里の家ファーム

すべて無農薬・無化学肥料、不耕起栽培の甘いミニトマトがメインです。完熟したミニトマトから作る無添加ジュースは逸品です。

里山の「価値」

2014年09月30日 | 社会・経済

日本総研・藻谷浩介氏 「安倍政権は経済的な“反日”の極み」
2014年9月29日 日刊ゲンダイ

 アベノミクスを批判する専門家は多いが、「(無謀な金融緩和を止められない自分の無力を)懺悔しなければならない」(9月14日毎日新聞)とまで語った人は珍しい。「金融緩和の頓挫した後の世界を生きていく時間の長い若者よ、...集団幻想を抜け、事実を語ろう」とも。痛いところを突かれたせいか、安倍首相は「アイツだけは許さない」と怒っている。さっそく、講演会場で直撃した。

■相手をケガさせて「クスリを買え」という手法

――「安倍氏と直接の面識はなく、好き嫌いで批判しているわけではない」と語る藻谷氏。氏が指摘するのは、「アベノミクスの成果」に実体がなく、円安の副作用ばかりが大きくなっているという事実だ。

「原発が止まったから、火力発電所用の石油輸入量が増えて貿易赤字国になった」「国富を流出させないためには再稼働が必要だ」という話を、多くの人が信じ込んでいる。とんでもない話で、真犯人は政権が自分で誘導している「円安」です。

 確かに日本の輸入は野田政権の時に66兆円、そして安倍政権の時に77兆円と、1年間で11兆円も増えました。石油・ガス・石炭はそのうちの3兆3000億円、つまり3割で、7割は食品や雑貨やスマホなど、燃料以外の商品の輸入額が円安で膨れ上がってしまったものです。

 燃料代3兆3000億円の増加も円安が原因で、原発停止が理由ではありません。原発は野田政権当時から全部止まっていたのですから。日本の石油や天然ガスの輸入量は国民や企業の省エネ努力のおかげで、原発事故前の2010年も、安倍内閣の昨年も、2億5000万キロリットルと横ばいのままなのです。

 経産省は原発を全部再稼働すれば、化石燃料の輸入額を1兆6000億円程度減らせると言っていますが、昨年の貿易赤字は8兆5000億円ですから焼け石に水。自分で円安にして日本を大赤字にしておいて「原発再稼働」というのは、相手を転ばせてケガさせておいて「さあ、クスリを買え」というような話です。

■いつの間にか中東に貢ぐ国に

――その結果、日本はどれだけ国富が流出しているか。円安に株価上昇で浮かれるのはあまりにも能天気だ。

 国全体で「赤字がかさんでいる」のは、企業や個人の損の合計が、それだけ増えているということ。特にガソリンや電気を使っている企業や個人の儲けがどんどん減っている。株価の上昇で儲けて喜んでいるのはごく一部の人たちで、多くの人はひたすら、中東諸国に貢ぐために働く、というようなはめになっています。

 株が上がったと浮かれている人は、「国全体が赤字になっても、自分だけは儲けることができた」と喜んでいるわけですが、それを「政権の成果」と囃していていいのでしょうか。

 今年上半期の数字から試算すると、今年の貿易赤字は十数兆円に膨らみます。野田政権のときが4兆円台の赤字、鳩山政権の2010年には10兆円の黒字でしたので、日本はものすごい勢いで貿易赤字国に転落しているのです。

 ちなみに輸出も増えています。日本のものづくりの国際競争力が落ちているというのはとんでもない誤解で、今よりも輸出が多かったのは、リーマン・ショック前の世界超同時好景気の3年間だけです。ハイテク部品や高機能素材が売れ続けているからです。しかし、日本全体の収支構造が逆ザヤになってしまっているので、輸出が増えるほど輸入も増えて赤字が拡大するのです。

円安政策が対中貿易赤字を招いている

――安倍首相は中国に対して、高飛車に出ている。しかし、その一方で、対中貿易が極端に悪化しているのは皮肉なことだ。

 日本は中国(香港を含む)に対して、一昨年までの12年間、貿易黒字を続けてきました。鳩山政権当時は史上最高の4兆円近い黒字を稼いだのです。それが安倍政権下の昨年、1兆円の赤字に転落してしまった。日本は雑貨でも食品でも部品でも安いものを何でも、コストダウンのために中国から買いまくっていて、そういう構造が円安で裏目に出たのです。

