工場長の製作日誌

模型製作記録とか辺境の記録とか

ハセガワの江ノ電108号

2021-09-18 20:09:01 | 今日の製作所
最近江ノ電にはまっているので、これを逃したらもう一生組立てないだろうwものを仕上げました。



ハセガワの1/80のプラモデルです。
2008年?の再販時に購入したものと、ジャンクで仕入れたものの2両分
・・・当時は連結車200にしたいなと思っていたのですが・・・汗



もはや完成品も出ているし、こだわってもしょうがないでしょと飲みつつ作ることにw
でも1両はジャンクで部品が足りないため、客車化してとりあえず線路に載せます。



客車にする方はヘッドライトを撤去。
床板をベーク板でかさ上げの上、ケーディーのアーチバー台車を取り付けました。
・・・これでも台車とカプラーで結構な値段になってしまうのが16番の辛いところか

ちなみにこのプラモ、妻板と側板の継ぎ目の処理に泣きますが、それ以外の印象把握は悪くなくおススメです。



動力はアルモデルのアルパワーを使用。
路面電車用です。このキットに使うにはちょっと勿体ないですが、性能が間違いないので採用しました。
他にはモデルシーダのライトユニット、IORI工房のトロリポールを使用しています。





ジャンク品についていた動力用のプラ製床板と、アルパワーにセットの床板を組み合わせて床板を製作しました。
実は100形を実見したことがなく、高さのイメージが不明・・・
好みで結構床を低くしてみました。



客車の方はステップを延長。
・・・ファインスケールなんでしょうが、幅が思い切り狭く、台車がはみ出す感じになります。

そして塗装
江ノ電の方はGMの30番と4番、シルヘッダにはリベットがありマスキングが困難なので先に緑を塗ってからクリームを塗っています。客車は艦底色で塗装しました。



屋根はエアブラシでグレー濃淡仕上げ、最後に半光沢とつや消しでコートしました。
・・・さすがハセガワ?古いデカールでしたが問題なく使用できました。



配線し、床下と合体して完成です。
窓ガラスはキットの嵌め込みパーツは使わず、HO用の窓セルを使用しました。
・・・この辺はプラモデルならではのパーツなのかもしれません。



自由形の客車の方はアルモデルのインレタでホハ28としました。
手持ちの電車は色がバラバラなので、どれに牽引させてもイケる?ように茶色塗装です。
・・・小型のDLやSLに牽かせるのも楽しそうです。
路面電車を客車にする事例はいくつかありますが、連結可能に改造するので結構コストがかかりそう?
ちなみにナンバーの28は上田丸子のサハ28にちなんでいます。





おなじみの江ノ電108号
キット+動力+ライトユニット等で完成品とほぼ同じ価格となりもはやキット組む意味…という感じですが、自己満足ですw
いっそ雄勝線みたいなフリーランスにするのもよさそうです。
パワトラ+ライト省略ならグッとコストも抑えられます。

ということで、また一つ積み(罪)が成仏しました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GMの江ノ電600をつくる その2 完成

2021-09-05 06:32:43 | 今日の製作所


当初一週間で作りたいなと思っていたのですが、動力工作により2週間かかりました。。。

このキット、動力は特に指定なし(古い時代は小型のブリル動力が指定だったようですが。)なので、そのまま作るとT車しか作れません。
なるべく素組…と考えていましたが編成にするなら当然動力化
なのですが、何を使うかが問題。
ベルニナ動力が簡単ですが、シッカリしすぎてどうにも路面電車感が無さすぎます。



少し悩んでジャンク品から組み合わせて作ることにしました。
使用したのは鉄コレ12m動力の床板、軸距Cの動力台車、Bトレ用ボギー動力のシャフト。
床板はキットの床板に組み込みました。
・・・この素材はプラ接着剤が使えるので助かります。

T台車からの集電がいつも悩むところですが、今回「銅箔テープ」を入手
工作が短時間で済みました。







所定の寸法にカットして貼るだけです。
床板に穴をあけて集電のバネを貫通させて・・・というのがセオリーですが、面倒なので銅箔テープを脇を通して下面に回し、集電することにしました。



T台車はGM製品に適当に帯板+真鍮線で集電板を製作、上に出た真鍮線と、カプラー用のバネを短くした集電バネで集電対応に加工しました。





銅箔テープ、ハンダも効いて便利です(皆さん既に知ってますかねw



カプラーはアーノルドカプラーを延長して取り付けました。
オーバーハングが長く、急カーブではお尻をグンと振るのがお気に入りとなりました。



ということで床下はこんな感じ。
床下機器は付属のパーツは幅などが合わずそのまま使えませんw
レザーソーでうまく嵌るようにカットして取り付け。

黒で塗装し、ダークグレーを筆塗り(ムラをわざと付ける)、茶色でウェザリングしています。



ダミーカプラーは鉄コレのもの
わざと変な方向を向いているように接着(写真でもたいがい斜めになってるw
両脇のステップ?は旧国用の床下機器パーツについていたものです。
※よく調べると651には付いていないようなので慌てて外しました・・・





ということで、塗装印刷済みの江ノ電600、完成です。
塗装済みなのでなるべくキットに忠実に作っています。
なので両運仕様ですw

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

GMの江ノ電600をつくる その1

2021-08-28 14:15:23 | 今日の製作所


最近は晩酌しつつネットサーフィン(前からかw
アマゾンで見かけて思わずポチってしまった絵本
とっても懐かしいモノです。

さて、この中にも登場する(最晩年?)600形を作ります。



今回使うのはこの塗装済のもの
・・・TOMYが発売したシミュレータCDに付録のレアなものです。
以前から1両分持っていたのですが、今回意を決してもう1両分を確保。
いよいよ組立て開始します。



