波佐見の狆

A private fansite for Elliot Minor, the Heike, etc.

さくらんぼとスイカ~!<残暑座談会>

2022-08-16 22:33:08 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

     <カバー写真:懐かしのフォトNo.3 ぱぱの初代の車ギャランを廃車にした日。ボンネットに乗って>

光くん】はいはーい、残暑お見舞い申し上げまーす。みなさん、お盆休み、いかがお過ごしでしたか?ぼくんちなんて、どっちみちみんな年中休みだしぃ、、相変わらずで、なんてことないんですけどね、ここいらで、ちょっと久々の座談会といきましょうか!

今日はぼくがMCさ。

【十兵衛】ウオータークールクロスおべべ、おそろー!やっと作ってくれたさー-!さくらんぼ柄だよ!肩線ありでーす。でも、にーちゃんのだけ、ぽっけがついてる!ぼくのは?!

【光くん】ふふふ。ままがさ、ぽっけをつけてみようとか言ってさ。まずはぼくのにつけてみたんだけど、、なんだろ、この生地柔らかいので、手縫いでつけるとつっぱるとか言ってさー-解いて付け直したりしてまごついて。で、時間かかっちゃうしね。ぽっけは後付けもできるからさ、とにかく、急いでぼくのとじゅーのを二着おそろで完成させたってわけ。

十兵衛】ふーん、まあいいけどね。おかあちゃんからのアドバイスで、ぼくのは、ちょっと丈が短めです。若くてクールでしょ!

それにしても…どうしても、おかあちゃんや、みゆきさんが作ってくれたおべべのほうが、体形へのぴったり具合も、着心地も勝るんだよね。お母ちゃんとは、同じ型紙、みゆきさんとは、同じタイプの生地で作ってるのにねえ、どーしたもんかしら、この違いは・・・・

【光くん】だってそりゃー、大ベテランさんたちのスキルとは比べ物にならないよー――ままが100%手縫いだってこともあるかも?しれないけどさ、仮に、おかあちゃんやみゆきさんが、これと同じデザイン同じ布で完全手縫いで作ってみたとして、やっぱり、仕上がりはやっぱりまるで違うと思う。

でもさ、へたっぴいでも楽しそうだから、いいさねー!おかあちゃんからの応援お言葉:「数こなして練習積むうちに、だんだん上手になりますよ!」

【十兵衛】ちなみに、ミシンも出しといてとにかく使ってみればいい、っておかあちゃん言ってくれて、ままも、そうですね!なんて言ってたけど、結局どしたのかな?

【光くん】うーん、まだクローゼットの隅っこに置いたまま出番がないよ・・・ぐらんまが元気なころ作ってた夏用ワンピースとかがいっぱいあってね、腰から切ってブラウスにリフォームしようとか、言ってて、ミシンでやりたいこともいろいろあるみたいだけど・・・

【十兵衛】あーっとお、話し変わってえ。。。この頃有田のドッグランに行かないからさ、毎日お庭ランだよね!にーちゃんも僕を追っかける追っかける・・・

【光くん】ふふふ、ぼくがかっこよくかっ飛びしてる瞬間を、見せたいのにさー-このブログに動画を貼る方法を、ままが知らないし、動画から静止画を切り出す方法をこないだ習得したみたいだったけど(こちらの記事のぼくのかっとびは、切り出しです)、またわかんなくなったみたいで、結局動画貼れません。そいで・・これ見てよ。ぼくの後ろあんよがぴょーん!しててそれなりに躍動感伝わんない?

【十兵衛】おおー!なんか、いいねえー。あすりーとみたいだねー

光くん】どや顔~ ぼくの勇猛な?スイカ狆っぷりも、お見せしたいところだけど、これしかないよ。ぱぱのお膝をちょんちょんしてるところ。

十兵衛】こんなんじゃないよねー-にーちゃんたらさー-ままがスイカを冷蔵庫から出す時点で、もう狂喜乱舞でままにぶら下がっちゃって!ぼくだって、たじたじになるくらい。

【光くん】あのさ、十兵衛来てから、ぱぱがスイカをくれる量がぐっと減った!ぼくが小さいころなんて、こうやってがっつかせてくれたのにな~~(こちら

今なんて、ほんの何切れかしか、くれないんだ!ジュースも飲ませてくれないしー-

【十兵衛】えっ!こんなにもらえてたのー?? お顔ごとスイカダイブ~~!皮までがっついてーぼくもやりたいよー-

【光くん】二人でダイブしたら際限ないし・・ぽんぽんゆるくなっちゃわないようにってさー-

【十兵衛】そういえば、ぼく見ちゃったんだけどお・・・スイカ柄のリップル生地もあったよね?

光くん】見ただろ?!ままはねーこれ3年前の夏に買って、ずうっとしまい込んでいたんだよ。次はこれでおそろ作ってほしいよねぇ。

【十兵衛】えっ!!3年もほったらかし?!ままったら、いくら忙しかったからってさー

【光くん】3年前の夏ねー-Cambly のレッスンで、ままが大好きだったイギリス人K先生にもさ、この生地を見せていたんだよ。

【十兵衛】えー――なんで英語の先生に見せんの?

【光くん】K先生は、わんこも好きで、ぼくのことも、Kou-kunといって覚えてくれて、よくネットごしに声かけてくれてね、ぼくもご挨拶したっけね(こちら)。で、ちょうど、日本人は季節感を大切にするっていうトピックでままがエッセイを書いたからね、ままが、具体例として、ぼくのおべべもこうして季節ごとに作るって言って、夏だからスイカパターンですってこの生地を見せたんだよ。先生、めっちゃ感動してたっけね!

