工場長の製作日誌

模型製作記録とか辺境の記録とか

日車標準車体の電車 その1

2018-07-16 08:43:59 | 今日の製作所
なんだか異常に暑いですね。
中央高地という中信平もやはり暑い・・・とてもしんどいです。



さて、表題の日車標準車体。
ローカル私鉄ファンならみなさんご存知?のバス窓の丸っこい17mの電車です。
・・・「標準」という割に使っていた鉄道は新潟交通、松本電鉄、岳南鉄道、近江鉄道くらいですか?
京福にも似た奴がいたけど、ちょっと違うみたい。

コンセプトは「共通設計のボディーで、古い電車の電装品を流用して安く新車を作ろう」と云う物だと思いますw
車体は昭和30年代らしい作りですが、従前の古い電車の部品を使っているので性能は各車マチマチのようです。




んで、模型の方。
先日入手した16番ペーパー製(ジャンク)です。
ヨシダ模型のキットを組んだもので3両セット。
モハ(T)パンタ側が2枚窓非貫通、クハ(なぜかM)が両側貫通・・・オレンジ一色に塗られたフリーランス。

写真の新潟交通モハ24と、松本電鉄モハ+クハにしようかと思います。
・・・元々がゆるいのでゆる~くw





まずは使わない部品などを解体。
前面ゴム幌や、新潟交通にする車体は屋上機器一式。



まずは良い感じに外れてくれました。


この自由形を実在の車両にするには前面のすげ替えが必要・・・と







バスッと切断w
デザインナイフでカットし、整形してそのままアロンアルファで接着しました。
・・・このヨシダ模型の車体に使われている紙(プレスボード?というらしい)は非常に頑丈で助かりました。

あとはパテ盛り→切削の作業・・・




ちなみに動力はこんな感じw
正直正体不明ですが・・・たぶん海外製品だと思います。
調子が良いのでウエイトを調整してそのまま使えそうです。


つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上田丸子の木造電車を作る その4(完成)

2018-07-08 19:14:27 | 今日の製作所


梅雨が明けた途端に大雨になったり。
空梅雨よりは良いですが、それでも川から溢れる様ではいけません。
・・・明けたと見られたダケかも・・・まぁここではどうでも良い事。

さて、長工期化していた上田丸子のモハ3331、いよいよ完成です。





パンタグラフを載せる碍子はあんまり見ない横碍子のタイプ。
プラ棒を凹型に削って表現しました。
凹んだ部分にパンタを嵌めこみます。



今回は配管にもチャレンジ!
真鍮線は炙ると簡単に曲がるようになるよ、というのを教えてもらったので試してみました。
・・・屋根や雨樋への追従性がかなり向上wなぜ今までやらなかったのか・・・
ということで案外アッサリできました。
固定は手持ちのタヴァサの割ピン(N用ですが)を使っています。

実車の写真を見ると、解放テコが結構目立つ存在・・・
前面にあって大きな個性を発揮していますので、なんとか再現してみました。



プラのチャンネル材から削り出しで受けを作製



こんな感じで上作用式の解放テコを取付。
・・・実車も車体からではなく、露出した端梁から部材を立ち上げているようです。



こうして外装は全部OK
ヘッドライト・テールライトはエコーの部品です。



内装は色々考えたんですが、ウエイトが結構大きく車内に見えてしまうので表現は断念。
運転室仕切りと手ブレーキのみとしました。
写真を見ると、少なくとも晩年は完全な仕切りのある「運転室」だったようです。
・・・12m級のこの窓割りにしてはかなり広い運転室に思えますw
実物が何色だったか分からないのですが、グレーに塗っています。


そして塗装







台枠以下とパンタはいさみやプライマー黒、車体はGMの18番と21番、屋根は調合したグレー。
・・・混色はあんまりしませんw
上田の電車をみると、屋上機器が青っぽいネズだったり錆止め色だったり賑やかですが、この電車の頃がそうだったのか確証が無いので屋根は単色です。






インレタはキッチンの社紋とアルモデルのナンバー
・・・どっちもN用なんですが・・・汗
でもこの位のサイズのように見えます。

ウェザリングカラーを軽く吹いて艶消し仕上げにして完成!
久しぶりの力作?になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上田丸子の木造電車を作る その3

2018-06-18 07:11:30 | 今日の製作所


(飯田市三穂)

久しぶり三穂をお散歩してきましたが、やっぱりなんだかホッとします。



さて、上田の木造車の続き



車体真ん中に2ミリ厚の板を渡し、M2のネジとナットで床板を固定できるようにしました。
・・・1点ではやや不安がありますが、この程度の小型車両なら恐らく大丈夫でしょう。




窓の保護棒と扉の取手には0.3ミリ真鍮線。この大味な模型にはちょっと細いカモ。
・・・保護棒の脚にはボナのN用の割ピンを使用し、瞬着止めしています。





ランボードもプラの端材など使いそれらしく。
T型ガラベンは手持ちに良い物が無かったので、GM客車キットの床板と屋根のランナーに付属しているガラベンを整形してそれらしい物を作っています。
・・・この手の車両についている小型のモノは大きさはこんなもんだと思います。



パンタ脇のランボードはプラストラクトのチャンネル材を写真のように加工。
・・・手間なので金属で作った方がいい気がしますw




・・・つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上田丸子の木造電車を作る その2

2018-06-04 06:33:41 | 今日の製作所
ボディーが出来てきた丸子線、床板の製作にかかります。





当初はトラムウェイの動力ユニットを使おうかなと思っていたのですが、台車のWBが実物より小さかったり、
延長改造が必要だったりと結構手間がかかりそうなので断念。
定番?の木製床板+日光台車+パワトラという構成になりました。

