宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

防災は皆の力と協力で 宮代町で「地域防災合同図上訓練」を実施 埼玉県のモデル事業

2011年01月31日 18時13分20秒 | 宮代ニュース

埼玉県は31日、宮代町のコミュニティセンター進修館で、地震などの場合の地域の防災の担い手となる機関や団体を一堂に会して「地域防災合同図上訓練」を実施した。

地域における防災の担い手としては、自主防災組織のほか消防団、消防本部職員、市町村職員、地域防災サポート企業・事業所、災害ボランティア等様々な機関や団体があるが、これらが一緒になって訓練や研修を行なうことが少ないことから、埼玉県では「イザ」というときに備えてこうした関係機関・団体の合同図上訓練を各地域で行い、意思疎通と交流、実情把握の共通認識を持ってもらいたいとしている。

このためのモデル事業として、ふじみ野市と宮代町で「地域防災合同図上訓練」を実施、その取り組みなどを紹介しながら訓練方法等のノウハウを纏めたマニュアルを作成、それを各市町村に配布して同取り組みの普及を図っていきたい考え。

「地域防災合同図上訓練」の第怪1回は1月13日にふじみ野市で行なわれ、31日は第2回として宮代町で開催された。

午後1時過ぎ、久喜地区消防団、消防本部職員や宮代町職員、地域防災サポート企業・事業所、災害ボランティア、宮代町自主防災組織の人たちが、宮代町コミュニティセンター・進修館に集合。

自己紹介などで打ち解けた後、防災対策を検討する訓練として導入するところが多いDIG(DisasteImaginetion Game 、「ディグ」)と呼ばれる、地図を用いて防災や災害発生時の問題点をゲーム感覚で討議・検討を行なう、災害図上訓練の一手法を用いて訓練開始。

約50名の参加者が6グループに分かれて、それぞれが大きな地図を囲み、地域の特性や問題点などを話し合いながら書き込みを行い、災害が発生したときの問題点を抽出。

この災害図上訓練は「Game」と名づけられているように、、ワイワイと楽しく議論ながら進めていくのが基本。そうした作業で、連帯感が生まれ、信頼関係が育まれるという「人を知る」あるいは「人と出会う」ということが、実際の災害発生時にいきてくるという考え。

知っているようで知らないことの多い周りの様子。地図に公共施設や道路、住宅の様子などを書き込んでいくと「この地域には、警察も消防署も病院も無い。災害過疎だ」というようなことや「自然は豊富だが道路が狭くブロック塀が多い」など、自分の住むまちがどのようなまちなのかを理解でき、災害発生時の問題点などが明らかになり、災害に強い街にするためにどのような防災対策が必要かを検討できる。

さらには、災害時の要援護者。高齢者や障がい者はもとより、外国人あるいは宮代町においては東武動物公園の来客者も要援護者となりえる。

そうした要援護者にどう対応したらいいか。不特定の要援護者を省いて日常的に考えられる要援護者を地図上にプロットしてみると・・・・。

午後1時過ぎから始まった研修・訓練は4時半過ぎまで行なわれ、最後に各グループの検討結果の発表が行なわれた。

自主防災組織の組織率93%の宮代町では、自主防災組織の結成を促進する段階から、いかに各自主防災組織の防災力を高めるかに力点が移っており、さまざまな訓練などが行われている。自主防災組織のなかには、31日行なわれたDIGをすでに実施し、経験済みのところもある。

こうしたこともあって、31日の訓練・研修は自主防災組織と町職員や消防署員などがほぼ同じレベルで検討や意見交換が行なわれ、この地域防災合同図上訓練をコーディネートした関係者も「これまで全国数十の地域で同種の訓練を実施してきたが、こんなにスムーズに進むとはほとんど例が無く、予想外で驚いている。宮代町は防災に対する意識が相当に高いのではと思う」としていた。

なお、同日はテレビ局や新聞記者らも入り、取材を行なっていた。

コメント

宮代町外交官・國府田さんの案内でボビーも宮代通に?! テレ玉「ボビー's スタジアム」で2月12日放送

2011年01月30日 18時25分09秒 | 宮代ニュース

テレビ埼玉の土曜夕方6時半からの人気バラエティ番組「ボビー's スタジアム」の収録が30日、宮代町の新しい村などで行なわれた。

 

同番組は2月12日午後6時30分からテレビ埼玉で放送される予定。再放送は2月14日午後6時30分から。

 

「ボビー's スタジアム」はボビー・オロゴンの冠番組で、ボビーがアシスタントの溝口真央さんと共に様々な事に挑戦するというテレ玉の人気バラエティ番組。

 

30日行なわれた宮代町での収録は、宮代町外交官の國府田マリ子さんがボビーに宮代町のスポットを紹介する形で進められた。

 

國府田さんの案内で新しい村を訪れたボビーが、島村村長から、新しい村の旬の味をプレゼントされ、例の傍若無人な態度キャラを存分に発揮して大暴れ。

 