【十兵衛】そうなんだ!!いい先生だったね。今ままはその先生に習ってないの?

【光くん】うん、体調悪いので、お仕事休みますって連絡あってからもう長いね・・・どうしてるのかしらって、ぼくも思い出すことあるんだぁ。この布とK先生の想い出がリンクするね。ともかく、おそろのスイカおべべ着たいよね!

【十兵衛】うんうん、まだとりかかってないの?夏もうすぐ終わっちゃうよ!

光くん】ほんとにねー―――!というわけで、今日はこのへんでね!みなさんも、体調管理に気をつけて過ごしてね。

 


7月のぼくんち(十兵衛れぽーと)

2022-07-24 17:29:43 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

<カバー写真:懐かしのフォトシリーズ No.2 少年時代の光くん。季節外れですが・・茨城の和田公園にて>

がお~~十兵衛だよ~~!

1か月のご無沙汰でした~~。暑中お見舞いっす。

猛暑とコロナ第七波の真っただ中、皆さんいかがお過ごしですか?

ぼくんち、あいかわらずどこにもお出かけもせず。。。ドッグランだってこの頃行ってないしねーまあ、炎天下にわざわざ有田まで行くこともないし、お庭で、お日様ぎんぎんでない時間帯にばんばんドッグランしてまーす。

・・っていうか、このごろ兄ちゃんも走る走る!すきあり!ってぼくに襲い掛かってくるー--

おうちの中でも運動会さ。

楽しいのはぁ・・・にーちゃんおべべひっぺがし~~~!

ご飯して、スイカのデザートの後は・・・・

ソファでプロレス!(「ワンプロ」って言うんだってね!)

どわあああ!

ぐわっしっ

「負けるもんか~~!!」うぐっ。。逆転。兄ちゃん強し。

ぱぱは、この暑いのに、週に一度はゴルフ。合間に、お野菜作りがんばってまーす。

きゅーりの花きれいだね。

きゅーりが豊作なので、ままが、ぱりぱり漬け作ります。

ままっていえばぁ・・・

1月から週1で通ってるペン字。その書道教室の作品展が、今月ありました。(年一回作品展あるんだって。)

毛筆とペンの力作いろいろ。大人だけじゃなく子供の生徒さんのもあるから、かなりの数ありますね~~。

おっ!ままの作品。なんか金色の短冊が張ってあるよ。「文化ペン字学会賞」だって!!

まじで?やったじゃんー--!

この年まで生きてきて、字で賞状なんか頂いたの、生まれて初めてだよねー--うっ、うっ。

「牡蠣殻」とか「皺」とか「嗤(わら)う」とか、超難しい字もあって大苦戦だけど、なんとかまとまったみたいね。

ちなみに・・・

書道も、茶道や舞踊みたいに、流派(会派)ってのがあるらしい。ままのお師匠さまの教室は「文化書道学会」(呉石流)というところの佐世保支部なんだって。それで、ままがいただいた賞も「文化ペン字学会賞」っていうんだね。

お稽古事ってのは、、ひたすら先生の真似をして、何度も何度も同じことを練習し「型」を自分の頭と手に叩き込まなきゃいけないんだって。ままみたいに、生まれついてのど悪筆のひとはー-ふつーの人の何倍も修行しないと上達しないね。

楽しい?ってままに聞いたらさ、「うー-ん。。。」ってため息してたさー-

先生はとっても厳しいし、いっぱい注意されていつも凹んでるけどね・・・少しずつ進歩してるさ、今日もファイトぉー-って・・・金曜の午前中、兄ちゃんとぼくが、玄関で送り出してやるのさー-

そういえば、Camblyも、もう3年やってるよね。この頃は、以前のようにイギリス人の先生に固執せず、アメリカ人とかカナダ人とかの先生のレッスンも受けてみたりして、幅が広がってきた感じだね!

そして・・週末のビッグなお楽しみ、「鎌倉殿の13人」!血沸き肉躍ってストレス解消だねー---

そうそう、ホームのぐらんまもね、おかげさまでね、落ち着いてるって。週1で10分程度の面会つづいてるよ。長崎の感染数も激増してるんだけど、会わせてもらえてありがたいね。(アクリル板ごしとかじゃなくて、一緒にテーブルに座らせてくれるんだって。今時そんなとこ、なかなかないよね。)

次のおべべも、ぼちぼちできてきてるみたい。むふふ。お母ちゃん、いろいろとご教示ありがとうございます!

ぼくんちの7月、こんな感じで~す。家族皆元気で好きなことできて、感謝感謝!

みなさんも、楽しい夏を過ごしてね~~♪

 


6月の想い(光くん誕生日、栗くん命日、そして)

2022-06-24 23:10:59 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

<懐かしのフォトシリーズ No.1>

今日のカバー写真は、栗之介と恵之介です。今後、いろんな懐かしい写真もどんどんカバー写真に使っていこうと思っています。USBやDVDにしまっておくにはもったいないし・・・いつまでも眺めていたいから。

                                                                                                                                               

エリーユキママさんが、「6月はいろいろな思いがつまっています。」とおっしゃっていました(こちら)。

そういえば、私もいろいろと。

まずは、、今月前半に私自身の誕生日が。何事も、体、こころにずしっとくる度合いがますます強くなるお年頃。

二年前の私の誕生日が、この家の引き渡し日でした。

そして、本日25日は光くんの誕生日!

光くん、9歳になりました!