エナメル溶剤でナンバーを消し、1両を651に変更。
このキットは実車と異なる点は多々あるのですが、縦樋付き、戸袋窓1枚という特徴があるので601+651の最晩年の姿をプロトタイプにしているようです。
・・・この少し前に602→651に改番されているようです。
※この時603+604は廃車済なので652というのは存在しない。



いつも通りに組立て。
塗装済みなので接着に少し気を使います。
GMキットにしては合いは良好(でないと塗装済みにできませんが・・・



Hゴムや前面のアルミサッシを色差し。
いつもラッカー塗料でやってますので、かなり気を使います。
ちなみに黒のHゴムは最後にポスカで仕上げるので、多少足りないくらいにしています。



いつも屋上機器は筆でなんとなく塗ってしまうのですが、今回ランボードをムラなく塗るのが難しそうだったので、缶スプレーでぬりました。
・・・マスキングに時間はかかりますが、仕上がりはかなりスッキリします。



そしてクレオスのウェザリングカラーで茶色く汚してつや消しトップコート
ボディーは完成です。

次回は下回り。
ベルリナ動力が楽チンなのですが、路面電車の華奢な感じが無いのでちょっと考えています・・・
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鉄コレ第2弾新潟モワのNゲージ化

2021-08-21 18:26:33 | 今日の製作所


実に今更と思っていたのですが、ちょうどいちかわ師匠とネタが被っていますw
でもこちらはほぼ塗替えだけのお手軽工作です。

・・・最近そればっかだなw



最近色々まとめて入手した中に混じっていたジャンク品。
目的はコレではなかったのですが、動力も付いていたので早速仕上げることに。

動力は不動でしたが、なぜか軸が1本曲がっていたためこれを交換したところ、あっさり復活しました。
あとはグリスがギトギトだったので清掃。
銀色で目立つモータとウエイトを黒で筆塗りしておきます。
・・・こういう細かい部分が結構大事です。

鉄コレ第2弾の新潟モワ51は、こんなものが製品化!だったのですが、
動力に合わせてか幅長さ共に大きく、派手な塗装とツルツルピカピカな屋根が正直かなり残念でした。
当製作所では発売後にレボリューションの金属キットを組み立ててほぼスケールのモワ51を作ったくらいです。
https://blog.goo.ne.jp/matsumoto-works/e/31fb1e4786ddf96787263522ad330709
これとて6年前・・・w



今回は自由形の「うちの子」仕様とし、屋上も精密化してみました。
実車にはない前後に渡る配管と、リトルジャパンのガラベンを追加。
避雷器もただの円柱だったので、GMの西武451用を利用しました。



貨車の方はそのまま
車輪は金属車輪に交換されていましたが、物凄く目立つのでスポーク車輪化したいなと
でも我が社はお金がないwので元のプラ車輪を黒く塗ってさび色でウェザリングして使用します。
車内には釣り用の錘を載せて脱線しないようにします。
・・・カプラーは曲線通過性を優先してアーノルドのままとしました。

車体はワフの窓ガラスを入れたくらいです。
あとはワの屋根をジャーマングレーに塗装、全体をウェザリングカラーで汚してつや消し仕上げです。



モワの塗装はいつものツートン
ですが、単調になるのを避けて金太郎塗りにしてみました。
いつもはクリーム+赤ですが、今回はクリーム+茶色に。
こちらはいつも軽便電車に塗っている色です。
最初は雨どいのみ茶色にしましたが、イマイチだったので幕板も茶色に。
・・・自由形はちょっとでも気に入らない所があると後々大事に出来ない気がするので、手間でもやり直しました。



前面窓は嵌め込みのパーツがありますが、凹凸が目立つので今回は使わず、普通に塩ビ板を裏から貼りました。代わりに窓の縁を黒で塗っています。
・・・2枚上の写真は縦の部分、塗り忘れてますw慌てて修正w

ちなみに写真に写る金属板は金太郎塗りの秘密兵器です。



表記類も適当に手持ちのインレタから
これがあると一気にリアルになります。
仕上げは貨車と同じとしました。





モワに比べて貨車が小さいので、普通の国鉄貨車の方が似合うかもしれません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一畑電鉄の鉄コレを仕上げる

2021-08-01 09:55:56 | 今日の製作所


最近鉄コレばっかりいじってますが。。。
個人的に鉄コレの中でもかなりの秀作と思う一畑デハ1を仕上げました。
といっても車体をウェザリングして屋根を塗っただけ。



デハニ52はちょっと透け気味の車体が惜しいですが全体にスミ入れしたところそんなに気にならなくなりました。屋根と床下をクレオスのジャーマングレーで塗装。



デハ3の方は以前仕上げたものがあるので、キッチンのデカールを使用してデハ6にしてみました。
よく調べると、デハ6は最後まで窓が木枠だったようなのですが、それは気が向いたら加工しましょう・・・笑



パンタグラフも銀色で塗り、タミヤの墨入れ塗料をエアブラシで吹いて汚れた感じに。
前作(5年前)のデハ3は屋根を明るめにしたので、だいぶ印象が違います。
実物でもローカル私鉄の場合、屋根色はかなり差があるのでこれはこれでアリかなと。
仲良く3連で活躍できそうです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする