サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆

2010年04月25日 | 座布団シネマ:は行

行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じる再現映像で世にも恐ろしい異変を描く。犠牲となった人たちの混乱と悲痛な叫び声、さらには現実のものとは思えないショック映像に息をのむ。[もっと詳しく]

素直に驚き、延々と無駄話をすること。

こういう映画の愉しみ方は、決まっている。ひたすら、無邪気に驚くことである。
そうすると「この世の中は不思議と謎と恐怖に満ちている」ということの片鱗が、少し分かることになる。
映画に描かれた事柄が、事実かどうかはどうでもいい。
そんなことは、専門家やアマチュアオタクが、延々と百年も議論を繰り返していることだ。
それを、僕たちが知ったかぶりで、同意したり反論したりしても、詮無いことだ。
また科学的か、非科学的か、真実か、捏造か、と問うても仕方がないことだ。
それもまた、僕たちがどういう立場にたつかということで、いかようにも変わってくるからだ。
少年時代に、挿画つきの「世界の不思議」や「世界の奇談」やといった物語を、わくわくしながらあるいはドキドキしながら、読み耽ったことを思い出す。
友人たちに夢中になって話しながら、馬鹿にされると思ったのかどうか、先生や大人たちには話さなかった。
そして、夢で魘されたりした。
大人になって、専門書やドキュメントやノベルやトンデモ本あるいは反トンデモ本をゴマンと読んだが、それでもそういう話は興味がつきない。
それがTVシリーズの「Xファイル」のような使い古されたエピソードのもっともらしい羅列であろうが、矢追プロデューサーのこりないネタ出しであろうが、テレビのバラエティでのくどい再現フィルムであろうが、「ディスカバリー」などのもったいつけた演出であろうが、同じことだ。
その見せ方に、リアリティが付与されているかどうかが、「技術」の問題として、腑分けできるだけである。



『フォース・カインド』(第四次遭遇)という映画を見ても、そのテーマそのものは少なくともある程度の関心を持つものには、親しいテーマばかりである。
ロズウェルほど有名ではないとしても、アラスカ州ノームの「不眠症」事例も何度か耳にしたことがある。決して、ゴールドラッシュに揺れた、ワイアート・アープの出身地というだけではない。
1960年代から2000回に及ぶFBIの調査があったというのも、大変だねFBIも、という気はする。
宇宙人による誘拐説も、何度も形を変えてドラマになっている。
また睡眠治療は、ちょっと怖いが、一度は僕も受けてみたいものだと思っている。
そういえば、僕も小さい頃、「神隠し」に二度あったし、なんだか水疱瘡のワクチン注射ではなさそうな謎の傷が肩口にある(笑)。
「金縛り」の時期が長かったので、何度も襖を開けて、得体の知れない気味の悪いものが、一人寝の部屋に入り込んで恐怖に震えたことは、数え切れないくらいある。もちろん入眠時の半覚醒状態ではあるが、記憶が消されたように思い出せない(単に夢だとすれば忘却するように出来ているから当たり前なのだが)。
そして第一次遭遇と第二次遭遇は、僕にはあると思っている。
でもそれも、見間違い、思い込みと言われれば、そうかなとも思う。



『フォース・カインド』という作品は、思いの外、面白かった。
このオスンサンミという、両親がナイジェリア人である監督は、どこまで本物かどうかはわからない。
ミラは「あたしが会った男性の中で、もっともインテリジェンスに富んだ人よ」なんて真顔で言っているが、宣伝文句かもしれない。
あるいは65時間あるというノームの不思議な住民体験の記録映像というものが、本物かどうかは今のところわからない。
ミラは「あたしは全部観て、衝撃を受けたわ。でも今回映画で使えたのは、撮られた本人から許可を得たほんの少しの映像だけなの」とこれまた真顔で言っているが、見ていないのでなんともいえない。
あるいは肝心なアビゲイル・タイラー博士やその同僚の博士や古代シュメール語の研究者が、実在しているかどうかはわからない。
わからないことだらけだが、ミラと監督がナビゲーターとして出てきて、「記録映像」と「再現映像」を並列しながら見せていく手法は、とても斬新なものであった。他にもこういう手法のセミドキュメントがあったかもしれないが、僕にはとてもこの作品では成功していると思える。
肝心な記録映像が、「知的生命体?」のせいでご都合主義的に荒れているのも、まあストーリー的には、説得材料のひとつともとらえることも出来る。