「ぱぱが少しサマーカットしてくれたから、耳毛もエプロンも短いよー-」

8歳になった時点では、十兵衛を迎えてやっと三カ月たったところでしたから、まだまだ兄ちゃんの途上で、十兵衛に振り回されっぱなし。すったもんだで試行錯誤していましたが、1年がすぎ、弟に教育的指導をしながら兄ちゃん業を楽しむ余裕がでてきたみたいです。なんてったって、暴れん坊弟が大きな張り合いになってますね。

身体状況としては・・

・ダイエットしたので(フードの量をやや減らして調整)、ひところ7㎏に達していた体重も、今は6.5~6.8くらいの変動幅を維持。ちなみに、フードはロイヤルカナンのユリナリーS/Oライトです。

・服用しているお薬は、ベトメディンのみ。朝夕元気に散歩できますので、心臓も落ち着いている模様。

・1,2カ月に一度エコーをやっており、ずっとシュウ酸の結晶はありますが、急に増えるということはないようです。

・以前目やにが多かったので、時々睫毛抜きをやってもらっていましたが、この頃は目やにもほとんどないので、目薬一種類(ヒアレイン酸)のみ続けています。

・最近、自分の股間をしつこく噛んでいることがよくあります。男の子あるある?それともストレスなのかなあ・・・

赤狆時代の光くんです!キュートでしょ。(写真はおかあちゃんから。保育園の運動場で。)

栗&恵兄ちゃんが、長生きできなかった分まで、光くんにはずっと元気で長生きしてほしいです。

そして・・・その栗兄ちゃんが、お空に引っ越したのが26日。もう14年も経ったのです。

お空では、毎日バナナをお腹いっぱい食べてるよね!

とりわけ好きな写真です。2歳5か月ころ。猪苗代湖の遊覧船で。美しい磐梯山を背景に。栗と恵は、何度も福島へ旅をしましたっけね。

でか狆ファミリーになってしまった今、栗の軽さ(マックスでも1.5kg)、ちっちゃさは、もう思い出すのが難しいくらいで、なんだか夢でもみていたようにすら思えてしまうわけですが・・・栗之介が来てくれたから、今の十兵衛まで我が家の幸せの輪が繋がりました。その輪が途切れないよう尽力してくださった方々に心から感謝しています。

さて、梅雨でじめじめの6月ですが、紫陽花が咲き乱れ、私は大好きな月です。

ここ波佐見は、紫陽花だけじゃありません。

今が田植えの時期で、あちこちが水田です。とりわけ、6月下旬の2週間ほどは、水が張られた状態で、稲を植える前なので(順番に稲を植えていく)、まるで、小さな湖がそこかしこに出現したみたいで、波佐見が最も美しいとき。

我が家のリビングの北窓からも、こんな景色が。

昼間はこのように向こうの家々やガードレールなどが水面に映るのですが、夜になると、その家々の窓からの光や道の街灯が、この水田の真っ暗な水面に投影され、とても美しいのです!特に風のある日は、水面が波立つため、光がゆらゆら揺れて、表情が変化し、幻想的な美しさです。ずっと眺めていられます。それこそα波ばんばんでまくりだぁ。ここに終の棲家を作ってほんとによかった。

(向こうの家々ごと大きく写真をアップしたいところですが、個人のお家が見えるとまずいかなと思い、水面だけです。)

実は、去年のちょうど今頃、母の状態ががくんと悪くなり、私はとても辛い日々を過ごしていました。このまま通所を続けるか、それとも施設を探すか、とても迷っていました。母の家から心身ヘトヘトになって帰ってくると、こっちはこっちで、十兵衛が頻繁に食糞しまくってくれて、爆発しそうになりました。

そんなとき、夜遅く一人でこの北側の景色をぼおっと眺めていると、癒されて、肩の力が抜け、まあいいか~~なんとかなるさ、という気分になったものです。

「まま、去年はごめんね・・・ぼく狆、オトナの階段を1段ちょっと上って、もうあんまりお家の中で用足ししなくなったからね、従いましてぇ、食べるチャンスが殆どなくなってきたね。もしかしたら、、そのうち忘れちゃうかもよ。」

わたし「期待してませーん」

あれっ?

お空から笑い声が。

「ふふふ。十兵衛は十兵衛らしく、のびのび、あっけらかんでいいさ!」

栗兄ちゃんと恵兄ちゃんだ・・・

 


進歩はあったかなぁ?

2022-06-10 15:12:02 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

作り直していた十兵衛のおべべ(→前回の記事)が、どうにか完成しました!

袖口を、お腹側に広めにつけ、そして、襟ぐりも少し広げました(前のやつは、首回りもきつかったので)。

じゃーん!!

今度は、なんとかセーフかな

安堵したぁ~~~~~

さっそくおそろで散歩だよー--

まだまだ改良点は、いろいろあり、、、特に、この脇の下あたりがつっぱってしまうのですが、どうしたらいいでしょうか。

思うに・・・

サッカー生地自体はサラサラでいいのですが。。。やはり、ウオータークールクロスのような伸縮性のある生地で作ったほうが、こういうつっぱりもできず、体になじむのかもしれませんね・・・

少なくとも、最初の完全失敗作と比べると格段の進歩かな?

とにかく、十兵衛の場合、胴がスリムなので、調整がより難しいように思います。

ちなみに、おおよそのサイズを測って比較するとこの通り!

 

          背丈     首回り    胴回り    お腹回り

光くん       37     34     47     44

じゅーくん     37     25     39     32

 

兄ちゃんと比べて、10センチもスリムなんですからねー--

それにつけても・・・おかあちゃんは、十兵衛を実際にご覧になったこともないのに、おべべはどんぴしゃり!!いやもう、今更ながらに尊敬の念に耐えませぬ~~!

次作は、ウオータークールクロスでおそろの予定です!

 

 


十兵衛のおべべにやっと着手するも、苦戦!

2022-06-01 23:38:21 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

さて・・・おべべ作りも、もう長いことやる余裕がなかったので、作り方も忘れかかってるんじゃないかと思う始末。

光くんのは、これまで作ったのやら、神戸のおかあちゃんやみゆきさんから作っていただいたのがストックしてあるので、まあいいとして、、

十兵衛のがありません!

ありませんっていうか。。お正月の晴れ着として、光くんとのお揃いでおかあちゃんが十兵衛にと作ってくださった美しいおべべが1枚だけありますね。これが気に入りすぎて、早朝であれば、この時期でもこれを着せて散歩したりします。(いくらなんでも、季節外れやろ!って言うんですけどねえ・・ぱぱが、似合う似合うといって。)

「椿は冬だよって言っても、、ぱぱは、意に介せず

午後~夕方散歩用と部屋着用に、十兵衛の夏物を作らねばと思いつつも、みゆきさんが光くんのために2枚作ってくださった、ウオータークールクロス生地のさらさらおべべのうちの1枚を十兵衛にも着せたりしてます。(じゅーくんが来る前にいただいたものですから、光くんサイズ。)

「大きいけど、めっちゃ着やすい~。肌ざわりさらっさら~」

このウオータークールクロスなら、みゆきさんから分けていただいたものがあり、これで作ろうかとも思ったのですが、、、

実は、それより先にどうしても作りたい生地がありまして。

以前からちょっと思い入れのあるものです。

(浴衣などによく使われるサッカー生地ですので、これもさらさら。)

光くんが3歳のころ、これを使って、光くん、桃太郎くん、百福くん、雪丸くんに作ったことがありました(こちら)。その残りがまだあるので、十兵衛にもこれで作りたいとずっと思っていたのです。

光くん用型紙を、十兵衛の体形に合わせて修正し、十兵衛用型紙を作るところから始めないといけないので、おかあちゃんの椿おべべのサイズを参考にしながら、手探りでやりはじめました。十兵衛は、体長は光くんとほぼ同じだけど、首回りと胴回りはぐっと細いので、型紙修正は予想以上に難しく、もういやんなる!というくらい苦戦しちゃいました。

というのは。。。

まず、肩幅をとらないで(肩幅ゼロで)、バイアステープだけでつなぐパターンの型紙を作りまして・・(光くんのおべべも、殆どこのやり方で作ってきたからです。)

(今にしてみれば、、、肩がないとはいえ、繋ぐところがとがっていて<赤矢印>、めっちゃ変です!)

裁断し、、、

ほぼ9割がた仕上げて、さっそく試着させてみたら・・・・

全然だめです

まま...なんか変だよ。脇のところがきついよぉー-」

ありゃー-よく見たら・・・袖口の位置がおかしい!

おかあちゃんの椿おべべと比べると一目瞭然です。椿おべべは、袖口が、ちゃんと腹側についていますが、私のは真横にきてるじゃありませんか!しかも、袖ぐりが小さい。袖ぐりは、大き目でもすっぽぬげはしないのだから、余裕を持たせないとだめですね・・・

うーんん、、だけど、、、型紙をどう描き替えたらいいのかがわからなくて、呆然としてしまいました。

(こんなとき、母が認知症じゃなく元気でいてくれたら、すぐに教えてもらえるのになあと、今更ながらに思う私。そもそも、最初にわんこおべべ作りを習ったのが母からで、光くんの型紙も、おかあちゃんのおべべを研究して、母が作ってくれたのでした。)

しばらく放置。もう永久に作れないんじゃという気持ちにすらなったのですが、ここで諦めるわけにはいきません。

ここでふと気づいたのですが・・・椿おべべのように、肩幅をとるデザインにしてみたらどうかな?

                  *****************

手作り派でない方のために、あらためて説明。肩幅ありデザイン(左)と、肩幅ゼロでバイアステープでつないでしまうデザイン(右)。どちらも、おかあちゃんからご教示いただいた作り方です。肩幅ゼロのほうが、作業が早いので、私は殆どこれで作ってきたわけですが、、肩幅ゼロはカジュアルで洋風な感じなので、和柄(和布)とかだったらやはり肩幅ありの方が合うし。。。両方できるようにしておきたいしね、久々にこちらにチャレンジしてみるかー-と、気持ちリセット。

                                                            *********

肩幅ありも、母が作ってくれた型紙があり、このデザインのほうが、修正もやりやすい感じがしました。

これで進めてみたら、こんどはちゃんと、袖口の位置がお腹側にきました。

たぶん、これでOKだと思います。。

どうか上手くいってくれい。

相変わらず、全面的に手縫いです。ミシンは、クローゼットにしまったまま。ちくちく手縫い好きだから、いいんですけどね。

こちらは、ずいぶん前に、おかあちゃんや、とむとむさんからいただいている生地です。ほかにも、自分で買ったのもいろいろあります。早く、十兵衛のを上手く作れるようになりたいなぁ。

待ち針たち。お泊り会で、ナナちゃんママさんからいただいた、可愛いわんこ待ち針を大切にしています。こちらの作品だそうで、シーズーなんですけど狆に見えないこともない?!

皆様、何かアドバイスありましたら、よろしくお願いしますね!


元気だよ~(最近の表情いろいろ)

2022-05-10 14:51:14 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

皆さん、またしばしのご無沙汰でした。

栗恵光十家は、あいかわらず遠出もせず、近場とお家ででごそごその毎日ですが・・・

家族皆元気で忙しくかつ楽しく暮らしています。

4月末からこっちのいろんな表情を見てやってくださいね。

【シャンプー】

2か月に一度くらいの頻度で、兄弟いっしょに、イオンのペットワイドに連れていっています。

じゅーくん、シャンプー好きみたいです。家でするときも、意外と?大人しく気持ちよさそうにしてますからね。

【やっちゃいましたっ】

きゃー---!!!いつの間に!