「中国と毅然と対決する」という姿勢の安倍政権の円安政策が、こうした結果を招いている。対中貿易赤字を招くような政策を経済的な「反日」政策だとすると、「安倍政権は反日の極み」で、「鳩山政権が最も親日」という皮肉なことになる。

――里山資本主義を提唱する藻谷氏は、GDPばかり計算していないで、お金に換算できない価値を見直すべきだと訴えている。そうした発想の転換によって、日本は幸せな国になれると提言している。

 日本は20年前から、1人当たりのGDPは世界20位以内の水準です。失業率も先進国で最低水準なのに、「もっと稼いでGDPを増やさなければならない」と政治家は叫び、そう言えば、支持率が上がる。そのために刹那的な「マネー資本主義」に走っています。その結果、未来のために残さないといけないものまで使い尽くし、今稼ぐために残してはいけないものを残している。具体的には借金と汚染物質です。

 ようやく表に出始めた原発の廃炉費用を上乗せするだけでも、電気料金はさらに上がっていく。でも廃炉費用の負担が本格的に発生するのは少なくとも2、3年後。使用済み核燃料の負担が出てくるのはその先。それまでに任期が来るメーカーのサラリーマン社長は、「取りあえずは原発再稼働で目先の電気料金が下がってくれればいい」と考える。これが「マネー資本主義」の刹那的な発想です。

 マネー資本主義に走る大企業は、人員を減らすことで給料の総額を減らし、原材料を安くするために中国からの輸入量を増やして、配当を確保する。1部上場の大企業は配当を減らすとソニーのように株主総会で叩かれるので減らしません。その分、貿易赤字が増えて、内需は縮んでしまいます。

 アベノミクス以降、日経平均株価は9割も上がったのに、国内の小売販売額は1%しか伸びていない。13年の小売販売額は139兆円で、12年の138兆円とほとんど変わっていないのです。国民や中小零細企業の大多数は、円安で輸入原材料費が上がって経費がかさむばかりで恩恵の実感はありません。

 株が上がって儲けた人がどんどん使えばいいのですが、彼らは金融商品を買うばかりで、国内でモノを買わない。海外にビルが建つだけです。「飢えている人の横で、食べ物を冷蔵庫にしまい込んで腐らせている金持ち」というような行動です。

■仏・伊方式に活路がある

――マネー資本主義に毒されているのは、米国も同様に見える。日本が参考にすべき国はあるのだろうか。

 資源もないのに日本に対して貿易黒字のフランスやイタリアに注目しています。両国とも日本人ほど働いているという話は聞いたことがないのに、日本の方が赤字です。彼らが売り込んでいるのは、ブランド衣料宝飾品に加えて、田舎の産品であるワイン、チーズ、パスタにオリーブオイルなどです。ハイテクではなく、デザインと食文化を売っている。日本だって、里山の恵みをもっと生かして、同じような路線を追求できるはずです。

▽もたに・こうすけ 1964年生まれ、山口県出身。東大法卒。日本開発銀行(現・日本政策投資銀行)を経て、日本総研調査部主席研究員、日本政策投資銀行地域企画部特別顧問。「デフレの正体」など著書多数。

 

コメント

やったぜ!

2014年09月30日 | 日記・エッセイ・コラム

ようやくカウンター(こんなもんしかないのだ)ついたけど、オリジナルの写真ではダメみたいで、こんな画面になってしまいました。

コメント

ついに霜が・・・

2014年09月27日 | 日記・エッセイ・コラム

 ヤーコンの葉っぱ、上の方が霜にやられ黒ずんでいます。
ハウス内の温度計は0℃。ほかに被害はありませんでした。芋掘りをしていると木の葉が舞いだしました。少し強い風が吹くとどんぐりがばらばらと音を立てて落ちてきます。すごい量です。今年のどんぐりは豊作なのでしょうか?こんなにもたくさん、初めての経験です。
 