「白いフクロウ」という暗喩も、なんだかフクロウの目が、「宇宙人」のように見えてくるから、それはそれでいいかもしれない。
いままでは、ほとんどヒト爬虫類説(レプティリアン説)に魅力を感じていたので、フクロウというのも実体ではないにしても意表を突かれたところもある。
ちなみにフクロウの夢判断は、「思いがけない敵の出現、アクシデントの予見、よくない計画の察知」であったりするのだが。
しかしこの映画の驚きの映像は、やはりタイラー博士の表情である。ちょっとこの表情は、誤解を恐れずにいえば、「健常者」では出せない表情だ。
もうひとつ催眠療法の被験者の一人の男が、記録映像でも再現映像でもそうなのだが、恐怖に怯えて口を大きくあけて叫ぶシーンである。
CGによる修正がなかったとすれば、僕は人間の顎口というものがあんなに大きく開くこととが出来るのだと、初めて知ったと言える。これは、「万国びっくりショー」(古いね)級だ。



内容的には、もっとも興味深いのはシュメール考古学の話だ。これも、一時期、僕たちが夢中になった「宇宙考古学(伝承)」のひとつである。
シュメール文明が最古の文明であること、その文明は突然のようにヒッタイト文明に取って代わられたこと。
シュメールには古代楔形文字があり(人類最古の文字)、その解読に拠れば、『聖書』が登場する何千年も前に、すでに「ノアの箱舟」や「エデンの園」や「バベルの塔」の説話の原型があること。
その謎のシュメール文明の実在が考古学的に確認されたのは、まだたった150年前、つまり1850年代に過ぎなかったこと。
そういうこともなんだか興味深い研究だ。
もう少し、日本の起源に愉しい想像力を働かせるものとするなら、「シュメール=日本人起源論」などは「日ユ同祖論」などよりもっと魅力的ではある。



このあたりを真面目に追求する学会としては「スメル学会」「バビロニア学会」などがあるが、関心のある人はぜひGoogle検索してみてください(笑)。
たとえば天皇のことを「スメラミコト」などと呼ぶが、古代シュメール語では「スメラ」というのは「天から降りた神」を意味する。
あるいはスサノオは(牛頭天王)は、バビロニアのバール(牛の角)から来ていると言う宗像教授のような説や、日本語と古代シュメール語には共通点が多いという打率三割もあやしい説もある。
楔形文字と漢字の成り立ちが同じ(白川先生に聞いてみたい)、漢字かな混じり文の構成がシュメール語構造に似ている、母音が強調される、膠着語(テニオハで接着)であることなどが指摘されている。
最近では日本でもよく発見されているペトログラフの記号は、シュメール文字に似ているとして、海外のオリエント学会などでは持て囃されてもいる。
もっとオタクなヒトは、幸福の科学の大川総裁の「エル・カンターラ」とはシュメールの二大神のひとつであるアヌのことだが、これは人類を滅ぼすことを目的とした神であり、大川総裁が無造作に使ってもいいのでしょうか、というツッコミがあったりする。



で、結局、「映画としてはどうなの?」と問われれば、僕としては○なのである。
巷では、こうした「キワモノ映画」は酷評されるであろうことは、承知の上で。
だってこんな映画ひとつで、無意味であろうこうしたおしゃべりを、得々と話することが出来るのだから。








コメント (2)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
« 157日目「奥羽旬彩・田上正富... | トップ | 長距離走者の孤独/アラン・シ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弊記事までTB&コメント有難うございました。 (オカピー)
2010-10-31 00:49:19
確かに記録映像と再生映を並列するというアイデアは新味がありましたね。
宇宙人との遭遇に催眠術治療を併せて真相を曖昧にするというヒネリも面白いと思いました。

kimionさんの読書量が相当なものであることが伺われる記事ですが、シュメール語のくだりは新味がありました(笑)。
また勉強させてください。
オカピーさん (kimion20002000)
2010-10-31 01:01:55
こんにちは。