ぱぱの部屋で、こんなことになっていました。ぱぱに、消しゴム畳に落としとったやろー-!って詰め寄ると、、いや、絶対落としとらん、こたつの上に置いといた!と言います・・・ということは、じゅーくんがこたつテーブルの上からくわえてもってきて、こんなにしたんでしょうか!う〇〇の中に白いものが混じってでてくるはずと思って注意していましたが、わからなかったなぁ・・・

【ドッグラン】

週1回くらいのペースで有田に行ってます。

「スタイルばつぐんでしょ、ぼく

ダッシュしはじめる瞬間。

「緑がいっぱいで、気持ちいいよー--」

「ぼくだって、けっこう走っちゃうんだよー--」

「ぼくのこのおべべ、兄ちゃんがちっこかったとき、神戸のおばたんが作ってくれたのを着せてもらったの。(こちら

似合うでしょ!」

「帰りの車の中。いっぱい走って、つかれた~~~~」

(日本一の手長狆度ますますアップ?!)

【おまけ。陶器市は・・・】

以下私のことです。

例年、GWには、有田、波佐見、そして三河内一帯で、陶器祭りが開催され、何十万人もの大賑わいとなります。コロナで、2年間中止になっていましたので、今年は3年ぶりの開催となりました。私も地元民として応援したいと思い、朝一番で行こうと構えていたら・・・地元民だからこそ、(やきものなんて、いつだってゆっくり見れるんだから)このご時世にわざわざ大混雑の中に行かなくてもいい!というアドバイスが従兄らからありまして、そういわれてみれば、そうだなあと。

確かに、波佐見も感染数日々増加してますしね・・・

で、それなら、「Web陶器市」だ!ということで、、、ついポチ!してしまったのが、これ。

スープカップなのですが、、サラダとか、おかずとかだって、可愛く見えそうです。

取っ手が黒なのがおされ~

モダンな感じが、波佐見焼に見えますが、実は「八右衛門窯」という有田焼の窯元さんのものです。有田焼もさすが素敵!他にも欲しいものがあったのですが、今回はぐっと我慢してこれだけです。

秋の陶器市(11月)には行けるといいな~。

 

 

 


兄弟一周年座談会!

2022-03-29 13:49:29 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

光で~す。今日は3月29日。我が家は、おかげさまで、十兵衛を迎えてちょうど一年がたったので、久々の座談会をやろうと思うよ~。MCは十兵衛で~す。

【十兵衛】はいはーい、桜満開の波佐見だよ!みなさんのところは、どう?花より団子狆の十兵衛でーす。ぼくが光兄ちゃん自慢の弟になって、あっという間に1年だぁ。

【光くん】どうも・・・まずは、一句詠ませていただきます。「8年の お気楽生活バリバリに破られた 兄ちゃん記念日」受けた?

【十兵衛】えっ、あー-っとぉ。(凡狆以下~) と、とにかくさ、ぼくみたいに、超イケてる弟ができて、光兄ちゃんほんとに果報狆~~~~!

【光くん】はいはい、おかげさまでねぇ。。。 最初の数か月はさ、こいつ、なんて乱暴狆なんだあ!って、ぼくもぱぱもままも毎日アゼン!だったけど・・・あの傍若無狆ぶりも、さすがにおさまってきて、このごろは年齢相応の落ち着きも見えるんじゃない?1年で大人の階段をひとつくらいは上ったのかな?

【十兵衛】そ、それはねー 兄ちゃんにちゃんと敬意を表しているからですよ。それに、ぼく、体はね、超ワイルドかもしれないけど、心はけっこうおっとり狆な面もあるんだからさ・・わかるでしょ?

【光くん】確かにね。それに、ぼくよりずっとフレンドリー狆だよね。お客さんが来ても、ぼくはいつまでもワンワン吠えてるけど、十兵衛はすぐ誰とでもすんなり打ち解けられるよね。おまえ、いいヤツだよ。

【十兵衛】へへ、しばらく兄ちゃんのマネしてワンワン言うけど、ワンワン言ってるのにすぐ飽きちゃうさ。お客さんの観察してるほうが面白いよ。兄ちゃん、吠えるのいいけど興奮しすぎて心臓に負担かからないようにね。

【光くん】うん、ありがと。それにしても十兵衛の食欲は相変わらずだなあー!7月に手術して以降、ますます食欲の権化狆になっちゃったもんなあー!フードやおやつをもっともらいたいだろうけど、もらえばもらうだけ際限なく食べちゃうからさ、ままがちゃんと計ってくれてるからね。僕だって、メタボになりそうで、やばかったからね、我慢してダイエットしてるしね。以前7キロあった体重が、6.5キロになったよ。十兵衛は、今どのくらいだっけ?

【十兵衛】4.8キロでーす。ちょうどいいくらいに管理できてますね、って病院の先生言ってたけど・・・やせてますね、もっとじゃんじゃん食べさなさい!って言ってほしかったなあ。

【光くん】はぁ??体長も体高もぼくと同じくらいになっちゃったけど、十兵衛スリムだもんね。力も、ぼくと同じくらい強くなっちゃったね。二人で取っ組み合いすると、負けそうだもん。

【十兵衛】にーちゃんと取っ組み合いして、レスリングやお相撲するのめっちゃ楽しー――い!ときどき、にーちゃんに、がしっ!と抑え込まれてしまうけど、敏捷さでは兄ちゃんの何倍も勝るぼく狆が、あっという間に交わして、びゅー――!そしたらまた兄ちゃんがぼくをおっかけてぴゅー――!ままが、光くんが走るのを見るのは何年ぶりかな!ってうるうるモード。

【光くん】一人っ子だったときはさ、取っ組み合いして遊べる相手もいなかったから、十兵衛来てくれて、よかったさー――!張り合いができたっていうかー-兄ちゃんとして負けるもんか!っていう気合を入れると、ぼくもエネルギーが出るよ!おまえ、、ぼくに抜け駆けしておやつを沢山もらおうとすることあるだろー-ちゃんと分かるんだからね!