山ブドウ・ヤナギタケ

コメント

ミニトマト、ご注文いただいているお客様へ。

2014年09月27日 | 日記・エッセイ・コラム
 

 大変寒くなってきました。ご注文いただいたお客様には順次発送しておりますが、収量が少なくなっております。天候不順で日照時間が少なく、日中の気温もさほど上がらず、赤くなるのが遅くなっています。もうしばらくお待ち下さい。

コメント

滝川さ・き・お・り展

2014年09月26日 | スケッチ

27~29日坂の上の美術館。10時~5時(最終日3時)グループさ・き・お・り
協力 大江ミヨ子

コメント

慣れなくて・・・

2014年09月25日 | 日記・エッセイ・コラム

前回の投稿22日になっていますが25日なんですよね。
色々な機能があるようですが思うように使いこなせません。カウンターも貼り付けられません。
 上野ガーデンから層雲峡へ。ひんやりとした空気です。すでにダウンを着ている人が何人か見受けられました。

        

 前に来たのは何年前だろうか?ずいぶん変わった。きれいになった。

コメント

遊んできました

2014年09月22日 | 日記・エッセイ・コラム

 栃木にいる息子が友人の結婚式に参加するために札幌まで来ました。ついでにこちらまで足を運んでくれ、祖父母の墓参りがしたいというので旭川にある墓地へ連れて行き、それから上野ガーデンファームへ行き、さらに層雲峡までドライブしてきました。

             

コメント

久々に雨のない一日でした。

2014年09月21日 | 日記・エッセイ・コラム
穏やかな秋の一日となりました。ニワトリも少し元気を取り戻し、エサを探し始めました。
 
コメント

いやな天気

2014年09月19日 | 日記・エッセイ・コラム
 猛烈な雨、やむと太陽が顔を出す。ハウスを閉めているとたちまち40℃に達してしまう。今日はこの繰り返しだ。ハウスの温度管理、水分管理が大変。でも作物にとっては少しでも太陽が出るほうがいい。霜対策も徐々に進めている。
コメント

今年も無添加ミニトマトジュース作りました。

2014年09月18日 | 作業




ようやく1回目のジュース作りです。これからラベルシートを張り出荷です。ご希望の方はご連絡ください。人気商品のため調整させていただきます。もう一度11月に作ります。10月はどうかな?
コメント

今朝の気温4℃でした。

2014年09月14日 | 日記・エッセイ・コラム
 寒くなりました。朝晩はストーブが欲しいくらいですが、1枚余分に着てグッと我慢です。もう霜が降りてもおかしくない寒さです。それでもミニトマトしっかり頑張っています。日中は日が照ると30℃を超えます。だから今とても甘いミニトマトになっています。イチゴも涼しくなって、赤い実をつけてますが、何せこの時期スズメバチが多く、赤くなりだしたところから穴をあけて食べています。
 周りの農家ではすでに稲刈りが始まっています。今年は豊作のようです。
コメント

これがアベノミクスだ!

2014年09月12日 | 社会・経済
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3545_all.html
是非見ていただきたい。

JKご存知ですか?
女子高生のことです。
JKお散歩いくら?添い寝いくら?ハグいくら?
みなさんの娘さんを考えてください。
こんなものがJK産業として成り立っているのです。
すべてを金に換えてしまう、それがアベノミクスです。
コメント

経験したことがないような・・・

2014年09月10日 | 日記・エッセイ・コラム
 昨夜から今朝にかけてすさまじい豪雨でした。それでも午前中でやんだので、我が家では被害はありませんでした。あんな感じで1日中降られたら大変です。でもまだ安心はできません。明日もまだ雨の予報です。被害を受けられた方にはお見舞い申し上げます。
 もう手遅れなんでしょうがこのまま何もせず、いやさらに加速させる事態は避けたいですね。原発再稼働でCO2削減?それよりも自然の浄化装置、森林と海を守ってほしいものです。もうどんな小さな自然破壊も許される状況ではありません。すでに自然が自然を破壊する状況になってしまいました。辺野古の海を埋めるな!CO2を大量に排出する大規模軍事演習なんかしなくてもいい!
 災害はいつどこでどのように出てくるか予想がつきません。いまだ経済最優先の政策では自分や家族の命、自分の家、地域のコミニティーは、いつ潰されるかわかったものではありません。大事なもの、大切なものを守りましょう。
コメント