>読書量が相当なものであることが

いやいや、聞きかじりの雑学ですね。
体系だてては研究する根性は、まるでないです。

こんな話を得意気に外でやると、一般には嫌われるに決まってます(笑)。

コメントを投稿

座布団シネマ:は行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

THE 4TH KIND フォース・カインド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『信じられないのは、 信じたくないだけなのか。』  コチラの「THE 4TH KIND フォース・カインド」は、60年代以降FBIが2000回以上も訪れているというアラスカ州ノームで実際に起こった不可解な事件を記録映像および音声と再現映像で構成している12/18公開のSFスリラ...
「フォース・カインド」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
まぁ、ぶっちゃけ、ネタバレいきなりすると、  「X-file」なんですが、この手の映画としては、見せ方、演出手法が上手く、何より、「多分」本物のタイラー博士の表情がもぉーガ...
映画 「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (ようこそMr.G)
映画 「THE 4TH KIND フォース・カインド」
劇場鑑賞「フォース・カインド」 (日々“是”精進!)
「フォース・カインド」を鑑賞してきましたアラスカの都市ノームに暮らす女性心理学者が体験したという衝撃のエピソードを、当時撮影されたという記録映像と再現映像で描き出す異色...
『THE 4TH KIND フォース・カインド』 (Cinema + Sweets = ∞)
内幸町にあるワーナーブラザーズ試写室にミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『THE 4TH KIND フォース・カインド』を、リサーチモニター試写会で観賞してきました。 リサーチ目的での試写会とのことで、内容については口外しないように言われています。 作品の内容に触れるよ...
試写会「THE4THKINDフォース・カインド」 (流れ流れて八丈島)
映画を2本観たくらいでは、せっかくの休日はまだまだ終わりません夜は、もちろん試写会です東京厚生年金会館で「THE4THKINDフォース・カインド」を観てきました実話を基に本物の映像...
フォース・カインド (Recommend Movies)
信じられないのは、 信じたくないだけなのか。 【感想】 初日にズバッとレイトショーで鑑賞~☆ アラスカ州・ノームで起こった不可解...
THE 4TH KIND フォース・カインド (そーれりぽーと)
すげー形相で絶叫してる予告編が印象的な『THE 4TH KIND』を観てきました。 ★★★★ 途中までミラ・ジョボビッチの米国発音がミラ・ヨホビッチだった事が判ったのが一番の収穫と書こうと思いながら観てました。 ドキュメンタリータッチなホラー映画だとばかり思い込ん...
THE 4TH KIND フォース・カインド(2009) (銅版画制作の日々)
※タイトルはJ・アレン・ハイネックによる接近遭遇の分類のうち、宇宙人による誘拐を指す「第四種」から採られている。 信じられないのは、信じたくないだけなのか。 信じられないという以前に、どうも恐怖が見えないという感じがする。 久々にMOVX京都で鑑賞し...
「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (或る日の出来事)
こっ、これは!? う~ん。そう来ましたか。
フォース・カインド (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
再現ドキュメンタリー風の映画です。2000年10月、アラスカ州ノーム。心理学者のアビゲイル・タイラー博士は死んだ夫の研究を引き継ぐ。それは、不眠症を訴える住民たちの原因究明であ...
「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (みんなシネマいいのに!)
 アラスカ州北部の町ノームでは、失踪事件が多発し不眠症に苦しむ住民が数多くいた。
フォース・カインド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 予告編にない数々の記録映像の衝撃に、お口アングリ!
『フォース・カインド』 (めでぃあみっくす)
信じられないのは信じたくないからではなく、映画の作りが中途半端すぎるから。これなら矢追純一さんに好き勝手に映画を撮らせた方が断然面白いのでは?と思えるほど、見終わった後に何一つ残らない映画でした。まぁ眠くなるということはなかったのですが、ただ最初から最...
THE 4TH KIND フォース・カインド (だらだら無気力ブログ)
失踪事件が多発しているアメリカのアラスカ州ノームの町を舞台に、 原因不明の現象の究明に迫った女性心理学者が体験したエピソードを当時 撮影された記録映像とその再現映像で描くサスペンス映画。 主演は『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。アメリ...
映画「THE 4TH KIND フォース... (masalaの辛口映画館)
 客入りは悪く、ホールの1階席のみの使用で6割くらいである。   THE4THKINDフォース・カインド特別版  映画の話 アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラ...
THE 4TH KIND フォースカインド/The Fourth Kind (いい加減社長の映画日記)
特に観たいわけでもなかったんだけど、ミラ・ジョヴォヴィッチが好きだし。 金曜日公開ということで、とりあえず「THE 4TH KIND フォースカインド」を鑑賞。 公開日に観たけど、これも感想が遅れてしまって・・・ 【ストーリー】 アラスカ州北部の町ノームでは、これま...
映画感想『The 4th Kindフォー... (レベル999のマニアな講義)
内容数ヶ月前、夫・ウィルを亡くし、カウンセリングを受けている女性が居た。女性はノーム在住の心理カウンセラーのアビゲイル・タイラー友人の心理学者エイブルに依頼し、催眠療法...
THE 4TH KIND フォース・カインド(2009) 99分 (極私的映画論+α)
 3時33分頃、目が覚めませんか?
THE 4TH KIND/フォース・カインド [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE FOURTH KIND公開:2009/12/18製作国:アメリカ上映時間:99分監督:オラントゥンデ・オスサンミ出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ、ハキーム・ケイ=カジーム、コーリイ・ジョンソン、エンゾ・シレンティ信じられないの...
