーニン率いるソヴィエトロシア。
両者は共に秩序が崩れたからこそ台頭しえた。

無論、ボウロにそうした地球の歴史知識はないが、
これまで積み重ねた経験と知識から地球と同じ結論に至り、その歴史的展開を狙っていた。

「それに帝国が弱ることはテューレ自身も望んでいる。
 つまり誰も困る事などないわけだ、帝国自身を除けば」

そう結論付けて嘲笑する。

「なるほど!
 貴様にはこき使われているから、
 文句の一つ二つを言おうと思ったが久々に良い話が聞けた!」

ボウロの回答にウシクが大笑いする。
人間至上主義的な政策を掲げる帝国が弱ることは、
様々な種族が混じっているがゆえに「半端者」扱いをされたハリョからすれば痛快この上ない。

「今晩は気分が良い!
 この高揚した気分を発散しに、
 少し早いがベッサーラの人間を殺しに行くとしよう!!」

言い終わるよりも早くウシクは姿を瞬時に消した。

「・・・行ったか?
 ふん、戦士とやらは血の気が多い」

しばらく人気がなくなったのを確認してからボウロが呟く。
先ほど帝国を嘲笑したのと似たような響きを含ませている。

「だがハリョは使える、せいぜい俺のために頑張ると良い。
 しかし――――さて今後のことだが、生き残るのは俺か?帝国か?それとも門の向こうにある国か?」

いずれにせよ、
帝国、異世界、ハリョ、何もかもを利用してのし上がる。

そんな黒い情念をボウロは内心で吐露した。




コメント (1)

おススメSS 銀さんのお嫁さんは艦娘でした

2018-08-22 23:36:08 | おススメSS

銀さんのお嫁さんは艦娘でした

艦これ×銀魂という想定外のクロスオーバー作品です。
しかもあの天パがよりにもよってロシアの某戦艦とケッコンカッコガチという話です。

SSの構成として基本ノリは銀魂のギャグ時空で話は進みます。
始まってから一か月経過しておらず今後のさらなる連載に期待できます。

ぜひ見てください。


「まぁ、私が惚れたのはそこだけじゃないさ。こいつは普段こんなチャランポランだが、優しくて、強くて、誰よりもお人好しで、他人の為にすぐ命を投げ出す。全く、Дорогойは知り合ってすぐの者も大事な者の中に入れてしまうんだからなぁ、無茶するなと言う本人が一番無茶をする始末」
「グッ!」
 
 
銀時は最後の言葉が結構心に響いたらしく、苦しそうに胸を押さえる。
そんな銀時を見たガングートは笑いながら
 
「だがな、それをすべてわかった上で、私はこいつと結婚したのさ。だから
 こんなチャランポランな夫とチャランポランな嫁だが、これからもよろしく頼む」
 
ヤベエエェェェェェェエエエエエエエ!!!!!!
マジでか!? マジでか!?
もう思った以上にベッタベッタのベタ惚れだったアァァァァァァアアアア!!!!!!
なんかクールな人かと思ったら物凄く銀さんにベタ惚れだったアァァァァァァアアアアァァァァァァアアアア!!!!!!
 
「(銀魂どこいったあアァァァァァァ!?
 頼むからいつもの乗りに戻ってきてくれぇエエェェェェェエエエエ!!
 肝心の主人公が顔どころか耳まで真っ赤にしてしまった俯いてるよ!! あんな銀さん二次小説でもなかなか出てこないよ!!)」

「…………………ヒロインどころか人間として失格アル」

「へ?」

「俺、今の今までお妙ストーカーしてた自分が恥ずかしい。これじゃぁ新撰組、いや、ゴリラに顔向けできねぇ」

「え?」

「新ちゃん、ごめんなさい。こんなダークマター製造械、あねとして失格ね」

「(姉上はダークマター作ってる自覚あったんだ)」
  
全員が罪悪感で体が潰されそうになる。
そしてこれがギャップ萌えと言うやつなのか?
見てるだけで胸焼けがする、てか糖分吐きそう。
てかこれ銀魂的に大丈夫かよ。
えぇ~~…………

……………………え?マジでどうしよ
ガングートは顔を赤くした銀時の顔を見てクスクスと笑う。
銀時は、うるせぇ、と言いながら顔を隠す。
まだイチャツイテル。
続くのこれ?
 
 




コメント

おススメSS 桜セイバーをあの漫画に放り込んでみた(仮)

2018-07-29 21:08:55 | おススメSS

桜セイバーをあの漫画に放り込んでみた(仮)

FGOとるろうに剣心のクロスオーバーSSです。
恐らくだれもが一度は考えたであろうネタですが、
今のところそれをSSとして表現しているのはここだけです。
文章のレベルも高いですが2話で更新が停止しているのが残念な所。



緋村剣心はのほほんとした笑顔で肉を口に入れ……
 
「はい!! お客さんお水です!! 慌てて食べたらいけませんよ」
 
沖田さん霊衣解放 赤べこ従業員の和風エプロンスタイルで颯爽と登場!!
 
「こふっ!!」
 
飲み込もうとしていた咥内の肉が変なところに入った。
いきなりのクリティカルヒットが剣心に叩き込められた。下手したら即死だったかもしれない。紙一重。
これほどの衝撃は幕末の戦場ですら喰らったことはない。
こんな隠し玉を持っていたとは、油断した。
きさま自分の年齢を考えろ。お前確か斎藤よりも歳う……
 
ガッと剣心の肩を掴み

「おひさしぶりですね 緋村さん~~会いたかったですよ~~。
 え?相変わらず若くて美人?アハハ!! やだなぁ照れるじゃないですかぁ。まったく緋村さんてばぁ!!」

目が笑っていない笑顔でブンブンと剣心を揺さぶる沖田。
十年の歳月の間に読心も会得していたのか?
 
「お、おろぉぉ……」
 
「えっ?エプロン姿の沖田さんがかわいくて思わずときめいてしまったですって? 
 やだなぁ緋村さん!! 相変わらず上手なんだから」
 
お盆で口元を隠すようにして照れて恥じらう新撰組一番隊組長……
鮮血を浴びて冷酷に嗤うような非情の人斬りが頬を染めて照れる乙女のような反応である。
 
「ん?昔を思い出してしまって二人っきりでお話をしたいですって? 
 緋村さん 私を口説くつもりですか?あははは!!!! いいですよ丁度休憩時間ですし。
 お妙さん!! ちょっと出かけてきますね、行きますよ緋村さんデートです。デート!!」
 
剣心を脇に抱えて縮地で店を飛び出していく沖田。
沖田総司恐るべし……剣心は薄れゆく意識の中でそう思った。
 
「「け……剣心!!?」」
 
一瞬の間の訳の分からない妙なコントで
薫と弥彦は何が何だか呆気にとられてしまい気が付いたときには剣心は連れ去られた後であった……





喪女なアラサー沖田さんかぁ・・・いいね!





コメント