【十兵衛】えー―――兄ちゃんだってぇ、お散歩のとき、自分だけおやつねだり作戦、すごくない?!ぼく、にーちゃんの策士ぶりには敵いませーん!

【光くん】へへん、負けるもんか~~~~!十兵衛、抜け目ないようにしてるけど、意外とぼんやりしてるとこもあるからな。

【十兵衛】せっしゃも、もっと狆道を磨かねばならぬ・・・!えいやー--っ!日々鍛錬し・・いつ来るともわからぬ機会に備えよ・・・・

【光くん】そこ、狆道って言うところかなぁ・・・ それにさ、なんで明智が急に伴虚無増になるの?

【十兵衛】「カムカム」も、もうすぐ最終回、寂しいねえ!

さて、兄ちゃんがぼくぐらいのとき、茨城で、どんな暮らしをしていたの?

【光くん】えー-とね・・・1歳ちょっとで、もう旅行してたね。仙台へ行って、惇ちゃん・青ちゃん&玄ちゃんのおうちにお邪魔したり、、そうそう、神戸にも行って展覧会デビューもしたよ!楽しかったなあ! そのころはね、コロナとかいうの、なかったしね、だから、ぱぱもままもフットワーク軽かったもんね。

【十兵衛】コロナのやつがいない世の中なんて、あったの?!にーちゃん、いい時期に生まれて、いいなあー-

【光くん】そうさなー-今はコロナのやつとの共存がふつーの世の中だし・・・十兵衛まだ旅行にも連れてってもらえなくて、そういう意味では可愛そうにな。近場に出かけるくらいだもんね。あ、でもさ、埼玉から飛行機で長崎まで一人旅してきたじゃん!

【十兵衛】えへん、にーちゃんは飛行機乗ったことないでしょ!

【光くん】ないよ。羨ましいかも。それにさ・・・ぼくが小さいころは、ぱぱがまだお仕事忙しかったからね、普段の平日なんて、あんまり一緒に散歩にも行けなかったし、ままがお出かけするとほんと一人ぼっちだった。今はぱぱがリタイアして、ゆっくり時間あるから、十兵衛は、毎日ぱぱとままとまったりできる時間が断然多いじゃない!みんなでドッグランにも行けるし!ま、ぱぱもゴルフやらなにかでいないときも多いけどね、それでも、十兵衛は、基本、いつも、両親、そして僕に囲まれてる。しかも、赤狆のときから、緑ときれいな空気に包まれてのんびりカントリーウオークを楽しめてる。十兵衛だけだよ、そんな贅沢な時間を満喫してるの!

【十兵衛】そっかー-、ぼくとっても良い時に来たんだね!

【光くん】そうだよー-。ま、旅行もさ、そのうち連れってってもらえるよ。

【十兵衛】ほんと!楽しみだねー――!もろすけくん&おーたろうくんちみたいに、バギーに兄ちゃんと二人で乗って、あちこち行きたいよねー!

【光くん】バギーねえ・・恵兄ちゃんの時代から使ってきたピーターラビットのやつ、可愛いんだけども、耐過重いくらまでだったかなあ・・・十兵衛も来たんだし、新しいの買ってって、ぱぱに頼もうか?(ちなみに、ぼくのバギーデビューの記事はこちらっ。)

【十兵衛】うんうん、おねだり、大作戦だあ!!

【光くん】よおし!ぼく、今年の6月には9歳になるんだ。心臓のお薬まじめに飲んでるし、元気だよ。栗兄ちゃんなんて9歳にならないうちに、お空に旅立ったし、恵兄ちゃんも、、そのころから病気が重くなりとっても可愛そうだったって。ぼくたち、栗恵兄ちゃんたちの分までたっぷり長生きして、狆生を謳歌しような!

【十兵衛】ははっ!兄上!

【光くん】よろしい!それにしても、おまえさぁ、う〇〇食べるのだけはもうやめろな!いったい、いくつになるまでやるつもり???

【十兵衛】へへへっ、循環、循環でござるよ。ぼくってなんてエコな狆!

【光くん】やれやれ、打つ手なし!

【十兵衛】まいったか、兄上♪それではみなさん、このへんで、おひらきといたします。もうしばらく三寒四温続きそうだしね、みなさんもご自愛くださいね。

  *そうそう・・・ぼくたちの冬のジャンパー・・・ウクライナの国旗色だったよ。一日も早く平和が訪れますように!

