宮代NOW(出来事編)

埼玉県宮代町及び周辺のもろもろ情報

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天満宮の梅は咲いたぞ 日本工業大学一般入試始まる

2010年01月31日 19時56分18秒 | 宮代ニュース
日本工業大学で31日、一般入試Aと特別奨学生入試第2期の試験が始まった。



一般入試Aは、日本工業大学宮代キャンパスをはじめ、郡山、水戸、高崎、千葉、東京、静岡の各地でも行われた。同一般入試は2日まで行われ、明日2日は宮代キャンパスをはじめ仙台、柏、東京、横浜、新潟、長野の各地で2日は宮代キャンパスのみで行われる。



一般入試と並行して、本年度から設けられた「特別奨学生入試」も行われている。第一期は昨年9月5日に行われすでに合格発表も終わっている。今回は第2期。これに合格すると1年次の学費の半額が免除される特典が与えられる。



なお、一般入試Aと特別奨学生入試第2期の合格発表は2月12日に行われる。また、一般入試Bは、2月20日に宮代キャンパスと東京で行われる予定で、2月4日~2月17日の間、出願を受け付ける。



31日の宮代町は13.1度と3月下旬並の暖かさとなり、日本工業大学にある天満宮の梅も一気に開花が進み、



受験生に「がんばれ! 必ず花開く」と声援をおっていた。
コメント

白岡町の興善寺で一足早く「福は内」 でも「鬼はご随意に」!?

2010年01月31日 17時14分59秒 | 宮代ニュース
2月3日は節分だが、埼玉県白岡町の興善寺では31日、一足早く「2010年新春を祝う豆まきまつり」が行われ、近在の人など1000人ほどが訪れ、まかれた福豆を拾って持ち帰っていた。



興善寺の「新春を祝う豆まきまつり」は今年で9回目。年々盛んになっており、午前11時半衆議院議員や県会議員、町長なども出席して盛大に開会式、



小島・白岡町長も、住民による確かなまちづくり・地域活性化に向けた「新春を祝う豆まきまつり」の開催に感謝とエールを贈った。



正午過ぎ、来賓や町内関係者による第一回目の豆まき。山門の上から「福は内!」



だが、興善寺の鬼は「鬼はご随意に!」というもの。鎌倉時代頃、白岡地方を治めていた権力者が「鬼窪」氏だったことから、この地方では「鬼はご随意に!」というユニークな掛け声になっているそうだ。



それもあってか、この日も鬼は山門で威張って見せたり、愛嬌を振り舞いたり、気まま放題の振る舞い。



子どもを抱き上げては、強さをアピール。



だが、この地方の子どもたち、鬼は友達とばかりに笑みを浮かべて記念撮影をする子どもも・・・。



アトラクションに続いては、興善寺幼稚園の園児たちの豆まき



保護者も一緒になっての豆まき



子どもたち掛け声は、やはり、鬼が怖いのか「福は内! 鬼は外!」と定番。



豆まきのほか、さまざまな舞台発表や模擬店などもあって、季節を分かつ節分を前に春が来たような暖かさのなかで、訪れた人はまつりを楽しんでいた。

コメント

笠原小学校でバザー 宮代町

2010年01月30日 20時13分19秒 | 宮代ニュース
宮代町立笠原小学校で30日、バザーは行われ、多くの人が買い物や飲食を楽しんだ。



笠原小学校のバザーは昨年11月開催が予定されていたが、インフルエンザの影響で開催を延期していたもの。



開始の11時前には、約100名ほどが列を作り、開場と共に掘り出しものを求めて、一目散。



瞬く間に売り切れてしまった。



物品の他、餅屋、トン汁など、飲食物や子どもたちのゲームコーナーなどもあって賑った。



中庭では、お茶席や喫茶コーナー、手芸コーナーなどもあって、暖かい陽を受けて、のんびりとしたひとときを楽しむ姿も見られた。

コメント

宮代町でエゾタンポポなど春の野の花が開花

2010年01月29日 19時51分31秒 | 宮代ニュース
宮代町の野の花も早春モードとなってきた。在来タンポポのエゾタンポポの開花が確認されるほか、早春に真っ先に開花するトウダイグサも春の到来を待ちきれないように花を開き始めた。





セイヨウタンポポは冬でも花を開いているが、カントウタンポポなど在来のタンポポは春に花を開くといわれている。その在来タンポポの一つ、エゾタンポポの開花が確認されているもの。



ただ、エゾタンポポなど在来タンポポとセイヨウタンポポとの交雑が進み、現在では必ずしも在来タンポポ(と思われるタンポポ)の開花が春の代名詞にはならなくなっているともされている。



そうした、エゾタンポポの傍らで早春の野で真っ先に花を開く、トウダイグサも動き出している。



野の花の中で、最初に春を感じて咲く花「トウダイグサ」。この花が咲くと、春の花たちが次々と顔を出し始めるなど、トウダイグサは春の花の先導役を果たす花の一つ。



その、トウダイグサの開花が見られることから春の訪れは近く、宮代町の散歩道も徐々に春の花で埋まっていきそう。
コメント

宮代町は梅の季節です

2010年01月28日 22時38分59秒 | 宮代ニュース
日中の陽射しは春の感じに・・・とは、ちょっと気が早いが、梅の香が漂ってくると、目を閉じれば春。



早い木は、2分から3分といったところ。



散歩の人も「こんなに咲いて、携帯忘れてしまって・・・」と、パチリと出来ないのが残念そうにたたずんで鑑賞。



「ここの梅は早い方なんですよね」と、弾んだ声で説明してくれる人も・・・。



肩をすぼめて歩く冬の散歩から、木々を見上げながら浮き立つ散歩へと季節は春に向かって確実に歩を進めているようだ。
コメント (1)