THE 4TH KIND フォース・カインド/ミラ・ジョヴォヴィッチ (カノンな日々)
実録スリラーというふれこみで、実際の映像と再現フィルムで構成された劇場予告編が印象的でした。どうやらそれはアラスカ洲で発生したという原因不明の怪奇現象らしいんですけどそれ以上の事は何もわからないんですよね。ちょっと怖いもの観たさで観に行ってきちゃいまし...
THE 4TH KIND フォース・カインド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
THE 4TH KIND フォース・カインド 特別版 [DVD]「映画の一部はかなり衝撃的です」と最初にことわりを入れるこの映画、記録映像と再現ドラマの2つを同居させるスタイルがユニークだ。アラスカ州のノーム在住の心理学者アビゲイル・タイラー博士は、次々に訪れる不眠症の...
THE 4TH KIND フォース・カインド (Peaceナ、ワタシ!)
- 信じれないのは、信じたくないだけなのか。- 鑑賞したのは旅行前なので、ちょっと古い感想になってしまうのですが…公開3日目に観に行ってました。宣伝にもあった少々不気味な「記録映像」と「再現映像」、そしてナビゲーターのミラ・ジョヴォヴィッチの語り口が妙に...
09-355「THE 4TH KIND フォース・カインド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
信じるかは、あなた次第です  未解決の失踪事件が多発しているアラスカ州北部の町ノーム。そこでは、不眠症に苦しむ住民も数多くいた。  2000年10月、心理学者のアビゲイル・タイラー博士は、不眠症の原因を探るため、患者に催眠療法を行い、その様子をカメラに記録す...
THE 4TH KIND フォース・カインド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
年の暮で忙しないぃ~~~けど観ちゃった、、、ちょっと興味があって【story】アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。...
THE 4TH KIND フォース・カインド (小部屋日記)
The Fourth Kind(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:オラントゥンデ・オスサンミ 主演:ミラ・ジョボビッチ/ウィル・パットン/イライアス・コティーズ 信じられないのは、 信じたくないだけなのか。 「記録映像と再現映像からなるドキュメンタリー」風なモキュメ...
THE 4TH KIND /フォース・カインド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
実際に行方不明者の多い街・ノームを舞台に、不眠症の謎に迫っていく女性心理学者の姿を記録映像とその再現映像によって映し出す衝撃の超常スリラー。 物語:心理学者アビゲイル・タイラーの恐怖の記憶が、学者仲間エイブルの催眠療法によって蘇っていく。かつて彼女...
THE 4TH KIND フォース・カインド (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。オラントゥンデ・オスサンミ監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ。「3rd kind」は「未知との遭遇」の原題“Close Encounters of the Third Kind”でお馴染になったが、first=目撃、second=痕跡、third=接触、そしてfourt...
2009-100『THE 4TH KIND フォース・カインド』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-100『THE 4TH KIND フォース・カインド』(更新:2009/12/20) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) ドキュメント映像に再現演技を加えてのサスペンス・ホラー。 もう、テレビで予告してるよね...
THE 4TH KIND フォース・カインド (5125年映画の旅)
アラスカ州ノーム。この町では謎の行方不明事件が続発し、FBIが幾度も調査に赴いていた。心理学者のアビゲイル・タイラーは、患者の奇妙な共通点から恐るべき事実を知る。この映画は、アビゲイルが撮影したカウンセリングの実際の映像と、事件の再現映像からなる映...
不死身の男 (ギャラスティックサプライズ動画館(ノ・ω・)ノわー♪)
家族を撮影している男性が偶然にも階段上段から勢いよく落ちてくる男性を撮影した動画?のようですが、個人的にこの映像は作り物だと思いますが(@w@)。なんか見とくと面白いです(笑)音楽がいいですね♪・・・・この映像が本物だったら???どうしましょう・・・汗(...
■4. THE 4TH KIND フォース・カインド (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:The Fourth Kind監督・脚本:オラントゥンデ・オスンサンミ製作:ポール・ブルックス、ジョー・カーナハン、テリー・ロビンス製作総指揮:スコット・ニーマイヤー、ノーム・ウェイト、イオアナ・ミラー原作:ドクター・アビゲイル・タイラー、オラン...
アンビリーバボー2本立て (Akira's VOICE)
「パラノーマル・アクティビティ」 「フォース・カインド」 
THE 4TH KIND フォース・カインド (The Fourth Kind) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 オラントゥンデ・オスサンミ 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2009年 アメリカ映画 99分 サスペンス 採点★★ そりゃあもう、子供の頃から“未確認飛行物体”やら“未確認動物”やらと、未確認が大好きな私。ムーとかトワイライト・ゾーンなんかを読み漁り、TVでその...
THE 4TH KIND フォース・カインド (こわいものみたさ)
『THE 4TH KIND フォース・カインド』  THE FOURTH KIND 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】オラトゥンデ・オスンサンミ 【出演...
映画評「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督オラントゥンデ・オスサンミ ネタバレあり