 

 

           

 


我が家の親王飾り(前の記事の追記)

2022-03-16 15:51:03 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

母宅でやっと見つけた私のひな人形。内裏雛のみですが、いそぎ写真を撮ってきました。

しっかりしたガラスのケースに入っています。

御簾のデザインも凝っています。

調度品もしっかりつくってあります。

60年以上昔のものです。当時としては、なかなかのお値段だったのではと思われます。

見つけ出すことができて本当に良かったです。我が家の親王飾り、家宝にせねばね。

                     

ところで、長崎の桃の節句といえば、「桃カステラ」という定番スイーツあり。

桃の形に焼いたカステラ生地の上に、超あまー-いフォンダン(クリーム状の砂糖蜜)をかけ、マジパンで作った枝葉をつけて、可愛らしく成形したケーキで、2月から3月下旬にかけて、県内のあちこちのお菓子屋さんでいっせいに、職人さんの腕を競うように作られます。

桃カステラ

桃の実とかジュースとかは一切入りません。あくまでこの見た目が桃なのです。お店によって、バリエーションがありますが(こんな感じ)、とにかくカステラ生地+フォンダン、これが基本。

母も大好きで、この時期になるとよく買ったものです。

今年に入って母のホームも面会禁止となり、今は週一回5分の「リモート面会」で顔を見せてもらえるのみになっています。

(ぼくや兄ちゃんも、必ず一緒に映って、ぐらんま!!するんだよ)

来年は、ホームに桃カステラを持っていって、母と一緒に食べられますように。

 


ひな人形展

2022-03-13 15:07:12 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

去年夏に開館したばかりの「波佐見町歴史文化交流館」(通称波佐見ミュージアム)。

行ってみなくちゃと思いながら、のびのびになっていました。

長崎新聞の記事によれば・・・

「同町教育委員会が収集、保管していた史料、文化財など約250点を展示。」「二つある常設展示室は「交流」をキーワードに、町の通史を概観できる。「先史・古代・中世」の展示では、町の豊かな仏教文化を示す石塔物や写経などを紹介。16世紀に天正遣欧少年使節の一員としてローマなどに渡った町出身の原マルチノにもスポットを当てた。「中世・近世・近代・現代」の展示では、町の基幹産業である波佐見焼の成立と発展をたどる。」

2月2日から、ひな人形の展示がされているとのこと。先週行ってみました。

民間の広大な日本家屋を改修整備してつくられたので、鉄筋コンクリートにはない、温かみがあります。

展示物も予想より多く、その解説も大変詳しいのでびっくり。鎌倉~戦国時代、波佐見という苗字をもつ武士団が存在して、波佐見村を治めており、しかも彼らはキリシタンだった、などなど、勉強になりますね。

そして、お目当てのひな人形展

波佐見町内や、佐賀県などの人形師さんにより制作された、いろんなお人形さんたちがいました。

豪華な七段飾り、趣のある陶製びな、素朴な粘土びな、つるし雛、折り紙雛、掛け軸などなど、よく集めたものです

そして、、これらのお人形さんたちがいる畳の部屋には椅子とテーブルも置いてあるのですが、、、この部屋は、カフェと隣接していまして、そこで飲み物やケーキなど注文して、こちらのテーブルにかけて待っていると、持ってきてくれます。お人形さんを眺めながお茶できるようになっています。畳の間にテーブル、というだけでもほっこりなのですが、そのうえひな人形さんも一緒って、贅沢ですね。ちょうど西海市から遊びにきてくれた義姉とゆっくりおしゃべりしました。

おやばか掲示板でも話していたように・・・

私が小さいころ母が買ってくれて、長年実家で飾りつけていた雛人形一式が、行方不明でした。母はもう、家の中のどこに何があるのかわからなくなっていて、私も、忙しすぎて、すっかり忘れていたのです。空き家になってしまった今になって急に見たくなり、いったいどこへお隠れになっているんだろう、、と強く思っていたら、、その想いが通じたのか、二階の押し入れの袋戸棚にあるのをつい先日偶然に発見!きれいに風呂敷に包んで収納してありました。全部下ろして出してみたところで、飾るための段々もないし、お内裏様お雛様だけ残して「親王飾り」として、あとは、人形供養をお願いして処分することになるだろうなぁと思っています。

母のホームでは、3月3日に、ひな祭りのレクレーションをすると言っていたので、手紙と雛あられに添えて、小さな紙の飾りを持っていって職員さんに預けてきました。母の部屋に飾ってやってくださいと。

 

 

 

 

 

 

 

 


30年の時を超えて再び

2022-03-07 15:30:34 | 狆 (栗之介・恵之介・光之介・十兵衛)

前の記事で、母がホームに落ち着いてくれたことで、私もようやく自分の時間ができたので、取り組みたいことがいくつかあると書きました。

【ペン字お稽古再スタート】

そういう意味で、今年に入って始めたのが、「ペン習字」。

始めた、といっても、私にとっては、まったく新たな取り組みではなく、若いころ始めていったん途切れていたことの、ほぼ30年ぶりの再スタートです。

実は・・・もともと、自分でもゾッとするほどの酷い悪筆だったので、20代の後半に、週一回お教室に通い始めました。そこは、カルチャーセンターのようなところではなく、先生のご自宅で開いておられる書道塾(文化書道会;呉石流)で、毛筆の生徒さんがほとんどだったと思いますが、私は実用本位でペン字のみ習っていました。検定があり、私も2段まで進んだところで、結婚のため茨城に引っ越すことになりやめましたが、その後も先生とはずっと交流させていただき、帰省したときはご挨拶に寄ったりしていました。

茨城でも、ペン字を教えてもらえるところを探して、しばらく続けていたのですが、あいにく先生方が次々にお亡くなりになったり、私も翻訳の仕事が多忙になったりで、長続きはしませんでした。Uターンしたらすぐにでもまた佐世保の先生のところでのお稽古を再開したかったのですが、、、母のこともあって、週一回波佐見から佐世保まで通うのは、なかなか腰があがらず、のびのびになっていました。先生とはラインで近況をお知らせしていたので、私の事情はよく分かってくださり、ゆっくり待っていてくださいました。コロナのデルタ株が沈静化したこともあり、今年にはいってすぐ通い始めたのでした。

