宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨年より16日も早く、定点観察のソメイヨシノも開花 宮代町

2013年03月21日 18時56分10秒 | 宮代ニュース
宮代NOWが定点観察を行っている姫宮落川沿いの観察木(ソメイヨシノ)が21日、昨年より16日も早く、開花した。



この観察木の他の枝の花は、一昨日から開花していたが、定点観察の花は、例年ほぼ同じ位置の枝を選定して観察を行っているため、通常の開花宣言とは違う観察方法をとっていることから、本日の開花とした。



宮代町のソメイヨシノは18日、開花が見られた。今年の特徴は、多地点で一斉に開花が見られたということ。また、その後も開花テンポは早く、各木ともほとんどが開花しており



一部では、3~4分程度の開花となっている木もみられる。



このテンポで進めば、今週末には見頃となる木も。



宮代町では例年、桜の開花に合わせて「桜市」を開催しており、会場となる笠原小学校前には「4月6日の桜市開催に伴う交通規制」を告示する看板が立てられているが・・・・。



また、例年だと、桜の開花時期にはライトアップされ、夜桜を楽しむ人が訪れるが、今年は、開花のあまりの早さに準備が追いつかなかったのか、ライトアップされる気配は見られていない。



宮代町では週明けの25日には各小学校で卒業式が予定されているが、満開の桜の卒業式となりそう。



桜といえば、入学式が定番で「今年の入学式はソメイヨシノでなく八重桜かな」との声も。



「いや、俺も忘れないでくれ」と、ノダフジの蕾が大きく膨らんではいるが、まさか????

コメント

春の嵐の中でも開花 過去最速? 宮代町のソメイヨシノ

2013年03月18日 20時23分51秒 | 宮代ニュース
18日、春の嵐が吹き荒れる中、宮代町のソメイヨシノが開花した。



3月18日現在での開花は、宮代NOWが開花調査をはじめて(2007年)から無論、初めてで、過去最速の公算も。



通常、ソメイヨシノの開花は、特に早い樹が先導するかたちで開花するが、今年は、数本の樹が同時に開花したのが特徴的。



これから、開花に進みそうな蕾も多くあることから、明日にはさらに開花が見られそうで、宮代町のソメイヨシノは木々を一気にピンクに染めそう。



ただ、18日の開花は、強い風の中だっただけに、開花まもないのに、花びらがいたんでいたり、開花が十分でないものなどが多かった。



宮代町では、4月6日に「桜市」の開催を予定しているが、現在の状況では、満開を過ぎた「桜市」ということも予想される状況。



宮代町は、ソメイヨシノに続いて、八重桜の開花が続き、長い間、桜が楽しめる街でもある。



こうした、桜の街・宮代町を十分に楽しんでもらおうと、日本工業大学の学生らが中須用水沿いの桜並木に「桜並木ベンチ」を設置。



散歩や花見、友達との語らいに利用してもらいたいとしている。



このベンチは中須用水沿いに咲く「春」の桜と



秋の「彼岸花」



の両方をモチーフにしたベンチで



宮代商工会青年部の「はなみやしろ」活動と日本工業大学の、若い力がコラボした企画となっている。



奇しくも、両ベンチとも、桜が開花した18日に完成した。
コメント

開花テンポ速まる?! 宮代町のソメイヨシノ

2013年03月16日 20時55分38秒 | 宮代ニュース
東京でのソメイヨシノ開花宣言が行なわれた16日、宮代町の桜も開花テンポが一段と速まり、ほぼ秒読み態勢に入った。



すでにピンクの衣をあらわにして、あとは咲くばかりといった蕾も多く見られ、開花は時間の問題といったところ。



今年の、宮代町のソメイヨシノは、例年見られる特定の樹が開花を先導しているという形ではなく、横一線で、どの樹が開花してもおかしくないといったような、開花下克上といった様相が強い。



いずれにしてもかなり早いテンポで開花の動きが進んでおり、宮代町の桜は、過去最速に近い開花となる見通しが強い。

コメント

ピンクがのぞく 来週には開花か?宮代町のソメイヨシノ

2013年03月14日 20時09分16秒 | 宮代ニュース
埼玉県宮代町のソメイヨシノが開花態勢に入った。



現在の蕾の状況からすると開花までには1週間程度が必要な感じだが、今後の気温によっては、早まることも・・・。



ちなみに、宮代町のソメイヨシノの開花状況は
2008年 3月25日
2009年 3月20日
2010年 3月21日
2011年 3月30日
2012年 4月1日




コメント

蝶が舞い 宮代町の花・ハクモクレンが開く 春到来

2013年03月12日 17時49分16秒 | 宮代ニュース
12日の宮代町地域は、最低気温-2.7度と寒い朝を迎えたが、その後、ぐんぐんと気温が上がり、午後4時5分には16.7度と4月上旬並の暖かさ。このところの暖かさに誘われて、昆虫や木々が動き出した。



宮代町の花は「ハクモクレン」。町のあちこちで大きなハクモクレンの木を見ることができるが、そのハクモクレンが一気に開花。



木の枝を白いベールで覆い始めている。



新芽が吹く前に花を咲かせることから奇妙な名前を頂戴している「ハナノキ」も負けじと開花。「六花」の前の街路樹が美しい。



民家の庭先では「トキワマンサク」が真っ赤な花を咲かせ、春の訪れを告げている。



また、花の開花に伴って、昆虫たちも動き出し、蝶が美し舞いを見せている。



鳥たち(マヒワ)も地上に降りて日向ぼっこ?


コメント