秋ですね

2014年09月09日 | 日記・エッセイ・コラム
 朝の気温が10度ほどになり、下回る日も増えています。10℃以下になると割れが出てきます。もう、夜にはハウスを閉める時期になってしまいました。
 うちのニワトリ、この5日ほど卵を産んでいません。ミニトマトのハウスに来て、たくさんいるコオロギを食べ始めました。ピョンピョンと跳ねるコオロギを追いかけは上手にキャッチします。跳ねるものですからすぐ反応してしまうのですね。1日中そんな感じでしたので、おそらく何百匹も食べてしまったのでしょう。只今断食中です。
コメント

食用ホーズキ

2014年09月07日 | 野菜・花・植物

 今日は落葉きのこを採りに行こうと狙ったのですが、毎年たくさん採れるところまで、春の土砂崩れで入ることができませんでした。春のことですからすでに復旧しているものと思い込んでいましたが入ることができず、引き揚げてきました。それで今日は食用ホウズキをご紹介いたします。資料は「旬の食材百科」より。
●食用ほおずきとは

◆ナス科ホオズキ属 (英)Cape Gooseberry (仏)Alkekenge, Physalis

食用ほおずき/鬼灯/ホオズキ/フルーツほおずきホオズキはナス科ホオズキ属の多年草で、日本では観賞用としての方が良く知られています。浅草のほおずき市など有名ですね。

ヨーロッパなどでは食用として栽培されてきました。中の丸い実を食べるのですが、何とも言えない独特で濃厚な甘酸っぱさがあり、それは英語名にあるようにまさにベリー類にも似た味わいです。とてもナスの仲間とは思えないです。その味や見た目から、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」など色々な名称で出荷されています。

香りは優しくほんのりと甘酸っぱい香りがします。アメリカでは、デザート向けの果実として扱われています。日本では扱いが微妙ですね。フルーツと言えばフルーツですが、イチゴなどと同じように分類によっては野菜として扱われます。

日本でもここ数年、珍しいフルーツとして徐々に知られるようになり栽培を本格的に始めた地方も増えてきているようで、今後ますます人気が高まる事請け合いのフルーツです。


◆秋田県上小阿仁村が先駆けとして有名

秋田県上小阿仁村では 1998年頃から食用ホオズキの栽培に取り組み、今では特産として安定した生産を行っています。「恋どろぼう」というブランドもこの地方のブランドです。

◆近年注目が高まり、各地で栽培が始まっています。

食用ほおずきは近年注目が高まり、北海道や長野県「太陽の子」、愛知県の「ほおずきトマト」、その他沖縄や山形県上山市、島根県、岩手県など。まだ、各地の正確な生産量統計データは出ていません。

◆食用ホオズキの収穫時期は7月頃から始まります。

各地で栽培が始まっていますが、おおむね収穫時期は夏の7月頃から始まり10月頃までがピークで、翌年の3月頃まで行われます。一方沖縄では3月頃から10月頃までが収穫時期となっています。ただ、ハウス栽培も行われ、市場には一年を通して出回るようになってきました。

◆最も沢山出回り、美味しい旬の時期は夏から秋です

収穫のピークは8月中旬頃から10月にかけてとなり、この頃が最も価格も落ち着き美味しい旬の時期となります。

■食用ほおずきに含まれる主な有効成分と効用

●脂肪肝予防に効果があるイノシトール
食用ホオズキには、ビタミンBの一種で抗脂肪肝ビタミンといわれるイノシトールが含まれています。このイノシトールは体内の脂肪が肝臓に蓄積しないようにコントロールする働きがあるとともに、コレステロール値を減らす働きがあるとされています。

●ビタミンAがたっぷり

食用ホオズキには活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守ってくれたり、がん予防にも貢献すると言われるビタミンAが沢山含まれています。

●不足しがちな鉄分も多い

成人が一日に摂取すべき鉄分の量は男性で7.5mg女性では10.5mgとされていますが、実際には女性において不足しがちと言われていますね。この食用ホオズキにはそんな鉄分もしっかりと含まれています。





コメント