 しかし、その美味しい味にボビーもめろめろ・・・。

 

 ボビーを懐柔するには美味しいものを与えることと悟った國府田さんは「宮代町といえばあれ」ということで・・・。

 

店内でもボビー節は炸裂

 

周りを笑いの渦に巻き込みながら収録は行なわれた。

 

國府田さんの笑みを絶やさない紹介で、大満足のボビーはすっかり宮代通になったようだ。

 

なお、テレビ埼玉では今回の番組とは別に、2月4日(金)16時30分からの「ごごたま」金曜日コーナー「あなたの街にOh!しかけ隊」で宮代町のアンテナショップ「みやしろ館」などを放送する予定(収録の模様はこちら)。

コメント

マヒワと遊ぶ 宮代町 29日

2011年01月29日 21時14分30秒 | 宮代ニュース
久しぶりに、宮代町でマヒワと出会うことができた。





宮代町で出会うのはこれで二度目だと思うのだが・・・・。





相変わらず、私の整理の悪さを物語るようで申し訳ないが、たぶん。



実は、ここまでは数日前の写真である。夕方に近かったので、撮りなおそうと思って、掲載しなかった。





そしてまた出会うことができた。





何しろ逃げ足の早い鳥という印象である。



ただ、集団(30羽程度であった)で移動するので、目線をきらなければ追いかけやすい。





枝に止まったところをゲット。
コメント

ハナレンジャーやパトカーも登場 宮代町笠原小学校でバザー

2011年01月29日 19時59分12秒 | 宮代ニュース
埼玉県宮代町の笠原小学校では29日、バザーが行なわれたが、宮代町のヒーロー軍団ハナレンジャーが登場したり、交通安全を呼びかける催しやパトカーが登場したり、一味も二味も違ったバザーに訪れた人は大喜びだった。



笠原小学校にはPTA組織がなく、バザーも保護者の有志が開催している。



それだけに、前例にとらわれないバザーが開催できるのか、毎年趣向を凝らした「面白いバザー」となっている。



今年は、バザーに宮代町商工会の青年部も全面協力。



ハナレンジャーを登場させて子供たちや町民とふれあい、地域とともに歩む商工会をアピール。



売れゆき好調で品切れ状態の「ハナレンジャードロップ」を特別枠で販売するなどのサービス。



また、会場の外では、杉戸警察署からパトカーとともに交通指導員がやってきて交通安全を呼びかけたり



正しい自転車の乗り方を指導したり



通常の物品や屋台販売だけとは違ったイベントもあって、訪れた人を楽しませた。



中でも大活躍は「ハナレンジャー」。



雑草軍団が登場して先生を拉致するところからハナレンジャーショーのスタート、



五人のみやしろ戦隊ハナレンジャーが登場すると、子どもたちは大はしゃぎ。



宮代町外交官の國府田マリ子さんの歌うハナレンジャーのテーマソングに合わせて踊りを披露するなど、会場も一体となって楽しいステージを繰り広げた。



会場は、子どもたちや近在の人が多く訪れ、午後までにぎわった。

コメント (1)

入荷第2弾も10日余りで完売 人気続く宮代町の「ハナレンジャードロップ」

2011年01月28日 21時13分44秒 | 宮代ニュース
宮代産巨峰の果汁を使った「ハナレンジャードロップ」がまたも完売となり、販売元の宮代町商工会では販売を途切れさせないために、どう巨峰果汁を確保していくか、頭を悩ませ始めている。



昨年12月中旬に一般販売を開始した「ハナレンジャードロップ」は、販売半月で売り切れてしまい、あわてて追加販売を今月18日から開始したが、今日28日追加分もわずか10日ほどで売切れてしまった。



「ハナレンジャードロップ」は、宮代町のアンテナショップ「みやしろ館」でしか手に入らないので、購入するのはここを訪れるしかないが、その売れ行きに関係者もびっくり。

次回入荷予定は2月中旬頃。だが、あまりの売れ行きに宮代産巨峰果汁がどこまで持つか本当に心配になってきている。「長期に販売休止としたくない」ということで、手持ちの果汁をできるだけ長持ちさせながら、今秋収穫の巨峰果汁につなぎたいところ。



今のところ、手持ちの果汁で月1回の入荷ペースで6月ころまで販売を行い、7月以降分については、新しく収穫した巨峰果汁を使用する考え。ただ、路地ものの巨峰は秋口にならないと手に入らないため「その間は、ビニール掛け栽培の巨峰の果汁を使用して乗り切る」ことを含めて検討が行なわれている。

また、商工会では、ハナレンジャードロップの限定品版の開発も検討しており、ハナレンジャーのメンバーの一人「さくらピンク」をメインにした桜の時期限定版が当面有力で「桜市」(4月2日開催予定)頃には、明らかになりそう。
コメント