また10級からすべてやり直しの60の手習いですが、昔練習していた時の感覚はだんだん思い出してきています。平日(金曜)の午前中なので、子供さんもおらず、同世代以上の女性の方ばかり6人ほどで和気あいあいとやっています。なお、先生も70代前半の素敵な女性の方です。

車を買い替え】

ところで、私が重い腰をあげることができたのは、もちろん、母がくれた大切な時間とエネルギーを有意義につかわねばならない、という気持ちからでしたが・・・その気持ちを、えいやっと行動に移すための大きな推進力となったものがありました。

それは、新しくやってきたこの車です(去年の11月のことです)。ダイハツのミライースという車種の最新モデル。

それまでは、この白いミラに乗っていて(茨城で買い、こちらへ陸送したもの)、13年ちょっとたっていました。

13年苦楽を共にした白いミラ】

思えば、このミラを購入したのは、恵兄ちゃんが他界する4年前ころだったなぁ。だんだん恵くんの体調が悪くなり、通院回数も増え、、、ぱぱの留守中も発作を起こし、パニックになって泣きながら恵くんを乗せて連れていく私を、この愛車がいつも励まし、寄り添ってくれました。そして、恵くんがお空に引っ越した後、始めた乗馬。いっぱい道具を積み込んで、週1~2回、7年間乗馬クラブへと連れて行ってくれました。

長崎へ来てからも、日々の買い物や雑事に加え、波佐見の工務店さんや新築工事現場へ通ったり、母を病院に連れていったりと、デイ施設の見学に行ったり、ぱぱのゴルフなど、なくてはならない足となってくれました。(ぱぱの車は引っ越しぎりぎりまで茨城に置いていたので、私のミラがこっちでも唯一の足でした。)

新車と交代してもらう直前になって、生まれて初めてのスピード違反をやらかし、罰金14000円というケチをつけてしまいました・・・波佐見から母の実家に向かう途中にある、時速40キロ表示でよくネズミ捕りをやっている道路で、ぼやっとしていて67キロくらいで飛ばしてました。白バイのお兄さんに追跡されても、私が何か??ときょとん。

13年お世話になって、最後に申し訳ないことをしましたが、飛ばしすぎて事故がなかっただけでも本当によしとせねばね。

運転をアシストする新しい機能⇒行動範囲が広がる】

新しいミライースは、おしゃれな「メタリックスカイブルー」です。(最初はホワイトにするつもりでしたが、2万円高くなるというので)

今までのミラにはなかった、安全運転をアシストしてくれるいろんな機能がついています。たとえば、駐車場で便利なのが、、バックモニターと、コーナーセンサー(ボディの四隅についている)ですね。今までは自分の車がどう動いているのか、ルームミラーで見るだけだったので、よくわからず、バックしようにも前に出ようにも、周りの車との距離感が判断できなくて、隣の車にこすりそうになったりよくしました。新車は、接近しすぎると、警報音で教えてくれます。それと、走行中でも、シートベルトを忘れていたり(同乗者についても)、走行が不安定になったりすると、甲高い警報音が鳴ります。実は、私は数年前から運転中眠気に襲われるようになり、センターラインに乗り出したりなどしてしまうので。。。警報音ありがたや~~。

おかげで運転に対する不安感がずいぶん減りました。

しかも、車そのものの機能がアップすると、行動範囲も広がりますね。

母の家や、ホームは、うちから片道20分。佐世保市内ではありますが、はずれになるので、さほど車の多い道ではなく、しかも単線です。先生のお宅は、うちから25分ほどのところですが、母宅やホームよりはだいぶ市中心部よりになるので、交通量も多いし、途中から二車線、三車線になり、バスも多い。しかも、先生宅は、ちょっと高台にあるので、直前からぐぐっと急な坂道になります。このあたりをスムーズに運転できない限り、波佐見から、ペン字を習いに通うということは不可能。実は、なんとか月二回くらいにしてもらって、ぱぱに送迎してもらえないかとか、いろいろ画策したのですが、それもやはりダメそうですし、何より、先生から、練習しなさいよ!とハッパをかけられ、ついに重い腰を上げて、運転の練習をすることに!教官はもちろん、ぱぱです。横に乗ってもらって、ビシバシ厳しく指導されながら何度か行き来しました。

おかげで、今ではもう恐怖感もなくなり、毎週金曜の朝、順調に通っています。もし雪が降れば、波佐見からの山道は凍結しますから、休もうと思っていましたが、今年は好天に恵まれ、金曜は、雨にすら遭わないので、気持ちのよいドライブです。

【4兄弟揃い踏みで応援!←世界に一つ】

ボディ後方をご覧ください。じゃー-ん!我が家の4兄弟揃い踏みで応援してくれていますよ。

こちらの記事でも紹介しましたが、ごん姐さんのお心のこもった手作りステッカーです。(食器棚に貼ったのは四人が集合してくっついているデザインですが、こちらは一人ずつです。)最初は、窓ガラスに内側から貼りたかったのですが、、、いろいろ調べていると、ステッカー類をフロントガラスやサイドガラスに貼るのは違反だそうで、車検にも通らないとのことで(視界不良になり事故に繋がりやすいから)、結局ボディだけになりました。可愛いアクセントです。

最近このスカイブルー系の軽自動車はよく見かけるので、目印としても最高です。お店の駐車場でも、こんな感じ。

こんなおされ~なステッカーを貼ったミライースなんて、日本にいや世界に一つでしょう!

「まま、お帰り。今日も無事故無違反でよかったね。」家の駐車場に戻ると、十兵衛が掃き出し窓の側にすぐやってきて、お迎えしてくれます。

(ところで、、、ミライースさん、、、ぼくも兄ちゃんもまだ一度も乗ってないよね、、、!)