手元にあったヤマ模型のほぼピッタリ床板のT車用が10㎝ほど余っていたのでコレを使用w
・・・厚3mmの板なら何でもいいと思います。

動力部分は丁寧な工作をするのなら矩形に抜くのですが今回は全く板はナシ(笑
床板の上に通した2mm角棒と下に貼る台枠表現の鋼材で強度を稼いでます。

台車はそれぞれ専用の部材を使って取り付けます。
・・・パワトラのは製品に付属、T台車のは確か別売りだったと思う。
※すべてデッドストック品なので記憶はあいまい(汗


扉部分は車体が厚くなっているので床板の当たる部分を若干削って車体を被せる・・・



車体を作って床板を付けて・・・自作の模型はこの初めてレールに載せる所が好きだったりします。



木造車の特徴のトラス棒
KATOのレールに0.8ミリの帯材、Φ0.6ミリの真鍮線をハンダ付けしてそれらしい物を作りました。





もう一つの特徴、前面に飛出した端梁。
・・・木造車はこれが一番カッコいいと思う。
これは1ミリのプラ材を組み合わせて作製、カプラーと一緒にネジ止めで床板に付ける構造としました。




床下機器は日光の旧国用・・・この電車には大分オーバースペックw
ですが、ウエイトも兼ねてそれらしくゴム系接着剤で取り付けました。

だいぶ電車らしくなってきました。細部のディテールに入ります。
・・・その前に、床板と車体の固定法を考えなくてはw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上田丸子の木造電車を作る

2018-05-27 19:27:52 | 今日の製作所
いくつも同時に工作しているとある程度まとまったらブログ付けようと思うんですが、途中で作業が停まってしまうとどこまでブログにしたか、というかブログ書いたかすっかり忘れてしまうようなモノもありますね・・・

こいつも10月末に工作を始めて年末に作業停止、いつの間にか5月が終わろうとしていて慌てて再開w



TMS633号の小林信夫氏の記事に出ていた図面を基に製作の上田丸子電鉄モハ3130です。
私の16番ペーパークラフトの3作目になります。



材料は友人の香典返しの菓子の空き箱
・・・なんとなくただ捨てるのが勿体無く、ずっと残せたらなと。
いつもは方眼の印刷されたいさみやの車体用工作用紙を使っています。
でもコピーした図面を基に切り出すなら、方眼が印刷されている必要は全くありません。





菓子箱には予めラッカー塗料を缶スプレーで両面、厚めに吹付けます。
これでタミヤセメントで頑丈に接着できるようになります。
今回は余っているクリアラッカーを吹きました。
コピーした図面を余白を残してカット、四隅をテープで固定してデザインナイフで切り出します。
・・・内板と外板それぞれどの線を切るか考えて切りましょう。

※小林氏の工作法では外板のみこの工法で切り出し、それを内板に張り付けた上で内板の窓などを切るようになっています。これだと定規を当てる際、外板の厚み分の空間が出来てしまい正確にカットできないと思うんですが、まぁ慣れなんでしょうね。
一度試したのですが中桟の無い1枚窓なら十分いける工法だと思います。※



カットした車体
木造車の特徴の腰板の短冊状の板表現は、ボールペンでなぞって表現しています。
・・・ちょっと太すぎました。汗
前面は大きくカーブした半流型
折角内板を後から接着するので窓枠は実車通り平面に・・・
この場合、折り目は普通のカッターの背で筋を入れて定規を当てて折り曲げますが、窓と窓の間はキレイに曲げるのは難しい・・・
その場合は窓と窓の間だけ切ってしまうとキレイに曲がります。



内板と外板をタミヤの流し込み系セメントで合わせたら箱組みします。
骨は2ミリ角棒



扉の下部分は裏にさらに1枚紙を当てているので切欠いて、木工ボンドで接着





私はこんな具合で骨を入れます。
これで幅が決定します。
要所はアロンアルファで完全固定。





前面はそれに合わせて曲げて接着。

これで箱になったので続いて屋根を・・・



のぞみ工房の「ほぼピッタリ屋根板」を使用。
ピッタリではないwので、両脇をカットして幅を詰めています。
80番~の粗い紙やすりを使っての地味な作業です。







削り出したら一度溶きパテを塗布して削り、車体に接着。
今回試しに「溶きパテによるザラザラ屋根」表現をやってみました。
溶きパテをシンナーで薄め(パテが古いから大分濃くなっているせいもある)、筆で塗って上からトントン叩いて柚子肌にしていきます。
筆の硬さとパテの濃度に影響されますのでまだまだ修業が必要ですね。

※今回、屋根板を車体に接着する前に整形をしていますが、これだと端部が削りすぎになる恐れがあるので、車体と接着してから整形した方が良いかもしれません。
・・・そうすると車体を傷つける可能性もありますが・・・



つづいて車体の凹凸を。
雨樋(1段目)と扉両脇の縦筋?は車体を切り出した紙の余り、後はプラ帯材を使って表現しました。
・・・ラッカー塗料を塗っているのでプラ材はタミヤセメントで貼り付け可能です。







使っているのは写真の材料
※0.75と0.8はメーカーが違うというだけでほとんど同じ、むしろ0.75の方が幅があるように見えます(汗
実物の写真を見ながら厚さなど考えて表現しています。




パンタグラフは中古屋さんで入手の大型の物を使用予定。
・・・Nのパンタと違って非常に高いので、これが電車を自作する際のネックだと思います。


つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加